メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0401

メッツの新人アロンソが開幕から3試合連続安打  




 2016年のMLBドラフトでメッツから2巡指名(全体64位)のプロスペクト、ピート・アロンソが開幕ロスターを果たし、3試合連続安打中。ここまで12打数6安打3打点とスプリングトレーニングの好調を維持している。


 アロンソは昨シーズンもメッツ傘下ビンガムトンとラスベガスの2チーム合計で132試合に出場し、打率.285、36本塁打、119打点、OPS.975を記録。マイナーリーグの本塁打王にも輝いた逸材。


 バンワグネンGMに代わってオフに大型補強したメッツ。開幕戦ではナショナルズの剛腕マックス・シャーザーから2安打にもかかわらずラッキーな勝利。アロンソも2番ファーストでスタメン出場して第4打席にシャーザーから代わったジャスティン・ミラー投手からメジャー初安打を記録している。





 MLB.comでも紹介していたが、アロンソは今季の最初の2週間ほどをマイナーで過ごした場合、メッツはフリーエージェントとなるのを1年遅らせることができた。


しかし、メッツのフロントは「ベストの25人を揃えること」を最優先し、彼を開幕からメジャーのロースターに入れることを決めた。24歳のフロリダ出身の若者はそれくらい大きな期待を背負い、チームに必要な戦力と見なされている。


 記念すべきメジャー第1号本塁打は、3試合を終わってまだ出ていないが、アロンソの活躍もあってメッツは最初の同地区対決を2勝1敗で勝ち越した。


 話題のブライス・ハーパーの移籍で勢力図が変わろうとしているナ・リーグ東部地区。新人選手が低迷してきたチームにどれだけインパクトを与えるか、スポットを当てて見ていきたい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/01 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0329

《GAMEDAY》シャーザーとデグロムの剛腕対決は両者で22奪三振、カノーが価値ある2打点  



 28日(日本時間29日)、ナショナルズのホームで開催された開幕戦の注目カード、ナショナルズのマックス・シャーザーとメッツのジェイコブ・デグロムのサイヤング賞投手対決は、シャーザーが12奪三振、デグロムも10奪三振の投手戦の末、メッツが2対0で勝利している。


 全米注目、開幕戦屈指の好カード。1979年以来、40年ぶりの両リーグでのサイヤング賞1位と2位の投手対決になったが、18年サイヤング賞投票1位のデグロム、そして2位のシャーザーの投げ合いは、終わってみれば額面通りの投手戦だった。


 デグロムは6回93球で被安打5、失点0。これで昨年から続く記録は、30試合連続の失点3以内、25試合連続のクオリティースタートに更新された。走者を得点圏にを背負ってからの粘りあるピッチングが印象的だった。





まだ始まったばかりで答えを出すのは早急だが、デグロムは先日、5年1億3750万ドルで契約延長した。この日のピッチングは、相手のエースと投げ合って、その契約が間違ってなかったことを証明するような内容だった。


 一方のシャーザーも8回途中までメッツ打線を散発2安打、12奪三振と力投したが、昨年オフに電撃トレードでマリナーズから移籍してきたロビンソン・カノーに1発を食らい、8回にもシャーザーがマウンドを降りたあとの救援投手がタイムリーを打たれ2失点。


 結局、メッツが、この価値あるカノーの2打点で昨年300奪三振(メジャー17人目)の剛腕投手から貴重な1勝をもぎ取った。このナ・リーグ東部地区は、メッツのほかにもフィリーズが、ブライス・ハーパーなど大型補強で今季注目のディビジョンだ。







 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/03/29 Fri. 06:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0209

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《NL-EAST》  




 オフシーズンの移籍市場は2018年オフもゆっくりと推移した。ハーパーとマチャドは昨年のJ.D.マルティネスがそうであったようにスプリントレーニング直前まで決まらないだろう。


 ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか?各球団が、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 



今回は、その最終回、ナショナルリーグの東部地区。(日本時間2月7日時点)



■ブレーブス

ジョシュ・ドナルドソン(三塁手:FA)
ニック・マーケイキス(外野手:FA)
ブライアン・マッキャン(捕手:FA)


オジー・アルビーズ、ロナルド・アクーニャ、ダンズビー・スワンソンなど、若手が順調に伸びてきたブレーブス。そこに、ベテランでクラブハウスでメンター的な役割が期待されるマッキャンや中堅のドナルドソンが加入している。戦力的にっは35歳のマーケイキスとの再契約が大きいと感じる。


■ナショナルズ

マット・アダムス(一塁手:FA)
パトリック・コービン(左腕:FA)
ブライアン・ドージャー(二塁手:FA)
ヤン・ゴームス(捕手:トレード)
ジェレミー・ヘリクソン(右腕:FA)
ビダル・ヌーニョ(左腕:FA)
タナー・レイニー(右腕:トレード)
トレバー・ローゼンタール(右腕:FA)
アニバル・サンチェス(右腕:FA)
カート・スズキ(捕手:FA)


先発陣はパトリック・コービン、アニバル・サンチェスを獲得し、、ジェレミー・ヘリクソンとも再契約。リーグでもトップクラスだ。マット・ウィータース捕手とは再契約せず、ヤン・ゴームスとベテラン捕手カート・スズキと契約している。


■フィリーズ

ホゼ・アルバレス(左腕:トレード)
ジェレミー・ブライシュ(左腕:FA)
ロブ・ブラントリー(捕手:FA)
ドリュー・ビュテラ(捕手:FA)
フィル・ゴスリン(二塁手:FA)
ジョシュ・マーティン(右腕:FA)
マット・マクブライド(捕手:FA)
アンドリュー・マカッチェン(外野手:FA)
フアン・ニカシオ(右腕:トレード)
ジェームス・パゾス(左腕:トレード)
グレゴリオ・ペティート(遊撃手:FA)
デービッド・ロバートソン(右腕:FA)
シェーン・ロビンソン(外野手:FA)
ジーン・セグーラ(遊撃手:トレード)


本気の補強に打って出たフィリーズ。ただ、先発投手がコマ不足。外野手もアンドリュー・マカッチェンを追加したが、迫力不足だ。ここにハーパーが加わり、将来的にはマイク・トラウトが入ればフィリーたちがワクワクするような打線になる。


■メッツ

ルイス・アビラン(左腕:FA)
グレガー・ブランコ(外野手:FA)
キーオン・ブロクストン(外野手:トレード)
アルキメデス・カミネロ(右腕:FA)
ロビンソン・カノー(二塁手:トレード)
J.D.デービス(内野手:トレード)
ラジェイ・デービス(外野手:FA)
エドウィン・ディアス(右腕:トレード)
カイル・ダウディ(右腕:ウエーバー)
ジューリス・ファミリア(右腕:FA)
ディルソン・ヘレーラ(二塁手:FA)
ライマー・リリアーノ(外野手:FA)
ジェッド・ラウリー(内野手:FA)
ライアン・オルーク(左腕:FA)
ヘクター・サンティアゴ(左腕:FA)
ウィルソン・ラモス(捕手:FA)
ジャスティン・ウィルソン(左腕:FA)


GMが代わったメッツ。ということでお約束の総テコ入れがあったようだ。先発陣を除く各部門で新戦力を補充した。とくにブルペンは8人中5人が入れ替わる可能性がある。



■マーリンズ

ペドロ・アルバレス(一塁手:FA)
R.J.アルバレス(右腕:FA)
ジョン・バーティ(三塁手:FA)
オースティン・ブライス(右腕:ウエーバー)
サンティアゴ・チャベス(捕手:FA)
フリアン・フェルナンデス(右腕:ウエーバー)
ライリー・フェレル(右腕:ウエーバー)
カーティス・グランダーソン(外野手:FA)
ガブリエル・ゲレーロ(外野手:FA)
ロセル・ヘレーラ(外野手:ウエーバー)
ブライアン・ホラデイ(捕手:FA)
マイク・キックハム(左腕:FA)
ディクソン・マチャド(遊撃手:FA)
デベン・マレーロ(三塁手:FA)
ジョーダン・ミルブレイス(右腕:FA)
ブライアン・モラン(左腕:FA)
ヘクター・ノエシ(右腕:FA)
ハロルド・ラミレス(外野手:FA)
ロドリゴ・ビジル(捕手:FA)
ニール・ウォーカー(内野手:FA)


ここにリアルミュートをトレードして獲得したホルヘ・アルファーロ捕手、シクスト・サンチェス投手らが加わる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/02/09 Sat. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1205

MLB2018-2019 移籍市場動向 《捕手編》 アストロズがチリーノスと契約   




10月5日に「今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《捕手編》」と題して紹介したが、その後、多少の動きがあったので捕手たちの移籍市場の契約状況を整理してみた。


契約が決まったのは、カート・スズキとブライアン・マッキャンの2人だけだったが、ここへ来てロビンソン・チリーノスがアストロズと1年契約で合意したという情報が入ってきた。契約金額などの詳細はこの時点では分からない。


34歳のベテラン捕手ロビンソン・チリーノスの今季はレンジャーズで113試合(893イニング)にマスクをかぶった。打率.222だが18本塁打を記録しており、OPS.757。パンチ力が売りの選手。盗塁阻止率は28%、DRS(守備防御点)は-11と良くない。(データ参考


トレードではヤン・ゴームズがインディアンスからナショナルズへ移籍が決まった。ナショナルズはカート・スズキとヤン・ゴームズの正捕手クラスの2枚で2019年シーズンを戦うことになる。





アストロズはマーリンズのJ.T.リアルミュートの獲得に動いているが、マーリンズの要求する交換要員が高いままで、交渉が進展していない。


そのJ.T.リアルミュートの移籍先が気になる。彼は、昨年のオフもマーリンズとの契約延長には応じない姿勢を明確にしていた。


J.T.リアルミュートの打撃成績は、捕手ではMLBトップ。打率.277、本塁打21、OPS.825。ただ、守備面ではDRS-7と低い。この数字(DRS)は800イニング以上マスクをかぶった捕手で13人中11位。


下記を見てもらえばわかるが、ヤスマニ・グランダル、ウィルソン・ラモス、ジョナサン・ルクロイ、ニック・ハンドリー、マット・ウィータースらのベテラン捕手がFAになっているので、マーリンズが強気の交渉を続けるとトレードできない可能性もあり、彼の動向を見守りたい。


《FA捕手》
ウィルソン・ラモス(フィリーズ)
カート・スズキ(ブレーブス) →ナショナルズと2年1000万ドル
A.J.エリス(パドレス)
マーティン・マルドナード(アストロズ)
ニック・ハンドリー(ジャイアンツ)
ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)
デビン・メソラコ(メッツ)
レネ・リベラ(ブレーブス)
マット・ウィータース(ナショナルズ)
ジェフ・マシス(ダイヤモンドバックス)
ドリュー・ビュテラ(ロッキーズ)
ヤスマニ・グランダル(ドジャース)
ロビンソン・チリーノス(レンジャース)



ルーマー 


今季の捕手部門で、規定打席に達しているのは6人だけ。上のFA捕手の中では、ヤスマニ・グランダル(ドジャース)だけになる。


ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)は、126試合に出場しているが規定打席には達していない。WBCアメリカ代表の捕手だが、打率.241、本塁打4、OPS.617と今季も打撃面では振るわない。


DRSも-11で、チリーノスと同じ。800イニング以上で比較すると13人中12位。盗塁阻止率28%。32歳だが過激なポジションだけに体力的にはピークを過ぎたのかもしれない。


32歳のマーティン・マルドナード(アストロズ)は大谷翔平と組んでいたことで日本では有名になったが、エンゼルスに移籍する前は、ブルワーズで、ルクロイのバックアップ捕手だった。


夏にアストロズに電撃移籍し、今季は、2球団で打率.225、本塁打9、OPS.627。DRSは4位。あまり大したことのない成績だが、それでもゴールデングローブ賞を取った17年と同程度のスタッツで、今季の390万ドル以上のサラリーを手にするかもしれない。


34歳のブライアン・マッキャンはブレーブスと1年200万ドルで契約。地元アトランタ出身のベテランは13年以来のブレーブス復帰になった。 今季はひざの故障で2回故障者リストに入ったが、若いチームの精神的支柱になれる選手だろう。


関連記事

Posted on 2018/12/05 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1205

ナショナルズが先発左腕パトリック・コービンと6年1億4000万ドルで合意  




パトリック・コービンは、ヤンキースではなくナショナルズを選んだ。


米スポーツサイト「ファンクレッドスポーツ」でジョン・ヘイマン記者は、ダイヤモンドバックスからフリーエージェント(FA)になっていたパトリック・コービンがワシントン・ナショナルズと6年1億4000万ドルで合意したことを伝えている。


コービンはダイヤモンドバックスから、今季1790万ドルに設定されているクオリファイング・オファーを提示されていたが、これを拒否していた。





コービンに関しては、ナショナルズ以外に、ヤンキースやフィリーズも獲得に乗り出して3球団との面談を行ったという情報も流れており、今オフの注目左腕の移籍先に関心が集まっていた。


ヤンキースが提示したのは5年1億ドルで、コービン側はナッツが提示した6年契約を選択したようだ。フィジカルチェックを経て正式契約が結ばれる。





コービンはメジャー6年目の29歳。14年のトミー・ジョン手術から完全復活を遂げ、今季は13年に続いて2度目となるオールスター・ゲームにも選出された。


データ的には13年以来、2度目の200投球回を達成。しかも防御率3.15、246奪三振、WHIP1.05はいずれも自己ベストを大幅に更新。246奪三振はナ・リーグ3位で、技術的にはスライダーの使い方が改善されている点などが報告されていた。


コービン本人は、ニューヨーク州シラキュース出身で、子供の頃からヤンキースファン。当然、家族もヤンキースファンだという。


契約がまとまらなかったヤンキースは、ポスティング制度で埼玉西武ライオンズからメジャー移籍を表明した27歳左腕・菊池雄星をリストアップする可能性が出てきた。


また、インディアンスがエース右腕のコリー・クルーバーやカルロス・カラスコに対するトレードのオファーを受け付ける方針を明らかにしており、ヤンキースがこれらの投手の獲得に動く可能性もあるという。


◇記事参考
https://www.mlbtraderumors.com/2018/12/nationals-to-sign-patrick-corbin.html


関連記事

Posted on 2018/12/05 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1031

ポストシーズン進出10球団の総年俸比較 レッドソックスは「ぜいたく税」の対象に!  

 


MLBで今季ポストシーズン進出を果たした10球団の選手年俸を単純に比較した。


★アメリカンリーグ

レッドソックス 2億4000万ドル
インディアンス 1億4000万ドル
アストロズ 1億6300万ドル
ヤンキース 1億8100万ドル
アスレチックス 7600万ドル



☆ナショナルリーグ

ブレーブス 1億2300万ドル
ブルワーズ 1億900万ドル
ドジャース 1億9400万ドル
ロッキーズ 1億4400万ドル 
カブス 1億9700万ドル


リーグの平均総年俸は約1億3900万ドル。30球団のトップはレッドソックス、2位はジャイアンツ、3位はドジャース、4位がカブス、5位がナショナルズ。


レッドソックスとナショナルズがぜいたく税の対象になる球団で、レッドソックスは、シーズン途中のイアン・キンズラー内野手、ネイサン・イオバルディ投手の獲得などで開幕時の2億3390万ドルから2億3840万ドルに上昇。ぜいたく税の支払いは940万ドル(10億6000万円)から1130万ドル(約12億8000万円)になる見込み。


ドジャース、ジャイアンツは回避できそうだという報告もある。ドジャースは5年間で1億5000万ドル(約170億円)のぜいたく税を支払っていた。


ヤンキースは、数年前から内部育成に切り替え、その結果、若手が増えたので、以前ほど高くはないが、それでも全体で6位。2003年にぜいたく税が導入されてから、15年連続で支払いの対象となり、累計で3億4100万ドルを支払ったとされるヤンキースだが、基準額以内に抑制したことで来季は回避して、リセットできそうだ。


大谷翔平所属のエンゼルスは意外と多く支払っていて30球団中7位になっている。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


逆に最低はレイズ。アスレチックスも28位で、この両チームは、スモール・バジェットで有名。今季の躍進を見れば費用対効果の良かった球団ともいえる。上のリストでは、ブルワーズやブレーブスも平均以下で、そうした球団かもしれない。


総年俸には、例えばレッドソックスのペドロイア内野手のような故障者リストの選手も含まれている。不良債権といえばかわいそうな気もするが、そうした不良債権額ではジャイアンツがトップで2位がエンゼルス、3位がメッツ。この3チームは当然の事ながらポストシーズンへの進出はならなかった。


多くのMLB球団ではデータを、「戦略・編成」「戦術・作戦」「育成」「故障・非常時」の4つの系統に分けて扱う。


期待値として戦力分析をして年間計画をつくる各球団だが、もっとも見きわめが難しいのが「故障・非常時」だろう。これを読み違えばジャイアンツやエンゼルス、メッツのようになるのかもしれない。



◇参考資料
https://www.rosterresource.com/mlb-depth-charts/
https://www.spotrac.com/mlb/payroll/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/31 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1013

【MLB移籍情報】来季に向けて早くもナショナルズとマーリンズでトレード成立  



 メジャーリーグのストーブリーグはすでに水面下で進んでいる。

2012年に初の地区優勝を遂げたナショナルズ。それ以降は下記のように地区の盟主としてポストシーズンの常連チームになっているが、2018年シーズンは、8ゲームの差をつけて2位に甘んじている。


2012年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2013年 東部地区2位
2014年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2015年 東部地区2位
2016年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2017年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退


そのナショナルズが覇権を取り戻すべく早速チームの補強に乗り出した。


現地10日、ナショナルズはマーリンズから救援右腕のカイル・ベアクローを獲得。このトレードで、マーリンズはインターナショナル・ボーナスプール・マネー(金額不明)を獲得した。


メジャーキャリア4年、28歳の右腕は6月には7セーブ、防御率0.00という成績で「月間最優秀救援投手」に選出されたが、終わってみれば61試合55回2/3イニングで防御率4.20。すべてのスタッツでキャリア最低のシーズンだった。


MLB公式サイトによると、MLB全体15位(防御率)のブルペンを立て直すためにナショナルズは、彼のバウンスバックを期待してのトレードだったようだ。


一方、オーナーが変わり新体制で、ほとんどの主力をシーズン前のファイヤーセールで放出したマーリンズ。チーム再建モードの1年目を終了したが、ホセ・ウレーニャ、ダン・ストレイリーといった先発投手の放出を模索しているという。


さらに、狙いはインターナショナル・フリーエージェント市場でのキューバ選手。


具体的にはビクトル・ビクトル・メサ、ビクトル・メサJr.、サンディ・ガストンの名前が挙がっているが、そのためのインターナショナル・ボーナス・スロットが今回のトレードでの目的だったという。


マーリンズは先日も17年ドラフト5巡目の22歳右腕ライアン・リリー投手をレッズへ放出して、そのためのボーナスプール・マネーを獲得している。


関連記事

Posted on 2018/10/13 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1012

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《右翼手編》  




2018-19のFA市場は、ブライス・ハーパー外野手、マニー・マチャド内野手のトップ2に加えて、現在、メジャーNO.1の左腕クレイトン・カーショーも残りの契約(3年1億500万ドル)を破棄してFAを選択する可能性が高い。これらの選手に関しては、ストーブリーグで複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


ハーパー


そんなFA市場のポジション別注目選手をピックアップ。今回は右翼手を紹介したい。


《右翼手》
ブライス・ハーパー(ナショナルズ) 
ニック・マーケイキス(ブレーブス)
カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)
アンドリュー・マカッチェン(ヤンキース)
ジョン・ジェイ(ダイヤモンドバックス)
ロニー・チゼンホール(インディアンス)
メルキー・カブレラ(インディアンス)
ホゼ・バティースタ(フィリーズ)
カルロス・ゴメス(レイズ)
クリス・ヤング(エンゼルス)
ジェイソン・ヘイワード(カブス)※オプトアウト可能
ヤスマ二・トマス(ダイヤモンドバックス)※オプトアウト可能



2017-18オフシーズンのFA市場で、契約が成立した上位50名は、契約年数、契約総額の両面だけで比較しても過去に例のない低レベルで、しかもスローペースだった。

次の年にハーパーやマチャド、そして、カーショー。史上最高となるような大型契約が成立する可能性もあると予想され、その事が冷え切ったFA市場の一因となったのかもしれない。

各球団とも次の年に備えて「軍資金」を残しておきたいからだ。


ルーマー 


ブライス・ハーパーが来シーズンにどのチームのユニフォームの着るのかは最大の関心事になりそうだ。

ナショナルズは、シーズンオフにハーパーの再契約に動くものと見られ、まずはクオリファイングオファーを提示すると思われる。

ナショナルズのオーナーであるテッド・ラーナー氏は総資産が51億ドル(約5600億円)と資金力には余裕があり、90歳を越える年齢ということもあって、ワールドシリーズ制覇という最後の夢のためであれば投資を惜しまない人物らしい。

ハーパーの代理人スコット・ボラス氏とも親しくマックス・シャーザーやスティーブン・ストラスバーグの時も7年で2億ドル前後という長期契約を結んだ。

来季26歳のハーパーとは10年3億ドルから4億ドルという巨額が動くという噂もある。

そうなってくると出せる球団は限られる。ジョン・ヘイマン氏によればナショナルズを含めて彼を狙っているチームは7球団あるということだった。

ヤンキースは、ハーパーの家族がヤンキースファンで、以前からヤンキースが大金をはたいて獲得するという噂があったが、その後、ジャッジが登場し、スタントンを獲得したチームには外野手があふれている。

右のホームランバッターばかりで左打ちのハーパーを加えれば、凄い打線になることは間違いないが、三塁手のミゲル・アンドゥハーは守備が酷く、一塁手へのコンバートも検討されているくらいで、遊撃手のディディ・グレゴリウスが19年までしかコントロールできない状況を考えるとマッチするのは、マニー・マチャドだろう。

ヤンキース以外で巨額の契約金を動かせるとすればドジャースだが、エース左腕カーショーがオプトアウトした場合に引き留め工作には多額の資金が必要だから、ハーパーをドジャースが狙いに来る可能性は低い気がする。

ジョン・ヘイマン氏によるとドジャースのスタン・カステン球団社長は、ナショナルズ時代にハーパーを指名した経緯があるという。

その後もハーパーの家族とコンタクトを継続している。ナショナルズがロサンゼルスに来ると、ラスベカスからやってくるハーパーの両親と会っているらしい。

ドジャースよりも外野手の長距離砲が欲しいのは、ジャイアンツ。ハーパーのホームタウンであるネバダ州からも近い。

ただ、ジャイアンツは、スタントン争奪戦にも敗れた経緯があり、王朝復活を目指してGMも解雇されるという報道があり、そうなれば流動的でハーパー争奪戦に加わるかどうかは不透明だ。

ほかに、ブレーブスやフィリーズ、カブスなども名前が挙がっている。左翼手に関しては第2弾で他の選手も紹介したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/12 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1008

ナショナルズはブライス・ハーパーとの再契約に消極的?  




今季終了後にフリーエージェントとなるワシントン・ナショナルズのブライス・ハーパー外野手。その去就に関しては、ニューヨーク・ヤンキースの移籍説や25歳という若さから長期契約で総額4億ドル(455億円)という巨額の契約金も噂されている。


ハーパーの今季は、オールスター前までは打率.214と低迷したが、オールスターブレイク後は打率.294と復調。シーズン通算では34本塁打を放ち、自身初となる100打点にも到達した。


移籍問題に関して本人は、「ドジャースでプレイすることがどんな感じなのかはわからない。ヤンキースでプレイすることがどんな感じなのかもわからない。僕が知っているのはワシントンD.C.(=ナショナルズ)のことだけだからね」と語っており、プロ入りから8シーズンを過ごしたナショナルズに愛着を感じ再契約に前向きな発言をしている。


ハーパー1


しかし、ここにきてナショナルズのオーナーサイドは再契約に関して積極的ではないとの情報が伝えられている。


CBSスポーツのMLBアナリストであるジム・ボウデン氏が、ナショナルズが、ハーパーと再契約する可能性は低いという見解を示している。MLBでレッズとナショナルズのGM職を務めたことがあるボウデン氏だけに注目の発言だろう。


ボウデン氏によればナショナルズの来季の外野陣は、ライトにアダム・イートン、センターにビクター・ロブレス、レフトにフアン・ソトという選手が揃い、ハーパーがいない編成で固まりつつあるという。


さらに、オーナーサイドのスタンスとして「現実としては、ブライス・ハーパーとの再契約に必要となるような年数と金額を約束する準備はできていないとの話をオーナーサイドから耳にしている。九分九厘、彼はナショナルズを去ることになるだろう」という事も付け加えた。


その上でボウデン氏は、ハーパーの新しい契約先をシカゴ・カブス、ロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・ヤンキース、フィラデルフィア・フィリーズ、アトランタ・ブレーブスといった球団の名前を挙げた。


ハーパーの代理人は敏腕のスコット・ボラス氏、オーナーとはマックス・シャーザーとの契約(7年2億1000万ドル)など巨額の契約をまとめた実績もあり、まだまだ流動的だが、ハーパーが来季にどこのユニフォームを着るのか、そして、その契約金はいくらになるのか、ストーブリーグの大きな話題になることは間違いなさそうだ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   


関連記事

Posted on 2018/10/08 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0927

マックス・シャーザーが年間300奪三振の金字塔、17人目の快挙  




メジャーを代表する右腕マックス・シャーザー(ナショナルズ)が、シーズン300奪三振に到達した。


これは、100年を越えるメジャーリーグの歴史の中で1900年以降で17人目という偉業だ。試合数が増えた近年でも1990年以降でシーズン300奪三振は他にカート・シリング、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、クレイトン・カーショー、そしてクリス・セールのたった5人しかいなかった。


Dn_pudDX0AAwutM.jpg


2008年にダイヤモンドバックスでデビューしたシャーザー。その凄さは、2009年から10年連続30試合以上に登板、シーズン200イニングを今季も含めて6年連続でクリアしているそのタフさだろう。


先発投手の目標でもあるこうした数値をクリアして、これまでに最多勝とサイ・ヤング賞にそれぞれ3回輝き、2015年には史上6人目となるシーズン2度のノーヒットノーランを達成。最多奪三振のタイトルは16年から2年連続で獲得している。


今季は、WAR9.7という驚異の数値。33試合、220回2/3、18勝7敗、防御率2.53、WHIP0.911、FIP2.65、奪三振率12.2、与四球率2.1と非の打ち所がない成績で3年連続4回目のサイ・ヤング賞も見えてきた。





シャーザーは、節目の300奪三振について「この数字に到達することを夢見ていた。コンスタントにマウンドに立ち、三振を奪うことがいかに難しいかを知っているからね」とコメント。「どうしてもこれをここ、本拠地で成し遂げたかった」とし「ファンの素晴らしいサポートがあった」と感謝の言葉を残した。



関連記事

Posted on 2018/09/27 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド