メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0208

【MLB移籍情報】ダルビッシュ争奪戦、ツインズも正式にオファー  



空前絶後の事態に陥っているメジャーリーグの移籍マーケット。バッテリーのスプリングトレーニングまで1週間をきったが、未だにダルビッシュ、アリエッタ、ホズマー、マルティネスといったFAトップ4の移籍先が決まらない異常事態だ。

ダルビッシュ有の移籍先は?イチローは?上原浩治はどうなるのか?

個人的な関心は、そこに絞られるが、USAトゥデイのボブ・ナイチンゲールがダルビッシュらエリートFA選手たちの契約を予想している。

それらを参考にしてまとめるとダルビッシュに関しては、カブス、ブルワーズ、ツインズの3球団がエース格のスターターを必要としているが、ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)の6年2億650万ドル、デビッド・プライス(レッドソックス)の7年2億1,700万ドル規模の契約は提示されておらず、カブスと5年1億2,500万ドルという契約を予想している。

大きなマーケットを持つヤンキースとドジャースが、ペイロールを1億9700万ドル以内に抑えたい方針で、トレードで予算を作れるかが、今後の動向のカギを握りそうだが、可能性は低いという。

ジョニー・クエト(ジャイアンツ)の契約金6年1億3,000万ドルあたりが、今後の攻防戦になるだろうという予想もしている。





アービン・サンタナが利き手の中指の手術で開幕絶望になったツインズが、ここへ来て5年1億ドル以上のオファーを出したという移籍情報サイトの記事もあるが、それでは、カブスの5年125億ドルというナイチンゲール記者の予想額を下回り、ディスカウントした内容なので決まらない気がする。

ダルビッシュ以外でも、トミー・ジョン手術から見事に復活を遂げてナ・リーグトップの41セーブを挙げたクローザーのグレッグ・ホランドも決まっていない。

ロッキーズの開幕からの躍進は、彼の連続セーブが勝利の快進撃を支えた。ダルビッシュ同様に、こうした苦境を乗り越えた選手は好きだが、ロッキーズが提示した1,740万ドルのクオリファイング・オファーを蹴った。


グレッグ・ホランド


同じトップクローザーのウェイド・デービスがドジャースと3年5,200万ドルで合意しているので、それに近い契約を手にして欲しい。

ここまで来たら、個人事業主である選手たちが、代理人たちと契約内容を十分吟味して球団相手に納得のいくストーブリーグにして欲しい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/08 Thu. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0112

メジャー開幕カードに大谷のエンゼルス、田中のヤンキースらが登場  




MLB(メジャーリーグ機構)が18年シーズンの公式日程を発表している。それによれば、現地3月29日(日本時間3月30日)に両リーグ同日で開幕する。

時間の速い順に下記の4カードが組まれている。

カブス@マーリンズ(マーリンズ・パーク)
ヤンキース@ブルージェイズ(ロジャース・センター)
エンゼルス@アスレチックス(オークランド・コロシアム)
ジャイアンツ@ドジャース(ドジャー・スタジアム)


名将マッドン監督率いるカブスが、マイアミに乗り込んでデレク・ジーターCEOの新生マーリンズと対戦。開幕戦か孤高のリリーバー田澤純一の勇姿が見られるかもしれない。

大谷翔平が所属するエンゼルスは、日本時間午前5時5分からオークランドでアスレチックスと、前田健太が所属するドジャースは午前8時8分からホームにジャイアンツを迎え撃つ。

話題の二刀流・エンゼルスの大谷翔平は順調に開幕ロースターに名を連ねることができれば7番指名打者で出場する可能性もある。

また、田中将大が開幕投手になれば4年連続で栄誉のマウンドになるが、昨年の成績だけを見れば14勝6敗、防御率2.98のルイス・セベリーノが有力。


blog_import_54ca7460afaa1.jpg


海外での開催も組まれており、現地4月18日と19日にはツインズがプエルトリコのサンフアンにあるヒラム・ビソーン・スタジアムでインディアンスとの2連戦を主催。

また、現地5月4日から6日にかけての3日間は、牧田和久所属のパドレス主催カードで、ドジャースとの3連戦がメキシコ第3の都市モンテレイで組まれている。

さらに今季はインターリーグ(交流戦)で両リーグの同地区対決が組まれているのも見どころのひとつになる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2018/01/12 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0103

メジャーのぜいたく税は5球団に課税 最多は4年連続でドジャース  




メジャーリーグで年俸総額が規定額を超えた球団への課徴金(ぜいたく税)が、5球団に課されることになった。

2003年からの現行制度で16年が最多の6球団、17年はそれに次ぐ5球団になった。2017年の課税対象額は1億9,700億ドル。これを超えた球団に課徴金が課せられる。

球団別では、ドジャースが3,620万ドル、ヤンキースが1,570万ドル、ジャイアンツが410万ドル、タイガースが370万ドル、ナショナルズが145万ドルを課せられる。

ドジャースは4年連続最多。ヤンキースは課徴金制度が導入されてから 15年連続となった。ナショナルズは初の課税となった。


blog_import_54ca745572dda.jpg 


【メジャーリーグ課徴金の推移】


2018 1.97億ドル

2017 1.95億ドル
ドジャース 3620万ドル
ヤンキース 1570万ドル
ジャイアンツ 410万ドル
タイガース 370万ドル
ナショナルズ 145万ドル

2016 1.89億ドル
ドジャース 3180万ドル
ヤンキース 2740万ドル
レッドソックス 450万ドル
タイガース 400万ドル
ジャイアンツ 340万ドル
カブス 296万ドル

2015 1.89億ドル
ドジャース 4360万ドル
ヤンキース 2610万ドル
レッドソックス 180万ドル
ジャイアンツ 130万ドル

2014 1.89億ドル
ドジャース 2662万ドル、ヤンキース 1833万ドル


2013 1.78億ドル
ヤンキース 2800万ドル、ドジャース 1140万ドル


2012 1.78億ドル
ヤンキース 1890万ドル


2011 1.78億ドル
ヤンキース 1390万ドル、レッドソックス 340万ドル


2010 1.70億ドル
ヤンキース 1800万ドル、レッドソックス 150万ドル


2009 1.62億ドル
ヤンキース 2569万ドル


2008 1.55億ドル
ヤンキース 2686万ドル、タイガース 130万ドル


2007 1.48億ドル
ヤンキース 2388万ドル、レッドソックス 606万ドル


2006 1.365億ドル
ヤンキース 2600万ドル、レッドソックス 50万ドル


2005 1.28億ドル
ヤンキース 3398万ドル、レッドソックス 416万ドル


2004 1.205億ドル
ヤンキース 2596万ドル、レッドソックス 315万ドル、エンゼルス 93万ドル


2003 1.17億ドル 
ヤンキース 1180万ドル






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/01/03 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1226

2017年に100勝以上をマークした3チーム、今後のウィッシュリストは?  




2018年に比べ人材が薄いと言われている今オフのFA市場。先日、リリーフ投手やスターター、一塁手のFA状況を紹介したが、まだまだ多くの大物選手たちがFA市場に残りハッピーホリデイを迎えても移籍先が確定していない。

C5SmJMZWQAAh-J2.jpg

17年シーズンは、同一シーズンで3チームが100勝以上をマークした。圧倒的強さを誇った3チームだが、同地区ライバルの失速など、相対的な要素も影響するので18年シーズンも100勝以上をするとは考えにくいが、その3チームのウィッシュリストを探ってみた。


ドジャース(104勝58敗、勝率.642)

ドジャースのストロングポイントは投手力。スターターは、MLB1位。

クレイトン・カーショーを中心に戦力を維持しているが、MLB4位のブルペンは、ポストシーズンでも活躍したリリーバー、ブランドン・モローがFAで流出。その為、守護神ケンリー・ジャンセンにつなぐ右のセットアップマンが不在。


アストロズ(101勝61敗、勝率.623)

強力打線が快進撃を支えたアストロズ。球団創設56年目でワールドシリーズを制覇したコアプレイヤー達は若く健在だが、控え層が薄い。内外野を守れるユーティリティ選手を追加したい。

ブルペンはヘクター・ロンドンをカブスから、ジョー・スミスをインディアンスから獲得したが、MLB17位のブルペンは、まだまだ補強が必要。


インディアンス(102勝60敗、勝率.630)

MLB2位の先発陣、1位のリリーフ陣を中心に22連勝をマークしたインディアンス。

カルロス・サンタナの抜けた一塁をヨンダー・アロンソを獲得して埋めたので、残るはジェイ・ブルースがFAとなった外野の両翼が補強ポイント。ここが迫力不足で、補強としてメルキー・カブレラ、ホセ・バティスタ、カルロス・ゴンザレスの名前が挙がっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/12/26 Tue. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1217

【MLB移籍情報】ドジャース、ブレーブス間でトレード成立 A.ゴンら4人とM.ケンプ  




ドジャースが「ぜいたく税」削減策のため大型トレードに踏み切った。

長年チームの主軸だったエイドリアン・ゴンザレス一塁手をはじめ、ブランドン・マッカーシー投手、スコット・カズミアー投手、チャーリー・カルバーソン内野手の4人と450万ドルの金銭を負担するトレードに踏み切った。

ブレーブスは、マット・ケンプ外野手をドジャースに放出した。

FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタール氏によると、ドジャースは、このトレードで18年のペイロールをぜいたく税の基準である1億9,700万ドル以下に削減することに成功している。

ドジャースは2018年だけを見ればぜいたく税の計算上2,705万ドルを削減しこれでぜいたく税を回避、ぜいたく税の税率もリセットできたことになる。

マット・ケンプを引き取ることによる年俸の負担増より、エイドリアン・ゴンザレス、スコット・カズミアー、ブランドン・マッカーシーらを放出することによる負担減の方が大きいからだ。

ドジャース


詳しく見れば18年は4人で合計5,055万ドルを削減。

エイドリアン・ゴンザレスの2,200万ドル
ブランドン・マッカーシーの1,200万ドル
スコット・カズミアーの1,600万ドル
チャーリー・カルバーソンの55万ドル
(※ぜいたく税は平均年俸で計算する。実際の18年年俸はもっと多い。)

マット・ケンプは18年1,900万ドルと負担分450万ドルで2,350万ドル。

ドジャースからすればケンプの2,350万ドルを引き取る代わりに、一気に4人分5,055万ドルを放出。18年の単年度だけ見れば、この差額分2,705万ドルの削減で、ぜいたく税の支出を回避し、ぜいたく税の税率もリセットに成功した。

ブレーブスの18年は2705万ドルの負担増になるが、マッカーシー、カズミアーというベテラン先発ローテ投手を獲得。ケンプの年俸が無くなることにより、確定している18年と19年の年俸総額を3600万ドル圧縮した。





マット・ケンプは古巣にトレードで戻ったわけだが、2014年シーズン中もレフトで起用されたり、ベンチに座ることが多くなると、メディアに不満を吐くなど、クラブハウスのムードを悪化させるという理由で放出された過去がある。

FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏によると、このままトレードされるかリリースされてドジャースのユニフォームを着ることはないという。

結局、今回の1対4の複数トレードは、人材が薄いと言われている今季のFA市場で無理をせず、両チームとも豪華な人材が揃う18-19年シーズンオフのFA市場に備えるためのペイロール削減が目的のトレードだと考えられる。



◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/dodgers-acquire-matt-kemp-for-4-players/


ブログランキングに参加しております。 
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/17 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1205

スタントン争奪戦は佳境に! SFジャイアンツvs.カージナルス? それとも…  



59本塁打で本塁打王と打点王を獲得したジャンカルロ・スタントンのトレードによる争奪戦は、サンフランシスコ・ジャイアンツとセントルイス・カージナルスに絞られたようだ。

最大のハードルであるトレード拒否権については、西海岸が希望のため、中西部のセントルイスよりサンフランシスコが優勢という情報が多い。

ジャイアンツはファームの選手層が薄く、交換要員の質ではなく金銭負担を大きくすることでトレードを成立させようとしている。選手の総年俸を抑制したいマーリンズは、その金銭負担を重視している。


スタントン


その一方、カージナルスはプロスペクトをパッケージにして、金銭負担よりも交換要員の人的な質で交渉している。

本人の選択は、FanRag Sportsのジョン・ヘイマンによると「スタントンはカージナルスではなくジャイアンツを選ぶ」と話し、また別の人物は「西海岸、東海岸というのが彼の地理的な希望で、中西部は最後の選択肢だ」と、複数の情報筋からの情報を伝えている。

しかし、ロサンゼルスで育ちで地元の人気大学・南カリフォルニア大(USC)進学時にはUSCフットボール部の名将ピート・キャロル・ヘッドコーチが、スタントンと直接面会してオフェンスのタイトエンドとして勧誘したという話が残っている。

それだけ地元の英雄だったスタントンが地元ロサンゼルス・ドジャースのユニフォームに愛着を持つのもわかる気がする。

ドジャースファンのスタントンが、ライバルチームのサンフランシスコ・ジャイアンツへの移籍に拒否権を使えば暗礁に乗り上げる可能性も少ないが残っている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/05 Tue. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1102

【速報】ダルビッシュ炎上! 2回途中5失点で降板、カーショー登板  



ドジャースとアストロズが3勝3敗のタイで迎えたワールドシリーズ最終第7戦。第3戦で投げ合ったドジャースがダルビッシュ有、アストロズはマカラーズJr.が先発した。

1回表、アストロズは、1番スプリンガーが3球目のスライダーを捉えてレフト線へ二塁打。2番ブレグマンが一ゴロ。一塁手のベリンジャーがベースカバーに入ったダルビッシュに悪送球。このプレイで二塁走者が帰ってアストロズが先制。

ダルビッシュはたった4球で先制点を許した。さらに無死三塁として3番アルトゥーベの一ゴロで、この回2点。

1回裏、ドジャースも1番テイラーの二塁打でチャンスメイクするが、2番シーガーは三振で走者を送ることもできない。

3番ターナーはデッドボール。4番ベリンジャーも4球連続ナックルカーブに手も足も出ず三振。5番プイーグはデッドボールで2死満塁のチャンスだったが、6番好調だったピーダーソンは一ゴロに倒れた。

右投手に対して左打者のシーガーやベリンジャーが第3戦の対戦から工夫するわけでもなく、せっかくのチャンスに虚しく空を切った。


DNlXL-PW0AAmeJy.jpg


2回もダルビッシュが捕まる。1死二三塁のピンチから9番投手マカラーズJr.のボテボテの二ゴロで1点。なお2死三塁で1番スプリンガーが中越えに4試合連続本塁打となる2ランを放ち、この回3点を献上してKOされてしまった。

やはり懸念されたボールへの対応が不十分で、スライダーのキレや制球に影響しているのが分かった。

ダルビッシュは47球、1回2/3イニングスで5失点(自責点4)。10人の打者と対戦して被安打3、四球1。制球も悪かったが、ベリンジャー一塁手の悪送球などもあり序盤のミスがダルビッシュには不運だった。



このあとドジャースはモロー、カーショーと継投。

アストロズ先発マカラーズJr.のナックルカーブに対応できないドジャース打線が相変わらずブンブン振り回して好機を逃し、4番ベリンジャーは連続三振。3回に3番ターナーに2打席連続ボールをぶつけたマカラーズは3回途中無失点で降板。

試合は3回を終了して5対0でアストロズがリードしているが、総力戦になっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/02 Thu. 10:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

1102

【WS-G7】運命の最終戦はダルビッシュが先発   

 


ドジャースが1988年以来、29年ぶり7度目のワールドシリーズ制覇なるか。“HOUSTON STRONG”のアストロズに栄冠が輝くのか。運命の第7戦は、ドジャースがダルビッシュ有、アストロズは右腕ランス・マッカラーズJr.が先発する。

DNkqRd9UQAAS_zs.jpg


ドジャースのロバーツ監督は、前日第6戦に先発した左腕ヒルを除く「全員が投げられる状態にある」と宣言。前田健太がいつ出てくるのかも注目。総力戦で、大エースのクレイトン・カーショーを最後の火消し役に使うかもしれない。

先発のダルビッシュは第3戦に先発し、2回途中で4失点だった。

これまでの試合と違い、ポストシーズンに入ってボールに違いがあるという報道も一部にはあり、縫い目が若干低いボールで、スライダーの制球に苦しんだという。

ダルビッシュにとってはスライダーという球種は生命線だけに心配だ。ここまでポストシーズンでは3試合に先発し、2勝1敗、防御率4.15。あまり良くない。

DNlXL-PW0AAmeJy.jpg

アストロズの先発も第3戦と同じ3年目の若手マッカラーズ。6回途中、3失点だった。アストロズのヒンチ監督は「昨日の最後のアウトが記録された時点で、選手たちは第7戦に気持ちを切り替えていた」とコメントを残した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/02 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1101

【WS-G6】人種差別行為のY.グリエルにブーイングの嵐と静かな抗議  




スタンドではハロウィンの甘いお菓子が配られたが、この男には厳しいブーイングが浴びせられた。

ワールドシリーズ第6戦。この試合で2回に打席に立ったアストロズの5番打者ユリエスキ・グリエルには、ロサンゼルスのドジャースファンからの痛烈なブーイングが待っていた。

ワールドシリーズ第3戦。グリエルが2回の打席でダルビッシュ有から先制ソロを放った後、ベンチ内で自身の両目尻を釣り上げる仕草をした行為やスペイン語で蔑称を発した行為に対するロサンゼルスのドジャースファンからのバッシングだった。

メジャーリーガーとして、このモラルの低い、品位に欠ける人種差別行為には、MLB裁定が下され、来季の開幕から5試合の出場停止処分になった。

DNhUY-ZV4AE82VF.jpg


グリエルが打席に入った場面で、ドジャース先発左腕リッチ・ヒルも、あえてボールを投げようとせず、プレートを外した。ブーイングの時間を作ったのだ。このマウンド上での態度に地元の番記者だけでなく全米のメディアも指示する論調が目立った。

普通ならボールをぶつけてもおかしくない場面だった。しかし、大ブーイングとベテラン左腕が作った「静かな抗議」は、品位あるメジャーリーガーとしてのプレートさばきのように感じた。大舞台を凄惨なものにしない素晴らしい態度だった。

スポーツサイト「the Score」や「USA TODAY」もこの話題を取り上げていた。





ドジャース対アストロズのワールドシリーズ第6戦は、ドジャース打線が剛腕ジャスティン・バーランダーを攻略し、3対1の逆転勝利で最終第7戦までもつれ込む展開になった。

第7戦は、ドジャースの日本人投手ダルビッシュ有が先発登板する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/01 Wed. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1030

【WS-G5】カーショー、カイケル崩壊で乱打戦、前田、ジャンセン打たれサヨナラ負け  



カイケル、カーショーの両先発が打ち込まれ両軍で7本のホームランが乱れ飛ぶ乱打戦になった。

最後は10回裏、昨日もジャンセンからホームランを放っている若手の2番ブレグマンが、2イニング目のジャンセンから初球をレフト前にサヨナラヒットして5時間を超える試合に終止符を打った。13対12でアストロズがワールドシリーズ第5戦を制し3勝2敗で王手をかけた。

WS-G5


カーショーの先発で、1回にカイケルを攻略して3点を先制したドジャースにモメンタムがあるように見えた。

ドジャースは1回、2死満塁から6番フォーサイスのレフト前2点タイムリーで先制。さらに、一三塁で、投手のけん制に一塁走者が飛び出し、これを一塁手グリエルが二塁へ悪送球、この間に三塁走者が生還して3点目をあげた。

ドジャースは4回にも1点を追加して4対0とリード。

ところが大エース、カーショーが4回に捕まる。アストロズは1死一二塁で4番コレアがレフトタイムリー二塁打を打ち、まず1点。なお二三塁から5番グリエルがレフトスタンドに3ランを運ぶ。試合は振出しに戻った。

5回、この日は4番から5番に変わったベリンジャーが勝ち越し3ラン。ドジャースが7対4とリード。

その裏、2死一二塁でドジャースは先発カーショーを諦めて、第3戦もロングリリーフで好投した前田がマウンドへ。しかし、エースを早めに降板させたこの継投が裏目に出た。

前田は、3番アルトゥーベに、まさかの同点3ランを浴びせられ、7対7の同点。前田はポストシーズン8試合目で初失点。

ドジャースは7回ベリンジャーのタイムリー三塁打で1点を勝ち越し。しかし、ドジャース4人目リリーフのモローも1番スプリンガーにソロを献上して三たび同点。

このあと無死一塁としてアルトゥーベが左中間を破るタイムリー二塁打を放ち、アストロズが、この試合で初めてリードを奪う。さらに無死三塁から4番コレアがレフトに2ランを叩き込んで、この回4点を挙げる大逆転。

8回にも両軍1点ずつを加え、12対9で迎えた9回表。ドジャースは1死から7番プイーグに2ラン、2死から1番テイラーにセンター前にゴロで抜けるタイムリーで同点。この土壇場の一打で延長へ。

ドジャースは守護神ジャンセンを9回から投入。ジャンセンは第2戦、4戦でもホームランを被弾している。とくに高めに浮く140キロ台中盤のカットボールは第2戦に29中27球も投じてアストロズ打線にボールの軌道を見究められている。

それでも1イニングなら球威で何とか凌げるが、イニングを跨ぐと案の定つかまった。

ジャンセンは10回、二死走者なしからマッキャンに死球、スプリンガーに四球を与えて2死一、二塁。ここで昨日もホームランを打たれたブレグマンがレフトへのヒットを放ち、代走フィッシャーが二塁から生還。5時間17分の死闘に終止符を打った。



打たれたジャンセンを責めることはできないだろう。彼はポストシーズン11試合目の登板。レギュラーシーズンと合わせれば76試合目。疲れはピークに来ていてもおかしくない。本来なら勝ちゲームで起用する投手だ。

この試合では前田健太が2/3イニングで降板、モローも4失点するなど、強力だったブルペン陣の誤算が指揮官の継投策を狂わせた。

ミニッツメイドのアストロズは強い。このポストシーズンでホームでは8勝1敗。「ヒューストン・ストロング」というハリケーンで傷ついた市民の願いがチームの背中を押しているのかもしれない。

なお、今日の7本塁打でワールドシーリーズ計22本になり、これまでの7試合で21本塁打のワールドシリーズ歴代最多記録を更新。このポストシーズンでも累計101本が記録され、これも歴代最多になっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/30 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド