メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0202

MLB公式サイト「今季インパクトを与えるプロスペクト12人」大谷翔平が堂々の1位  



新天地ロサンゼルスに降り立った大谷翔平。メジャーリーグのプロスペクト(若手有望選手)を紹介する「MLB Pipeline」ではプロスペクト・ランキングトップ100を発表。その大谷翔平(エンゼルス)が1位に輝いた。

さらに最新のMLB公式サイトでは18年シーズンにインパクトを与える12人をピックアップ。

大谷のデビューは日本でもヘッドラインで報道されるだろうが、残りの11人の中からも昨年のジャッジやベリンジャーのようなインパクトを与える若手が出てくることに期待したい。


ア・リーグでは下記の6人。

1.大谷翔平(エンゼルス)
RHP/DH、23歳

2.オースティン・ヘイズ(オリオールズ)
OF、23歳

3.ウィリー・アダメス(レイズ)
SS/2B、22歳

4.ウィリー・カルフーン(レンジャーズ)
OF、23歳

5.ブレント・ハニーウェル(レイズ)
RHP、22歳

6.グレイバー・トーレス(ヤンキース)
SS、22歳


ナ・リーグでは下記の6人という顔ぶれになった。

1.ルイス・ブリンソン(マーリンズ)
OF、23歳

2.ホルヘ・アルファロ(フィリーズ)
C、24歳

3.ルイス・ゴハラ(ブレーブス)
LHP、21歳

4J.P.クロフォード(フィリーズ)
SS、23歳

5.マックス・フリード(ブレーブス)
LHP、24歳

6.ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)
OF、20歳


大谷翔平


MLB公式サイトの記事では、大谷はRHP/OF(右投手/外野手)とポジション表記しているが、エンゼルスは外野手としては出場させないことを指揮官が明言しておりRHP/DHという表記が正しいものと思われる。

オースティン・ヘイズ(オリオールズ)は昨年、A+とAAで計32本塁打。9月のコールアップでメジャー昇格。今季は開幕ロースターに入る可能性もある。16年ドラフト3巡目。

ウィリー・アダメス(レイズ)は、昨年も開幕の時点で、チームのNO.1プロスペクト。ベースボール・プロスペクタス(BP)とMLB公式サイトがMLB全体で21位、ベースボール・アメリカ(BA)が同10位にランクしている。

9月のコールアップは無かったが、最新でもチーム内2位、BP21位、BA19位、MLB22位。アデイニー・エチェバリアがレイズの正遊撃手だが、二塁手は確定しておらずチャンスはある。

ナ・リーグ1位のルイス・ブリンソン(マーリンズ)は、クリスチャン・イェリッチとのトレードでブルワーズから移籍した選手のひとり。17年はメジャーでも21試合に出場している。

ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)は、昨年秋のアリゾナ秋季リーグで打率.329をマークしてMVPに輝いている。マット・ケンプを放出したことにより開幕からレギュラーで起用される可能性もある。

チーム再建期のブレーブスは、MLBランキングで8人がトップ100位以内に名を連ねており、ここで3位に紹介されたルイス・ゴハラや5位のマックス・フリードも今季登板のチャンスがありそうな投手達だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/02 Fri. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0122

大谷翔平がランキングトップ MLB公式サイト/プロスペクトランキング  

 


MLB公式サイトが、今季のポジション別プロスペクト・ランキングTOP10を発表している。

まず、右腕投手(RHP)のTOP10が発表され、大谷翔平(エンゼルス)が、プロスペクト(有望選手)の右投げ投手(RHP)部門で1位に選ばれた。

左腕投手(LHP)では、昨年のMLBドラフト2017で全体3位指名のマッケンジー・ゴア(パドレス)が選ばれた。ゴアもアマレベルではバッティングが得意な選手という評価。足の上げ方がヤクルトの高橋奎二投手に似ているらしい。


大谷翔平


二刀流でいうと同ドラフト全体4位のブレンダン・マッケイ(レイズ)はLHPで5位評価。同ドラフト全体2位だったハンター・グリーン(レッズ)もRHPで8位評価。彼も最速102マイル(約164キロ)を投げる二刀流で話題になった選手。

ただ、プロ野球で実績のある大谷とアメリカの高校レベルの二刀流では比べ物にならない。


★プロスペクト・ランキングTOP10

【RHP部門】

1. 大谷翔平(エンゼルス)
2. フォレスト・ウィットリー(アストロズ)
3. マイケル・コペック(ホワイトソックス)
4. ブレント・ハニーウェル(レイズ)
5. ウォーカー・ビューラー(ドジャース)
6. ミッチ・ケラー(パイレーツ)
7. アレックス・レイエス(カージナルス)
8. ハンター・グリーン(レッズ)
9. トリストン・マッケンジー(インディアンス)
10. シクスト・サンチェス(フィリーズ)

【LHP部門】
1. マッケンジー・ゴア(パドレス)
2. A.J.プク(アスレチックス)
3. ジャスタス・シェフィールド(ヤンキース)
4. ルイス・ゴハラ(ブレーブス)
5. ブレンダン・マッケイ(レイズ)
6. エイドリアン・モレホン(パドレス)
7. コルビー・アラード(ブレーブス)
8. ヘスス・ルザード(アスレチックス)
9. スティーブン・ゴンサルベス(ツインズ)
10. マックス・フリード(ブレーブス)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/01/22 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0116

【MLB移籍情報】大砲争奪戦に敗れたSFジャイアンツがマカッチェン獲得  




メディカルチェックを残しているがジャイアンツとパイレーツの間でアンドリュー・マカッチェン外野手のトレードが成立したと複数のメディアが伝えている。

マカッチェンは、09年からパイレーツひと筋の選手だった。13年のナ・リーグ最優秀選手(MVP)。昨季は打率.279、28本塁打、88打点、出塁率.369、長打率.486、OPS.849を記録した。



上のツイートを見ていただければ分かるが、アンドリュー・マカッチェンの残契約は2018年の1年のみで、年俸は1450万ドル。そのうちパイレーツが250万ドルを負担することになる。

このトレードで、パイレーツは交換要員として、若手有望株でチーム内NO.4プロスペクト、16年ドラフト2巡目全体59番目の外野手ブライアン・レイノルズ、同NO.16プロスペクトで11年の1巡目補足全体49番目指名のカイル・クリック投手の2人を獲得した。



逆に言えば、ジャイアンツはプロスペクトを放出。このオフでは、三塁手エバン・ロンゴリア獲得の際にもプロスペクトを3人放出しており、将来のチームを支えるはずのファーム層は、さらに弱体化したことになる。

レイズの顔だったロンゴリアと今回はパイレーツのスター選手マカッチェンを獲得したジャイアンツだが、補強ニーズだった三塁手と外野手を埋めたことになる。

ただ、その代償は大きいと言わざるを得ない。

その背景には、同チーム内で最下位だった17年シーズンの結果が影響していることは間違いない。10年、12年、14年とワールドシリーズを制覇したチームは、2010年から20年にかけての10年代にダイナスティー(王朝)を築くかとも思われたが、地区ライバルのドジャースに13年から5連覇を許し、地区優勝もできていない状況だ。

しかも、17年はDバックスやロッキーズにも後塵を拝し、地区最下位に沈んだ。攻撃力アップのために2冠王スタントンに白羽の矢を立てたが、ロス出身のスタントンに嫌われて逃げられた。

同地区から3チームがポストシーズンに進出した状況を横目にフロントが焦ったのか、32歳ロンゴリア、31歳マカッチェンの即戦力を補強したという風に見える。


DTnJxaXW4AAWZBb.jpg


青木宣親が在籍したころのジャイアンツは、本塁打の出にくいとされる本拠地AT&Tパークを考慮してスモールベースボールでしぶとい野球をするイメージがあった。

今回のマカッチェン獲得は、打線面ではアップしたかも知らないが、センターとしては守備防御点(DRS)が-16、UZR/150が-6.2と平均を下回る数字という指摘もあり、打撃も14年をピークに明らかに数字はダウンしている。もはや1番センターというタイプではない。

外野手は、日本の福岡ソフトバンクやDバックスでも在籍したカイル・ジェンセン(29歳)などマイナー契約で4名とマイナー契約したが戦力的には未知数。

マイナーにはスティーブン・ダガー(チーム内BP7位/BA8位)や昨年のドラフト1巡指名(全体19位)のヘリオット・ラモスがいるが、時間がかかる。

そのため、守備力のあるロレンゾ・ケイン外野手(ロイヤルズFA)や59盗塁で盗塁王のタイトルは逃したがレッズのビリー・ハミルトン外野手を1番にしてマカッチェンをクリーンナップに据えることが出来れば怖い打線になる。


◇こちらの記事を参考にしています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/giants-acquire-andrew-mccutchen/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/01/16 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

レッドソックスで20歳R.デバース三塁手がメジャーデビュー  



ここでも何度か紹介したパブロ・サンドバルの不良債権化で三塁手が補強ポイントになっているレッドソックスで、20歳274日という今季最年少でラファエル・デバースがメジャーデビューしている。

現地25日、シアトルでのマリナーズ戦に9番サードで出場した。



各サイトのプロスペクト・ランキングでは2015年から今季までMLB全体100位以内に入っている期待の新人。

ドミニカ共和国出身で2013年に150万ドルで契約した右投左打の三塁手。

特に今季はBAで18位、BPで13位、MLB.comで17位と高い評価を受けている。特長はパワーに優れ、広角に打てる技術もある。守備に難点があるということだ。

レッドソックスロゴ

レッドソックスの三塁はここ数年の補強ポイント。今季は、サンドバルのほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていたが、フレイジャーは同地区ライバルのヤンキースがトレードで獲得。プラドは故障者リストに入っている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/26 Wed. 12:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0622

Rソックスの新人A.ベニンテンディ、記念の100安打目は454フィートの特大弾  




2017年のMLB前半戦は、本塁打王争いで1位と2位の新人、東海岸のヤンキースから右の大砲アーロン・ジャッジ(24本)、西海岸ではドジャースの若き左の4番打者コディ・ベリンジャー(22本)という新人スラッガーを紹介することが多い。

しかし、この選手も忘れてはいけないだろう。レッドソックスのアンドリュー・ベニンテンディ外野手だ。

ベニンテンディ


来月7月6日に23歳になるベニンテンディは、現地21日のロイヤルズ戦でセンターに454フィート(約138メートル)の特大弾を放った。

試合は、レッドソックスのブルペン陣がロイヤルズ打線に捕まって4対6で敗れたが、彼のメジャーキャリア100本目のヒットは、自身最長の今季10号ホームランになった。

27度の放物線を描いてカウフマン・スタジアム名物のセンター右中段の滝に飛び込んだアーチは、パワーではジャッジやベリンジャーに劣ると思われていた彼のサプライズな一撃だった。

なお、メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、この454フィート弾はチームの主砲ハンリー・ラミレスが放った469フィートに次ぐ今季チーム2番目の特大弾らしい。



さらに、このホームランはホームランが出にくいと言われているカウフマン・スタジアムでは、スタットキャストで計測が始まって以降、4番目の飛距離になるということだ。

2017年開幕前にMLB.comが発表したプロスペクトランキングでは1位だったベニテンディ。

昨年はシーズン後半の34試合に出場し、打率.295、2本塁打、14打点、OPS0.835。インディアンスとのプレイオフ(ALDS)では、球団史上最年少でのプレイオフでのホームランを記録している。

今季は、打率.274、出塁率.340、OPS.777、10本塁打、40打点と期待通りの活躍。普通の年なら新人王の当確ラインだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/22 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0305

MLB公式サイトがマイナー組織トップ10チームを発表  




メジャーリーグの公式サイト「MLB.com」のスタッフが現時点のMLB30球団のマイナー組織ランキング・トップ10を発表している。

ダンズビー・スワンソン遊撃手(個人ランク4位)はじめトップ100に7人を擁するブレーブスが1位にランクイン。チームは今季、新スタジアムの完成を機に数年前から再建期に入っている。15年は同ランク9位、昨年は2位だった。

スワンソン

このランキングは個人のプロスペクトランキング1位が100ポイント、2位が99ポイント、100位が1ポイントとして総合ポイントを算出した。

ランキング2位は、同じくトップ100に7人を擁するヤンキース。3位はホワイトソックスだった。


MLB公式サイトによるマイナー組織TOP10
①ブレーブス
②ヤンキース
③ホワイトソックス
④パドレス
⑤ブルワーズ
⑥ドジャース
⑦パイレーツ
⑧ロッキーズ
⑨レッズ
⑩レイズ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/05 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0225

ヤンキース、A.ジャッジ、K.ヒガシオカらが上出来のデビュー!  

 


メジャーリーグ公式サイトがヤンキースの若手有望株アーロン・ジャッジ外野手の特大ホームランをヘッドラインで報じている。

ヤンキースは現地24日、フィラデルフィア・フィリーズと今季初のオープン戦を行い、9対4で快勝。この時期の勝敗はまったく関係ないが、重要なのはその内容。

ヤンキースは初回、若手のリーダー格ディディ・グレゴリアス遊撃手が先制ソロを放つと、5回にはメジャー2年目のジャッジが、左中間のスコアボード最上部を直撃する特大弾を放った。

さらに、7回には日系3世でブルペンでは田中将大の球を受けているカイル・ヒガシオカ捕手がソロアーチをレフトスタンドに叩き込んだ。

その他では、新加入で4番に入った指名打者のマット・ホリデー外野手が2打数2安打。投げては、先発のブライアン・ミッチェル投手が、2回無失点で勝利投手となった。

巨漢201センチのジャッジは、メジャー2年目。MLBのプロスペクトランキング45位(BP63位、BA90位)。

2013年ドラフトのヤンキース1巡目。昨年8月13日のデビュー戦では、初打席初本塁打をセンターバックスクリーンに放り込んで鮮烈なデビューを飾り、次の試合でも第1打席に本塁打を記録。スタメン出場した第3戦でも決勝打となる二塁打を4回にナックルボウラーR.A.ディッキーから放った。

しかし、その後は粗さが目立ち結局、27試合で打率.176、84打数で三振42個と期待外れだった。

ミッチェルは、4年目(実質3年目)の25歳で、15年は20試合、昨年は先発専業となり、5試合全てにスターターとして登板。防御率3.24と、念願のメジャー初勝利をマークに登板している。

カイル・ヒガシオカ捕手は4月に27歳になる選手で、昨年はマイナーの2Aと3Aで102試合に出場。打率.273、21本塁打、81打点。第3の捕手として現時点で25人枠に登録されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/02/25 Sat. 21:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

0129

ベニテンディ(BOS)が1位、MLB2017プロスペクトランキングTOP100   



MLB公式サイト「MLB.com」が恒例のプロスペクト(有望株)ランキングを公開している。下記はトップ10までだが、詳細はhttp://m.mlb.com/prospects/2017?list=prospects


MLB公式サイトTOP10プロスペクト

① ベニンテンディ(BOS)
② モンカダ(CWS)
③ トーレス(NYY)
④ スワンソン(ATL)
⑤ ロザリオ(NYM)
⑥ レイエス(STL)
⑦ クロフォード(PHI)
⑧ ロブレス(WSH)
⑨ グラスノー(PIT)
⑩ メドウズ(PIT)


個人的には、1位のアンドリュー・ベニンテンディが、まだ新人賞の資格を有していること自体が驚きだが、新人賞の資格は、簡単に説明するとMLBの出場が130打席または50イニング未満か、25人枠入りが45日間未満が対象となる。

ただし、労使協約が定めるNPBなどの国外プロリーグに所属している選手は除外されるという規定もある。

2位のキューバ出身ヨアン・モンカダ内野手(2016年同ランキング5位)は、昨年12月6日に、左腕クリス・セールとの交換トレードでレッドソックスからマイナー選手3名と共にシカゴ・ホワイトソックスに移籍した。

ちなみに、昨年の1位に選出されたのは、前田健太の同僚コーリー・シーガー。彼は新人賞に輝いた。ゲーリー・サンチェス捕手(写真)は大ブレイクの後半戦だった。

ゲーリー・サンチェス

現地で取材するスポーツライター菊池慶剛氏によれば、それ以外でもトップ10に選ばれた選手9人を含め、ランク入りした100人中48選手がメジャー昇格を果たすなど、期待通りの成長を遂げているということだ。

13年にヤンキースからドラフト2巡目で指名された加藤豪将内野手は残念ながらランク外だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2017/01/29 Sun. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1214

MLBウインターミーティングの勝者は?ここまでのストーブリーグ  



 ストーブリーグの結果を評価するには時期尚早だが、ウインターミーティングの評価が出ていたので紹介したい。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が勝ち組としてピックアップしたのは、補強に成功したチームではなくて選手をリリースしたチームで、ホワイトソックスがそれにあたるという。

 ホワイトソックスはエース左腕クリス・セール投手をレッドソックスへ、アダム・イートン外野手をナショナルズへそれぞれトレードした。その見返りとしてヨアン・モンカダ三塁手、ルーカス・ジオリート投手ら若手のプロスペクト7人を獲得している。

 プロスペクトとはいえ、実績のない選手ばかりなので疑問符は付くが、内部育成が主流になっているメジャーで、トレードの交換要員としても使えることを考えると、十分なファーム層を構築することは評価に値する。

 そのクリス・セールを獲得したレッドソックス(デーブ・ドンブロウスキー社長)を2番目に評価。

 デービッド・プライス、リック・ポーセロ、クリス・セールの強力先発トリオの完成でワールドシリーズ制覇に大きく近づいたとし、セールの残り3年3,800万ドル(約43億5,000万円)という契約も巨額のぜいたく税回避にひと役買ったと評価した。

 なお、レッドソックスは、その他にも上原浩治、田澤純一らがFAで抜けたブルペンで、中でも8回(セットアッパー)を任せるタイラー・ソーンバーグ投手、ゴールドグラブ賞一塁手ながら1年550万ドル(約6億3,000万円)とお買い得だったミッチ・モアランドを獲得している。


Czf1ZVRW8AAyuvk.jpg


 ウインターミーティングの勝者は、角度を変えると、チームでなく、今オフの移籍市場ではリリーフ投手たちが勝ち組になったと分析。これには同感できる部分が多い。

 これまで、スターター(先発投手)にスポットが当たっていたが、ベースボールが分業制になったこともあり、今後はリリーバーにもスポットが当たるべきだからだ。

 そういう意味で今オフは、大型契約を手にしたアロルディス・チャプマン(ヤンキース)、マーク・メランソン(ジャイアンツ)、ケンリー・ジャンセン(ドジャース)に加えカブスへトレードされたウェード・デービス、ダイヤモンドバックスと契約したフェルナンド・ロドニーらの名前が毎日、ヘッドラインを飾る珍しいシーズンになった。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2016/12/14 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1112

【MLB移籍情報】グリエル弟がブルージェイズと7年2200万ドルで契約  

 


 日本の横浜DeNAに所属していた「ユリ―」ことユリエスキ・グリエル(アストロズ)の弟、ルルデス・グリエル(ルルデス・ジュニア)が、トロント・ブルージェイズと契約した。

 メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、チームからの公式発表はされてないが、7年契約の総額2,200万ドルになるという。

 ここでも8月10日に紹介したが、兄とともに横浜DeNAに所屬していたルルデス・グリエル(23)が、MLBから正式にインターナショナルFAが承認され、MLBの全球団と交渉できる状態となっていた。

現地9月14には、パナマ共和国のロッド・カルー・スタジアムで公開練習を行い、60人のスカウトを集めた。2時間にわたる練習で打撃練習のほか、ショートとセンターの守備なども披露したという。


th-flags.png


 ルルデスは今年2月に母国キューバから兄のユリエスキとともに亡命。年齢が10月19日で23歳になるためインターナショナルFAの規定に抵触しない23歳になってから(インターナショナル契約の対象外が23歳以上のため)、各球団が契約に乗り出すとみられていた。

評価は高く、インターナショナル・プロスペクト・ランキングでは6位にランクされている。兄のユリエスキ(32)は、今年7月にアストロズ入り。8月21日にメジャーデビューを果たしている。



記事参考
m.mlb.com/news/article/208650294/lourdes-gurriel-signs-with-blue-jays/



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  
関連記事

Posted on 2016/11/12 Sat. 07:12 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド