メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0419

レッドソックス「Patriots Day Game」とボストンマラソン  





ペイトリオッツ・デイ(愛国者の日)の記念行事「ボストンマラソン」開催のため、メジャーリーグで唯一、午前中に試合が始まる「Patriots Day Game」が現地18日に開催された。

ホームのレッドソックスが、トロント・ブルージェイズを迎えて開催された試合は、レッドソックスの上原浩治が、8回に救援登板。

開幕から7試合で連続無失点を続けていた上原が珍しく3四死球と制球を乱し、一死しか奪えず降板。クローザーのキンブレルも打たれて上原は4自責点で負け投手となり、チームも連敗を喫した。


日本人にもなじみ深いボストンマラソン



 1897年に第1回が開催されたボストンマラソンは、世界でもっとも長い歴史と伝統を誇るマラソン大会。

ボストン郊外のホプキントンをスタート、ボストン市街へ向けて走るワンウェイコース。35キロ付近に有名な「ハート・ブレイク・ヒル(心臓破りの坂)」があるが、全体としては下りが中心。

後半の細かな上りを走りきれば、ゴールまでは一気に下る好タイムが出るコース。

世界規模のマラソン大会としては初めて、女子ランナーの参加や車いすでの参加を認めたことでも知られている。

また、ランナーのエントリーに際し、性別および年齢に応じた標準タイムの条件が定められていることも、大会の特徴となっている。

日本人では、瀬古利彦さんが2回優勝(1981年・1987年)。その他、公原健二さんら数名が優勝している。

車いす部門でも07年と11年に副島正純さんが優勝、女子では土田和歌子さんが07年から11年まで5連覇している。




BOSTON STRONG



4月の第3月曜日は、マサチューセッツ州ではペイトリオッツ・デイ(愛国者の日)として、州の祝日と定められています。

歴史的には、1775年4月19日に米独立戦争が始まったことを記念する祝日であり、ボストンマラソンは、毎年ペイトリオッツ・デイを記念した、ボストン市民にとっては「春の訪れ」を寿ぐ行事のひとつになっています。

「ペイトリオッツ・デイ」のレッドソックス戦は、毎年、午前11時に試合が始められることが伝統となっています。

1年に2,430試合ある大リーグの試合(ポストシーズンは除く)の中でも、午前中に試合が始められるのは、
ボストンの「Patriots Day Game」だけ。

なぜ、この試合だけが朝に始められるのかというと、それは、ボストン・マラソンで、フェンウェイパークの近くを通過するランナーたちを試合後に見てもらうためです。

RED_SOX_CLINCH_ALCS_6zw0raei_38mk6em0.jpg 

そんな日にあのテロ事件は起きました。そして、テロには屈しないという意味を込めて「BOSTON STRONG」を合言葉にレッドソックスが奮起。市民に勇気を与えた。

上原浩治もクローザーとして夏以降、大活躍で前年最下位のチームがワールドシリーズを制しました。





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 




関連記事

Posted on 2016/04/19 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0421

ボストンマラソンとレッドソックス「Patriots Day Game」  

 


世界中の市民ランナーが「一生に一度は走ってみたい大会」として憧れるボストンマラソン。2013年には、ゴールライン付近に爆弾が置かれ悲惨なテロ事件で3人が死亡しましたが、昨年は厳重な警戒態勢の中、無事終了しました。

FOXスポーツのLIVE中継を見ていましたが、主催者発表で、昨年を9,000人上回る3万6,000人がエントリー、実際には3万2,000人余りが出場したみたいですね。

日本からも約200人が参加。車いす部門の男子では洞ノ上浩太さん(40)が2位、副島正純さん(43)が3位、女子では土田和歌子さん(39)が2位に入賞。

昨年、車いす男子部門で優勝したのは日本人ランナー山本浩之さん(47)。2013年に次ぐ連覇はなりませんでしたが、「もう一度参加できて本当に良かった。沿道の声援もすばらしかった。テロに負けないという姿を見せられたと思う」と山本さんのコメントが残っています。



1897年に第1回が開催され今年で119回目の開催になるボストンマラソンは、世界でもっとも長い歴史と伝統を誇るマラソン大会です。

ボストン郊外のホプキントンをスタート、ボストン市街へ向けて走る片道コース。35キロ付近に有名な「ハート・ブレイク・ヒル(心臓破りの坂)」がありますが、全体としては下りが中心。後半の細かな上りを走りきれば、ゴールまでは一気に下る好タイムが出るコースです。

世界規模のマラソン大会としては初めて、女子ランナーの参加や車いすでの参加を認めたことでも知られています。また、ランナーのエントリーに際し、性別および年齢に応じた標準タイムの条件が定められていることも、ボストンマラソン特有のコースや長い歴史に並ぶ、大きな特徴となっています。

日本人では、昨日も解説していた瀬古利彦さんが2回優勝しています(1981年・1987年)。その他、公原健二さんら数名が優勝しています。



BOSTON STRONG


4月の第3月曜日は、マサチューセッツ州ではペイトリオッツ・デイ(愛国者の日)として、州の祝日と定められています。

歴史的には、1775年4月19日に米独立戦争が始まったことを記念する祝日であり、ボストンマラソンは、毎年ペイトリオッツ・デイを記念した、ボストン市民にとっては「春の訪れ」を寿ぐ行事のひとつになっています。

「ペイトリオッツ・デイ」のレッドソックス戦は、毎年、午前11時に試合が始められることが伝統となっています。

1年に2,430試合ある大リーグの試合(ポストシーズンは除く)の中でも、午前中に試合が始められるのは、
ボストンの「Patriots Day Game」だけ。

なぜ、この試合だけが朝に始められるのかというと、それは、ボストン・マラソンで、フェンウェイパークの近くを通過するランナーたちを試合後に見てもらうためです。

そんな日にあのテロ事件は起きました。




【参考】http://www.asahi.com/articles/ASG4P3VT2G4PUHBI016.html

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
MLB・メジャーリーグランキング

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2015/04/21 Tue. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0416

「ボストン ストロング」4月15日を忘れない!  


2013年4月15日に起きたボストン・マラソンでの爆破事件から2年あまり。その年に地元のレッドソックスがホームのフェンウェイパークで世界一を決めた。感動的なシーンだった。

その最後のマウンドに立ったのは、上原浩治。左翼席フェンス「グリーンモンスター」には、「B」の文字とその下にある「STRONG」の言葉が円で囲われたロゴマークがあった。

「BOSTON STRONG」

あの忌まわしい「4・15ボストンマラソン・テロ事件」以降、ボストン市民自体が「BOSTON STRONG」を合言葉にして戦った。

「ボストン・ストロング」(ボストンよ、強くあれ、といった意味か)について、「スローガンから、ほとんどライフスタイルになった」と選手が語っているコメントを読んだ。

ふり返ってみれば、日本でも監督をしたボビー・バレンタインが指揮を執った2012年は、ア・リーグ東地区で最下位に沈んだレッドソックス。

その翌年、ニューイングランド地方の春を寿ぐ「愛国者の日」(ペイトリオッツデイ)に起こったあの事件。

4月15日、ボストンでレイズに勝った選手たちは、クリーブランド遠征のため空港へ向かうバスの車中、特別なシーズンになる予感を抱いたという。

その後、惨事のニュースが全米に広がり、「ボストンストロング」を合言葉にボストン市民とレッドソックスは戦った。そして10月30日、ついにワールドチャンピオンとなりボストン市民を勇気づけた。

この間、レッドソックスは「4・15」の被害者を忘れないために、ボストンの地域局番にちなんで「617 BOSTON STRONG」の文字が入ったジャージーをダッグアウトに掲げた。メディアもそれを映した。


ボストンストロング 

遠征から帰って迎えたフェンウェイ・パークでは選手たちが整列して犠牲者に追悼の意を示し、その後、プレイオフのレイズ戦でも同じような光景が見られた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2015/04/16 Thu. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0422

ボストンマラソン無事終了 車いす部門 洞ノ上さん2位 副島さん3位 女子が土田さん2位  


世界中の市民ランナーが「一生に一度は走ってみたい大会」として憧れるボストンマラソン。昨年は、ゴールライン付近に爆弾が置かれ悲惨なテロ事件で3人が死亡しましたが、今年は厳重な警戒態勢の中、無事終了しました。

FOXスポーツのLIVE中継を見ていましたが、主催者発表で、昨年を9,000人上回る3万6,000人がエントリー、実際には3万2,000人余りが出場したみたいですね。

日本からも約200人が参加。車いす部門の男子では洞ノ上浩太さん(40)が2位、副島正純さん(43)が3位、女子では土田和歌子さん(39)が2位に入賞。

昨年、車いす男子で優勝した山本浩之さん(47)の連覇は、なりませんでしたが、「もう一度参加できて本当に良かった。沿道の声援もすばらしかった。テロに負けないという姿を見せられたと思う」とコメント。

1897年に第1回が開催され118回目の開催になるボストンマラソンは、世界でもっとも長い歴史と伝統を誇るマラソン大会です。

ボストン郊外のホプキントンをスタート、ボストン市街へ向けて走る片道コース。35キロ付近に有名な「ハート・ブレイク・ヒル(心臓破りの坂)」がありますが、全体としては下りが中心。後半の細かな上りを走りきれば、ゴールまでは一気に下る好タイムが出るコースです。

世界規模のマラソン大会としては初めて、女子ランナーの参加や車いすでの参加を認めたことでも知られています。また、ランナーのエントリーに際し、性別および年齢に応じた標準タイムの条件が定められていることも、ボストンマラソン特有のコースや長い歴史に並ぶ、大きな特徴となっています。

日本人では、昨日も解説していた瀬古利彦さんが2回優勝しています(1981年・1987年)。その他、公原健二さんら数名が優勝しています。



BOSTON STRONG


 4月の第3月曜日は、マサチューセッツ州ではペイトリオッツ・デイ
(愛国者の日)として、州の祝日と定められています。

歴史的には、1775年4月19日に米独立戦争が始まったことを記念する祝日であり、事件が起こったボストン・マラソンは、毎年ペイトリオッツ・デイを記念した、ボストン市民にとっては「春の訪れ」を寿ぐ行事のひとつになっています。

「ペイトリオッツ・デイ」のレッドソックス戦は、毎年、午前11時に試合が始められることが伝統となっています。1年に2,430試合ある大リーグの試合(ポストシーズンは除く)の中でも、午前中に試合が始められるのは、
ボストンの「Patriots Day Game」だけ。

なぜ、この試合だけが朝に始められるのかというと、それは、ボストン・マラソンで、フェンウェイパークの近くを通過するランナーたちを試合後に見てもらうためです。

そんな日にあのテロ事件は起きました。






【参考】http://www.asahi.com/articles/ASG4P3VT2G4PUHBI016.html

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



関連記事

Posted on 2014/04/22 Tue. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド