メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0812

ダルビッシュが5回10K2失点、粘りの投球で移籍後連勝に指揮官も評価  

 


現地10日、敵地ダイヤモンドバックス戦で今季8勝目(9敗)を挙げたドジャースのダルビッシュ有。

ダルビッシュ有


初球の制球が安定せず、球数が増えたことで早めの降板になったが、相手打線を5回5安打、10奪三振、2失点で白星を飾った。これで今季通算で防御率3.81、WHIP1.15。149回で168奪三振。

試合後のインタビューでは「何とか三振でアウトを取れて、なんとかまとめられたかな、最低限の最低限ですけれども」。



4回までは速球とスライダーが中心の組み立てだったが、5回無死一塁の場面で迎えたポラックをカウント2-2からのスローカーブで空振り三振。変化球を有効利用して3者三振に締めた。

あの場面は「ハニーカット(投手コーチ)から緩い球を使おう」と進言されたという。「シンカーとツーシームが悪かったが、その分、スライダーが良かった」と、自身の投球をふり返った。



本調子ではない中でも試合を作った右腕について、ロバーツ監督は「彼がいかに素晴らしいかを表している」と高評価した。

次回は16日(同17日)に本拠地で行われるホワイトソックス戦。移籍後、初めて上がるドジャースタジアムのマウンドだが、乾燥する気候なので、ボールが滑らないように制球に気をつけたいところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/12 Sat. 06:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

メジャーは9日前田健太、10日田中将大、11日ダルビッシュ有が登場!  



ドジャースの前田健太投手は前回の登板で7回2安打無失点の好投、2年連続2ケタ勝利となる10勝目をあげた。

8日(日本時間9日)のダイヤモンドバックス戦に11勝目をかけて、中6日で登板する。前田にとっては先発ローテの生き残りをかけた厳しいマウンドが続く。

ヤンキースの田中将大は9日午後7時7分(日本時間10日午前8時7分)開始予定のブルージェイズ戦に備えて敵地で最終調整した。

電撃トレードでアストロズからブルージェイズに移籍した青木宣親との対戦が楽しみだが、田中は2日のタイガース戦で、6回を2失点と好投したが、打線の援護がなくメジャーで初めて10敗目を喫した。

今季のブルージェイズは2戦全勝だが、トロントで投げるのは初めて。ホームランの出やすい敵地ロジャーズ・センターなので一発を警戒したい。

ダルビッシュ


10日(同11日)はダルビッシュが移籍2回目の先発。相手はダイヤモンドバックス戦。ここもボールがよく飛ぶことで有名。田中同様に一発に注意したい。

とくにダイヤモンドバックスは、アウェイで.235の打率に対してホームではMLB4位の.277と良く打つ。前回効果的だったカーブが甘く入らないように注意したい。

ファンとしては夢のような3連戦で、3戦ともしっかり録画して、一球入魂で観戦したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0808

《ラウンドアップMLB》各地区の状況と日本人選手の動向  




《第18週を終了したメジャーリーグの状況》

★ナ・リーグは西部地区でダルビッシュと前田が所属するドジャースが、メジャー最高勝率の79勝32敗(勝率.712)で首位独走中。

先発ローテーション投手の前田は8日(日本時間9日)に登板予定、移籍後の初登板で圧巻の投球を見せたダルビッシュは10日(同11日)に登板予定。

15.5ゲーム差の2位ロッキーズ、3位ダイヤモンドバックスもワイルドカード圏内。同地区の3チームがプレイオフに進出する可能性がある。

中部地区は上原のカブスが58勝52敗で2位ブルワーズと0.5ゲーム差の混戦状況。

上原は試合の要所で起用され続けており、今季42試合、38回の登板で45奪三振、防御率3.32と結果を残している。

東部地区はイチローと田澤のマーリンズが首位ナショナルズと13ゲーム差の2位。

田澤は6日(同7日)、ブレーブス戦で8回に登板し、完璧に抑えて勝利に貢献。前半戦は不調だったが、2試合連続無失点と手薄になったブルペンの中核になりつつある。

イチローは、メジャー通算安打を3061安打とし歴代単独22位になった。代打のみの起用が多く打席数が限定されている。打率.233、今季安打数31本。今季終了後には、先日3000安打に到達したレンジャーズのベルトレ三塁手に現役最多安打数を抜かれているかもしれない。

blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★ア・リーグは東部地区で田中のヤンキースが59勝51敗で2位に転落し、首位レッドソックスとは3ゲーム差だが、ワイルドカード圏内。

青木のブルージェイズは首位と10.5ゲーム差の最下位。電撃トレードの青木は、7月まで在籍したアストロズ戦で移籍第1号本塁打を叩き込んだ。

西部地区は岩隈のマリナーズが首位アストロズと15ゲーム差の大差をつけられての2位。岩隈は依然、復帰できていない。このままでは37歳になる来季の契約も不利な状況で、日本球界復帰を選択する可能性もある。

中部地区はインディアンス、ブルワーズ、カージナルス、パイレーツが5ゲーム差内で覇権を争う混戦で、今のところインディアンスが首位をキープしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/08 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0805

ダルビッシュがゲームを支配 メッツを制圧  



トレード期限前にレンジャーズからドジャースに電撃移籍した日本人右腕ダルビッシュ有投手が、移籍後の初先発で圧巻のピッチングを披露した。

現地4日、敵地ニューヨークのシティフィールドでマウンドに上がったダルビッシュは、伸びのあるフォーシームを武器に7回を零封、被安打3、1四球、10奪三振の見事なパフォーマンスを見せ、6対0で3連戦の初戦を勝利に導いた。

グランダル捕手のサインにほとんど首を振らなかったダルビッシュ。いきなり先頭打者コンフォートにヒットを許し1死一二塁のピンチを作ったが、5番グランダーソンのセンター前に抜けそうなライナーをキャッチ、自らの好守でピンチを切り抜けた。ピンチらしいピンチはこの初回ぐらいだった。

DGbkVBNXUAA4ncD.jpg

99球のうちストライクは68球。相手に3塁を踏ませたのは1度だけ、7回はグランダーソン、ウォーカー、ロサリオと三者連続三振に仕留めた。

10奪三振のうち空振りの三振は8、見逃しが2、2ケタ奪三振は今季5度目で、6月12日以来の7勝目(9敗)を飾った。これで防御率も3.81になった。

高めに伸びるフォーシームと“Nasty”と表現されるブレーキングカーブを有効に使った緩急のある投球は相手打線を翻弄していた。

ESPNも「ユウ・ダルビッシュがメッツを支配、ドジャースデビュー戦で7イニングを投げる」とレポートし、「先発陣の防御率が3.18とリーグを牽引しているにも関わらず、なぜ(ドジャースの)フロントが彼を欲したのか、その理由を示した」と伝えた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/05 Sat. 11:35 [edit]

CM: --
TB: --
   

0805

ドジャースのダルビッシュが、敵地のメッツ戦で移籍後初登板  

 

ドジャースへ移籍したダルビッシュ有投手が4日(日本時間5日)、ニューヨークでのメッツ戦で移籍後、初登板する。

ダルビッシュ


ロサンゼルス・タイムズ紙の元ドジャース専属記者で現スポーツコラムニストのディーラン・ヘルナンデス氏へのインタビューで、「一昨年まで在籍して活躍した右腕グリンキーもア・リーグから移籍した?」という質問に「ア・リーグからナ・リーグに移った。それにテキサスの球場は昨日ハーシュハイザーと話をしてて、彼はテキサスのコーチもやったんだけど、やっぱり風とかグランドが硬いしヒットやホームランが出やすいし…。だからこちらへ来てすごく活躍してもおかしくないと思う。」と答えている。

デグローム

相手投手は右腕ジェイコブ・デグローム。今季も139回2/3で169三振を奪っている剛腕だ。

メッツ打線では、29本塁打、長打率.531の3番ジェイ・ブルース一塁手、1番マイケル・コンフォート外野手(.293/21本塁打/56打点)あたりが要注意だろう。





 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/05 Sat. 07:13 [edit]

CM: --
TB: --
   

0804

ダルビッシュがダラスの地元紙に全面で感謝を伝えた広告が反響  



ダルビッシュ有投手が、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」に掲載した全面広告が反響を呼んでいる。メジャーデビューの地、テキサス州ダラスの地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」(電子版)は、ダルビッシュが3日(日本時間4日)の紙面で全面広告を掲載したことを伝えた。

2012年から5年半、お世話になった地元ファンに対して、日本人右腕は感謝の思いを伝えた。




2012年からの5年半、本当にありがとうございました。

日本からやってきた僕にとって、親切なファン、チームメイト、チームスタッフ、関係者の皆さんのサポートなしには、新しい環境に適応できませんでした。僕の最大の後悔は、レンジャースの一員として投げた最後の登板で10失点してしまったことです。

中には『ダルビッシュは三振を取ることしか興味がない』という声が聞こえることもありました。三振のことは頭の中にはありましたが、ファン、チームメイト、チームスタッフのことが常に僕の中では最優先事項でした。

全てのことに感謝します!

どうぞお元気で!

Yu Darvish





なるほど、ダルビッシュらしいと感じた。

メジャーリーガーは、本人や奥さんが積極的に社会貢献活動をすることで有名だが、ダルビッシュは、日本のプロ野球時代から数々の社会貢献活動を行っている。

そうしたこれまでのダルビッシュの活動とリンクしたからだ。

ここでも紹介したが、2007年からは開発途上国への水の支援を行うため、日本水フォーラムと協力して、「ダルビッシュ有 水基金」を設立。

さらに、生まれ育った大阪府羽曳野市に1勝するたびに10万円の寄付を行っている。「子どもの福祉に役立ててほしい」とのダルビッシュの意を汲んで、市は同年5月に「ダルビッシュ有 子ども福祉基金」を設立した。

2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の義援金として日本赤十字社を通じ5,000万円を寄付した。

海を渡ってからは、2013年10月、ジャッキー・ロビンソン財団という奨学金団体にもロビンソンの背番号「42」から4万2,000ドルを寄付。

最近では2014年9月、犬の里親探しに取り組むアメリカのボランティア組織「PET CONNECT RESCUE」に2万7,000ドルを寄付している。

ちなみに、筆者も兄弟が羽曳野市に在住しているし、近くの東大阪で生まれ育ったから、彼にはシンパシーが強い。これからの大活躍を見守り続けたい。ナイスガイ!ダルビッシュ有。


ダルビッシュ水基金
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

ダルビッシュが動物保護NPOを支援
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1791.html



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/08/04 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0803

ダルビッシュが新チームに合流 背番号は「21」、現地4日のメッツ戦に先発  




ダルビッシュは2日、ドジャースの遠征先のアトランタでチームに合流し、初めてドジャースのユニフォームに袖を通した。背番号は、レンジャーズやプロ野球の日本ハム時代の「11」から「21」に変わった。

ブルペンに入り、ドジャースのロバーツ監督が見守るなか、速球やカーブなど20球あまりを投げて調整。現地4日、ニューヨークで行われるメッツ戦で移籍後、初めて先発する予定だ。

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は恒例の試合前会見で報道陣のインタビューに答え「ブルペンでの投球も見たが、とても集中している。努力家でもある。フィジカルも強烈だ。ブルペンでのピッチングを見るだけでも、すごくエキサイティングだ」と語った。

ダルビッシュ

さらに、ダルビッシュの印象を「ユウと彼の通訳と会った。私の第一印象は本当にいいヤツ。ユウもここに移籍することができて喜んでいた。彼がドジャースの一員になれて喜んでいた。子供の頃からドジャースでプレーすることが夢で、それが現実になったという。クラブハウスのみんなもユウと溶け込み始めている。私が感銘を受けたのは彼の英語だ。発音がすごくクリアで、とても知的な男だ」と、ダルビッシュのコミュニケーション能力の高さにも感心した様子だったという。

ダルビッシュは会見で、ドジャースの印象などについて語り、今夏のオールスターの際にドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーに「3週間後に待っている」と声をかけられたエピソードも語った。




MLB公式サイトによると、故障離脱等が無ければドジャースは先発ローテーションをカーショーとマッカーシーが戻る9月頃まで、若手25歳のブロック・スチュワートを加えた6人で回す予定。

8/1 前田健太 @ブレーブス
8/2 ブロック・スチュワート @ブレーブス
8/3 アレックス・ウッド @ブレーブス
8/4 ダルビッシュ有 @メッツ
8/5 リッチ・ヒル @メッツ
8/6 柳賢振 @メッツ

カーショーが復帰すれば、ダルビッシュと左右のエースが揃い、3番手にアレックス・ウッド、4番手にリッチ・ヒル、5番手に柳賢振と前田健太という事になり、前田とマッカーシーがバックアップになることも予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/03 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0803

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ドジャース編》  

 

ダルビッシュを期限10分前の電撃トレードで獲得したドジャース。1988年以来、29年ぶりのワールドチャンピオン目指してドジャースの覚悟が分かる補強だった。そのダルビッシュは背番号「11」から「21」に変わってドジャーブルーのユニフォームに袖を通すことになった。

ダルビッシュ


《獲得選手》
RP トニー・ワトソン
RP トニー・シングラーニ
SP ダルビッシュ有

ダルビッシュが、指名打者制のないナショナルリーグ、しかも比較的本塁打の出にくいと言われているドジャースタジアムに移籍したという事で、これまで以上のスタッツを残すと仮定して、ドジャースの先発ローテはどうなるのだろうか?

とりあえずDL入りしているクレイトン・カーショーとブランドン・マッカーシーが復帰するまで、最近のローテーションは、下記のようになっている。

8/1 前田健太 @ブレーブス
8/2 ブロック・スチュワート @ブレーブス
8/3 アレックス・ウッド @ブレーブス
8/4 ダルビッシュ有 @メッツ
8/5 リッチ・ヒル @メッツ
8/6 柳賢振 @メッツ


カーショーがDL入り後に若手25歳の右腕ブロック・スチュワートをリリーフからスポット先発に組み込んでローテを調整しているが、9月以降に復帰のカーショーとマッカーシーを加えた先発陣は、故障が気になるもののリーグ制覇を狙える布陣だ。

カーショーが復帰すれば、ダルビッシュと左右のエースが揃い、3番手にアレックス・ウッド、4番手にリッチ・ヒル、5番手に柳賢振と前田健太という事になり、前田とマッカーシーがバックアップになることも予想される。

前田は好投を続けないと、ポストシーズンでリリーフか、下手すればアクティブ・ロースターから外されることも予想される。過去にはレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一もプレイオフでベンチ入りできなかった。

充実しているブルペンにもクローザーとセットアップの両方がこなせるトニー・ワトソンを獲得した事で、疲れのたまる夏場にリリーフ陣を休ますこともできる。

ヤンキースにも言えることだが、ドジャースも、チーム内のトップクラスのプロスペクトを交換要員として放出しなかったのも大きい。

元々、ロースターが厚く戦力が整っていただけにヤンキースと比べて数的には少なかったが、確実にポイントは埋めてきたドジャースの補強状況だ。

ヤンキースの田中将大、ドジャースのダルビッシュ有。対戦するとしたらワールドシリーズ。前田健太も含めてワクワクするような10月になるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/03 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0801

ダルビッシュがドジャースへ移籍!グレイのヤンキース移籍で一気に決着  



夏のトレード市場で最もインパクトのある選手として注目されたレンジャーズのダルビッシュ有が、ドジャースへ移籍することが確実になった。

各メディアがすでに報じているが、ウエーバー手続きを経ないトレード期限ぎりぎりのタイミング、最後の最後で決まる劇的なトレード移籍になった。



アスレチックスのソニー・グレイのヤンキースへのトレードが決まったことを受けて、最後で最大のピースがハマったのかもしれない。

ダルビッシュのトレードは、シーズン終了後にはフリーエージェントになるレンタル移籍だが、クレイトン・カーショーが9月まで離脱すると予想される先発ローテーションを前田健太と支えると共に、ドジャースの1988年以来のワールドシリーズ制覇に向けて日本人投手のワクワクするような移籍になった。

ダルビッシュ

なお、7月の日本投手のトレード移籍は2001年大家友和(レッドソックス→エクスポズ)、2011年の上原浩治(オリオールズ→レンジャーズ)に次ぎ3人目。

YAHOO!SPORTSのジェフ・パッサン氏のツイートでは、交換要員としてMLB公式サイトの最新プロスペクトランキングでチーム内トップ30に入るウィリー・カルフーン(NO.4)、A.J.アレクシー(NO.17)、ブレンドン・デービス(NO.27)の3人をレンジャーズは獲得したという。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/08/01 Tue. 06:13 [edit]

CM: --
TB: --
   

0729

【MLB移籍情報】ダルビッシュはドジャース、グレイはヤンキース?  



今夏のトレード市場で最も注目されるエリートスターターのダルビッシュ有(レンジャーズ)、ソニー・グレイ(アスレチックス)、そして剛腕ジャスティン・バーランダー(タイガース)の去就は、リーグに大きなパワーバランスの変化をもたらす。

複数のメディアが報じたところによれば、レンジャーズがダルビッシュ放出の意思を固めたという事だ。レンジャーズのフロントが「売り手」にシフトしたという事になる。

ダルビッシュ

ダルビッシュ有をトレード期限前に放出すれば、クオリファイング・オファーによるドラフト指名権よりも遥かに大きな見返りがあることを考えると、ダニエルズGMは表向きは否定するものの、複数の情報筋が「適切なオファーであれば応じる姿勢で他球団とコンタクトしている」と伝えている。

MLB Networkの記者ジョン・モロシによると「ドジャースがダルビッシュ、ソニー・グレイ、そしてジャスティン・バーランダーの3人のうち1人は獲得できるという確信を得ているようだ」とレポートしている。



FOXスポーツ/MLBネットワークのケン・ローゼンタール記者は関係者の話として「レンジャーズはダルビッシュ放出で質の高いトレードができると確信している。他球団にトレードの意思を伝え、積極的に交換要員の名前を交換している」とツイート。

ダルビッシュのトレード放出に向けて、大きく動き出したと報じた。

その中でもドジャースは、ダルビッシュに強い関心を示していると報じられ、豊富な資金とファーム層では、他球団より一歩リードしているという。

ドジャースをはじめ、ヤンキース、アストロズは、ダルビッシュがトレード拒否権を持つ10球団に入っていない。

ここからは仮定の話だが、もし、ダルビッシュがドジャースへ移籍するとなれば、ジグソーパズルのように、次のピースであるソニー・グレイは、ヤンキースに決まるかもしれない。

次の月曜日まで、メジャーのトレード市場から目が離せない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/29 Sat. 06:14 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド