メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0714

エンゼルスが急逝したスカッグス投手の追悼試合で継投によるノーヒッター  

 


 エンゼルスは7月1日に遠征先のテキサスで急逝したタイラー・スカッグス投手(享年27)をしのび、本拠地初戦となった試合前に追悼セレモニーを行った。

この日は、エンゼルスナインが全員、スカッグスの背番号「45」のユニホームを着用。生前の映像が流され両軍が、黙とうをささげた。




 エンゼルス打線は初回から奮起した。先発右腕マイク・リークを1回に早々と攻略。2番マイク・トラウトの29号追悼弾で火が付いた打線は、いきなり打者一巡の13人の猛攻で7点を奪った。

3番大谷も1回だけで2度打席が回り、1打席目には左前安打を放ってメジャー自己最長8試合連続安打をマークすると、2打席目は四球を選んだ。

エンゼルスは7回までに13得点を奪うと、投手陣も2回を投げたタイラー・コール、3回から投げたフェリックス・ペーニャが無安打の継投で、2人の投手による継投のノーヒットノーランを記録した。


劇的、奇跡の数字が並んだ!

 メディアは、この劇的な試合の「奇跡の数字」を紹介。スカッグスは7月13日が誕生日。翌日には28歳のバースデーを迎えるはずだった。誕生日を前にした追悼試合で、エンゼルス打線は初回に“7”得点を奪い、計“13”安打“13”得点で圧勝。

試合後、トラウトも「信じられないよ。初回に7点入れ、13点で勝利した。タイラーの誕生日は7月13日なんだ。明日だよ。13点、13安打、もちろん明日は13日。彼は間違いなく僕たちのことを見ているね」と驚きを口にしていた。

 さらに継投でのノーヒットノーランはMLB史上“13”度目のことで、ここにも“13”が。

また、米データ分析会社「STATS」は公式ツイッターで「前回カリフォルニア州で継投でのノーヒットノーランが達成されたのは? 1991年7月13日のオークランドでのアスレチックス対オリオールズ戦だったらしい。




試合後、エンゼルスナインは着用していた背番号「45」のユニホームを脱ぎ、マウンドへ。その光景にファンはしばらく帰らず、スタンディングオベーションで勝利を祝福した。

オースマス監督は「すごく特別だった。25年、メジャーのフィールドにいる中で、もっとも特別な瞬間の1つ。みんなでつないだノーヒッター。スカッグスが達成したようなノーヒッターとも感じる」と感慨深そうに振り返った。

無安打無得点試合は球団では2012年の5月2日以来7年ぶり11度目で、継投で達成は1990年の4月11日以来29年ぶり2度目。メジャー全体ではドジャースが昨年5月4日に達成して以来、13度目の継投でのノーヒットノーランとなった。






◇記事参考
https://full-count.jp/2019/07/13/post438707/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/07/14 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0703

エンゼルスが亡きスキャッグス投手に捧げる逆転勝利  




 大谷翔平選手が所属するエンゼルスは1日、タイラー・スキャッグス投手が遠征先のテキサス州で死去したと発表した。

 27歳という若すぎる死だったが、地元警察の発表によると、7月1日午後にテキサス州サウスレークにあるホテルの一室に意識不明の男性がいるとの通報があり、警察官が駆けつけて死亡が確認された。現時点では事件性も自殺の可能性もないという。予定されていたレンジャーズ戦は中止となった。


 カリフォルニア生まれのスキャッグスは、09年のドラフトでエンゼルスから1巡目(全体40番目)指名を受け、翌年にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへトレードされた。

 その後、12年にメジャーデビュー。13年オフにシカゴ・ホワイトソックスを絡めた三角トレードでエンゼルスに復帰したが、14年にトミー・ジョン手術を受けた。  リハビリを経て16年に帰ってくると、17年は自己最多の8勝をマーク。今季は6月23日のセントルイス・カージナルス戦で7勝目を挙げるなど、初の2ケタ勝利も視野に入っていた矢先の訃報だった。

 彼の死のニュースは全米を駆け巡った。



 エンゼルスナインは、悲しみを抑えて奮起。2日の試合では防御率リーグトップのレンジャーズ左腕マイク・マイナーから逆転勝ちを収めた。非業の死を遂げたスキャッグスに対するせめてもの1勝だった。


 日本でも報道された。チームメイトの悲しみの表情が伝えられた。チームメイトで主力のマイク・トラウトは「言葉が出てこない。チームメイト、友人、兄弟を一度に失ったようなものだ。つらい24時間だったが、前へ進むしかない」と涙を流した。クラブハウスではいつも陽気なムードメーカーだった彼の死を悼んだ。

 オースマス監督は急死を受けてからチーム全員で数回集まって話し合ったことを明かした。そして、「タイラーについて、彼の好きな音楽をかけながら、思い出を語り合ったんだ」と話した。

 大谷翔平も球団を通じて声明を発表。「タイラーは、自分がエンゼルスに加入して以来、親密なチームメイトだった。どれほどの深い悲しみか言葉で表現できない」とした。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/07/03 Wed. 23:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0701

MLB オールスター ゲーム 2019の出場選手【ア・リーグ編】  



 
 90回目を迎える「MLB オールスター ゲーム 2019」の出場メンバーが決まった。ア・リーグでは最多得票を獲得したトラウト(エンゼルス)とバーランダーの8回が最多選出。16人が初選出。チーム別ではアストロズの6人が最多。

 初選出のジェームス・マッキャン捕手(ホワイトソックス)は昨年12月に1年250万ドルでホワイトソックスがFAで獲得。掘り出し物の選手といえるだろう。

 ダニエル・ボーゲルバック一塁手は4年目でrレギュラーを獲得。マイナー時代から長打力には定評があった。ここまで20本塁打。一塁手が長らく不在だったマリナーズでようやく出てきた若手。

 指名打者で選出のハンター・ペンスは13年目のベテラン。ジャイアンツ時代の2014年以来の出場になった。


◆2019年オールスター ゲーム出場選手

【アメリカンリーグ】

▽先発出場選手

捕手:ゲーリー・サンチェス(ヤンキース)2回目
一塁:カルロス・サンタナ(インディアンス)初
二塁:DJルメイヒュー(ヤンキース)3回目
三塁:アレックス・ブレグマン(アストロズ)2回目
遊撃:ホルヘ・ポランコ(ツインズ)初
外野:マイク・トラウト(エンゼルス)8回目
外野:ジョージ・スプリンガー(アストロズ)3回目
外野:マイケル・ブラントリー(アストロズ)4回目
DH:ハンター・ペンス(レンジャーズ)4回目


▽選手間投票による選出

捕手:ジェームス・マッキャン(ホワイトソックス)初
一塁:ホセ・アブレイユ(ホワイトソックス)3回目
二塁:トミー・ラステラ(エンゼルス)初
三塁:マット・チャップマン(アスレチックス)初
遊撃:フランシスコ・リンドーア(インディアンス)
外野:ムーキー・ベッツ(レッドソックス)4回目
外野:ジョーイ・ギャロ(レンジャーズ)初
外野:オースティン・メドウズ(レイズ)初
DH:J.D.マルティネス(レッドソックス)3回目

先発:ゲリット・コール(アストロズ)3回目
先発:ルーカス・ジオリト(ホワイトソックス)初
先発:チャーリー・モートン(レイズ)2回目
先発:ジェイク・オドリッジ(ツインズ)初
先発:ジャスティン・バーランダー(アストロズ)8回目
救援:アロルディス・チャップマン(ヤンキース)6回目
救援:ブラッド・ハンド(インディアンス)3回目
救援:ライアン・プレスリー(アストロズ)初


▽コミッショナー事務局による選出

一塁:ダニエル・ボーゲルバック(マリナーズ)初
外野:ウィット・メリフィールド(ロイヤルズ)初
先発:ジョン・ミーンズ(オリオールズ)初
先発:マイク・マイナー(レンジャーズ)初
先発:マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)初
救援:シェーン・グリーン(タイガース)初



 先発出場選手(ア・リーグ9名、ナ・リーグ8名)、選手間投票33名(ア・リーグ17名、ナ・リーグ16名)、コミッショナー事務局の選考14名(ア・リーグ6名、ナ・リーグ8名)が選出された。

 MLBオールスターゲーム2019は7月9日(日本時間10日)、クリーブランド・インディアンス本拠地のプログレッシブ・フィールドで開催される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/07/01 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0519

《GAME DAY》トラウト先制250号大谷2ランのアベック弾でエンゼルス連勝  



 日本時間の日曜日の午後、こんなに嬉しい記事を書けるとは思わなかった。特にエンゼルスのファンでもないが、マイク・トラウトと大谷翔平のアベック弾は見ていて気分がいいものだ。

 エンゼルスがホームにロイヤルズを迎えたGAME2。エンゼルスのマイク・トラウトが初回の第1打席で左中間10号ソロを放ち、通算250本塁打をマークした。飛距離473フィート(144.1メートル)の豪快な一発だった。

 トラウトにとっては通過点に過ぎずメジャー10年目になる来年には300号に到達するだろうから、大した記録でもないかもしれないが、大谷翔平が6回の第3打席で追加点になる2号2ラン。相手の先発ジェイコブ・ジュニスに2点に抑え込まれていたので、スタンドは盛り上がった。

 大谷がジュニスの初球91.2マイルのシュート回転のフォーシームをとらえた打球は、ややつまり気味に感じたが、打球角度39度、最高到達点46メートル。初速度は179キロ。飛距離120メートルの豪快な一発だった。





 第2打席で同じコースのフォーシームでセンターフライに打ち取られていただけに大谷の適応力のすごさを感じる打席だった。これで、6試合連続安打。この日は、4打数1安打(1本塁打)、2三振。今季10試合出場で打率.286、2本塁打、8打点になった。


 大谷は「特に狙ったわけでもなく自分のタイミングで振りたいなと思っています。なかなか長打が出てないので自分の仕事をできてないなという気持ちはあったんですけど、きょう(本塁打が)出てよかったなと思います」と振り返った。




 本塁打だけでみると昨年は326打数で22本塁打(6.7パーセント)だから、今季は42打数で2本塁打(4.7パーセント)とリハビリ状態を考えるとこんなものだろうが、打球角度が出てきたことは明るい材料だ。昨年何度も見た虹のような放物線が復活しつつあることを感じるアーチだった。今後、量産ペースに入ることを期待したい。


 試合は6対3でエンゼルスが勝利。先発投手のルーキー、キャニングも7回まで投げる好投で2勝目。5割復帰まであと1になった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/05/19 Sun. 12:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0320

【MLB契約情報】トラウトが空前絶後の12年4億3000万ドルで契約延長  



 ついに4億ドルを突破した。エンゼルスの主砲マイク・トラウトが、エンゼルスと12年4億3000万ドル(約437億円)で契約延長に合意したことを複数のメディアが伝えている。


4億ドルを一気に超えた米プロスポーツ史上最高額の契約は、ESPNのジェフ・パッサンが最初に伝え、地元「ロサンゼルスタイムス」のビル・シェイキンらも報告している。







 マチャドやハーパーが難航した3億ドルの壁だったが、メジャーキャリア8年、27歳でリーグMVP2度のスーパースターがそれらを遥かに凌ぐビッグ・ディールを結んだ。


マニー・マチャドが2月にパドレスと10年3億ドルでを結んだ契約は、フリーエージェント(FA)で最初の3億ドルを突破した契約だった。


その後、ブライス・ハーパーが13年3億3000万ドルで契約したが、トラウトの場合は一気に4億ドルを突破。


総額だけでなく1年間の平均年俸でもダイヤモンドバックスとザック・グリンキー投手が交わした年間3440万ドルを上回る、年間約3583万ドルのMLB契約最高額になった。


今季からトラウトが39歳になる2030年シーズンまでの12年間の契約で、2020年まで2年総額6650万ドル(約74億1000万円)の契約に10年総額3億6350万ドル(約405億円)を追加した内容だ。


契約には全球団へのトレード拒否権が含まれているが、契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利は含まれていない様子。


ニュージャージー州ミルビル出身のトラウトは、フィラデルフィアのスポーツファンで有名だが、ハーパーは、トラウトがFAになる2020年シーズンオフにフィリーズに勧誘したいと語っていた。


トラウトは09年にミルビル高校からMLBドラフト1巡目(全体25位)で指名され、12年にアメリカリーグ新人賞を受賞し、その年のリーグMVPの投票で2位。また、13、15、18年でMVPの投票2位、14、16年でMVPに輝いた。


キャリア8年でWAR64.3。通算打率.307、240本塁打、OPS.990。7年連続オールスターゲーム選出 (2012年 - 2018年)。14、15年はその最優秀選手。12年の盗塁王、14年の打点王。


MLB公式サイトの記事では、この契約で影響を受けたチームとしてフィリーズ、レッドソックス、ヤンキースなど9チームの名前が挙がっていた。






◇記事参考
https://www.mlb.com/news/mike-trout-angels-deal



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/03/20 Wed. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0524

大谷翔平のホームランダービーに期待!ジャッジや同僚トラウトは消極的  



 MLBオールスターゲームが6月1日よりファン投票を開始する。日本からもネットでMLB公式サイトから投票可能だが、前夜祭とも言うべき「ホームラン・ダービー」も注目だ。

スタントンやジャッジもこのイベントで全米中に名前が売れた。そして、今季の期待は、100年ぶりにベーブ・ルースの記録を塗り替えることが期待されている「2WAY」大谷翔平の出場だろう。

ここまでの数字を維持すればDHとしてのファン投票では選ばれる可能性が高い。ただ、このホームラン・ダービーに関してはMLBからの出場オファーが必要だ。



 そんな大谷の出場にフォローの風が吹いているという。スポーツ専門サイト『The Score』の記事では、昨年のホームラン・ダービーを制したヤンキースのアーロン・ジャッジが辞退を表明。そのほか、レッドソックスのムーキー・ベッツ、J.D.マルティネスなど有力打者が続々と出場辞退を表明しているという。



 大谷の同僚でメジャー屈指の強打者マイク・トラウトも「あまり考えたことはないが、たぶん(出場は)ないだろう」と出場に否定的な考えを明らかにしており、ア・リーグの出場候補たちが、このイベントに消極的だ。

現地23日時点でア・リーグのホームランキング争いは

ムーキー・ベッツ(BOS)16
マニー・マチャド(BAL)15
J.D.マルティネス(BOS)15
ジョーイ・ギャロ(TEX)14
マイク・トラウト(LAA)14
ホセ・ラミレス(CLE)14
アーロン・ジャッジ(NYY)13
クリス・デービス(OAK)13


などが上位だが、大谷も10本を超えてくると十分にオファーの可能性がある。


 大谷のパワーは、MLB公式サイトやYouTubeで動画配信されており、トロントのロジャーズ・センターではアッパーデッキ(5階席?)に打ち込んだ打撃練習の動画が話題になった。

大谷翔平


マイク・ソーシア監督も大谷のホームラン・ダービー出場には前向きな発言をしているという。

 今季のオールスターゲームは7月17日、東部のワシントンD.Cにあるナショナルズ・パークで開催が決まっている。大谷の出場が決まれば日曜日まで本拠地アナハイムでドジャース戦を戦って、休みなしで西海岸から東海岸へ飛ぶことになる。

観たい気もするが、後半戦は、ホームでのアストロズ戦から始まるので、休んで欲しい気もする。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/24 Thu. 17:21 [edit]

CM: --
TB: --
   

0421

大谷、サマージャ討ち!2安打 トラウト7号もエンゼルスは4連敗  




エンゼルスの大谷翔平が日本時間21日、本拠地ジャイアンツ戦で2試合連続「6番・DH」で出場。

相手の好投手ジェフ・サマージャから技ありのセンター前ヒットを運び。最終回にも左腕ジョシュ・オーシックから一二塁間を破るライト前を放った。左投手からは11打数で2本目。今季4度目の1試合2安打をマークした。

大谷対サマージャ。メジャーでもローテーション1、2番手を争う右腕との第1打席は見応えがあった。 2球目インハイ、片口への危ないコース。3球目は一塁線に弾き返したラインドライブは惜しくもファウル。

この日、一塁を守るバスター・ポージーが一歩も動けない痛烈な打球だった。

そして、4球目。タイミングを外すようなサマージャの決め球ナックルカーブを正確なバットコントロールで、セカンドの頭を超えてセンター右に運んだ。





前日のレッドソックス戦では4打数無安打3三振だっただけに、このチーム初ヒットで、勢いに乗りたいチームだったが、結局、サマージャに2安打、その後の中継ぎ3投手にも散発の3安打に抑えられて1対8で敗れた。

これで4連敗。連敗中はレッドソックスとのGAME1が4安打、GAME2が6安打、GAME3が4安打、今日が5安打と、今季テコ入れした打線も低迷。

投手陣は、先発ローテーションがMLB30チーム中20位と、昨年同様低迷しているだけに打線の奮起に期待したい。大谷が2安打、トラウトが本塁打を含む2安打した。この二人が起爆剤となって好位置をキープしたいところ。


▶大谷翔平スタッツ
《指名打者》
10試合/38打数13安打/打率.342/5得点/3本塁打/11打点/10三振/
出塁率.390/長打率.658/OPS1.048


▶今後の出場予定(日本時間)
22日 指名打者(SFジャイアンツ)
23日 指名打者(SFジャイアンツ)
24日 
25日 先発登板(@TEXレンジャーズ)







 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/21 Sat. 16:19 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

トラウトが誕生日に1000本安打、ハーパー150本塁打到達  




MVP2度受賞の若きスパースター、マイク・トラウトが自らのバットで26歳の誕生日を祝福した。

DGrS2dDUQAAtjaf_convert_20170809060710.jpg


トラウトはホームのエンゼルス戦に「2番センター」で出場。4回の第2打席にオリオールズの24歳右腕ディラン・バンディ投手からレフト線の2塁打をマークして1000本安打を達成した。

さらに、6回にもバンディから23号本塁打をマーク。この日は、自身の26歳の誕生日だった。



今季のトラウトは、打率.346、OPS1.180、23本塁打、52打点、23盗塁。4月は月間MVPを獲得するなど好調だったが、5月28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷退場。MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。7月14日の復帰まで約7週間、戦線離脱していた。

復帰後は、二塁打1本、本塁打3本と長打力に負傷の影響があったが、8月に入って7試合で4本塁打と、完全復活したようだ。


同じ日、ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が、マーリンズ2番手のオドリサメル・デスパイネ投手から29号ソロアーチ。

この一発で通算150本塁打に到達。24歳295日での通算150本塁打はマイク・トラウトと同じだった。過去に25歳未満で150号に到達したのはハーパー選手で14人目。あまりピンと来ないかもしれないが、11位タイの若さらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

【DL情報】マイク・トラウトは予想以上に深刻、手術で長期離脱へ  



現地28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷したエンゼルスのマイク・トラウト外野手の症状が予想以上に深刻なようだ。

トラウトは、二盗を試みた際にヘッドスライディング。その際、ベースにタッチした左手の親指を負傷し、途中交代していた。

X線検査では骨折は認められなかったが、MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。水曜日に手術をすることが報道され、6~8週間の離脱が決定。リハビリ期間も入れれば8月後半ごろの復帰になるかもしれない。



2011年にデビューし、今季7年目を迎えるトラウト。昨季もア・リーグMVPに輝き。25歳の若さでMVP2回、オールスター選出5回などの実績を持ち、今季もここまで打率.337、16本塁打、36打点、10盗塁と好調だった。

トラウトは、メジャーデビュー後初の故障者リスト(DL)入り。 エンゼルスにとっても大幅な戦力ダウンを余儀なくされ、ここまでア・リーグ15チーム中、打率.236(13位)、本塁打数58(10位)、打点211(10位)、216得点(12位)という不振の攻撃陣が、さらに低迷することが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/30 Tue. 17:52 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

【月間MVP】トラウトとジマーマン 最優秀投手はカイケルとノバ  




MLBが月間の各賞を発表している。

★4月各賞受賞選手
  • 月間最優秀選手︰M.トラウト(LAA)、R.ジマーマン(WSH)
  • 月間最優秀投手︰D.カイケル(HOU)、I.ノバ(PIT)
  • 月間最優秀新人︰A.ジャッジ(NYY)、A.センザテラ(COL)
  • 月間最優秀救援︰C.アレン(CLE)、G.ホランド(COL)


C-7P0DXXoAAU7BR.jpg

【月間MVP】
※リーグ:NAME 打率/本塁打/打点/出塁率/長打率/OPS他

▶AL:マイク・トラウト .364/7/18/.443/707/1,150

二塁打9本、三塁打2本、盗塁5というのも凄い!4度目の受賞。

▶NL:ライアン・ジマーマン .420/11/29/.458/.886/1,344

両リーグ唯一の4割バッター。現時点でも.419をマークしている。初受賞。


C-7P0ZWWAAYWrvj.jpg

【月間最優秀投手】
※リーグ:NAME 勝ち/負け/防御率/WHIP/奪三振/四球

▶AL:ダラス・カイケル 5/0/1.21/0.81/36/11

数字だけでいうと同じく5勝のツインズ、アービン・サンタナの防御率0.66の方が凄い。4度目の受賞。

▶NL:イワン・ノバ 3/2/1.50/0.75/22/1

こちらも防御率ではカージナルスのマイク・リークが1.35で上回っているが、ノバは36イニングで四球1という制球力が見違えるようによくなった。初受賞。


月間最優秀新人は、ALは打率.303、10本塁打、20打点をマークしたヤンキースのアーロン・ジャッジ(RF)。ジャッジは現地5月3日時点で13本塁打まで伸ばしている。

NLは3勝を挙げたロッキーズの先発右腕アントニオ・センザテーラ。彼はまだ22歳。ここまでは防御率2.81、WHIP1.00と制球力もまずまずといったところだ。

月間最優秀救援投手は、NLでTJ手術から復帰の元ロイヤルズのクローザー、グレッグ・ホランド(ロッキーズ)が復活の11セーブを挙げ、チームの首位発進を支えている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/05/04 Thu. 12:46 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド