メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0604

ボクシング 元世界ヘビー級王者モハメド アリ氏 死去74歳  




プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ氏が、アメリカ西部の病院で亡くなった。74歳だった。

モハメド・アリ氏は12歳でボクシングを始め、1960年、ローマオリンピックのボクシング、ライトヘビー級で金メダルを獲得した。

63af9b48e032bd48d3261c297206ad56.jpg


アメリカの黒人公民権運動活動家マルコム・Xと出会いその思想に共鳴。イスラム教に改宗。イスラム教改宗前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア(Cassius Marcellus Clay, Jr.)。

1964年にネーション・オブ・イスラムへの加入を機に、リングネームをカシアス・クレイからモハメド・アリに改めた。

プロに転向したアリ氏は、1964年、22歳でヘビー級の世界タイトルを獲得したが、3年後、ベトナム戦争への徴兵を拒否したことでタイトルを剥奪された。

20140227ali02.png


その後、アリ氏はプロボクシングに復帰し、1974年に世界王座を奪還して通算19回の防衛を果たし、ヘビー級ながら華麗なフットワークを見せるボクシングスタイルは、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評さた。

通算成績は56勝5敗で、このうち37勝がKO勝ちだった。

一方、アリ氏は、アメリカのレストランで受けた人種差別に抗議して、ローマオリンピックの金メダルを川に投げ捨てたほか、黒人の人権擁護を呼びかける集会に参加するなど、人種差別の撤廃を国際社会に訴えた。

090626.jpg


引退後は、難病のパーキンソン病を患って闘病を続け、1996年のアトランタオリンピックの開会式では、聖火台に火をともしました。また、アリ氏は病をおして、アメリカ軍兵士の慰問などの社会活動を続け、2005年には、アメリカ政府から、最高の栄誉とされる「自由勲章」を贈られた。

アリ氏は3日、アメリカ西部・アリゾナ州フェニックスの病院で74歳で永遠の眠りについた。


関連記事

Posted on 2016/06/04 Sat. 14:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

0522

ロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太 プロ転向第4戦 こん夜ゴング!  


地元京都での凱旋試合 恩師に勝利を!


島津アリーナ京都でプロ4戦目に挑むロンドン五輪金メダリスト、村田諒太(三迫)が21日午後、京都市内のホテルで計量に臨み、村田は73.2キロ、相手のヘスス・アンヘル・ネリオ(メキシコ)は72.5キロでともにパスした。

村田にとって京都は、南京都(現京都廣学館)高校ボクシング部で恩師の故・武元前川監督に鍛えられ「人生のターニングポイントとなった」という原点の地。応援にかけつける大応援団の前で成長した姿を見せたいという思いは強い。

初の10回戦へ向け「スパーでは3人の相手との10ラウンドも経験しているし、スタミナについては全く心配していない」。

そして「僕の本質は生粋のファイター。練習してきたことを見せるのはもちろん、僕のストロング・ポイントである体の強さ、パンチの強さを活かして、世界で勝負できる姿を見せたい」と4戦連続のKO勝ちに意欲をみせた。


メディアによれば、世界との本格的な戦いに向け、緻密なプランも用意されているという。

育成をサポートする帝拳ジムの本田明彦会長は会見後、「来春に米国で世界ランカーと対戦し、来年中には世界戦をしたい」との計画を明かした。

想定していた5戦目が変更となる可能性も浮上した。9月末ごろのシンガポールでの興行に出場予定だったが、試合間隔が開きすぎることや、テレビ局との調整などの理由で、それよりも前に日本で行うことも視野に入れていくという。その後、年末年始あたりに国内でもう1試合経験し、来春の世界ランク入りに照準を合わせるという狙いだ。

世界で最も層が厚いと言われる激戦のミドル級。それでも同会長は「頭の良さと体力は通用する。あとは経験とそこから得る技術。人の3倍の速度でやっているのだから、3倍の速度で強くならないといけない」と期待を込める。




ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2014/05/22 Thu. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0223

村田諒太 拳でつかめ己の人生 海外鮮烈デビュー!9月にはシンガポールで  



村田諒太、世界戦へ向けて海外デビュー

3戦連続TKO勝ちを飾った村田諒太(28=三迫)をサポートする帝拳ジムの本田明彦会長は、村田が今年9月に予定される米プロモート大手トップランク社主催のシンガポール興行に出場する見通しを口にした。

 同社のボブ・アラムCEOが見守る中、世界挑戦経験のある元WBCラテン・スーパーウエルター級王者ナシメント(36=ブラジル)に4ラウンドTKOで圧勝。

同会長は「これでシンガポール興行に出さないといけないでしょう」と、9月にもマリーナ・ベイ・サンズに完成する新アリーナで試合させる方針を示した。

陣営では来年末の世界挑戦を見据えて、海外進出のプランを練っているという。次戦の4戦目は日本で行い、9月に予定される5戦目でシンガポールのリングに立つ。

 なお、昨日もポストしましたがトップランク社主催の
「Ring of Gold」と銘打った昨日のワールドマッチには、
村田を含めて3人の金メダリストが“競演”しました。


プロ2戦目を迎えたロンドン五輪ライトヘビー級覇者のイーゴリ・メホンツェフ(ロシア)は、アッパトン・ジャリトラム(タイ)を2回TKOで一蹴。スタートから圧倒したクールなサウスポーは2回、左ストレートであっさりダウンを奪うと、すかさず連打してレフェリー・ストップに持ち込んだ。2回2分19秒KO勝ち。

ライトフライ級で北京、ロンドン五輪連覇の鄒市明(ゾウ・シミン=中国)はメーンイベントに登場。タイのヨックトン・ゴーキアットジムを7回に3度倒して7回2分9秒、プロ3戦目で初のKO勝利を挙げました。


ボクシング記事、一部引用
「Boxing News」


ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、応援ポチお願いします。
関連記事

Posted on 2014/02/23 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0222

ボクシング村田諒太 マカオのビッグマッチに参戦 こん夜ゴング!  


マカオのビッグマッチに村田も参戦!

『ダイヤモンドグローブSP ミドル級8回戦』
村田諒太(三迫)vs.カルロス・ナシメント(ブラジル)


 先日、カシアス内藤のジュニア、“リッキー”こと内藤律樹の日本Sフェザー級タイトル奪取をお伝えしましたが、もう一人の気になる存在、金メダリスト村田のプロ3戦目が今夜、マカオで行われます。

 その村田諒太(三迫)が21日、会場のベネチアン・マカオで計量に臨み、村田は161.4ポンド、対戦相手のカルロス・ナシメント(ブラジル)は160.6ポンド。契約ウェイト(162ポンド)を両者とも一発でクリアした。

今回は、米国トップランク社が『リング・オブ・ゴールド』と銘打ったスペシャル・イベント。

北京・ロンドン五輪ライトフライ級二冠のゾウ・シミン(中国)、ロンドン五輪ライトヘビー級金メダリストのイーゴリ・メホンツェフ(ロシア)が参戦する。

メインイベントでは王者ミゲル・バスケス(メキシコ)と挑戦者デニス・シャフィコフ(ロシア)によるIBF級ライト級タイトルマッチが行われ、米国のケーブルテレビ放送局HBOや中国国営放送CCTV、メキシコのTVアステカといった世界各国主要放送局でオンエアされることが決まっている。

村田戦は、フジテレビが午後7時57分から中継。

ボクシングの専門誌Boxing Newsによれば、ナシメントをはじめて間近に見た村田の感想は「身長差、体格など予想どおり」というもの。182センチの村田に対し176センチのナシメントはややずんぐりとした体型だったという。

もっとも村田は「映像では体のパワーがあるし、外国人特有のバネもある。相手の得意な展開にならないようにしたい」と気を抜いていない。「ジャブをしっかりと突き、距離をとる練習をしてきた。それを出したい」と語った。

ことし36歳を迎えるナシメントだが、元WBCラテン・スーパーウェルター級王者。2007年にセルゲイ・ジンジルク(ウクライナ)の持つWBO世界スーパーウェルター級王座に挑戦経験があり(11回KO負け)、10年には現在WBA世界ミドル級暫定王者のマーティン・マレー(英国)とも戦う(3回TKO負け)など32戦29勝(23KO)3敗の戦績を残している。

プロでのキャリア、実績とも村田をはるかに上回る相手に対してどう戦うか?固唾を呑んで見守りたい。俳優で超が付くぐらいのボクシング通、香川照之のゲスト解説も楽しみですね。


関連記事
「一瞬の夏」カシアス内藤のJR、リッキーが日本チャンプに!世界を射程にGO!





応援ポチお願いします

関連記事

Posted on 2014/02/22 Sat. 16:30 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド