メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0804

ダルビッシュがダラスの地元紙に全面で感謝を伝えた広告が反響  



ダルビッシュ有投手が、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」に掲載した全面広告が反響を呼んでいる。メジャーデビューの地、テキサス州ダラスの地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」(電子版)は、ダルビッシュが3日(日本時間4日)の紙面で全面広告を掲載したことを伝えた。

2012年から5年半、お世話になった地元ファンに対して、日本人右腕は感謝の思いを伝えた。




2012年からの5年半、本当にありがとうございました。

日本からやってきた僕にとって、親切なファン、チームメイト、チームスタッフ、関係者の皆さんのサポートなしには、新しい環境に適応できませんでした。僕の最大の後悔は、レンジャースの一員として投げた最後の登板で10失点してしまったことです。

中には『ダルビッシュは三振を取ることしか興味がない』という声が聞こえることもありました。三振のことは頭の中にはありましたが、ファン、チームメイト、チームスタッフのことが常に僕の中では最優先事項でした。

全てのことに感謝します!

どうぞお元気で!

Yu Darvish





なるほど、ダルビッシュらしいと感じた。

メジャーリーガーは、本人や奥さんが積極的に社会貢献活動をすることで有名だが、ダルビッシュは、日本のプロ野球時代から数々の社会貢献活動を行っている。

そうしたこれまでのダルビッシュの活動とリンクしたからだ。

ここでも紹介したが、2007年からは開発途上国への水の支援を行うため、日本水フォーラムと協力して、「ダルビッシュ有 水基金」を設立。

さらに、生まれ育った大阪府羽曳野市に1勝するたびに10万円の寄付を行っている。「子どもの福祉に役立ててほしい」とのダルビッシュの意を汲んで、市は同年5月に「ダルビッシュ有 子ども福祉基金」を設立した。

2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の義援金として日本赤十字社を通じ5,000万円を寄付した。

海を渡ってからは、2013年10月、ジャッキー・ロビンソン財団という奨学金団体にもロビンソンの背番号「42」から4万2,000ドルを寄付。

最近では2014年9月、犬の里親探しに取り組むアメリカのボランティア組織「PET CONNECT RESCUE」に2万7,000ドルを寄付している。

ちなみに、筆者も兄弟が羽曳野市に在住しているし、近くの東大阪で生まれ育ったから、彼にはシンパシーが強い。これからの大活躍を見守り続けたい。ナイスガイ!ダルビッシュ有。


ダルビッシュ水基金
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

ダルビッシュが動物保護NPOを支援
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1791.html



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/08/04 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1120

岩隈久志が「第2回キット、ずっと杯」で始球式、12月には熊本で野球教室  

 

 マリナーズの岩隈久志投手(35)が19日、西武プリンスドームで行われた草野球大会「第2回キット、ずっと杯」決勝大会で始球式を行った。

 これは、自身がジェネラルマネージャー(GM)を務める岩手の地域球団「三陸鉄道キットDreams」の試合前に行ったもので、対戦相手の熊本代表チームを応援する「くまモン」と対決し、ワンバウンド投球ながら空振りを奪った。

岩隈久志


 岩隈は試合前「少しでも元気、笑顔になってもらいたい。そこで勇気をもらっている」とあいさつした。

今月11日には、8月の台風10号により大きな被害を受けた岩手・岩泉町を訪問。 「三陸鉄道キットDreams」のGMを務めている縁で、慰問を決断したという岩隈。岩泉ヨーグルトで有名な「岩泉乳業」を訪れ、従業員らを励ました。

 さらに、12月4日には熊本県民総合運動公園で小学校5、6年生を対象に野球教室を開催することも発表した。既に自身が発案した熊本の少年野球大会が開催されており、準決勝、決勝が行われるタイミングに合わせて小学5、6年生を対象に指導する。

 東日本大震災が起こった2011年、岩隈は仙台を本拠地とする楽天に所属し「1勝につき10万円」の寄付を行った。

 このブログでも何度か紹介したが、マリナーズ移籍後の12年3月には宮城県石巻市で野球教室を開催。そして14年に被災地チームとして発足した「三陸鉄道キットDreams」のGMに就任した。

 メジャーで自己最多の16勝を挙げるなど、充実したメジャーでの5シーズン目を終えた岩隈だが、多くのメジャーリーガーたちがしているように社会慈善活動にも積極的で、「野球選手だけでなく社会人として力になれたらいい」と話した。


◆記事参考
https://ja-jp.facebook.com/hisashiiwakumaofficial/
http://mainichi.jp/articles/20161120/spn/00m/050/015000c



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/11/20 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0509

神宮球場が“物置扱い”なんじゃそれ!東京五輪で神宮球場が6カ月の使用中止  




野球場というランドマークを生かした活用法を!


 新国立競技場、エンブレム問題に続いて…。またか?という感覚ですね。

 五輪のメイン会場・新国立競技場の隣に位置する神宮球場、そして秩父宮ラグビー場は建て替え計画が決まっているのだが、2020年東京五輪組織委員会が大会期間前後の神宮球場使用中止を要望しているという。

スポーツ紙が一斉にこの件を取り上げているが、問題は、その中止期間と使用方法。

野球評論家の中畑 清氏が野球ファンの声を代弁してくれているので紹介したい。

「野球・ソフトボールが種目に復活して、その会場にするのなら分かるよ。でも、期間が5月からの半年間と長く、用途は『野球以外』。機材置き場にされるかもしれないって。」

G20131119007040380_view.jpg 

 中畑氏は、オリンピックという大会の重さを身をもって体験している。

「04年のアテネ五輪。病に倒れた長嶋茂雄監督に代わり、ヘッドコーチとして指揮を執らせてもらった。東京では64年に続いて2度目の開催。新国立競技場の隣で警備上、重要なロケーションにあるというのも分かる。」

 そう前置きしたうえで「国家の威信が懸かった一大イベント。野球界もできる限り協力しなきゃいけないと思う。でも、シーズン真っ盛りの半年間は長すぎる。開会式が7月24日で閉会式は8月9日。その前後を加え、せめて1カ月以内に抑えられないか。用途も機材置き場じゃ切ない。」と訴える。

 感情論に流されるべきでないかもしれない。しかし、スポーツマインドのない決定にも呆れる。どこかのゼネコン担当者が工事の流れだけを考えれば隣の球場は絶好の資材置き場だろう。

スポーツを知らない官僚が練った計画のような気がしてならない。

img_3.jpg 

 神宮球場は今年90周年。甲子園球場誕生の2年後、1926年(大15)に開場。東京六大学野球リーグ戦の開催球場として建てられ、32年から東都大学野球リーグ戦も開催されるようになった。64年からはプロ野球ヤクルトの本拠地球場として多くのファンに親しまれている。

 メジャーで言えばボストンのフェンウェイパークに次ぐ、シカゴのリグレーフィールドのような存在で、野球界にとってはかけがえのないレガシーだったはずだ。

甲子園が高校野球なら神宮は大学野球の聖地。

 中畑氏の記事では「私は福島県の安積商(現帝京安積)からこの球場に憧れて駒大に進んだ。神宮でプレーしたいという一念で練習。野球選手だけじゃなく、人としても育ててもらった。人間教育の場でもある神聖な球場が物置にされるなんて想像したくない。」

中畑氏の意見は良くわかる。

 知名度がある「神宮球場」だけに日本中から来るボランティアさん達のプラットホームにするとか、普通のビルではない野球場というランドマークを生かした活用方法を考えて欲しい。




ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2016/05/09 Mon. 12:44 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0311

まだまだ被災は続いている!石巻「がんばろう看板」前で追悼式3.11  




石巻「がんばろう!石巻」看板前で 
今年も市民らによる“つどい”開催3.11


震災直後の2011年4月11日に、ここに住んでおられた人たちの手によって建てられた《勇気と励ましのモニュメント》

がんばろう!石巻」の看板前で、震災から丸5年となる11日に「東日本大震災追悼 3.11のつどい」が開催されます。


詳細は「がんばろう!石巻の会」のオフィシャルサイトで確認して下さい。
『がんばろう!石巻の会』←


看板前では、夏には「ど根性ひまわり」「1000日追悼の灯り」など、これまでも節目の日に追悼の集いが行われ、市民に励ましと勇気のエールを贈っている。


がんばろう!石巻看板 手作り灯ろう3千個で追悼


5回目となる「東日本大震災追悼3.11のつどい」(同実行委員会主催)が11日、石巻市門脇町に設置されている看板「がんばろう!石巻」周辺で行われる。

当日、震災犠牲者を偲んでともす灯ろうの制作活動が今年も多くの市民らの手で進められてきたた。

「石巻日日新聞」によれば、3.11のつどいは平成24年に始まり、26年からは市民の手作りの灯ろうをともしている。

B_yHIbUVEAAOCj3.jpg 

制作は2月下旬から3月6日までの毎週末、市内各所で繰り広げられた。実行委によると、これまで約200人が参加し、約2千個が完成したという。さらに11日も現地で1千個を作る予定だ。

今月5日は、同看板に隣接するプレハブ施設で行われ、参加者たちは光を包み込む8色の灯ろう作りに取り組んだ。園芸用のガラス花瓶に赤やオレンジなどの紙を丁寧に巻き付け仕上げた。

つどいの発起人であり、実行委員長の黒澤健一さん(45)は「11日の灯ろう作りにも多くの人に参加してもらい、追悼の思いを共有したい」と話していた。

つどいは11日午前9時半―午後11時に同看板付近で開催する。
灯ろうの点灯は午後4時半-11時。

門脇町二丁目の「まねきコミュニティー」でも同5-11時に300個を点灯する。

また、当日の灯ろう制作や会場設営を担当するボランティアを募集している。
問合せはメール(gannbarou@ic-net.or.jp)同実行委まで。





◆記事引用
http://www.hibishinbun.com/news/?a=7178



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2016/03/11 Fri. 05:25 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0213

ダルビッシュの「水基金」知ってました?  




ダルビッシュ有 基金

 DALVISH YU WATER FUND 


メジャーリーガー、ダルビッシュ 有選手は、NPO日本水フォーラム(JWF)と協力して「ダルビッシュ有 水基金」を設立しています。

メジャーリーガーは、個人のファンドを設立してさまざまな社会慈善活動をしています。この活動は、ダルビッシュ有選手が日本のプロ野球選手時代の2007年(平成19年)から続け、公式戦で1勝するたびに10万円を日本水フォーラムに寄付しています。

NPO日本水フォーラムは、この基金を使って安全な水供給のための発展途上国の草の根活動をサポートしています。


ダルビッシュ水基金JWF

 
ダルビッシュ水基金
日本水フォーラム



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2015/02/13 Fri. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0208

ダルビッシュ有が動物保護NPOを支援!ブログでも啓蒙   

 


ダルビッシュ 動物保護NPO活動を啓蒙



テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が、動物愛護団体に寄付。自身のブログやツイッターで支援を呼びかけています。

これは千葉県東金市で犬の保護活動を行うNPO(特定非営利活動法人)WAMPERSの活動にダルビッシュが共感したもので、その活動内容は、千葉県勝浦市の古民家を改修し、「捨てられた犬を保護し、同時に犬と子どもが触れ合い命の価値を伝える場を作ります」という活動。

殺処分される犬たちを保護する古民家の改修費用をクラウドファンディングで募っている。このNPO法人は、アメリカ独立リーグで野球選手を経験した池田豪さんが主宰しています。


さらに、ダルビッシュは自身のブログでも「力を貸してください」というタイトルで支援を呼びかけています。



先日、WAMPERSという”犬の保護と人とペットの理想の繋がり”を啓蒙活動している団体に寄付をしました。

無責任な飼い主やブリーダーが捨てた犬を保護し新しい飼い主さんを探しながらお世話をしてくれている貴重な団体です。

そのWAMPERSがこんなプロジェクトを立ち上げてます。 (ダルビッシュのBLOGより)



プロジェクト詳細

ダルビッシュBLOG



ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2015/02/08 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0117

阪神大震災、忘れないで!あれから20年 #阪神淡路大震災  


あれから20年 阪神淡路大震災



2時間あとだったら阪神高速の上で被災していた



1995117午前5時46分、
淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生した。
死者  6,434名、負傷者  43,792名。
避難人数(ピーク時) 31万6,678人。


スポーツブログなので、関西のスポーツ界は、あの時どう動いたか?その視点から紹介すると――

 
プロ野球・
オリックスブルーウェーブ『がんばろうKOBE』をスローガンに1995年(平成7年)、1996年(平成8年)とパ・リーグ連覇。1996年(平成8年)は日本一を成し遂げ、被災者を勇気付けた。


サッカーのJFLヴィッセル神戸は1995年(平成7年)1月1日に正式にヴィッセル神戸として始動。日本プロサッカーリーグ昇格を目指し、1月17日に初練習をする予定だった。

だが、震災により岡山県倉敷市での練習開始を余儀なくされ、神戸では練習場の確保が困難であるため、練習場を転々とせざるを得なかった。

 
このように震災の日にチームが生まれたことを祈念するため、ホームスタジアムでの試合ではサポーター達により、試合前に
「神戸讃歌」(「愛の讃歌」の替え歌)が歌われ続けている。


 

サントリー
はこの年のプロゴルフトーナメント「サントリーレディースオープン」を中止。

その開催費用を原資として神戸市消防団に対して手引き消防ポンプ・可搬動力ポンプ積載車を全分団に配置可能な数量を寄贈し、その後も毎年数台を寄贈している。


◇映画界でも


 
正月映画・男はつらいよシリーズの
48作『男はつらいよ 寅次郎紅の花では、神戸市側から松竹へのロケの要請や山田洋次監督の元に復興に努めていた夫妻からファンレターが届いたことがきっかけで、もっとも被害が大きかった神戸市長田区が舞台となり、神戸の「復興とボランティア」がテーマとなった。



以上は、ごく一部を紹介したに過ぎませんが、私も大阪であの揺れを経験しました。

もし、あと2時間あとに地震が来ていたら、阪神高速の上で被災していました。毎日、渋滞する高速道路の上で大惨事になったと思われます。

東京に来て今度は、東日本大震災に遭いました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。




 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

http://www.saigaivc.com/


 東京ボランティア・市民活動センター

http://www.tvac.or.jp/


 日本赤十字社 東北関東大震災義援金を受け付けます

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html


 日本ユニセフ協会 - 東日本大震災緊急募金

http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011.htm




ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。


○関連記事

■復興への道(関連記事) 
「東日本大震災1000日追悼の灯り」石巻で開催!

関連記事

Posted on 2015/01/17 Sat. 05:46 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0112

東北被災地の「風の電話」修復始まる 岩手県大槌町 #風の電話  

亡き人とつなぐ “風の電話”



亡くなった家族や友人と、もう一度話をしたい。
そんな思いを抱える人たちが、これまでにのべ1万人以上訪れていた
岩手県大槌町の「風の電話」が、
ボランティアの手によって改修されました。


津波で大きな被害を受けた、岩手県大槌町。
風の電話は、海辺の高台にひっそりとたたずんでいます。


風の電話を設置したのは、庭師の佐々木格(ささき・いたる)さんです。
亡くなった人たちと心を通わせることができる場をつくりたいと、
震災から1か月後、自宅の庭に電話ボックスを置きました。


黒電話は線はつながっていません
でも、利用者は心がつながっている
大切な人と電話をし、その想いをノートに綴ります。


これまで多くの遺族らが訪れていましたが、
8日、低気圧による強風の影響で横倒しになって壊れているのが見つかりました。


そこで10日に「風の電話」を利用して
震災で犠牲になった義理の母へ思いを何度も伝えたという
岩手県山田町の大工、港郁男さんとボランティア合わせて3人が集まり、
修復を始めました。11日には修復が完成するという事です。


佐々木さんは、心配した人から連絡が入り
「倒壊を心配した人からメールやファクスが50件以上も来た。」
「みなさんが支えてくれた」と復活を喜んでいます。


参考:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150110/k10014591431000.html





ブログランキング・にほんブログ村へ お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/01/12 Mon. 00:50 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1122

鈴木京香主演「救いたい」東北が舞台いよいよ全国ロードショー  



救いたい




「3.11」あの日を乗り越えて、
悲しみや厳しい現実を受け入れ、
前向きに生きようとする、ひたむきな姿を描く
映画「救いたい」


笑顔にしたい、命がある。





この映画の主題歌「その日が来るまで」は、若き日に東北大学に通った
小田和正さんが担当しています。リフレインする歌詞の一節です。

いつか その日は きっと来るから
時はやさしく 流れるから

雪が溶けてゆくみたいに 今はそのまま
ゆっくり ゆっくり 元気になって

君が好き 君が好き それを伝えたかったんだ
遠くから ずっと 君を思ってた
君の好きな ふるさとの街に
また あの日々が 戻って来ますように
――主題歌「その日が来るまで」



解 説

『白い手』などの神山征二郎が監督を務め、仙台医療センターの麻酔科医・川村隆枝さんのエッセイ「心配ご無用 手術室には守護神がいる」を基にした感動作。

震災後の東北を舞台に、鈴木京香演じる麻酔科医と彼女を取り巻く人々が悲しみを抱えながらも前向きに生きる姿を描き出す。

被災地で地域医療に携わる、主人公の夫を三浦友和、苦悩する部下の麻酔科医を貫地谷しほりが熱演。


東北を舞台に地域医療を支えるさまざまな人々の熱い思いと祈りが交錯する再生のドラマ。


あらすじ

仙台医療センターで麻酔科医長として勤務している隆子(鈴木京香)と、開業医の夫貞一(三浦友和)は夫婦二人三脚で暮らしてきた。

だが、東日本大震災が東北を襲って以来、貞一は自分の医院を閉めたままにして被災地で診療所を開始する。

隆子の部下の麻酔科医純子(貫地谷しほり)も震災によってただ一人の肉親である父親がこの世を去り、なかなか立ち直れずにいた・・・。




○・・・鈴木京香さんが10日、東京都内で行われた主演映画「救いたい」(神山征二郎監督)の完成披露試写会に登場。

出身地・宮城県の東日本大震災から3年後の現状を描いた本作に出演した鈴木さんは、

「宮城県出身だからこそ中途半端にはできないという思いがありました」「恐怖心も少しありましたが、でもやっぱりやりたかった。実際にロケをさせていただいて、地元のみなさまと触れ合うことができたし、本当に私にとってありがたい思い出になりました」
と特別な思いを語った。(MANTAN WEBより)


11月22日~全国ロードーショー


映画「救いたい」応援サイト
←

この映画は、前売鑑賞券の売上げの一部を地域医療振興の為に寄付するということです。
前売り券などくわしくは応援サイトで






お手数ですが、ポチっとお願いします。↑
関連記事

Posted on 2014/11/22 Sat. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0807

青森から東京「1000km縦断リレー」 いよいよグランドゴール!  

青森から東京まで、15日間かけて

被災地をつなぐ復興支援リレー。

みちのく
から、つながろう。
スポーツの力で復興を後押し


先日もお伝えしましたが、スポーツのチカラで継続的に震災復興を後押ししたい。そんな想いから始まった
『未来(あした)への道 1000kmリレー』が、きょうグランドゴールを迎えます!

東日本大震災で被災した地域をランニングとバイク(自転車)でたすきを繋ぎながら走るリレー形式のイベント。復興を願う人たちの“想い”が約900人のランナーのたすきと共に繋がっていきます。

昨年は、八戸市から東京お台場まで約1000kmを14日間で走りましたが、2年目となる今年は、青森市から東京お台場まで約1200kmのルートを15日間かけて走ります。



風化させない

6日目には、昨日のゴール地点でもある南三陸ベイサイドアリーナを出発し、松島町役場を目指しました。イベントのフェイスブックによれば、今日の第1区間を走るゲストランナーは、タレントの野々村誠さん。

「南三陸には仮設住宅がまだまだ残っているけど、皆さんの笑顔が素敵でした。復興を願って楽しくたすきを繋いでいきます」と元気いっぱいにコメント。

 


この区間には津波に飲まれた南三陸町防災対策庁舎があり、野々村さんと5人のランナーは足を止め、静かに手を合わせて亡くなった方々の冥福を祈りました。

たすきリレーは8月7日、今日、ついに最終日を迎えました。
らぶ


いよいよ最終日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県庁のスタート式では森田健作県知事が登場。これまで走ってきたランナーやライダーの頑張りを讃え、これからゴールを目指すランナーを力強く激励しました。

また第4区間では千葉県出身のニュースキャスター安藤優子さんもゲストランナーとして参加。安藤さんは太陽が照りつける千葉市内の道を、一般ランナー6人とコミュニケーションをとりながら走りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月24日に青森県庁のグランドスタート地点を出発してから今日まで、被災地復興への想いを込めた五色のたすきを繋ぎながら走ってきました。

その距離は約1200km。

東日本大震災による大きな被害から必死に立ち直ろうとしている地域の方々に、笑顔と勇気を届けてきました。

ひとりでは決してなし得ないことを、たくさんのランナーとたくさんのライダーがチカラを合わせ、今それをやり遂げようとしています。

復興にはまだまだ多くの時間が必要です。
今日、東京で迎えるグランドゴールもひとつの通過点に過ぎません。

しかし、スポーツのチカラを信じて走り続けてきたこのリレーは、復興を後押しする手助けになったと確信しています。

facebook公式フェイスブックより



ブログランキング・にほんブログ村へ
最後まで読んで下さって ありがとうございます。
関連記事

Posted on 2014/08/07 Thu. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド