メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0607

【MLB移籍情報】キンブレルはカブス、カイケルはブレーブスと合意  



 18年オフのフリーエージェント(FA)市場で注目選手だったクレイグ・キンブレムとダラス・カイケルに動きがあった。

 ポストシーズンを見据えた補強が早くも始まった。大リーグでは、ドラフト会議が終了後からオールスターブレイクまでの期間に水面下でのトレード交渉が行われ、オールスター以降に7月31日のトレード・デッドラインギリギリまで表面化した移籍交渉がメディアを賑わすのが例年のパターンだ。

 18年オフのクオリファイングオファー(QO)を拒否してFA市場に残ったままとなっていた通算333セーブのクレイグ・キンブレルと先発左腕ダラス・カイケル。2019年のドラフトが終了し、QO拒否によるドラフト指名権の喪失・補償が発生しなくなったことを受けて動きがあることが報道されていた。

 まず、守護神キンブレルに関してはMLBネットワークのケン・ローゼンタールがカブスと3年4500万ドル前後と報じている。

 クローザーを務めるはずだったブランドン・モローが肘の故障で離脱したカブス。ブルペンはMLB全体で防御率が10位、WHIP21位、奪三振率20位、与四球率29位という安定しないにカブスにとっては、31歳のキンブレルの加入は、9シーズンで防御率1.91という額面通りの数字を残してくれれば大きな戦力になるはずだ。

 

そして、ダラス・カイケルは、ブレーブスの番記者デビット・オブライエンが合意と報道。



 カイケルの争奪戦に関しては一部でヤンキース有力説もあったが、フィリーズと首位争いを続けるブレーブスが握手をしたようだ。ヤフースポーツのティム・ブラウンが1年1300万ドルと具体的な数字を報告している。

 この契約合意にはアストロズ時代にバッテリーを組んだブライアン・マッキャンがブレーブスに帰っていることから、彼の存在が大きかったことをMLB.comが伝えている。

 シーズン途中からの加入でどこまで活躍するかは未知数だが、カイケルは、15年のア・リーグのサイ・ヤング賞投手。MLB全体17位(NLでは15球団中11位)のブレーブス先発陣にとっては、これも大きな戦力になるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/06/07 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0409

【MLB契約情報】昨年の新人王アクーニャJr.が8年1億ドルで契約延長  




 アトランタ・ブレーブスで昨年のナ・リーグ新人王に輝いたロナルド・アクーニャJR.外野手が8年1億ドル(約111億円)で契約延長に合意した。





 MLBネットワークのジョン・ヘイマンやESPNのジェフ・パッサンが伝えているが、 契約は内容は、19年から最長10年間延長するオプションが含まれ最大で1億2400万ドル(約138億円)まで拡大する。





 ベネズエラ出身の20歳のアクーニャは、2014年7月にアトランタ・ブレーブスと契約。昨年4月25日にメジャー昇格。今季は開幕からスタメンで出場している。


メジャー1年目の18年は、111試合の出場で打率.293、出塁率.366、長打率.552、OPS.912、ベースボール・リファレンスのWARで4.1と高い数値をマークしていた。


 もともと、ブレーブスのチーム内プロスペクトランキングで1位だったことからブレイクは確実視されていたが、チームが再建中とあって早々とつかんだチャンスを見事にものにした選手だ。


 昨年8月には、3試合連続となる先頭打者本塁打やメジャー史上最年少での5試合連続本塁打などインパクトのあるシーンを演出した。


 この連続本塁打には問題のシーンがあって、翌日にマーリンズの先発ホセ・ウレーニャから初回打席に左肘に死球をぶつけられて、大事をとって2回の守備からベンチへ退いたため、記録を伸ばすことはできずに連続本塁打記録が途切れた。


ウレーニャは1球投げただけで直後に退場処分。「記録阻止のための故意死球? 」と物議を醸した。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/09 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0209

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《NL-EAST》  




 オフシーズンの移籍市場は2018年オフもゆっくりと推移した。ハーパーとマチャドは昨年のJ.D.マルティネスがそうであったようにスプリントレーニング直前まで決まらないだろう。


 ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか?各球団が、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 



今回は、その最終回、ナショナルリーグの東部地区。(日本時間2月7日時点)



■ブレーブス

ジョシュ・ドナルドソン(三塁手:FA)
ニック・マーケイキス(外野手:FA)
ブライアン・マッキャン(捕手:FA)


オジー・アルビーズ、ロナルド・アクーニャ、ダンズビー・スワンソンなど、若手が順調に伸びてきたブレーブス。そこに、ベテランでクラブハウスでメンター的な役割が期待されるマッキャンや中堅のドナルドソンが加入している。戦力的にっは35歳のマーケイキスとの再契約が大きいと感じる。


■ナショナルズ

マット・アダムス(一塁手:FA)
パトリック・コービン(左腕:FA)
ブライアン・ドージャー(二塁手:FA)
ヤン・ゴームス(捕手:トレード)
ジェレミー・ヘリクソン(右腕:FA)
ビダル・ヌーニョ(左腕:FA)
タナー・レイニー(右腕:トレード)
トレバー・ローゼンタール(右腕:FA)
アニバル・サンチェス(右腕:FA)
カート・スズキ(捕手:FA)


先発陣はパトリック・コービン、アニバル・サンチェスを獲得し、、ジェレミー・ヘリクソンとも再契約。リーグでもトップクラスだ。マット・ウィータース捕手とは再契約せず、ヤン・ゴームスとベテラン捕手カート・スズキと契約している。


■フィリーズ

ホゼ・アルバレス(左腕:トレード)
ジェレミー・ブライシュ(左腕:FA)
ロブ・ブラントリー(捕手:FA)
ドリュー・ビュテラ(捕手:FA)
フィル・ゴスリン(二塁手:FA)
ジョシュ・マーティン(右腕:FA)
マット・マクブライド(捕手:FA)
アンドリュー・マカッチェン(外野手:FA)
フアン・ニカシオ(右腕:トレード)
ジェームス・パゾス(左腕:トレード)
グレゴリオ・ペティート(遊撃手:FA)
デービッド・ロバートソン(右腕:FA)
シェーン・ロビンソン(外野手:FA)
ジーン・セグーラ(遊撃手:トレード)


本気の補強に打って出たフィリーズ。ただ、先発投手がコマ不足。外野手もアンドリュー・マカッチェンを追加したが、迫力不足だ。ここにハーパーが加わり、将来的にはマイク・トラウトが入ればフィリーたちがワクワクするような打線になる。


■メッツ

ルイス・アビラン(左腕:FA)
グレガー・ブランコ(外野手:FA)
キーオン・ブロクストン(外野手:トレード)
アルキメデス・カミネロ(右腕:FA)
ロビンソン・カノー(二塁手:トレード)
J.D.デービス(内野手:トレード)
ラジェイ・デービス(外野手:FA)
エドウィン・ディアス(右腕:トレード)
カイル・ダウディ(右腕:ウエーバー)
ジューリス・ファミリア(右腕:FA)
ディルソン・ヘレーラ(二塁手:FA)
ライマー・リリアーノ(外野手:FA)
ジェッド・ラウリー(内野手:FA)
ライアン・オルーク(左腕:FA)
ヘクター・サンティアゴ(左腕:FA)
ウィルソン・ラモス(捕手:FA)
ジャスティン・ウィルソン(左腕:FA)


GMが代わったメッツ。ということでお約束の総テコ入れがあったようだ。先発陣を除く各部門で新戦力を補充した。とくにブルペンは8人中5人が入れ替わる可能性がある。



■マーリンズ

ペドロ・アルバレス(一塁手:FA)
R.J.アルバレス(右腕:FA)
ジョン・バーティ(三塁手:FA)
オースティン・ブライス(右腕:ウエーバー)
サンティアゴ・チャベス(捕手:FA)
フリアン・フェルナンデス(右腕:ウエーバー)
ライリー・フェレル(右腕:ウエーバー)
カーティス・グランダーソン(外野手:FA)
ガブリエル・ゲレーロ(外野手:FA)
ロセル・ヘレーラ(外野手:ウエーバー)
ブライアン・ホラデイ(捕手:FA)
マイク・キックハム(左腕:FA)
ディクソン・マチャド(遊撃手:FA)
デベン・マレーロ(三塁手:FA)
ジョーダン・ミルブレイス(右腕:FA)
ブライアン・モラン(左腕:FA)
ヘクター・ノエシ(右腕:FA)
ハロルド・ラミレス(外野手:FA)
ロドリゴ・ビジル(捕手:FA)
ニール・ウォーカー(内野手:FA)


ここにリアルミュートをトレードして獲得したホルヘ・アルファーロ捕手、シクスト・サンチェス投手らが加わる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/02/09 Sat. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1127

【MLB契約情報】J.ドナルドソン三塁手がブレーブスと1年2300万ドルでサイン  




 今季夏のノンウェーバートレードでインディアンスに移籍し、シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になっていたジョシュ・ドナルドソン三塁手がアトランタ・ブレーブスと1年2300万ドルで正式契約した。





ドナルドソンは2007年のMLBドラフト1巡(全体48位)で捕手としてカブスに入団。次の年には、あの阪神タイガースで活躍したマット・マートンらと共に複数トレードでアスレチックスへ移籍。


頭角を現したのは13年シーズンで、打率.301、24本塁打、93打点、出塁率.384、長打率.499、OPS.883をマークしている。


ブルージェイズ移籍1年目の15年には打率.297、41本塁打、123打点、出塁率.371、OPS.939で打点王とア・リーグMVPに輝き、14年から16年までオールスターゲームにも選出されている。


アラバマ州とフロリダ州で育ったドナルドソンにとってジョージア州アトランタがフランチャイズのブレーブスは子供のころからの憧れのチーム。


そして、アスレチックス時代に自分を必要としてブルージェイズに導いてくれたアレックス・アンソポウロス氏がGMを務めている。こういった背景がドナルドソンがブレーブス移籍を決断させた大きな理由だろう。


今季は故障の影響で52試合の出場にとどまったが、ヘルシーならという条件は付くが、昨年(113試合)の打率.270、33本塁打、78打点、OPS.944ぐらいの結果は期待できるだろう。


ブレーブスの内野陣は、これでドナルドソンが三塁、遊撃にダンズビー・スワンソン(15年のドラフト1巡全体1位)、二塁に21歳のオジー・アルビーズ、一塁にフレディ・フリーマンになったが、もうすぐ33歳になるドナルドソンが今季のように故障がちなら若手24歳で内外野を守れるヨハン・カマルゴ(今季三塁手で114試合に出場)が三塁を守ることになるだろう。


また、ブレーブスは捕手で34歳のブライアン・マッキャンとも1年200万ドルで契約。地元アトランタ出身のベテランは13年以来のブレーブス復帰になった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/11/27 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1017

【球団人事】NL東部地区優勝のブレーブスがスニッカー監督と契約延長  




アトランタ・ブレーブスは月曜日に、指揮官ブライアン・スニーカーとの新たな2年契約に合意したことを発表した。これには2021年のクラブオプションも含まれている。

10月17日がバースデイで、まもなく63歳になる指揮官は、ブレーブスの第48代監督(前身球団含む)。就任後のは約4年間で計448試合で221勝227敗。





今季は、再建途上のチームを率いて2013年以来の地区優勝(18回目)に導いた。2005年のボビー・コックス監督以来のナ・リーグ「最優秀監督賞」の有力候補の一人だ。


経歴は、1976年のMLBドラフト25巡目でシカゴ・カブスより指名され契約。翌年の77年にアトランタ・ブレーブスに移り、1978年にはAAAまで上がるが、メジャー昇格はかなわなかった。


1980年に引退し、82年からブレーブスの傘下マイナーチームの監督に就任。


85年と88年から90年にはブレーブスのブルペンコーチを務め、2007年から13年は、ブレーブスの3塁コーチを務める。それ以外の期間はブレーブスの下部組織全てのチームの監督を歴任。


16年に再びブレーブスの3塁コーチに就任。シーズン途中の5月17日に成績低迷で解任されたフレディ・ゴンザレスに代わり、監督代行を務め、17年から正式に監督に就任した。1977年から41年間にわたりブレーブスや傘下スタッフとして球団運営に関わっている人物だ。


なお、ブレーブスは投手コーチのチャック・ヘルナンデスは今季限りで退団することが確定。後任については未定。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2018/10/17 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0830

【MLB移籍情報】ブレーブスのアンソポロスGMが精力的に戦力を強化  




5年ぶりにナ・リーグ東部地区制覇が見えてきたアトランタ・ブレーブスが正念場となる9月戦線や10月からのポストシーズンを睨んで2選手を補強している。


先日もブレーブスは、タイラー・フラワーズ捕手と契約を延長したが、3人目の捕手としてベテランのレネ・リベラをエンゼルスからクレームして獲得した。レネ・リベラは17年のWBCプエルトリコ代表。守備面で捕球技術、送球などの評価が高い選手。


ブレーブスのアレックス・アンソポロスGMは重要な9月、10月で守備の要となる捕手をカート・スズキ、タイラー・フラワーズ、レネ・リベラの3人体制で固めた。


正捕手カート・スズキが先日、故障者リストから復帰したが、そういったこともあって着々と弱点を補強してきた。





打撃面では、チーム打率でMLB3位のブレーブスだが、得点で同8位、本塁打数で同17位と迫力不足。


そこで、昨年30本塁打のルーカス・デューダを獲得。デューダはすでにどの球団からもクレームされることなくウェーバーを通過していたため、全球団へのトレードが可能な状況だった。


このトレードは、デューダの年俸の一部をロイヤルズが負担し、交換要員となる選手は、ブレーブスが渡した選手のリストから後日指名するといった内容のものになるという。


ブレーブスは7月末にもレイズからジョニー・ベンタース、オリオールズからブラッド・ブラック、オリオールズから先発投手のケビン・ゴーズマン、リリーフ投手のダレン・オデイを獲得し投手陣を整備している。


ポストシーズンで登録可能な移籍期限が8月末に迫っているため、この数日は移籍市場で動きがありそうだ。



◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/braves-acquire-duda-and-rivera/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/08/30 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0821

ブライス・ウィルソン(ブレーブス)が20歳243日で史上最年少勝利投手に  




ナ・リーグ東部地区で首位争いを演じているアトランタ・ブレーブスにとっては朗報だろう。20歳の若き右腕ブライス・ウィルソンが初先発で初勝利を飾った。

ウィルソンはピッツバーグ・パイレーツ相手に5回3安打無失点の好投。ブレーブスは、その後の5人の継投策も成功し、1対0で勝利し、同率首位で並んでいたフィラデルフィア・フィリーズが敗れたため、再び地区首位に立った。





チームにとってもウィルソン個人にとっても貴重な勝利だった。20歳243日の勝利はメジャー最年少勝利。

チームにとっては、今季メジャーデビューした4投手が初勝利を飾るという快挙は110年間で2チーム目だという事だ。

ウィルソンは16年のドラフト4巡指名。これがスポット登板だが、チーム内プロスペクトランキングでは、ベースボールアメリカの評価でチーム内8位。


★ウィルソン以外で今季、メジャーデビューで初勝利を飾ったブレーブスの投手たち

マイク・ソロカ
20歳の右腕。2015年ドラフト1巡目(全体28位)。5月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。メジャーデビューとなった同日のニューヨーク・メッツ戦では先発して6回1失点の投球で初登板初勝利を挙げた。(プロスペクトランキング:BP33位/BA27位/MLB31位)


コルビー・アラード
8月13日に21歳になった左腕。7月31日にマイアミ・マーリンズ戦で6回途中まで81球を投げて9安打を浴び、5点を失った(自責点4)が打線の援護に助けられて初勝利。(プロスペクトランキング:BP24位/BA65位/MLB58位)


トゥーキー・トゥーサン
22歳の右腕。ハイチ系アメリカ人。8月13日にダブルヘッダーの26人目としてメジャー昇格。翌日8月14日にマイアミ・マーリンズ戦のダブルヘッダー1戦目でメジャー初登板・初先発。6回を1失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた。


MLB公式サイトによると、デビュー戦で初勝利のブライス・ウィルソンを含めて21歳未満の投手が同一シーズンで3人先発したのは、1965年のカンザスシティー・アスレッチックス以来、実に53年ぶり。

球団の歴史の中では、ボストン・ドーブズと名乗っていた1910年以来108年ぶりらしい。再建期のチームならではの事かもしれない。

アレックス・アンソポロスGMが16年に就任してからは、チーム方針として、ファーム層の強化を第一に掲げており、大物選手を次々とトレードで放出。有望株の若手を獲得した結果、ファームには、トップ100位以内のプロスペクトたちを多数抱えている。


▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2018/08/21 Tue. 17:35 [edit]

CM: --
TB: --
   

0820

【NL-EAST】ブレーブス、フィリーズの優勝争いは今季のサプライズだ  




 いよいよ佳境を迎えたメジャーリーグ。レギュラーシーズンは残り50試合を切り、10月のポストシーズン進出をかけて正念場の戦いが続いている。

ここでは、混戦が続くディビジョンを中心に紹介していきたい。


ナショナルズが16年、17年シーズンを制した東部地区だが、今季は再建モードだったはずのブレーブスが台頭。


ブレーブス


16年に元ブルージェイズGMのアレックス・アンソポロスが就任。17年には新球場がオープンし、新たなチーム作りの段階に入ったチームは、ロナルド・アクーニャ外野手、ダンズビー・スワンソン内野手といったプロスペクトたちが順調に成長してチームのコアプレイヤーになりつつある。

打撃部門でMLB30球団中3位のアベレージ。同5位のOPS、同6位の得点。先発投手が防御率でMLB6位と好調。

ブルペンが防御率でMLB15位とやや不安が残るが、この夏にオリオールズからキャリア8年で398試合に登板、防御率3.16の中堅リリーバーのブラッド・ブラックを補強。先発投手もオリオールズからケビン・ゴーズマン投手を補強している。

さらに、打撃陣ではレッズから大砲アダム・デュバルを3選手と交換で獲得、13年以来の地区優勝を目指して積極的な補強に動いた。


フィリーズ


同じくサプライズで躍進したのはフィリーズ。7月のほぼ1ヶ月間、地区首位を守った。7年ぶりのポストシーズン進出を狙う。

ブレーブスとは対照的に若い先発投手たちが好調フィリーズを支えている。

4年目25歳の右腕アーロン・ノラ(14勝3敗、防御率2.24)を中心に、2年目のニック・ピベッタ。さらに、ベテランのジェイク・アリエッタが加わり、先発投手はMLB7位の防御率。リリーフ陣はMLB15位だがアーロン・ループを補強している。

他にもこの夏に大型補強に動いた。打撃陣がMLB28位と物足りなかったが、7月末までにウィルソン・ラモス捕手、アズドルバル・カブレラ内野手、8月以降に代打要員や指名打者制のある対ア・リーグ要員として控えの一塁手ジャスティン・ボーアを獲得している。

ナショナルズは、首位と8ゲーム差で3連覇は苦しい展開になってきた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2018/08/20 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0817

ナ・リーグは3地区とも大混戦、西部地区は3チームが2ゲーム差に  




今季のメジャーリーグは、ナショナルリーグの各地区で大混戦の首位争いが演じられている。レギュラーシーズンは残り50試合を切り、10月のポストシーズン進出をかけて正念場の戦いが続いている。


ブレーブス


《東部地区》

ナショナルズが16年、17年シーズンを制した東部地区だが、今季は再建途上だと考えられたブレーブスが台頭。

16年に元ブルージェイズGMのアレックス・アンソポロスが就任。17年には新球場がオープンし、新たなチーム作りの段階に入ったチームは、ロナルド・アクーニャ外野手、ダンズビー・スワンソン内野手といったプロスペクトたちが順調に成長してチームのコアプレイヤーになりつつある。

打撃部門でMLB30球団中3位のアベレージ。5位のOPS、6位の得点。先発投手が防御率でMLB6位と好調。

ブルペンが防御率でMLB15位とやや不安が残るが、この夏にオリオールズからキャリア8年で398試合に登板、防御率3.16の中堅リリーバーのブラッド・ブラックを補強。先発投手もオリオールズからケビン・ゴーズマン投手を補強している。

さらに、打撃陣ではレッズから大砲アダム・デュバルを3選手と交換で獲得、13年以来の地区優勝を目指して積極的な補強に動いた。

同じくサプライズで躍進した2位のフィリーズとは1.5ゲーム差の首位争いをこの時期でも演じている。

ナショナルズは、首位と8ゲーム差で3連覇は苦しい展開になってきた。



《中部地区》

カブスが8月に入って9勝5敗、ブルワーズが5勝8敗。ここに来てカブスが3.5ゲーム差で首位に立っている。昨年もこのパターンでカブスが抜け出した。

この両チームの対戦成績は、カブスの9勝4敗。残り6試合の直接対決は9月に組まれている。8月に8連勝した3位のカージナルスとブルワーズの直接対決が、土曜日から3連戦。この結果よっては、2位が入れ替わるかもしれない。


ダイヤモンドバックス

《西部地区》

首位ダイヤモンドバックスが、平野らのリリーフ陣が奮闘(MLB2位の防御率)。先発陣も同9位と健闘して、同27位の打線をカバーしている。

ロッキーズが1.5ゲーム差で2位。2ゲーム差でドジャースが続くが、前半戦で、カーショーやシーガーなどの主力に故障でたドジャースが出遅れたのが混戦の原因だ。ドジャースは7月にマニー・マチャドやブライアン・ドージャーを補強して二遊間を補強したが、6連覇は微妙なラインにある。

昨年1番打者として活躍したクリス・テイラーが出塁率.322で今季は不調。そのため1番が固定できず、ブライアン・ドージャー(OBP.318)やジョク・ピーダーソン(OBP.324)が1番を打っているが、長打力はあるものの起爆剤にはなっていない。

首位を走るダイヤモンドバックスとドジャースの直接対決は、ここまで4勝8敗。8月31日からの直接対決で巻き返したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/08/17 Fri. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0817

アクーニャに死球のウレーニャ投手に6試合の出場停止処分  



大リーグ機構は16日、マーリンズのホセ・ウレーニャ投手に対して6試合の出場停止処分を科した。

これは、ウレーニャが先発登板した15日(日本時間16日)のブレーブス戦でロナルド・アクーニャ外野手への死球が故意とみなされたもの。

ウレーニャは退場処分を受けていた。同選手からの異議申し立てがなければ、処分は17日から適用される。




ここでも紹介したがブレーブスの1番打者アクーニャは13日(同14日)からのマーリンズ戦で3試合連続の先頭打者本塁打を含む計4本塁打と活躍。

15日の同カードでは4試合連続の先頭打者本塁打が懸かっていたが、初回の第1打席でウレーニャが投じた97.5マイル(約156.9キロ)のストレートを左肘に受け、一度は試合に復帰したものの、2回の守備から途中交代していた。

ベネズエラ出身の20歳。昨年のベースボール・アメリカ(BP)マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出されたプロスペクト。

今季のスプリングトレーニングでは16試合に出場し、打率.432、4本塁打、11打点、4盗塁、OPSは1.247と圧倒的な結果を残し、4月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。

アクーニャは3試合連続先頭打者本塁打で、これは1996年のブレディ・アンダーソン(オリオールズ)以来、史上2人目の快挙。(アンダーソンは4試合連続)

さらに、5試合連続本塁打を放っており、この試合では、4試合連続の先頭打者本塁打と6試合連続本塁打が期待されていた。

なお、メジャーリーグの規則に従い、次の出場試合で本塁打を放った場合は連続試合本塁打が継続されるはずだったが、16日の試合では4打数1安打で本塁打は記録されなかった。

アクーニャの今季成績は、69試合、打率.287、19本塁打、43打点、出塁率.347、OPS.918。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/08/17 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド