メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0930

M.マイコラスが8回1失点の好投でハーラートップタイの18勝目  

 


ナ・リーグは、残り2試合になっても地区優勝が決まっているのが東部地区のブレーブスだけという大混戦。


中部地区はカブスとブルワーズ。西部地区はロッキーズとドジャース。地区優勝をかけた激戦は最終戦までもつれ、場合によっては、もう1試合(163試合目)が行われるかもしれない状況になっている。


そんな中でカージナルスのマイルズ・マイコラスが29日(日本時間30日)、敵地でのカブス戦に先発登板し18勝目を飾った。


マイコラスは、8回を99球(ストライク73)、被安打5、奪三振6、無四球、失点1(自責点0)の好投で、2対1の勝利に貢献。カージナルスは3連勝してドジャースが2連敗すればワイルドカードによるポストシーズン進出が可能だが、勝負のかかった大一番で、圧巻の投球、首の皮一枚のチームに望みをつなげる1勝だった。


これでハーラートップタイの18勝目。マックス・シャーザー(ナショナルズ)、ジョン・レスター(カブス)と並んで最多勝利投手のタイトルを獲得しそうだ。4敗しかしておらず勝率.818はリーグトップを誇っている。


DnziccUXUAA0kQq.jpg


読売ジャイアンツからメジャーにカムバックした今季は、シーズンを通して好調をキープ。開幕から6連勝。終盤も9月は5連勝、そのうち3試合がハイクオリティスタート(7回を自責点2以下)。これで投球回数も200回2/3イニング(リーグ6位)と大台を越えた。


防御率も2.83(リーグ4位)、WHIP1.07(リーグ5位)。与四球率(BB/9)ではリーグ1位の1.30だ。32試合の登板で与えた四球が36という制球力の良さが光った今季のマウンドだった。


マイコラスはこれまで12年に2勝(1敗)、14年に2勝(5敗)しかしておらず、すべてにおいてキャリアハイのシーズン。 故障者が続出した先発陣の中で、2ケタ勝利を挙げているのはマイコラスだけ。まさにローテーションの柱となる活躍を見せた。




▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2018/09/30 Sun. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0924

カージナルスのマイコラスが17勝目、SFジャイアンツ相手に7回2失点  




マイルズ・マイコラスが23日(日本時間24日)、本拠地セントルイスでのジャイアンツ戦に先発登板し17勝目を飾った。


マイコラスは、7回を96球(ストライク72球)、被安打2、奪三振8、無四球。7回にエラー出たランナーを置いてクロフォードに本塁打を打たれるまで、1安打に抑え、ゲームを完全にコントロールした。


結局、失点2(自責1)の快投でリーグトップタイの17勝目。4敗しかしておらず勝率.810はリーグトップを誇っている。


DnziccUXUAA0kQq.jpg


NPBの読売ジャイアンツからメジャーにカムバックした今季は、シーズンを通して好調をキープ。2ケタ勝利を挙げているのはカージナルスではマイコラスだけで、ここまで192イニング(リーグ6位)を投げてローテーションの柱となる活躍を見せている。


防御率も2.94(リーグ5位)、WHIP1.09(リーグ6位)。制球力の良さが特徴で与四球率(BB/9)ではリーグ1位の1.35だ。マイコラスは12年に2勝(1敗)、14年に2勝(5敗)しかしておらず、すべてにおいてキャリアハイのシーズンだった。


この勝利でカージナルスは中部地区3位ながら勝率.558で、2チームに与えられるワイルドカード2位をキープ。この時点で、西部地区の2位ロッキーズを2ゲーム差に引き離した。


昨年は、西部地区の3チームがポストシーズンに進出したナ・リーグだが、マイコラスの活躍等で、今季は中部地区のカブス、ブルワーズ、カージナルスの3チームが進出する展開になるかもしれない。


▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/09/24 Mon. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0608

カージナルスのM.マイコラスが7回自責点0で7勝目!  



メジャー時代は無名で日本のプロ野球(NPB)に移籍して実績を積んだ投手が帰国して好投を続けている。


 今季、読売ジャイアンツからベースボールタウン、セントルイスに本拠地を置くカージナルスに移籍した先発右腕マイルズ・マイコラスが6月7日(日本時間8日)のホームでのマーリンズ戦で、7回99球、被安打3、与四球1、奪三振5、失点1(自責点0)の好投で7勝目(1敗)を飾った。





 カージナルスは4対1で最下位マーリンズ相手に3連戦3連敗を免れたことになる。好投のマイコラスは、これで12試合で7勝。勝ち星ではマイケル・ワカと並んでチーム最多タイ。投球イニング数79回1/3と防御率2.27はチームトップ。


特に防御率ではナ・リーグ3位。9イニング換算の四球数であるBB/9は1.02でナ・リーグトップ。MLB全体でもインディアンスのクルーバーに次いで2位という好成績をマークしている。


 NPBで磨いた制球力がメジャーリーグでも生きた結果と言えそうだが、今後は3割近く打たれている対左打者の防御率(2.97)をどう克服していくかが課題。得意のスライダーが左相手に使いにくいのが原因のひとつだが、左打者のひざ元に変化するカットボールや黒田が投げていたようなフロントドアのツーシームあたりが有効ではないだろうか。


 今季のシーズン前にマイコラスはカージナルスと2年1550万ドルで契約。1年775万ドル(8億5000万円)で、メジャーで4勝しかしていない投手相手に高すぎる気がしたが、その懸念を良い意味で裏切る結果を残している。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/06/08 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0523

元巨人のマイコラスが開幕6連勝「ミズーリーシリーズ」でロイヤルズを完封  



 今季から2年契約でMLBに復帰したマイコラスがサプライズとも言える活躍をみせている。昨シーズンまでプロ野球の読売ジャイアンツ(巨人軍)に在籍していたマイルズ・マイコラス投手がカージナルスで開幕6連勝を飾っている。

 カージナルス対ロイヤルズの「ミズーリーシリーズ」。両チームが「Interstate70」という州間高速道路で隔てられているために「I-70シリーズ」と呼ばれているインターリーグ戦。



 29歳右腕は、109球を投げて被安打4、奪三振9、与四球1で完封勝利。初回と3回に2安打ずつ許したものの、4回以降はノーヒットに抑え込んだ。メジャーでキャリア初の完封勝ちだった。

 カージナルスのマシーニー監督は「打者2巡目以降への変化球の使い方が良かった。1巡目では(1打席で)数球しか見せなかったが、後半では変化球中心に変えていった」と、配球を変えたことが、この日のポイントだったことを解説した。

 これでナ・リーグ唯一の無傷の6連勝。防御率はリーグ4位の2.24、WHIP0.98。60回1/3でわずか与四球6という抜群の制球力。

これまでメジャー2球団で4勝(6敗)しか実績のなかった男が、日本の3年間で自信をつけたのか、投手として大事な制球力を確信したのだろうか。昨年3月には長女が誕生。そうした事もマイコラスの追い風になっているのだろう。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/23 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド