メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0202

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《AL-CENTRAL》  



 ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか?各チームが、このオフの19年1月末までにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバー、ルール5(R5)ドラフト等で獲得した選手たちを紹介したい。


 その第1弾は、菊池雄星がポスティングで移籍したマリナーズや大谷翔平のエンゼルスが所属するアメリカンリーグ西部地区(AL-WEST)だったが、第2弾はアメリカンリーグ中部地区。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


ちなみに、下の一覧は1月末の状況で、太字は40人枠の選手。それ以外はマイナー契約の選手ということをご了承願いたい。


 アメリカンリーグ中部地区はテリー・フランコーナ監督のインディアンスが16年に9年ぶりに地区を制し、それ以降3連覇中。16年の開幕ダッシュや17年夏の21連勝(リーグ新記録)の時に比べれば18年は勢いはなくなったが、それでも終わってみれば2位に13ゲームをつけて地区を制した。


■インディアンス
A.J.コール(投手:ウェーバー)
ブランドン・バーンズ(外野手:FA)
ジェイク・バウアーズ(一塁手:トレード)
マイク・フリーマン(遊撃手:FA)
ジャスティン・グリム(右腕:FA)
胡智為(右腕:トレード)
ダニエル・ジョンソン(外野手:トレード)
ウォーカー・ロケット(右腕:トレード)
ジョーダン・ループロウ(外野手:トレード)
マックス・モロフ(遊撃手:トレード)
オリバー・ペレス(左腕:FA)
ケビン・プラウェッキー(捕手:トレード)
ブルックス・パウンダース(右腕:FA)
ジェフリー・ロドリゲス(右腕:トレード)
カルロス・サンタナ(一塁手:トレード)
トレイス・トンプソン(外野手:FA)
ウイルソン・ガルシア(一塁手:R5)


打撃力はチーム打率がMLB2位、OPS4位、得点3位、本塁打6位、盗塁1位。
投手力が防御率でMLB先発3位、ブルペン25位。


機動力もあり、攻守のバランスの取れたチームだが、12人がFAで救援投手のアンドリュー・ミラーやコディー・アレンがチームを去った。ベテラン37歳左腕のオリバー・ペレスとはFA再契約。


FAになって未契約のアダム・ロサレス遊撃手、メルキー・カブレラ外野手らが4人いる。外野陣が物足りない。控えの選手層も薄い。ブラッドリー・ジマー外野手も肩の手術で開幕は無理かもしれない。



■ツインズ
C.J.クロン(一塁手:ウエーバー)
ネルソン・クルーズ(指名打者:FA)
ブレイク・パーカー(右腕:FA)
マーティン・ペレス(左腕:FA)
マイケル・リード(外野手:ウエーバー)
ジョナサン・スコープ(二塁手:FA)
ロナルド・トレイエス(二塁手:FA)


再建途上のチームだが、昨年は負け越したものの中盤まで健闘し地区2位に浮上した。

戦力的には、ジョー・マウアー捕手(兼一塁手)が引退。FAは引退も含めて7人と少なめ。補強は限られた予算で効果的にした印象。ロナルド・トレイエスはマイナー契約だが、ヤンキースで内野のユーティリティで活躍したので、お買い得なイメージがある。

クローザーがいない。エンゼルスFAのブレイク・パーカーとトレバー・メイがクローザーを争うと思われるが、パーカーが昨年14セーブ、メイが3セーブと実績がない。



■タイガース
マット・ムーア(左腕:FA)
タイソン・ロス(右腕:FA)
ジョーディ・マーサー(遊撃手:FA)
ルイス・コールマン(右腕:FA)
ケイレブ・カワート(内野手兼外野手:ウエーバー)
ブランドン・ディクソン(二塁手:ウエーバー)
ホゼ・フェルナンデス(左腕:ウエーバー)
ピート・コズマ(遊撃手:FA)
エドゥアルド・パレイデス(右腕:FA)
ボビー・ウィルソン(捕手:FA)
リード・ギャレット(右腕:R5)


先発投手を二枚追加したが、ブルペンは、クローザーのシェーン・グリーンが32セーブを挙げたが、防御率5.12、WHIP1.374で不安。昨年68試合に登板し、3年目になる24歳ジョー・ヒメネスあたりが伸びれば面白いが、総合的にはデトロイトに春が来るのか、疑問符が付く補強だろう。



■ホワイトソックス
ヨンダー・アロンゾ(一塁手:トレード)
ジョン・ジェイ(外野手:FA)
ジェームス・マッキャン(捕手:FA)
イバン・ノバ(右腕:トレード)
マニー・バニュエロス(左腕:トレード)
アレックス・コロメイ(右腕:トレード)
ランドール・デルガド(右腕:FA)
エバン・マーシャル(右腕:FA)
ケルビン・ヘレーラ(右腕:FA)


シーズン100敗したホワイトソックスは、本気の補強を行った。クローザーにケルビン・ヘレーラを獲得。その前のセットアッパーにはアレックス・コロメイをトレードで獲得。ただ、先発陣の顔触れを見るとBクラスだ。



■ロイヤルズ
テランス・ゴア(外野手:FA)
コナー・グリーン(右腕:ウエーバー)
ビリー・ハミルトン(外野手:FA)
クリス・オーウィングス(外野手:FA)


このほかにルール5ドラフトで2人、マイナー契約選手を3人、FAやウェーバーで獲得している。

補強ポイントの先発、ブルペン共に今のところ効果的な動きはない。スモールマーケットでスモールバジェットの球団だから内部育成でチームを作り上げていくスタイルだが、ファーム層も薄い。今季も100敗しないことを祈りたい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/02/02 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0117

Wソックスのマニー・マチャドへのオファーは7年契約1億7500万ドルだった?  

 


 今オフのフリーエージェント(FA)市場では、目玉とされているブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手の契約に注目が集まっているが、MLB公式サイトが伝えたところによると、ホワイトソックスのマニー・マチャドへのオファーは7年契約だったらしい。 総額1億7500万ドル。年平均で2500万ドルは、伝えられていた3億ドルから4億ドルという金額からは、かなりのギャップがある。





 この程度の金額なら、なかなか決まらず、他チームの参入など憶測が飛び交うわけだ。8年2億5000万ドルという、年平均3000万ドル超の噂もでたが、USAトゥデイのボブ・ナイチンゲールが「ホワイトソックスは7年契約のオファーを変えていない」ことを伝え、日本時間1月15日には関係者への確認も取れたという。


 スプリングトレーニングまで残り1か月。MLB公式サイトの記事では、「マチャドの選択肢はホワイトソックスに限られる。マチャドの義兄弟であるヨンダー・アロンゾや、マチャド&アロンゾと親しい関係にあるジョン・ジェイを獲得してマチャド獲得に本気の姿勢を示してきたホワイトソックスが、マチャド獲得に成功する可能性は高まりつつあると言える。」


とはいえ、この程度の契約なら敏腕代理人のスコット・ボラスが首を縦に振るわけがない。


マニー・マチャド


 14年にはジャンカルロ・スタントン(現ヤンキース)がマーリンズと13年3億2500万ドルという巨大な契約延長を結んだケースもあるが、FA契約に関してみれば08年にヤンキースと10年2億7500万円の長期契約を結だアレックス・ロドリゲスが最高額になる。


 20年の新球場オープンを前にレンジャーズあたりが引退したエイドリアン・ベルトレイ三塁手の後釜としてマチャドを獲得するかもしれないというファンタジー・ベースボール的な希望的観測もあるが、それはどうだろうか。


「マチャドの義兄弟であるヨンダー・アロンゾや、マチャド&アロンゾと親しい関係にあるジョン・ジェイを獲得してマチャド獲得に本気の姿勢を示してきた」というMLB公式サイトの観測の方が的を得ている気がする。


 昨年はスプリングトレーニング直前の2月19日にJD.マルティネスがレッドソックスと5年総額1億1000万ドルで契約に合意した。マチャドも場合も時間的にギリギリの段階で妥協といった事になるかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/01/17 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0108

【MLB契約情報】救援右腕K.ヘレーラがWソックスと2年1800万ドルで合意  




 18年は62勝100敗という不名誉なシーズンに終わったシカゴ・ホワイトソックスがブルペンを強化している。ロイヤルズのクローザーも務めていたケルビン・ヘレーラがホワイトソックスと2年1800万ドルで合意した。


 MLBネットワークのケン・ローゼンタール氏が伝えたところでは、この契約は3年目がクラブオプションになっており最長で3年2700万ドルになるという。ヘレーラは18年のシーズン中にロイヤルズがナショナルズへ放出。シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になっていた。





 ナショナルズ移籍後は精彩を欠いたが、シーズントータルでは48試合に登板して44回1/3、防御率2.44、WHIP1.195。17セーブ、2ホールドで奪三振率7.7、与四球率3.9。WARは1.6だった。


22歳だった12年に76試合84回1/3を投げて防御率2.35、以降のスタッツは、

13年59試合58回1/3、防御率3.86
14年70試合70回、防御率1.41
15年72試合69回2/3、防御率2.71
16年72試合72回、防御率2.75
17年64試合59回1/3、防御率4.25


 奪三振率は、オールスターに選ばれた16年の10.8をピークに低下しており、29歳で野手ならこれからかもしれないが、21歳でデビューして、やや疲れが出ているとも考えられる数字だ。


 ただ、ロイヤルズ時代にワ-ルドシリーズのマウンドも経験しており、ロイヤルズとはア・リーグ中部地区でライバル球団でもあるホワイトソックスのフロントからすれば圧倒的なイメージが残っているのかもしれない。


 ホワイトソックスは、マリナーズとのトレードで右腕アレックス・コロメイを獲得。コロメイと速球派右腕のネイト・ジョーンズにヘレーラを加えた3人で、MLB全体23位だったブルペンを改善したいところだろう。



 下記が今オフにFA契約が決まった主なリリーバー達だが、ヤンキースがデービット・ロバートソンとの再契約を選ばず左腕のザック・ブリットンと契約したことから、このカテゴリーも動きが出てきそうだ。


 ナショナルズもヘレーラとの再契約ではなく、移籍後に復調傾向にあるグレッグ・ホランドとの再契約をする可能性も出てきた。いずれにしても残っていた大物リリーバー達が決まりだし、今オフのFA注目の一人でレッドソックスからFAのクレイグ・キンブレルの去就が注目される。


《移籍先が決まったFA救援投手》
()内は前所属チーム
ジェウリス・ファミリア(アスレチックス)→メッツ
アンドリュー・ミラー(インディアンス)→カージナルス
ジョー・ケリー(レッドソックス)→ ドジャース
ホアキム・ソリア(ブルワーズ)→アスレチックス
ジェシー・チャベス(カブス)→レンジャーズ
ザック・ロスカップ(ドジャース)→マリナーズ
デービッド・ロバートソン(ヤンキース)→フィリーズ
ザック・ブリットン(ヤンキース)→ヤンキースと再契約

ケルビン・ヘレーラ(ナショナルズ)→ホワイトソックス



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2019/01/08 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1202

【MLB移籍情報】Wソックスが強肩捕手W.カスティーヨを獲得  




MLBのストーブリーグも12月10日からのウィンターミーティングを前にようやく動き出してきた。

今季、地区優勝のインディアンスに35ゲームも離されて4年連続地区4位に終わったホワイトソックスが、再建策の一つとして守備の要となる捕手ウェリントン・カスティーヨを獲得している。

オリオールズからフリーエージェント(FA)になっていたカスティーヨは、メジャーキャリア8年の30歳。今季700イニング以上マスクをかぶった捕手のなかでメジャートップの盗塁阻止率49.0%を誇る強肩だ。



前半の5月には2度、故障者リストに入ったが、後半戦は打率.313、12本塁打、28打点と活躍。これが今回のFA契約につながった。

年間でも96試合で打率.282、20本塁打、53打点、出塁率.323、OPS.813。打撃での破壊力は、ヤンキースのゲイリー・サンチェス捕手ほどでもないが、左投手にはめっぽう強く、対左投手は打率.344、OPS.937で、サンチェスのそれをはるかに上回っている。

契約内容は、総額1,500万ドル(約16億8,000万円)で、3年目の2020年は球団側が行使権を持つ年俸800万ドル(約9億円)のオプションになっている。

DP-5sHzXkAEcAbR.jpg


ホワイトソックスは今季4人の捕手を起用したが、4人の本塁打数を足しても11本で、カスティーヨの20本を下回る。

リック・ハンGMは「ウェリントンの獲得は短期的にも長期的にもチームにプラスとなる」とコメントし、「彼の存在は若手の投手や捕手に良い影響をもたらしてくれるだろう」とコメント。

チームには、25歳でキャリア2年の若手捕手オマー・ナルバエスが今季90試合、打率.277、OPS.713、2本塁打、14打点で成長過程だが、カスティーヨはそうした若手へのお手本としても期待されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/12/02 Sat. 17:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0731

【MLB移籍情報】ロイヤルズがM.カブレラをWソックスから獲得  



ロイヤルズとホワイトソックスとの間でトレードが成立している。

ロイヤルズは、メルキー・カブレラ外野手と現金を獲得。ホワイトソックスへはマイナー右腕A.J.パケット投手とマイナー左腕のアンドレ・デービス投手が移籍する。



32歳のカブレラは、2011年にもロイヤルズに在籍。当時はキャリアハイの18本塁打を記録している。今季は、ここまで打率.295、出塁率.336、OPS.771、13本塁打、56打点。ホワイトソックスではレフトを守っているが守備の評価である守備防御点(DRS)は低く、昨年が-5、今季は-6。

なお、このトレードでは、ホワイトソックスがカブレラの年俸を一部負担することも報道されている。カブレラは、今オフにフリーエージェントになる。



ロイヤルズは、オールスターブレイク後に9連勝を含む10勝5敗と好調。ただ、首位のインディアンスも9連勝中で、3ゲーム差。2チームが進出できるワイルドカード争いでは2位で圏内に入っている。

DF_6r97XUAAlfFc.jpg


カブレラの獲得は、ア・リーグ8位のチーム打率と11位の打点にインパクトを与えるレンタル移籍になる。これで打線は、カブレラが2番でDHか外野の両翼に入り、これまで2番のジョージ・ボニファシオが7番に下がる。守備もカブレラ次第で、ライトかDHになることが予想される。

ホワイトソックスが獲得したマイナー右腕A.J.パケット投手は、チーム内プロスペクトランキングで25位の選手。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/31 Mon. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0730

低予算のレイズがメッツからデューダ一塁手を補強、田中から移籍第1号  



2013年以来のポストシーズン進出に望みをつなぐタンパベイ・レイズは現地27日、2つのトレードを実施。

ニューヨーク・メッツから左打ちのルーカス・デューダ一塁手を獲得。マイナーの右腕ドルー・スミス投手をメッツへ放出している。

さらに、シカゴ・ホワイトソックスから左腕ダン・ジェニングズ投手を獲得ブルペンに厚みを持たせた。レイズはマイナーのケーシー・ギラスピー一塁手をホワイトソックスへトレードした。

DF3jB5fXsAAh4Iw.jpg

31歳のデューダは今季、75試合の出場で打率.246、17本塁打、37打点をマーク。レイズは故障から引退表明のコルビー・ラスマス外野手を今月13日に制限リストに登録したこともあり、左打ちスラッガーを必要としていた。

現地28日、メッツのシティーフィールドではなく、ヤンキースタジアムでの試合に「4番ファースト」で出場。チームが、田中将大から8回、散発2安打、14三振に抑えられたが、一矢を報いる移籍第1号、今季18号本塁打をライトスタンドに突き刺した。



30歳のジェニングズは今季、48試合にリリーフ登板して3勝1敗、防御率3.45。過去にマイアミ・マーリンズにも所属し、通算で12勝13敗、防御率2.86という成績を残している。

レイズはこれで、6人のトレードを実現させている。ただ、ここへ来てヤンキース4連戦で3連敗している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/30 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

【MLB移籍情報】ブルワーズがWソックスと交渉中 A.スウォーザック投手がターゲット  



ナ・リーグ中部地区でカブス、パイレーツと首位争いを演じているブルワーズが、ホワイトソックスのリリーバー、アンソニー・スウォーザックのトレードについて交渉中という。FOXスポーツのケン・ローゼンタールが報告している。



31歳の右腕アンソニー・スウォーザックは、月曜日のシカゴダービーでカブスからキャリア初セーブをマークした。今季は、41試合に登板。 48回1/3イニングで防御率2.23、WHIP1.03 、52奪三振、13四球。

メジャーは4チームで計7年在籍。途中、2015年6月に韓国プロ野球の斗山ベアーズと契約し、5勝をマークしている。今季終了後にホワイトソックスをフリーエージェントになる。

ophgazfdzfdkeugut9bdw3iyz.png

なお、ブルワーズには韓国プロ野球NCダイノスから今季メジャーに復帰したエリック・テイムズ一塁手がいる。テームズは、打率.251、出塁率.369、23本塁打、44打点、OPS.906と活躍している。

ブルワーズは、2011年の地区優勝以来、5年連続下位に低迷、今季久しぶりにポストシーズン進出を狙える好位置につけている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/26 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0720

ホワイトソックスの若手有望株ヨアン・モンカダが昇格、前田健太と対戦  



ホワイトソックスの若手有望株ヨアン・モンカダ内野手が、いよいよ同チームでデビューする。相手は前田健太が先発する現在10連勝中のドジャース。

キューバ出身のモンカダは、2015年3月に3150万ドル(当時のレートで約38億円)の破格の契約金でレッドソックスと契約。16年12月、クリス・セールとのトレードでマイナー選手3名とともにホワイトソックスに移籍した。

その詳細はコチラ

MLB.com、BA(ベースボールアメリカ)、BP(ベースボール・プロスペクト)のプロスペクト・ランキングで1位の評価を得た選手。



22歳のモンカダは昨年レッドソックスでメジャーデビュー。といってもサードと指名打者で8試合のみ。19打数4安打の打率.211、1打点。

今季は、傘下3Aシャーロットで打率.282、出塁率.377、長打率.447、OPS.823。本塁打12、打点36、盗塁17。オールスター・フューチャーズゲームにも出場している。

モンカダ


モンカダに関するレポートでは、5ツールプレイヤーとの評価もあるが、スイッチヒッターで、80試合で102三振と、まだまだ粗削りという評価もある。守備はすべてセカンドで出場している。

ホワイトソックスは、16年オフにクリス・セール投手、先日のホセ・キンタナ投手に続き、ヤンキースにトッド・フレイジャー三塁手など主力3選手を放出するファイヤーセールで、来季以降を睨んだ若手中心の再建モードに入った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/20 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0720

【MLB移籍情報】ヤンキースがWソックスと大型トレードでフレイジャー三塁手ら獲得  

 

ヤンキースとホワイトソックスの間でトレード期限前の大型トレードが成立した。

ヤンキースは、ホワイトソックスの三塁手であるトッド・フレイジャー、同じく今季のクローザーであるデビッド・ロバートソン、そしてリリーフ投手のトミー・ケインリーを獲得。




交換要員はトップ・プロスペクトを含む4人。2016年のドラフト1巡目全体18番目で指名のブレイク・ラザフォード外野手とヤンキース内プロスペクトランキングで19位にランクされている2013年ドラフト1巡目33番目指名のイアン・クラーキンら若手3人。

これらプロスペクトだけでなく、中継ぎのタイラー・クリッパード投手もそこに含まれている。

ヤンキースはこの補強によりチェイス・ヘッドリー三塁手とフレイジャー三塁手のどちらかを一塁にコンバートすることになる。

フレイジャーは、パブロ・サンドバル三塁手が不良債権化したレッドソックスも狙っていた。

ホワイトソックスは、オフにクリス・セール投手、先日のホセ・キンタナ投手に続き、またもや主力3選手を放出するファイヤーセールで、一気に再建モードに入った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/20 Thu. 04:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0717

カブスに移籍のホセ・キンタナが7回を3安打無失点、12奪三振の快投  


ホワイトソックスから大型トレードでカブスに移籍した注目の左腕ホセ・キンタナが現地16日、敵地でのオリオールズ戦に登板。7回を投げて被安打3の無四球、無失点。12三振を奪う快投を演じた。

この夏のトレード市場で最初のビッグニュースになったホセ・キンタナを巡るトレード。アストロズ、ヤンキースらが水面下で交渉したが電光石火のトレード劇でカブスが獲得。

2013年から16年の4シーズン連続で200イニング以上、防御率3.35と安定した成績を残したキンタナ。しかし、今季は104回1/3で防御率4.49と本来の調子が出ていない状況だったが、復調傾向と伝えられていたとおりのピッチングを見せた。今季5勝目(8敗)、防御率4.20。121奪三振。

DE4cBw1XoAIucEm.jpg


これでカブスの先発ローテは、ジェイク・アリエッタ、ホセ・キンタナ、ジョン・レスターに間もなく復帰のジョン・ラッキー、マイク・モントゴメリーの順になるものと予想される。

カブスの2017年の先発陣は全体的に低調。ジョン・レスターが防御率4.25、ジェイク・アリエッタが同4.35、ジョン・ラッキーが同5.20。しかもジョン・ラッキー、カイル・ヘンドリクス、ブレット・アンダーソンが故障者リストに入っている。

先発投手は、平均で5.38イニングしか持たず、クオリティスタート率も38.6%でナ・リーグ15チーム中12位と低迷している。

そのMLB16位と不安定な先発ローテにインパクトを与えるピッチングだった。

首位ブルワーズとは5.5ゲーム差の地区2位。勝率5割で、ワイルドカードでも5.5ゲーム差の位置につけている。まだまだチャンスは残されているだけにキンタナの好投は浮上のきっかけになるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/17 Mon. 06:42 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド