メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0208

【MLB移籍情報】ダルビッシュ争奪戦、ツインズも正式にオファー  



空前絶後の事態に陥っているメジャーリーグの移籍マーケット。バッテリーのスプリングトレーニングまで1週間をきったが、未だにダルビッシュ、アリエッタ、ホズマー、マルティネスといったFAトップ4の移籍先が決まらない異常事態だ。

ダルビッシュ有の移籍先は?イチローは?上原浩治はどうなるのか?

個人的な関心は、そこに絞られるが、USAトゥデイのボブ・ナイチンゲールがダルビッシュらエリートFA選手たちの契約を予想している。

それらを参考にしてまとめるとダルビッシュに関しては、カブス、ブルワーズ、ツインズの3球団がエース格のスターターを必要としているが、ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)の6年2億650万ドル、デビッド・プライス(レッドソックス)の7年2億1,700万ドル規模の契約は提示されておらず、カブスと5年1億2,500万ドルという契約を予想している。

大きなマーケットを持つヤンキースとドジャースが、ペイロールを1億9700万ドル以内に抑えたい方針で、トレードで予算を作れるかが、今後の動向のカギを握りそうだが、可能性は低いという。

ジョニー・クエト(ジャイアンツ)の契約金6年1億3,000万ドルあたりが、今後の攻防戦になるだろうという予想もしている。





アービン・サンタナが利き手の中指の手術で開幕絶望になったツインズが、ここへ来て5年1億ドル以上のオファーを出したという移籍情報サイトの記事もあるが、それでは、カブスの5年125億ドルというナイチンゲール記者の予想額を下回り、ディスカウントした内容なので決まらない気がする。

ダルビッシュ以外でも、トミー・ジョン手術から見事に復活を遂げてナ・リーグトップの41セーブを挙げたクローザーのグレッグ・ホランドも決まっていない。

ロッキーズの開幕からの躍進は、彼の連続セーブが勝利の快進撃を支えた。ダルビッシュ同様に、こうした苦境を乗り越えた選手は好きだが、ロッキーズが提示した1,740万ドルのクオリファイング・オファーを蹴った。


グレッグ・ホランド


同じトップクローザーのウェイド・デービスがドジャースと3年5,200万ドルで合意しているので、それに近い契約を手にして欲しい。

ここまで来たら、個人事業主である選手たちが、代理人たちと契約内容を十分吟味して球団相手に納得のいくストーブリーグにして欲しい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/08 Thu. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0205

オリオールズとブルワーズ間で金銭トレード成立、オ軍は捕手を補強  

 


正捕手だったウェリントン・カスティーヨがFAでチームを去ったオリオールズが、ブルワーズとの金銭トレードでアンドリュー・スーサック捕手を獲得している。

メジャーキャリア4年、27歳のスーサックは、ブルワーズの2年間で17試合の出場にとどまったが、その前にいたジャイアンツではメジャーナンバーワン捕手バスター・ポージーのバックアップとして2年間87試合でマスクを被り、14年のワールドシリーズにも出場している。


DVEc74RU0AAqSKa.jpg
▲アンドリュー・スーサック


MLB公式サイトのデプスを見ると、オリオールズでは、31歳のカレブ・ジョセフ、22歳のチャンス・シスコらと正捕手の座を争う事になりそうだ。

先日、今オフのフリーエージェント(FA)選手をポジション別にピックアップ。その中で捕手を紹介したが、このポジションでもジョナサン・ルクロイら移籍先が決まらず、FA市場に残っている。


【今オフFAになった捕手の移籍先】
年齢/最終所属/17年サラリー/

ウェリントン・カスティーヨ (30)
オリオールズ/600万ドル
ホワイトソックスと2年1,500万ドルで契約。

クリス・アイアネッタ(34)
ダイヤモンドバックス/150万ドル
同地区のロッキーズと2年850万ドルで契約。

アレックス・アビラ(31)
タイガース、カブス/200万ドル
ダイヤモンドバックスと2年825万ドルで契約。

レネ・リベラ(34)
カブス、メッツ/175万ドル
エンゼルスと280万ドルで契約。

ニック・ハンドリー(34)
ジャイアンツ/200万ドル
ジャイアンツと250万ドルで再契約



DU1KmOgUMAAJYde.jpg
▲アレックス・アビラ


ダイヤモンドバックスからFAのアイアネッタは、同地区のロッキーズが獲得。89試合の出場だったが、メジャー10年の経験と昨年17本塁打、OPS.865が高評価につながって年平均で以前に所属していたエンゼルスやマリナーズ時代と同程度の契約金を結んだ。

ダイヤモンドバックスが補強したアレックス・アビラは、昨季タイガースとカブスで112試合に出場。打率.264、14本塁打、OPS.834をマーク。アイアネッタが抜けた穴を埋める模様。

第3回と第4回のWBCアメリカ合衆国代表に選出されたジョナサン・ルクロイは、前半戦が不振で、夏にロッキーズへトレード。ロッキーズでは46試合で打率.310、OPS.865で回復傾向にあったがロッキーズは契約延長しなかった。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2018/02/05 Mon. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0126

【MLB移籍情報】ブルワーズがイエリッチに続いてロレンゾ・ケインも獲得  



スプリングトレーニング開始まで1カ月を切ったメジャーリーグだが、ブルワーズがイエリッチに続いてロレンゾ・ケイン外野手も獲得したというニュースが入って来た。

複数の報道をまとめるとブリュワーズとケインの契約は、5年総額8,000万ドルの契約になるという。



もともとケインは2004年のドラフトでブリュワーズから17巡目(全体496位)指名を受けてプロ入りし、10年にブリュワーズでメジャーデビュー。8年ぶりの古巣への復帰になる。

昨季は、155試合に出場して打率.300、15本塁打、26盗塁、OPS.803。出塁率は.363の好成績をマークし、チームのリードオフマンとして期待される。

ブルワーズの補強ポイントは、先発投手、セットアップマン、二塁手で、外野手は、昨年30本塁打、OPS.875で頭角を現した25歳のドミンゴ・サンタナを中心に、ほぼ固まっていたが、クリスチャン・イエリッチとロレンゾ・ケインの加入で、複数の戦力がトレード要員として回される模様。

MLB.comのジョン・ポール・モロシはケインとイェリッチの加入により余剰戦力となったドミンゴ・サンタナがトレードされる可能性が高いことを報じているが、スモールマーケットのブルワーズを考えた場合に、20年までの3年6,000万ドルが残るレフトのライアン・ブラウンを放出する可能性も否定できない。

ライアン・ブラウンと言えば、このブログでも何度か紹介したが、13年の1月に「マイアミクリニックの薬物スキャンダル」が発覚。

その年の7月には、これまで否定していたクリニックからの禁止薬物購入について認めて謝罪し、シーズン残り65試合の出場停止処分を受けた。

ブラウンは、34歳。かつての本塁打王も昨年は、17本と低迷。打撃面でも峠を越えたイメージがあり、先発投手の整備のために、金銭をある程度負担してもトレードに出すのが、最善策のような気がする。ただ、拒否権の問題もあり、簡単には行かないだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/26 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0126

【MLB移籍情報】イエリッチ外野手がブルワーズへ!「そして誰もいなくなった」マーリンズ外野陣  




ミルウォーキー・ブルワーズがマイアミ・マーリンズから若手のホープ、クリスチャン・イエリッチを獲得した。

このトレードでブルワーズは交換要員として若手有望株のルイス・ブリンソンら4人をマーリンズに差し出している。

26歳のイエリッチは、第4回WBCのアメリカ合衆国代表に選出された逸材。派手さはないものの2017年に156試合で170安打を放ち、打率.282、出塁率.369、長打率.439、OPS.807、18本塁打、81打点。WARで3.9という高い数値を示している。

26歳の若さながら、メジャーで既に5年のキャリアを有し、通算で打率.290、出塁率.369、長打率.432、OPS.800、59本塁打、239打点。14年にゴールドグラブ賞。16年にシルバースラッガー賞を獲得している。

新生マーリンズの中心選手としての構想があったみたいだが、経営陣が変わったマーリンズは、総年俸の抑制を掲げて再建モードに突入。なりふり構わずスタントン、オズーナ、ゴードンらの主力を次々と放出。その球団の姿勢にイエリッチとマーリンズの間に不協和音が流れていた。

その“ファイヤーセール”に嫌気をさしたイエリッチ本人と代理人が、球団側にトレード放出を求めていた。

もともと優勝を狙えるチームでプレイしたいという事で、スタントンが大型契約を結んだ翌年の15年3月にイエリッチもマーリンズと総額4,957万ドルの7年契約を結んだ。

イエリッチの残りの契約は26歳の2018年から29歳の2021年まで確定していて、18年(26歳)は700万ドル、19年(27歳)975万ドルで、彼の実績や「伸びしろ」を考えると格安でブルワーズが獲得したと言える。(ちなみに20年1,250万ドル、21年1,400万ドル、22年は球団オプション1,500万ドル)

DUbMPFuWkAABIJ4.jpg


この数年は、ライトにスタントン、センターにオズーナ、そしてレフトにイエリッチ。第4の外野手にはイチローと、テレビ中継を見ていてもマーリンズの外野陣は、わくわくするような豪華な布陣だった。

このイエリッチのトレードで3人ともいなくなった。日本人ファンだけでなくマイアミのファンもがっかりしている事だろう。捕手のJ.T.リアルミュートもトレードも噂されている。

なお、トレードの交換要員の残り3人は、イサン・ディアス、モンテ・ハリソン、ジョーダン・ヤマモト。MLB公式サイトの球団別プロスペクト・ランキングによると、ブリンソンはブルワーズの1位、ディアスは同6位、ハリソンは同14位のプロスペクト。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/26 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1028

【MLB契約情報】ブルワーズは先発右腕C.アンダーソンと契約延長に合意  

 


ナ・リーグ中部地区で地区2位(86勝76敗)と健闘したブルワーズが、先発右腕チェイス・アンダーソン投手と2年1175万ドルで契約延長に合意した。これにはサインボーナス100万ドルと2020年、2021年のチームオプションが付く。

18年425万ドル+50万ドル(サインボーナス)計475万ドル
19年600万ドル+50万ドル(サインボーナス)計650万ドル
※1年平均587万5000ドル、バイアウトが50万ドル



来季の開幕を30歳で迎えるアンダーソンは2016年にダイヤモンドバックスから複数トレードで移籍。メジャー4年のキャリアで今季はキャリアハイの12勝(4敗)をマーク。

6月下旬に左腹斜筋を痛めて故障者リスト入り。25試合の先発にとどまり規定投球回数には達しなかったがキャリアハイの防御率2.74、WHIP1.09のスタッツを記録し、中盤までのブルワーズ躍進を支えた。

被本塁打数が16年の28本から14本に半減。四球数も53から41に減らし、1.371だったWHIPも好投手の指標である1.20をきって1.09まで改善されたことが好成績につながった。

来季は、ザック・デイビーズ、ジミー・ネルソンに続くローテーションの3番手から4番手として期待される存在になった。

なお、球団オプションは2020年が年俸850万ドル、2021年が年俸950万ドルとなっており、2021年の球団オプションが破棄された場合にもバイアウト50万ドルが支払われる。

さらにブルワーズは、今季、二塁を中心に三塁、遊撃、レフトを守ったエリック・ソガード(31)と年俸240万ドルの1年契約を結んだ。別に最大65万ドルのインセンティブが付属した契約になる模様。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/28 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

【MLB移籍情報】ブルワーズがメッツからN.ウォーカー二塁手獲得  




ミルウォーキー・ブルワーズがニューヨーク・メッツからニール・ウォーカー二塁手を獲得した。メッツからは、25歳のマイナー選手が交換要員としてトレード移籍する。

今オフにFAになるウォーカーは、今季500万ドルの年俸が残っているが、メッツがどの程度負担するかどうかは不明。



ウォーカーは、前半戦にハムストリングの負傷で6週間離脱。そのため7月末のトレードデッドラインで彼のトレードは成立しなかった。一部、ヤンキースが獲得するのではという情報もあったが、ヘルシーでないという理由から交渉は合意にいたらなかった。

2009年、ピッツバーク・パイレーツでデビューしたウォーカーは、当時、正二塁手だった岩村明憲に代わってレギュラーを獲得。以後、二塁を中心に三塁、一塁と外野も守れるユーティリティ選手として活躍している。

その後、2015年オフにトレードでメッツに移籍。メジャー通算9年間で打率.272、出塁率.339、OPS.775、126本塁打、509打点、29盗塁。スイッチヒッターで右打席の方が成績が良い。

昨年、腰の手術を受けているが、オフにはメッツから1720万ドルのクオリファイング・オファーを提示され、受諾した。

ブルワーズはどこでも守れてポストシーズンの経験もあるベテラン選手をロースターに追加した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/13 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

【MLB移籍情報】ブルワーズがWソックスと交渉中 A.スウォーザック投手がターゲット  



ナ・リーグ中部地区でカブス、パイレーツと首位争いを演じているブルワーズが、ホワイトソックスのリリーバー、アンソニー・スウォーザックのトレードについて交渉中という。FOXスポーツのケン・ローゼンタールが報告している。



31歳の右腕アンソニー・スウォーザックは、月曜日のシカゴダービーでカブスからキャリア初セーブをマークした。今季は、41試合に登板。 48回1/3イニングで防御率2.23、WHIP1.03 、52奪三振、13四球。

メジャーは4チームで計7年在籍。途中、2015年6月に韓国プロ野球の斗山ベアーズと契約し、5勝をマークしている。今季終了後にホワイトソックスをフリーエージェントになる。

ophgazfdzfdkeugut9bdw3iyz.png

なお、ブルワーズには韓国プロ野球NCダイノスから今季メジャーに復帰したエリック・テイムズ一塁手がいる。テームズは、打率.251、出塁率.369、23本塁打、44打点、OPS.906と活躍している。

ブルワーズは、2011年の地区優勝以来、5年連続下位に低迷、今季久しぶりにポストシーズン進出を狙える好位置につけている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/26 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0723

【MLB移籍情報】ブルワーズがタイガースのイアン・キンズラー二塁手を調査中  



今季のサプライズチームと言ってもおかしくないミルウォーキー・ブルワーズ。

7月22日終了時点でもカブスやカージナルスといった優勝候補を抑えてナショナルリーグ中部地区で首位に立つブルワーズが、久しぶりのポストシーズンを睨んで、タイガースのイアン・キンズラー二塁手を調査中との情報が入った。



ブルワーズには昨年、盗塁王を獲得するなどブレイクしたメジャー5年目のジョナサン・ビアーが正二塁手でいるが、今季はチームトップの18盗塁は決めているものの打率.223、出塁率.287と、1番打者としては物足りない状況。

シーズン前にウェーバーで放出したスクーター・ジェネット二塁手が、移籍先のレッズで打率.307、出塁率.357と活躍していることを考えると歯がゆい思いだろう。

付け加えるとジェネットは、6月6日に行われたカージナルス戦で、2012年のジョシュ・ハミルトン以来、メジャー史上17人目となる1試合4本塁打を記録。同時に1949年のウォーカー・クーパー以来、68年ぶりとなる1試合10打点も記録した。

ophgazfdzfdkeugut9bdw3iyz.png


そこで経験豊富な35歳イアン・キンズラーでアップグレードを図りたい考え。キンズラーは、2018年も年俸1000万ドルと手頃な価格。再建中のブルワーズにとっても翌年以降も使える貴重な戦力になる。

ほかには、補強候補としてブランドン・フィリップス(ブレーブス)やジェド・ラウリー(アスレティックス)の名前も挙がっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/07/23 Sun. 06:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0718

トレード・デッドライン前の各チームの補強ポイント NL編  



昨日、アメリカンリーグ所属のトレード・デッドライン(ウェイバー公示なしでトレードを成立させることができる期限)前の補強ポイントを紹介したが、今回はナショナルリーグ(NL)編としてまとめてみた。(順位は16日17時)

セットアップマンは、クローザーの前、8回を投げる投手という定義もあるが、ここでは優秀な中継ぎ投手ぐらいの感覚で捉えていただきたい。


blog_import_54ca749b7c3ff.jpg 


【チーム名 / 勝率 / 地区成績 / WC / 補強ポジション】
※WCはワイルドカード

▶各地区首位
ナショナルズ .600  首位 クローザー
ブルワーズ .559  首位 先発投手、セットアップマン
ドジャース .685  首位 セットアップマン

▶WC

ダイヤモンドバックス   .582  9.5  +2.0  クローザーorセットアップマン、外野手
ロッキーズ   .559 11.5  0 先発投手

ブレーブス   .494  9.5  6.0  クローザーorセットアップマン、三塁手
カブス .500 5.5  5.5  先発
カージナルス .489 6.5 6.5  クローザーorセットアップマン


ア・リーグほど混戦ではなく西部と東部は独走状態。西部地区からワイルドカードを含め3チームがプレイオフに出場する可能性がある。

中部地区のカブスは、すでにホワイトソックスからホセ・キンタナを獲得。ここでも紹介したが、キンタナは、移籍第1戦で7回3安打、無四球無失点、12奪三振と快投を演じている。ただ、ブルワーズと5.5ゲーム差があり、地区優勝もワイルドカードも厳しい状態だ。

ナショナルズもアスレチックスからリリーバー2投手を獲得したが、ポストシーズンを任せられる強力なクローザーの獲得には至っていない。

オリオールズが一部選手の放出も検討中との情報もあり、そうなればリリーフではザック・ブリットン(DLから復帰)、ブラッド・ブラック、ダレン・オデイあたりがトレード市場にリリースされる可能性が出てきた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/18 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0429

田中将大だけじゃない大家友和もメジャーで「マダックス」完封していたァァァ!  

 


すでに紹介したがヤンキースの田中将大投手がメジャー2度目の完封ショーを、わずか97球で演じた。今季パッとしなかっただけに明るいニュースになった。

日刊スポーツが面白い記事を掲載していた。100球未満の完封は殿堂入り名投手にちなんで「マダックス」と呼ばれているが、田中は今季初のマダックス達成者となった。

しかし、それよりも驚きはブルワーズ時代の大家友和も完封劇、しかも「マダックス」を演じていた。


◆MLBの日本人投手100球未満完封勝利


(1)黒田博樹(ドジャース)91球
(08年7月7日、3-0ブレーブス=9回1安打6三振四死球0)

(2)田中将大(ヤンキース)97球
(14年4月27日、3-0レッドソックス=9回3安打3三振四死球0)

(3)大家友和(ブルワーズ)98球
(05年6月14日、4-0デビルレイズ=9回9安打6三振四死球1)


大家は、ボストン・レッドソックスで99年よりメジャーキャリアをスタートさせ、この年(2005年)、所属したモントリオール・エクスポズが、本拠地移転によりワシントン・ナショナルズと名称を変更。開幕から先発で起用されたが、前年までの通算で2.31だった与四球率が5月上旬までで5.70と制球が乱れ先発を外される。

6月4日のフロリダ・マーリンズ(現マイアミ)戦では降板を要求する監督のフランク・ロビンソンに背を向けたため罰金1,000ドルを科せられる。

その影響もあって6月10日にリリースされてミルウォーキー・ブルワーズにトレード移籍。 6月14日のタンパベイ・デビルレイズ戦で移籍後初先発し、自身初の完封勝利を挙げる。

大家友和


前半戦を5勝4敗、防御率3.62、WHIP1.32で折り返し、9月5日のシンシナティ・レッズ戦で10勝に到達。与四球率も移籍後は1.99と復調した。この年が大家にとっ10勝以上した最後の年になった。

その後、07年トロント・ブルージェイズで2勝5敗。09年クリーブランド・インディアンスで1勝5敗。この頃にはリリーバーとして起用されることが多くなった。10年にNPBの横浜ベイスターズと契約。独立リーグでもプレイした。

41歳ナックルボーラーとして再起をかけた大家は16年10月2日にメジャーリーグの公開トライアウトを受け、12月15日にマイナー契約を結び、AAA級ノーフォーク・タイズに配属された。マイナーキャンプにも参加したが17年3月28日に自由契約となった。

何か味わい深い侍メジャーリーガーだ。そうか、大家友和というメジャー51勝(NPB8勝)を挙げた投手がいたことを忘れていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/29 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド