メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0212

【MLB移籍情報】マーリンズのリアルミュート捕手に対してアストロズがトレード打診  




デレク・ジーターCEOは、シーズンチケットを売るどころか、ペイロール削減のために主力選手を“ファイヤーセール”してマイアミのファンから不評を買っている。

そのマイアミ・マーリンズで次に放出されそうなのが、捕手のJ.T.リアルミュート。主力放出の中で、当初は、チーム再建のコアとしてイエリッチ外野手と共に名前が挙がっていたが、イエリッチもトレードを希望、彼もチームを去りそうな状況だ。

26歳のリアルミュートは昨年、キャリアハイの17本塁打をマーク。打率.278、17本塁打、65打点。

メジャー30球団で、規定打席を上回った捕手は、ジャイアンツのポージー、ヤンキースのサンチェス、カージナルスのモリーナと彼の4人しかいない。141試合は捕手部門で最多出場になる。

ファンタジーベースボールでも、捕手部門でサンチェス、コントレラス、ポージーについて4位の評価だ。サラリー面を見ても年俸調停1年目。今後の伸びしろを考えても290万ドルは格安と言える。


Top ten fantasy baseball catchers entering 2018:
1). Gary Sanchez NYY
2). Willson Contreras CHC
3). Buster Posey SF
4). J.T. Realmuto MIA
5). Wilson Ramos TB
6). Evan Gattis HOU
7). Salvador Perez KC
8). Yadier Molina STL
9). Wellington Castillo CHW
10). Jonathan Lucroy
(MLB)



そのリアルミュートに関しては、以前にナショナルズがトレードを打診したが、マーリンズが、ナショナルズのトッププロスペクトであるビクター・ロブレス外野手やホアン・ソト外野手などを要求したためペンディング状態が続いている。

そして、スプリングトレーニングを間近に控えてアストロズが、アプローチをかけているという報道が流れた。

シリウスXMラジオのクレイグ・ミッシュ氏のツイートなどを受けてMLB公式サイトなどが詳細を報道。それによるとアストロズがトレード交渉を行い、マーリンズは交換要員としてトッププロスペクトのカイル・タッカー外野手を要求しているという。

ほかには、交換要員としてアストロズの先発投手コリン・マクヒューの名前も挙がっている。


リアルミュート


スタントン、オズーナ、イエリッチというメジャー屈指の外野陣を一気に放出したマーリンズは、外野手も補強ニーズ。

ナショナルズは、ブライス・ハーパー外野手が2018年シーズン終了後にFAで、以前から「ヤンキースが狙っている」との噂もあり、簡単には外野手のプロスペクトを手放せない状況が考えられる。

これに対してアストロズは、ジョージ・スプリンガー、ジェイク・マリスニック、ジョシュ・レディックを3年間コントロールでき、デレク・フィッシャーも控えているため、外野手のプロスペクトを手放せる状況。

また、アストロズは主力捕手のブライアン・マッキャンとエバン・ギャティスがベテランで、残りの契約期間も少なく、中期的視野に立てばJ.T.リアルミュートの獲得に本腰を入れることは、今後の覇権を考えても懸命な判断と言える。


◇こちらの記事を参考にしています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/astros-intersted-in-realmuto/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/02/12 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1004

【球団人事】マイアミ・マーリンズ 球団CEOにデレク・ジーターが就任   



元ヤンキースのデレク・ジーター氏らを中心とするベンチャー・キャピタル(専門投資会社)が買収したマイアミ・マーリンズ。

予想どおり、そのジーター氏が、同球団のの最高経営責任者(CEO)に就任したことが3日、発表された。

マイアミ・マーリンズは、ジーター氏と実業家のブルース・シャーマン氏が中心のグループが2日、12億ドル(約1,355億円)でマーリンズを買収していた。シャーマン氏が筆頭オーナーになる。

ジーター氏は記者会見で「我々はファンを呼び戻すことに集中している。時間をかけて強固な組織を作り上げていきたい。敬意、品位、高潔さといったものをベースに組織を構築していく」と語った。

それよりも気になるイチロー選手の去就だが、マーリンズが、イチロー選手と来シーズンの契約を結ぶかどうかの選択権を持っていることについて、ジーター氏は「イチロー選手とまだ直接話をしていない。今までプレーしたチームメイトの中でも、気に入っている選手だ。契約についてはゼネラルマネージャーとこれから話して決める」と述べるにとどまり、来シーズンも契約するかどうかは今後、判断するという考えを示しました。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/10/04 Wed. 11:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

マーリンズ売却承認、元ヤンキースのジータ―氏が編成部門のトップになる公算大  



MLBのオーナー会議はマーリンズが元ヤンキースのデレク・ジーター氏らを中心とするベンチャー・キャピタル(専門投資会社)に売却されることを承認した。

編成部門のトップにはジーター氏が新たに就くという可能性が高い。地元紙「マイアミ・ヘラルド」によると合意額は12億ドルになるという。

7月にNBCスポーツが伝えたところによれば新オーナーは、地元フロリダ州の実業家で、キューバ系米国人ホルヘ・マス氏だった。金額も11億7,000万ドルになるという事だったが、その後、ジータ―氏らのグループが盛り返して買収を決めた。



マイアミ・マーリンズの売却経緯については、次から次へと名前が挙がった。買い手グループがトランプ大統領の親族だったり、話題性のある人物が多く、今年2月ごろから米メディアでも大きく取り上げられた。

その中で、元大統領を父と兄にもつジェブ・ブッシュ氏と元ヤンキースのデレク・ジーター氏らのグループ、共和党の元大統領候補が父のタグ・ロムニー氏のグループ、この2つのグループが買収候補として有力で、4月後半頃には、ジータ―氏のグループが優位に立っているとの報道が流れた。

しかし、5月末にジーター氏らのグループからブッシュ氏が撤退。これにより、ジーター氏は球団買収に必要な資金が足りず、元NBAプレイヤーのマイケル・ジョーダン氏らとタッグを組んで交渉にあたっているとの情報も流れた。



なお、現オーナーのローリア氏は2002年にマーリンズを1億5,800万ドル(約180億円)で買収している。

選手の補強に資金を投入せず、市民からの評判の悪いオーナーだったが、元メジャーリーガーのジータ―氏が経営に加われば、ファンのマーリンズへの好感度はアップするかもしれない。


記事参考
http://www.miamiherald.com/sports/mlb/miami-marlins/article166853582.html
http://mlb.nbcsports.com/2017/07/10/report-jeffrey-loria-to-sell-marlins-to-jorge-mas-for-1-17-billion/

フォーブス誌のマイアミ・マーリンズ売却報道
マーリンズの売却問題は“口約束”の段階、市民は大歓迎!?
マイアミ・マーリンズ、地元フロリダ州のキューバ系米国人経営者に売却か!?




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/30 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0812

マイアミ・マーリンズはデレク・ジーターのグループが買収 新しいオーナーに!?  



イチローと田澤純一が所属するマイアミ・マーリンズの球団売却について、7月に経済紙「フォーブス」が、これまでとは違う売却先を報道した。しかし、その後、新たな展開があったようだ。

売却先は、地元紙「マイアミ・ヘラルド」によるとデレック・ジーター氏をはじめとする投資家グループで、合意額は12億ドル(約1300億円)になるという。

7月にNBCスポーツが伝えたところによれば新オーナーは、地元フロリダ州の実業家で、キューバ系米国人のホルヘ・マス氏で金額も11億7,000万ドルになるという事だったが、それからするとジータ―氏が盛り返して買収を決めたとになる。



マイアミ・マーリンズの売却経緯については、次から次へと名前があがる買い手グループが話題性のある人物だったこともあり、今年2月ごろから米メディアでも大きく取り上げられた。

その中で、元大統領を父と兄にもつジェブ・ブッシュ氏と元ヤンキースのデレク・ジーター氏らのグループ、共和党の元大統領候補が父のタグ・ロムニー氏のグループ、この2つのグループが買収候補として有力で、4月後半頃には、ジータ―氏のグループが優位に立っているとの報道が流れた。

しかし、5月末にブッシュ氏が撤退。これにより、ジーター氏は球団買収に必要な資金が足りず、元NBAプレイヤーのマイケル・ジョーダン氏らとタッグを組んで交渉にあたっているとの情報もあった。

今回の報道では、ジーター氏のグループにマイケル・ジョーダン氏が加わり16人でグループを形成。すでにマーリンズからMLBに対し、売却合意の報告がなされているという。



球団の運営執行部は、デビッド・サムソン球団社長、野球運営部門の最高責任者マイケル・ヒル氏は残留する方向という情報もあるが、正式認可はオーナー会議を経て10月上旬になる見込み。

なお、現オーナーのローリア氏は2002年にマーリンズを1億5,800万ドル(約180億円)で買収している。

過去には過度なファイアーセールでオールスターの誘致にも失敗したマーリンズ。選手の補強に資金を投入せず、市民からの評判の悪い現オーナーだが、元メジャーリーガーのジータ―氏が経営に加われば、ファンのマーリンズへの好感度は上がるかもしれない。


記事参考
http://www.miamiherald.com/sports/mlb/miami-marlins/article166853582.html
http://mlb.nbcsports.com/2017/07/10/report-jeffrey-loria-to-sell-marlins-to-jorge-mas-for-1-17-billion/

フォーブス誌のマイアミ・マーリンズ売却報道
マーリンズの売却問題は“口約束”の段階、市民は大歓迎!?
マイアミ・マーリンズ、地元フロリダ州のキューバ系米国人経営者に売却か!?


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/12 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0926

あらたな伝説 デレク・ジーターがホーム最終戦で劇的サヨナラヒット  





ピンストライプの「背番号2」が有終の美を飾る



 ヤンキース一筋、ワールドシリーズ制覇5回という輝かしい経歴を持ち、ニューヨーカーからは敬意を持って「キャプテン(The Captain)」と呼ばれているデレク・ジーター遊撃手(40)が、自身のホーム最終戦で、5-5の同点から9回サヨナラ安打を放って引退の花道を飾った。



 4万8613人の観客は酔いしれたに違いない。黒田の好投で5-2で迎えた9回、そのまま終わるかに思えたゲームが、ヤンキースのクローザー、ロバートソンが2本のホームランを打たれて同点。キャプテンに最後の打席が回ってきた。



 9回ウラ、先頭打者がヒットで出塁。1番ガードナーが送りバントでお膳立て。1アウト2塁で迎えたジーターの最終打席、その初球を伝家のライト前ヒットでサヨナラの走者を帰した。自分のバットでドラマの幕を引いた。

なお、この日のジーターは、1回にもタイムリーの2塁打(通産544本目)を放っている。

 試合後のセレモニーには、共に栄光を築いてきたポサーダ、リベラ、ぺティートらがジーターを迎え、名将ジョー・トーリー前監督がハグした。

 カーテンコールのなかでキャプテンは、「Don’t cry!」(泣かないでおこう)とインタビューに応えた。1995年から着続けてきたピンストライプのユニフォームに、20年目となる今季終了と共に別れを告げる。


野球ボール獲得タイトル・記録


新人王:1996年
ワールドシリーズMVP 1回:2000年
シルバースラッガー賞 5回:2006年 - 2009年、2012年
ゴールドグラブ賞 5回:2004年 - 2006年、2009 - 2010年
ハンク・アーロン賞 2回:2006年、2009年
ベーブ・ルース賞 1回:2000年
ロベルト・クレメンテ賞:2009年
ルー・ゲーリッグ賞 1回:2010年
オールスター選出 14回:1998年 - 2002年、2004年、2006年 - 2012年、2014年
オールスターMVP 1回:2000年
プレイヤーズ・チョイス・アワードアメリカンリーグ最優秀新人:1996年
シーズン安打試合数135:1999年 

※オールスターゲームとワールドシリーズ両方のMVPを同じ年に受賞した選手は、MLB史上ジーターのみ(2013年シーズン終了時点)。





↑お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2014/09/26 Fri. 12:21 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0909

ヤンキース D.ジーターが引退式典で心のこもったスピーチ  




「全ての人に感謝!」 デレク・ジーター引退式で

今季限りで引退するヤンキースのデレク・ジーター遊撃手は現地7日、自身の引退セレモニーで心のこもったスピーチを行った。




約45分間行われた引退セレモニーでは、祖母、両親などのファミリーやカル・リプケン、同僚だったバーニー・ウィリアムス、ホルヘ・ポサーダ、マリアノ・リベラ、日本から松井秀樹氏やバスケットのマイケル・ジョーダン氏など豪華なゲストが集結。

スタンディングオーベーションは3分間拍手が鳴り止まなかった。




  

関連記事

Posted on 2014/09/09 Tue. 13:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド