メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0618

MLB2017 夏のトレード期限前の注目投手たちPART2  




10月のポストシーズンに進出する可能性のあるチームにとって夏のトレードによる補強は重要だが、夏のトレード期限前の動きは、6月中旬のMLBドラフトが終了した後の7月上旬頃から動き出し、本格的にはオールスターブレイク以降、期限直前の1週間が非常に活発になる。今夏、注目の先発投手たちをピックアップしていきたい。

CoPQlWJUMAAOP73.jpg

①ハイメ・ガルシア(ブレーブス)
チームは地区4位と低迷しているが、エースのフリオ・テヘランの調子が上がらず、ベテランのバートロ・コロンもDL。再建期のチームにとって昨年オフにカージナルスからトレードで獲得した30歳の左腕ガルシアを手放すことは考えにくい。

ゴロを打たせて取るピッチングスタイルがポストシーズンで通用するのかという懸念はある。ただ、最近の5試合36回1/3で防御率1.49、奪三振28と好調。

②ホセ・キンタナ(ホワイトソックス)
シーズン前には多数の球団がアプローチをかけていた。防御率5.07と低迷しているが、28歳と若く、2020年までの格安の長期契約が残っているため、ホワイトソックスはディスカウントには応じない。

14試合の先発でQSは7試合、徐々に調子を上げてきている。ただ、与四球率と被本塁打率はキャリアワーストのペース。

③ゲリット・コール(パイレーツ)
ここ最近5試合では4試合で打ち崩され、防御率4.54と悪く、83回1/3にも関わらず被本塁打15はすでにキャリアワースト。現状ではトレード市場で価値が下がっていて、年俸も375万ドルと安く、パイレーツが手放す可能性は低い。見返りが期待できないからだ。


昨日に続いて低迷するチームの主力投手をピックアップしたが、先発投手の去就以外にもインパクトのあるトレードがあるのかどうか、注目していく時期に入って来た。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/18 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0525

大谷に次ぐ評価 キューバ亡命の19歳プロスペクト、ルイス・ロベルトはWソックスへ  



ホワイトソックスとキューバ出身の19歳、ルイス・ロベルト・モイラン外野手の入団契約交渉が、最終段階に入ったと、MLB公式サイトが伝えている。

昨年の11月20日には、キューバのメディアが国外亡命と報道していたルイス・ロベルト。

キューバ・リーグ第53期(2013年~2014年)のデビューで、昨年は52試合に出場し、打率.393(178打数70安打)、OBP.520、長打率.674、OPS1.194、39打点、12本塁打(三塁打2、二塁打10)、30三振、37四球、11盗塁、6盗塁失敗という各項目でキャリアハイの成績をマークしていた。

それ以前の3シーズンは打率.276、6本塁打、42打点、OBP.250、長打率.370、OPS.620。

Luis20Robert20MoirC3A1n-thumbnail2.jpg


7月2日より以前に契約すれば新たに発効する25歳未満の選手に対する新労使協定の適用はなく、最低でも総額2,500万ドル(約27億8,000万円)となる見込み。

これは2015年に、3,150万ドルでレッドソックス入りしたヨアン・モンカダ内野手に次ぐ契約総額になる。まだ、1打席もメジャーの打席に立っていない選手に対して破格の数字だ。

右打ちのロベルトは、スピードとパワーを兼ね備え、スカウトからの評価も高く、今年のドラフト対象外の外国人選手では、プロ野球日本ハムの大谷翔平投手に次ぐ2位にランクされたプロスペクト。

ホワイトソックスにはキューバ出身で2013年に6年契約を結んだホセ・アブレイユ内野手が所属し、モンカダも移籍してきた。

ロベルトへのビデオレターに出演したアブレイユは「うちは素晴らしい球団で、キューバ選手に敬意を持って接してくれると伝えた」と地元紙に語ったという。


◇記事参考
http://fanblogs.jp/vivacuba/archive/351/0

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/05/25 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0423

インディアンスのC.クルーバーが今季初完封勝利  




ホセ・キンタナとコーリー・クルーバーのエース対決になった現地21日のホワイトソックス対インディアンス戦は、インディアンスのコーリー・クルーバーが今季初完封を飾っている。

クルーバー


投手戦になった試合は、3回にキンタナのワイルドピッチでインディアンスが先制。4回にもインディアンスのブランドン・ガイヤーの1号2ランが出て3-0とリード。この3点をクルーバーが守りきってインディアンスが勝利した。

クルーバーは110球(ストライク73球)、被安打3、9三振を奪って四球2、失点0だった。



昨年のワールドシリーズでは、2011年のクリス・カーペンター以来となるシリーズ3度の先発でチームをけん引したクルーバー。この日の夜は、高速スライダーとクルーバー自身がブレイキングボールと呼んでいるカーブが効果的に決まった。

完封勝利はサイ・ヤング賞を獲った14年に1度、昨年2度記録、今回で4度目になった。(完投は過去10度記録)

今季は4試合に先発して2勝1敗、防御率4.28、WHIP1.13。27回1/3で27奪三振。

14年から16年まで3年連続で32試合以上に先発しているので疲れが出ないかが心配だが、エースの奮闘でチームは4連勝し、アメリカンリーグ中部地区で首位に立った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/04/23 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0305

MLB公式サイトがマイナー組織トップ10チームを発表  




メジャーリーグの公式サイト「MLB.com」のスタッフが現時点のMLB30球団のマイナー組織ランキング・トップ10を発表している。

ダンズビー・スワンソン遊撃手(個人ランク4位)はじめトップ100に7人を擁するブレーブスが1位にランクイン。チームは今季、新スタジアムの完成を機に数年前から再建期に入っている。15年は同ランク9位、昨年は2位だった。

スワンソン

このランキングは個人のプロスペクトランキング1位が100ポイント、2位が99ポイント、100位が1ポイントとして総合ポイントを算出した。

ランキング2位は、同じくトップ100に7人を擁するヤンキース。3位はホワイトソックスだった。


MLB公式サイトによるマイナー組織TOP10
①ブレーブス
②ヤンキース
③ホワイトソックス
④パドレス
⑤ブルワーズ
⑥ドジャース
⑦パイレーツ
⑧ロッキーズ
⑨レッズ
⑩レイズ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/05 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0116

Wソックスの左腕ホセ・キンタナに注目!争奪戦は佳境に  

 

 16年オフはフリーエージェントの先発投手に人材が乏しく各球団はトレードによるチーム編成を画策していた。ここでも何度か紹介したが、再建モードに入ったシカゴ・ホワイトソックスの左腕ホセ・キンタナの争奪戦がいよいよ佳境に入ってきたようだ。

 リーズナブルで年齢が魅力の先発左腕ホセ・キンタナ投手には、同じチームメイトでレッドソックスにトレード移籍したエース左腕クリス・セール同様に注目が集まっていた。



 昨年末にヤンキースがキンタナを狙っているとの記事を紹介したが、地元シカゴメディアの情報では、積極的にホワイトソックスと交渉を重ねてきたいくつかの球団の中で新しい動きがあったことを伝えている。

 『CBSシカゴ』のウェブサイトが現地15日に報じたところによるとパイレーツ、アストロズ、ヤンキースの3球団が有力とのことだが、それ以外にもいくつかのチームが関心を示していると伝えている。

 コロンビア出身のキンタナは、メジャー通算5年間で154試合に登板し、46勝46敗、防御率3.41。昨季は32試合で13勝(12敗)を挙げ、自身初の2ケタ勝利をマーク。初のオールスターにも選出された。

 メジャー2年目の13年からはシーズンを通じてローテーションを守り、4年連続30試合以上、200イニング以上に登板し、いずれも防御率3点台と安定した数字をマークしている。

 再建モードのホワイトソックスとはいえ残しておいた方がよい投手と思われるが、記事では具体的な交換要員の名前まで挙げて1対3などの複数トレードで移籍する可能性が高いということを伝えている。

 魅力的なのはキンタナの契約内容で2017年が700万ドル、2018年が885万ドル。2019年と2020年はチームオプションでそれぞれ1050万ドル、1150万ドル。

 複数年コントロールできることに加え、もし急激にパフォーマンスが落ちた場合には、100万ドルのバイアウトを払ってオプションを破棄すれば良いというのも球団側には非常に有利だという。

メジャー通の方ならわかると思うが、これだけの実績を残している先発投手にしては半額以下の契約内容だといえる。



◇記事参考
http://chicago.cbslocal.com/2017/01/15/levine-teams-stepping-up-offers-for-white-soxs-jose-quintana/
http://baseball.information0.com/major-baseball/jose-quintana-sweepstakes-170116/



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/01/16 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1229

ヤンキース、先発左腕ホセ・キンタナ狙い! ロバートソンは誤報か!?  



 現地27日朝に米誌『USA TODAY』が、ヤンキースはキンタナだけでなくロバートソンにも興味を持っていると報じたニュースは、どうやら誤報だったようだ。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が同日に関係者の話として否定する内容の記事を報じた。

 ヤンキースはアロルディス・チャップマン、マット・ホリデーをFAで獲得し、ブルペンと野手を補強した。

しかし、ヤンキースに限ったことではないが、どのチームも先発ローテはコマ不足で、ヤンキースの場合も田中将大、CCサバシア、マイケル・ピネダの3人は確定しているが、残りの2枠はブライアン・ミッチェル、ルイス・セベリーノ、チャド・グリーンといった実績のない若手が名を連ねている。

ヤンキース


 そうした背景からキンタナに白羽に矢が立ったのかもしれない。明年1月に28歳になるキンタナは、2008年から11年にかけてヤンキース傘下のマイナーでプレーしていた。

 契約は17年が700万ドル、2018年が885万ドル、30歳となる2019年がチームオプションで1050万ドル、2020年もチームオプションで1150万ドルと非常にリーズナブル。

 この一連のトレードは、パイレーツも含めた3球団が絡むものに発展するかもしれないという観測もある。

 考えてみるとヤンキースは、すでにブルペンがアロルディス・チャップマン、デリン・ベタンセス、タイラー・クリッパード、アダム・ウォーレンと揃っているので、2年2,500万ドルの契約が残るロバートソンが、どうしても必要なわけではない。

 このロバートソンもキンタナ同様に2008年のメジャーデビューから14年まで7年間ヤンキースに所属していた。

15年からはホワイトソックスに移籍して7年連続60試合以上の登板を続け、ここ3年はクローザーとして110セーブをマークしている。キンタナ以上にニューヨーカーには馴染みのある選手といえる。

 水面下でのさまざまな駆け引きがあり、ストーブリーグは面白い。
 


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/12/29 Thu. 08:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1228

ヤンキースがトレードを拡大?Wソックスの左腕キンタナに加え右腕ロバートソンもリストに  

 


 メジャーリーグは、ここ最近では珍しいぐらいFA市場の人材が乏しかった為、各球団ともトレードによる補強を模索している。

 ニャーヨーク・ヤンキースがシカゴ・ホワイトソックスとのトレードで、先発左腕ホセ・キンタナの獲得を狙っているとの情報が流れていたが、ここへ来て「USA TODAY」誌の記者ボブ・ナイチンゲールの報告によれば、ヤンキースは、リリーバーのデビット・ロバートソンの獲得も狙ったトレード交渉を水面下で展開中とのことだ。



 ホワイトソックスの両投手を獲得できれば、戦力のアップグレードは確実だが、それなりの代償を覚悟しなければならない。

 ヤンキースは16年夏のトレード期限前にアロルディス・チャップマン、アンドリュー・ミラー、カルロス・ベルトラン、イバン・ノバといずれもチームの主力選手をトレードで放出した。

 その成果として、複数のプロスペクトを獲得。結果、ヤンキースのファームには各ランキングで100位以内の有望株が6~7人に増えた。


ヤンキース

 そして、そのファームからゲーリー・サンチェス(C)がブレイク。ほかにも“ベイビー・ボンバーズ”と呼ばれたアーロン・ジャッジ(RF)、ロナルド・トレイエス(IF)、タイラー・オースティン(1B/OF)などがでた。

 しかし、キンタナとロバートソンといったトレードの目玉選手の獲得には、せっかく充実させたファームシステムからクリント・フレイザー(OF)、グレイバー・トーレス(SS)らのブルーチップをトレード補強のカードにするという代償が伴う。

 ヤンキースの今後はどうなるのか、昨年15年オフにFA補強を唯一しなかったヤンキースだが、今オフは、チャップマンやホリデーらをFAで獲得した。

 ライバルのレッドソックスが、先発左腕クリス・セールのトレードを成功させた。ワールドシリーズを制したカブスは、野手は育成、投手は補強というスタンスをとった。球界での存在感が薄れたとはいえヤンキースの動向が注目される。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/12/28 Wed. 08:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1214

MLBウインターミーティングの勝者は?ここまでのストーブリーグ  



 ストーブリーグの結果を評価するには時期尚早だが、ウインターミーティングの評価が出ていたので紹介したい。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が勝ち組としてピックアップしたのは、補強に成功したチームではなくて選手をリリースしたチームで、ホワイトソックスがそれにあたるという。

 ホワイトソックスはエース左腕クリス・セール投手をレッドソックスへ、アダム・イートン外野手をナショナルズへそれぞれトレードした。その見返りとしてヨアン・モンカダ三塁手、ルーカス・ジオリート投手ら若手のプロスペクト7人を獲得している。

 プロスペクトとはいえ、実績のない選手ばかりなので疑問符は付くが、内部育成が主流になっているメジャーで、トレードの交換要員としても使えることを考えると、十分なファーム層を構築することは評価に値する。

 そのクリス・セールを獲得したレッドソックス(デーブ・ドンブロウスキー社長)を2番目に評価。

 デービッド・プライス、リック・ポーセロ、クリス・セールの強力先発トリオの完成でワールドシリーズ制覇に大きく近づいたとし、セールの残り3年3,800万ドル(約43億5,000万円)という契約も巨額のぜいたく税回避にひと役買ったと評価した。

 なお、レッドソックスは、その他にも上原浩治、田澤純一らがFAで抜けたブルペンで、中でも8回(セットアッパー)を任せるタイラー・ソーンバーグ投手、ゴールドグラブ賞一塁手ながら1年550万ドル(約6億3,000万円)とお買い得だったミッチ・モアランドを獲得している。


Czf1ZVRW8AAyuvk.jpg


 ウインターミーティングの勝者は、角度を変えると、チームでなく、今オフの移籍市場ではリリーフ投手たちが勝ち組になったと分析。これには同感できる部分が多い。

 これまで、スターター(先発投手)にスポットが当たっていたが、ベースボールが分業制になったこともあり、今後はリリーバーにもスポットが当たるべきだからだ。

 そういう意味で今オフは、大型契約を手にしたアロルディス・チャプマン(ヤンキース)、マーク・メランソン(ジャイアンツ)、ケンリー・ジャンセン(ドジャース)に加えカブスへトレードされたウェード・デービス、ダイヤモンドバックスと契約したフェルナンド・ロドニーらの名前が毎日、ヘッドラインを飾る珍しいシーズンになった。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2016/12/14 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1207

【MLB移籍情報】レッドソックスが左腕クリス・セールとセットアッパーを獲得  



 MLBウインターミーティングで大型トレードが成立した。レッドソックスがホワイトソックスからリーグを代表する左腕クリス・セール投手をトレードで獲得。その見返りにキューバ出身の有望選手ヨアン・モンカダらを放出するという1対4の複数トレードが成立した。



 交換要員となったのはMLB公式サイトのプロスペクトランキングにおいてMLB全体でNO.1評価をうけているヨアン・モンカダ、同ランクで67位と高評価のマイケル・コペック、レッドソックスチーム内でNO.8のルイス・アレックス・バサべ、No.28のビクトール・ディアスの4人。

 これでレッドソックスの先発ローテは、昨年FAで大型契約した左腕デビッド・プライスとクリス・セールという強力な2枚看板を筆頭に、サイヤング賞のリック・ポーセロ、エドゥアルド・ロドリゲスとクレイ・バックホルツが4番手、5番手となる強力な布陣。

加えて、あまり良くなかったが、シーズン中にパドレスからトレードで獲得した左腕ドリュー・ポメランツ。終盤は離脱してしまったものの前半戦を引っ張った32歳のナックルボーラーのスティーブン・ライト(24試合156.2回、13勝6敗、防御率3.33)も加えた強力な先発ローテーションになった。

ただ、これは暫定的なもので、この投手たちを含めてオルティーズの穴埋めとして指名打者の獲得に向けたトレード要員に回される可能性はある。

 さらに、ドンブロウスキー編成本部長は、ブルワーズからキャリア5年の右腕セットアッパー、タイラー・ソーンバーグ投手も獲得。ソーンバーグは、今季ブレイク。67試合67回で防御率2.15、FIP2.83、奪三振90、13SV。最優先事項だった8回を任せられる投手を補強した。

レッドソックスからはトラビス・ショー三塁手とマイナー選手2名を見返りとしてリリースしている。

レッドソックス


会見に出席したドンブロウスキー編成本部長は、新たに獲得したソーンバーグを抑えのキンブレルにつなぐセットアッパーに指名。

再契約の可能性のあった上原にはトレード前に条件提示をしたが、断りがあったことを明かしながら、「彼もチーム状況を理解してくれた」。13年ワールドシリーズ制覇の功労者に「これまでチームにもたらしたことにとても感謝している」との言葉を送った。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/12/07 Wed. 09:21 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1004

【球団人事】ホワイトソックスのR.ベンチュラ監督が退任  



アメリカンフットボールのNFLなら日曜日にゲームが行われるのでシーズン最終戦の次の日(月曜日)は“ブラックマンデー”と呼ばれている。多くのヘッドコーチやオフェンス、ディフェンスのコーディネーターやスタッフが職を失うからだ。

メジャーでもさっそく、いろんな噂が公式、非公式にでている。

シカゴ・ホワイトソックスのロビン・ベンチュラ監督が、現地2日のレギュラーシーズン最終戦後に今季限りで監督の座から退く意向を明らかにした。

今季が契約最終年で「個人的な意思決定」と語ったベンチュラ監督だが、契約延長の打診がなかったようだ。就任1年目の2012年は85勝77敗と健闘したが、以降は、すべて負け越し、今季も4月から5月にかけての快進撃で5月3日には地区首位に立ったが、17日には首位陥落。

結局、今季も78勝84敗(地区4位)で負け越した。通算成績は375勝435敗だった。

なお地元紙『シカゴ・サンタイムズ』によると、正式発表はまだだが、現ベンチコーチで、2014年にシカゴ・カブスを指揮した経験のあるリック・レンテリア氏が後任として内部昇格するもよう。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2016/10/04 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド