メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0208

NFL スーパーボウルを支える日本の映像技術に拍手!  




NFLの第49回スーパーボウルの視聴率は史上最高の49.7%を記録した。これまでの最高だった2013年の48.1%を上回り、2005年の第39回大会(41.1%)以来、多少の増減はあるものの右肩上がりの上昇曲線で、驚異の数字だ。

ベースボールのMLBワールドシリーズ2014の平均視聴率8.2%、バスケットボールのNBAファイナル同9.1%と比べてみてもいかに凄い数字であるかが分かる。

映像も素晴らしかった。何度も見たが、あらゆる角度から選手の動きや表情を捉えた映像は、スポーツの醍醐味を余すところなく伝えていた。

super-bowl_5.jpg


その全米最大のスポーツイベントを日本の技術(ソニーの業務用カメラ)が伝えたという。

これは一昨年の話だが、放送権を持つFOXスポーツでは70台以上のカメラを導入した。55台はスタジアム内に設置され、20台はスタジアム周辺(メットライフ・スポーツ・コンプレックス)にショルダーカムなどで用いられた。肩に担ぐタイプだ。

また赤外線カメラ、14台の無人カメラ、8台のハイスピードカメラ、フライカム、飛行船カムやWWOR-TVのビル屋上に設置したカメラから超高/ワイドショットも行った。

140110_a.jpg 

映像の専門サイトなどをみていると6台のソニー4Kカメラ(F55×5、F65×1)からの高解像度映像を駆使、選手たちの微妙な表情まで身近にいるように捉えることができる独自のスーパーズーム技法を披露した。

全体的なフィールドショットを得るために、各サイドラインに2台、エンドゾーンに無人カメラとして2台、そしてエンドラインに2台を配置。高精細での信号であればズームインを重ねて行っても鮮明な映像が得られ、従来にはなかった超鮮明なシーンをリプレイできるという。

あのファーストダウンを判定するボールの先端を捉えた映像や試合の流れを左右する「チャレンジシステム」を支えているのは、日本製の業務用カメラだから胸を張りたい気分だ。

NFLを始めとしたスポーツ中継を面白くする日本の技術マンたちに拍手喝さいだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/02/08 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1016

リードオプションが1プレイで流れを変えた【Football Tactics】  




パンサーズ(黒いジャージのチーム)が、この1プレイで当時11勝1敗の強敵ファルコンズを沈めた瞬間です。

 

黄色い囲み(写真右端)の選手が、白の71番の動きを読みながら、自分がそのまま走るか?黒の34番ボールをハンドオフするか?選択しています

 
 
この場合、71番(赤丸囲み)は、の34番に引き付けられ内に入った瞬間、右端(黒の1番)の選手は34番ボールを預けずに矢印方向に自らが走り72ヤードを独走して勝利を手中にしました。

白の28番も黒の選手に見事ににブロックされていますww

黒の69番は目の前の相手に当たってからダウンフィールドの白56番をきれいにブロックしています。



49ersのQBキャパニックシーホークスのQBウイルソンが繰り出すリードオプションは、2年前のNFLに新たなトレンドをもたらしました。

キャパニックの母校、ネバダ大学が発祥の地といわれているピストルフォーメーション。KCチーフスもピストルの生みの親であるネバダ大HCクリス・オルト氏を今オフに招へいしました。

49ersはピストルでQBの左右にFBやTEを置くなどしてバリエーションも増やした。彼らがリードブロッカーとなればランプレイの威力が増し、レシーバーとなればQBのチェックダウンターゲットとなる。

「ピストル」に関してはジャパンタイムズ記者である生沢氏生沢コラムを参照して下さい。


アメフトボール 写真はNFPナショナル・フットボール・ポスト




2013年7月12日の記事の再ポストです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2015/10/16 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0507

3枚目のカードも欲しがるブラウンズ その背景には?【NFLドラフト2014】  





ブラウンズの動きにも注目!
 NFLドラフト2014


 
ドラフトが直前に迫り水面下での駆け引きが伝えられています。

その一つとして、今ドラフトで1巡指名権を2つ所有している(全体4位と26位)クリーブランド・ブラウンズが、トレードアップで、さらにもう一つのドラフト1巡指名権を狙っているという情報があります。

 NFL.comによれば『TheMMQB.com』のピーター・キング氏の情報としてブラウンズのレイ・ファーマーGMが、最低でも1チームと2巡指名権(全体35位)のトレードアップについて話し合ったという事です。

ブラウンズは、今ドラフトでクォーターバック(QB)を必要としているチームですが、この動きによって最初の2つの指名権をQB以外のポジションで使い、1巡の最終付近(26位以降)の3つ目の1巡指名権でQBを指名する可能性が浮上してきました。

 その背景には、NFL JAPAN.comでも紹介している「2011年ドラフト」の教訓が影響しています。

2011年にも4名のQBが1巡指名されましたが、パンサーズの全体1位指名のキャム・ニュートンだけが
チームの5年目オプションが行使されました。

残りの3名、
ブレイン・ギャバート(ジャクソンビル・ジャガーズ→49ers移籍)、
ジェイク・ロッカー(テネシー・タイタンズ)、
クリスチャン・ポンダー(ミネソタ・バイキングス)は、すでに戦力外や他チームに移籍。

ロッカーだけが正QBとしての可能性が残されている状態ですが、実績をみれば厳しい状態で、タイタンズは5年目のオプション行使を見送りましたこのままいけば、この3人は今オフにはFAになります。

 今季のドラフトで1巡指名される可能性のあるQBには、いずれも疑問符がついていて、評価もバラつきがあります。1巡でQBを指名するにしても順位はかなり下位にランクダウンするとの報道もあります。

ブラウンズは、リスクを避けて1巡(全体4位と26位)指名権を他のポジションに使い、おなじくQBを必要としているテキサンズ(2巡の1番目)の前に指名権を獲得できれば、QBをテキサンズより早く獲得できるという計算です。

 具体的には1巡最終32番目のシーホークスあたりが有力候補にあがっています。ピーター・キング氏によれば、次のオフシーズンでラッセル・ウィルソンリチャード・シャーマンの契約更新を控えるシアトル・シーホークスが、1巡指名を回避することによって年俸の節約を図るという意図があるようです。

 1月22日と2月13日の記事でもお伝えしましたが、今季7チームのHCが交代した中で、最後まで後任探しで難航したのがブラウンズ。2012年に新オーナーになり僅か1年でHC、CEO、GMが解任されるという事態に陥ったブラウンズですが、このドラフトでも何か波乱を予感させる情報です。

監督解雇の7チームの動向は?NFLレポート
NFL クリーブランド・ブラウンズが首脳陣を一新!




  
アメフトのくわしい情報や話題は↑

関連記事

Posted on 2014/05/07 Wed. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0411

パンサーズがセカンダリーを補強 同地区のSデクーと2年契約  

パンサーズ課題だったセカンダリーに厚み
 今後はWRやOLなど攻撃陣の補強に期待


 パンサーズは、同地区ライバルのファルコンズから解雇されたSトーマス・デクーと2年間の契約を結んだ。

 
29歳のデクーはファルコンズの2008年のドラフト3巡指名選手。ファルコンズで6年間プレイ。89試合に出場し、タックル375回、サック3回、パスディフェンス28回、インターセプト28回を記録。

2012年には自己最多のインターセプト6回を記録し、プロボウル出場を果たしたが、昨季は15試合に先発して44タックル、2パスディフェンスとルーキーイヤー以来、初めてインターセプトなしに終わった。

 パンサーズは今オフに、やはり同地区ライバルのニューオリンズ・セインツからSロマン・ハーパーをFAで獲得。同じくFA獲得のCBアントワン・ケイソン(チャージャース→カーディナルス)とアキレス腱断裂からの復帰となるSチャールズ・ゴドフリーらとセカンダリーを形成することになる。

 パンサーズは今季、DEグレッグ・ハーディをフランチャイズ指定して強力なフロントセブンを確保。守備陣で不安視されていたセカンダリー陣を一応補強したことになる。

一方で、長年チームの顔として攻撃を牽引してきたWRスティーブ・スミスらトップレシーバーを次々と放出。サラリーキャップは確保したが、その穴埋めができていない状況。

先日もイーグルスから解雇されたベテランWRジェイソン・アバントやレイブンズFAのTEエド・ディクソンと契約しているが、ドラフトも含めてWRや攻撃ラインの投資は必要だ。



お手数ですが、ポチっとお願いします。



関連記事

Posted on 2014/04/11 Fri. 18:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0320

パンサーズ QBニュートン離脱で今季もディフェンス頼みのチームに  


大黒柱ニュートンが足首の手術、WRもほとんどが流出


 パンサーズのQBキャム・ニュートンが痛めている左足首の手術を受けることになった。担当医によれば回復には4ヶ月かかる見込み。


サマートレーニングキャンプには参加できるが、機動力が武器のニュートンだけに、特にシーズン前半から中盤にかけてのパンサーズオフェンスには大きなビハインドになる。


 ニュートンは昨季、最終戦の49ナース戦で左足首を負傷。チームでは様子を見たが、痛みが引かないため、手術に踏み切ることを決断した。モバイルタイプのニュートンは、昨シーズンもチームで2番目の585ヤードのランをマークし、その脚力は対戦相手からすれば脅威の存在だ。

http://www.tsp21.com/jpgif/pblue.gif); background-color: rgb(0, 64, 240); color: rgb(255, 255, 255); padding: 5px 5px 5px 15px;">オフェンス成績
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 255); height: 27px; text-align: center;">
 トータルランパス
2013年26位316.8y11位126.6y29位190.2y
http://www.tsp21.com/jpgif/pblue.gif); background-color: rgb(0, 64, 240); color: rgb(255, 255, 255); padding: 5px 5px 5px 15px;">ディフェンス成績
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 255); height: 27px; text-align: center;">
 トータルランパス
2013年2位301.2y2位86.9y6位214.3y


 強肩でも知られているが、
パスはリーグでも32チーム中29位と迫力不足。ニュートンのパスターゲットになるはずのレシーバー陣もWRスティーブ・スミスをはじめ、ブランドン・ラフェル、テッド・ギン、ドメニク・ヒクソンらが他チームへ流出している。

一新するレシーバーたちとサマーキャンプだけでパスオフェンスを構築できるか?攻守のバランスが悪い状況が予想される。ニュートンの出遅れはチーム全体の戦力に大きな影響を与えそうだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/03/20 Thu. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0314

パンサーズがベテランWRスティーブ・スミスをリリース  





 長年チームの“顔”として活躍してきたカロライナ・パンサーズのベテランWRスティーブ・スミスの解雇をチームの公式サイトが伝えています。












NFL.comによれば、スミスとの契約が2016年シーズン終了まで残るパンサーズは、デーブ・ジェトルマンGMがジャイアンツのWRアキーム・ニックスとの交換トレードを模索していたが成立しなかったようです。

スミスは2001年のドラフト3巡指名で入団以来、パンサーズひと筋に13年間プレイ。
プロボウルに5回選出され、通算12,197ヤードはチーム記録となっています。

今年35歳になるスミスは、当然ながらスピードの衰えはあるものの昨シーズンには、TEグレッグ・オルセンに次ぐレシーブ64回、745ヤードを記録しています。


 ロサンゼルス生まれのスミスは、2011年にもチャージャースが獲得を画策した経緯があり、パンサーズで引退しないのならレシーバー陣の補強ニーズが高いチャージャースへの移籍も実現するかもしれない。




 ブログランキング・にほんブログ村へ

お手数ですが、応援ポチお願いします。
関連記事

Posted on 2014/03/14 Fri. 07:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0228

NFLパンサーズひと筋11年 ジョーダン・グロスが引退決意!  


 今季、大方の予想に反してNFC南地区を制したパンサーズのオフェンスラインの要、LTジョーダン・グロスが引退を決意した。

プロ入り11年目、33歳のグロスは2003年のドラフト全体8位指名でパンサーズ入り。1年目からレギュラーに定着し、過去11年間で欠場した9試合を除き167試合に先発出場している。(チームの最多記録らしい)

 フットボールファンなら誰でも知ってることだが、5人がセットするオフェンスラインの中で、最も屈強で大型選手が布陣するのが左のタックル(LT)というポジション。右利きのクォーターバックのブラインドサイドに位置することから、パスを多用するNFLのオフェンスでは、キーになるポジションと言ってもよく、その重要性は高まっている。


グロスは、LTとして今季、リーグで3番目に高い評価を受けており、キャリア通算3回目のプロボウル(オールスター)にも選ばれている。忘れもしないジョン・フォックス監督(現ブロンコス監督)のもと、ルーキーイヤーには第38回スーパーボウルへ出場している。

 パンサーズはサラリーキャップに1200万ドルほどしか余裕がないという報道もあり、今季FAになるチームのサックリーダーで4年目のDEグレッグ・ハーディ
15.0サック)の契約延長(引き止め策)も影響したようだ。

しかしながら、パンサーズのロスターにはグロスの穴埋めとなる選手がおらず、サラリーキャップの制限上、大物をFAで獲得することは困難で、次のドラフトを含めてオフェンスラインへの投資が検討課題になる。


関連記事

Posted on 2014/02/28 Fri. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0218

NFL2014シーズンの対戦相手とスケジュール強度は?  


 
 先日、スーパーボウルが終わったばかりのNFLだが、既に来シーズンに向かって始動している。


2014年シーズンの対戦相手は既に昨年末に発表されており、今季、ブロンコス(13勝3敗)、チーフス(11勝5敗)、チャージャース(9勝7敗)と3チームがポストシーズンに進出したAFC西地区とスーパー制覇のシーホ-クスなどが所属するNFC西地区が対戦するスケジュールになっている。

 ということは、レギュラーシーズンでスーパーボウルの再現になるシーホークス対ブロンコスの再戦も実現する。この場合、ESPNを参考にすれば、シーホークスのホームで対戦する予定で、スーパーを制したチームが開幕カードになることが多いNFLでは、ブロンコスシーホークの開幕カードが予想される。昨年のレイブンズのような不運がない限り、シアトルのクウェスト・フィールドで開催されるので、対戦相手は戦いにくいだろう。

その他、個人的に楽しみなカードとしては、

ランボーフィールドでのペイトリオッツ@パッカーズ
ブロンコス@ペイトリオッツ
パッカーズ@シーホークス
シーホークス@パンサーズ
シーホークス@チャージャース
チャージャース@49ers
レイブンズ@セインツ
コルツ@ブロンコス
などがあるが、

テキサスダービーとしてダラスでのテキサンズ@カウボーイズもある。

 下記は、今季の勝率から算出した来季の対戦カードのスケジュール強度だが、サッカーのようにNFL32チームが、総当りしない以上、どのチームと対戦するかは、きわめて重要。ややラクな日程だと感じていたチームが16試合で12勝、13勝することは良くあるパターンだ。

とはいっても、これは、あくまでも目安で、選手寿命の短いNFL。FA補強やドラフト、開幕前の負傷による戦力ダウンなど、刻一刻とチームのパワーバランスが変化するので参考程度にしかならないのも事実だ。

  1. レイダース         .578
  2. ブロンコス         .570
  3. ラムズ               .564
  4. チャージャース   .563
     49ers                .563
  5. シーホークス      .561
  6. チーフス            .559
  7. カーディナルス   .547
  8. ジェッツ            .520
  9. ペイトリオッツ   .516
  10. ファルコンズ      .512
  11. ドルフィンズ      .508
  12. パッカーズ         .504
  13. ビルズ               .500
  14. ベアーズ            .496
  15. ライオンズ         .492
  16. レッドスキンズ   .490
  17. カウボーイズ      .488
  18. バッカニアーズ   .484
  19. イーグルス         .479
  20. バイキングス      .477
  21. パンサーズ         .473
  22. ベンガルズ         .469
    セインツ               .469
    スティーラーズ      .469
  23. ブラウンズ         .465
  24. ジャイアンツ      .465
  25. レイブンズ         .461
  26. ジャガーズ         .453
  27. テキサンズ         .441
  28. タイタンズ         .438
  29. コルツ               .430

参考:ESPNのSOS

お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/02/18 Tue. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1225

シャーロットの歓喜!劇的な逆転TDパス!パンサーズがPO進出決める  



試合が終わったあとのノースキャロライナ州シャーロットの空は晴れ渡っていた。
カロライナ・パンサーズが17対13で逆転勝ちを収めて11勝4敗とし、プレイオフ出場権を獲得した。


パンサーズは2週間前にニューオリンズでセインツに13対31で完敗していた。

ホーム開催のこの日は、自慢の守備陣がマイクLB
キークリー、ベテランのデービスブラックバーンを中心にリアクションのいいプレーを連発。鬼神キークリーは獅子奮迅の24タックル。デービスとの連動する多彩なブリッツで2人で2インターセプトを奪いNFL屈指のエリートQBブリーズを翻弄した。

随所にでたビッグプレー。同地区対決のウラの読み合いも想像力をかり立ててくれた。

第3QにFGを追加して10対6とリードしたパンサーズは、第4QにセインツのTEジミー・グレアムに5ヤードのTDレシーブを許し、10対13と逆転されてしまう。この時、オフェンスは抑えこまれ、3アンド・アウトを繰り返しゲームは敗戦ムード。

 ところがQBキャム・ニュートンが試合残り1分を切ってからの奇跡のドライブ。パッツのブレイデイなら、ブロンコスのマニングなら不思議ではないが・・・65ヤードをわずか32秒で前進。最後は「87番って誰?」みたいなWRドメニク・ヒクソンに14ヤードのTDパスをヒット! 

 セインツのロブ・ライアンDCの繰り出す「ゾーン・ブリッツ」は手の内を研究されてパンサーズにケアされていた。

第3Q残り8分過ぎからのスコールのような低気圧も通過して、第4Qの終盤にはニュートンのまさかのタッチダウンレセプションをお膳立てした。

 次週は、アウェイで同地区のファルコンズとの対戦。
アウェイでは2007年9月23日以来、勝てていないだけに、ポストシーズンに向けてモチベーションアップには、絶好の対戦相手といえる。



ブログランキング・にほんブログ村へ
←お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/12/25 Wed. 07:52 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1202

NFL 13週パンサーズ、イーグルス好調。ブロンコス、コルツも同地区対決にV  




「感謝祭」ゲームの3試合は、想定内の展開で
スティーラーズ@レイブンズも大方の予想通りもつれたゲームになりました。(詳しいスタッツはNFL.COMで。このブログの【ブックマーク】にESPNの順位表もあります)


WEEK 13
2013年 11月 28日 木曜日
パッカーズ10-40ライオンズ
レイダーズ24-31カウボーイズ
スティーラーズ20-22レイブンズ
2013年 12月 1日 日曜日
ドルフィンズ 23vs 3ジェッツ
バッカニアーズ 6vs 27パンサーズ
カーディナルス 21vs 24イーグルス
ジャガーズ 32vs 28ブラウンズ
ベアーズ 20vs 23ヴァイキングス
タイタンズ 14vs 21コルツ
ブロンコス 35vs 28チーフス
ファルコンズ 34vs 31ビルズ
ラムズ 13vs 2349ナース
ペイトリオッツ 34vs 31テキサンズ
ベンガルズ 17vs 10チャージャース
ジャイアンツ 24vs 17レッドスキンズ
2013年 12月 2日 マンデーナイト
セインツ vs シーホークス
※右がホーム






 AFC
は、ベンガルズが苦手のアウェイで勝利したことにより「感謝祭ゲーム」で負けたスティーラーズは地区優勝はもとよりワイルドカードの可能性もかなり低くなりました。ジャガーズに負けたブラウンズは残念ながら8敗になりワイルドカードすら慎重な表現をしてもゼロに近い確率です。


 そのベンガルズに敗れたチャージャースには、いつもながらガッカリさせられます。先週、同地区のチーフスにアップセットして、ちょっとだけ浮かれ気分にさせてくれましたが、やっぱり実力どおりの結果です。QBリバースは、契約最終年で張り切っていますが、ディフェンスが問題山積。

3-4ディフェンスのOLBで昨年ドライチのイングラムが開幕前にACLを切ってアウト。あわてて契約した元コルツのフリーニーも4試合で負傷シ-ズンアウト。反対サイドの昨年レイブンズから来た11年目のベテランOLBジョンソンもここへ来て負傷欠場。


ILBのバトラーテオもタックルが甘いのは技術としてもビルズのルーキーLBアロンソのような気迫が感じられない、それぞれ3試合欠場と体調が万全ではないが寂しい限りです。


結局、最終ラインのSウェドルがチームのリーディングタックラーという始末です。両サイドが入れ替わったCBもたいした事もなく、見ていて頼もしいのは、DTからDEに変わったおととしのドラフト1巡コーリー・リウゲット(4サック)ぐらいです。


長くなるので、あまり書きませんが、この数年間でもRBスプロールズ、トルバート、WRビンセント・ジャクソン、OLBフィリップス、CBジャマー、クロマティなどなど、流動の激しいアメリカのスポーツ界といえばそれまでですが、チームのオーガニゼーションはどうなっているのか!?


チームの体質なのでしょうか? 前GM、HCの失敗、負の遺産を引きずっているということなのか、ペイトリオッツの爪の垢でも煎じての飲ませたい気分です。




 
 NFC
では、なんといっても明日のMNFのセインツ@シーホークスが注目のカードですが、この春に再建途上と書いたパンサーズが、早くも結果を出しているのは、嬉しいサプライズです。昨年も終盤に4連勝してシーズンを終え今季は多少期待していましたが、ここまでは上出来のシーズンといえるのではないでしょうか。ハルキ・ナカムラがいればもっと興奮したのですが・・・



 パンサーズは、残り4試合でセインツと2戦、敵地でファルコンズとの同地区対決がありますが、15週のジェッツ戦で10勝目が期待できるので、セインツに2戦とも敗れても5年ぶりのワイルドカード進出は見えてきました。

 NFCではカウボーイズが手堅く勝って地区首位を守ってますが、ここへ来てイーグルスが好調です。チップ・ケリーとQBニック・フォールズがハマってきました。あのレイダース戦で7TDを奪って以来4連勝です。しかも、未だにインターセプトがゼロという結果を残し、7勝5敗でワイルドカードどころか地区優勝の可能性すら出てきました。




ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

関連記事

Posted on 2013/12/02 Mon. 21:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド