メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0713

MLBホームランダービーは若手の競演!地元のB.ハーパーが5年ぶり出場  




MLBオールスターゲーム前日に行われるホームランダービー出場者が発表された。

顔ぶれを見ると若手が中心。現地11日終了時点で本塁打部門トップのJ.Dマルティネス(レッドソックス28本)やマイク・トラウト(エンゼルス25本)ら上位選手は辞退している。

また、昨年の覇者であるアーロン・ジャッジ(ヤンキース25本)も出場を辞退している。


Dh6dSiKXUAAkHo5.jpg


ナショナルズの地元開催ということでブライス・ハーパーが2013年以来5年ぶり2度目となる参戦。その他の7選手はいずれも初出場で、平均年齢26歳、実質メジャー2~3年という売り出し中の選手が多い。

せめて、夏の移籍が話題のマニー・マチャド。ロッキーズのノーラン・アレナド、レッドソックスのムーキー・ベッツなど、ここまで20本以上の選手たちが出場して欲しかった。


出場選手8名はシード順の高い順に

m8jJ3I4Y.jpg 

ヘスス・アギラール(ブリュワーズ23本)
ブライス・ハーパー(ナショナルズ22本)
マックス・マンシー(ドジャース21本)
アレックス・ブレグマン(アストロズ19本)
カイル・シュワーバー(カブス17本)
ハビアー・バイエズ(カブス18本)
フレディ・フリーマン(ブレーブス16本)
リーズ・ホスキンズ(フィリーズ14本)



1回戦では第1シードのアギラーと第8シードのホスキンス、第2シードのハーパーと第7シードのフリーマン、第3シードのマンシーと第6シードのバイエズ、第4シードのブレグマンと第5シードのシュワーバーが対戦する。


※トーナメント表におけるシード順は日本時間7月11日時点での本塁打数により決定。同数の場合は同6月16日以降の本塁打数が多い選手が高いシード順を得る。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/13 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0620

【MLB移籍情報】ナショナルズがロイヤルズからケルビン・ヘレーラを獲得  



 ロイヤルズとナショナルズの複数トレードが成立した。ナショナルズはロイヤルズからマイナー3選手との交換でクローザー、ケルビン・ヘレーラを獲得。

メジャーリーグの大物記者ジョン・ヘイマン氏が「Top 40 MLB trade candidates」というタイトルで、この夏のトレード候補選手たちを紹介しているが、ヘレーラは5位にランク付けしている。

 ヘレーラは、ロイヤルズで6年連続50試合以上登板。そのうち、4回は70試合以上に登板している。18年シーズンまでのKCでの7年間で415試合に登板して防御率2.86と安定した数字を残している。

今季もクローザーとして14セーブ、防御率1.05をマーク。最速102.8マイル(約165.4キロ)のフォーシームを投げ込む速球派のリリーバーだ。オールスターゲームにも15年と16年の2度選出されている。

 ナショナルズがロイヤルズに交換要員として差し出すのは、MLBプロスペクトランキングでナショナルズの10位ケルビン・グティエレス内野手、同11位のブレイク・パーキンス外野手、右腕のヨハンセ・モレル投手の3選手。

 今季、ここまでア・リーグ中部地区で22勝51敗(勝率.301)で地区最下位、この夏のトレード期限前の「売り手」球団になったロイヤルズが、ナ・リーグで毎年プレイオフに進出するもののワールドシリーズまで勝ち上がれないナショナルズとのトレードが成立したことになる。

 先発投手は防御率でMLB30球団中2位、これに対してブルペンは同10位と、この数年、クローザーを中心としたブルペン陣の補強が懸案事項だったナショナルズが早々とこの夏の補強に着手したことになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/20 Wed. 15:46 [edit]

CM: --
TB: --
   

0606

マックス・シャーザーが9球で3者三振!8回13Kで10勝一番乗り  



 メジャーリーグを代表する右腕マックス・シャーザーは5日(日本時間6日)、レイズ戦に先発し、8回2失点の好投で両リーグ通じてハーラー単独トップとなる10勝目をあげた。

6回のピッチングが圧巻だった。わずか9球。3者連続で空振りの3球三振に切って取った。



 相手の下位打線だったが、8番フィールド、9番アローヨ、1番ロバートソンは、バットにかすりもしなかった。この間、フォーシーム5球(最速96.8マイル)、スライダー2球、チェンジアップ2球を投じ、見送りのストライク3球、空振り6球だった。


Lefty Grove (HoF)
Sandy Koufax (HoF)
Nolan Ryan (HoF)
Randy Johnson (HoF)
Max Scherzer (Active)


 シャーザーにとっては昨年に続き2回目の9球3三振だが、MLB公式サイトによると、この記録を3回マークしたのはサンデー・コーファックス、2回がノーラン・ライアン、ランディ・ジョンソン、レフティ・グローブとマックス・シャーザーの5人しかいないという。

8回に2失点したが、この日は8回99球(ストライク81)、被安打5、無四球、奪三振13、失点2。これで今季の防御率は1.95(MLB3位)、奪三振数は133でMLB1位。

 試合は4対2でナショナルズが勝利してシャーザーは両リーグ最速の10勝目を圧巻のピッチングで飾った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/06/06 Wed. 12:51 [edit]

CM: --
TB: --
   

0410

M.シャーザー10奪三振完封、J.バーランダーも7回9奪三振で2勝目  




大谷翔平は週間MVPを獲得したが、エリートズターター達も快投を演じている。

ナショナルズのマックス・シャーザーは日本時間11日、本拠地のブレーブス戦で9回無失点の完封劇を演じている。許した安打は2安打のみ。初回に味方打線があげた2点を最後まで守りきった。102球を投げてストライクは72。10三振を奪う快投だった。

シャーザーは、2勝1敗、防御率0.90、WHIP0.80。7回には自身初の盗塁も記録している。



昨季、2年連続3度目のサイ・ヤング賞を受賞したマックス・シャーザーだが、完封勝利は15年以来。

10日のアストロズ対ツインズ戦では、アストロズ先発のジャスティン・バーランダーが7回無失点の好投を見せた。バーランダーは散発の4安打に抑え、1四球9奪三振だった。これで今季3試合に先発して2勝0敗、防御率1.45、WHIP0.96。




昨年途中に優勝請負人としてアストロズに移籍。アストロズのレギュラーシーズンで8試合に先発して7勝負けなし。

35歳の右腕は衰えを知らないピッチングで、通算190勝(114敗)をマークしている。今シーズン中には200勝に到達しそうだ。

なお、この試合ではツインズ先発のランス・リンも5回無失点と好投している。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/04/10 Tue. 19:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0212

【MLB移籍情報】マーリンズのリアルミュート捕手にアストロズもトレード打診  




デレク・ジーターCEOは、シーズンチケットを売るどころか、ペイロール削減のために主力選手を“ファイヤーセール”してマイアミのファンから不評を買っている。

そのマイアミ・マーリンズで次に放出されそうなのが、捕手のJ.T.リアルミュート。主力放出の中で、当初は、チーム再建のコアとしてイエリッチ外野手と共に名前が挙がっていたが、イエリッチもトレードを希望、彼もチームを去りそうな状況だ。

26歳のリアルミュートは昨年、キャリアハイの17本塁打をマーク。打率.278、17本塁打、65打点。

メジャー30球団で、規定打席を上回った捕手は、ジャイアンツのポージー、ヤンキースのサンチェス、カージナルスのモリーナと彼の4人しかいない。141試合は捕手部門で最多出場になる。

ファンタジーベースボールでも、捕手部門でサンチェス、コントレラス、ポージーについて4位の評価だ。サラリー面を見ても年俸調停1年目。今後の伸びしろを考えても290万ドルは格安と言える。


Top ten fantasy baseball catchers entering 2018:
1). Gary Sanchez NYY
2). Willson Contreras CHC
3). Buster Posey SF
4). J.T. Realmuto MIA
5). Wilson Ramos TB
6). Evan Gattis HOU
7). Salvador Perez KC
8). Yadier Molina STL
9). Wellington Castillo CHW
10). Jonathan Lucroy
(MLB)



そのリアルミュートに関しては、以前にナショナルズがトレードを打診したが、マーリンズが、ナショナルズのトッププロスペクトであるビクター・ロブレス外野手やホアン・ソト外野手などを要求したためペンディング状態が続いている。

そして、スプリングトレーニングを間近に控えてアストロズが、アプローチをかけているという報道が流れた。

シリウスXMラジオのクレイグ・ミッシュ氏のツイートなどを受けてMLB公式サイトなどが詳細を報道。それによるとアストロズがトレード交渉を行い、マーリンズは交換要員としてトッププロスペクトのカイル・タッカー外野手を要求しているという。

ほかには、交換要員としてアストロズの先発投手コリン・マクヒューの名前も挙がっている。


リアルミュート


スタントン、オズーナ、イエリッチというメジャー屈指の外野陣を一気に放出したマーリンズは、外野手も補強ニーズ。

ナショナルズは、ブライス・ハーパー外野手が2018年シーズン終了後にFAで、以前から「ヤンキースが狙っている」との噂もあり、簡単には外野手のプロスペクトを手放せない状況が考えられる。

これに対してアストロズは、ジョージ・スプリンガー、ジェイク・マリスニック、ジョシュ・レディックを3年間コントロールでき、デレク・フィッシャーも控えているため、外野手のプロスペクトを手放せる状況。

また、アストロズは主力捕手のブライアン・マッキャンとエバン・ギャティスがベテランで、残りの契約期間も少なく、中期的視野に立てばJ.T.リアルミュートの獲得に本腰を入れることは、今後の覇権を考えても懸命な判断と言える。


◇こちらの記事を参考にしています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/astros-intersted-in-realmuto/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/02/12 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0129

【MLB移籍情報】マーリンズ、正捕手リアルミュートまで放出かっ!  




経営陣が変わったマーリンズは、このオフにジャンカルロ・スタントン、マーセル・オズナ、ディー・ゴードンを放出。そして、それを見たクリスチャン・イエリッチは不平をぶちまけてトレードを志願、ブルワーズへ去った。

クリスチャン・イエリッチと同様に年俸削減のために主力選手のファイヤーセールに落胆して不協和音が聞こえていた正捕手J.T.リアルミュートもトレードを志願。

メディアによればJ.T.リアルミュートのトレード交渉にナショナルズが積極的に動いているという。

ファンラグスポーツのジョン・ヘイマン氏が伝えたところでは、マーリンズは質の高いプロスペクトを要求。具体的には外野手のトッププロスペクトのビクター・ロブレス外野手を要求しているということだ。

ビクター・ロブレスはドミニカ共和国出身の20歳で、2017年には早くも2Aから飛び級でメジャー昇格し、24試合に出場している。

ロブレスは、2017年開幕時点のプロスペクトランキングでは、BPがMLB全体7位、MLB公式サイトが同8位、BAが同13位にランク。シーズン終了後にはMLB公式サイトが大谷翔平、ヤンキースのグレイバー・トーレスに次ぐ3位にランクしていた。

先日発表された最新版のMLB公式サイトのポジション別プロスペクト・ランキングでは外野手の3位、全体TOP100では6位にランクインしている。

現時点でナショナルズが保有するNo.1プロスペクトである事には間違いないだろう。

26歳のJ.T.リアルミュートは昨年、141試合に出場し打率.278、出塁率.332、長打率.451、OPS.783、17本塁打という成績を残し、打てる捕手というイメージで、イエリッチと共に新生マーリンズの核になるような選手だった。

2018年が年俸調停1年目で、まだ合意していない状態だが、チーム側が290万ドル、リアルミュート側が350万ドルをそれぞれ希望額として提示していると報じられているが、いずれにしても格安といえる年俸だ。

ナショナルズには正捕手として今年32歳になるマット・ウィータースがいるが、2017年は打率.225、出塁率.288、長打率.344、OPS.632、10本塁打、52打点と振るわなかった。

選手オプションの契約があり、ウィータースはそれを選択してもう1年ナショナルズに在籍することになるが、トレードが決まれば正捕手争いが楽しみになる。

マーリンズは、トレードで移籍してきたばかりのスターリン・カストロまでもがトレードを志願しているという報道もあり、以前のオーナー同様、投機目的で球団を保有するようなイメージがして、個人的には最も魅力のない球団になってしまった。

人気回復のために、イチローを呼び返して「1番・ライト」で起用してくれれば話は別だが・・・。



こちらのサイトを参考にしています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/nationals-interested-in-realmuto/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/01/29 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0103

メジャーのぜいたく税は5球団に課税 最多は4年連続でドジャース  




メジャーリーグで年俸総額が規定額を超えた球団への課徴金(ぜいたく税)が、5球団に課されることになった。

2003年からの現行制度で16年が最多の6球団、17年はそれに次ぐ5球団になった。2017年の課税対象額は1億9,700億ドル。これを超えた球団に課徴金が課せられる。

球団別では、ドジャースが3,620万ドル、ヤンキースが1,570万ドル、ジャイアンツが410万ドル、タイガースが370万ドル、ナショナルズが145万ドルを課せられる。

ドジャースは4年連続最多。ヤンキースは課徴金制度が導入されてから 15年連続となった。ナショナルズは初の課税となった。


blog_import_54ca745572dda.jpg 


【メジャーリーグ課徴金の推移】


2018 1.97億ドル

2017 1.95億ドル
ドジャース 3620万ドル
ヤンキース 1570万ドル
ジャイアンツ 410万ドル
タイガース 370万ドル
ナショナルズ 145万ドル

2016 1.89億ドル
ドジャース 3180万ドル
ヤンキース 2740万ドル
レッドソックス 450万ドル
タイガース 400万ドル
ジャイアンツ 340万ドル
カブス 296万ドル

2015 1.89億ドル
ドジャース 4360万ドル
ヤンキース 2610万ドル
レッドソックス 180万ドル
ジャイアンツ 130万ドル

2014 1.89億ドル
ドジャース 2662万ドル、ヤンキース 1833万ドル


2013 1.78億ドル
ヤンキース 2800万ドル、ドジャース 1140万ドル


2012 1.78億ドル
ヤンキース 1890万ドル


2011 1.78億ドル
ヤンキース 1390万ドル、レッドソックス 340万ドル


2010 1.70億ドル
ヤンキース 1800万ドル、レッドソックス 150万ドル


2009 1.62億ドル
ヤンキース 2569万ドル


2008 1.55億ドル
ヤンキース 2686万ドル、タイガース 130万ドル


2007 1.48億ドル
ヤンキース 2388万ドル、レッドソックス 606万ドル


2006 1.365億ドル
ヤンキース 2600万ドル、レッドソックス 50万ドル


2005 1.28億ドル
ヤンキース 3398万ドル、レッドソックス 416万ドル


2004 1.205億ドル
ヤンキース 2596万ドル、レッドソックス 315万ドル、エンゼルス 93万ドル


2003 1.17億ドル 
ヤンキース 1180万ドル






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/01/03 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1224

【MLB移籍情報】ナッツがリリーフ右腕ブランドン・キンツラーと再契約  




ワシントン・ナショナルズは現地22日、リリーフ右腕ブランドン・キンツラー投手と2年1,000万ドル(約11億3,000万円)で正式契約した。

33歳のキンツラーは今季、ミネソタ・ツインズで45試合、45.1回で防御2.78、WHIP1.15、28セーブを挙げてオールスターに選出された。

その後、7月末にナショナルズへトレード。主にセットアッパーとして起用され、27試合で2勝1敗1セーブ、10ホールド。やや数字を落として防御率3.46だったが、2チーム合計では自己最多となる72試合に登板し、4勝3敗29セーブ・防御率3.03だった。

今季の契約金は2チームで292万5,000ドルだったが、今回の再契約で年平均500万ドルにアップした。

この契約には2019年の契約オプションもついており、球団側が行使した場合は年俸1,000万ドル、それが破棄されてもキンツラー側から年俸500万ドル(約5億7,000万円)で行使する権利がある。また登板数に応じたインセンティブも設定されている。

今季97勝で東部地区を制覇したナショナルズだが、シーズン中は、特に前半戦でブルペン、なかでもクローザーが定まらず苦しんだ。

クローザーのマーク・マラソンがFAになって、シーズン当初は、内部昇格で若手のブレイク・トレイネンでスタートしたが、これが誤算。夏にアスレチックスからショーン・ドゥーリトルと37歳のライアン・マドソン、ツインズからキンツラーをトレードで獲得した。

キンツラーは、今季も試合の後半の重要な場面を任されることになりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/24 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1007

【NLDS】ナッツとカブスのDS先発投手が判明  




ナ・リーグの東部地区優勝ナショナルズと中部地区優勝のカブスが対戦するナ・リーグ・ディビジョンシリーズ(NLDS)の第3戦までの先発投手が発表された。

-XwzQdlK.jpg 


☆GAME1
カイル・ヘンドリクス(カブス)
スティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)

☆GAME2
ジョン・レスター(カブス)
ジオ・ゴンザレス(ナショナルズ)


☆GAME3
マックス・シャーザー(ナショナルズ)
ホセ・キンタナ(カブス)



ナッツのエース、シャーザーはレギュラーシーズンの最終登板で右脚を負傷した為、その状態を見てダスティ・ベーカー監督は第3戦にした。

なお、第1戦は既に始まっており、カブスの先発ヘンドリクスがナッツ打線を7回、被安打2、無失点に抑える好投で2対0とリードして試合は続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/07 Sat. 10:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

1001

MLB2017 ポストシーズンの対戦カード決まる  



ナショナルリーグで残り一つの席をロッキーズとブルワーズが争っていた「ワイルドカード」は、ブルワーズが現地30日、カージナルスに6対7で逆転負けし、マジック1としていたロッキーズの進出が決まった。

この結果、地区シリーズ(NLDS)の組み合わせは、中部地区優勝のカブス対東部地区優勝のナショナルズ。ロッキーズとダイヤモンドバックスの「ワイルドカード」勝者対勝率1位のドジャースとなった。

結局、ナ・リーグはオールスター前から予想された3チームがポストシーズンに進出した。ドジャースは103勝58敗(.640)でMLB最高勝率。ホームフィールド・アドバンテージを獲得している。


DLAnxdDUMAANEDU.jpg


一方、アメリカンリーグは東部地区でレッドソックスが優勝し、地区シリーズ(ALDS)はレッドソックスと西部地区優勝のアストロズ、勝率1位のインディアンスは、ヤンキースとツインズの「ワイルドカード」勝者と対戦することが決まった。

ちなみに、レドソックスの地区連覇は1969年の地区制導入後初ということだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/01 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド