メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0425

父の遺伝子を引き継ぐゲレーロJR.がいよいよメジャーデビュー!  



 メジャーリーグで若手有望株として注目されているブルージェイズ傘下のブラディミール・ゲレーロ・ジュニア三塁手のメジャーデビューが近づいている。


MLBネットワークのジョン・ヘイマンによると現在ブルージェイズ傘下トリプルAのバッファロー・バイソンズに所属するゲレーロ・ジュニアは、ダブルAから昇格してトリプルAで8試合3本塁打、8打点、打率.367、長打率.700、OPS1.124をマーク。


メジャークラスの選手たちが多数在籍するこのクラスでも十分通用することを証明し、長打率.700という話題のパワーを発揮。二十歳の若者のメジャーデビューが近づいてきているという。




 ゲレーロ・ジュニアの父は昨年野球殿堂入りを果たした通算2590安打、449本塁打を誇るブラディミール・ゲレーロ元外野手。ジュニアは父がモントリオール・エクスポズに所属していた時にカナダで生まれ、カナダとドミニカ共和国の両方の国籍を持つ。


2世、3世や親せきが同じメジャーリーガーという例は、珍しくない。


2世では、イチローとも仲のいいケン・グリフィー親子が有名。阪神で活躍してメジャーでもブレイクしたフィルダー親子も日本では良く語られる2世物語だ。


3世でも調べるとヤンキース現監督アーロン・ブーンも「ブーン・ファミリー」として3代でメジャーリーガー。とくに、イチローと共にマリナーズの黄金期に活躍した兄のブレッド・ブーンは、ブンブン振り回すタイプで、長打力のある二塁手だった。


 また、ここでも紹介したが、パドレスのフェルナンド・タティス・ジュニア(20歳)は開幕ロースター入りを果たし、ここまで24試合で打率.299、6本塁打、13打点、OPS.947で、大型契約で話題になったマニー・マチャドを凌ぐ結果を出している。





ゲレーロ・ジュニアの場合は昨年の春も騒がれて19歳でメジャーデビューするのではないかという気の早い報道もあったようだが、今回は、その日が本当に近いことを感じさせる。


来年あたりはオールスターの前夜に開催される「ホームランダービー」に出場してそうな気がする。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/25 Thu. 07:33 [edit]

CM: --
TB: --
   

0330

ルーキーのタティスJr.遊撃手(パドレス)が開幕戦デビューで2安打  




 先日も紹介したパドレスの大型新人フェルナンド・タティスJr.遊撃手が開幕ロスター入りを果たしジャイアンツとの開幕戦で2安打デビュー、大器の片鱗を見せている。


MLB.comによると20歳85日でのロスター入りは、1999年のエイドリアン・ベルトレイ(当時ドジャース)の19歳363日に次いでの若いデビューになるという。


タティスは6番でスタメン出場。2回のメジャー初打席でジャイアンツのエース、マディソン・バムガーナーから三遊間をゴロで抜けるレフト前ヒットをマーク。球団最年少安打を記録した。さらに、4回にはサード前にバンドヒットを決めてマルチヒットを記録。





パドレスは相手のエースの前に6安打だったが、投手陣が踏ん張って2対0で勝利。話題のマニー・マチャドは3打数でノーヒット、2三振だった。


ドミニカ共和国出身のタティスJr.は15年にホワイトソックスと契約。16年にパドレスに移って18年はチーム内ランキング1位。夏のオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜にも選出された。


その後、7月25日には、骨折した左手親指の手術を受けた為に残りシーズンを全休しているが、今春のオープン戦では21試合に出場して打率.241、2本塁打、4打点、2盗塁、OPS.761をマークしていた。


プロスペクトランキングでMLB全体2位、BP3位の評価。 パドレス内にはMLB.comのプロスペクトランキングで10人の若手がいるが、そのトップをきっての昇格になった。


◆パドレス開幕ラインナップ
1.(二)イアン・キンズラー
2.(左)ウィル・マイヤーズ
3.(三)マニー・マチャド
4.(右)フランミル・レイエス
5.(一)エリック・ホズマー
6(遊)フェルナンド・タティスJr.
7..(中)マニュエル・マーゴット
8.(捕)オースティン・ヘッジス
9.(投)エリック・ラウアー


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/03/30 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0328

パドレスのタティスJr.遊撃手が20歳85日で開幕ロスター  



 ナショナルリーグ西部地区で毎年苦戦しているサンディエゴ・パドレスだが、昨年のエリック・ホズマー、今オフのマニー・マチャドなど再建中のチームにコアとなる選手を補強して巻き返しを図る姿勢だ。


そんなパドレスにチームのプロスペクトランキングでMLB全体2位、BP3位の大型新人フェルナンド・タティスJr.遊撃手が開幕ロスター入りすることが明らかになった。


 MLB.comによると20歳85日でロスター入りすると、1999年にエイドリアン・ベルトレイ(当時ドジャース)が19歳363日で次いでの若いデビューになるという。


ドミニカ共和国出身のタティスJr.は15年にホワイトソックスと契約。16年にパドレスに移って18年はチーム内ランキング1位。夏のオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に選出された。その後、7月25日には、骨折した左手親指の手術を受けるため、残りシーズンの全休しているが、今春のオープン戦では21試合に出場して打率.241、2本塁打、4打点、2盗塁、OPS.761をマークしている。


パドレス内にはMLB.comのプロスペクトランキングで10人の若手がいるが、そのトップをきっての昇格になる。





◆パドレス予想開幕ラインナップ
1.(二)イアン・キンズラー
2.(一)エリック・ホズマー
3.(三)マニー・マチャド
4.(左)ウィル・マイヤーズ
5.(右)ハンター・レンフロー
6.(中)フランチー・コルデロ
7.(遊)フェルナンド・タティスJr.
8.(捕)オースティン・ヘッジス


◇記事参考
http://www.mlb.jp/category/news/#25413



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/03/28 Thu. 22:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0604

【MLBドラフト2018】タイガースが全体1位でオーバーン大の右腕指名か!?  



 MLBドラフト2018が6月4日(日本時間5日)からニュージャージー州セコーカスで始まるが、今季の全体1位指名は誰になるか?

評価が高いのは、オーバーン大の右腕、ケイシー・マイズ投手。

アラバマ州スプリングビル出身で、高校時代は指名されず、今回指名されれば初となる。





 オーバーン大に進学後に頭角を現し、2年生の時に8勝2敗、防御率2.04。12試合で109奪三振。四球はわずか9という成績をマーク。今年3月には自身初のノーヒット・ノーランも達成した。

9イニング換算の三振奪取率K/9は12.1でNCAAの1部校の投手の中で1位。9イニング換算の四球数1.0は4位。150キロ台中盤のフォーシームに評価の高いスプリッター、平均以上というスライダーで縦と横の変化を付けられる投手という評価だ。

 これに対して、フロリダ大の右腕ブレイディー・シンガーが1位ではないかという情報もある。シンガーはMLBパイプラインのプロスペクト・ウォッチによるランキングでもトップクラス。

 その他の1巡ピックが予想される選手たちは、ジョージア工科大の捕手ジョーイ・バート。サウスフロリダ大の左腕シェーン・マクラナハン投手、高校生では右腕イーサン・ハンキンズ投手、左腕のマシュー・リバートアー投手、ノーラン・ゴーマン三塁手。フロリダ州イアウ・ガリー高校のカーター・スチュアート投手。アリゾナ州マウンテン・リッジ高校のマシュー・リベラトレ投手らの名前が挙がっている。


MLBドラフト2018 指名順
指名順 /チーム
1 デトロイト・タイガース
2 サンフランシスコ・ジャイアンツ
3 フィラデルフィア・フィリーズ
4 シカゴ・ホワイトソックス
5 シンシナティ・レッズ
6 ニューヨーク・メッツ
7 サンディエゴ・パドレス
8 アトランタ・ブレーブス
9 オークランド・アスレチックス
10 ピッツバーグ・パイレーツ
11 ボルティモア・オリオールズ
12 トロント・ブルージェイズ
13 マイアミ・マーリンズ
14 シアトル・マリナーズ
15 テキサス・レンジャーズ
16 タンパベイ・レイズ
17 ロサンゼルス・エンゼルス
18 カンザス・シティ・ロイヤルズ
19 セントルイス・カージナルス
20 ミネソタ・ツインズ
21 ミルウォーキー・ブリュワーズ
22 コロラド・ロッキーズ
23 ニューヨーク・ヤンキース
24 シカゴ・カブス
25 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
26 ボストン・レッドソックス
27 ワシントン・ナショナルズ
28 ヒューストン・アストロズ
29 クリーブランド・インディアンス
30 ロサンゼルス・ドジャース
31 カンザス・シティ・ロイヤルズ
32 タンパベイ・レイズ
33 クリーブランド・インディアンス


◇記事参考
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/watanabe/news/201805310000620.html


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/06/04 Mon. 14:31 [edit]

CM: --
TB: --
   

0202

MLB公式サイト「今季インパクトを与えるプロスペクト12人」大谷翔平が堂々の1位  



新天地ロサンゼルスに降り立った大谷翔平。メジャーリーグのプロスペクト(若手有望選手)を紹介する「MLB Pipeline」ではプロスペクト・ランキングトップ100を発表。その大谷翔平(エンゼルス)が1位に輝いた。

さらに最新のMLB公式サイトでは18年シーズンにインパクトを与える12人をピックアップ。

大谷のデビューは日本でもヘッドラインで報道されるだろうが、残りの11人の中からも昨年のジャッジやベリンジャーのようなインパクトを与える若手が出てくることに期待したい。


ア・リーグでは下記の6人。

1.大谷翔平(エンゼルス)
RHP/DH、23歳

2.オースティン・ヘイズ(オリオールズ)
OF、23歳

3.ウィリー・アダメス(レイズ)
SS/2B、22歳

4.ウィリー・カルフーン(レンジャーズ)
OF、23歳

5.ブレント・ハニーウェル(レイズ)
RHP、22歳

6.グレイバー・トーレス(ヤンキース)
SS、22歳


ナ・リーグでは下記の6人という顔ぶれになった。

1.ルイス・ブリンソン(マーリンズ)
OF、23歳

2.ホルヘ・アルファロ(フィリーズ)
C、24歳

3.ルイス・ゴハラ(ブレーブス)
LHP、21歳

4J.P.クロフォード(フィリーズ)
SS、23歳

5.マックス・フリード(ブレーブス)
LHP、24歳

6.ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)
OF、20歳


大谷翔平


MLB公式サイトの記事では、大谷はRHP/OF(右投手/外野手)とポジション表記しているが、エンゼルスは外野手としては出場させないことを指揮官が明言しておりRHP/DHという表記が正しいものと思われる。

オースティン・ヘイズ(オリオールズ)は昨年、A+とAAで計32本塁打。9月のコールアップでメジャー昇格。今季は開幕ロースターに入る可能性もある。16年ドラフト3巡目。

ウィリー・アダメス(レイズ)は、昨年も開幕の時点で、チームのNO.1プロスペクト。ベースボール・プロスペクタス(BP)とMLB公式サイトがMLB全体で21位、ベースボール・アメリカ(BA)が同10位にランクしている。

9月のコールアップは無かったが、最新でもチーム内2位、BP21位、BA19位、MLB22位。アデイニー・エチェバリアがレイズの正遊撃手だが、二塁手は確定しておらずチャンスはある。

ナ・リーグ1位のルイス・ブリンソン(マーリンズ)は、クリスチャン・イェリッチとのトレードでブルワーズから移籍した選手のひとり。17年はメジャーでも21試合に出場している。

ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)は、昨年秋のアリゾナ秋季リーグで打率.329をマークしてMVPに輝いている。マット・ケンプを放出したことにより開幕からレギュラーで起用される可能性もある。

チーム再建期のブレーブスは、MLBランキングで8人がトップ100位以内に名を連ねており、ここで3位に紹介されたルイス・ゴハラや5位のマックス・フリードも今季登板のチャンスがありそうな投手達だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/02 Fri. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0122

大谷翔平がランキングトップ MLB公式サイト/プロスペクトランキング  

 


MLB公式サイトが、今季のポジション別プロスペクト・ランキングTOP10を発表している。

まず、右腕投手(RHP)のTOP10が発表され、大谷翔平(エンゼルス)が、プロスペクト(有望選手)の右投げ投手(RHP)部門で1位に選ばれた。

左腕投手(LHP)では、昨年のMLBドラフト2017で全体3位指名のマッケンジー・ゴア(パドレス)が選ばれた。ゴアもアマレベルではバッティングが得意な選手という評価。足の上げ方がヤクルトの高橋奎二投手に似ているらしい。


大谷翔平


二刀流でいうと同ドラフト全体4位のブレンダン・マッケイ(レイズ)はLHPで5位評価。同ドラフト全体2位だったハンター・グリーン(レッズ)もRHPで8位評価。彼も最速102マイル(約164キロ)を投げる二刀流で話題になった選手。

ただ、プロ野球で実績のある大谷とアメリカの高校レベルの二刀流では比べ物にならない。


★プロスペクト・ランキングTOP10

【RHP部門】

1. 大谷翔平(エンゼルス)
2. フォレスト・ウィットリー(アストロズ)
3. マイケル・コペック(ホワイトソックス)
4. ブレント・ハニーウェル(レイズ)
5. ウォーカー・ビューラー(ドジャース)
6. ミッチ・ケラー(パイレーツ)
7. アレックス・レイエス(カージナルス)
8. ハンター・グリーン(レッズ)
9. トリストン・マッケンジー(インディアンス)
10. シクスト・サンチェス(フィリーズ)

【LHP部門】
1. マッケンジー・ゴア(パドレス)
2. A.J.プク(アスレチックス)
3. ジャスタス・シェフィールド(ヤンキース)
4. ルイス・ゴハラ(ブレーブス)
5. ブレンダン・マッケイ(レイズ)
6. エイドリアン・モレホン(パドレス)
7. コルビー・アラード(ブレーブス)
8. ヘスス・ルザード(アスレチックス)
9. スティーブン・ゴンサルベス(ツインズ)
10. マックス・フリード(ブレーブス)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/01/22 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0116

【MLB移籍情報】大砲争奪戦に敗れたSFジャイアンツがマカッチェン獲得  




メディカルチェックを残しているがジャイアンツとパイレーツの間でアンドリュー・マカッチェン外野手のトレードが成立したと複数のメディアが伝えている。

マカッチェンは、09年からパイレーツひと筋の選手だった。13年のナ・リーグ最優秀選手(MVP)。昨季は打率.279、28本塁打、88打点、出塁率.369、長打率.486、OPS.849を記録した。



上のツイートを見ていただければ分かるが、アンドリュー・マカッチェンの残契約は2018年の1年のみで、年俸は1450万ドル。そのうちパイレーツが250万ドルを負担することになる。

このトレードで、パイレーツは交換要員として、若手有望株でチーム内NO.4プロスペクト、16年ドラフト2巡目全体59番目の外野手ブライアン・レイノルズ、同NO.16プロスペクトで11年の1巡目補足全体49番目指名のカイル・クリック投手の2人を獲得した。



逆に言えば、ジャイアンツはプロスペクトを放出。このオフでは、三塁手エバン・ロンゴリア獲得の際にもプロスペクトを3人放出しており、将来のチームを支えるはずのファーム層は、さらに弱体化したことになる。

レイズの顔だったロンゴリアと今回はパイレーツのスター選手マカッチェンを獲得したジャイアンツだが、補強ニーズだった三塁手と外野手を埋めたことになる。

ただ、その代償は大きいと言わざるを得ない。

その背景には、同チーム内で最下位だった17年シーズンの結果が影響していることは間違いない。10年、12年、14年とワールドシリーズを制覇したチームは、2010年から20年にかけての10年代にダイナスティー(王朝)を築くかとも思われたが、地区ライバルのドジャースに13年から5連覇を許し、地区優勝もできていない状況だ。

しかも、17年はDバックスやロッキーズにも後塵を拝し、地区最下位に沈んだ。攻撃力アップのために2冠王スタントンに白羽の矢を立てたが、ロス出身のスタントンに嫌われて逃げられた。

同地区から3チームがポストシーズンに進出した状況を横目にフロントが焦ったのか、32歳ロンゴリア、31歳マカッチェンの即戦力を補強したという風に見える。


DTnJxaXW4AAWZBb.jpg


青木宣親が在籍したころのジャイアンツは、本塁打の出にくいとされる本拠地AT&Tパークを考慮してスモールベースボールでしぶとい野球をするイメージがあった。

今回のマカッチェン獲得は、打線面ではアップしたかも知らないが、センターとしては守備防御点(DRS)が-16、UZR/150が-6.2と平均を下回る数字という指摘もあり、打撃も14年をピークに明らかに数字はダウンしている。もはや1番センターというタイプではない。

外野手は、日本の福岡ソフトバンクやDバックスでも在籍したカイル・ジェンセン(29歳)などマイナー契約で4名とマイナー契約したが戦力的には未知数。

マイナーにはスティーブン・ダガー(チーム内BP7位/BA8位)や昨年のドラフト1巡指名(全体19位)のヘリオット・ラモスがいるが、時間がかかる。

そのため、守備力のあるロレンゾ・ケイン外野手(ロイヤルズFA)や59盗塁で盗塁王のタイトルは逃したがレッズのビリー・ハミルトン外野手を1番にしてマカッチェンをクリーンナップに据えることが出来れば怖い打線になる。


◇こちらの記事を参考にしています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/giants-acquire-andrew-mccutchen/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/01/16 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

レッドソックスで20歳R.デバース三塁手がメジャーデビュー  



ここでも何度か紹介したパブロ・サンドバルの不良債権化で三塁手が補強ポイントになっているレッドソックスで、20歳274日という今季最年少でラファエル・デバースがメジャーデビューしている。

現地25日、シアトルでのマリナーズ戦に9番サードで出場した。



各サイトのプロスペクト・ランキングでは2015年から今季までMLB全体100位以内に入っている期待の新人。

ドミニカ共和国出身で2013年に150万ドルで契約した右投左打の三塁手。

特に今季はBAで18位、BPで13位、MLB.comで17位と高い評価を受けている。特長はパワーに優れ、広角に打てる技術もある。守備に難点があるということだ。

レッドソックスロゴ

レッドソックスの三塁はここ数年の補強ポイント。今季は、サンドバルのほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていたが、フレイジャーは同地区ライバルのヤンキースがトレードで獲得。プラドは故障者リストに入っている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/26 Wed. 12:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0622

Rソックスの新人A.ベニンテンディ、記念の100安打目は454フィートの特大弾  




2017年のMLB前半戦は、本塁打王争いで1位と2位の新人、東海岸のヤンキースから右の大砲アーロン・ジャッジ(24本)、西海岸ではドジャースの若き左の4番打者コディ・ベリンジャー(22本)という新人スラッガーを紹介することが多い。

しかし、この選手も忘れてはいけないだろう。レッドソックスのアンドリュー・ベニンテンディ外野手だ。

ベニンテンディ


来月7月6日に23歳になるベニンテンディは、現地21日のロイヤルズ戦でセンターに454フィート(約138メートル)の特大弾を放った。

試合は、レッドソックスのブルペン陣がロイヤルズ打線に捕まって4対6で敗れたが、彼のメジャーキャリア100本目のヒットは、自身最長の今季10号ホームランになった。

27度の放物線を描いてカウフマン・スタジアム名物のセンター右中段の滝に飛び込んだアーチは、パワーではジャッジやベリンジャーに劣ると思われていた彼のサプライズな一撃だった。

なお、メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、この454フィート弾はチームの主砲ハンリー・ラミレスが放った469フィートに次ぐ今季チーム2番目の特大弾らしい。



さらに、このホームランはホームランが出にくいと言われているカウフマン・スタジアムでは、スタットキャストで計測が始まって以降、4番目の飛距離になるということだ。

2017年開幕前にMLB.comが発表したプロスペクトランキングでは1位だったベニテンディ。

昨年はシーズン後半の34試合に出場し、打率.295、2本塁打、14打点、OPS0.835。インディアンスとのプレイオフ(ALDS)では、球団史上最年少でのプレイオフでのホームランを記録している。

今季は、打率.274、出塁率.340、OPS.777、10本塁打、40打点と期待通りの活躍。普通の年なら新人王の当確ラインだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/22 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0305

MLB公式サイトがマイナー組織トップ10チームを発表  




メジャーリーグの公式サイト「MLB.com」のスタッフが現時点のMLB30球団のマイナー組織ランキング・トップ10を発表している。

ダンズビー・スワンソン遊撃手(個人ランク4位)はじめトップ100に7人を擁するブレーブスが1位にランクイン。チームは今季、新スタジアムの完成を機に数年前から再建期に入っている。15年は同ランク9位、昨年は2位だった。

スワンソン

このランキングは個人のプロスペクトランキング1位が100ポイント、2位が99ポイント、100位が1ポイントとして総合ポイントを算出した。

ランキング2位は、同じくトップ100に7人を擁するヤンキース。3位はホワイトソックスだった。


MLB公式サイトによるマイナー組織TOP10
①ブレーブス
②ヤンキース
③ホワイトソックス
④パドレス
⑤ブルワーズ
⑥ドジャース
⑦パイレーツ
⑧ロッキーズ
⑨レッズ
⑩レイズ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/05 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド