メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0309

元NFLのティーボウ快音なし、ポーセロに見送りの3球三振  



昨秋メッツ傘下のチームとマイナー契約を果たした元NFLデンバー・ブロンコスのQBティム・ティーボウがオープン戦に出場した。

8番指名打者で出場したティム・ティーボウはレッドソックスの右のエース、リック・ポーセロから手も足も出ない見送りの3球三振だった。この後も3打数ノーヒット、2三振だった。




メッツの球団幹部は、現時点でのメッツへのメジャーキャンプ招聘は広告以外のなにものでもない、と断言。

ただし、マイナーリーグでのキャンプ中に著しい改善があった場合は、メッツキャンプへの昇格、そしてオープン戦登場の可能性は否定していなかった。

そのティーボウ。マイナーの若手が参加する「アリゾナ・フォールリーグ」での成績は打率.194、2打点、2塁打3本、8四球。62打席のうち20打席は三振という結果だった。Aクラス、良くてA-Advancedクラスの実力と言ったところだろうか。


ティム・ティーボウって、誰?


カレッジフットボール史上最高の選手とも言われたクォーターバックで、強豪フロリダ大で全米優勝を果たしたのは2006年と08年。07年には、当時としては史上最年少でハイズマン賞を受賞した。

その輝かしい経歴を引っ提げて10年にデンバー・ブロンコスにドラフト1巡目で入団。

入団2年目には11試合(年間16試合)に先発出場して、12タッチダウン。パスで1729ヤードを投げて、ランで660ヤードを獲得した。当時低迷していたブロンコスをプレイオフに導いた。

サンディエゴ・チャージャースファンなので同地区ブロンコスの躍進には驚いたが、ただ、そのプレイスタイルがプロ向きでなかったことから、選手寿命的は短命だった。

翌年からブロンコスには、史上最高のQBと言われるペイトン・マニングが入団。弾き出される形で、ニューヨーク・ジェッツにトレード。

ジェッツでは結果を残すことなくリリースされ、その後は、ニューイングランド・ペイトリオッツやフィラデルフィア・イーグルスのキャンプに招待されるにとどまった。

端正なマスクと熱血のプレイスタイルから全米での人気は高く、ここ数年はESPNの大学フットボールの解説者を務めていた。

現在29歳。左投げ左打ち。両親がキリスト教の宣教師であったことから、自身も熱心なクリスチャンで、試合中に見せる、片膝をついて祈る姿は、ティーボーイングと呼ばれ、毎回カメラはその姿を映し出した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/03/09 Thu. 06:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0208

NFL スーパーボウルを支える日本の映像技術に拍手!  




NFLの第49回スーパーボウルの視聴率は史上最高の49.7%を記録した。これまでの最高だった2013年の48.1%を上回り、2005年の第39回大会(41.1%)以来、多少の増減はあるものの右肩上がりの上昇曲線で、驚異の数字だ。

ベースボールのMLBワールドシリーズ2014の平均視聴率8.2%、バスケットボールのNBAファイナル同9.1%と比べてみてもいかに凄い数字であるかが分かる。

映像も素晴らしかった。何度も見たが、あらゆる角度から選手の動きや表情を捉えた映像は、スポーツの醍醐味を余すところなく伝えていた。

super-bowl_5.jpg


その全米最大のスポーツイベントを日本の技術(ソニーの業務用カメラ)が伝えたという。

これは一昨年の話だが、放送権を持つFOXスポーツでは70台以上のカメラを導入した。55台はスタジアム内に設置され、20台はスタジアム周辺(メットライフ・スポーツ・コンプレックス)にショルダーカムなどで用いられた。肩に担ぐタイプだ。

また赤外線カメラ、14台の無人カメラ、8台のハイスピードカメラ、フライカム、飛行船カムやWWOR-TVのビル屋上に設置したカメラから超高/ワイドショットも行った。

140110_a.jpg 

映像の専門サイトなどをみていると6台のソニー4Kカメラ(F55×5、F65×1)からの高解像度映像を駆使、選手たちの微妙な表情まで身近にいるように捉えることができる独自のスーパーズーム技法を披露した。

全体的なフィールドショットを得るために、各サイドラインに2台、エンドゾーンに無人カメラとして2台、そしてエンドラインに2台を配置。高精細での信号であればズームインを重ねて行っても鮮明な映像が得られ、従来にはなかった超鮮明なシーンをリプレイできるという。

あのファーストダウンを判定するボールの先端を捉えた映像や試合の流れを左右する「チャレンジシステム」を支えているのは、日本製の業務用カメラだから胸を張りたい気分だ。

NFLを始めとしたスポーツ中継を面白くする日本の技術マンたちに拍手喝さいだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/02/08 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0208

NFL各チームの新監督決まる!ジェッツ ファルコンズ ビルズほか  

 

シーホークスのクインDCがファルコンズの新監督に



第49回スーパーボウルが終わった翌日、ファルコンズは新監督にシーホークスのダン・クイン・ディフェンスコーディネーター(DC)を迎えたことを発表しています。

今季終了後にマイク・スミス監督を解雇したファルコンズは、次期監督候補としてクインDCと交渉していましたが、シーホークスがスーパーボウルまで進出したため、終了後に正式発表する形になりました。

クイン新監督は44歳。フロリダ大でコーチを務め、NFLでも49ers、ドルフィンズ、ジェッツのディフェンスラインコーチを歴任しています。 強固なシーホークスディフェンスを構築した手腕が評価されました。


ジェッツ解雇のレックス・ライアン氏が
ビルズの監督に就任


AFC東の人気チームで今季4勝12敗と大きく負け越したニューヨーク・ジェッツは、レックス・ライアン監督ジョン・イジクGMを解雇しました。

ライアン監督の在任6年間は、明と暗がはっきりと分かれる結果になりました。最初の2年間は、2年連続でチャンピオンシップまで駆け上がり、その後4年間は、負け越し。

それでも平均失点(リーグ24位)以外は、ランディフェンスで5位、パスデフェンスで14位、喪失ヤードで6位と強かった頃のディフェンスが微かに残っており、攻守のバランスさえかみ合えば浮上できそうな予感がします。




そのジェッツには、カーディナルスのトッド・ボウルスDCが新監督に就任。オフェンスコーディネーター(OC)は、元ビルズ監督のチャン・ゲイリーになるということです。

ジェッツを解雇されたライアンは、同地区のバッファロー・ビルズの新監督に就任し、14日に就任記者会見を行いました。OCには、元49ersのOCグレッグ・ローマンを起用。DCにはジェッツのデニス・サーマンDCが就任する見込みです。




ローマンOCは2011年にジム・ハーボー(現ミシガン大HC)が49ersの監督に就任した際に、スタンフォード大から一緒に49ers入りしました。今季ビルズの守備をリーグ4位まで引き上げたジム・シュワーツDCは解任されました。



レイダースはデルリオ新監督に


不振だったオークランド・レイダースは、同地区のデンバー・ブロンコスジャック・デルリオDCが新監督に就任。新ディフェンスコーディネーター(DC)としてシアトル・シーホークスのラインバッカー(LB)コーチだったケン・ノートンJr.氏の招へいを発表しました。





ベアーズの第15代監督には
元ブロンコス監督のジョン・フォックス氏が


フォックス氏はNFLでも好きな監督の一人ですが、名門ベアーズに就任して良かったですね。パンサーズ(2002年から2010年)、ブロンコス(2011年から2014年)に続く監督就任3チーム目。パンサーズでは2003年に、ブロンコスでは2013年にチームをスーパーボウル出場へ導いた手腕が買われたカタチでしょう。

各チーム、ディフェンス出身の監督が多いのが特徴ですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/02/08 Sun. 08:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0114

【NFL】ブロンコス ジョン・フォックス監督が退団!後任は?  


キュービアック説も浮上



ディビジョナル・プレーオフでコルツに敗れたブロンコスジョン・フォックスHCの退団が決まりましたが、その後任に誰が就くか注目が集まっています。


内部昇格組みとしては、アダム・ゲイズ攻撃コーディネーター(OC)がいますが、HCを探しているサンフランシスコ・49ersがゲイズOCとの面談を求めているという話しもあり内部昇格の可能性は低いという。ジャック・デルリオ守備コーディネーター(DC)レイダースの新監督候補として面接を受けている。


チャージャースやレイダースといった、お気に入りチームと同じAFC西地区だけに気になるところです。


NFLメディアのイアン・ラポポート氏によるとブロンコスはチームに新たな方向性を示してくれる外部の人材を招へいするのではないかと分析。


同氏は、ニューヨーク・ジェッツアトランタ・ファルコンズからも高い関心を寄せられているシアトル・シーホークスダン・クインDCを候補として挙げている。


またNFLメディアのジェフ・ダーリントン氏は、現地11日にボルティモア・レイブンズ残留を発表したばかりのゲイリー・キュービアックOCにも可能性があると指摘。


キュービアックOCはブロンコスのジョン・エルウェイGMとドラフト同期生で、9年間エルウェイの控えQBを務めた後、コーチ職へ転向。


1995年にはブロンコスのOC兼QBコーチとして復帰し、エルウェイ現役最終2シーズンのスーパーボウル連覇に貢献。2006年にテキサンズの監督に抜擢されるまで、ブロンコスのOCを務めている。



アメフトボール記事参考
http://www.nfljapan.com/headlines/63790.html





ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2015/01/14 Wed. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1205

テキサンズDEワットが今季5回目のTDをマーク、地元ではMVPと言う声も!  



リーグを代表するパスラッシャー、ヒューストン・テキサンズのディフェンスエンド(DE)J.J.ワットが1944年以来と言う珍記録で、チームの勝利に貢献しています。


W13のタイタンズ戦でワットは、今季5回目のタッチダウンを記録。ワットはディフェンスのラインながら、オフェンスでのタッチダウンは今季これで3回目。

ワットは第4Q序盤、相手QBジェイク・ロッカーの腕をはたき、ロッカーがファンブルしたボールをリカバーして14ヤードリターン。折り返しの攻撃にも参加してゴール前でダメ押しの1ヤードTDレシーブをキャッチしました。

ワットはこの試合でタックル3回、サック2回、QBヒット6回、ファンブルフォース1回、ファンブルリカバリー1回、タッチダウンレシーブ1回の活躍ぶり。地元NRGスタジアムではMVPコールが沸き起こったという。ランキング

さらにワットにパスを通したQBフィッツパトリックは、攻撃部門でAFCの週間MVPに選ばれました。

先発に復帰した試合でパス33本中24本成功(72.7%)、358ヤード、6TD、INTゼロ、レーティング147.5と完璧なパフォーマンスで、45対21の勝利に貢献。

6TDはテキサンズのチーム新記録。レーティングもチーム歴代2位だった。週間MVPは9年ぶり2回目の選出。←ランキング



関連記事

Posted on 2014/12/05 Fri. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0914

敗者へのいたわり。「ドアマットのように踏みつけられても」意地がある。  






ジェッツ対ペイトリオッツの同地区ライバル対決の終盤に起こった乱闘事件。

13対10の僅差で迎えたジェッツの最終シリーズ。

野球で言えば9回裏の攻撃といったところですが、攻めるジェッツのパスをペイトリオッツのCBアキブ・タリブがインターセプトして万事休す。この時点でペイトリオッツの勝利が決定しました。ジェッツは、またもペイトリオッツに敗れてしまった。

ここまではよくある展開ですが、あの場面で問題だったのは、タリブは即座にダウンせず、相手を小バカにするようなポーズでサイドラインを割った。

そのまま終っていれば何もなかったのに・・・。

思い出してください。メジャーリーグでも勝負が決まった試合で、メッツ時代の新庄が0-3からのストライクをフルスイングしてブーイングが起こった。大量リードの試合では、盗塁しても記録に付かないという慣例もある。


敗者へのいたわり、
対戦相手へのリスペクトの精神が大切ということだ。


敗者に対する失礼な態度をとったタリブは、解説の村田氏も言っていたが、素行に問題のある選手らしい。

プライドを傷つけられ、なめられた形のジェッツは、フラストレーションが爆発したのだろう。そのタリブを狙って中心選手のプロボウラー、ニック・マンゴールドがタックルに突進した気持ちは痛いほどわかる。

その後の乱闘で、ジェッツの別の選手2名が退場になった。反則は反則で、リーグからの裁定を受けなければならないが、


「ドアマットのように踏み続けられている」選手たちにも意地がある。


負けたジェッツの新人QBも「いかりや長介」のような愛嬌のある顔をしていたし、応援したくなるような選手だ。ジェッツはこれで1勝1敗。男たちの意地に期待したい。




お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

Posted on 2013/09/14 Sat. 21:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0914

NFL 開幕週レビュー2 チップ・ケリーがプロ初勝利!  


 ケリー新HC初陣飾る

開幕週の興奮をお伝えできるかどうかはわかりませんが、始まったと思ったら、たったの16試合しかないので、あっという間に終わるのがNFLです。


《開幕週のレビュー2

新旧モバイル対決はビックに軍配


マンデーナイトの注目の一戦、レッドスキンズのRGⅢとイーグルスのマイケル・ビックの機動力のあるQB対決。


これは、シーズン半ばぐらいに見たかったゲームでした。なぜかというとひざの故障から1試合もプレシーズンに出場しなかったRGⅢが、ぶっつけ本番の開幕戦。


一方、キャンプからプレシーズンと熾烈な先発争いを勝ち抜いたビックと比べたら、やっぱりかわいそうです。


いきなりの1プレー目にエースのRBモリスもファンブルするし、次のシリーズではインターセプトを献上。



R.グリフィンⅢ  815ヤード、7TD
A.モリス    1613ヤード、13TD



共にルーキーだった二人が、昨年残した数字です。その攻撃の核が、いきなりファンブルとINTですからゲームになりません。ゲームは前半で決まりました。


QBビックがパス25回中15回成功、203ヤード、2TD、ラン9回54ヤード、1TDをマーク。RBマッコイがラン31回184ヤード、1TDと大暴れ。WRジャクソンもレシーブ7回104ヤード、1TDと攻撃の主力3人の活躍が光った。イーグルスは4-3から、3-4に変えてました。



ケリー新HCの嬉しいプロ初勝利です。

このブログでも以前に紹介したオレゴン大からプロチームの監督に招聘された話題のチップ・ケリーHCですが、そのカレッジ譲りのアップテンポなオフェンスの賛否はもう少し時間がかかりますね。

選手以上にケリーHCのアップ映像が多かったように思います。それだけを見てもアメリカンフットボールのカレッジ人気の凄さがわかります。

日本でも高校野球は人気がありますから。余談ですが、緑とエンジの対決は、レベルは違いますが、京大と立命館の関西リーグを見ているようでした。



アメフトボールドルフィンズ快勝で好発進

2年目のQB対決となった試合は大型補強をしたドルフィンズが勝ちましたが、ブラウンズQBウィーデンの3INTで自滅のようなゲーム。

ブラウンズは開幕戦9連敗。こちらは、ロブ・チャドジンスキー新HCの初陣を飾ることはできなかった。


もうひとつのマンデーナイトは、終わってみれば順当にテキサンズが敵地で勝ちました。8月のキャンプで紹介したLBブライアン・クッシング(写真)が勝負を決めるインターセプト・リターンタッチダウンを決めてくれました



※シーホークス@パンサーズやテキサンズ@チャージャースなどお気に入りチーム同士の対戦は、リラックスして見れるので、血圧というか心臓には良いですwww



関連記事
フォト・トレーニングキャンプ テキサンズ
チップケリー新監督のオフェンスに手応え!





お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/09/14 Sat. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0910

マニングのブロンコスは何勝するのか?続編 NFL  


ブロンコスはどこまで勝つか!? 
14勝、15勝?






AFC西地区は一番気になる地区ですが、地区内は、残念ながら無風状態。ブロンコスの独走です。


NFLには何チームかお気に入りのチームがありますが、なぜかブロンコスは昔から苦手です。

フォックスHCはリスペクトしていますが、たぶん同地区のお気に入りのチャージャースやレイダースが今まで散々やられているからでしょうね。エルウエーの時も強かった― 



宿敵ブロンコスは
NFL開幕戦に登場して圧勝。


そのブロンコスですがNFL開幕戦に登場しました。
レイブンズのルイスとリードの飛車角が抜けたディフェンス相手に7TDと圧勝でした。

TD2本差ぐらいと8月に予想しましたが、ブロンコスに一蹴されました。ブロンコスファンからすれば、昨年プレイオフのリベンジというやつです。

さて、今後のブロンコスは、弟のイーライと戦う“マニングボウル”マニング古巣のコルツ戦など話題のカードがありますが、12週のペイトリオッツ戦まで連勝しそうな日程です。

5週目のカウボーイズ戦が、多少計算できないぐらいで、早々と地区優勝を決めてプレイオフのホームアドバンテージも取って、16週目のテキサンズ(昨年負けている)、最終17週のレイダース戦あたりは悠々と調整試合になるでしょう。 


ブロンコスには、イーグルスとの契約が満了したCBロジャースクロマーティも加入し、ベテランCBチャンプ・ベイリーやチャージャースから加入のCBジャマーLBフィリップスなど、控えの層まで厚くなって死角が無くなってきています。


もちろん予想がガタガタになるような、大波乱を期待しています。
 



最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
お手数ですが、ポチっとお願いします。





関連記事

Posted on 2013/09/10 Tue. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0826

NFL勝負の鍵を握る先発QB 各チームの動向  


昨シーズンプレイオフに進出した12チームを攻撃の要QB基準で分類し、4つのカテゴリーに分けた人がいました。面白かったので紹介すると

①ス-パーボール優勝経験者
ペイトン・マニング(ブロンコス)
トム・ブレイディ(ペイトリオッツ)
アーロン・ロジャース(パッカーズ)


②2年生組
コリン・キャパニック(49ers)
アンディ・ダルトン(ベンガルズ)
クリスチャン・ポンダー(バイキングス)

③ルーキー組
アンドリュー・ラック(コルツ)
ロバート・グリフィン3世(レッドスキンズ)
ラッセル・ウイルソン(シーホークス)

④フィラデルフィア近郊出身組
マット・ショーブ(テキサンズ)
マット・ライアン(ファルコンズ)
ジョー・フラッコ(レイブンズ)



最後のフィリー3人組は、さすが現地のファンですよね。今シーズンもヘルシーな状態だとするとこの12人は間違いなく先発として起用されそうです。

残り20チームは、どうでしょう?

【AFC】


タネヒル  
→ ドルフィンズ(ブレイクの予感!?)
ウィーデン → ブラウンズ

ロッカー  → タイタンズ(フィッツパトリック)
ギャバート → ジャガーズ(3年目)
リバース  → チャージャース(契約更改の年)
スミス   → チーフス(活躍しそう)
フリン   → レイダース
ロスリスバーガー → スティーラーズ(ベンも31歳か)

※まだ確定していないのがジェッツとビルズ。

※ビルズのマニュエルは大器の資質十分ですがケガが心配。辛抱強く使い続けられるかどうか。

【NFC】

ロモ    → カウボーイズ
マニング  → ジャイアンツ
ビック   → イーグルス(ほぼ確定)
カトラー  → ベアーズ
スタッフォード → ライオンズ
ニュートン → パンサーズ
ブリーズ  → セインツ
フリーマン → バッカニアーズ(変わるかも)
パーマー  → カージナルス
ブラッドフォード → ラムズ(なぜか影が薄いような)


これに10段階で評価をつければ、さて、皆さんはどんな採点をつけますか?
シーズン半ばで一度採点しようと考えています。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

Posted on 2013/08/26 Mon. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド