メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0127

オルティーズの背番号34が永久欠番に!セレモニーは6月  

 

レッドソックスの“顔”として、また、ボストニアンには“ビッグパピー”の愛称で親しまれているデビット・オルティーズの背番号「34」がチームの永久欠番になる。

チームは彼の卓越したキャリアに敬意を表して6月23日にフェンウェイパークで記念セレモニーを行うと発表した。

オルティーズは2003年1月22日にレッドソックスと契約。14年間連続でシーズンに出場した選手はカール・ヤストレムスキー(23年間)、テッド・ウィリアムズ(15年間)など7人しかいない。

オルティーズ


さらに、第一次世界大戦後に在籍した選手としてボストンで唯一の3度のワールドチャンピオンリング(2004年、07年、13年)を手にした選手でもある。

レッドソックス でマークした本塁打483本は、テッド・ウィリアムズ(521本)に次ぐ。また、打点(3位、1,530)、ヒット数(6位; 2,079本)、二塁打(3位; 524本)、四球数(4位; 3,131)など、ほとんどのスタッツがチームで屈指である。




彼の「34」は、レッドソックス11人目の永久欠番になるが、レッドソックスの永久欠番として有名なのは、ジャッキー・ロビンソンだろう。他には、ヤンキースの松井秀喜と死闘を演じた剛腕ペドロ・マルティネスが記憶に新しい。

  • 1  ボビー・ドーア
  • 4  ジョー・クローニン 
  • 6  ジョニー・ペスキー 
  • 8  カール・ヤストレムスキー 
  • 9  テッド・ウィリアムズ
  • 14  ジム・ライス 
  • 26  ウェイド・ボッグス 
  • 27  カールトン・フィスク 
  • 42  ジャッキー・ロビンソン 
  • 45  ペドロ・マルティネス

そして、オルティーズで11人目になる。





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   



関連記事

Posted on 2017/01/27 Fri. 15:50 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0121

オバマ前大統領とメジャーリーグベースボール  

 


◆イチローと初対面

C2m9zRKUoAEFVHJ.jpg


 2009年7月14日、MLBオールスターゲームの試合前にロッカールームを訪れて当時シアトル・マリナーズだったイチローと談話するオバマ前大統領。

 イチローは、大統領に会った際に「What’s up?(調子どう?)」と気さくに話しかけることを計画していたようですが、実際にオバマ大統領に面と向かうと思わず尻ごみをしてしまい「あたなにお会いできて光栄です」と言うのが精いっぱいだったらしい。


◆2度の始球式

C2mr0VcVEAATFAS.jpg

 
 始球式には2度登場しましたが、シカゴ出身の大のホワイトソックスファンだったオバマ前大統領は、ダブダブのホワイトソックス(CHW)のジャージを着て下はジーパン姿で登場。カジュアルすぎてひんしゅくをかったようでした(笑)。ワシントンでもCHW帽を着用してブーイングを浴びたこともあったらしい。


◆オルティズと自撮り

C2nE6HnUUAEEusf.jpg


◆キューバで親善試合(大統領も観戦)

 ここでも紹介しましたが、キューバ―との歴史的和解で17年ぶりの親善試合がキューバ―で開催され、オバマ前大統領も観戦しました。

その他、退任3日前には、ワールドシリーズを108年ぶりに制覇したシカゴ・カブスを表敬訪問しています。 



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/01/21 Sat. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1028

オルティーズとブライアントの新旧打者に「ハンク・アーロン賞」  



 MLB(メジャーリーグ機構)は現地26日、両リーグの年間最優秀打者に贈られる「ハンク・アーロン賞」の受賞者を発表。

 ア・リーグからはボストン・レッドソックスの指名打者デービッド・オルティ-ズ、ナ・リーグからはシカゴ・カブスのクリス・ブライアント三塁手が選出された。




 通算755本の歴代最多ホームラン記録を保持していたハンク・アーロン氏の名を冠した同賞は1999年に制定。ファン投票と、アーロン氏など殿堂入り打者の投票によって選出される。




 40歳のオルティーズは現役最後のシーズンで打率.315、38本塁打、127打点をマーク。チームのプレーオフ進出に貢献した。

10月2日、レッドソックス時代の背番号34が2017年よりレッドソックスの永久欠番となることが発表された。

BIGPAPI


 ナショナルリーグでは、24歳の若手ブライアントが受賞。打率.292、39本塁打、102打点を記録。

ここでも紹介したが、キャリア2年目の今季は、6月27日、シンシナティ・レッズ戦で、5打数5安打6打点と大活躍。この日の5本のヒットはすべて長打(3本塁打、2二塁打)であり、これは1900年以降では史上9人目の記録という伝説的な夜になった。

前半戦をリーグトップの25本塁打、同3位の65打点として、ファン投票による2年連続のオールスターゲームに選出されている。


《過去5年間の受賞者》

アメリカン・リーグ
ナショナル・リーグ
2015
ジョシュ・ドナルドソン
トロント・ブルージェイズ
Josh Donaldson
ブライス・ハーパー
ワシントン・ナショナルズ
Bryce Harper
2014
マイク・トラウト
ロサンゼルス・エンゼルス
Mike Trout
ジャンカルロ・スタントン
マイアミ・マーリンズ
Giancarlo Stanton
2013
ミゲル・カブレラ
デトロイト・タイガース
Miguel Cabrera
ポール・ゴールドシュミット
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
Paul Goldschmidt
2012
ミゲル・カブレラ
デトロイト・タイガース
Miguel Cabrera
バスター・ポージー
サンフランシスコ・ジャイアンツ
Buster Posey
2011
ホセ・バティスタ
トロント・ブルージェイズ
Jose Bautista
マット・ケンプ
ロサンゼルス・ドジャース
Matt Kemp


◇DATA引用
http://www.sportsdatamuseum.com/mlb/award/mlb_awd_Aaron.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2016/10/28 Fri. 01:23 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1007

【ALDS】トライブが先勝、上原1回無失点、田澤はロースターから外れる  




 先に3勝をあげたチームが、リーグ優勝決定戦へ進出する5ゲームマッチのア・リーグ地区シリーズ(ALDS)が、現地6日に開幕した。

 公式戦の勝率でアドバンテージのあるインディアンスのホーム、クリーブランドで行われた中地区王者・インディアンスと東地区王者・レッドソックスのGAME1は、インディアンスが、1点差を守って勝利を挙げた。

 インディアンズは、レッドソックスの先発で今季22勝を挙げているポーセロから3回裏、正捕手ゴームズの代わりにマスクをかぶった9番ペレスが反撃の一発。2対2の同点にすると、続く2番キプニス、3番リンドーもアーチをかけて、1イニング3本のソロ本塁打で逆転した。



 レッドソックスの先発ポーセロは、4回1/3で、被安打6、失点5、インディアンスのバウアーも4回2/3で被安打6、失点3だった。

 その後は、両チームともいかにも短期決戦らしい継投合戦。

 気になる上原浩治は1点ビハインドの8回、4番手でマウンドへ。

先頭のラミレスに二塁内野安打を許したものの、続くチゼンホールを二塁併殺に仕留めると、クリスプの一塁線への打球を一塁手ラミレスの好守で1イニングを10球で終わらせた。 

 上原は、7月には大胸筋肉離れで1カ月半の離脱を余儀なくされたが、9月に復帰すると11試合連続無失点の快投、健在ぶりを発揮している。



 もうひとり、レッドソックスの日本人投手・田澤純一は、ALDSのロースターから外れた。発表されたのは、バーンズ、バックホルツ、ケリー、キンブレル、ポメランツ、ポーセロ、プライス、ロドリゲス、ロス、上原、ジーグラーの11人で、田澤の名前はなかった。

先発投手のポメランツをブルペンに回してロングリリーフとブルペンの左投手を1枚増やした。

 今季、田澤は5月下旬から不調が続き、7月に右肩の張りで故障者リスト(DL)入り。復帰後は好調だったものの、3勝2敗、防御率4.17の成績でシーズンを終えていた。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2016/10/07 Fri. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0926

マーリンズ、エースの事故死に上原ら球界から続々と悲しみの声  



 メジャーリーグでイチロー外野手が所属するマーリンズのエース右腕、ホセ・フェルナンデス投手(24)がボート事故で死亡したと25日、複数の米メディアが伝えた。

マーリンズは本拠地で同日に予定されていたブレーブス戦を中止にすると発表した。

 エースの突然の死に、マーリンズのデービッド・サムソン球団社長は「ホセは永遠に家族の一員」と故人を悼んだ。

主砲ジャンカルロ・スタントン外野手はインスタグラムにて「まだ悪夢から目が覚めるのを待っている。今日、自分は兄弟を失った。とてもじゃないが理解が追い付かない。衝撃に圧倒されている」と投稿するなど、ショックを隠せない様子だった。

CtNAkUGWEAAx1tJ.jpg

この訃報は全米中にヘッドラインで伝えらたが、この突然の死を悼む同僚のディー・ゴードンの姿や球界からも続々と悲しみのメッセージが届いている。


レッドソックスのデービット・オルティーズや上原浩治も自身のツイッターで哀悼のメッセージを伝えている。

明るい性格は画面からも伝わった。イチローを尊敬しているとのインタビューはNHKがマーリンズの中継の際にいつも紹介していた。

実際に現地で取材した日本人記者によると「いつも丁寧に真摯に質問に答えてくれた」という。キューバから10代に3回海を渡って亡命しようとした苦労やトミージョン手術からの復活が彼を人間的に成長させたのかもしれない。



2011年にドラフト1巡目(全体14位)で入団。新人王。オールスター2回選出。今季は完全復活し、29試合に登板。16勝8敗、防御率2.86。メジャーを代表する投手として将来を嘱望されていた。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2016/09/26 Mon. 03:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0924

Rソックス怒涛の9連勝 引退宣言のビッグパピーが決勝37号124打点目  




 レッドソックスが現地23日、敵地のレイズ戦に2対1で勝利、9連勝で地区優勝へのマジックナンバーを4にした。

アメリカンリーグ東部地区で首位攻防戦のオリオールズを4連戦スイープ、さらに、ブルージェイズを4連戦スイープして8連勝のレッドソックスがタンパベイに乗り込んだ。

 レッドソックスは夏のデッドライン前に移籍した左腕ポメランツ、レイズが開幕投手アーチャーの先発。両投手が好投し、両チームの中継ぎ陣も無失点で踏ん張って投手戦の展開だった。

 ポメランツが5回4安打1失点で11勝目(12敗)。アーチャーも6回を7安打2失点と好投だったが、今季19敗目(8勝)がついた。

その後は、レッドソックスが5人の継投策で逃げ切った。最後は移籍組のジーグラーに22セーブ目が付いている。



 レッドソックスは9安打したが11残塁。勝負を決めたのは、今季限りで引退宣言をしているオルティーズの37号(通算540号)2ランが決勝点になった。初回、アーチャーが投じた3-2からの6球目、94・9マイルのフォーシームをライトスタンドに叩き込んだ。

 レッドソックスは9連勝もさることながら、連日好投している上原浩治やクローザーのキンブレルを休ますことができたのが大きかった。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/09/24 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0712

【ASG】MLBオールスターゲーム2016 先発メンバー発表 セールとクエトが先発  




ア・リーグを率いるカンザスシティ・ロイヤルズのネド・ヨースト監督は11日、先発メンバーを発表した。

先発にはシカゴ・ホワイトソックスの左腕クリス・セール投手を指名。今季はここまでメジャートップの14勝(3敗)を挙げており、開幕から負けなしの9連勝も記録した。

4番には今季限りでの引退を表明しているボストン・レッドソックスの指名打者デービッド・オルティーズを起用する。


CnJs0VbUMAAESoW.jpg


ナ・リーグチームを率いるニューヨーク・メッツのテリー・コリンズ監督は、今季サンフランシスコ・ジャイアンツにFA移籍の右腕ジョニー・クエト投手を指名。今季はここまでナ・リーグトップの13勝(1敗)、同3位の防御率2.47をマークしている。

打線は、昨季ナ・リーグMVPに輝いたワシントン・ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が2番に入り、地元パドレスに所属するウィル・マイヤーズが4番で指名打者を務める。


CnJuzlhVIAA5owd.jpg


ア・リーグ

投手:クリス・セール(ホワイトソックス) 
14勝3敗、防御率3.38、WHIP 1.04

1番・二塁:ホセ・アルテューベ(アストロズ) 打率.341、14本塁打、51打点
2番・中堅:マイク・トラウト(エンゼルス) 打率.322、18本塁打、58打点
3番・三塁:マニー・マチャド(オリオールズ) 打率.318、19本塁打、53打点
4番・指名打者:デービッド・オルティーズ(レッドソックス) 打率.332、22本塁打、72打点
5番・遊撃:イグザンダー・ボガーツ(レッドソックス) 打率.329、10本塁打、56打点
6番・一塁:エリク・ホズマー(ロイヤルズ) 打率.299、13本塁打、49打点
7番・右翼:ムーキー・ベッツ(レッドソックス) 打率.304、18本塁打、59打点
8番・捕手:サルバドール・ペレス(ロイヤルズ) 打率.283、14本塁打、41打点
9番・左翼:ジャッキー・ブラッドリー(レッドソックス) 打率.296、14本塁打、55打点



ナ・リーグ

投手:ジョニー・クエト(ジャイアンツ) 
13勝1敗、防御率2.47、WHIP 1.00

1番・二塁:ベン・ゾブリスト(カブス) 打率.283、13本塁打、47打点
2番・右翼:ブライス・ハーパー(ナショナルズ) 打率.256、19本塁打、52打点
3番・三塁:クリス・ブライアント(カブス) 打率.286、25本塁打、65打点
4番・指名打者:ウィル・マイヤーズ(パドレス) 打率.286、19本塁打、60打点
5番・捕手:バスター・ポージー(ジャイアンツ) 打率.292、11本塁打、42打点
6番・一塁:アンソニー・リゾ(カブス) 打率.299、21本塁打、63打点
7番・中堅:マルセル・オズーナ(マーリンズ) 打率.307、17本塁打、47打点
8番・左翼:カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ) 打率.318、19本塁打、54打点
9番・遊撃:アディソン・ラッセル(カブス) 打率.237、11本塁打、51打点




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/12 Tue. 22:47 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0706

MLBオールスター2016出場メンバー発表 好調カブスから7人  



メジャーリーグ機構は5日、12日にサンディエゴのペトコパークで開催されるMLBオールスターゲームのメンバーを発表した。

日本選手はファン投票、選手間投票、監督推薦のいずれでも選ばれず、インターネット投票による「最後の一人」候補にも入っていないため、2年連続で不在となる。

ア・リーグはファン投票で選ばれたマイク・トラウト外野手(エンゼルス)、サルバドール・ペレス捕手(ロイヤルズ)らが先発メンバーに名を連ねた。

ミゲル・カブレラ内野手(タイガース)は最多11度目の選出。投手は両リーグトップの14勝を挙げているクリス・セール(ホワイトソックス)らの顔ぶれとなった。

レッドソックから最多の4選手(オルティス、ボガーツ、ブラッドリー、ベッツの各選手)が選ばれている。

Cmo-G_6WAAAgbSG.jpg 

ナ・リーグは、カブスから両リーグトップの7人が選ばれた。カブスの5選手がファン投票で選出されたのはメジャー史上最多タイで、1976年のレッズ以来。 内野陣はカブスが独占、これは1963年のカージナルス以来になった。

投手陣はともに12勝のジェーク・アリエッタ(カブス)、ジョニー・クエト(ジャイアンツ)らが選ばれた。

Cmo-IZGXgAE9dYZ.jpg 



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/07/06 Wed. 12:44 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0622

MLBオールスターゲームのファン投票、ア・リーグ第4回中間結果  




メジャーリーグは21日、オールスターゲームのファン投票、ア・リーグ第4回中間結果を発表した。捕手部門のペレス(ロイヤルズ)が274万4293票で前回と同様に最多得票を獲得している。

今季好調のレッドソックス勢は、ショートのボガーツと今季限りでの引退を表明している指名打者のオルティーズがトップ。

さらに外野手部門でエンゼルスのトラウト(232万4597票)に続き、2位にブラッドリーJr、3位にベッツが入った。投票は今月30日まで行われる。

ClfqWejWkAEPKGV.jpg

今年のオールスターゲームは7月12日にパドレスのホーム、サンディエゴのペトコパークで行われる。

同スタジアムは06年のWBC準決勝と決勝の舞台にもなった。決勝では日本がキューバを10対6で破り、WBC初代王者になった日本の野球ファンにもなじみの深いスタジアム。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/06/22 Wed. 11:37 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0619

オルティーズ MLB歴代19位タイ、521号本塁打を岩隈から放つ  




現地17日、レッドソックスの“ビッグパピ”こと指名打者デービッド・オルティ―ズ(40)が、本拠地フェンウェイパークで行われたマリナーズ戦で通算521号本塁打を放ち殿堂入り外野手のテッド・ウィリアムズらと並んで歴代19位タイに浮上した。

オルティーズは7点ビハインドの4回、岩隈久志の投げた2-1からの4シームをセンターオーバーに高々と運んだ。



今季限りでの現役引退を表明しているオルティ―ズは、レッドソックスのレジェンドと肩を並べたことについて「大きな意味がある。歴史的に見て、テッド・ウィリアムズがどれだけ偉大な選手だったか、みんなが知っている」とコメント。「とても嬉しいよ。こうしてメジャーの大打者について話ができるんだから」と語った。

試合は4対8で敗れたが、オルティ―ズは、3打数1安打、2打点、1四球、1得点を記録。今季はここまで、打撃各部門でトップクラスの数字を叩き出している。

  • 打率.342 (AL3位)
  • OPS1.136 (AL1位)
  • 18本塁打 (AL6位)
  • 59打点 (AL2位)



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/06/19 Sun. 21:42 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド