メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0411

パドレスのウィル・マイヤーズがサイクル安打を記録  




サンディエゴ・パドレスのウィル・マイヤーズが球団史上2人目となるサイクル安打を記録した。

マイルハイ(標高1600メートル)で、ボールがよく飛ぶことで有名なデンバーのクアーズフィールドで行われたロッキーズ対パドレスのマンデーナイトゲームで、パドレスの期待の若手ウィル・マイヤーズがサイクル安打を記録。

3番ファーストで出場したマイヤーズは1回、相手の先発左腕チャットウッドから一二塁間をゴロで抜けるライト前ヒット。

3回にはレフトへ二塁打で1打点。6回には、2ストライクからの3球目、チャットウッドの95マイルのフォーシームを捉えてセンターへ3号ソロを叩き込んだ。



そして8回、二人目の右腕エステべスから左中間を破るライナーを放ち、マイヤーズは激走。これが三塁打となってサイクル安打を達成した。

26歳のマイヤーズは2013年にタンパベイ・レイズで新人王に輝くと14年12月に複数トレードでパドレスへ移籍。

故障の影響もあって14年87試合、15年60試合の出場にとどまったが、昨年はほぼフル出場。157試合576打席で打率.259、OBP.336、OPS.797、28本塁打、94打点、28盗塁という好成績を残した。

ウィル・マイヤーズ


2017年が年俸調停の1年目となるため、その契約が注目されたが、パドレスが年俸調停の3年分とFAの3年分を買い取る契約延長に踏み切り6年8,300万ドルの大型契約を結んだ。

予算に制約があるパドレスで、フランチャイズ・プレイヤーとして期待されての契約だが、シーズン当初からその大型契約に応えるような話題を提供したことになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/11 Tue. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0327

前田健太は開幕2戦目、ドジャースの投手編成  




ドジャースで2年目を迎えた前田健太の今季初登板が開幕2戦目、現地4月4日(日本時間5日)のパドレス戦に決まった。

ドジャースはホームのドジャースタジアムで同地区のパドレスを迎えて開幕戦を戦う。

デーブ・ロバーツ監督は「相手打線の目を慣れさせないように、左のカーショー、右のケンタ(前田)、左のリッチ(ヒル)の順番で投げてもらう」と説明した。

相手投手は、2月にパドレスとFA契約したジェレッド・ウィーバー。エンゼルスの11年間で150勝したベテラン右腕。

ドジャースの予想される今季の投手編成は下記。

【先発ローテーション】
1. C.カーショー(左)
2. 前田健太(右)
3. R.ヒル(左)
4. B.マッカーシー(右)
5. A.ウッド(左)

【予想ブルペン】
CL K.ジャンセン(右)
SU S.ロモ(右)
SU G.デイトン(左)
MID C.ハッチャー(右)
MID A.リベラトーレ(左)
MID L.アビラン(左)
LR R.ストリップリング(右)

CL:クローザー、SU:セットアッパー、LRロングリリーフ


余談になるが、ドジャースは地区4連覇中。しかし、ワールドシリーズに進めていない。選手の総年俸は約2億3,900万ドル。2016年と比べ約20億ドル削減したが、それでも30球団中、断トツでトップ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/27 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0219

【MLB移籍情報】メジャー150勝のJ.ウィーバーがパドレスと1年契約  



ウィル・マイヤーズの年俸調停3年分とFAとなった後の3年分を買い取った形で6年8,000万ドルという大型契約を結んだパドレス。

そのパドレスが補強ポイントだった先発投手の補強に動いた。現地18日、エンゼルスからフリーエージェントになっていたジェレド・ウィーバー投手と年俸300万ドル(約3億4,000万円)の1年契約で合意した。

34歳のウィーバーは、2006年のメジャーデビュー以来、エンゼルスの顔だった。2ケタ勝利を10回マークするなど、メジャーキャリア11年間で150勝93敗、防御率3.55の通算成績を収め、最多勝2回、最多奪三振1回、オールスター選出3回などの実績を誇っている。



ただ、13年4月ににライナーをよけた時に肘を骨折し長期離脱。14年は、マックス・シャーザーらと最多勝タイトルを分け合ったが、その年以降、成績は下降し、15年は防御率4.64、16年は同5.06と悪化。

37被本塁打という不名誉なリーグワーストも印象が悪く、先発陣の層が薄かった16年オフのFA市場でも買い手が付かなかった。

過去の栄光より、直近の実績、球威の低下が評価対象になり、16年オフのFA先発投手では12番目の低い契約金だった。バートロ・コロンやR.A.ディッキーの40歳組や36歳リッチ・ヒルよりもはるかに抑えられた契約内容になった。

逆に言えば、ウィーバーがバウンスバックすれば、パドレスにとっては、残り物には福があるといったところかもしれない。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/19 Sun. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0119

パドレスがウィル・マイヤーズとス史上最高額で契約延長  

 


 14年オフにA.J.プレラーGMが就任し積極的な補強したパドレス。

 その時は、トレードでデレク・ノリス、ウィル・マイヤーズ、ウィル・ミドルブルックス、ジャスティン・アップトン、マット・ケンプ、ティム・フェデロビッチ、ショーン・ケリー、クレイグ・キンブレル、メルビン・アップトン・ジュニア。

フリーエージェントではジェームズ・シールズ、ブランドン・モローを獲得。イチローや阪神タイガースの鳥谷敬の移籍報道もあった。

 しかし、期待された2015年シーズンは74勝88敗でナ・リーグ西地区4位に終わって低迷。

結局、ファイヤーセールを敢行。クレイグ・キンブレル、マット・ケンプ、ジェームズ・シールズ、ドリュー・ポメランツと次々に主力クラスがロッカーを空けて行った。

 ただ、その時の唯一の遺産でもあったウィル・マイヤーズ一塁手は残し、フランチャイズの顔として球団史上最高額となる6年8,300万ドル(約93億8,000万円)で正式に契約延長した。

 契約の内訳は、下記。
  • 2017年(26歳)200万ドル+契約金500万ドル 合計700万ドル
  • 2018年(27歳)200万ドル+契約金500万ドル 合計700万ドル
  • 2019年(28歳)300万ドル+契約金500万ドル 合計800万ドル
  • 2020年(29歳)2000万ドル
  • 2021年(30歳)2000万ドル
  • 2022年(31歳)2000万ドル

 契約にはサインボーナス1,500万ドル(約17億円)が含まれており、2019年までに分けて支払われる見通し。また、他球団へトレードされた場合はバイアウトとして100万ドルを受け取る内容だ。

 26歳のマイヤーズは、タンパベイ・レイズ時代の2013年に新人王を獲得したが、その後はケガに悩まされていた。

しかし、キャリア最多となる157試合に出場した昨季は、打率.259、OBP.336、OPS.797、28本塁打、94打点、28盗塁と復活。オールスター初選出を果たすなど低迷するパドレスの希望になった。



 A.J.プレラーGMはマイヤーズについて、「彼は可能性に満ちている。チャンピオンシップを争うチームの核となるような選手だ」とコメント。

そして、「ウィルの全盛期を我々が買えたことになればいいね」とマイヤーズの今後の活躍に大いに期待を寄せた。

 ちなみにパドレスのこれまでの契約最高額は、2015年シーズン開幕前にジェームズ・シールズ投手(現ホワイトソックス)と結んだ4年総額7,500万ドル(約84億7,000万円)だった。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/01/19 Thu. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1230

パドレスが元広島C.ルイスを補強リストに!GMとは旧知の仲  

 


 日本になじみの深い選手の動向を紹介したい。レンジャーズからフリーエージェント(FA)の先発右腕コルビー・ルイスにパドレスが興味を示している。

 ルイスは、元広島で2年間活躍した後、古巣のテキサスに帰って2010年から6年間で65勝を挙げている。15年には、ダルビッシュらが離脱するなか17勝9敗をあげ地区優勝に貢献した。

 16年シーズンは、6月に右の広背筋を痛めて15日間のDL入り。その後、7月3日になって60日間のDLに移行。

この長期離脱の影響もあって19試合の先発登板に留まったが、防御率3.71、6勝5敗・WHIP1.13と、投げれば安定したピッチングが出来る事を示した。

コルビー・ルイス 

 パドレスのプレラーGMは、14年途中に現職に就くまで、レンジャーズで国際スカウト、GM補佐などを歴任。10年にレンジャーズがルイスと契約した際も一役買った人物で、以前からその能力と人間性を高く評価していた。

 多くのチームがそうだが、パドレスも先発陣の補強が優先事項。あくまでもエンゼルスからFAとなっている34歳右腕ジャレッド・ウィーバーが最有力候補という情報だが、ジェイク・ピービ、コルビー・ルイスらベテラン投手陣も獲得候補リストに名前があるという。
 
 ルイスの16年サラリーは600万ドル、来年8月で38歳になるが、ヘルシーな状態なら1100万ドル程度のマーケットバリューがある。


◇記事参考:
http://www.spotrac.com/mlb/texas-rangers/colby-lewis-6464/market-value/
https://full-count.jp/2016/12/29/post54519/




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/12/30 Fri. 08:48 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0805

【MLB移籍情報】2016夏の移籍選手リスト《NL西地区》  



 
MLB2016夏の移籍動向。
トレード期限前の(最終日以外も含めた)おもなトレード状況。


【ナショナル・リーグ西地区】

★サンフランシスコ・ジャイアンツ 

【IN】
マット・ムーア(SP)
ウィル・スミス(RP)
エドゥアルド・ヌニェス(IF)

【OUT】
フィル・ビックフォード(P)
アンドリュー・スザック(C)
アダルベルト・メヒア(SP)
マット・ダフィー(3B)
ルシウス・フォックス(P)


★サンディアゴ・パドレス

【IN】
カーター・キャップス(RP)
ジャレッド・コザート(RP)
エリック・ジョンソン(SP)
ジョシュ・ネイラー(1B)
エクトル・オリベラ(OF)
クリス・パッダック(SP)
ハンセル・ロドリゲス(SP)
フェルナンド・タティス(IF)

【OUT】
アンドリュー・キュッシュナー(SP)
タイロン・ゲレーロ(RP)
マット・ケンプ(OF)
フェルナンド・ロドニー(RP)
ジェームズ・シールズ(SP)
メルビン・アップトン(OF)


★ロサンゼルス・ドジャース

【IN】
ジェシー・チャベス(P)
リッチ・ヒル(SP)
ジョシュ・レディック(OF)
ジョシュ・フィールズ(P)
アレク・グロッサー(SP)
バド・ノリス(SP)
クリス・テイラー(IF)
ディアン・デスカノ(OF)

【OUT】
ヨルダン・アルバレス(1B)
マイク・ボルシンガー(P)
フランキー・モンタス(P)
グラント・ホームズ(P)
ジェラル・コットン(P)
カレブ・ダークス(RP)
ザック・リー(SP)
フィル・ファイファー(RP)


★アリゾナ・ダイヤモンドバックス

【IN】
ホセ・アルモンテ(SP)
ルイス・アレハンドロ(IF)
ビセンテ・カンポス(P)

【OUT】
タイラー・クリッパード(RP)
ブラッド・ジーグラー(RP)


★コロラド・ロッキーズ

無し




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

お手数ですが、ポチっとお願いします。↑
関連記事

Posted on 2016/08/05 Fri. 14:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0731

【MLB移籍情報】パドレス大バーゲン M・ケンプをブレーブスへ放出  

 

サンディエゴ・パドレスとアトランタ・ブレーブスとのトレードが現地30日に成立。パドレスはマット・ケンプ外野手を放出。

見返りとして、ヘクター・オリベラ内野手を獲得した。ESPNが関係者の話として報じたものによると、パドレスはケンプのほか金銭1,050万ドル(約10億7,000万円)も負担するとのこと。

31歳のケンプは今季29日時点で打率.262、OBP.285、OPS.774、23本塁打、69打点、盗塁0。

ロサンゼルス・ドジャース時代の2011年に本塁打と打点の二冠王に輝くなど、メジャー11年間で打率.286、228本塁打、817打点、182盗塁の成績を残している。

いわゆる5ツールプレイヤーと呼ばれた時代もあったが、30歳を過ぎて両股関節の関節炎などの足のケガで体のバランスを崩し、脚力が低下。今季の盗塁ゼロに見られるようにパフォーマンスは低下し、14年オフには台頭してきたプイーグに押し出されるような形でパドレスへ移籍していた。

一方、パドレス行きが決まった31歳のオリベラはキューバ出身。2015年3月に6年総額6,250万ドル(約63億8,000万円)の大型契約でドジャース入りすると、同年7月にブレーブスへトレード移籍。

今季はメジャーリーグ機構のドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範に違反したとして、82試合の出場停止処分が科され、その影響でわずか6試合の出場にとどまっている。しかし、来月2日には戦列に復帰する見通しとなっている。

パドレスは14年オフに新GM が就任してケンプやアップトンなど積極的な補強で獲得したが、わずか1年半で両選手を手放したことになる。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/31 Sun. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0730

【MLB移籍情報】マーリンズがパドレスから先発右腕キャッシュナー獲得  



2003年以来のポストシーズン進出を目指すイチロー所属のマイアミ・マーリンズサンディエゴ・パドレスとの間で複数トレードが合意したとMLB公式サイト「MLB.com」など複数メディアが伝えている。

このトレードは4対3になる模様。

マーリンズは、先発右腕アンドリュー・キャッシュナー(29)と右腕コリン・レア(26)、右腕タイロン・ゲレーロ(25=AAサンアントニオ)を獲得。

キャッシュナーは16試合に先発、レアも18試合に先発している先発ローテーションのバックエンドクラスの投手。



パドレスには、先発右腕ジャレット・コザート(26)、ジョシュ・ネイラー一塁手(19=マイアミのプロスペクトランキング2位)、右腕ルイス・カスティーロ(23=同6位)、右腕カーター・キャップス(25=故障中のリリーバー)が移籍する。

いずれもメディカルチェックを経て正式なトレードが成立するもよう。



マーリンズは今月、パドレスからリリーバーのロドニーを獲得。両チーム間で今月2度目のトレードになる。

ロドニーとキャッシュナーはシーズン終了後にフリーエージェント(FA)になるので、基本的にはプレイオフのための短期レンタル。

再建モードのパドレスからすればFAで出ていかれる前に若手プロスペクトを獲得したいという両チームの思惑が一致したという事になる。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/30 Sat. 01:32 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0729

【MLB移籍情報】とりあえず2投手を獲ったレンジャーズ、本当の狙いは?  



ダルビッシュが所属するレンジャーズは現地時間27日、ブレーブスとの交換トレードで先発右腕ルーカス・ハレルと救援左腕ダリオ・アルバレスの2投手を獲得した。

しかし、これは一時しのぎのもので、レンジャーズの本当の狙いは別にあるとニューヨークポストのジョエル・シャーマンは言う。



レンジャーズの本命は、レイズのクリス・アーチャーやホワイトソックスのクリス・セールの先発ローテーションのトップクラスのスターターが狙いだったという。

レンジャーズは現在、右腕コルビー・ルイス、左腕デレク・ホランド両先発投手が故障者リスト(DL)入り。

ジョン・ダニエルズGMは、来月1日のトレード期限までにさらなる投手の補強を目指し、他球団と交渉中であることを示唆するコメントをしている。

具体的には、タンパベイのマット・ムーアジェイク・オドリッジ、およびサンディエゴのアンドリュー・キャッシュナーなどの、ローテーションのセカンドクラスの獲得を画策しているものと思われる。

なお、ジョエル・シャーマンは、ヤンキースがイワン・ノバは動かすつもりだが、アンドリュー・ミラーとカルロス・ベルトランに関しては放出する気はないだろうと観測している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/29 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0727

【MLB移籍情報】ブルージェイズがアップトンJr.をパドレスから獲得  



ウエーバー公示なしのトレード期限を前にMLB夏の移籍市場があわただしくなってきた。サンディエゴ・パドレスとトロント・ブルージェイズの間でトレードが成立した。

パドレスは、アップトン兄弟の兄、メルビン・アップトン・ジュニア(31)を、ブルージェイズからは1Aクラスのマイナー選手がトレードになる。

FanRag Sportsの記者ジョン・ヘイマンによると、メルビン・アップトンの残り契約2200万ドル余りのうち、ブルージェイズが負担するのは500万ドルだけとなるという。

すでに現地26日の試合前のラインナップ表には控えの欄にアップトンの名前が記されている。

CoUPNIxVIAAFP4I.jpg

重量打線のブルージェイズだが、外野は、ライトにDLから復帰した35歳のホセ・バティスタ、センターにケビン・ピラー、レフトにマイケル・ソーンダース(29)という布陣。

この中で、見劣りするのはセンターのケビン・ピラー(27)。今季は打率.265、本塁打7、打点38、出塁率.295、OPS.686。攻撃力が売りのブルージェイズでは、下位を打つことが多く、今日の試合でも7番で出場。



アップトンは、昨季は左足のケガなどで87試合の出場にとどまったが、今季は92試合、打率.256、本塁打16、打点45、出塁率.304、OPS.743で復調している。

ピラーの代わりにセンターに入ることが予想されるが、外野ならどこでも守れるタイプの選手で、故障明けのバティスタなどの控えとしてもアップグレードが期待できる。

アップトンをめぐっては、ブルージェイズ、オリオールズ、インディアンスが争奪戦を繰り広げていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/27 Wed. 06:40 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド