メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1014

【MLB移籍情報】ヤンキースは先発ローテの強化が優先事項!?  




正遊撃手ディディ・グレゴリウスに右尺骨側靭帯の損傷が発覚したヤンキース。グレゴリウスはトミー・ジョン手術を受けることになり来季のロースターを考えるとマニー・マチャドとの契約という噂も現実味を帯びてくるが、ヤンキースの今オフの優先事項は先発ローテーションの強化だという。


そのターゲットとしてダイヤモンドバックスからフリーエージェント(FA)となるパトリック・コービンの名前が挙がっている。


メジャー6年目の29歳右腕は、2013年以来2度目の200投球回を達成。しかも防御率3.15、246奪三振、WHIP1.05はいずれも自己ベストを大幅に更新。


MLB公式サイトによると2014年のトミー・ジョン手術からようやく完全復活を遂げ、2013年に続いて2度目となるオールスター・ゲームにも選出された。


MLBネットワークの名物記者ジョン・ヘイマン氏の記事がソースだが、ヤンキースは、そのコービンを補強ターゲットとしてリストアップしているという。


ジョン・ヘイマン氏は、コービンが、フリーエージェントとなるJ.A.ハップやCC.サバシアと同様に左腕であることや、彼らよりも若い29歳ということ、データ的にはナ・リーグ3位の246奪三振やスライダーの使い方が改善されている点に言及している。


コービン本人は、ニューヨーク州シラキュース出身で、子供の頃からヤンキースファン。当然、家族も代々ファンだという。


ダイヤモンドバックスからは、今季1790万ドルに設定されているクオリファイングオファー(QO)の提示が推測されるが、QO拒否選手を獲得した場合に課せられる犠牲を考えても彼を獲りに行く可能性があるという。


ヤンキースの先発ローテは、左投手の補強がマスト。田中将大、ルイス・セベリーノは右腕で、36歳のJ.A.ハップ、38歳のCC.サバシアはFAで失う。


来季がFA前最終年となるソニー・グレイは、期待されたほどでもなくトレード放出の可能性が高く、右腕ランス・リンもFA。セベリーノ、田中に次ぐ投手がいない。これは、今季の開幕前にも指摘された。そのためにJ.A.ハップとランス・リンを7月に補強した。


トミー・ジョン手術を受けたジョーダン・モンゴメリー、3Aのユスタス・シェフィールドらは開幕からめどが立たない。200イニングを投げたコービンの左腕がたくましく感じるのは当然かもしれない。


しかも、体力の峠を越えたサバシアやハップよりは、これから脂の乗って来るパトリック・コービンをリストに入れることは十分に考えられる。



◇記事一部引用
https://baseball.information0.com/major-baseball/yankees-expected-to-target-patrick-corbin/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/14 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1013

【MLB移籍情報】来季に向けて早くもナショナルズとマーリンズでトレード成立  



 メジャーリーグのストーブリーグはすでに水面下で進んでいる。

2012年に初の地区優勝を遂げたナショナルズ。それ以降は下記のように地区の盟主としてポストシーズンの常連チームになっているが、2018年シーズンは、8ゲームの差をつけて2位に甘んじている。


2012年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2013年 東部地区2位
2014年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2015年 東部地区2位
2016年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退
2017年 東部地区優勝、地区シリーズ敗退


そのナショナルズが覇権を取り戻すべく早速チームの補強に乗り出した。


現地10日、ナショナルズはマーリンズから救援右腕のカイル・ベアクローを獲得。このトレードで、マーリンズはインターナショナル・ボーナスプール・マネー(金額不明)を獲得した。


メジャーキャリア4年、28歳の右腕は6月には7セーブ、防御率0.00という成績で「月間最優秀救援投手」に選出されたが、終わってみれば61試合55回2/3イニングで防御率4.20。すべてのスタッツでキャリア最低のシーズンだった。


MLB公式サイトによると、MLB全体15位(防御率)のブルペンを立て直すためにナショナルズは、彼のバウンスバックを期待してのトレードだったようだ。


一方、オーナーが変わり新体制で、ほとんどの主力をシーズン前のファイヤーセールで放出したマーリンズ。チーム再建モードの1年目を終了したが、ホセ・ウレーニャ、ダン・ストレイリーといった先発投手の放出を模索しているという。


さらに、狙いはインターナショナル・フリーエージェント市場でのキューバ選手。


具体的にはビクトル・ビクトル・メサ、ビクトル・メサJr.、サンディ・ガストンの名前が挙がっているが、そのためのインターナショナル・ボーナス・スロットが今回のトレードでの目的だったという。


マーリンズは先日も17年ドラフト5巡目の22歳右腕ライアン・リリー投手をレッズへ放出して、そのためのボーナスプール・マネーを獲得している。


関連記事

Posted on 2018/10/13 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1012

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《右翼手編》  




2018-19のFA市場は、ブライス・ハーパー外野手、マニー・マチャド内野手のトップ2に加えて、現在、メジャーNO.1の左腕クレイトン・カーショーも残りの契約(3年1億500万ドル)を破棄してFAを選択する可能性が高い。これらの選手に関しては、ストーブリーグで複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


ハーパー


そんなFA市場のポジション別注目選手をピックアップ。今回は右翼手を紹介したい。


《右翼手》
ブライス・ハーパー(ナショナルズ) 
ニック・マーケイキス(ブレーブス)
カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)
アンドリュー・マカッチェン(ヤンキース)
ジョン・ジェイ(ダイヤモンドバックス)
ロニー・チゼンホール(インディアンス)
メルキー・カブレラ(インディアンス)
ホゼ・バティースタ(フィリーズ)
カルロス・ゴメス(レイズ)
クリス・ヤング(エンゼルス)
ジェイソン・ヘイワード(カブス)※オプトアウト可能
ヤスマ二・トマス(ダイヤモンドバックス)※オプトアウト可能



2017-18オフシーズンのFA市場で、契約が成立した上位50名は、契約年数、契約総額の両面だけで比較しても過去に例のない低レベルで、しかもスローペースだった。

次の年にハーパーやマチャド、そして、カーショー。史上最高となるような大型契約が成立する可能性もあると予想され、その事が冷え切ったFA市場の一因となったのかもしれない。

各球団とも次の年に備えて「軍資金」を残しておきたいからだ。


ルーマー 


ブライス・ハーパーが来シーズンにどのチームのユニフォームの着るのかは最大の関心事になりそうだ。

ナショナルズは、シーズンオフにハーパーの再契約に動くものと見られ、まずはクオリファイングオファーを提示すると思われる。

ナショナルズのオーナーであるテッド・ラーナー氏は総資産が51億ドル(約5600億円)と資金力には余裕があり、90歳を越える年齢ということもあって、ワールドシリーズ制覇という最後の夢のためであれば投資を惜しまない人物らしい。

ハーパーの代理人スコット・ボラス氏とも親しくマックス・シャーザーやスティーブン・ストラスバーグの時も7年で2億ドル前後という長期契約を結んだ。

来季26歳のハーパーとは10年3億ドルから4億ドルという巨額が動くという噂もある。

そうなってくると出せる球団は限られる。ジョン・ヘイマン氏によればナショナルズを含めて彼を狙っているチームは7球団あるということだった。

ヤンキースは、ハーパーの家族がヤンキースファンで、以前からヤンキースが大金をはたいて獲得するという噂があったが、その後、ジャッジが登場し、スタントンを獲得したチームには外野手があふれている。

右のホームランバッターばかりで左打ちのハーパーを加えれば、凄い打線になることは間違いないが、三塁手のミゲル・アンドゥハーは守備が酷く、一塁手へのコンバートも検討されているくらいで、遊撃手のディディ・グレゴリウスが19年までしかコントロールできない状況を考えるとマッチするのは、マニー・マチャドだろう。

ヤンキース以外で巨額の契約金を動かせるとすればドジャースだが、エース左腕カーショーがオプトアウトした場合に引き留め工作には多額の資金が必要だから、ハーパーをドジャースが狙いに来る可能性は低い気がする。

ジョン・ヘイマン氏によるとドジャースのスタン・カステン球団社長は、ナショナルズ時代にハーパーを指名した経緯があるという。

その後もハーパーの家族とコンタクトを継続している。ナショナルズがロサンゼルスに来ると、ラスベカスからやってくるハーパーの両親と会っているらしい。

ドジャースよりも外野手の長距離砲が欲しいのは、ジャイアンツ。ハーパーのホームタウンであるネバダ州からも近い。

ただ、ジャイアンツは、スタントン争奪戦にも敗れた経緯があり、王朝復活を目指してGMも解雇されるという報道があり、そうなれば流動的でハーパー争奪戦に加わるかどうかは不透明だ。

ほかに、ブレーブスやフィリーズ、カブスなども名前が挙がっている。左翼手に関しては第2弾で他の選手も紹介したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/12 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1011

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《中堅手編》  




2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が注目選手。


そして、もう一人、ドジャースのクレイトン・カーショーが契約をオプトアウトしてFAを選択する可能性もあり、もし、そうなれば、彼も話題を集めることになる。


そんなFA市場のポジション別注目選手をピックアップ。今回は外野のセンターを紹介したい。


このポジションは、たとえば夏にダイヤモンドバックスに移籍したジョン・ジェイのようにセンターとライトを兼任している選手も多いが、とりあえず注目の選手は下記の選手たちだ。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


《中堅手》

レオニス・マーティン(インディアンス)
A.J.ポロック(ダイヤモンドバックス) ※1
アダム・ジョーンズ(オリオールズ) ※2
ラジャイ・デービス(インディアンス)
オースティン・ジャクソン(メッツ)
デナード・スパン(マリナーズ) 


※1 この中で注目はダイヤモンドバックスのA.J.ポロック。2009年 ドラフト1巡ピック(全体17位)の選手で、31歳で迎える来季もチームの構想の中にいる選手だろう。

ダイビングキャッチを試みた際に右肘を負傷(2011年)、2016年にもキャンプ中にスライディングで右肘を負傷し、ほぼ全休。

ハッスルプレイのため故障離脱が多いのが残念だが、複数年で1年775万ドルは確実にアップするだろう。


※2 メジャーキャリア13年のうち11年をオリオールズで過ごしたアダム・ジョーンズ。個人的には地味なイメージの選手だが、オリオールズがザック・ブリットン、ブラッド・ブラックらのリリーフ投手をファイヤーセールしたことにより、彼がチームのトップ評価になってしまった。


7月末のトレード期限の時には、右打ちの外野手を探していたフィリーズとの間でトレードが合意に達したものの、ジョーンズが10&5 (メジャー・サービスタイム10年以上で、なおかつ直近の5年間同一チームに所属)による全球団へのトレード拒否権を行使したため破談となった。


外野手だけでなく指名打者としても出場できる可能性のあるア・リーグの球団への移籍であれば検討する様子だという事も伝えられたが実現しなかった。


ジョーンズがボルティモア残留を選んだのは家族、友人、ファン、自身の行うチャリティなどが大きな理由らしいが、フィリーズの選手起用も気に入らなかったようだ。


今季の成績は、145試合で打率.281、出塁率.313、長打率.419、OPS.732。本塁打15、打点63、盗塁7。守備防御店DRSは-18と低く、UZR/150も-14.8、WAR0.5と主なセンターとしては最低クラスだ。(FAN GRAPHS参考)


本人はオリオールズとの再契約を望んでいるという事だが、今季の年俸はベースサラリー1700万ドルとサインボーナスが付いて1733万ドルと高く、来年8月に34歳になることから、再契約出来たとしても抑えられた内容になるものと思われる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/11 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1010

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《左翼手編》  

 


 MLB2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いない。

ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられ、来季はどのチームのユニフォームを着るのだろうか。

そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介、今回は、約80名程いるリリーバー(救援投手)たちの中から代表的な投手たちを紹介する。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


《左翼手》
ブレット・ガードナー (ヤンキース) ※1
マイケル・ブラントリー(インディアンス)※2
マーウィン・ゴンザレス(アストロズ)※3
カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)
カーティス・グランダーソン(ブルワーズ)
キャメロン・メイビン(マリナーズ)※4
マット・ジョイス(アスレチックス)
グレガー・ブランコ(ジャイアンツ)
ハンター・ペンス(ジャイアンツ)
マット・ホリデイ(ロッキーズ)
クレイグ・ジェントリー


※1 ブレット・ガードナー はヤンキース生え抜きだが、今季は打率.237、12本塁打、15盗塁、OPS.689で、この10年間で最低の数字。49盗塁した11年の頃からすると峠を過ぎたイメージがある。

19年の契約は1250万ドルのチームオプション(バイアウト200万ドル)。ヤンキースからすればペイロールを圧迫するものではなく、今季同様に9番打者か控えの外野手で、契約を更新することが考えられる。


※2 マイケル・ブラントリー(インディアンス)は、肩の手術の影響で16年は11試合の出場にとどまったが、17年に復活。今季は完全復活で、ほぼフル出場。打率も3割以上をキープして16本塁打、73打点。常勝軍団になったインディアンスの2番打者として活躍している。18年の年俸は1150万ドル。


※3 マーウィン・ゴンザレス(アストロズ)あたりは主軸で、よほどのことがない限りチームは引き留めにかかるだろう。

※4 逆にキャメロン・メイビン(マリナーズ)は、現チームとの再契約は難しいかもしれない。


他に、マット・ジョイス(アスレチックス)、カーティス・グランダーソン(ブルワーズ)も新しいチームを探すことになるだろう。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/10 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1006

今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《一塁手/三塁手編》  




2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いなく、ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介する。今回は一塁手と三塁手編。


ルーマー



《一塁手》

スティーブ・ピアース(レッドソックス)
ジョー・マウアー(ツインズ)
マット・アダムス(カージナルス)
マーク・レイノルズ(ナショナルズ)
ルーカス・デューダ(ブレーブス)
ハンリー・ラミレス(FA)
スティーブ・ピアース(レッドソックス)
ジャスティン・スモーク(ブルージェイズ)



《三塁手》

マイク・ムスターカス(ブルワーズ)
マニー・マチャド(ドジャース)
エドゥアルド・エスコバー(ダイヤモンドバックス)
エイドリアン・ベルトレイ(レンジャーズ)
ジョシュ・ドナルドソン(インディアンス)
パブロ・サンドバル(ジャイアンツ)
チェイス・ヘッドリー
ダニー・バレンシア
ホセ・レイエス(メッツ)
ルイス・バルブエナ



エイドリアン・ベルトレはレンジャーズとの再契約を本人が希望しているという。来季が40歳。大幅ダウンを受け入れて再契約に落ち着く可能性が高い。


35歳のホセ・レイエスは1年200万ドルでメッツと契約したが、打率.192ではどこの球団からもオファーがないだろう。


7月のトレード期限前に移籍したエドゥアルド・エスコバーやマニー・マチャド。8月末の期限前にインディアンスへ移籍したジョシュ・ドナルドソンの契約に注目したい。


ドナルドソンは9月11日にDLから復帰している。


来季36歳になるジョー・マウアーは、もとは捕手だったが、脳震とうの影響もあって14年に一塁手へコンバートされた。


ツインズひと筋15年。通算アベレージは3割を越えているが本塁打は通算142本。キャリアの中で本塁打が10本以下のシーズンが8年間もある一塁手としてはパワー不足。


ツインズとの8年1億8400万ドルの大型契約が終わり、条件を満たした場合に自動更新となるべスティングオプションになっているが、引退を決意した。最終戦では捕手として出場した。


観客は、スタンディングオベーションで彼を称えた。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/06 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1005

今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《捕手編》  

 



2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、マニー・マチャド内野手とブライス・ハーパー外野手が注目選手だが、クレイトン・カーショーもオプトアウトすれば、カーショーの契約交渉も話題になるだろう。


そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介する。今回は捕手編。


《捕手》
ウィルソン・ラモス(フィリーズ)
カート・スズキ(ブレーブス)
A.J.エリス(パドレス)
マーティン・マルドナード(アストロズ)
ニック・ハンドリー(ジャイアンツ)
ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)
デビン・メソラコ(メッツ)
レネ・リベラ(ブレーブス)
マット・ウィータース(ナショナルズ)
ジェフ・マシス(ダイヤモンドバックス)
ドリュー・ビュテラ(ロッキーズ)
ヤスマニ・グランダル(ドジャース)
ロビンソン・チリノス(レンジャース)



このほかには、アストロズのブライアン・マッキャンが本人と球団側両方に2019年の選択権がある契約。マッキャンは膝に古傷を抱えており35歳の今季も2度故障者リストに入った。


ルーマー 


今季の捕手部門で、規定打席に達しているのは7人だけ。上のFA捕手の中では、ヤスマニ・グランダル(ドジャース)だけ。


MLB公式サイトが選んだ各球団のトップFA選手のリストには、ウィルソン・ラモスがフィリーズのトップFA選手として名前が挙がっていた。ほかにデビン・メソラコ(メッツ)、ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)の名前もあった。


ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)は、111試合に出場しているが規定打席には達していない。WBCアメリカ代表捕手のルクロイだが、打率.243、本塁打3本、OPS.618と今季も打撃面では振るわない。ただ、躍進しているアスレチックスの正捕手としての存在感はある。


マーティン・マルドナード(アストロズ)は大谷翔平と組んでいたことで日本では有名になったが、エンゼルスに移籍する前は、ブルワーズで、ルクロイのバックアップ捕手だった。


夏にアストロズに電撃移籍したが、今季は、ここまで2球団で打率.226、9本塁打、OPS.667。


あまり大したことのない成績だが、それでもゴールデングローブ賞を取った昨年と同程度のスタッツで、ポストシーズンの活躍次第では、今季の390万ドル以上のサラリーを手にするかもしれない。


アストロズの捕手には25本塁打のエバン・ガティスがいるが、マッキャンは故障が多く、ガティスがDHに入ってマルドナードがマスクを被るパターンが多い。




関連記事

Posted on 2018/10/05 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《先発投手編PART2》  




 2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が注目選手になることは間違いなく、ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


 そして、もう一人、ドジャースのクレイトン・カーショーが契約をオプトアウトしてFAを選択する可能性もあり、もし、そうなれば、彼も注目選手になることは間違いない。


そんなFA市場のポジション別注目選手をピックアップ。以前にも紹介したが、先発投手編の第2弾を紹介したい。


《先発投手》
パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)※1
ダラス・カイケル(アストロズ)
チャーリー・モートン(アストロズ)
J.A.ハップ(ヤンキース) ※2
CCサバシア(ヤンキース)
ランス・リン(ヤンキース)
トレバー・ケーヒル(アスレチックス)
デレク・ホランド(ジャイアンツ)
クレイ・バックホルツ(ダイヤモンドバックス)
アニバル・サンチェス(ブレーブス)
ネイサン・イバルディ(レッドソックス)
ジオ・ゴンザレス(ブリュワーズ)
柳賢振(リュ・ヒョンジン:ドジャース)
マット・ハービー(レッズ)
ジェレミー・ヘリクソン(ナショナルズ)
ウェイド・マイリー(ブリュワーズ)
ギャレット・リチャーズ(エンゼルス)
タイソン・ロス(カージナルス)
ブレット・アンダーソン(アスレチックス)
エドウィン・ジャクソン(アスレチックス)
マルコ・エストラーダ(ブルージェイズ)
バートロ・コロン(レンジャーズ)
ハイメ・ガルシア(カブス)
アダム・ウェインライト(カージナルス)
ドリュー・ポメランツ(レッドソックス)
ミゲル・ゴンザレス(ホワイトソックス)
フランシスコ・リリアーノ(タイガース)
クリス・ティルマン(レンジャーズ)
ヨバニ・ガヤード(レンジャーズ)

クレイトン・カーショウ(ドジャース)(オプトアウト可能)
デビッド・プライス(レッドソックス)(オプトアウト可能)



blog_import_54ca745572dda.jpg





※1 ダイヤモンドバックスの左腕パトリック・コービンは、キャリア6年目で最高のシーズンを送っている。


勝ち星こそ11勝で、14勝をマークした昨年には及ばないが、この時点で192イニング、防御率3.09、FIP2.43。奪三振237、奪三振率11.1、与四球率2.0、被本塁打率0.7。その他のスタッツでもキャリアハイをマークしている。


ニューヨーク出身で、サバシアがFAになるヤンキースあたりが、セベリーノ、田中将大の両右腕に左投手を1枚加えたいと考えても不思議ではない。


前回の《先発投手編》でも紹介したダラス・カイケルと共に先発投手が人材不足と言われるFA市場で争奪戦になることが予想される。


※2 J.A.ハップ(ヤンキース)は、ヤンキース移籍後、好調をキープしている。11試合で防御率2.69。7試合でクオリティスタート。

この10月に36歳になるが、1年~2年契約でヤンキースとの再契約も考えられる。


ヤンキースのローテーションの中で貴重な左腕ジョーダン・モンゴメリーは、トミー・ジョン手術のためシーズン全休で来季も計算できない。


そのため、左投手の補強が懸案事項で、パトリック・コービンとJ.A.ハップがヤンキースのターゲットになることは間違いなさそうだ。



◇関連記事
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3832.html



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ








関連記事

Posted on 2018/09/30 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0904

【MLB移籍情報】8月最終日に成立したトレード  




 ポストシーズンに登録できる選手のトレード期限である8月31日。今季も水面下で、さまざまな駆け引きがあったようだ。そんな最終日のトレードをまとめてみた。


《8月31日のトレード》

NYY:アンドリュー・マカッチェン
SF:フアン・デ・ポウラ  SF:アビアタル・アベリーノ


COL:ドリュー・ブエトラ  
KC:ジェリー・バスト


LAD:ライアン・マドソン 
WSH:アンドリュー・イスラー


OAK:コーリー・ギアリン  
TEX:アブディエル・メンドーザ  
TEX:テオドロ・オルテガ


MIL:ゼイビア・セデーニョ
CHW:ブライアン・コンネル
CHW:ヨハン・ドミンゲス


MIL:ジオ・ゴンザレス
WSH:ギルバート・ララ 
WSH:K.J.ハリソン


CLE:ジョシュ・ドナルドソン
TOR:後日指名


NYY:アデイニー・エチェバリア
PIT:金銭


LAD:デビッド・フリース
PIT:ヘスス・バルデス



 すでに野手では、ダニエル・マーフィー、ホセ・バティスタ、ジャスティン・ボアー、マット・アダムス、アデイニー・エチェバリアらのトレードが成立。


投手では、マイク・ファイヤーズ、フェルナンド・ロドニー、ジオ・ゴンザレスなどが8月末を前にトレードで移籍していた。


 最終日には、ジョシュ・ドナルドソンがインディアンスへ、アンドリュー・マカッチェンがヤンキースへ移籍するなど9組のトレードが成立している。


*************


 8月のトレードで個人的に注目は、あのマーフィーが、よりによってカブスに移籍したこと。1番セカンドで連日出場。11試合で打率.306、OPS.884、3本塁打、6打点と好調だ。


 ナ・リーグは、カブスがプレイオフの勝率.591で第1シードになる可能性が出てきた。そうなれば、西部地区のドジャースやダイヤモンドバックス、ロッキーズと対戦する可能性がある。第2シードでも地区シリーズで西部地区のチームと当たる可能性がある。


 マーフィーは、ポストシーズンに強く、とくにドジャース戦では15年の地区シリーズでクレイトン・カーショーから本塁打を放つなど打率.333、3本塁打、5打点。16年の地区シリーズでも打率.438、6打点と、ドジャース戦で打ちまくっている。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/09/04 Tue. 12:23 [edit]

CM: --
TB: --
   

0902

【MLB移籍情報】ブルワーズがジオ・ゴンザレスを獲得、不安定な投手力を補強  




ワイルドカード圏内にいるミルウォーキー・ブルワーズがMLB全体で14位と不安定な先発投手力を強化するためにナショナルズからウェーバーをクリアしていたジオ・ゴンザレスを獲得している。


ジオ・ゴンザレスの年俸は1200万ドルのため200万ドル程度がブルワーズの負担となる。





33歳のゴンザレスは、ここまで145回2/3で7勝11敗、防御率4.57。オールスターブレイク後は調子を落としていて44回で防御率6.55が気になるところ。


通算124勝9敗、8年連続10勝以上、アスレチックスからナショナルズへ移籍した2012年は21勝(8敗)を挙げた左腕が、移籍してかつての輝きを取り戻せるかどうか。


なお、このトレードでの交換要員は、MLB公式サイトのプロスペクトランキングでブルワーズ内でNO.29にランクされていた捕手兼一塁手のK.J.ハリソン、三塁手のギルバート・ララの2人。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/09/02 Sun. 16:50 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド