メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0509

マリナーズの左腕パクストンがノーヒッター カナダ人投手としては73年ぶり  




 マリナーズで“キング”ヘルナンデスを凌ぐパワーピッチングで、今やエース格の風格も漂うジェームズ・パクストンが、カナダのトロントに本拠地を置くブルージェイズ戦でノーヒットノーランの偉業を達成した。

カナダ出身の29歳左腕が母国に錦を飾ったことになる。

 バックもカイル・シーガー三塁手の好守備などで左腕を盛り立てた。4回に4番ジャスティン・スモークに四球を与えたあとは打者16人をパーフェクトに抑える完璧な内容だった。99球、7奪三振、3四球。



 今季は、開幕から2試合連続で5回途中6失点と不本意な内容だった。その後、調子を上げて8試合の先発でクオリティスタート5試合、前回は7回16奪三振の快投を演じていた。

これで2勝1敗、防御率3.40。昨年、キャリアハイの24試合で12勝5敗、防御率2.98をマークした調子が戻りつつあるようだ。


Dcuau-DXcAAbqbg.jpg

これまでマリナーズでのノーヒットノーランは、

  • ランディ・ジョンソン(1990年)
  • クリス・ボジオ(1993年)
  • フェリックス・ヘルナンデス(2012年:完全試合)
  • 岩隈久志(2015年)

に続いて球団史上5人目。(2012年の継投によるノーヒッターをいれると6回目)


 カナダ人投手によるノーヒットノーランは、1945年9月9日にフィラデルフィア・アスレチックスのディック・ファウラー投手以来、実に73年ぶりらしい。

 今季だけに限ると、先日も紹介したショーン・マネイア(アスレチックス)とドジャースの継投によるノーヒッターに次いで両リーグで3度目。これまで年間7度が最多記録だが、ペース的には今季が最速らしい。


DcuavHaX4AAAHJ2.jpg

マリナーズの先発ローテーションは、エラスモ・ラミレスがDL入りで

  1. フェリックス・ヘルナンデス
  2. ジェームズ・パクストン(左)
  3. ウェイド・ルブラン(左)
  4. マイク・リーク
  5. マルコ・ゴンザレス(左)

 このうち、実績があるのはヘルナンデスとリーク、パクストンの3人。ルブランはブルペン要員からのシフト、ゴンザレスは26歳の若手。このためレッドソックスから左腕ロエニス・エリアスをトレードで呼び戻した。

 エリアスは、元マリナーズのローテーション投手で、マリナーズ時代は55試合(先発50試合)に登板して279イニング、防御率3.97だった。今後、ルブランやゴンザレスに代わってローテ入りが予想できる。

あとは、球宴後あたりの時期に岩隈久志の復活に期待したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2018/05/09 Wed. 17:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0422

アスレチックスの左腕ショーン・マナイア、今季メジャー初のノーヒットノーラン達成!  




オークランド・アスレチックスのショーン・マナエア投手が21日(日本時間22日)、ボストン・レッドソックス相手にノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成した。

今季メジャー初の快挙で、アスレチックスの投手としては、球団史上12度目。オークランドにフランチャイズを移してからは10年のダラス・ブレイデンの完全試合以来、6度目の快挙らしい。


DbW0LqoV4AAWZ3R.jpg


マナイアは、9回108球で、2四球、10奪三振。昨季12勝を挙げたが、抑えた相手が凄い。相手のレッドソックスは、前節で大谷翔平のエンゼルスを3連戦スイープするなど7連勝中。今季17勝2敗の最強レッドソックス相手に演じたノーヒッターはインパクトがある。

26歳のメジャー3年目で、13年のMLBドラフト1巡目追補(全体34位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り。15年7月28日にベン・ゾブリストとのトレードで、アーロン・ブルックスと共にアスレチックスへ移籍した。

16年4月にメジャー初昇格。この年は、25試合24先発で7勝9敗、防御率3.86、WHIP1.19。17年は29試合全てに先発して12勝10敗、防御率4.37、WHIP1.40。





今季は5試合先発で3勝2敗。防御率はメジャートップの1.23。長身の左腕でサイドスローが特徴。球自体の球威は無く、この試合の前まで奪三振率K/9は通算で7.72だった。

アスレチックスの先発陣は、MLB30球団中27位の防御率だったが、BB/9(9イニング換算の四球率)は良くて、同2位。

マナイアは、開幕投手のケンドール・グレイブマンに次ぐ先発ローテーションの2番手投手。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/22 Sun. 13:40 [edit]

CM: --
TB: --
   

0821

岩隈、おめでとう日米通算150勝!ノーノー直後の登板でもハイクオリティ・スタート  



「クマ」が再び好投した。2回2死走者なしの場面でオドールにソロホームランを打たれたが、7回を99球、制球も良く四球はわずかに1。安定感抜群の2失点に抑え、ハイクオリティ・スタート(7回以上を自責2以内)を記録した。

岩隈はこの白星で日米通算150勝(MLB43勝、NPB107勝)とした。


前回登板でノーヒット・ノーランを達成したマリナーズの岩隈久志が、ワイルドカード争いをしているレンジャーズ相手に5勝目(2敗)を挙げた。

これで4試合連続のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)以上でチームの3-2の勝利に貢献。自身3連勝で、日米通算150勝(MLB43勝、NPB107勝)となった。また、2回にはメジャー通算500奪三振をマークしている。

岩隈はシーズン開幕直後、右広背筋の痛みで故障者リスト(DL)に11週間入ったが、復帰後は、過去8試合で5勝1敗、防御率2・48の成績を残している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2015/08/21 Fri. 08:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0818

ノーヒッター岩隈の値段が急上昇!今オフのFA注目株の一人に  



野茂英雄以来、史上2人目のノーヒットノーランを達成したマリナーズの岩隈久志投手(34)の評価がうなぎのぼりだという。


米国在住スポーツライター丹羽政善さんの報告が興味深いので一読して欲しい。

岩隈久志は、このオフに契約が切れ、メジャーへ移籍して初めてFAになるが、早くも水面下で調査がスタート。3年3000万ドル(約36億円)を超える好条件での争奪戦が必至の状況になってきたという。

岩隈は、昨季までのマリナーズとの契約を満了し、今季は球団側がオプションを行使する形で年俸700万ドル(約8億6800万円)という実績からすると格安で契約延長した。

今季に過去2年と変わらぬ成績を残していれば、年俸1400万ドル以上と単年あたり倍増する額で、2年以上の複数年契約が望めた。

ところが、今季も故障による出遅れで、このままFAとなれば、年俸800万ドル前後での単年契約、というのが米球界関係者の見立てとなっていた。来季35歳を迎える年齢は若くなく、プラス材料には見られないという評価だった。

昨年は、シーズン前の自主トレ中の不慮の事故だったが、これまで故障が多かった印象もある。ここから成績が大きく上向くことは考えにくく、ローテーション3、4番手候補というスカウティングレポートだったのではないか。

それをこのノーヒットノーランが一変させ、「まだ4勝目に過ぎない岩隈が、この好投でオフには2ケタ勝利で終えたのと同程度の評価を得られることは確実」という野球専門サイトの見方もあるぐらいだ。


岩隈は35歳以上では異例の3年契約も可能な選手

このオフは、岩隈のほか、ブルージェイズのデービッド・プライスや、ロイヤルズのジョニー・クエト、レンジャーズのコール・ハメルズら、大物FA先発投手が目白押し。買い手市場であり、そういう意味では評価が押さえられやすい環境だ。

しかし、そうした買い手市場でも岩隈の契約は、このままケガなく無難にシーズンを終えた場合、800万の単年から年俸1200万ドル前後の2年契約まで上昇した。

来年の4月に35歳になる年齢のFA選手に関しては、各チームともに、オファーする際、3年以上の長期契約には慎重になる年齢だが、それに関しても

丹羽政善さんが先日、日本・韓国などアジア地区の調査も行う国際スカウトを含めた3人のメジャーのスカウトに聞いた話では「3年契約程度なら、さほどリスクはない」と、3人は口をそろえたという。

そのスカウトたちによれば「両コーナーにすべての球種をコントロールできる制球力がある。相手が積極的に振りにくる場面では、上手くボール球も使える。力で押さえ込むタイプではないが、投球術には目を見張るものがある」。
「彼は、パワー系のピッチャーではない。制球力、配球の妙で抑えるタイプだ」。
「パワー系のピッチャーは年齢が気になるが、岩隈に関しては、急に力が衰えるとは思えない。マリナーズが、独占交渉権のあるうちに再契約できなければ、かなりの金額で争奪戦になるのではないか」と高い評価を与えたという。

記事参考
http://thepage.jp/detail/20150817-00000002-wordleafs?page=2



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/08/18 Tue. 08:58 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0815

岩隈の投球術とさまざまなラッキーが重なったノーヒッター  



岩隈久志が、ノーヒット・ノーランという偉業を達成しました。このことは既に紹介しました。

大記録の陰にはさまざまなファクターが絡んでくるものです。

雨の多いシアトルですが、この時期は快晴が続きます。ところがこの日、珍しく雷を伴った雨が午前11時過ぎから降り始め、セーフィコフィールドの開閉式の屋根が閉められた。

午後12時過ぎには晴れ間がのぞき、一旦屋根が開いたものの、試合が始まってしばらくすると再び雨雲が接近し、屋根は閉まったという。

実際、NHK-BSの中継でも冒頭のシーンでセーフィコの屋根が半分閉まっていて、いつもと違う違和感を感じた。これが岩隈に味方しました。

夏場のシアトルは春先とは違って極端に乾燥します。すると、打球は伸びる。しかし、この日は湿気があったので、ボールは飛ばなかった。

初回、クリス・デービスがレフトのフェンス際まで打球を運んでいる。あれが普段のシアトルの夏のデイゲームであれば、最後に失速したかどうか?場合によっては、レフトの最前列に飛び込んでもおかしくない当たりでした。


8回のダブルプレイ。中3.5日の岩隈を救った。

8回のジョナサン・スクープへの四球。この試合3つ目の四球です。7回までに90球。一般的には少ないほうですが、岩隈は後半戦に入ってから中4日でのローテーションが続いていました。

今回に関してはデイゲームだったので、いわゆる中3.5日。

ここでも紹介しましたが、前回のテキサス・レンジャーズ戦では自己最多の118球を投げており、その後しばらく体の張りが取れなかったそうだ。

それまでに1本でもヒットが出ていれば、ロイド・マクレンドン監督も躊躇することなく7回で交代させていたでしょう。無理をさせていることは分かっていた。

そうした疲れから8回のスクープへの四球。あれで1死一塁。その直後の場面でのダブルプレイは大きかった。

その時点での球数は102球。ここから2つのアウトを取るのに2人の打者と対戦していたら、8回終了時点で球数は120球近くになっていたはず。それでも無安打なら9回のマウンドに上がったはずだが、120球を超えれば球の抑えは効かなかったかもしれない。

あそこをダブルプレイで切り抜けたことは、岩隈を救った。

パーフェクトゲームとノーヒットノーランは、途中どこかで守備のファインプレーに救われるもの。

今回、それは9回に出た。デービッド・ロウ外野手のフェンス際のファウルフライ。カイル・シーガー三塁手はフェンスとの距離を慎重に計りながら好捕した。

ただ、あの打球は落としてもファウル。落としたらノーヒットが消えるというケースとはプレッシャーが違う。そういう意味では、岩隈は最後までヒット性の打球を許さなかったことになる。


岩隈の投球術を堪能できた試合

米スポーツ専門局『ESPN』の看板番組「スポーツセンター」で紹介されていたが、この日、岩隈がストライクゾーンに投げたのは40.5%で、キャリアでもっとも低い数字だったという。

数字だけを見ればノーヒッターは想像できないが、ここに岩隈の真骨頂を見ることができる。

ストライクゾーンを縦横、奥行きまで立体的に使う岩隈の投球術。際どいゾーンでボールを出し入れしながらボール球を振らせ、凡打の山を築いた。

岩隈の投球内容は、29人の打者に対し三振7、四球3、ゴロアウト11、内野フライ2(ライナー1)、外野フライ6(ライナー2)だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/08/15 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

岩隈、NO-NO日本人2人目の快挙!ダイジェスト映像  




マリナーズ岩隈久志がノーヒットノーランを達成。
14年ぶり、野茂英雄氏に次ぐ日本人2人目の快挙。
岩隈自身は日米通じて初。




マリナーズ球団史上5度目のノー・ノーを達成した右腕は、チームメイト全員とハグ。ダグアウトでテレビカメラの前に向かうと背後からアメフトでもよく見られる祝福セレモニー「ゲーターレードシャワー」を浴びた。


試合後のヒーローインタビューで、
「最終回マウンドに上がってから1人1人という感じでいこうと決めていました」、
「家族が今日見に来てくれていたので、すごく心強かったです。でも、今日は本当にたくさんの方の応援のおかげでノーヒットノーランをさせてもらった。感謝の気持ちでいっぱいです」と話すと、ホームのセーフィコフィールドはスタンディングオベーションで祝福の拍手に包まれた。

岩隈の会見コメント


岩隈投手は会見で、「フォアボールを与えていたし、点差も少なかったので、アウトを一つ一つ取ろうという気持ちでやっていた。6回ぐらいから落ちるスプリットを多めに投げてゴロを打たせようと思い、腕をしっかり振りながらボールを落とすことができた」と投球を振り返った。

岩隈NO-NO

終盤については「中4日での登板が続いていたので試合中はしんどかったし、100球ぐらいで代えてくれたらうれしいなと思っていたが、9回に先頭バッターのファールフライをサードのシーガー選手が捕ってくれたときに、『やっぱりここは記録を狙ってしっかりいかなければいけない』という気持ちになった。緊張感もだんだん出てきていたので最後のフライを捕ってもらったとき、本当にすごくうれしかった」と笑顔を見せた。

「プロ野球選手になるとき、ノーヒットノーランを一度はしてみたいという思いはあったが、できるとは思っていなかった。試合で投げるたびにアウトを一つ一つ重ねていくという思いでやってきたので、その積み重ねで達成できたのはすごくうれしい。今シーズンは前半にけがをしてチームに迷惑をかけてしまい悔しかったので、後半は自分のピッチングをしっかりして、少しでも貢献できるようにという思いでやった結果だと思う。支えてくれている家族や応援してくれているファンの方々への感謝の思いでいっぱいです」。

ESPNが紹介、岩隈の真骨頂が垣間見えるこんなデータも!


米スポーツ専門局『ESPN』の看板番組「スポーツセンター」で紹介されていたが、この日、岩隈がストライクゾーンに投げたのは40.5%で、キャリアでもっとも低い数字だったという。

そこには岩隈の投球術が映し出されている。

数字だけを見れば制球力のない投手のようだが、まったく逆。例えば、四球が少ないからコントロールが良いという捉え方があるが、大きな間違いで、制球が良い投手とは、相手にボール球を振らせられるような投手のことを言う。

この日の岩隈は、際どいゾーンでボールを出し入れしながらボール球を振らせ、凡打の山を築いた。ゴロアウトは11、フライアウト8、奪三振7という内容。岩隈の真骨頂が見られたゲームだった。

○記事参考
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150813/k10010188681000.html

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2015/08/13 Thu. 22:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

【速報】岩隈久志NO-NO達成!野茂以来、14年ぶり史上2人目の快挙  



マリナーズの岩隈久志投手が、現地時間12日のオリオールズ戦に先発し、ノーヒットノーランを達成しました。

メジャーーグでノーヒットノーランを達成したのは、日本選手では2001年、当時レッドソックスの野茂英雄さん以来、14年ぶり史上2人目の快挙です。



9回116球を投げ無安打、与四球3、奪三振7でした。今季11試合目の登板で4勝目(2敗)。

メジャーリーグの日本人選手としては野茂英雄が1996年9月7日(ドジャース、対ロッキーズ)、2001年4月4日(レッドソックス、対オリオールズ)が達成して以来3度目の快挙です。



ちなみに今季のMLBでは7月25日に当時フィリーズのハメルズが達成して以来4人目となりまが、岩隈は8月7日のレンジャーズ戦では、このハメルズに投げ勝ち、7回3失点で自身3連勝。メジャー最多の118球を投げ被安打6と好投しています。


おめでとう!岩隈!!


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2015/08/13 Thu. 07:45 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド