メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0618

MLB2017 夏のトレード期限前の注目投手たちPART2  




10月のポストシーズンに進出する可能性のあるチームにとって夏のトレードによる補強は重要だが、夏のトレード期限前の動きは、6月中旬のMLBドラフトが終了した後の7月上旬頃から動き出し、本格的にはオールスターブレイク以降、期限直前の1週間が非常に活発になる。今夏、注目の先発投手たちをピックアップしていきたい。

CoPQlWJUMAAOP73.jpg

①ハイメ・ガルシア(ブレーブス)
チームは地区4位と低迷しているが、エースのフリオ・テヘランの調子が上がらず、ベテランのバートロ・コロンもDL。再建期のチームにとって昨年オフにカージナルスからトレードで獲得した30歳の左腕ガルシアを手放すことは考えにくい。

ゴロを打たせて取るピッチングスタイルがポストシーズンで通用するのかという懸念はある。ただ、最近の5試合36回1/3で防御率1.49、奪三振28と好調。

②ホセ・キンタナ(ホワイトソックス)
シーズン前には多数の球団がアプローチをかけていた。防御率5.07と低迷しているが、28歳と若く、2020年までの格安の長期契約が残っているため、ホワイトソックスはディスカウントには応じない。

14試合の先発でQSは7試合、徐々に調子を上げてきている。ただ、与四球率と被本塁打率はキャリアワーストのペース。

③ゲリット・コール(パイレーツ)
ここ最近5試合では4試合で打ち崩され、防御率4.54と悪く、83回1/3にも関わらず被本塁打15はすでにキャリアワースト。現状ではトレード市場で価値が下がっていて、年俸も375万ドルと安く、パイレーツが手放す可能性は低い。見返りが期待できないからだ。


昨日に続いて低迷するチームの主力投手をピックアップしたが、先発投手の去就以外にもインパクトのあるトレードがあるのかどうか、注目していく時期に入って来た。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/18 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

先発投手の起用数はマリナーズが12人で最多 ヤンキースは6人 田中のQS率は41.7%で最低  



今季ここまでメジャー30球団が何人の先発投手を起用したかを調べてみた。

メジャーは、ベンチ入りが25人枠で先発投手は5人登録が多い。過密日程で、20連戦ぐらいになると中4日のローテーションを強いられる。

彼らには、1シーズン32試合から35試合、イニング数で200イニング以上というノルマが課せられる。そうなると1試合で6回以上3自責点以内というクオリティースタート(QS)が重要になってくる。

コンスタントにイニング数を稼がないとクリアできない過酷ともいえるノルマだからだ。

当然クリアすれば、信じられない報酬を手にする。先発2番手、3番手クラスでも年平均で15億円以上、トップクラスになると30億円以上という高額なサラリーを手に入れることになる。

そんなスーパーエリートともいえるメジャーの先発ローテーションに名を連ねる選手たち。いつ故障するかの予想も立てにくく、それがロースター編成のネックとなるが、いずれにしても開幕から10月まで5人で乗り切るのは無理。例年1シーズンで9~10人前後という数字が出ている。

各球団が60試合前後を消化した時点での先発投手の起用数を調べると、ナ・リーグ(NL)が計112人で平均7.46人。ア・リーグ(AL)が120人で平均8人という数字になった。

個別に見るとヘルナンデス、岩隈、スマイリー、パクストン(復帰)ら、故障の連鎖が続いたマリナーズがすでに12人を起用。とび抜けて多い数字になっている。そんな中でも31勝32敗の借金1で地区3位、ワイルドカード争いでも1.5ゲーム差と健闘している。

イチロー所属のマーリンズも10人と両リーグで2番目に多い。先日、エース格のボルケスがノーヒットノーランを記録したが、チームのQS率31.1%はリーグ最低で、苦しい展開になっている。

逆に同じNL東部地区首位のナショナルズがQS率67.2でMLB最高の数字。ナッツは、クローザーに難があるものの先発ローテは開幕前の予想を裏切らない成績になっている。ほかにはNL中部地区のレッズも10人を起用している。

一方、5人で回っている球団もある。NL中部地区のカージナルスとNL東部地区のブレーブス。ブレーブスは大ベテラン右腕コロンが10日間の故障者リストに入った為、5人を維持するのは難しいだろう。


田中将大


AL東部地区のヤンキースも5人で回していたが、スポット先発で若手のチャド・グリーンを挟んできた。

ヤンキースは、サバシアも調子を取り戻し、若手のセベリーノが防御率2点台の活躍、ピネダも安定。

5人目はスプリングトレーニングで14回2/3を投げて防御率3.68、奪三振12、WHIP0.82、被打率.185と安定した投球を見せたルーキー左腕のモンゴメリーがローテーション投手としての地位をキープしている。

ただ誤算は、エースの田中将大がスランプで、QS率も41.7%と5人の中で極端に低いのが気がかり。

夏場に調子を上げるタイプなので、ヘルシーな状態ならば単なるスランプと見たいが、11日(日本時間12日)のオリオールズ戦で登板のグリーンが好投すれば、当面は6人体制の先発ローテーションも考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/12 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

主砲フリーマン骨折のブレーブスがM.アダムスをトレードで獲得  




主砲フレディ・フリーマン(1B)が左手首を骨折するという緊急事態に陥ったブレーブス。

これにより主砲の復帰は、最低でも10週間の離脱で、リハビリ期間を入れるとシーズン終盤に間に合うかどうかの状況だと考えられるが、その穴埋めとして現地20日、カージナルスからマット・アダムス(1B)をフアン・イェペス(1B)とのトレードで獲得した。



フリーマンは17日のトロント・ブルージェイズ戦で左腕アーロン・ループ投手からデッドボールを受け、検査の結果骨折が判明。残念なシーズンになったが、今季37試合の出場で打率.341、25打点、メジャー本塁打トップタイの14本塁打と絶好調だっただけに大きな戦力ダウンになる。

28歳のマット・アダムスは、カージナルスではベンチ要員。一塁手の控えで、今季はここまで31試合に出場。打率.292、出塁率.340、長打率.396、OPS.736、打点7、1本塁打。昨年は16本塁打をマークしたが、フリーマンに比べると迫力に欠ける。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/21 Sun. 12:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0305

MLB公式サイトがマイナー組織トップ10チームを発表  




メジャーリーグの公式サイト「MLB.com」のスタッフが現時点のMLB30球団のマイナー組織ランキング・トップ10を発表している。

ダンズビー・スワンソン遊撃手(個人ランク4位)はじめトップ100に7人を擁するブレーブスが1位にランクイン。チームは今季、新スタジアムの完成を機に数年前から再建期に入っている。15年は同ランク9位、昨年は2位だった。

スワンソン

このランキングは個人のプロスペクトランキング1位が100ポイント、2位が99ポイント、100位が1ポイントとして総合ポイントを算出した。

ランキング2位は、同じくトップ100に7人を擁するヤンキース。3位はホワイトソックスだった。


MLB公式サイトによるマイナー組織TOP10
①ブレーブス
②ヤンキース
③ホワイトソックス
④パドレス
⑤ブルワーズ
⑥ドジャース
⑦パイレーツ
⑧ロッキーズ
⑨レッズ
⑩レイズ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/05 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0214

【MLB移籍情報】再建期のブレーブスがベテラン二塁手獲得  



再建モードのアトランタ・ブレーブスは現地12日、シンシナティ・レッズとのトレードでゴールドグラブ賞4回受賞の名手ブランドン・フィリップス二塁手を獲得した。

新本拠地となるサントラスト・パークがオープンに向けて急ピッチで工事が進むブレーブス。

今回のトレードは、昨年11月に契約したショーン・ロドリゲス内野手が交通事故による肩の手術のリハビリで夏以降の復帰になることから、新たな正2塁手を補強したもの。

35歳のフィリップスはアトランタのあるジョージア州の高校出身で、2002年にクリーブランド・インディアンスでメジャーデビュー。

06年からレッズの正二塁手として長く活躍しており、ゴールドグラブ賞のほかにもシルバースラッガー賞1回、オールスター3回選出の実績を誇るレッズを代表するプレイヤーだった。

昨季は141試合の出場で打率.291、11本塁打、64打点、14盗塁をマークし、通算では打率.275、197本塁打、889打点、198盗塁の成績を残している。

ブレーブスのショートには15年のMLBドラフト1巡(全体1位)指名で、プロスペクトランキング1位のダンズビー・スワンソンが入る予定で、新旧の二遊間コンビが見られるかもしれない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2017/02/14 Tue. 06:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

0112

マリナーズのディポトGMがまた仕掛けた!先発左腕D.スマイリーをトレードで獲得  




レイズ、ブレースが絡むトレードが成立


 昨シーズンから限られた予算でチーム再建を託されているシアトル・マリナーズのジェリー・ディポトGMが、今季も積極的にチーム編成を進めている。

マリナーズは、アトランタ・ブレーブスと2対2のトレードを成立させ、そのトレードで獲得した選手を加えた3人を交換要員としてタンパベイ・レイズから先発左腕ドリュー・スマイリー投手を獲得した。

この複数トレードは、簡単に整理すると最初にマリナーズがブレーブスから若手のマレックス・スミス外野手とシャイ・シモンズ投手を獲得。

マリナーズからはプロスペクトの左腕投手ルイス・ゴハラ(チーム内のランクNO.6、投手としてはNO.2)と昨年25回2/3を投げて防御率3.86の救援投手コーディ・マーティンをリリース。

 さらにマリナーズは、このトレードで獲得したマレックス・スミス外野手に2名をつけてレイズから先発左腕ドリュー・スマイリーを獲得したという内容だ。

 その2名の選手はマイナー選手で、チーム内のNO.13プロスペクトのライアン・ヤーブロー投手(2Aクラス)とドミニカ共和国出身の17歳カルロス・バルガス(ルーキーリーグで62試合に出場)。

マリナーズがこの一連のトレードで獲得した選手と放出した選手は以下のとおり。

獲得:ドリュー・スマイリー(SP)、シャイ・シモンズ(RP)

放出:ルイス・ゴハラ(P)、コディ・マーティン(RP)、ライアン・ヤーブロー(SP)、カルロス・バルガス(IF)

 既にメジャーリーグレベルで戦力になっていたのはリリーフ投手のコディ・マーティンだけで、プロスペクトの投手の放出はファーム層を薄くすることになるが、その見返りとして先発4~5番手候補のスマイリーと救援投手のシャイ・シモンズを獲得したのは成果在りと言えるだろう。

AP16271026102763-2.jpg


 6月に28歳になるスマイリーは、タイガース時代に当時レイズのエースだったデビット・プライスとのトレードでレイズに移籍。そして今回、マリナーズにトレードされた。

2016年シーズンは30試合175回1/3、防御率4.68、7勝12敗、WHIP1.27。FAとなるまで残り2年で年俸調停権を有しているものの予想額は650万ドルから700万ドル程度でメジャーのローテーション投手としてはリーズナブル。

 シャイ・シモンズは2016年がメジャー2シーズン目となるのですが、2014年に21回2/3で防御率2.91、2016年は6回2/3で防御率1.35という成績を残している26歳のリリーフ投手。

年俸調停権を獲得するのが2018年からのため2017年はメジャー最低年俸となり、FAとなるまでは4年間、チームがコントロールできる。

 今季はFA市場に先発投手が乏しく各チームはトレードによる補強を進めてきた。その中でもディポトGMはチームの総年俸に負担の少ない低年俸の選手で上手く編成しているといえる。

 ただ、昨年も先発ローテーションを積極的に整備し、そのトップターゲットが過去4シーズンで30試合以上、200イニング以上を投げていた左腕ウェイド・マイリーの獲得だった。

 ディポトが、岩隈のFA再契約よりも積極的に進めたウェイド・マイリーのトレードだったが、そのマイリーは結果を残せず、早々と夏のトレード期限前にオリオールズにリリースした。トレードは失敗だったといえなくもない。

 その時にオリオールズから獲得したキューバ出身の左腕アリエル・ミランダはローテーションの控えとして残っているが、今回のトレードも上手く成果が出るかどうかは、シーズンが進まないとわからない。

 カノ―やクルーズといった前GMのジャック・ズレンシックが大枚をはたいて獲得した長期契約選手は、それなりの活躍だが、チームの財政を圧迫している。その制限の中で、16年のオフに11のトレードを成立させたディポトGMの動きに今後も注目だ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





関連記事

Posted on 2017/01/12 Thu. 10:05 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1202

【MLB移籍情報】ブレーブスがカーディナルスから先発左腕J.ガルシア獲得  

 

 再建期のアトランタ・ブレーブスがセントルイス・カージナルスから先発左腕ハイメ・ガルシアをトレードで獲得した。

 2017年は新球場へ移転するブレーブス。先発ローテーションは、フリオ・テヘラン、マイク・フォルテネービッチのほかにFAで獲得した大ベテランのバートロ・コロン、R.A.ディッキーに加えて30歳の先発左腕を補強した。



 メジャーキャリア8年、カージナルスの生え抜きだったガルシア。今季は、32試合で10勝13敗、防御率4.67、WHIP1.37。ただ、13年の肩の手術から成績を落とし、この2年間で復活の兆しはあるが、防御率やWHIPはキャリアワーストだった。通算62勝45敗、防御率3.57、WHIP1.287、FIP3.56。

Cyor-fGVEAAUw5x.jpg

 カージナルスは、ガルシアとのチームオプション(1200万ドル)があったが、このトレードでブレーブスから右腕ジョン・ガント、クリス・エリスとルークダイクストラ二塁手のプロスペクト3人を獲得した。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/12/02 Fri. 14:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1112

【MLB移籍情報】メジャー最年長B.コロン投手がブレーブスと契約  



 チーム再建期のアトランタ・ブレーブスが、ニューヨーク・メッツからFAになっていた現役最年長43歳のバートロ・コロン投手と年俸1250万ドルで契約に合意した。昨年はメッツと725万ドルだった。

 ドミニカ共和国出身のメジャーリーガーでは歴代2位の通算233勝(162敗)をマークしているコロン。メジャー19年で8球団に在籍し、2013年にはアスレチックに在籍、40歳で18勝6敗、防御率.265をあげた。

14年からはメッツに移籍。3年連続200イニングを達成。今季は、15勝8敗、防御率3.43、WHIP1.21、FIP3.99。



 いろんな部分で多彩なキャリアがあり、思い出すのは2012年東京でのMLB開幕第2戦(マリナーズvs.アスレチック)に先発し、勝利投手となったことだ。

しかし、その年にMLBの薬物検査でテストステロンの陽性反応が出たため、50試合の出場停止処分を受けた。13年のバイオジェネシス・スキャンダル(マイアミスキャンダル事件)では禁止薬物の購入で名前が挙がった選手のひとりだった。


B・コロン
(写真:2002年モントリオール・エキスポス時代のコロン)


 ブレーブスは、先日も42歳のRA・ディッキーと契約。メディカルチェックはまだ終わってないが、大ベテランコンビに時間を稼いでもらってチーム再建を図ることになる。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/11/12 Sat. 06:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1111

【MLB移籍情報】ナックルボーラーR.A.ディッキーがブレーブスと1年契約  

 


 現地10日、トロント・ブルージェイズからフリーエージェント(FA)となっていたベテランナックルボーラーのロバート・アレン・ディッキー投手(42)が、アトランタ・ブレーブスと1年契約で合意した。総額で800万ドル(約8億5,000万円)が保証される。

Cw6rbVsUcAAP2Kg.jpg


 ディッキーの来季年俸は750万ドル(約8億円)。2018シーズンについてはブレーブス側が選択権を持つ800万ドルの契約オプションがついており、これが破棄された場合は50万ドル(約5,300万円)のバイアウト(違約金)が発生する。



 ディッキーは、ブレーブスとの合意について「とても良い感じがしたし、このチームに加われることに期待感を抱いた」とコメント。そして「僕はブレーブスファンとして育ったんだ。いつもほれぼれして見ていたよ」と話している。

 42歳の右腕は、2012年にニューヨーク・メッツでキャリアハイの20勝を挙げてサイ・ヤング賞に選出。

 翌2013年から今季までは、ブルージェイズで4年連続2ケタ勝利を達成。今季は10勝15敗、防御率4.46という成績で、先発ローテーションに定着した2010年以降で、15敗と防御率はキャリアワーストだった。

加えてブ軍での4年間は、奪三振数が減り、被本塁打数が増えている。これは年齢による球威の低下やホームだったロジャーズセンターはじめ比較的に打者優位の球場が多いア・リーグ東部地区のパークファクターも影響しているとみられる。

キャリア14年間の通算成績は、110勝108敗2セーブ、防御率4.01となっている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/11/11 Fri. 13:14 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0817

ブレーブスがドラフト全体1位指名遊撃手D.スワンソンをコールアップ  




現地16日、アトランタ・ブレーブスが昨年12月のトレードでダイヤモンドバックスから獲得したしたトッププロスペクトのダンスビー・スワンソン遊撃手をコールアップ。翌17日に本拠地で行われるミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビューさせる予定だ。

これは全米の複数メディアが報じているものだが、22歳のスワンソンは、昨年のMLBドラフトでダイヤモンドバックスからドラフト全体1位指名を受けてプロ入り。同年12月に右腕シェルビー・ミラー投手を巡る複数トレードでブレーブスへリリースされ話題になった。

CqBMJlyUEAAp9NM.jpg 

今季はここまで、傘下のマイナー2チームで計105試合に出場して打率.275、OBP.362、OPS.787、9本塁打、55打点、13盗塁をマークしている。

チームのNO.1プロスペクトでMLB.comのランキングではMLBトップ100で5位。スカウティング・グレードでは総合評価65という高い評価を得ている。

ブレーブスは明年、新しいボールパークを開場させる。1871年創設、Wシリーズを3回制覇、リーグ優勝17回の名門チームは、スワンソンらを中心とした再建モードに入っている。


2010年以降のドラフト上位でメジャーデビューした主な選手
<2010年>
ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
マニー・マチャド(オリオールズ)
マット・ハーベイ(メッツ)
デリーノ・デシールズ(アストロズ→レンジャーズ)
ヤズマニ・グランダル(レッズ→ドジャース)
クリス・セール(ホワイトソックス)
マイク・フォルタネビッチ(アストロズ→ブレーブス)
クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ)

<2011年>
ギャレット・コール(パイレーツ)
トレバー・バウアー(ダイヤモンドバックス→インディアンス)
ジョージ・スプリンガー(アストロズ)
ホセ・フェルナンデス(マーリンズ)
ソニー・グレイ(アスレチックス)
コルテン・ウォン(カージナルス)
ジョー・パニック(ジャイアンツ)

<2012年>
マイク・ズニーノ(マリナーズ)
ケビン・グズマン(オリオールズ)
アディソン・ラッセル(アスレチックス→カブス)
マイケル・ワカ(カージナルス)
マーカス・ストローマン(ブルージェイズ)

<2013年>
クリス・ブライアント(カブス)
チチ・ゴンザレス(レンジャーズ)
アーロン・ジャッジ(ヤンキース)

<2014年>
カルロス・ロドン(ホワイトソックス)
ブランドン・フィニガン(ロイヤルズ)



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2016/08/17 Wed. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド