メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0717

【ASG2018】ホームランダービーはB.ハーパーが雪辱  

 


オールスターゲーム前日に行われたホームランダービー。

顔ぶれを見ると若手が中心。 ナショナルズの地元開催ということでブライス・ハーパーが2013年以来5年ぶり2度目となる参戦。その他の7選手はいずれも初出場で、平均年齢26歳、実質メジャー2~3年という売り出し中の選手が多い。

右打者4人、左打者4人。ナ・リーグ7人、ア・リーグ1人。


m8jJ3I4Y.jpg 


出場選手8名は対戦順。①はシード順位、()はレギュラーシ-ズンでの本塁打数。

【1回戦】

①ヘスス・アギラール(ブルワーズ24本)
ベネズエラ出身、5年目の28歳。昨年レギュラーの座を勝ち取り、すでにキャリアハイの24本を記録している。前半戦のナ・リーグ本塁打王。
⑧リーズ・ホスキンズ(フィリーズ14本)
25歳。フィリーズからは14年ぶりの出場選手。昨年8月にデビューして18本をマークした。



②アレックス・ブレグマン(アストロズ20本)
3年目の24歳。彼も昨年19本だったから、前半戦でキャリアハイをマークしている。
⑦カイル・シュワーバー(カブス18本)
4年目だが、2年目の開幕直後に外野の守備で大ケガをしてほぼ1年を棒に振ったので実質3年目の25歳。



③ブライス・ハーパー(ナショナルズ23本)
メジャー7年目でオールスター選出5回のスーパースター。25歳、今季終了後にFAになり、来季は、どこのユニフォームになるか注目の選手。前回のホームランダービーでは決勝で敗れた。
⑥フレディ・フリーマン(ブレーブス16本)
28歳。オールスターのリーグ最多得票。ブレーブス前半戦躍進の中心選手。



④マックス・マンシー(ドジャース22本)
3年目だが、フル出場はなく、今季もマイナー契約で途中からメジャー昇格した27歳。74試合でチーム最多の22本を記録した。
⑤ ハビアー・バイエズ(カブス19本)
25歳。 カブスの二塁手。身体能力の高い選手で、フィールディング・バイブル・アワードを2回受賞している守備の名手でもある。


【ルール】
1ラウンド4分間で、その間に何本打つかで競う。途中45秒間の休憩がとれる(決勝では45秒と30秒の2回)。飛距離440フィート(134m)以上を2本記録すれば30秒延長される。



1回戦では第1シードのアギラールと第8シードのホスキンズの対戦で17本を放ったホスキンズが勝ち上がった。第4シードのブレグマンと第5シードのシュワーバーの対戦は、シュワーバーが16本で、ブレグマン15本で、やはり、長距離ヒッターのシュワーバーに分があったようだ。

第3シードのマンシーと第6シードのバイエズの対戦は、バイエズ16本、マンシー17本でマンシーが勝ち、第2シードのハーパーと第7シードのフリーマンの対戦は、13本対12本でハーパーが勝った。



DiRgWd0UwAAg8Tx.jpg


セミファイナルは、シュワーバー21本で20本のホスキンズを退けた。もう1つのセミファイナルはハーパーが、マンシーを13本対12本で下し、決勝はハーパーが19本対18本でシュワーバーを制してセスペデスに敗れた前回の雪辱を果たした。

ハーパーの投手役は前回同様、父親ロン・ハーパーさんが務めた。8人の選手で合計、221発の花火が首都ワシントンの夜空を彩った。



 今回のホームランダービーは本塁打部門トップのJ.Dマルティネス(レッドソックス29本)やマイク・トラウト(エンゼルス25本)ら上位5選手が辞退。また、昨年の覇者であるアーロン・ジャッジ(ヤンキース25本)も出場を辞退するなど役者不足の感があった。

せめて、夏の移籍が話題のマニー・マチャド。ロッキーズのノーラン・アレナド、レッドソックスのムーキー・ベッツなど、ここまで20本以上の選手たちが出場して欲しかった。



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/07/17 Tue. 12:03 [edit]

CM: --
TB: --
   

0713

MLBホームランダービーは若手の競演!地元のB.ハーパーが5年ぶり出場  




MLBオールスターゲーム前日に行われるホームランダービー出場者が発表された。

顔ぶれを見ると若手が中心。現地11日終了時点で本塁打部門トップのJ.Dマルティネス(レッドソックス28本)やマイク・トラウト(エンゼルス25本)ら上位選手は辞退している。

また、昨年の覇者であるアーロン・ジャッジ(ヤンキース25本)も出場を辞退している。


Dh6dSiKXUAAkHo5.jpg


ナショナルズの地元開催ということでブライス・ハーパーが2013年以来5年ぶり2度目となる参戦。その他の7選手はいずれも初出場で、平均年齢26歳、実質メジャー2~3年という売り出し中の選手が多い。

せめて、夏の移籍が話題のマニー・マチャド。ロッキーズのノーラン・アレナド、レッドソックスのムーキー・ベッツなど、ここまで20本以上の選手たちが出場して欲しかった。


出場選手8名はシード順の高い順に

m8jJ3I4Y.jpg 

ヘスス・アギラール(ブリュワーズ23本)
ブライス・ハーパー(ナショナルズ22本)
マックス・マンシー(ドジャース21本)
アレックス・ブレグマン(アストロズ19本)
カイル・シュワーバー(カブス17本)
ハビアー・バイエズ(カブス18本)
フレディ・フリーマン(ブレーブス16本)
リーズ・ホスキンズ(フィリーズ14本)



1回戦では第1シードのアギラーと第8シードのホスキンス、第2シードのハーパーと第7シードのフリーマン、第3シードのマンシーと第6シードのバイエズ、第4シードのブレグマンと第5シードのシュワーバーが対戦する。


※トーナメント表におけるシード順は日本時間7月11日時点での本塁打数により決定。同数の場合は同6月16日以降の本塁打数が多い選手が高いシード順を得る。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/13 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

今オフ、ブライス・ハーパーはどこのユニフォームを着るのか!?  

 


 ちょっと気が早いかもしれないが、2018-19シーズンオフにFAとなる選手たちのパワーランキングを「MLB TRADE RUMORS」が特集していたので紹介したい。

2017-18オフシーズンのFA市場で、契約が成立した上位50名は、契約年数、契約総額の両面だけで比較しても過去に例のない低レベルで、しかもスローペースだった。


Da9jNUeXkAATnDL.jpg


2018-19のFA市場は、ブライス・ハーパー外野手、マニー・マチャド内野手のトップ2に加えて、現在、メジャーNO.1の左腕クレイトン・カーショーも残りの契約(3年1億500万ドル)を破棄してFAを選択する可能性が高い。

そんな状況下で、史上最高となるような大型契約が成立する可能性もあると予想され、その事が冷え切ったFA市場の一因となったのかもしれない。

各球団とも次の年に備えて「軍資金」を残しておきたいからだ。


ハーパー


【2018-19 MLBフリーエージェントのパワーランキング】

1. ブライス・ハーパー
2. マニー・マチャド
3. クレイトン・カーショー
4. ジョシュ・ドナルドソン
5. クレイグ・キンブレル
6. パトリック・コービン
7. ダラス・カイケル
8. ブライアン・ドージャー
9. AJポロック
10. エルビス・アンドラス


(4月下旬のパワーランキング)


 ブライス・ハーパーがトップだが、ファンラグスポーツのジョン・ヘイマン氏によれば彼を狙っているチームは7球団あるという。

ヤンキースは、ハーパーの家族がヤンキースファンで、以前からヤンキースが大金をはたいて獲得するという噂があったが、その後、ジャッジが登場し、スタントンを獲得したチームには外野手があふれている。

右のホームランバッターばかりで左打ちのハーパーを加えれば、凄い打線になることは間違いないが、三塁手にスターがいない上に遊撃手のディディ・グレゴリウスが19年までしかコントロールできない状況を考えるとマッチするのは、マニー・マチャドだろう。


C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg 


ドジャースの方が、むしろマッチするというのがジョン・ヘイマン氏の見立てだったが、状況は変わった。

ドジャースの三塁にはジャスティン・ターナー、遊撃にはコーリー・シーガーがいたため、逆にマニー・マチャドはマッチしないと考えらていたが、シーガーがトミー・ジョン手術で今季は無理で、早くても来季の後半復帰という見込み。このシーガーの抜けた穴をマニー・マチャドで埋めるという可能性も考えられる。

ただ、マチャドは、この夏のトレードで動く可能性が高い。その争奪戦にドジャースが加わる可能性もある。

ドジャースはエース左腕カーショーがオプトアウトした場合に引き留め工作には多額の資金が必要だから、ハーパーをドジャースが狙いに来る可能性は低い気がする。

ジョン・ヘイマン氏によるとドジャースのスタン・カステン球団社長は、ナショナルズ時代にハーパーを指名した経緯があるという。

その後もハーパーの家族とコンタクトを継続している。ナショナルズがロサンゼルスに来ると、ラスベカスからやってくるハーパーの両親と会っているらしい。

ジャイアンツは、ハーパーのホームタウンであるネバダ州から近い。今季獲得のアンドリュー・マカッチェンがFAとなるため外野手の補強を必要とするチームのニーズに合う。

レッドソックスは、ハーパーと同じスコット・ボラス氏が代理人のJ.D.マルティネスと大型契約を結んだ。

ほかにフィリーズカブス、再契約を望むナショナルズなども可能性があるらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/05/29 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0420

2018-19 MLBフリーエージェントのパワーランキング  




ちょっと気が早いかもしれないが、2018-19シーズンオフにFAとなる選手たちのパワーランキングを「MLB TRADE RUMORS」が特集している。

2017-18オフシーズンのFA市場上位50名は、契約年数、契約総額の両面だけで比較しても過去に例のない低レベルで、しかもスローペースだった。

Da9jNUeXkAATnDL.jpg


2018-19のFA市場は、ブライス・ハーパー外野手、マニー・マチャド内野手のトップ2に加えて、現在、メジャーNO.1の左腕クレイトン・カーショーも残りの契約(3年1億500万ドル)を破棄してFAを選択する可能性が高い。

そんな状況下で、史上最高となるような大型契約が成立する可能性もあると予想され、その事が冷え切ったFA市場の一因となったのかもしれない。

各球団とも次の年に備えて「軍資金」を残しておきたいからだ。


ハーパー


【2018-19 MLBフリーエージェントのパワーランキング】

1. ブライス・ハーパー

2. マニー・マチャド

3. クレイトン・カーショー

4. ジョシュ・ドナルドソン

5. クレイグキンブレル

6. パトリック・コービン

7. ダラス・カイケル

8. ブライアン・ドージャー

9. AJポロック

10. エルビス・アンドラス



ファンラグスポーツのジョン・ヘイマン氏によればブライス・ハーパーを狙っているチームは7球団あるという。

ヤンキースは、ハーパーの家族がヤンキースファンで、以前からヤンキースが大金をはたいて獲得するという噂があったが、その後、ジャッジが登場し、スタントンを獲得したチームには外野手があふれている。

右のホームランバッターばかりで左打ちのハーパーを加えれば、凄い打線になることは間違いないが、三塁手にスターがいない上に遊撃手のディディ・グレゴリウスが19年までしかコントロールできない状況を考えるとマッチするのは、マニー・マチャドだろう。


C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg 


ドジャースの方が、むしろマッチする。ドジャースの三塁にはジャスティン・ターナー、遊撃にはコーリー・シーガーがいるため、逆にマニー・マチャドはマッチしない。しかも、カーショーがオプトアウトした場合に引き留め工作には多額の資金が必要だ。

ジョン・ヘイマン氏によるとドジャースのスタン・カステン球団社長は、ナショナルズ時代にハーパーを指名。

その後もハーパーの家族とコンタクトを継続している。ナショナルズがロサンゼルスに来ると、ラスベカスからやってくるハーパーの両親と会っているらしい。

ジャイアンツは、ハーパーのホームタウンであるネバダ州から近い。今季獲得のアンドリュー・マカッチェンがFAとなるため外野手の補強を必要とするチームのニーズに合う。

レッドソックスは、ハーパーと同じスコット・ボラス氏が代理人のJ.D.マルティネスと大型契約を結んだ。

ほかにフィリーズカブスと再契約を望むナショナルズなどが可能性があるらしい。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/04/20 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

ナショナルズが地区優勝 2年連続5度目 ストラスバーグが8回10奪三振で13勝目  



メジャーリーグは残り20試合を切ったが、ナ・リーグ(NL)東部地区のワシントン・ナショナルズが10日(日本時間11日)、フィラデルフィア・フィリーズを3対2で破り、地区2位のマイアミ・マーリンズが敗れたため、2年連続5度目の地区優勝を決めた。

88勝55敗(勝率.615)。両リーグの計6地区で最速の地区制覇になった。2位に20ゲーム差をつける独走からの地区制覇だった。

ナショナルズは、この日、8回を投げて無失点、10奪三振で13勝目(4敗)を挙げたスティーブン・ストラスバーグやエースのマックス・シャーザー(14勝5敗、防御率2.32)、ジオ・ゴンザレス(14勝6敗、防御率2.50)の3人を軸にリーグ3位の投手陣がチームをけん引した。

シーズン当初に新クローザーとして指名したブレイク・トレイネン投手が安定せず、結局10人の投手がセーブを記録するというシーズンで、リリーフ陣の防御率4.66はリーグ14位(MLB28位)。

このためオークランド・アスレチックスからショーン・ドゥーリトルとライアン・マドソン、ミネソタ・ツインズからブランドン・キンツラーのリリーバー達を途中で補強している。

打撃陣はブライス・ハーパー外野手を中心に、ライアン・ジマーマン一塁手、ダニエル・マーフィー二塁手、アンソニー・レンドン三塁手など3割打者が4人(規定打席以上)。リーグトップの得点力、打点、リーグ2位の打率.269で、投打がかみ合った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/11 Mon. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

トラウトが誕生日に1000本安打、ハーパー150本塁打到達  




MVP2度受賞の若きスパースター、マイク・トラウトが自らのバットで26歳の誕生日を祝福した。

DGrS2dDUQAAtjaf_convert_20170809060710.jpg


トラウトはホームのエンゼルス戦に「2番センター」で出場。4回の第2打席にオリオールズの24歳右腕ディラン・バンディ投手からレフト線の2塁打をマークして1000本安打を達成した。

さらに、6回にもバンディから23号本塁打をマーク。この日は、自身の26歳の誕生日だった。



今季のトラウトは、打率.346、OPS1.180、23本塁打、52打点、23盗塁。4月は月間MVPを獲得するなど好調だったが、5月28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷退場。MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。7月14日の復帰まで約7週間、戦線離脱していた。

復帰後は、二塁打1本、本塁打3本と長打力に負傷の影響があったが、8月に入って7試合で4本塁打と、完全復活したようだ。


同じ日、ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が、マーリンズ2番手のオドリサメル・デスパイネ投手から29号ソロアーチ。

この一発で通算150本塁打に到達。24歳295日での通算150本塁打はマイク・トラウトと同じだった。過去に25歳未満で150号に到達したのはハーパー選手で14人目。あまりピンと来ないかもしれないが、11位タイの若さらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0806

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ナショナルズ編》  

 


ドラフト全体1位指名コンビの先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーが主力に成長した2012年に地区優勝して以来、3度の地区制覇(12年、14年、16年)と黄金期を迎えているワシントン・ナショナルズ。

しかし、期待されながら過去3回は地区シリーズどまりで、チャンピオンシップまで進めない状況が続いている。しかも、そうした若手も契約更改を数年後に控え、残された時間も少ない。

同地区のメッツも若手投手陣が驚異になり、西海岸のロサンゼルス・ドジャースは近年にない戦力が充実している。

そんな中、どんな補強をしたのかを見ていきたい。

《獲得選手》
RP ショーン・ドゥーリトル
RP ライアン・マドソン
INF/OF ハウィー・ケンドリック
RP ブランドン・キンツラ-


ナ・リーグ東部地区で4回目の制覇は問題がない状況だが、ジョー・ロスが今季絶望となり、スティーブン・ストラスバーグも10日間のDL入りで、リーグトップクラスの先発ローテも陰りが見え始めた。

ただ、懸案事項だったブルペンは3人を補強。シーズン当初からクローザーの選択に失敗し、防御率でMLB29位と低迷するブルペンを強化した。

クローザーにはツインズから28セーブの33歳ブランドン・キンツラ-を獲得したが、やや迫力不足といった感じ。他の選手も全員30代でチームに足りない経験を加えたという感じだが、ヤンキースやドジャースの補強と比べたら見劣りする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/06 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0715

【ASG2017】球界きっての伊達男B.ハーパーが魅せたスーパープレイと友情  




今年のMLB最多得票は、ナショナルズの若きスーパースター、ブライス・ハーパー外野手。ホームランダービーに出場せずにがっかりさせたが、来年の「第89回MLBオールスターゲーム」はナショナルズのホームで開催されるので出場の期待は高まる。

そのハーパー、第1打席でア・リーグの先発クリス・セールからレフト前に詰まりながらも渋いヒットをマーク。2打席目は四球を選んでドジャースの新人コディ・ベリンジャーと交代した。



打撃では見せ場は無かったが、2回の守備では見せてくれた。

2回2死、ランナーは一塁。投手は変則リリーバーのパット・ネシェック。打者は、サルバドーレ・ぺレス。右中間にヒット性の打球が上がると右翼のハーパーが果敢なダイビングキャッチ。

このスーパープレイで相手の先取点を阻んだハーパーだが、このキャッチは、スタットキャストによる計測で、ルート効率97.8%。通常、MLB平均で88.1%だからハーパーの守備における能力の高さを見せつけたシーンだった。

ASG2017


ハーパーはこの試合で、昨年亡くなった今年の開催地マーリンズのエース、フェルナンデス投手が描かれたスパイクを着用。「出来るだけ一緒にオールスターに出て、彼が若い間に出来るだけ投げる姿が見たかった」とハーパーは、かつてのライバルの早すぎる死を悼んだ。

長髪をなびかせてプレイする伊達男が魅せたプレイと友情。いろんな見せ場があったオールスターだった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/07/15 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0528

ナッツ首位独走中!ストラスバーグがキャリアハイの15奪三振で6勝目   




ワシントン・ナショナルズは現地27日、地元でサンディエゴ・パドレスと対戦。先発スティーブン・ストラスバーグ投手がキャリアハイとなる15奪三振を記録する活躍をみせ、3対0で勝利した。

ナッツはマイケル・テイラー外野手の4号2ランなどで6回までに3点を奪取。パドレスにそのまま得点を許さずに逃げ切った。

ストラスバーグは7回108球(ストライク76球)、3安打、1四球、15奪三振、無失点で今季6勝目(1敗)を挙げた。これで防御率2.94。

5月は5先発で4勝、防御率2.78。前回登板のアトランタ・ブレーブス戦でも7回2/3を2失点、11奪三振と快投。調子が上がってきたようだ。

ストラスバーグ15K


これでナ・リーグ東部地区で30勝一番乗り、2位のブレーブスに7.5ゲーム差の首位独走中。

ナッツは、2012年に先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーのドラフト全体1位指名コンビが主力に成長。

球団史上初の地区優勝を達成した後は、5年間で3度地区優勝。同地区の盟主の地位を固めつつある。ただ、すべてポストシーズンは地区シリーズで敗退。ワールドシリーズ制覇を目指して16年からは名将ダスティ・ベイカー監督を招へいしている。

負けたパドレスは、昨日もナッツのマックス・シャーザーに13三振を奪われている。パドレスは06年の西部地区優勝以降、地区優勝もポストシーズン進出もなく低迷期が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/28 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0514

B.ハーパーが11号サヨナラ弾!来季の契約も2,162万ドルで合意  



ワシントン・ナショナルズの若き主砲ブライス・ハーパーが現地13日、本拠地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦でサヨナラ11号本塁打を放った。

9回裏、2死一塁の場面で、6人目のエドブレー・ラモス投手の0-1からの2球目(95.1マイルのフォーシーム)をセンターに叩き込んだ。サヨナラ弾はこれで自身5本目となった。



この日、ブライス・ハーパー外野手はナショナルズと2018年の年俸2,162万5,000ドル(約24億5,000万円)で合意したことが報道されていた。

これはフリーエージェント(FA)ではない選手としては1年あたりの史上最高額で、MLB.comによれば、この契約には「最優秀選手賞」を受賞した場合に100万ドルのインセンティブなどが付くという。

今季は1,362万5,000ドル(約15億4,000万円)で年俸調停を回避していた。

ハーパーは2012年にメジャーデビューすると、2015年には打率.330、42本塁打、99打点をマークし、史上3番目の若さ、満票としては史上最年少でナ・リーグ最優秀選手に選出された。

しかし、16年はマークされたうえ、1試合6四球や5月に月間33四死球と勝負を避けられ続け、打率.243と調子を崩した。それでも出塁率.373、長打率.441、OPS.814、盗塁21、敬遠はリーグ最多の20だった。

今後、メジャーリーグの顔として活躍しそうな24歳の若者が、記録にも記憶にも残る「母の日」のメモリアルアーチをかけた。母のシェリーさんにとっては、いろんな意味で親孝行の息子と言えそうだ。

ちなみに彼は、18年シーズン終了後にFAになるが、ここでも紹介したとおり、ヤンキースの主砲として大型FA契約が噂されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/14 Sun. 18:57 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド