メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1018

CSでも好投のクレイトン・カーショーはオプトアウトしてドジャースと契約延長か!?  



ナショナルリーグのチャンピオンシップは、ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーの好投もあってドジャースが3勝2敗とし王手をかけた。


そのメジャーを代表する左腕とドジャースとの契約の話を紹介したい。


MLBの名物記者ジョン・ヘイマンによると、カーショー側が「オプトアウトを行使するということは、ドジャースのフロントを含めたMLB関係者の一般的な認識となっている」という。


カーショーとドジャースの契約は残り2年(6500万ドル)と長くはない。契約金にこだわるタイプの選手ではなく、本人もドジャースというチームに愛着があるという事も伝えられている。


一方のドジャースも、これまでの実績などから、オーナーであるマーク・ウォルターが今春に「カーショーを生涯ドジャースの選手にしたい」という発言からでも分かるように、引き留め交渉をすることは間違いない。このままいけばドジャースの球史に残るようなレジェンドになりうる選手である。


カーショー


来季31歳の若さと、メジャー11年間の実績は、サイ・ヤング賞3度、最優秀防御率が4度、最多奪三振3度、21勝のシーズンが2度という輝かしいものがある。


ベースボール・リファレンスのrWARで64.6。ファングラフスのfWARでも61.6。貢献度を両データサイトでみてもトップクラスだ。


ちなみに殿堂入り確実と言われているイチローのfWARが57.6。


ただ、腰に持病があって、この3年間は、16年149回、17年175回、18年161回1/3。年平均で約160イニングの投球回数にとどまり、先発投手の年200イニング以上というノルマは達成していないので、これまで以上の年俸は期待できない。


大方の予想どおり、最低でも3年間の延長を含む2019年から5年~6年の契約更新で、チームと選手の両方が選択できるオプションをつけた内容に落ち着くような気がする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/18 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1010

MLB2018 チャンピオンシップ進出4チームの歴史を簡単に紹介  



メジャーリーグは9日(日本時間10日)、ア・リーグの地区シリーズ(DS)第4戦がニューヨークで行われ、レッドソックスが4対3でヤンキースに競り勝ち、3勝1敗で、5年ぶりのチャンピオンシップ(リーグ優勝決定シリーズ=LCS)進出を決めた。


レッドソックスの進出が決定したことで、両リーグのLCSに進出するチームが出そろった。それぞれ第1シードと第2シードの対戦になった。


12日(日本時間13日)から始まるナ・リーグのLCSは、ブルワーズとドジャースが対戦。第1シードのブルワーズにホームアドバンテージがある。


ア・リーグのLCSは13日(日本時間14日)からレッドソックスのホーム、ボストンのフェンウェイパークで始まる。


★ナショナルリーグ

ミルウォーキー・ブルワーズ
ロサンゼルス・ドジャース



明年で球団創設50周年を迎えるブルワーズは2011年以来、7年ぶりのLCS進出。


前回の2011年は、カージナルスの前に2勝4敗で涙をのんだ。ブルワーズは、1998年に球団拡張に伴ってア・リーグ東部地区からナ・リーグ中部地区に編入しているため、LCSを突破すれば初の両リーグでワールドシリーズに進出チームになる。


個人的に注目は、日系3世のクリスチャン・イエリッチ外野手とジョシュ・ヘイダー投手。


イエリッチ 


ドジャースは、地区6連覇。2008年から実に6回目のチャンピオンシップ進出と近年の歴史を見れば王朝のように感じるが、ライバルのジャイアンツが2010年、12年、14年とワールドシリーズを制しただけに、常にナンバー2のイメージが付きまとう。


昨年ようやく突破してワールドシリーズに進出したがアストロズに敗退。1988年以来、30年ぶりのワールドシリーズ制覇のために勝ち上がりたいところだ。シーズン中の対戦成績ではドジャースが4勝3敗とリードしている。



★アメリカンリーグ

ボストン・レッドソックス
ヒューストン・アストロズ



レッドソックスは、2007年に松坂大輔、岡島秀樹の両日本人投手が活躍してワールドシリーズ制覇。今回は、上原浩治、田澤純一がブルペンの中心となって活躍した2013年以来のチャンピオンシップ進出。


上原浩治


リーグ優勝12回、ワールドシリーズ制覇8回の世界中にファンを持つ名門チームだが、13年世界制覇のメンバーは監督も含めて一人もいない。主砲のJ.D.マルティネスはもとはアストロズでデビューしている。


アストロズは、リーグ再編で2013年にナ・リーグ中部地区からア・リーグ西部地区へ編入。長い低迷期があって弱小球団イメージがあったが、昨年、ドジャースを制して1962年の球団創設以来、初のワールドシリーズを制覇した。


タラの丘


名物といえば世界初のドーム球場アストロ・ドームだった。2000年には開閉式屋根のミニッツメイド・パークが完成。かつてはセンター泣かせの「タルの丘」と呼ばれる勾配のついた丘がセンター奥にあって、フィールド内に(電信柱のようなポール)もあった(笑)。テレビ中継の時はいつも紹介されたが2016年のオフに撤去された。


タラの丘


今季は、強力先発陣が健在で、LCSを突破して2年連続ワールドチャンピオンの可能性もある。主軸は昨年と同じメンバーで、ここにパイレーツのエース、ゲリット・コールが加入してアップグレードした。

昨年まで不安定だったブルペンもMLB全体で1位の防御率、奪三振率で同2位、与四球率で同1位と安定感を増した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/10 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1009

【NLDS】ドジャースもNLCSに進出決定!前田健太も8回に登場  




 ナ・リーグの地区シリーズ(NLDS)の第4戦は8日、アトランタで行われ、ドジャースが6対2でブレーブスに逆転勝ちし、3勝1敗で3年連続のナ・リーグ・チャンピオンシップ(優勝決定シリーズ=NLCS)進出を決めた。


 この大事な一戦には前田健太も5人目の投手として初登場。クローザーにつなぐセットアッパーとして8回のマウンドを託された起用法からして首脳陣の前田に対する信頼度がわかるが、ちょっと危なっかしい内容だった。


 前田は、先頭の5番カマルゴを86.5マイルのチェンジアップで空振りの三振。6番フラワーズもサードゴロと抑えた。ここまでは良かったが二死から、インシアーテとカルバーソンに連続単打を許して2死一、三塁のピンチを作った。


相手は一発のある代打デューダ。ボールが先行するピンチ。3-1からの5球目、インコースやや内よりの92.7マイルのフォーシームをライトにホームラン性の大飛球を打ち返される。一瞬、ヒヤッとしたが、フルカウントからの次の球は、93マイルの厳しいインコースのフォーシームで、つまり気味のセンターフライに抑えた。


NLCS


次の打者が、前の試合でグランドスラムを放ったアクーニャJr.だっただけに見ているこちらも力の入るシーンだった。


 この結果、ワールドシリーズ進出を決めるNLCSには西部地区1位ドジャースと中部地区1位のブルワーズの進出が決定した。この両チームは、ともに163試合目を戦ってDSに進出したチームだ。


とくにブルワーズは、レギュラーシーズンから破竹の11連勝と歴史的なシーズンを送っているだけに、ドジャ-スにとっては手強い相手になりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/09 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1001

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《先発投手編PART3》  



2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いなく、ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


そして、もう一人、ドジャースのクレイトン・カーショーが契約をオプトアウトしてFAを選択する可能性もあり、もし、そうなれば、彼も注目選手になることは間違いない。


そんなFA市場のポジション別注目選手をピックアップ。以前にも紹介したが、先発投手編の第3弾を紹介したい。


《先発投手》

クレイトン・カーショウ(ドジャース)(オプトアウト可能) ※1
デビッド・プライス(レッドソックス)(オプトアウト可能) ※2
パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス) ※3
ダラス・カイケル(アストロズ)
チャーリー・モートン(アストロズ)
J.A.ハップ(ヤンキース) ※4
CCサバシア(ヤンキース)
ランス・リン(ヤンキース)
トレバー・ケーヒル(アスレチックス)
デレク・ホランド(ジャイアンツ)
クレイ・バックホルツ(ダイヤモンドバックス)
アニバル・サンチェス(ブレーブス)
ネイサン・イバルディ(レッドソックス)
ジオ・ゴンザレス(ブリュワーズ)
柳賢振(リュ・ヒョンジン:ドジャース)
マット・ハービー(レッズ)
ジェレミー・ヘリクソン(ナショナルズ)
ウェイド・マイリー(ブリュワーズ)
ギャレット・リチャーズ(エンゼルス)
タイソン・ロス(カージナルス)
ブレット・アンダーソン(アスレチックス)
エドウィン・ジャクソン(アスレチックス)
マルコ・エストラーダ(ブルージェイズ)
バートロ・コロン(レンジャーズ)
ハイメ・ガルシア(カブス)
アダム・ウェインライト(カージナルス)
ドリュー・ポメランツ(レッドソックス)
ミゲル・ゴンザレス(ホワイトソックス)
フランシスコ・リリアーノ(タイガース)
クリス・ティルマン(レンジャーズ)
ヨバニ・ガヤード(レンジャーズ)




blog_import_54ca745572dda.jpg


※1 クレイトン・カーショーがオプトアウトを行使することは確実と予想されている。

カーショーは来季31歳。今季は150回1/3、防御率2.45、WHIP1.018、奪三振145。ベースボールリファレンスのWARで4.8。キャリア通算では、152勝69敗、防御率2.37。WARも11年で64.9とハイレベルの数値だ。

残りの契約は、2年6500万ドル。この3年間は、腰の持病などで200イニングを投げていないが、オプトアウトして5年2億ドルぐらいの契約に見直しても不思議ではない。


※2 デビッド・プライスは33歳。7年2億1700万ドルの契約3年目のシーズンだが、彼はオプトアウトの権利を行使しないことを明言している。


※3 ダイヤモンドバックスの左腕パトリック・コービンは、キャリア6年目で最高のシーズンを送っている。勝ち星こそ11勝で、14勝をマークした昨年には及ばないが、この時点で192イニング、防御率3.09、FIP2.43。奪三振237、奪三振率11.1、与四球率2.0、被本塁打率0.7。その他のスタッツではキャリアハイをマークしている。

ニューヨーク出身で、サバシアがFAになるヤンキースあたりが、セベリーノ、田中将大の両右腕に左投手を1枚加えたいと考えても不思議ではない。

《先発投手編PART1》でも紹介したダラス・カイケルと共に先発投手が人材不足と言われるFA市場で争奪戦になることが予想される。


※4 J.A.ハップ(ヤンキース)は、ヤンキース移籍後、好調をキープしている。6試合46回2/3で防御率2.70。通算で8月の防御率が3.71、さらに9月と10月は通算49試合(46先発)で防御率3.12と後半強い投手という評価がある。

この10月に36歳になるが、1年~2年契約でヤンキースとの再契約も考えられるという。ヤンキースのローテーションの中で貴重な左腕ジョーダン・モンゴメリーは、トミー・ジョン手術のためシーズン全休で来季も計算できない。そのため、左投手の補強が懸案事項で、パトリック・コービンとJ.A.ハップがヤンキースのターゲットになることは間違いなさそうだ。



◇関連記事
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3832.html



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/10/01 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1001

NLは中部と西部地区が同率首位で163試合目のタイブレークへ  

 


 162試合のレギュラーシーズン全日程を消化してもナ・リーグ(NL)の2地区で優勝チームが決まらず、163試合目で決める「地区優勝決定戦」が同時開催で翌日に開催されることになった。


DoTFBfvUcAAqXE5.jpg



 NL中部地区は30日(日本時間1日)、カブスとブルワーズがともに勝ち、95勝67敗で両チームが首位に並んだ。地区優勝決定戦は直接対戦の結果からカブスの本拠地リグレーフィールドで争われることになった。


カブスが勝てば地区3連覇。ブルワーズは7連勝でレギュラーシーズンをフィニッシュ。8年ぶりの地区制覇を目指して163試合目を戦う。


DoYP5TIU4AAPkbP.jpg



一方、西部地区でも首位で並ぶドジャースとロッキーズがともに勝って91勝71敗の同率で並んだ。1試合で勝敗を決める地区優勝決定戦は、ドジャースの本拠地ドジャースタジアムで開催される。


DoX_WzCU8AEkh9g.jpg



ドジャースが勝てば地区6連覇。ロッキーズは球団創設以来の初優勝をめざす。今季の直接対決はドジャースが12勝7敗と勝ち越している。


この163試合目に負けたチーム同士が、ワイルドカードで1DAYマッチを戦うことになる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/01 Mon. 09:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0927

歴史に残る混戦!カブスとブルワーズもPO進出決定、残りは2枠  




 終盤まで大混戦のナショナルリーグだが、東部地区のブレーブスに続いて、ナ・リーグ中部地区のカブスとブルワーズが26日(日本時間27日)、ワイルドカード(WC)2位以上が確定し、ポストシーズン進出を決めた。カブスは4年連続。ブルワーズは2011年以来7年ぶり。


ただ、地区優勝は決まっておらず1位カブスと2位ブルワーズのゲーム差はわずか0.5。残りの試合はカブスが4試合。ブルワーズが3試合。直接対決はない。


DoEnA1wUcAAErXe.jpg


 
 もっと厳しい戦いは西部地区。1位のドジャースのドジャースが3位ダイヤモンドバックスに敗れて、ロッキーズがフィリーズに勝ったため再びロッキーズが首位に返り咲き。


残りのカードは、ドジャースがロードでのジャイアンツ戦が3試合。ロッキーズは、フィリーズと残り1試合、カージナルスと3試合の計4試合、全てホームでの試合が残っている。


中部地区、西部地区ともに最終戦までもつれ込みそうな状況だ。残り2枠をかけて、特にWCは、カージナルスにもチャンスがあり、ロッキーズとカージナルス戦は目が離せないカードになりそうだ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   





関連記事

Posted on 2018/09/27 Thu. 15:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0906

【NL-WEST】大激戦!1.5ゲーム差にロッキーズ、ドジャース、Dバックス  




残り約20試合になってきたメジャーリーグだが、日本人選手の前田健太や平野佳寿が所属するナショナルリーグ西部地区が首位のロッキーズから3位のダイヤモンドバックスまで1.5ゲーム差という大混戦になっている。


この地区は、ドジャースが5連覇しているが、昨年も3チームがポストシーズンに進出した。


ここへ来てロッキーズが4連勝で首位に立ったが、この先、直接対決が残り、激戦が展開されそうだ。


【今後の直接対決】

ドジャースvs.ロッキーズが6試合
(ドジャース6勝、ロッキーズ7勝)

ドジャースvs.ダイヤモンドバックスが3試合
(ドジャース7勝、ダイヤモンドバックス9勝)

ロッキーズvs.ダイヤモンドバックスが7試合
(ロッキーズ5勝、ダイヤモンドバックス7勝)


3チームの特徴を簡単に紹介するとロッキーズがリーグ4位のチーム打率、本塁打数、得点数と攻撃力が強く、防御率はリーグ13位。ただ、ウェイド・デービスやオ・スンファ(呉昇桓)などを補強してブルペンを強化した。


ドジャースは、チーム打率でリーグ9位、本塁打1位、得点数2位。防御率が同1位。先発陣が同1位だが、ブルペンが同6位と弱く、前田健太を昨年と同様ブルペンに回すパターンで強化したが、前田は日本時間4日の試合で9回に痛恨の逆転3ランを浴びて、チームも首位を陥落した。


ダイヤモンドバックスは、打撃部門で、打率がリーグ13位と低迷。打者有利のボールパークにもかかわらず本塁打数も同8位と低迷。逆に投手陣が踏ん張り、とくに平野らを中心としたブルペン陣はリーグトップの防御率3.14。先発陣も同4位と健闘している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/09/06 Thu. 06:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0904

【MLB移籍情報】8月最終日に成立したトレード  




 ポストシーズンに登録できる選手のトレード期限である8月31日。今季も水面下で、さまざまな駆け引きがあったようだ。そんな最終日のトレードをまとめてみた。


《8月31日のトレード》

NYY:アンドリュー・マカッチェン
SF:フアン・デ・ポウラ  SF:アビアタル・アベリーノ


COL:ドリュー・ブエトラ  
KC:ジェリー・バスト


LAD:ライアン・マドソン 
WSH:アンドリュー・イスラー


OAK:コーリー・ギアリン  
TEX:アブディエル・メンドーザ  
TEX:テオドロ・オルテガ


MIL:ゼイビア・セデーニョ
CHW:ブライアン・コンネル
CHW:ヨハン・ドミンゲス


MIL:ジオ・ゴンザレス
WSH:ギルバート・ララ 
WSH:K.J.ハリソン


CLE:ジョシュ・ドナルドソン
TOR:後日指名


NYY:アデイニー・エチェバリア
PIT:金銭


LAD:デビッド・フリース
PIT:ヘスス・バルデス



 すでに野手では、ダニエル・マーフィー、ホセ・バティスタ、ジャスティン・ボアー、マット・アダムス、アデイニー・エチェバリアらのトレードが成立。


投手では、マイク・ファイヤーズ、フェルナンド・ロドニー、ジオ・ゴンザレスなどが8月末を前にトレードで移籍していた。


 最終日には、ジョシュ・ドナルドソンがインディアンスへ、アンドリュー・マカッチェンがヤンキースへ移籍するなど9組のトレードが成立している。


*************


 8月のトレードで個人的に注目は、あのマーフィーが、よりによってカブスに移籍したこと。1番セカンドで連日出場。11試合で打率.306、OPS.884、3本塁打、6打点と好調だ。


 ナ・リーグは、カブスがプレイオフの勝率.591で第1シードになる可能性が出てきた。そうなれば、西部地区のドジャースやダイヤモンドバックス、ロッキーズと対戦する可能性がある。第2シードでも地区シリーズで西部地区のチームと当たる可能性がある。


 マーフィーは、ポストシーズンに強く、とくにドジャース戦では15年の地区シリーズでクレイトン・カーショーから本塁打を放つなど打率.333、3本塁打、5打点。16年の地区シリーズでも打率.438、6打点と、ドジャース戦で打ちまくっている。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/09/04 Tue. 12:23 [edit]

CM: --
TB: --
   

0719

【MLB移籍情報】マニー・マチャドのトレードが秒読み段階  



 オールスターゲームは、この数年を象徴するようなホームランの応酬でアメリカンリーグが制した。

球宴が終わると、次は夏の移籍情報が飛び交うメジャーリーグだが、その目玉選手の一人であるオリオールズのマニー・マチャドをドジャースが獲得するという情報が流れている。


マニー・マチャド


 オールスターでスタメンだったマチャドが、ベンチへ退いた瞬間からその情報が飛び交うところがメジャーらしくて、報道もスリリングだ。

ブルワーズ、ダイヤモンドバックスなど7球団に加えてヤンキースあたりも交渉のテーブルに参加したという情報が流れた。



ヤンキースに関しては、オリオールズも同地区ライバルなので、そう簡単には手放すわけがないと思えた。

一時は、フィリーズが有力ではないか、という情報もあったが、最後は、ドジャースが争奪戦に勝利したと言えそうだ。

 ドジャースは、正遊撃手のシーガーが早々と利き腕のトミー・ジョン手術で離脱。空白になったポジションをマチャドが埋めるというわかりやすい図式と言えそうだが、話はそう簡単にはいかない。

というのも5年連続で選手年俸総額が上限を上回ったドジャースは「ぜいたく税」の納税を回避をしたいというのが懸案事項だった。ドジャースのペイロールは約1億8600万ドルに達し、上限まで1000万ドルも余裕がなく、マチャドの1600万ドルが加算されると超えてしまう。そのため、当初はドジャースが彼を獲得する可能性は低いと考えられた。

もちろん、シーズン途中のトレードのために年俸1600万ドルが、そのまま加算されるわけではない。ただ、シーズン中にはマイナー選手のメジャー昇格に伴う負担増や前田健太のようにインセンティブなどを考慮すると、なるべく抑える必要がある。

そのため、オリオールズにいくらかの金銭負担を要求する可能性も考えられるという事だ。

  NBCロサンゼルスの情報をもとに、交換要員として、ドジャースはユスニエル・ディアス外野手、ダスティン・メイ投手、エロール・ロビンソン内野手(2B/SS)というプロスペクト3人をオリオールズへ放出し、マチャドと金銭、さらにインターナショナル・ボーナスポールを得る見込みだとMLB公式サイトなどは報じている。





 21歳のユスニエル・ディアスはキューバ出身の外野手。右打ち右投げ。開幕前のBPプロスペクト・ランキングでMLB73位だったという。ただ、これも情報によっては1対5という説も流れている。

ディアスは、ドジャースのチーム内ランキング4位で、ほかにもBP、BA、MLBランキングでMLB100位以内の有望株をドジャースは複数保有しているからだ。



◇記事参考
https://www.rosterresource.com/mlb-los-angeles-dodgers-info/



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/19 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0711

大谷翔平、視聴率でも貢献!ESPNの99年以降で最高視聴率を記録  

 


大谷翔平が視聴率でもチームに貢献していることが分かった。

 エンゼルスは、大谷が代打決勝本塁打を放った8日のドジャース戦が、スポーツ専門局ESPNが1999年以降に中継したレギュラーシーズンの試合でロサンゼルス地区最高の視聴率5.7%(ニールセン調べ)を記録したと発表した。

 この試合は、同じカリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置くチーム同士のインターリーグ戦で、大渋滞する高速道路( Interstate Highway 5)でつながっていることから「フリーウェイ・シリーズ」と呼ばれている人気カード。



 ここでも紹介したが、そのGAME3で大谷は同点の7回に代打で登場してセンターオーバーの特大決勝弾を放った。


DhoZHZVVMAAJ9SS.jpg


 エンゼルスのスケジュールは、10日(同11日)からはホームでマリナーズ3連戦。13日(同14日)からは舞台をドジャースタジアムに移して再びインターリーグ戦3連戦が行われる。


◇記事参考
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/11/kiji/20180710s00001007497000c.html



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド