メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0430

元広島のジェイ・ジャクソンがブルワーズでメジャー昇格  



 元広島カープのジェイ・ジャクソン投手がメジャーにコールアップされた。


NPB広島東洋カープで2016年から3年間、セットアッパーとして広島のセ・リーグ3連覇にも貢献した31歳ジェイ・ジャクソンがブルワーズ傘下のトリプルAサンアントニオ・ミッションズからブルワーズの25人枠に登録された。



「MLB TRADE RUMORS」によると、右腕のリリーバー、アレックス・ウイルソンがマイナーに降格、その枠にジャクソンが入る。ジャクソンは2月にブルワーズと100万ドルでマイナー契約してNRIとしてメジャーのスプリングトレーニングに参加していた。

ジャクソンは今季マイナーで7試合に登板して8回2/3イニングで失点0、14奪三振、2四球と好成績をマークしていた。

メジャーでの経験は2015年のサンディエゴ・パドレス時代の6試合しかなく、NPBでの175試合176イニング、92ホールド、2セーブ、防御率2.10、WHIP1.13という安定したスタッツが彼の自信になったことは間違いない。

ブルワーズといえばクローザーの左腕ジョシュ・ヘイダーが9回、右腕ジュニオール・ゲラが8回を任されて実績を残しているが、それ以外のリリーバーは弱く、ブルペンはMLB全体でも22位と低迷している。ジャクソンが好投すればNPB時代と同様にセットアッパーとして7回あたりを任される可能性はある。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/04/30 Tue. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0219

【MLB契約情報】M.ムスターカスがブルワーズと再契約へ  




 昨年163試合目でカブスから地区の覇権を奪ったミルウォーキー・ブルワーズが、同チームをフリーエージェント(FA)になっていたマイク・ムスターカス三塁手と再契約した。


再契約の内容は、1年1000万ドルで、来季(20年)は選手と球団側のミューチュアル・オプション(Mutual Option)とMLB公式サイトが伝えている。


 30歳のムスターカスは、オールスターゲームに2度選出。15年のロイヤルズのワールドシリーズ制覇にも貢献した。


今季のFA三塁手は下記だが、マチャドやドナルドソンに次ぐ有力選手で、この再契約により水面下でマチャド争奪戦を繰り広げている各球団にも影響するということだ。


《三塁手》

マイク・ムスターカス(ブルワーズ)
マニー・マチャド(ドジャース)
エイドリアン・ベルトレイ(レンジャーズ)
ジョシュ・ドナルドソン(インディアンス)
パブロ・サンドバル(ジャイアンツ)
チェイス・ヘッドリー
ダニー・バレンシア
ホセ・レイエス(メッツ)
ルイス・バルブエナ



 昨季はロイヤルズとブルワーズで自己最多の152試合に出場。2チームで打率.251、28本塁打、95打点(自己最多)、4盗塁、OPS.774、fWAR2.4。


 17年のオフにはロイヤルズからクオリファイング・オファー(QO)の提示を受けたが、これを拒否。さらに条件の良い契約先を模索したが、それが裏目にでて結局1740万ドル(当時のレートで約19億9300万円)のQOオファーをはるかに下回る1年550万ドル+出来高払いでロイヤルズと再契約した。これは前年(16年)の870万ドルをも下回った。


 そう言う経緯から今回の再契約1000万ドルは、キャンプ直前のこの時期でもあり、彼にとっては胸をなでおろすような契約になったかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/02/19 Tue. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0207

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《NL-CENTRAL》  

 


 もうすぐ各球団のスプリングトレーニングがスタートするが、オフの移籍市場は依然としてゆっくりと動き続けている。ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか? 各球団が、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


  ディビジョンごとに新戦力を紹介。今回は、その第5弾、ナショナルリーグの中部地区。(日本時間2月4日時点、太字は40人枠)

■ブルワーズ

アレックス・クラウディオ(左腕:トレード)
ベン・ギャメル(外野手:トレード)
ヤスマニ・グランダル(捕手:FA)
デオリス・ゲラ(右腕:FA)
コリー・スパンジェンバーグ(二塁手:FA)
ボビー・ワール(右腕:トレード)

ジェイク・ヘイガー(二塁手:FA)
アンヘル・ペルドモ(左腕:FA)
タフィー・ゴースウィッシュ(捕手:FA)

グランダルの補強は大きい。ほかに二塁手と外野の控えとしてマリナーズからギャメルを加えている。先発ローテーションが弱い気がするがFAになった先発左腕ジオ・ゴンザレスとの再契約はないのだろうか?


■カブス

トニー・バーネット(右腕:FA)
ブラッド・ブラック(右腕:FA)
ダニエル・デズカルソ(二塁手:FA)
ケンドール・グレイブマン(右腕:FA)

コリン・レイ(右腕:FA)
田澤純一(右腕:FA)
ローワン・ウィック(右腕:トレード)

10人がFAになったカブス。そのうち2人の救援投手、ブランドン・キンツラーとペドロ・ストロープとは再契約した。

カブスは、絶対的なクローザーがいない。セットアップマンも不安定。昨年13セーブのストロープは実績がない。そうしたこともあって今オフのカブスは、昨今のトレンドを反映してか、救援投手をトレードやFA、ウェーバーで大量補強している。それは、クローザーを含めてバックの3人を不安視している裏返だ。

田澤の昇格はきびしいかもしれない。バーネットは40人枠で開幕ロースターの可能性がある。ブラッド・ブラックを後半のどこで使うのかにも注目だ。


■カージナルス

ポール・ゴールドシュミット(一塁手:トレード)
アンドリュー・ミラー(左腕:FA)
ドリュー・ロビンソン(外野手:トレード)

ハンター・セルベンカ(左腕:FA)
ウィリアムス・ペレス(右腕:FA)
マイク・ハウスチャイルド(右腕:FA)
トミー・レイン(左腕:FA)

MLB全体で20位だったブルペンは、アンドリュー・ミラーを追加したが、剛速球クローザー、22歳のヒックスは不安が残る。ゴールドシュミットの獲得は打線にインパクトを与える。他チームにとっても脅威になる。


■パイレーツ

スティーブン・バロン(捕手:FA)
ロニー・チゼンホール(外野手:FA)
ロベルト・ゴメス(右腕:FA)
エリック・ゴンザレス(二塁手:トレード)
姜正浩(三塁手:FA)

パトリック・キブラハン(外野手:FA)
ジョーダン・ライルズ(右腕:FA)
タイラー・ライオンズ(左腕:FA)
ブランドン・マウアー(右腕:FA)
フランシスコ・リリアーノ(左腕:FA)

二遊間が穴で、4年目のエリック・ゴンザレスをインディアンスからトレードで獲得したが、実績がない。インターナショナル・ドラフトでドミニカ出身の25歳内野手、ベネズエラ出身の26歳内野手を獲得している。ベテラン左腕リリアーノともマイナー契約した。


■レッズ

マット・ボーマン(右腕:ウエーバー)
ザック・デューク(左腕:FA)
カイル・ファーマー(捕手:トレード)
ソニー・グレイ(右腕:トレード)
マット・ケンプ(外野手:トレード)
ヤシエル・プイーグ(外野手:トレード)
タナー・ロアーク(右腕:トレード)

レイベル・サンマーティン(右腕:トレード)
アレックス・ウッド(左腕:トレード)

ケンプとプイーグの両翼はディビジョン全体のパワーバランスに影響するかもしれない。先発陣もマット・ハービーがFAで去ったが、グレイ、ロアーク、ウッドの3枚を獲得している。

関連記事

Posted on 2019/02/07 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0110

【MLB移籍情報】ヤスマニ・グランダルがブルワーズと契約合意  




 何度か紹介したが18年シーズンで規定打席を上回った捕手はメジャーリーグで僅か6人しかいない。その中でもデータサイト「ファングラフス」のWARで2位(+3.8)だったのが、ドジャースからフリーエージェントになっていたヤスマニ・グランダル。


そのメジャー有数の攻撃型捕手がミルウォーキー・ブルワーズと1年契約で合意した。


1年1825万ドルの契約と伝えられているが、ドジャースから提示のクオリファイング・オファー1790万ドルを上回る契約になった。これは、今オフのFA捕手の中では年額で最高額。ウィルソン・ラモスが2年1900万ドル(年950万ドル)だから、その高さがわかるだろう。





18年は140試合に出場して打率.241、24本塁打、69打点、OPS.815。守備は800イニング以上マスクをかぶった13人の中でDRS+9は2位、Defは+8.9で8位だった。


キューバ出身で30歳。1999年にキューバからアメリカ合衆国のフロリダ州マイアミへ移住し、04年にアメリカ合衆国の市民権を取得した。


正捕手が補強ニーズだったチームにとってはインパクトのある契約になった。


《主なFA捕手》
ヤスマニ・グランダル(ドジャース)→ブルワーズ
ウィルソン・ラモス(フィリーズ) →メッツ
カート・スズキ(ブレーブス) →ナショナルズ
ロビンソン・チリーノス(レンジャース)→アストロズ
ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス) →エンゼルス
ジェームズ・マッキャン(タイガース)→ホワイトソックス
ブライアン・マッキャン(アストロズ)→ブレーブス

《未契約FA捕手》
マーティン・マルドナード(アストロズ)
ニック・ハンドリー(ジャイアンツ)
デビン・メソラコ(メッツ)
レネ・リベラ(ブレーブス)
マット・ウィータース(ナショナルズ)
ジェフ・マシス(ダイヤモンドバックス)
ドリュー・ビュテラ(ロッキーズ)
A.J.エリス(パドレス)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/01/10 Thu. 22:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1031

ポストシーズン進出10球団の総年俸比較 レッドソックスは「ぜいたく税」の対象に!  

 


MLBで今季ポストシーズン進出を果たした10球団の選手年俸を単純に比較した。


★アメリカンリーグ

レッドソックス 2億4000万ドル
インディアンス 1億4000万ドル
アストロズ 1億6300万ドル
ヤンキース 1億8100万ドル
アスレチックス 7600万ドル



☆ナショナルリーグ

ブレーブス 1億2300万ドル
ブルワーズ 1億900万ドル
ドジャース 1億9400万ドル
ロッキーズ 1億4400万ドル 
カブス 1億9700万ドル


リーグの平均総年俸は約1億3900万ドル。30球団のトップはレッドソックス、2位はジャイアンツ、3位はドジャース、4位がカブス、5位がナショナルズ。


レッドソックスとナショナルズがぜいたく税の対象になる球団で、レッドソックスは、シーズン途中のイアン・キンズラー内野手、ネイサン・イオバルディ投手の獲得などで開幕時の2億3390万ドルから2億3840万ドルに上昇。ぜいたく税の支払いは940万ドル(10億6000万円)から1130万ドル(約12億8000万円)になる見込み。


ドジャース、ジャイアンツは回避できそうだという報告もある。ドジャースは5年間で1億5000万ドル(約170億円)のぜいたく税を支払っていた。


ヤンキースは、数年前から内部育成に切り替え、その結果、若手が増えたので、以前ほど高くはないが、それでも全体で6位。2003年にぜいたく税が導入されてから、15年連続で支払いの対象となり、累計で3億4100万ドルを支払ったとされるヤンキースだが、基準額以内に抑制したことで来季は回避して、リセットできそうだ。


大谷翔平所属のエンゼルスは意外と多く支払っていて30球団中7位になっている。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


逆に最低はレイズ。アスレチックスも28位で、この両チームは、スモール・バジェットで有名。今季の躍進を見れば費用対効果の良かった球団ともいえる。上のリストでは、ブルワーズやブレーブスも平均以下で、そうした球団かもしれない。


総年俸には、例えばレッドソックスのペドロイア内野手のような故障者リストの選手も含まれている。不良債権といえばかわいそうな気もするが、そうした不良債権額ではジャイアンツがトップで2位がエンゼルス、3位がメッツ。この3チームは当然の事ながらポストシーズンへの進出はならなかった。


多くのMLB球団ではデータを、「戦略・編成」「戦術・作戦」「育成」「故障・非常時」の4つの系統に分けて扱う。


期待値として戦力分析をして年間計画をつくる各球団だが、もっとも見きわめが難しいのが「故障・非常時」だろう。これを読み違えばジャイアンツやエンゼルス、メッツのようになるのかもしれない。



◇参考資料
https://www.rosterresource.com/mlb-depth-charts/
https://www.spotrac.com/mlb/payroll/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/31 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1022

【WS2018】NLはドジャースが制覇 WSは東海岸と西海岸の名門対決が実現  




ドジャースとブルワーズが3勝3敗で迎えたナショナルリーグのチャンピオンシップ第7戦は、ブルワーズの本拠地ミルウォーキーで行われ、ドジャースが5対1で勝利した。


ドジャースは、2年連続23回目のリーグ制覇だが、連覇は1977年、78年以来になった。ワールドシリーズ(WS)では1988年以来、30年ぶりの世界一を目指す。


DqAFrp4UcAAM0wk.jpg


ドジャースは2回、5番コディ・ベリンジャーの2ランで逆転。終わってみればドジャースが5人の継投で、失点をソロホームランによる1点だけに抑えて最終戦を制した。


ドジャースは、7回途中から早めにクローザーのケンリー・ジャンセンを投入。ジャンセンは期待に応え3三振を奪う力投で4つのアウトを取って、9回はエース左腕クレイトン・カーショーが登場するという必勝リレーだった。


ベリンジャーは、シリーズで25打数5安打の打率.200だったが、第4戦の13回に放ったサヨナラ・タイムリーと、この日の逆転2ランで、チャンピオンシップのMVPを獲得した。


ホームでの最終戦、ブルワーズは、リーグ首位打者の2番クリスチャン・イエリッチのソロで先制したが、それ以降、ドジャースの先発ウォーカー・ビューラーやリリーバーに抑え込まれ、あと1勝のところで36年ぶりのWS進出を逃した。


ワールドシリーズ(7回戦制)はドジャースとレッドソックスの東西名門チームの実質的には初顔合わせとなり、第1戦はレッドソックスの本拠地ボストンのフェンウェイパークで23日(日本時間24日)から始まる。


前田健太が所属し、ナ・リーグの西部地区で6連覇、2年連続WS進出のドジャース。一方、108勝の球団最多勝でア・リーグ東部地区3連覇のレッドソックスは上原浩治や田澤純一が活躍した2013年以来のWS制覇を目指す。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/10/22 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1010

MLB2018 チャンピオンシップ進出4チームの歴史を簡単に紹介  



メジャーリーグは9日(日本時間10日)、ア・リーグの地区シリーズ(DS)第4戦がニューヨークで行われ、レッドソックスが4対3でヤンキースに競り勝ち、3勝1敗で、5年ぶりのチャンピオンシップ(リーグ優勝決定シリーズ=LCS)進出を決めた。


レッドソックスの進出が決定したことで、両リーグのLCSに進出するチームが出そろった。それぞれ第1シードと第2シードの対戦になった。


12日(日本時間13日)から始まるナ・リーグのLCSは、ブルワーズとドジャースが対戦。第1シードのブルワーズにホームアドバンテージがある。


ア・リーグのLCSは13日(日本時間14日)からレッドソックスのホーム、ボストンのフェンウェイパークで始まる。


★ナショナルリーグ

ミルウォーキー・ブルワーズ
ロサンゼルス・ドジャース



明年で球団創設50周年を迎えるブルワーズは2011年以来、7年ぶりのLCS進出。


前回の2011年は、カージナルスの前に2勝4敗で涙をのんだ。ブルワーズは、1998年に球団拡張に伴ってア・リーグ東部地区からナ・リーグ中部地区に編入しているため、LCSを突破すれば初の両リーグでワールドシリーズに進出チームになる。


個人的に注目は、日系3世のクリスチャン・イエリッチ外野手とジョシュ・ヘイダー投手。


イエリッチ 


ドジャースは、地区6連覇。2008年から実に6回目のチャンピオンシップ進出と近年の歴史を見れば王朝のように感じるが、ライバルのジャイアンツが2010年、12年、14年とワールドシリーズを制しただけに、常にナンバー2のイメージが付きまとう。


昨年ようやく突破してワールドシリーズに進出したがアストロズに敗退。1988年以来、30年ぶりのワールドシリーズ制覇のために勝ち上がりたいところだ。シーズン中の対戦成績ではドジャースが4勝3敗とリードしている。



★アメリカンリーグ

ボストン・レッドソックス
ヒューストン・アストロズ



レッドソックスは、2007年に松坂大輔、岡島秀樹の両日本人投手が活躍してワールドシリーズ制覇。今回は、上原浩治、田澤純一がブルペンの中心となって活躍した2013年以来のチャンピオンシップ進出。


上原浩治


リーグ優勝12回、ワールドシリーズ制覇8回の世界中にファンを持つ名門チームだが、13年世界制覇のメンバーは監督も含めて一人もいない。主砲のJ.D.マルティネスはもとはアストロズでデビューしている。


アストロズは、リーグ再編で2013年にナ・リーグ中部地区からア・リーグ西部地区へ編入。長い低迷期があって弱小球団イメージがあったが、昨年、ドジャースを制して1962年の球団創設以来、初のワールドシリーズを制覇した。


タラの丘


名物といえば世界初のドーム球場アストロ・ドームだった。2000年には開閉式屋根のミニッツメイド・パークが完成。かつてはセンター泣かせの「タルの丘」と呼ばれる勾配のついた丘がセンター奥にあって、フィールド内に(電信柱のようなポール)もあった(笑)。テレビ中継の時はいつも紹介されたが2016年のオフに撤去された。


タラの丘


今季は、強力先発陣が健在で、LCSを突破して2年連続ワールドチャンピオンの可能性もある。主軸は昨年と同じメンバーで、ここにパイレーツのエース、ゲリット・コールが加入してアップグレードした。

昨年まで不安定だったブルペンもMLB全体で1位の防御率、奪三振率で同2位、与四球率で同1位と安定感を増した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/10 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1009

【NLDS】ドジャースもNLCSに進出決定!前田健太も8回に登場  




 ナ・リーグの地区シリーズ(NLDS)の第4戦は8日、アトランタで行われ、ドジャースが6対2でブレーブスに逆転勝ちし、3勝1敗で3年連続のナ・リーグ・チャンピオンシップ(優勝決定シリーズ=NLCS)進出を決めた。


 この大事な一戦には前田健太も5人目の投手として初登場。クローザーにつなぐセットアッパーとして8回のマウンドを託された起用法からして首脳陣の前田に対する信頼度がわかるが、ちょっと危なっかしい内容だった。


 前田は、先頭の5番カマルゴを86.5マイルのチェンジアップで空振りの三振。6番フラワーズもサードゴロと抑えた。ここまでは良かったが二死から、インシアーテとカルバーソンに連続単打を許して2死一、三塁のピンチを作った。


相手は一発のある代打デューダ。ボールが先行するピンチ。3-1からの5球目、インコースやや内よりの92.7マイルのフォーシームをライトにホームラン性の大飛球を打ち返される。一瞬、ヒヤッとしたが、フルカウントからの次の球は、93マイルの厳しいインコースのフォーシームで、つまり気味のセンターフライに抑えた。


NLCS


次の打者が、前の試合でグランドスラムを放ったアクーニャJr.だっただけに見ているこちらも力の入るシーンだった。


 この結果、ワールドシリーズ進出を決めるNLCSには西部地区1位ドジャースと中部地区1位のブルワーズの進出が決定した。この両チームは、ともに163試合目を戦ってDSに進出したチームだ。


とくにブルワーズは、レギュラーシーズンから破竹の11連勝と歴史的なシーズンを送っているだけに、ドジャ-スにとっては手強い相手になりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/09 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1008

【NLDS】ブルワーズがロッキーズをスイープ!3連勝でCS進出決定  




 ロッキーズの本拠地デンバーに舞台を変えたナ・リーグの地区シリーズ(DS)は、レギュラーシーズン8連勝でストロングフィニッシュしたブルワーズが、その勢いで3連勝(5回戦制)してリーグ優勝決定シリーズ(チャンピオンシップ=CS)に駒をすすめた。


 ブルワーズは1998年にMLBの球団拡張に伴ってナ・リーグ中地区に編入。同地区では、7年ぶり3回目の優勝。ア・リーグ時代の優勝と合わせて4回目の地区制覇。





 今季は優勝を狙って積極補強をしたブルワーズ。マーリンズからクリスチャン・イエリッチ(日米野球で来日予定)、FAで堅守のロレンゾ・ケインを補強。8月にロイヤルズからマイク・ムスターカスを補強。


日系3世のイエリッチは、首位打者を獲得して打線をけん引。ケインもカブスとの地区優勝を決める163試合目で決勝打をマークして存在感を示した。


 投手陣は、先発投手の枚数は足らないが、MLB全体5位のブルペン陣が健闘。ジェレミー・ジェフレス、ダン・ジェニングス、コリー・クネバル、若手の23歳コービン・バーンズ、24歳長髪左腕ジョシュ・ヘイダー、7月にホワイトソックスからトレードのホアキン・ソリアーなどが活躍。


ポストシーズンでは、ブルペンへの依存度が高まるだけに、実に10人がセーブポイントをマークしている多彩なブルペンがチームの持ち味とも言える。


ロッキーズはビジターに弱いデータがそのまま出た感じで、自慢の打線も3試合で2得点と振るわなかった。


CSは現地12日からドジャ-スとブレーブスの勝者と対戦する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/08 Mon. 10:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

NL地区優勝決定戦はブルワーズがカブスに勝利、7年ぶり4度目の中部地区制覇  




 史上初の2地区による「地区優勝決定戦」が行われたナ・リーグ(NL)。その第1試合は中部地区のカブスとブルワーズで争われ、ブルワーズがクリスチャン・イエリッチの3安打、1打点の活躍などで制し、2011年以来の地区優勝を飾った。





カブスの本拠地リグレーフィールド行われた試合は、3回にイエリッチのセンター前タイムリーでブルワーズが先制。


5回にカブスが4番アンソニー・リゾの25号ソロで追いついたが、8回に無死二、三塁のチャンスにブルワーズのロレンゾ・ケインがセンタ―前にライナーのタイムリーを放って試合を決めた。


投げては、先発のジョーリス・チャシーンが6回途中まで1安打に抑え、ブルワーズが5人の継投でカブス打線を3安打1失点に抑えた。


この結果、ナ・リーグの最高勝率はブルワーズ。勝率2位がカブスとなった為、カブスは敗れたが、地元に戻ってホーム・アドバンテージを得た上で1試合のみのワイルドカード・ゲームに臨むことになる。


3冠王の可能性があったクリスチャン・イエリッチだが、4打数3安打1打点と猛打賞の活躍をして、確定していた首位打者のタイトルは手中にしたが、打点では110打点で、この時点でトップのハビアー・バエズに1打点足りなかった。


また、本塁打数でもロッキーズのノーラン・アレナドの37本に1本足らない36本だった。日系3世のイエリッチは、この秋の日米野球でもMLB代表の一員として来日を予定している。



関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 06:37 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド