メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1214

MLBウインターミーティングの勝者は?ここまでのストーブリーグ  



 ストーブリーグの結果を評価するには時期尚早だが、ウインターミーティングの評価が出ていたので紹介したい。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が勝ち組としてピックアップしたのは、補強に成功したチームではなくて選手をリリースしたチームで、ホワイトソックスがそれにあたるという。

 ホワイトソックスはエース左腕クリス・セール投手をレッドソックスへ、アダム・イートン外野手をナショナルズへそれぞれトレードした。その見返りとしてヨアン・モンカダ三塁手、ルーカス・ジオリート投手ら若手のプロスペクト7人を獲得している。

 プロスペクトとはいえ、実績のない選手ばかりなので疑問符は付くが、内部育成が主流になっているメジャーで、トレードの交換要員としても使えることを考えると、十分なファーム層を構築することは評価に値する。

 そのクリス・セールを獲得したレッドソックス(デーブ・ドンブロウスキー社長)を2番目に評価。

 デービッド・プライス、リック・ポーセロ、クリス・セールの強力先発トリオの完成でワールドシリーズ制覇に大きく近づいたとし、セールの残り3年3,800万ドル(約43億5,000万円)という契約も巨額のぜいたく税回避にひと役買ったと評価した。

 なお、レッドソックスは、その他にも上原浩治、田澤純一らがFAで抜けたブルペンで、中でも8回(セットアッパー)を任せるタイラー・ソーンバーグ投手、ゴールドグラブ賞一塁手ながら1年550万ドル(約6億3,000万円)とお買い得だったミッチ・モアランドを獲得している。


Czf1ZVRW8AAyuvk.jpg


 ウインターミーティングの勝者は、角度を変えると、チームでなく、今オフの移籍市場ではリリーフ投手たちが勝ち組になったと分析。これには同感できる部分が多い。

 これまで、スターター(先発投手)にスポットが当たっていたが、ベースボールが分業制になったこともあり、今後はリリーバーにもスポットが当たるべきだからだ。

 そういう意味で今オフは、大型契約を手にしたアロルディス・チャプマン(ヤンキース)、マーク・メランソン(ジャイアンツ)、ケンリー・ジャンセン(ドジャース)に加えカブスへトレードされたウェード・デービス、ダイヤモンドバックスと契約したフェルナンド・ロドニーらの名前が毎日、ヘッドラインを飾る珍しいシーズンになった。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2016/12/14 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1208

チャップマンがNYに戻る!ヤンキースと5年契約、西海岸への拒否権も  


 FA市場でトップランキングの一人だったキューバ出身左腕アロルディス・チャプマン投手(前カブス)が、ニューヨーク・ヤンキースと5年契約で合意した。

FOXスポーツの名物記者ケン・ローゼンタールによれば、契約は5年8600万ドル。



 契約途中で破棄できるオプションも設定され、3年間の契約終了後にチャップマン側が破棄してFAを選択できるオプションになっている。

この3年間に関しては全球団へのトレード拒否権も有り、最後の2年間は指定した球団へのトレードを拒否できる権利もつけられている。

ヤンキース

 そこには、西海岸の球団、サンフランシスコ・ジャイアンツ、オークランド・アスレチックス、ロサンゼルス・ドジャース、サンディエゴ・パドレス、ロサンゼルス・エンゼルスへのトレード拒否権が付いているのが興味深い。





 現在28歳のチャプマンは、昨年12月28日に行われたトレードでシンシナティ・レッズからヤンキースへ移籍。

今季途中にシカゴ・カブスへ放出されるまで、31試合の登板で20セーブ(セーブ機会21回)、防御率2.01をマークした。

ヤンキースとカブスの2球団合計では4勝1敗36セーブ、防御率1.55としている。

 また、プレーオフでは13試合の登板で2勝0敗4セーブ、防御率3.45を記録し、カブスの108年ぶりとなるワールドシリーズ制覇に貢献した。メジャー7年間の通算成績は23勝21敗182セーブで、オールスターに4度選出されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2016/12/08 Thu. 13:08 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1119

米スポーツ誌が選ぶフリーエージェント(FA)ランキング50  



 米スポーツ誌「Sports Illustrated」のシニア・ライターBen Reiterが、今オフのフリーエージェント・ランキングを発表している。

 今季は、昨年ほど大型契約を手にする大物クラスの選手は多くはない。昨年に比べ、先発投手の人材が少ないことが理由だが、逆にチャップマンやジャンセンといったクローザー、セスペデスやブルージェイズの2人など外野手に人材が多い。

このランキングに個人的感想も付け加えた。Reiterの記事では、その多さに加え、ベストフィットのチームを書いているところが興味を引く。




1. ヨエニス・セスペデス(OF)
2016 Stats: .280/.354/.530 (.884 OPS), 31 HR, 86 RBIs, 3 SB
フィリーズがベストフィット。

セスペデス

2. アロルディス・チャップマン(CL)
2016 Stats: 4–1, 1.55 ERA, 0.86 WHIP, 14.0 K/9, 36 Sv
ナショナルズがベストフィット。

チャップマン


BB/9が4.5から2.8に改善。100マイルを超える剛速球が制球力もアップした。NBCスポーツは9日、ある代理人からの話として剛腕投手のアロルディス・チャプマンが今オフのフリーエージェント市場で1億ドル(約105億円)の大型契約を狙っていると報じた。

もし、その通りになれば、救援投手のFA契約としてはジョナサン・パペルボンが2011年にフィリーズと結んだ4年総額5000万ドル(52億7000万円)を抜いて史上最高額となる。


3. エドウィン・エンカーナシオン(1B/DH)
2016 Stats: .263/.357/.529 (.886 OPS), 42 HR, 127 RBIs, 2 SB

エンカーナシオン


  レッドソックスがベストフィットという記事だが、ドンブロウスキー球団社長は、右打ちのエンカーナシオンではなく、オルティーズと同じ左打ちの強打者を求めているということをメジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が現地8日に伝えていた。

 それによれば有力候補には、テキサス・レンジャーズからフリーエージェント(FA)となっているスイッチヒッターの指名打者カルロス・ベルトランが挙がっているという。


4. ケンリー・ジャンセン(CL)
2016 Stats: 3–2, 1.83 ERA, 0.67 WHIP, 13.6 K/9, 47 Sv

B-GEeplCUAA0O2Y.jpg


チャップマンと半年違うが同い年。ドジャースは彼にQオファーを提示。リリースする理由が見当たらないほどフィットしている。


5. ジャスティン・ターナー(3B)
2016 Stats: .275/.339/.493 (.832 OPS), 27 HR, 90 RBIs, 4 SB

fc2blog_20161026221245cbc.jpg


ドジャースは彼にもQオファーを提示している。三塁手としてはトップクラスの数字ではないかもしれないが、ポストシーズンンの勝負強さで株を上げた一人と言える。


6. マーク・トランボ(DH/OF)
2016 Stats: .256/.316/.533 (.849 OPS), 47 HR, 108 RBIs, 2 SB

47本塁打で本塁打王とカムバック賞に輝いた。108打点とOPS0.850でも自己最高の成績を記録。一方で、打率、出塁率などの悪さが目立つ。三振の多さも屈指のレベルになり、喫した170三振はワースト6位だった。

守備面では95試合で守ったライトでは5失策・守備率.972・DRS -9という内容ということで、DH制のあるア・リーグでFAのため本塁打が減るブルージェイズがフィットしている。


7. イアン・デズモンド(OF/SS)
2016 Stats: .285/.335/.446 (.782 OPS), 22 HR, 86 RBIs, 21 SB

レンジャーズからQオファーを提示された。後半、打率.237と数字を下げた。来季、31歳のデズモンドは内野手ではなく外野手が補強ポイントのオリオールズがフィットしている。


8. ウィルソン・ラモス(C)
2016 Stats: .307/.354/.496 (.850 OPS), 22 HR, 80 RBIs, 0 SB

9月26日にACL断裂。今回で2度目、以前も同じ箇所を切っている。エンゼルスは正捕手を探している。


9. デクスター・ファウラー(OF)
2016 Stats: .276/.393/.447 (.840 OPS), 13 HR, 48 RBIs, 13 SB

カブスからQオファーを提示された。昨年オフもFAだったが1年1300万ドルでカブスに戻った。このオフは2月までFA市場に残っているようなことはないだろう。ベストフィットはナショナルズ。


10. ジョシュ・レディック(OF)
2016 Stats: .281/.345/.405 (.750 OPS), 10 HR, 37 RBIs, 8 SB

夏のトレード・デッドラインで、ドジャースに移籍したが、移籍後は低迷し打率.258、2HRと結果を残せていない。8月下旬にはホテルのドアで手を負傷してDL入りし115試合の出場にとどまった。外野手を補強したいアストロズがフィット。


11. ホセ・バティースタ(OF)
12. リッチ・ヒル(SP)
13. マーク・マランソン(CL)
14. マイク・ナポリ(1B)
15. イバン・ノバ(SP)
16. マット・ウィータース(C)
17. ニール・ウォーカー(2B)
18. マイケル・ソーンダース(OF)
19. ケンドリス・モラレス(DH)
20. カルロス・ゴメス(OF)

ランキングは、あくまでも個人的見解で、順位が多少変動しても目くじらを立てる程でもないが、 21位以下はこちら



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2016/11/19 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0726

【MLB移籍情報】ヤンキースの剛腕チャップマンがカブスへ 1対4の複数トレード  

 

昨日もお伝えしたヤンキースのクローザーで人類最速105マイルの剛速球が魅力のアロルディス・チャップマンとカブスのトレードが成立した。

これによりヤンキースは今季終了後にFAとなるアロルディス・チャップマンをトレードで放出し、カブスのNO.1プロスペクトと評価されていたグレイバー・トーレス内野手、No.5の評価を受けていたビリー・マッキニー外野手、1Aのラシャド・クロフォード、スターリン・カストロのトレードで放出したアダム・ウォーレンら4人の選手を獲得した。



グレイバー・トーレスは、ベネズエラ出身の19歳で、右投右打のショートが専門職。評価は高く、MLB公式サイトはカブスチーム内のNO.1プロスペクト(有望株)としてランクしている。

2016年は開幕から1Aアドバンスドでプレイ。94試合に出場し打率.275、本塁打9、打点47、出塁率.359、長打率.433、OPS.791、盗塁19をマークしている。



ビリー・マッキニーは、2013年ドラフト1巡ピック、全体24番目でオークランド・アスレチックスに。2014年のトレード期限前にアスレチックスがジェフ・サマージャとジェイソン・ハメルを獲得したトレードで今季オールスター初選出のアディソン・ラッセル遊撃手らとともにカブスに移籍した。

MLB公式サイトのプロスペクトランキングではカブスのチーム内で5番手。MLB全体でも100位以内にランクされる評価の高い選手。ポジションは外野手(主にレフト)。

チャップマンは、今季FAで、高額で引き留めるか、他球団への移籍が有力。しかし、ただで出ていかれてはヤンキースには、何のメリットもなく。そうなる前に、若手のプロスペクト2人とアダム・ウォーレンを連れ戻すことができたことになる。

チャップマンが抜け、昨年のようにアンドリュー・ミラーが9回、デリン・ベタンセスが8回をそれぞれ担うことになり、7回もしくは6回をアダム・ウォーレンが担当するという昨年のパターンに戻った。

ヤンキースは、昨年オフのチャップマン獲得際にシンシナティ・レッズに大した代償を払わなかった。しかし、チャップマンはニューヨーク在籍3か月で大きな功績をヤンキースに残した。

獲得したシカゴ・カブスは、高い代償を払ったが、ショートには前出のラッセルが成長し、ヤンキースが欲しがっていたカイル・シュワ―バー外野手も温存できた。

100余年ぶりのワールドチャンピオンというシナリオに向けて陣容が整いつつある。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/26 Tue. 06:10 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0725

【MLB移籍情報】チャップマン周辺があわただしくなってきた  



アロルディス・チャップマンがらみでヤンキースカブスの間で複数トレードが成立するかもしれないという情報が流れている。

ニューヨーク・ポストの記事では「チャップマンとベルトランの放出の時は近づいていて、ヤンキースはナショナルズ、カブス、インディアンスなど関心を持っているとされるチームに、それぞれのベストであり、最終的なオファーを提示するように要求した」ということだった。



トレードの期限である8月1日が近づくにつれて、さまざまな情報から、アロルディス・チャップマンの争奪戦に参戦しているのはインディアンス、ジャイアンツ、ナショナルズ、カブス、レンジャーズの5球団という情報だった。

その中でカブスのエプスタインGMが描く夢のシナリオは、どちらかというとチャップマンよりも同じヤンキースの球宴出場アンドリュー・ミラーだという報道をMLB.comのコラムニスト、リチャード・ジャスティスが「Dream Trade Deadline scenarios for 10 GMs」で紹介していた。

しかし、2018年まで契約が残るミラーは、手放す意思がなく、今季終了後にFAとなるチャップマン獲得という現実路線に切り替えた。

チャップマン獲得の代償は高くつくことは誰でも予想できるが、交換要員としては、ヤンキースが一番望んでいるとされるカイル・シュワーバーではなく、グレイバー・トーレスが行くという報道があった。



グレイバー・トーレスはシカゴ・カブスのNo.1プロスペクトの評価を受ける19歳の右投右打の遊撃手。

メジャーのファームをよく知る事情通たちの間では、カブスのチーム内でトップ3の評価を受けるだけでなく、MLB全体での評価も高いということだ。

争奪戦を繰り広げている5球団のリリーバーのスタッツは、MLB全体で

  • ナショナルズ1位
  • インディアンス13位
  • カブスが14位
  • ジャイアンツ17位
  • レンジャーズ29位

7回以降の防御率(ERA)で比較すると

  • ナショナルズ3位
  • インディアンス5位
  • カブス11位
  • ジャイアンツ7位
  • レンジャーズ25位


相対的に見てチャップマンがマストな球団はレンジャーズのような気がするが、たしかに、カブスもリリーバーが補強ポイントと言える。ちなみに、カブスのスターター(先発)はMLB30球団でERA1位。

レンジャーズは、バックエンドよりも故障者続出の先発ローテでアスレチックスのグレイやレイズのアーチャー、ここへきてホワイトソックスの先発NO.1、NO.2も視野に入れているとみられる。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/25 Mon. 20:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0510

ヤンキース新守護神チャップマン、1失点デビュー 17球中7球が100マイル超  



ヤンキースの新守護神アロルディス・チャップマン(28)が、ドメスティックバイオレンス(DV)に関するMLB規範に抵触したとして30試合のサスペンション(出場停止処分)から復帰、現地9日のロイヤルズ戦の9回に登板した。

セーブの付かない6-1でのマウンド。先頭インファンテへの初球ストライクがいきなり100マイル(約161キロ)を計時。3、4球目のボールは101マイル(約163キロ)でここまで4球連続100マイル超え。続くクスバートと2者連続空振り三振に抑えた。



代打オーランドには、3球目の90マイルのスライダーをセンター越え二塁打。続くエスコバルに98マイル(約158キロ)の4シームを捉えられ、レフト前にタイムリー(失点1)。次打者ケーンを投ゴロに抑えた。

チャップマンのヤンキースデビュー戦は、1回、被安打2、失点1、奪三振2。大歓声の中、チャプマンの試運転は、計17球を投げ、7球が100マイルを超えた。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/05/10 Tue. 12:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0305

ヤンキースのA.チャップマンに裁定、MLBがDV案件で30試合の出場停止処分  




司法当局が不起訴にしても30試合の出場停止!?

チャップマンに裁定が下った。メジャーリーグ機構(MLB)は現地1日、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した左腕アロルディス チャプマンにドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範に違反したとして、30試合の出場停止処分を科した。

以前にも紹介したがチャプマンは、昨年10月30日に発生した22歳の恋人クリスティーナ バルネアさんとの口論から駐車場に8発発砲、暴力事件となった事案に関して、捜査をしていたフロリダ州南部の検察当局が、バルネアさんの説明が矛盾しており、証拠も不十分として有罪判決には持ち込めないと判断。 1月21日に起訴しないことを発表していた。

しかし、MLBは独自に調査を続けていた。そして、同選手に30試合の出場停止処分という裁定を下した。

チャプマンは声明を発表し、「あの夜、自分はガールフレンドに全く危害を加えていないということは、ハッキリさせておきたい」とコメント。

「しかし、よく考慮したうえで、この決定に従うことにした」と述べ、ヤンキースや家族など関係者に迷惑がかかる可能性のある異議申し立てはせず、出場停止処分を受け入れる意向を示した。

ロブ マンフレッド・コミッショナーも、声明で「あの日チャプマンが銃を用いたこと、パートナーに対する行動は不適切であったと判断した。彼がけじめをつけたことを嬉しく思う」と述べた。

チャプマンは、引き続き春季キャンプに参加することは可能。処分は4月4日に行われるヒューストン・アストロズとの今季開幕戦から適応され、雨天による順延などがなければ、5月9日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦から復帰できる見込み。

ヤンキースの筆頭オーナーであるハル スタインブレナー氏は、「有罪が確定するまでは無罪」と述べ、チャップマンを擁護していた。

チャップマンは、2009年に母国キューバから亡命。MLBでは、オールスターゲームに4度選出され、今季は、名門ヤンキースのクローザーとして活躍が期待されている。

メジャーリーグ機構(MLB)は、同選手のほかに現在、ロサンゼルス・ドジャースのヤシエル プイーグ外野手、コロラド・ロッキーズのホセ レイエス遊撃手に対してもドメスティックバイオレンス(DV)の規範に違反した可能性があるとして調査を行っている。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/03/05 Sat. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0220

MLBがDV疑惑を調査中のチャプマン、プイーグ、レイエスに処分の可能性  



メジャーリーグ機構(MLB)は現在、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した左腕アロルディス チャプマン、ロサンゼルス・ドジャースのヤシエル プイーグ外野手、コロラド・ロッキーズのホセ レイエス遊撃手に対してドメスティックバイオレンス(DV)の規範に違反した可能性があるとして調査を行っている。

このうちチャプマンは現地18日、取り沙汰されている恋人への暴力疑惑がDVと見なされ、MLBから処分を受けた場合、異議申し立てを行うつもりであることを明かした。

昨年10月30日に発生したチャプマンと22歳の恋人クリスティーナ バルネア(Cristina Barnea)さんが口論から暴力事件となった事案に関しては、捜査をしていたフロリダ州南部の検察当局が、バルネアさんの説明が矛盾しており、証拠も不十分として有罪判決には持ち込めないと判断。

1月21日に起訴しないことを発表しチャプマンは、恋人へのDV疑惑について罪を問われないことになった。



チャプマンの弁護士は地元紙サン・センチネルに対して、「われわれは、今回の容疑について警察と州検察が時間をかけて徹底的に捜査し、訴追しない結論に達したことを喜んでいます」とコメントした。

バルネアさんは、チャップマンに突き飛ばされて首を絞められたと訴え、さらに同選手が拳銃を壁や窓に向けて8回発砲したと主張。一方、チャップマンは口論など一切なく、バルネアさんの兄弟に体を押されたと反論していた。

ヤンキースの筆頭オーナーであるハル・スタインブレナー氏は、「有罪が確定するまでは無罪」と述べ、チャプマンを擁護している。

チャプマンは、2009年に母国キューバから亡命し、オールスターゲームに4度出場。今季は、名門ヤンキースのクローザーとして活躍が期待されている。

ロブ マンフレッドMLBコミッショナーは、シーズン開幕までには決断を下したいとしている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 
関連記事

Posted on 2016/02/20 Sat. 01:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0123

ヤンキース移籍のA.チャップマン、恋人へのDV疑惑晴れる  




米フロリダ州南部の検察当局が21日に発表したところによればニューヨーク・ヤンキースに移籍した左腕アロルディス・チャップマン(27)は、昨年10月30日に発生した恋人への家庭内暴力(DV)疑惑について罪を問われないことになった。

チャップマンは、22歳のクリスティーナ・バルネア(Cristina Barnea)さんと口論となった事件で捜査を受けていたが、検察側はこの件について説明が矛盾しており、証拠も不十分として有罪判決には持ち込めないと判断したようだ。



チャップマンの弁護士は地元紙サン・センチネルに対して、「われわれは、今回の容疑について警察と州検察が時間をかけて徹底的に捜査し、訴追しない結論に達したことを喜んでいます」とコメントした。

バルネアさんは、チャップマンに突き飛ばされて首を絞められたと訴え、さらに同選手が拳銃を壁や窓に向けて8回発砲したと主張。一方、チャップマンは口論など一切なく、バルネアさんの兄弟に体を押されたと反論していた。

チャップマンは、当時シンシナティ・レッズに所属しており、ヤンキースには先月トレード移籍を果たしたばかり。

今後は大リーグ機構のDV規則により処罰を受ける可能性が残っているものの、ヤンキースの筆頭オーナーであるハル・スタインブレナー氏は、「有罪が確定するまでは無罪」と述べ、チャップマンを擁護している。

ヤンキースは、2009年に母国キューバから亡命し、オールスターゲームに4度出場しているリーグ屈指の左腕と引き換えに、4選手をレッズへリリースした。

今季は、名門ヤンキースのクローザーとして活躍が期待されている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/01/23 Sat. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1230

ヤンキースと契約したチャップマン、そのDV疑惑の行方は?  

 

ヤンキーストレードで獲得したキューバ出身で最強クローザーの一人、アルディス・チャップマン(27)。このブログを訪ねてくださっているMLBファンの方ならご存知だと思いますが、もう一度、チャップマンのドメスティックバイオレンス(DV)疑惑を調べてみた。

最初にメディアで報告されたのは12月初旬。米大リーグ機構(MLB)が8日、チャップマンの家庭内暴力(DV)疑惑が浮上したため、同選手が所属するシンシナティ・レッズとロサンゼルス・ドジャーストレード交渉が中断していることメディアに公表し、全米に衝撃が走った。

CXbFgx2UMAAlJbI.jpg

米フロリダ州警察は、証拠不十分に加え、けが人や目撃者がいなかったことにより、チャップマンが告訴されることはないとしているが、MLBは調査を開始したと明かしている。

MLBで競技運営の最高責任者を務めるジョー・トーリ氏は、会見で、「われわれは必要な情報をすべて収集している」とコメントした。 トーリ氏は、チャップマンの処遇に関する決定には、期限が設けられていないことを明かしている。

チャップマンの恋人、クリスティーナ・バルネア(Cristina Barnea)さんは、同選手に首を絞められた上に壁に押し付けられたと警察に訴え、また同選手が拳銃を数回発砲したと主張している。

Yahoo!スポーツは、チャップマンの弁護士ジェイ・ライジンガー氏が、「われわれは容疑を強く否認する。現時点でこれ以上のコメントはない」と語ったと伝えた。

チャップマン以外でも大リーグ機構では、妻へ暴力を働いた容疑で警察に身柄を拘束されたロッキーズのホセ・レイエス内野手(32)、さらに妹を突き飛ばして軽症を負わせたとされるドジャースのヤシエル・プイーグ外野手(25)の計3選手が調査対象となっていることをメディアに対して認めている。

AP通信によるとチャップマン含め3選手へのDV疑惑は調査中で処遇は決まっていないが、選手会と決めた新たな規範により、例えば「数試合の出場停止」処分などが下される可能性がある。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/12/30 Wed. 09:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド