メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0719

【MLB移籍情報】マニー・マチャドのトレードが秒読み段階  



 オールスターゲームは、この数年を象徴するようなホームランの応酬でアメリカンリーグが制した。

球宴が終わると、次は夏の移籍情報が飛び交うメジャーリーグだが、その目玉選手の一人であるオリオールズのマニー・マチャドをドジャースが獲得するという情報が流れている。


マニー・マチャド


 オールスターでスタメンだったマチャドが、ベンチへ退いた瞬間からその情報が飛び交うところがメジャーらしくて、報道もスリリングだ。

ブルワーズ、ダイヤモンドバックスなど7球団に加えてヤンキースあたりも交渉のテーブルに参加したという情報が流れた。



ヤンキースに関しては、オリオールズも同地区ライバルなので、そう簡単には手放すわけがないと思えた。

一時は、フィリーズが有力ではないか、という情報もあったが、最後は、ドジャースが争奪戦に勝利したと言えそうだ。

 ドジャースは、正遊撃手のシーガーが早々と利き腕のトミー・ジョン手術で離脱。空白になったポジションをマチャドが埋めるというわかりやすい図式と言えそうだが、話はそう簡単にはいかない。

というのも5年連続で選手年俸総額が上限を上回ったドジャースは「ぜいたく税」の納税を回避をしたいというのが懸案事項だった。ドジャースのペイロールは約1億8600万ドルに達し、上限まで1000万ドルも余裕がなく、マチャドの1600万ドルが加算されると超えてしまう。そのため、当初はドジャースが彼を獲得する可能性は低いと考えられた。

もちろん、シーズン途中のトレードのために年俸1600万ドルが、そのまま加算されるわけではない。ただ、シーズン中にはマイナー選手のメジャー昇格に伴う負担増や前田健太のようにインセンティブなどを考慮すると、なるべく抑える必要がある。

そのため、オリオールズにいくらかの金銭負担を要求する可能性も考えられるという事だ。

  NBCロサンゼルスの情報をもとに、交換要員として、ドジャースはユスニエル・ディアス外野手、ダスティン・メイ投手、エロール・ロビンソン内野手(2B/SS)というプロスペクト3人をオリオールズへ放出し、マチャドと金銭、さらにインターナショナル・ボーナスポールを得る見込みだとMLB公式サイトなどは報じている。





 21歳のユスニエル・ディアスはキューバ出身の外野手。右打ち右投げ。開幕前のBPプロスペクト・ランキングでMLB73位だったという。ただ、これも情報によっては1対5という説も流れている。

ディアスは、ドジャースのチーム内ランキング4位で、ほかにもBP、BA、MLBランキングでMLB100位以内の有望株をドジャースは複数保有しているからだ。



◇記事参考
https://www.rosterresource.com/mlb-los-angeles-dodgers-info/



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/19 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0711

大谷翔平、視聴率でも貢献!ESPNの99年以降で最高視聴率を記録  

 


大谷翔平が視聴率でもチームに貢献していることが分かった。

 エンゼルスは、大谷が代打決勝本塁打を放った8日のドジャース戦が、スポーツ専門局ESPNが1999年以降に中継したレギュラーシーズンの試合でロサンゼルス地区最高の視聴率5.7%(ニールセン調べ)を記録したと発表した。

 この試合は、同じカリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置くチーム同士のインターリーグ戦で、大渋滞する高速道路( Interstate Highway 5)でつながっていることから「フリーウェイ・シリーズ」と呼ばれている人気カード。



 ここでも紹介したが、そのGAME3で大谷は同点の7回に代打で登場してセンターオーバーの特大決勝弾を放った。


DhoZHZVVMAAJ9SS.jpg


 エンゼルスのスケジュールは、10日(同11日)からはホームでマリナーズ3連戦。13日(同14日)からは舞台をドジャースタジアムに移して再びインターリーグ戦3連戦が行われる。


◇記事参考
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/11/kiji/20180710s00001007497000c.html



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0709

大谷が代打決勝アーチ!52日ぶりの7号でエンゼルスがフリーウェイシリーズ勝ち越す  




エンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地アナハイムでのドジャース戦でメジャー初の代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。

3対3の同点で迎えた7回の先頭打者として代打・大谷が登場。カウント2-2から変則右腕J.T.シャグワの内角低めの6球目、95.8マイルのツーシームを完璧に捉えた。

5月17日のレイズ戦以来、17試合ぶりで、52日ぶりのアーチだった。


DhoZHZVVMAAJ9SS.jpg


センターオーバーのアーチは、MLB公式サイトのデータ解析システムであるスタットキャストの計測では初速108.8マイル(約175キロ)、飛距離443フィート(約135メートル)の特大弾。

大谷のこれまでの7本中6本は400フィート(約122メートル)を越える特大アーチだという。





試合は、この大谷の代打本塁打が決勝点になってエンゼルスが4対3でシリーズを勝ち越した。

この日、627号(歴代7位)の同点弾を放ったアルバート・プホルスは試合後のインタビューで大谷のことについて聞かれ「彼(大谷)の左打者としての存在感は凄いし、ここまでの彼の成績は、ホームランを打って、100マイルを投げるピッチャーとしてアン・ビリーバブルな存在だ。クラブハウスにいても彼は楽しいヤツだよ」と称賛のコメント。

大谷は、右肘内側側副靱帯を損傷し、当面はDHでの出場になるが、6日(同7日)のGAME1は、9回二死から四球を選んで盗塁。これが直後の同点から劇的な逆転サヨナラ勝利のきっかけになった。

そして、この日の決勝アーチ。この3連戦の2勝に大谷の貢献は欠かせないものがある。

エンゼルスは次のシリーズで、同地区ライバル、マリナーズとのカードが組まれているが、このドジャースとの人気のフリーウェイシリーズ(インターリーグ)は、オールスター前にも舞台をドジャースタジアムに移して3試合が組まれている。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ





関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 14:21 [edit]

CM: --
TB: --
   

0707

大谷翔平、9回二死からの盗塁でサヨナラ劇を演出!守護神ジャンセン攻略  




 エンゼルスとドジャースのインターリーグが始まった。ウェストコーストの両チームはルート5号線でつながることから“フリーウェイシリーズ”と呼ばれる人気カードだ。

エンゼルス・大谷翔平とドジャース・前田健太の日本人選手対決に注目が集まったが、ドラマは、終盤にやってきた。大谷は、1点を追う9回二死走者なしの第4打席、ドジャースの守護神ジャンセン(23セーブ)と対戦。フルカウントから四球で出塁する。

続くフレッチャーの初球で二盗を仕掛け、相手捕手グランダルの悪送球を誘って三塁まで進みチャンスメイク。すると、フレッチャーがレフト前へラインドライブのヒットを運び、大谷は同点のホームを踏んだ。

9回二死からの同点劇にスタンドは沸く。



そして、次のキンズラーがライト前へポトリと落ちるへヒットを放つと、右翼を守っていたプイグのホームへの送球が捕手の前でイレギュラーバウンドして後逸。一塁ランナーのフレッチャーが一気にサヨナラのホームを踏んだ。

結局、3対2でエンゼルスが貯金を1にする貴重な逆転サヨナラ勝ちを収めた。

大谷の走塁が生きた同点劇。そして、勝利の権利をもって降板した前田にとってはアンラッキーな終盤のドラマだった。

大谷vs.前田は、2打数無安打、1三振で前田に軍配が上がった。前田は故障者リストから復帰後、3試合続けての好投。5回2/3を被安打3、奪三振9、失点1。今季は防御率3.24、WHIP1.25、奪三振98、奪三振率(K/9)10.68と好成績をマークしている。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/07/07 Sat. 15:22 [edit]

CM: --
TB: --
   

0518

前田健太が連敗ストッパーに!ドジャース6連敗で止まる  




 ドジャースの前田健太が、9回目の登板で今季最高のピッチングを披露した。前田は、敵地でのマーリンズ戦に先発登板、8回96球、2安打、8奪三振、無四球で今季3勝目(3敗)を挙げた。




 4月18日のパドレス戦以来の白星となった前田。序盤の2、3回は、走者を背負ったものの無得点で切り抜けると、その後は危なげないマウンドだった。

最速93.7マイルのフォーシームを主体にカーブやチェンジアップ、決め球にスライダーを使う配球だったが、どの球種も低めに集める制球の良さが目立った。

これで8先発で防御率は3点台の3.89。今季の前田は、K/9が11.05(昨年は9.38)と改善しているのが目立つ。

 打線も骨折から復帰して今季3試合目のターナーが2回に3点二塁打を放ち4点を先制。3回にはプイーグの3号ソロ本塁打などで大量リード、前田をランサポートした。


F2jOvQN8.jpg


 ドジャースは、この試合まで6連敗、最近の10試合で1勝9敗と負けこんでいただけに、前田の好投は光る内容だった。投手陣では、エース左腕カーショーが故障者リスト(DL)入り、他にもリュ・ヒョンジン(柳 賢振)、トム・コーラー、フリオ・ウリアスがDL。

野手では主力のコーリー・シーガーが離脱して苦しい状況。17勝26敗で地区4位と低迷している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/18 Fri. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0416

カーショー、対ダイヤモンドバックス11連敗を12奪三振で止める  

 


MLBを代表する左腕クレイトン・カーショーが4試合目で今季初勝利を挙げた。

ドジャース対ダイヤモンドバックスの同地区対決は、11勝3敗で好スタートをきったダイヤモンドバックス相手にホームのドジャースが7対2で勝利。これで昨年からの対ダイヤモンドバックス11連敗を止めた。

Da3UNbwUwAAiseB.jpg


打撃陣は、3号2ランを含む3打点を叩き出した1番クリス・テイラー外野手の活躍など、5回までに小刻みに追加点を挙げて7対0とリードする展開。

投げては、エースのカーショーが7回100球(ストライク71)、1失点の好投。1失点はポール・ゴールドシュミットの4号ソロだが、6回までの各イニングで2三振を奪う12奪三振で、今季初勝利を飾った。



カーショーは今季1勝2敗、防御率1.73、WHIP0.88、K/BBは31/3。被本塁打が4試合で4本とやや多い気がするが、9イニング換算の三振数(K/9)は10.73と高い数値をキープしている。

スタートダッシュに失敗したドジャースは3連敗中で、カーショーが連敗をストップしたが、それでも5勝9敗でナ・リーグ西部地区最下位にとどまっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/16 Mon. 18:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

0413

MLB 2020年の球宴はドジャースタジアムに決定!  

 


MLB機構は2020年のオールスター・ゲームをドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで開催することを発表した。

ドジャー・スタジアムでの開催は1980年以来、40年ぶりになる。この時は、ナ・リーグが4対2で勝ち、MVPにはケン・グリフィー(レッズ)が選出された。

iStock-613652390.jpg


日本人ファンには、野茂英雄がドジャースでデビューした事からなじみの深いスタジアムでもある。

レッドソックスの1912年開場「フェンウェイパーク」、カブスの1914年開場「リグレーフィールド」に次いで3番目に古い球場(1962年開場)

フィールドがセンターラインを軸にシンメトリーなデザインで、日本では一般的だが、メジャーでは1990年代以降の新築ラッシュの結果、左右対称のフィールドは珍しくなった。

20年ほど前に新婚旅行でドジャースタジアムを訪ねた友人の話では、ロス郊外の高台に立地して、掘り込んだようなスタジアムになっており、上から下にエレベーターで降りて観戦したらしい。4月から11月頃までは、ほとんど雨が降らない気候で、雨天中止はほとんど無い。

ナイターでは霧が立ち込め、その湿気を吸ってボールが重くなり、球足が遅くなるらしい。さらに、センターからホームへ向かって打者からすればアゲンストの風が吹くことが多く、ファウルグラウンドも比較的広いことから投手有利なパークファクターがある。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2018/04/13 Fri. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0320

前田健太は先発ローテの3番手、開幕第3戦のSFジャイアンツ戦に先発!  



ナ・リーグ西部地区6連覇、そして30年ぶりのワールドシリーズ制覇に向けてロサンゼルス・ドジャースが現地18日、先発ローテーションを発表している。

開幕投手は、メジャーを代表する左腕クレイトン・カーショー。その後の第2戦にアレックス・ウッド。気になる前田健太は第3戦のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発することが決まった。


1.クレイトン・カーショー
2.アレックス・ウッド
3.前田健太
4.リッチ・ヒル
5.リュ・ヒョンジン

見てのとおり前田以外は、左投手が並ぶローテーションだ。

前田のスプリングトレーニングの成績は3試合に登板して7回1/3、防御率2.45、WHIP0.95。奪三振8、与四球2、被本塁打2のまずまずの数字を残している。残り最低でも1試合に登板して現地31日の開幕第3戦に臨む。

前田は昨季、前半戦の不調から一時はブルペンに回された。プレイオフでもブルペン投手として貢献したが、今季は前半から信頼を勝ち取りたいところだろう。

結果的には29試合のうち25試合の先発、13勝6敗、防御率4.22。2年連続で2桁勝利をマークしたが、134回1/3の投球回数は少なすぎる。先発投手として30試合先発、200イニングが今季の目標かもしれない。

昨年はMLB30球団で、防御率1位、WHIP1位をマークしたドジャースの先発投手陣。

その顔触れが全員残ったローテーションは、盤石のようだが、ベテラン38歳のヒルが3試合で防御率8.59、5番手のリュ・ヒョンジンも2度の先発で防御率14.29と打ち込まれているのが心配材料。

また、21歳期待の左腕フリオ・ウリアスは、昨年6月に左肩を手術して今季は60日間DLで開幕を迎える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/20 Tue. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0208

【MLB移籍情報】ダルビッシュ争奪戦、ツインズも正式にオファー  



空前絶後の事態に陥っているメジャーリーグの移籍マーケット。バッテリーのスプリングトレーニングまで1週間をきったが、未だにダルビッシュ、アリエッタ、ホズマー、マルティネスといったFAトップ4の移籍先が決まらない異常事態だ。

ダルビッシュ有の移籍先は?イチローは?上原浩治はどうなるのか?

個人的な関心は、そこに絞られるが、USAトゥデイのボブ・ナイチンゲールがダルビッシュらエリートFA選手たちの契約を予想している。

それらを参考にしてまとめるとダルビッシュに関しては、カブス、ブルワーズ、ツインズの3球団がエース格のスターターを必要としているが、ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)の6年2億650万ドル、デビッド・プライス(レッドソックス)の7年2億1,700万ドル規模の契約は提示されておらず、カブスと5年1億2,500万ドルという契約を予想している。

大きなマーケットを持つヤンキースとドジャースが、ペイロールを1億9700万ドル以内に抑えたい方針で、トレードで予算を作れるかが、今後の動向のカギを握りそうだが、可能性は低いという。

ジョニー・クエト(ジャイアンツ)の契約金6年1億3,000万ドルあたりが、今後の攻防戦になるだろうという予想もしている。





アービン・サンタナが利き手の中指の手術で開幕絶望になったツインズが、ここへ来て5年1億ドル以上のオファーを出したという移籍情報サイトの記事もあるが、それでは、カブスの5年125億ドルというナイチンゲール記者の予想額を下回り、ディスカウントした内容なので決まらない気がする。

ダルビッシュ以外でも、トミー・ジョン手術から見事に復活を遂げてナ・リーグトップの41セーブを挙げたクローザーのグレッグ・ホランドも決まっていない。

ロッキーズの開幕からの躍進は、彼の連続セーブが勝利の快進撃を支えた。ダルビッシュ同様に、こうした苦境を乗り越えた選手は好きだが、ロッキーズが提示した1,740万ドルのクオリファイング・オファーを蹴った。


グレッグ・ホランド


同じトップクローザーのウェイド・デービスがドジャースと3年5,200万ドルで合意しているので、それに近い契約を手にして欲しい。

ここまで来たら、個人事業主である選手たちが、代理人たちと契約内容を十分吟味して球団相手に納得のいくストーブリーグにして欲しい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/08 Thu. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0112

メジャー開幕カードに大谷のエンゼルス、田中のヤンキースらが登場  




MLB(メジャーリーグ機構)が18年シーズンの公式日程を発表している。それによれば、現地3月29日(日本時間3月30日)に両リーグ同日で開幕する。

時間の速い順に下記の4カードが組まれている。

カブス@マーリンズ(マーリンズ・パーク)
ヤンキース@ブルージェイズ(ロジャース・センター)
エンゼルス@アスレチックス(オークランド・コロシアム)
ジャイアンツ@ドジャース(ドジャー・スタジアム)


名将マッドン監督率いるカブスが、マイアミに乗り込んでデレク・ジーターCEOの新生マーリンズと対戦。開幕戦か孤高のリリーバー田澤純一の勇姿が見られるかもしれない。

大谷翔平が所属するエンゼルスは、日本時間午前5時5分からオークランドでアスレチックスと、前田健太が所属するドジャースは午前8時8分からホームにジャイアンツを迎え撃つ。

話題の二刀流・エンゼルスの大谷翔平は順調に開幕ロースターに名を連ねることができれば7番指名打者で出場する可能性もある。

また、田中将大が開幕投手になれば4年連続で栄誉のマウンドになるが、昨年の成績だけを見れば14勝6敗、防御率2.98のルイス・セベリーノが有力。


blog_import_54ca7460afaa1.jpg


海外での開催も組まれており、現地4月18日と19日にはツインズがプエルトリコのサンフアンにあるヒラム・ビソーン・スタジアムでインディアンスとの2連戦を主催。

また、現地5月4日から6日にかけての3日間は、牧田和久所属のパドレス主催カードで、ドジャースとの3連戦がメキシコ第3の都市モンテレイで組まれている。

さらに今季はインターリーグ(交流戦)で両リーグの同地区対決が組まれているのも見どころのひとつになる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2018/01/12 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド