メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0115

今夜放送!甲子園で準優勝した台湾高校の感動実話「KANO1931海の向こうの甲子園」  





台湾日本の歴史に光を当てた作品  


1931年、
甲子園
に出場した
台湾高校野球部
感動の実話


「KANO 1931海の向こうの甲子園」

a47beeaf.jpg



民族の壁を越えて
ひとつになったチーム。
ひたむきな姿と爽やかな
プレーに
日本中が感動した実話!!



「嘉義農林」(かぎのうりん)の野球部は、日本人と漢族の台湾人、それに高雄の先住民という3つの民族の混成チーム。

民族の違う選手たち
一丸となって勝利を目指しました。



 日本ハムファイターズの陽岱鋼の活躍などもあり台湾の野球ブームはヒートアップしています。そんなルーツになったのが、この
嘉義農林高校野球部の甲子園での活躍ではないでしょうか

かぎのうりん=KANO 
そんな実話が映画化されました。

台湾と日本の歴史に光を当てた作品。


 魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督
がプロデューサーを務め、彼の日台三部作のトリを飾る作品として台湾で大好評だった映画が「KANO 1931海の向こうの甲子園」の邦題で、2015年1月24日から日本公開されました。


この作品は、2014年3月7日から開催された
第9回「大阪アジアン映画祭」のオープニング作品でした。



 映画の舞台は1920年代、台湾が日本政府に統治されていた時代に遡ります。この時代、日本の一部だった台湾の高校には全国中等学校優勝野球大会(のちの全国高校野球選手権)、いわゆる「甲子園」への出場資格があり、球児たちは台湾の地から夢の舞台を目指していました。

しかし、実態はどの高校もレギュラーのほとんどを日本人が占め、常勝チームとして甲子園に行くのは、いつも日本人のみで構成された「台北商業高校」だったのです。

 ところが1931年、台湾予選大会に劇的な出来事が起きました。日本人と本土の台湾人、原住民による混合チーム「嘉義農林高校」の野球部が甲子園出場を決め、全国大会でなんと決勝戦にまで勝ち進んだのです! 

 この奇跡の背景には、近藤兵太郎という日本人監督の存在がありました。その一球たりとも諦めないプレイスタイルは観衆の心をつかみ、日本中の注目を集めました。それぞれの民族の壁を乗り越えて涙と友情で団結したチームは奇跡を起こします。

「KANO」とは、嘉義農林の略称「嘉農」を日本語読みした当時の呼び名。映画はタイトルどおり、近藤兵太郎を中心にしたチームの成長と、栄光の軌跡を描きます。

参考:TAIPEI NAVI 台湾観光旅行ガイド 台北ナビより


 台湾では公開後60日間で3億台湾ドル(10億円)を超える大ヒットを記録。ロングラン上映され一度は劇場公開を終えましたが、さらにアンコール公開されました。


そして日本でも凱旋上演!!

2015年1月24日から 
全国ロードショーされました。


日本の俳優陣は、
監督の
近藤兵太郎役に


近藤の妻を演じるのは、
こちらも実力派の
坂井真

そして
嘉義農林野球部が活躍した同じ時代、
台南にダムを作り英雄となった
八田與一技師役には
たかお

 大沢は、映画「藁の楯」撮影のため台湾に滞在した際、台湾をすっかり気に入り、また
八田技師に強い興味を持ったそうで、今回のキャスティングはなんと大沢側から制作サイドに連絡して志願したという。



もう一人の日本人キャストは、ロンドンを拠点に活躍するベテラン俳優・伊川東吾
馬志翔監督自らが彼の演技にほれ込んでオファーし、近藤の恩師を演じることになった。

さらに、試合シーンの実況を、文化放送ライオンズナイターでおなじみの斉藤一美アナウンサーが担当しているなど、野球ファンにとっても見どころ満載の映画といえそうですね。野球ボール

鬼のようなスパルタ指導の一方で、
当時は暗黙の格差があった日本人と台湾人に分け隔てなく接したという近藤兵太郎。深みのある野球人を、役者デビュー30周年の永瀬が演じました。




映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』
オフィシャルサイト
http://kano1931.com/




にほんブログ村 野球ブログへ




1月15日(火)2:29~3:59(月曜深夜)  
『KANO 1931海の向こうの甲子園(後編)』

1月22日(火)1:59~3:59(月曜深夜)
 『KANO 1931海の向こうの甲子園(後編)』



関連記事

Posted on 2019/01/15 Tue. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1207

前マリナーズの岩隈久志が読売ジャイアンツと契約合意  




日米通算170勝を挙げている右腕の所属先が決まった。


マリナーズを退団した岩隈久志が読売ジャイアンツと契約に合意したことを球団側が公式に発表した。メディカルチェックを経て後日、正式契約を交わす模様。


岩隈久志


37歳の岩隈は、99年のNPBドラフト会議で大阪近鉄バファローズから5位指名を受けて入団。05年に移籍した楽天の球団創設1年目から投手陣の柱として活躍し、NPBで107勝、12年からはMLBのシアトル・マリナーズに移籍してメジャーキャリア6年で通算63勝を挙げた。


メジャーで150試合に登板。そのうち先発登板は136試合で通算防御率は3.42。WHIP1.143。奪三振率7.3、与四球率1.9。


制球力の良さと低めにボールを動かしてゴロアウトに打ち取るピッチングスタイルで、15年8月12日にはボルチモア・オリオールズ相手にノーヒットノーランを記録している。


現役選手を含めた歴代日本人メジャーリーガーWARランキングでは7位に入り、岩隈のチームに対する貢献度の高さを示している。


R/ 氏名 / rWAR / fWAR

01. イチロー 59.3 / 57.6
02. 野茂英雄 21.8 / 27.3
03. 黒田博樹 20.7 / 23.7
04. ダルビッシュ有 18.5 / 19.4
05. 松井秀喜 21.2 / 13.1
06. 田中将大 15.5 / 15.5
07. 岩隈久志 17.2 / 11.7
08. 上原浩治 13.7 / 12.1
09. 大家友和 11.3 / 11.0
10. 長谷川滋利 11.5 / 4.0



ただ、問題は肩の手術の影響で、フォーシームの球速が戻っているかどうかが心配されるところだ。



▼関連記事
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3905.html


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/12/07 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1108

北海道日本ハムファイターズが地震被災地へ1993万6710円を寄付  




ダルビッシュ有の1000万円含む1993万6710円


 北海道日本ハムファイターズは8日、9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」により甚大な被害に遭った地域への義援金として総額1993万9710円を寄付することを発表した。


 北海道にフランチャイズを置くチームは、震災直後から募金活動を開始。札幌ドームとファイターズ鎌ケ谷スタジアム(千葉)で募金活動を実施。およそ800万円の募金が集まった。

日本ハムファイターズ

 公式サイトによれば、これに球団、選手会から拠出した各100万円、来場者数に10円を乗じた金額、ダルビッシュ有投手(シカゴ・カブス)からの寄付1000万円を合わせた金額から10月10日に実施した被災地招待企画(被災地から734人招待)の関連費用を差し引いた1993万6710円を寄付する。


 贈呈先は厚真町、安平町、むかわ町、日高町、北広島市、札幌市。中島卓也選手会長は「地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。選手も栗山監督と募金活動に参加し、今こそ助け合い、困難を一緒に乗り越えようというお一人おひとりの温かさを感じました。ご協力いただきありがとうございました。被災された方々のお役に立てるよう、これからも自分たちに何ができるかを考え、全力を尽くしたいと思います」とコメントしている。








◇記事参考
http://sp.fighters.co.jp/news/detail/00001453.html



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/11/08 Thu. 11:08 [edit]

CM: --
TB: --
   

0829

上原浩治がトリプル100のユニフォームを西日本豪雨の被災地支援の為に出品  



 元ボストン・レッドソックスなどで活躍した上原浩治投手が、日米通算「100勝100ホールド100セーブ」(トリプル100)を達成した際に着用していたユニホームをチャリティーオークションに出品して、今年7月の西日本豪雨で被災した人たちへの義援金として寄付するという。


上原浩治







▽読売巨人軍公式サイトより


上原浩治投手と読売巨人軍は、社会貢献活動「G hands」の一環として、上原投手が日本人初の日米通算「100勝100ホールド100セーブ」(トリプル100)を達成した際に着用していたユニホームを27日(月)からチャリティーオークションに出品します。達成時に上原投手が掲げた「トリプル100ロゴパネル」も同様に出品し、売上金は、日本財団を通じて西日本豪雨災害の被災地復興支援活動を行う団体に全額寄付します。

 ユニホーム、ロゴパネルはいずれも直筆サイン入り。出品先はオークションサイト「ヤフオク!」で、入札期間は27日(月)午前10時から31日(金)午後9時までです。






▽読売巨人軍公式サイト
http://www.giants.jp/G/gnews/news_3913167.html

▽上原浩治オフィシャルWEBサイト
http://www.koji-uehara.net/2018/08/29/1523.html


関連記事

Posted on 2018/08/29 Wed. 18:42 [edit]

CM: --
TB: --
   

0708

【西日本豪雨災害】広島が明日からの阪神戦3連戦をすべて中止   




 プロ野球の広島は8日、西日本を中心とした豪雨災害の影響のため、本拠地・広島市のマツダスタジアムで9日から予定されていた阪神3連戦を中止すると発表した。


 球団は「これまで地域とともに歩んできた広島東洋カープといたしましては、このような甚大な被害により、多数の犠牲者が出ている中で試合を行っていいものか十分に検討した結果、決断をいたしました。被災された地域の一日も早い再建と復興を、心からお祈り申し上げます」とコメントを発表した。





関連記事

Posted on 2018/07/08 Sun. 18:02 [edit]

CM: --
TB: --
   

0502

今秋 「日米野球2018」開催!大谷翔平の凱旋帰国に期待!!  

 


 メジャーリーグ機構(MLB)と日本野球機構(NPB)などによれば、11月8日から15日にかけて、MLBオールスターが来日して日本代表チームなどと対戦する「日米野球」を開催することを発表した。

「日米野球」は4年ぶりの開催。開幕戦は巨人が対戦し、その後は日本代表「侍ジャパン」が東京で3試合、広島で1試合、名古屋で2試合戦う。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


 2000年以降は、毎回、日本人選手が選出されており、前回は岩隈久志(マリナーズ)、和田毅(カブス)が選出され、凱旋帰国している。今回も“2way”大谷翔平を含む日本人選手の登場が楽しみだ。

 稲葉監督は日刊スポーツのインタビューで「17年WBC準決勝の米国戦で、日本が世界を制するためには『動く球』への対応が課題であることが浮き彫りになりました。東京五輪を制するためにも避けられない『動く球』を攻略する絶好の機会と捉えております」と歓迎した。

 さらに、来季のMLBシーズン開幕2試合を東京で行う事も発表。マリナーズとアスレチックスが来日して、MLB公式戦と開幕前のNPB球団とのエキシビションマッチを含めた数試合がマッチメイクされる予定。

 MLBはオールスターと言ってもトップクラスは辞退したり、本当の意味でのオールアメリカンは揃えにくい。前回も野手には良い選手が揃ったが、投手の辞退が目立った。

 ただ、大谷翔平が、このまま順調に1年間をメジャーで出場すれば、選出されて凱旋帰国の可能性は高い。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/05/02 Wed. 12:44 [edit]

CM: --
TB: --
   

0106

闘将・星野仙一氏、逝去 70歳早すぎる旅立ち  






 楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが報じられた。70歳だった。「がんで闘病していた」という事は伝わっていたが、現時点では死因は明らかになっていない。

現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の2013年には弱小球団を日本一に導いた。

 星野さんが現役時代は、パ・リーグのファンだったのであまり記憶がない。

監督になってからの印象が強い。「闘将」と呼ばれ、強いものや大きいものに立ち向かうファイティングスピリットは見ていて心を揺さぶられた。

人となりが伝えられ、岡山で中学生の時に筋ジストロフィーの同級生をおんぶして登校していた逸話は有名だ。

ご冥福をお祈り申し上げます。


以下、スポニチから引用。(改行は筆者)


突然の訃報だった。星野氏が息をひきとったのは4日。球界関係者によると「がんで闘病していた」という。昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていた。

昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやってて良かった。野球と恋愛して良かった。もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。

しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。

相手が強ければ強いほど、「燃える男」。現役時代のキャッチフレーズだった。その原動力が「打倒・巨人」。ドラフトでふられ、憧れの球団は「生涯のライバル」に変わった。

中日のエースとして闘争心をむき出しにして投げ、巨人戦は歴代6位タイの35勝で通算146勝を挙げた。

沢村賞を受賞した74年にはV10を阻止して優勝したが「日本シリーズは邪魔。俺は巨人を倒したからいいんだ」と言い切ったほど、巨人を倒すことに執念を燃やした。「強い巨人に勝ちたいんや」。その思いは引退後も変わることはなかった。

監督時代は「闘将」と呼ばれ、代名詞は鉄拳制裁だった。

「非情と愛情の2つを併せ持つことが大事」という持論を持ち、闘う集団につくり上げた。

中日で2度のリーグ優勝。97年には扶沙子夫人(享年51)を白血病で亡くしたが、グラウンドで戦い続けた。

「俺は弱いチームを強くすることが好きなんだ。それが、男のロマンやないか」。

反骨心の塊のような男。02年に低迷していた阪神の指揮を執り、翌03年に18年ぶりのリーグ優勝に導く。

楽天監督時代の13年には日本シリーズで宿敵の巨人を破り、4度目の挑戦で初めて日本一監督となった。

14年にユニホームを脱ぎ、15年に球団副会長に就任。ONとともに球界への影響力は大きく、星野氏も「野球への恩返しの意味でも自分の思いや考えを若い人につないでいきたい」と語り、野球の普及活動に尽力していた。

恋に恋した野球。しかし、楽しみにしていた20年東京五輪を前に帰らぬ人となった。あの笑顔はもう見れない。あの怒鳴り声ももう聞けない。






続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/01/06 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0922

早実・清宮幸太郎がプロ志望届を提出表明!夢は「メジャーリーグで本塁打王」  




プロ野球界のニュー・ウェーブが誕生するだろう。

プロ入りか人気の東京6大学・早稲田大学野球部への進学か?高校卒業後の進路が注目されていた、高校通算111本塁打の早実・清宮幸太郎内野手が22日、東京都国分寺市の同校で会見し、「私、清宮幸太郎はプロ志望届を提出することを決めました」と国内プロ野球球団への入団希望を明らかにした。

メディアでも様々な憶測を呼んでいたが、一気にドラフト会議が面白くなってきた。フジ系とNHKではニュース速報まで流していた。

これで、10月26日に開催予定のドラフト会議では複数球団が清宮を1位で指名することが予想される。場合によっては、1989年秋に野茂英雄(新日鉄堺)、90年の小池秀郎(亜大)が8球団から受けた1位指名の最高記録を上回る競合もあるかも知れない。





スポーツ報知によると緊張した面持ちで和泉実監督らと並んで会見に臨んだ清宮は、「プロ野球志望届を提出することに決めました」と語ったという。

志望は日本球界で「自分を厳しく指導して成長させてくれる球団に行きたい」と語った。

「(早実の)先輩の王さんの数字は、自分の目標となる数字なのかな」「目指さなきゃいけない使命感」と、プロでの目標として王貞治さんが持つ868本の本塁打の世界記録を掲げた。

清宮は国際経験も豊富。中学1年時に東京北砂リトルでリトルリーグワールドシリーズに出場し、3発を放って注目を集めた。

先日のU―18W杯では大会最多タイの2発のアーチを架け、通算最多とされる111本塁打に更新した。その夢は「メジャーリーグで本塁打王」だというから頼もしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/22 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0917

大谷翔平、渡米決断!? メジャー16球団のスカウトも熱視線  




23歳の若武者が渡米を決断した。日本ハムの大谷翔平投手が今オフにポスティングシステムを利用してメジャーリーグに挑戦する意思を固めたという報道が出た。


大谷翔平


大谷は12日、本拠地での楽天戦で5回2/3を1安打、無失点、4奪三振、3四球で今季初勝利を挙げた。

今季はキャンプイン直前に右足首痛。楽しみにしていたWBCでの雄姿は見られなかった。開幕直後にも左太腿裏を肉離れし、長期離脱したことを考えると本来の調子ではないが、来日した16球団のスカウトには、どう映ったのか、気になるところだ。




大谷の8月31日の前回登板ではヤンキースのキャッシュマンGMらが来日して直接視察した。

ヤンキースが17年オフに使える補強資金は3500万ドルから4000万ドル程度になる見込みだが、ニューヨークの地元メディア「NJ Advance Media」の記者ランディ・ミラーは、すでにヤンキースの17年‐18年オフの補強リスト11名を予想して、その中には大谷翔平の名前もある。

MLBと選手会の新労使協定によりアメリカ国外の選手との契約に関する制限の適用年齢が、23歳未満から25歳未満に引き上げられた。

そのため大谷翔平の獲得に動くチームは、現行制度では日本ハムにポスティング譲渡金として上限2000万ドル(約22億円)を支払わなければならない。

しかし、MLBでは昨年12月に海外フリーエージェントに関する総契約金を規定し、適用年齢を23歳未満から25歳未満に引き上げた。この変更で23歳の大谷に関しては契約金や年俸など込みで年500万ドル(約5億5000万円)程度の金額負担に抑えられた。

球団によって1年間に使える上限が規定された複雑な制度だが、要するに高騰する海外FAを抑えようとする仕組みで、資金のない球団にとっては朗報かも知れない。

これなら予算に制限のあるスモールマーケットの球団にも獲得のチャンスがある。大谷のメジャー移籍が実現すれば5年目オフでの移籍となり、これはポスティングシステム導入後最速となる。

大谷のメジャー移籍に関しては、昨年12月に球団から今オフ以降の移籍を容認され、時期については一任されていた。



◇記事参考
スポーツニッポン
Randy Miller | NJ Advance Media for NJ.com


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/09/17 Sun. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0914

【朗報】カープ優勝の翌日、スポニチが「広島カープ1975Vシート」をプレゼント  



2連覇までマジック2に迫った広島カープ。きょうのDeNA戦に勝ち、阪神が巨人に敗れると37年ぶりの2連覇が決まり、2009年に新設されたマツダスタジアムでは「初」の胴上げとなる。

広島は熱狂の渦に包みこまれるだろうが関東の鯉党にも朗報がある。



スポニチでは、広島カープがリーグ優勝した翌日に小田急線、相鉄線、東武線の各売店(一部店舗除く)でスポニチを買うと「広島カープ1975Vシート」をプレゼントしてくれるという。

さらに、注目の地上波テレビ生中継は、NHK総合が、当初は中国地方向けだったが、マジック2となり、急きょ全国放送に切り替えた。

スポニチによれば昨年9月10日、25年ぶりの優勝を決めた巨人戦を生中継したのもNHKで、地元・広島地区の平均視聴率は60・3%(ビデオリサーチ調べ)だった。




関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド