メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0930

【イチロー伝説】記者たちから贈られた「ジェフ・コーナイン賞」  



 マイアミ・マーリンズのイチローに新たな勲章が与えられた。現地28日、マイアミでの本拠地最終戦の前に、全米野球記者協会マイアミ支部から「ジェフ・コーナイン賞」が贈られた。

 この賞はマーリンズの2度のワールドシリーズ制覇(1997、2003年)に貢献した「ミスター・マーリンズ」と呼ばれる名選手にちなんだ賞で、担当記者らに野球への真摯な取り組みを評価された。

イチロー 名言


 コーナイン氏はイチローがピート・ローズのメジャー最多4256安打を上回った直後の地元凱旋試合で、「FOXフロリダ」で解説を務め、イチローのバッティングに対して「今シーズンを通じて、バットの真芯でしっかり捉える術は特筆すべきものですね。“安っぽいヒット”というのは、あまりありません。ストライクゾーン低めへのチェンジアップに対して、崩されることなくしっかり捉えています。彼は未だに全盛期、と言うべきかもしれませんね」と賛辞を贈っている。

 また、新人賞は救援右腕のベアクローで、この賞は今後、25日にボート事故で非業の死を遂げたフェルナンデス投手を追悼して、彼の名を取って「ホセ・フェルナンデス賞」に改名される。彼は、2013年のナ・リーグ新人王に輝いている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/09/30 Fri. 07:51 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0927

フェルナンデス追悼セレモニー 全員が「16」番着用、永久欠番に  


 試合前のベンチで取材に応じたサムソン球団社長は、この日の試合で選手、首脳陣全員が背中に「16」と「FERNANDEZ」の入った追悼ユニホームを着用してプレーすること、袖に特製ワッペンのついたユニホームを使用することを発表した。

CtRCuqOUsAAz1mF.jpg

 前日の緊急会見には出席せず、声明文で哀悼の意を表したローリエ球団オーナーは、「球団にとって大きな損失だが、前に進むしかない」とコメント。さらに「16のユニホームを再び、着る選手はいないだろう」と「16」を永久欠番にする意向を示した。

CtUNhlBVMAANhv9.jpg

 マーリンズは26日(日本時間27日)、右腕エースのホセ・フェルナンデス投手(享年24)が25日(日本時間26日未明)にボートで事故死してから初の試合を本拠地マーリンズ・パークでのメッツ戦に臨んだ。

試合前には追悼セレモニーが行われ、イチロー外野手らナイン全員が若くして非業の死を遂げたエースの死を悼んだ。

 マーリンズの全選手とコーチングスタッフは、フェルナンデスの背番号「16」と名前を刻んだ黒いユニホームを着用。帽子には各々がフェルナンデスへのメッセージを書き込んだ。この日フェルナンデスが登板予定だったマウンドには「16」が書き込まれていた。

 試合前の国歌斉唱のあと、両軍選手とスタッフは自然とマウンド付近へ。抱き合って言葉を掛け合い、フェルナンデスをしのんだ。

 さらにその後、マーリンズナインはマウンド後方に集まって円陣を組み、言葉を掛け合い指を天に掲げた。その後、ナインはそれぞれの思いをマウンドの土にメッセージをしたためた。メッツナインはその様子をベンチ前から眺め、拍手を送っていた。

CtUOYGaWgAAUfrD.jpg

 フェルナンデスはキューバ出身。ボートによる亡命は3度失敗したが、4度目の挑戦で念願の亡命を果たした。12勝した2013年に新人王獲得も、トミー・ジョン手術を乗り越え、今季は完全復活し背番号と同じ16勝でチームの中心にいた。

 1週間前に自らのSNSに妊娠中のガールフレンドの写真を公開し、父になる喜びを表したばかりだった。釣りを好み、海を愛した男が、幼少期からの夢の象徴、フロリダの海で命を落とした。


◆記事参考
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000028-dal-spo
 


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

関連記事

Posted on 2016/09/27 Tue. 10:16 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0926

マーリンズ、エースの事故死に上原ら球界から続々と悲しみの声  



 メジャーリーグでイチロー外野手が所属するマーリンズのエース右腕、ホセ・フェルナンデス投手(24)がボート事故で死亡したと25日、複数の米メディアが伝えた。

マーリンズは本拠地で同日に予定されていたブレーブス戦を中止にすると発表した。

 エースの突然の死に、マーリンズのデービッド・サムソン球団社長は「ホセは永遠に家族の一員」と故人を悼んだ。

主砲ジャンカルロ・スタントン外野手はインスタグラムにて「まだ悪夢から目が覚めるのを待っている。今日、自分は兄弟を失った。とてもじゃないが理解が追い付かない。衝撃に圧倒されている」と投稿するなど、ショックを隠せない様子だった。

CtNAkUGWEAAx1tJ.jpg

この訃報は全米中にヘッドラインで伝えらたが、この突然の死を悼む同僚のディー・ゴードンの姿や球界からも続々と悲しみのメッセージが届いている。


レッドソックスのデービット・オルティーズや上原浩治も自身のツイッターで哀悼のメッセージを伝えている。

明るい性格は画面からも伝わった。イチローを尊敬しているとのインタビューはNHKがマーリンズの中継の際にいつも紹介していた。

実際に現地で取材した日本人記者によると「いつも丁寧に真摯に質問に答えてくれた」という。キューバから10代に3回海を渡って亡命しようとした苦労やトミージョン手術からの復活が彼を人間的に成長させたのかもしれない。



2011年にドラフト1巡目(全体14位)で入団。新人王。オールスター2回選出。今季は完全復活し、29試合に登板。16勝8敗、防御率2.86。メジャーを代表する投手として将来を嘱望されていた。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2016/09/26 Mon. 03:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0926

マーリンズの若きエースに悲劇!ホセ・フェルナンデスが事故死  



 メジャーリーグのマイアミ・マーリンズから悲報が届いた。それは、24歳の若きエース右腕、ホセ・フェルナンデス投手が急死したという突然の訃報だった。

球団の公式ツイッターでも「マイアミ・マーリンズはホセ・フェルナンデスの悲劇的な死去に打ちひしがれています。我々はとても困難な状況にいる彼の家族に祈りを捧げます。今日のブレーブス戦はキャンセルになりました」



同じキューバ出身で新人王も争ったドジャースのヤシエル・プイーグも旧友のあまりにも早い死を悼むメッセージをツイート(下)している。



 メディアによると現地25日午前3時、マイアミビーチの近くの岩礁に衝突した30フィート(約9メートル)のボートを発見。地元警察が確認したときは既に3名が死亡していたという。現在も警察当局は生存者を捜索している。

sp2016092615_60.jpg

 24歳の若さでこの世を去ったフェルナンデスはキューバ出身の若きエース。2013年のナ・リーグ新人王。

昨年後半に肘のトミージョン手術から復帰。今季は29試合に先発し、16勝8敗で防御率2.86。チームをけん引すると共にリーグを代表する剛腕だった。

明るい性格で、直接取材した日本人スポーツライターによれば「いつも丁寧に真摯に質問に答えてくれた」という。ご冥福をお祈り申し上げます。

lily01-001.jpg


関連記事

Posted on 2016/09/26 Mon. 01:21 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0719

J.フェルナンデスが通算500奪三振。ダルビッシュに次ぐ史上3番目の速さ  




マーリンズのエース右腕ホセ・フェルナンデスがキャリア通算500奪三振に到達した。通算65試合での達成は、1900年以降では史上3番目の速さだという。

この日のマーリンズは敵地でフィリーズと対戦。右腕は6回1/3を4安打、2四球、自己最多タイの14三振、2失点と力投。勝敗は付かなかったが、チームは11回の延長戦で勝利した。

これで、フェルナンデスは奪三振部門で、ナショナルズのマックス・シャーザーの171に次いでNL2位の168。防御率でも2.53でNL7位。WHIP1.01で6位とリーグでもトップクラスの数字をマークしている。


CnsVSv6WYAAsr7a.jpg


キューバ出身の23歳。2013年にいきなり12勝(6敗)、防御率2.53と華々しいデビューイヤーを飾ったが、翌年、トミージョン手術を受け14年(8試合4勝2敗)、15年(11試合6勝1敗)。フル稼働は、今季で実質2年目。シーズン200イニングは、まだ経験していない。

エース右腕は、非常に調子が良かったと、この日の投球を振り返り「そういう時こそ慎重にならなければいけないことがある」とコメント。

「しっかりと狙った場所に投げることだけに集中した。ベストではなかったからね。今日は初球をストライクにすることを目指したが、あまり良くは無かった」と反省の弁を述べた。

なお、500奪三振の史上最速は、メッツのグッデン(61試合)、2位はレンジャーズのダルビッシュ有(62試合)。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/19 Tue. 18:56 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0606

マーリンズのフェルナンデスが7回無失点14K 9勝目 イチロー4の1でローズまで12  



マーリンズのイチロー外野手が、メッツ戦に「1番右翼」で出場し4打数1安打、守備ではファインプレイで勝利に貢献した。

チームは先発フェルナンデスが7回無失点、自己最多タイの14奪三振をマークして勝利投手となり、1対0の接戦を制した。

フェルナンデスは9勝2敗、ERA2.29、WHIP1.06、110奪三振。ERAはリーグ8位、奪三振はドジャースのカーショーを抜いてリーグトップになった。K/9も13.26でメッツのシンダガードを抑えてトップに躍り出た。



3試合ぶり先発出場のイチローは、メッツのエース右腕ハービーに対し1回は鋭い当たりの右直、3回は三邪飛、6回は投ゴロと3打席連続凡退だったが、8回2死無走者で2番手左腕バスタードから遊撃内野安打を放った。

これでメジャー通算2966安打、日米通算では4244安打となり、ピート・ローズのメジャー歴代最多安打にあと12となった。




守備では5回先頭コンフォートの大きな当たりを後ろに懸命に走ってジャンピングキャッチする超美技でエース右腕フェルナンデスの好投をサポートした。

マーリンズ公式ツイッターは「イチローが救った!」と動画付きで美技を紹介するなど、42歳のファインプレーはこの日のハイライトの1つとなった。

また8回の安打出塁後に盗塁を試みたが、今季2度目の盗塁失敗となった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/06/06 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0219

TJ手術から復帰、カムバック賞のM.ハービーがメッツとの長期契約も視野  



昨シーズン、開幕3試合目で1年7ヶ月ぶりに復帰しメッツのローテーションの中核として活躍した剛腕マット ハービーがチームとの長期の契約延長に前向きという。

バッテリー組が春季キャンプに合流する2日前に先乗りしたハービーは、記者の質問に答え、メッツとの契約延長について言及。

"I've never said I wouldn't consider it." 「私は、それ(契約延長)を考慮しないと一度も言ったことがない」とコメント。チームから話を持ち掛けられれば耳を貸す構えを見せた。


ハービーの代理人はスコット ボラス。昨年も手術明けのシーズンのため、ボラスは、メッツの首脳陣に対して登板イニング制限を提言した。

多くの超大物スーパースターをクライアントとして抱え、敏腕代理人として有名なボラスが、ナ・リーグの東地区で2位以下に5ゲーム差をつけて快走するメッツのローテーションプランに“待った”をかけたのだ。

日本時間の9月5日、CBSスポーツのジョン ヘイマン記者が、「トミー ジョン手術を行ったマット ハービー投手は、今季180イニング以上投げるべきではなく、プレイオフ登板を回避すべきだ」というボラス代理人の主張を、そのまま報じ、それを後追いする形で、主要スポーツ局や地元ニューヨークのメディアが一斉に報じて大騒ぎになった。

ボラスは、肘の権威と言われるアンドリュー医師ら複数の医師の見解を示しつつ「今季180イニング以上投げることは、ハービー投手の肘を故障させるリスクがある」と主張して、プレイオフの登板を回避するよう球団上層部に強く訴えた。

ボラスには前例があって12年のナッツの右腕ストラスバーグのイニング制限やマーリンズのホセ ヘルナンデスが、上腕二頭筋を故障した際にも“圧力”で戦列を離脱したと報じられた。

メッツ ハービー

こうした代理人と球団の確執があってハービーがメッツに残留するのは難しいとの見解が一般的だ。

しかし、ハービーは189.1イニングに登板。13勝8敗、防御率2.71、WHIP 1.02。

ポストシーズンでも4試合に登板し、26.2回、防御率3.04と安定した投球でリーグ優勝に貢献した。オフにはカムバック賞を受賞した。

ハービーは今オフに初めて年俸調停の資格を得て、メッツと格安とも言える年俸432万5,000ドル(約5億円)の1年契約で合意している。

■ハービーも2018年オフにFAになる

今回の記事には背景があって、ご存知のように2018年オフには有名選手たちがこぞってFAになる“MLB2018年FA問題”がある。球団上層部には頭の痛い問題だ。

昨年のような成績を続ければの話だが、ハービーもその中心人物に間違いない。

ほかには、ホセ フェルナンデス(マーリンズ)、
ダラス カイケル(アストロズ)、
アダム ウェインライト(カージナルス)、
シェルビー ミラー(Dバックス)などなど。

そしてクレイトン カーショー(ドジャース)、デービッド プライス(レッドソックス)の2人は、自らの意思で、18年のオフにFAとなれる権利(オプトアウト)を有する。

野手組もスーパースター達が一斉にFAとなる。

ブライス ハーパー(ナショナルズ
ジョシュ ドナルドソン(ブルージェイズ)
マニー マチャド(オリオールズ
アンドルー マカチェン(パイレーツ
アダム ジョーンズ(オリオールズ)。

といった背景があってハービーの動向がニュースになるというワケだ。


◆記事参考
http://m.mets.mlb.com/news/article/164530546/matt-harvey-discusses-mets-contract-extension



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/02/19 Fri. 01:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0104

【MLB移籍情報】イチローの同僚マーリンズのフェルナンデスは残留  





イチローが所属するマイアミ・マーリンズのエース右腕ホセ・フェルナンデス投手(23)の代理人スコット・ボラス氏が、今オフにトレード移籍の可能性が報じられているフェルナンデスの噂を否定する発言をしている。

ボラス氏は昨年末、スポーツ専門のラジオ番組『MLB Network Radio』のインタビューに応じ、フェルナンデスはマーリンズに残るのが理想的で、放出されることはないだろうとコメントした。

また、ボラス氏は、不仲が噂されているオーナーのジェフリー・ローリア氏ら球団幹部と話し合いを持ったことを明かし、その際に、ローリア氏らはフェルナンデスの価値を高く評価していたようだ。

国交回復前のキューバ―から亡命組の23歳のフェルナンデスは、今年7月にトミー・ジョン手術からの復帰を果たし、13カ月ぶりにメジャーのマウンドへ。11試合に先発登板して6勝1敗、防御率2.92と今季につながる活躍だった。

マーリンズの投手陣は、昨季クローザーのシーシェクが不調で早々と放出されたが、その後を継いだA.J.ラモスが32セーブを挙げる数字を残した。

ブルペンにはブライアン・モリス(67試合、3.14ERA)、カーター・キャップス(31試合、1.16ERA)、マイク・ダン(72試合、4.50ERA)と完全ではないがそこそこ実績のある選手が揃っているもののコマ不足は歪めない。



今季もポンコツローテーションのマーリンズ

もっと酷いのは先発ローテーション。エース格のフェルナンデスといっても実績をあげたのは手術前の1年ぐらい。シーズン200イニングも経験していない。2番手は5年目29歳のトム・コーラー(32試合、11勝14敗、4.08ERA)。計算できるのは、その2人ぐらい。

14年にヒューストンからトレードで途中移籍の若手25歳のジャレット・コザートは、野球関連の賭博証拠は見つからなかったものの、違法な賭博に関わったとして罰金を科せられ14試合の先発で2勝5敗に終わった。

他に25歳左腕アダム・コンリー(15試合4勝1敗、3.76ERA)、24歳左腕ジャスティン・ニコリーノ(12試合、5勝4敗、4.01ERA)と何とも心細いローテーションで、昨年71勝91敗のチームは浮上しそうな要素が見つからない。

同地区には、メッツやナショナルズといったリーグ屈指の強豪がいる中で、今季もイチローの話題だけしか残らないような戦力だ。金儲けのことしか頭にない評判の悪いオーナーが、素早くイチローと契約を結んだのもわかる気がする。


(できれば、イチローには青木宣親と再契約しなかったサンフランシスコ・ジャイアンツあたりでワールドシリーズを目指してほしかった。)



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/01/04 Mon. 07:37 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0703

若きエース、フェルナンデス復帰のマーリンズがジャイアンツをスウィープ!  


イチロー所属のマーリンズに若きエースが帰って来ました。

2日のジャイアンツ戦(日本時間3日午前1時10分試合開始)で昨年、右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたホセ・フェルナンデス投手(22)が復帰先発しています。

結果は、6イニング、89球(ストライク68)、被安打7、奪三振6、3失点(自責点3)、被HR1。打席では、ソロHRも記録しています。



試合は、フェルナンデスの後、3人のリリーバーがジャイアンツの追撃を1点に抑えてマーリンズが3連戦をスウィープ。フェルナンデスに今季初勝利がついています。



同じくトミー・ジョン手術から復帰のジャイアンツ右腕マット・ケイン(30)は5回を投げて5失点でした。

キューバ出身のフェルナンデスは、13年に12勝6敗、防御率2・19でナ・リーグ新人王を獲得。だが、昨年5月初旬に右肘を痛め同16日に手術を受けていました。「13カ月待っていたよ。ここに戻ってくることは本当に特別なことだよね」と感慨深げでした。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/07/03 Fri. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド