メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1214

羽生結弦が完全復活!連覇は日本男子で初!!男子フィギュアスケート  


「今スケートができることが一番の幸せ」


スペインのバルセロナで行われたフィギュアスケートのグランプリファイナル、男子シングルで羽生結弦が優勝し、日本男子で初めて大会2連覇を果たしました。

今シーズンのグランプリシリーズの上位6人が出場するこの大会で、羽生は前半のショートプログラムでトップに立ち、13日に行われた後半のフリーに臨みました。

フリーでは、演技後半の3回転ジャンプで転倒しましたが、それ以外のジャンプは2種類の4回転を含めてすべて成功させ、滑らかなスケーティングや表現力でも高い評価を受け、羽生自身が

「優勝よりも自分の演技ができたことの方がうれしい。ほぼ完璧だった。ファン、チーム、関係者のサポートがあってこの結果になった。存分に体を使える幸せを感じた。今スケートができることが一番の幸せ」とコメントしたように、ほぼ完璧な内容でした。

フリーでマークした194.08は、去年の同大会でマークした自己ベストを更新し、トータルで今シーズン世界最高となる288.16、この大会では日本男子で初めて2連覇を果たしました。

羽生は、先月8日の大会でほかの選手と衝突して両足や顔などをけがし、先月末のNHK杯は4位に終わりましたが、グランプリファイナルで本来の強さを取り戻しました。

2位はスペインのハビエル・フェルナンデス、3位はロシアのセルゲイ・ボロノフでした。無良崇人は合計235.37で5位、前半2位だった町田樹はフリーで振るわず合計216.13で6位に終わりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/12/14 Sun. 12:45 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1128

がんばれ羽生!でも無理したらアカンで結弦君 フィギュアNHK杯きょうから大阪で  



フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯が28日開幕するのを前に、ケガの影響が心配されながら出場を決めた羽生結弦選手など日本選手が最終調整に臨みました。

練習は、本番のリンクで午前と午後の2回ずつ行われ、羽生選手は、午前はリンクに姿を見せず午後のみ参加。観客席の一角で音楽を聴きながら振り付けを確認したあと、40分間リンクで滑りました。


羽生選手はフリーの曲をかけて練習しましたが、大技の4回転ジャンプは2回とも失敗し、曲が終わったあと何度も跳んで感覚を養っていました。このほか、男子シングルでは、グランプリシリーズカナダ大会で優勝した無良崇人選手と、NHK杯に2年ぶりに出場する村上大介選手もジャンプを中心に練習しました。

NHK杯は28日から30日まで、大阪・門真市のなみはやドームで開かれます。


○・・・羽生「今できる最高の演技を」

会見で羽生選手は、出場を決めた理由について、「(練習を)徐々にやっていくにあたって、ちょっとずつ感覚が戻った。最終的には(大阪入りして)現地で滑って、感覚的には普通の状態に近いと判断した。(中国杯では)米国のドクターが診断してくれて、ファイナルに行きたいという意思を尊重して滑らせてもらった。それを無駄にしたくなかった。」と明かしました。

さらに、SPは最初に4回転、後半に3回転半、3回転-3回転という構成も紹介しながら「万全な状態ではないので、演技構成のレベルを少し下げて臨む。しかし、今、自分ができる最高の演技をしたい」と意気込みを語ってくれました。

無理すんなよ羽生君。いつも勇気を、ありがとうね。
泣






ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2014/11/28 Fri. 11:58 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0225

浅田真央、現役続行「ハーフハーフ」 羽生「被災地の方々に寄付したい・・・」  




真央ちゃんの現役続行未定
羽生らメダリストが帰国会見


ソチオリンピックの選手団が帰国し、東京・高輪の高輪プリンスホテルで記者会見しました。
 
2/22日にもお伝えしましたが、五輪後の世界選手権
(3月26~29日・さいたまスーパーアリーナ)については、「出場します」と明言した浅田真央

メダルが絶望的になるなかで臨んだフリーで、SPの悪夢を振りはらう会心の演技を見せ、フリーでは
自己ベストとなる142.17点で3位。総合で前日の16位から6位まで大きく順位を上げ、日本中の期待に応えた。

記者会見では、
「あきらめなければ自分が目指すものは得られるんだと改めて感じた。今後の人生に生きてくると思う」と感慨深そうに話しました。

注目が集まる今シーズン限りで現役を引退するかどうかについては、

「来月の世界選手権で最高の演技をしたあとで、自分の気持ちと向き合って将来を考えたいと思います」
と述べて、これから判断する考えを改めて示しました。

現役を続ける可能性について重ねて問われると「ハーフハーフです」と応え、現役続行と引退の
可能性は未定であるとの考えを示しました。


 一方、東京・高輪の高輪プリンスホテルで記者会見した五輪選手団のなかで、金メダルを獲得したフィギュアスケート男子の羽生結弦は、

「見ている方々に、何かを伝えられたかなと思います。最高の結果を持って帰れたことも誇りに思います。ただ、課題も残した。五輪チャンピオンの肩書を、しっかり背負えるような強い選手になりたい。報奨金は、被災された方々への寄付や、スケートリンク(建設)への寄付などに使いたいと思う。」とコメントした。

○関連記事
スゴイ!浅田真央、驚異の視聴率。来月の世界選手権は「出場します」




お手数ですが、応援ポチお願いします。

関連記事

Posted on 2014/02/25 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド