メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0202

【NFL】QBアーロン・ロジャースがシーズンMVPに!  



2014年シーズンの個人賞が31日のNFLオーナーズで発表され、 パッカーズのQBアロン・ロジャースが2011年に続き、通算2回目のシーズンMVP受賞しました。50票中、31票を獲得しました。

ディフェンス最優秀選手にはテキサンズのDE J.J. ワットが2012年に続き2回目の選出。MVP投票では13票で2位に終わりました。

フィールド外のボランティアや慈善活動で活躍した選手へ贈られるウォルター・ペイトン賞は、パンサーズのLBトーマス・デービスが受賞。今季新たに設立されたアート・ルーニー賞は、フィールドで最もスポーツマンシップを発揮した選手に贈られるもので、初回受賞にはカーディナルスのWRラリー・フィッツジェラルドが選ばれました。




❑各賞の受賞者は以下の通り。


MVP QBアロン・ロジャース(パッカーズ

オフェンス最優秀選手 RBディマーコ・マリー(カウボーイズ)
ディフェンス最優秀選手 DE J. ワット(テキサンズ)

オフェンス新人賞 WRオデル・ベッカム(ジャイアンツ)
ディフェンス新人賞 DTアロン・ドナルド(ラムズ)

カムバック賞 TEロブ・グロンカウスキ(ペイトリオッツ)

ファンタジー最優秀選手 RBレビオン・ベル(スティーラーズ)
アウェー戦最優秀選手 QBトニー・ロモ(カウボーイズ)

ディーコン・ジョーンズ賞 LBジャスティン・ヒューストン(チーフス)
ウォルター・ペイトン賞 LBトーマス・デービス(パンサーズ)
アート・ルーニー賞 WRラリー・フィッツジェラルド(カーディナルス)

最優秀プレー WRオデル・ベッカムの片手タッチダウンキャッチ
FedExエア&グラウンド最優秀選手
QBアロン・ロジャース(エア)、RBレビオン・ベル(グラウンド)

最優秀監督 ブルース・エリアンス監督(カーディナルス)
最優秀アシスタントコーチ トッド・ボウルス(カーディナルス)




ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2015/02/02 Mon. 13:36 [edit]

CM: 0
TB: --
   

0119

NFL キックオフGB@SEA 胸の鼓動が抑えらない! #nfljapan  


シーホークス最大の難敵パッカーズ戦



この記事を書き終える時には、もう試合が始まってるかもしれません。NFLファンにはたまらない月曜早朝の大一番です。

長い説明は必要ないでしょう。NFCカンファレンス・チャンピオンシップは、2年連続のスーパーボウル制覇を狙うシアトル・シーホークスが、本拠地でグリーンベイ・パッカーズを迎え撃ちます。

NFL JAPAN.comのアンケートでは、試合開始2時間前の時点で、シーホークス58%、パッカーズ42%で、シ-ホークスが勝つという予想結果でした。


開幕戦では、17対10の接戦から後半の立ち上がりにCBバイロン・マックスウェルのINT奪取からFGにつなげ、さらに敵陣深くで相手QBアーロン・ロジャースへのサックからファンブルを誘発してセイフティとした。この5点でゲームのモメンタムを一気に引き寄せました。

しかし、QBウィルソンは、
INTされそうなシーンが2度あったように記憶しています。あれがパッカーズのターンオーバーにつながっていたとしたら、勝負の行方は、どっちに転んだかわかりません。



○最新状況

金曜日の練習には、シーホークスは全員がフル参加。パッカーズは木曜の練習に全員参加。そのうちQBロジャース(ふくらはぎ)、RBレイシー(ヒザ)、LGシットン(つま先)、DEボイド(ヒザ)は部分参加でした。

パッカーズ攻撃の鍵を握るRBエディー・レイシー(ヒザ)は、「痛みはすこしあるけど問題ないよ。心配はしてない。落ちついて過ごすだけ」。
開幕戦では12回のキャリーで34ヤードに抑えこまれただけに2度目の対戦では同じ徹は踏まないでしょう。


○パッカーズはRBレイシーのランが勝負のポイント!?

シーホークスのパスラッシュと強力セカンダリーを考えても、いつものようなパス攻撃は期待できないでしょう。そこで、注目されるのが地上戦。

パッカーズで、新人ながらフル出場のCコーリー・リンズリーは、成長株の一人。しかし、DAL戦の前半では、スナップミスなど2つの大きなミスを犯した。

クラウドノイズで有名なセンチュリーリンク・フィールドだけに心配はあるが、パッカーズのOL陣はRTブライアン・ブラガの復活など、開幕戦よりアップしており、前半の8試合で20サックを献上したが、後半の8試合では8サックに抑え込んでいる。このOL陣の踏ん張りとRBレイシーのランがパッカーズの必勝ポイントとみた。


○シーホークスが勝つとしたら…

シーホークスは不利と見ていますが、勝つとすれば、フィジカルな守備陣の活躍が勝利のポイント。相手の攻撃からファンブルなどを誘発できれば、シーホークスの勝ちパターンです。

パッカーズに開幕戦を含めて連勝するとしたら、やっぱり守備陣の活躍以外は考えられません。

シーホークスの攻撃は平均得点で10位、獲得ヤードで9位と並みの数字です。開幕戦でレシーブ7回59ヤード、ラン4回41ヤードと活躍したWRハービンも移籍して当時より戦力ダウンしています。先発で新人RTジャスティン・ブリット(ヒザ)も"クエッショナブル"な状態で出場が微妙。

それでもここまできたのは、トータルディフェンス1位、失点1位、パス守備1位、ラン守備3位と鉄壁の守備陣があるから。それは誰もが認めるところでしょう。

その強さの秘密は数字にも現れていて、QBサック37回は20位にすぎませんが(パッカーズは41回)、ProFootballFocusのパスラッシュ評価は+41.2で5位になっています。

シーホークスは、DEマイケル・ベネット、DEクリフ・エイブリル、LBブルース・アービンの3人で、ここ7試合だけで26サックを計上。ロジャースは、シーホークス戦ではここ2試合で11被サックと苦しんでいます。

プレッシャー278回(サック37+ヒット55+ハリー186)を相手にあたえ、DB陣のフィジカルなカバレッジでパスを防ぎ、通ったとしてもハードヒットで最小限に抑える。

攻撃は期待していませんが、
開幕戦で見せたリードオプションからのパスやスペシャルプレイも楽しみです。

パッカーズのQBロジャースの脚の状態が最後までもって、RBレイシーがファンブルしなければ第4Qまでもつれる展開になるでしょう。でも、そんなことは誰でも予想できますよね。




関連記事

Posted on 2015/01/19 Mon. 04:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0905

NFLシーズン開幕 GB@SEA あの疑惑のゲームから2年!  




HAPPY NFL KICKOFF DAY! 


 わくわくする
あの輝くシーズンが開幕する
!!


今季の開幕戦は、小さな町の偉大な市民球団グリーンベイ・パッカーズを昨年の覇者シアトル・シ-ホークスが、爆音のクラウドノイズで有名なセンチュリーリンク・フィールドに迎え撃ちます。



あの疑惑の「ヘイルメリーパス」でシアトルがサヨナラ勝ちしたゲーム以来の対戦です。

シアトル目線で書きますと今回はきっちり勝利したいものです。その為にGBのロジャース率いる強力オフェンスをどこまで抑え込むことができるか?昨年のようなディフェンスを見せてくれれば、今季も期待できます。

そのシアトルは、主力のCBリチャード・シャーマン、Sアール・トーマスと契約延長を結んだが、CBブランドン・ブラウナーとニッケルDBのウォルター・サーモンドが抜け、代わりとなるCBジェレミー・レーンは脚の付け根を痛めながらの出場。控えのCBサロルド・サイモンは開幕戦の欠場が確定と言う情報もあり、昨年のようなパスカバーができるか?NFL屈指のエアー攻撃を新しいセカンダリー陣がカバーできるか?

それと連動してパスラッシュでもDEクリス・クレモンスレッド・ブライアントがFAで移籍。残ったクリフ・アブリルマイケル・ベネットらで、どこまで昨年のようなバランスを保てるか?そのあたりも注目です。


関連記事

Posted on 2014/09/05 Fri. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0506

【 NFLドラフト2014 】1巡TOP10指名はこうなる!?  


NFLドラフト2014 TOP10は?


【ヒューストン・テキサンズ】 
DE
ジャデベオン・クラウニー(サウスカロライナ大)


【セントルイス・ラムズ】

OT
グレッグ・ロビンソン(オーバーン大)
OTジェイク・マシューズ(テキサスA&M大)

【ジャクソンビル・ジャガーズ】
QBジョニー・マンジール(テキサスA&M大)
OLBカリル・マック(バッファロー大)

【クリーブランド・ブラウンズ】
WRサミー・ワトキンス(クレムソン大)
QBジョニー・マンジール(テキサスA&M大)

【オークランド・レイダース】
QBブレイク・ボートルス(セントラルフロリダ大)
OTジェイク・マシューズ(テキサスA&M大)
QBジョニー・マンジール(テキサスA&M大)

【アトランタ・ファルコンズ】
OTグレッグ・ロビンソン(オーバーン大)
OTジェイク・マシューズ(テキサスA&M大)
OLBアンソニー・バー(UCLA)

【タンパベイ・バッカニアーズ】
WRマイク・エバンス(テキサスA&M大)


【ミネソタ・バイキングス】
OLBカリル・マック(バッファロー大)
QBブレイク・ボートルス(セントラルフロリダ大)
ILB C.J.・モズリー(アラバマ大)

【バッファロー・ビルズ】
TEエリック・エブロン(ノースカロライナ大)

【デトロイト・ライオンズ】
CBジャスティン・ギルバート(オクラホマ州立大)



以上が1巡指名トップ10の選手を現地NFL.comのアナリストと
NFL JAPANのアナリストの予想を参考にピックアップしてみました。


話題の4人のQBは意外に評価が上がらず、
ブリッジウォーターカーは1巡から外れる可能性もある。

3位のジャガーズの動向に注目です。

話題性トップの
ジョニー・マンジールを指名する予想が多い中、
ブレイク・ボートルスに回る可能性も有り、
そうなった場合、4位ブラウンズがマンジール指名に動くことも考えられます。


QB以外では、WRとして1年生からオールアメリカンの
サミー・ワトキンス(クレムソン大)が
5位以内という評価ですが、185センチとフィジカル面で物足りないという見方もあり、
NFLのCBやS相手に密集地でのキャッチ能力は未知数。


196センチのマイク・エバンス(写真上:テキサスA&M大)や
ランアフターキャッチに魅力のある
オデル・ベッカムJr.(LSU)、
大学最優秀WRに贈られるビレントニコフ賞を受賞した
オレゴン州立大の
ブランディン・クックスなど
今季はWRに人材が多く、その辺りにも注目しても面白いかも。


参考
「直前!最新モックドラフト!1位~10位」


お手数ですが、応援ポチお願いします。

関連記事

Posted on 2014/05/06 Tue. 14:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0503

NFLドラフト2014 全体1位指名は?クラウニー?それとも・・・  


NFLオフシーズンのビッグイベント「NFLドラフト2014」が今年もニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで5月8日から3日間、開催されます。


 全体 1位指名権は、テキサンズが保有しています。ラムズ(全体2位と13位)とブラウンズ(全体4位と26位)は1巡指名権が2つで、逆にレッドスキンズとコルツは1巡指名権がありませんが、指名権のやり取りもあり、各チームのドラフト戦略は、ふたを開けてみないとどんな展開になるか、分かりません。

 下に話題の選手を集めましたが、DEクラウニーの評価は誰の異論も無いところで、クラウニーを指名するためにトレードアップを希望するチームが出てくる可能性もあります。

トップ10に入るとの声もあったドラフト有力候補のクォーターバック(QB)テディ・ブリッジウォーター(ルイビル大)は、プロ・デイのワークアウトで評価が大幅にダウンしました。

ワイドレシーバー(WR) が豊作との報道が多く、当日の会場には30名のドラフト1巡有力候補が招待されていますが、そのうちWRは7人も呼ばれています。

FAで4人の主力WRをリリースしたパンサーズやWRが手薄なチャージャースあたりは、キーナン・アレン(昨年の3巡)の逆サイドのWRを上位指名してくることも考えられます。


http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif); background-color: rgb(0, 160, 0); color: rgb(255, 255, 255); padding: 5px 5px 5px 15px;">ドラフト当日に出席するプレイヤー

QB ジョニー・マンゼル(テキサス農工大)
QB ブレーク・ボートルス(セントラルフロリダ大)
QB テディ・ブリッジウォーター(ルイビル大)
QB ジミー・ガラポロ(イースタンイリノイ大)

WR マイク・エバンス(テキサス農工大)
WR オデル・ベッカムJr.(ルイジアナ州立大)
WR ブランディン・クックス(オレゴン州立大)
WR コーディ・ラティマー(インディアナ大)
WR マーキス・リー(南カリフォルニア大)
WR ジョーダン・マシューズ(バンダービルト大)
WR サミー・ワトキンス(クレムゾン大)
TE エリック・イーブロン(ノースカロライナ大)

T ジェイク・マシューズ(テキサス農工大)
T サイラス・クアンジョ(アラバマ大)
T テイラー・ルワン(ミシガン大)
T グレッグ・ロビンソン(オーバーン大)
T モーガン・モーゼス(バージニア大)

DT ラシード・ヘーグマン(ミネソタ大)
DT ティミー・ジャーニガン(フロリダ州立大)
DE コーニー・アーリー(ミズーリ大)
DE ジャディビオン・クラウニー(サウスカロライナ大)

LB カリル・マック(バファロー大)
LB ライアン・シェージャー(オハイオ州立大)
LB C.J. モーズリー(アラバマ大)

CB カイル・フラー(バージニア工科大)
CB ジャスティン・ギルバート(オクラホマ州立大)
CB ブラッドリー・ロビー(オハイオ州立大)
CB ジェイソン・べレット(テキサスクリスチャン大)
S ハハ・クリントンディックス(アラバマ大)
S カルビン・プライヤー(ルイビル大)


ジョニー・マンジール

ジャデイビオン・クラウニー



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、応援ポチお願いします。
関連記事

Posted on 2014/05/03 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1106

GBパッカーズのロジャース 左鎖骨を骨折 W9 MNF  



NFLを代表する名クォーターバック(QB)グリーンベイ・パッカーズのアーロン・ロジャースが左肩を負傷した。

本拠地ランボーフィールドに同地区のライバル、シカゴ・ベアーズを迎えた第9週のマンデーナイト・フットボール(MNF)

 このゲームで、パッカーズのQBロジャースは、ゲーム開始の第1シリーズ、エンドゾーン手前9ヤードまで攻め込んだ残り12分38秒からの7プレー目。3rd&8ヤードから1バック右2WRのショットガン隊形からのプレーで、スナップを受けた後に1パンプを入れながら右にスクランブルをかけた。

後方から映した映像では、ゴール前の狭いスペースでレシーバーはカバーされ、ロジャースはレシーバーがフリーになる時間を稼ぐためにパスポケットから出た。その時、ベアーズの左DEシェー・マクレリンにサックを受け左肩がグランドに叩きつけられと同時に自身とマクレリンの体重が左肩を圧迫した様子だった。

ロジャースは、パッカーズの地元ウィスコンシンのラジオ番組で「鎖骨を骨折している。色々報道されているが、復帰時期については全くコメントしていない」とコメントし、骨折の事実を認めた。

「しばらく感じたことがないくらいの痛みだった。サイドラインではボールを投げることもできず、即レントゲン検査を受けることにした。早く試合に戻りたかった。早々にロッカールームへ退いたのはそのためだ」

しかし、予想以上にダメージは深刻だったようで、ロジャースが再びサイドラインへ姿を見せたのは第3Qの終盤だった。

彼がフィールドに姿を見せるとランボー・フィールドのファンから大声援のレセプションで迎入れられ「自分のキャリアでトップ5に入るほどの感動をうけた」とファンの温かい励ましに、ラジオ番組でも声を詰まらせた。

ロジャースは、ブレット・ファーブから先発QBを引き継いだ2008年にも左肩を脱臼している


アメフトボール 関連リンク:USA TODAY.COM



ブログランキング・にほんブログ村へ

 
ランキングに参加しています、
励みになりますのでポチッとお願いします。


関連記事

Posted on 2013/11/06 Wed. 12:05 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0913

NFL激戦の開幕週をレビュー  

僅差の試合が12試合


 7点差以内が12試合(16試合中)もあった第1週のNFLですが、注目の大一番、パッカーズ49ersの一戦は、パッカーズが誤審に泣かされました。

パッカーズは昨シーズンもシーホークス戦で疑惑のヘイルメリーパスで敗れたゲームがありました。
昨シーズン物議をかもしたプレー。
この最後のプレーでパッカーズは逆転負けした。


パッカーズはランで期待のドラフト2巡アラバマ大のレイシーが14回キャリーで41ヤード、1ファンブルと不発。3人が入れ替わったOLに問題がありそうです。


49ersは第1週のMVPボールディンの活躍もさることながら、ディフェンスでルーキー1巡Sのリードが7タックル1インターセプトを記録。タンパに移籍したゴールドソンの穴を埋めてほしいところでしょう。




6ターンノーバーで負けたジャイアンツ

 開幕戦ですったもんだの挙句、ロモのカウボーイズに負けたジャイアンツは、昨年に続き開幕戦でファンブルを犯したRBウィルソンに事実上見切りをつけたのかベテランRBジェイコブスを呼び戻しました。


余談ですが、かつてジェイコブスの残留のために自分の貯金箱から3ドル36セントを送ってジェイコブスを泣かせた6歳(当時)の少年。ジョー・アーメント君も喜ぶだろうなぁ。



先発QBで最後まで悩んだチームは

 開幕前に先発QB問題があった3チームのうちレイダースとビルズは、負けはしたものの勝利寸前まで追い詰める好ゲームをしました。

さらにジェッツに至ってはラスト30秒からの劇的な逆転勝ちで、ルーキーQBスミスのデビュー戦を飾りました。スミスは何か"持ってる男"かもしれません。



ロブ・ライアンのコールが炸裂!?

 パンサーズも強豪シーホークスと互角にちかい試合をしました。ウイルソンとニュートンのモバイルQB対決で、両軍ともディフェンス陣が素晴らしくロースコアでしたが、最後までスリリングなゲームでした。

負けましたが、パンサーズのLBキークリー、ビーソン、デービスのLBは強力で、控えにジャイアンツから移籍の9年目ブラックバーンもいる分厚い布陣です。

あの終盤のパンサーズRBウィリアムスのゴール前のファンブルさえなければ、どっちに転んでもおかしくないゲームでした。

そのパンサーズの上にいる同地区のセインツファルコンズの一戦も面白かった。

セインツファンなのでドキドキしました。ロブ・ライアンDCの一か八かコールが当たったゲームでした。この地区は、西地区同様レベルが上がった地区といえそうです。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2013/09/13 Fri. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド