メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1020

ダルビッシュと前田健太がワールドシリーズへ ドジャースが1988年以来のWS進出   



ダルビッシュ有と前田健太が所属するロサンゼルス・ドジャースが1988年以来、29年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を決めた。

ドジャース2017


カブスのホーム、シカゴのリグレーフィールドで行われたナ・リーグのチャンピオンシップシリーズ(NLCS)第5戦は19日(日本時間20日)、エース左腕クレイトン・カーショーが好投してゲームを作ると、打撃陣では、エンリケ・ヘルナンデスが1試合3本のアーチを架けて7打点。

7回には2番手の前田健太が打者3人を完ぺきに抑え、8回はブランドン・モロー、最後はクローザーのケンリー・ジャンセンが締めて、ドジャースがNLCSの対戦成績を4勝1敗としてナショナルリーグを制覇。リーグ王者としてワールドシリーズにコマを進めた。



カーショーは4回1死からカブスの3番クリス・ブライアントにソロ弾を浴びたものの6回89球を投げて3安打、5奪三振、1四球、1失点の好投。

ディビジョンシリーズではダイヤモンドバックスに4発のホームランを許して、チャンピオンシップシリーズ第1戦でも5回を4安打、2失点(被本塁打1)でピリッとしなかったが、ポストシーズン3戦目の登板では完ぺきではないものの、大量点に守られて、エースとしての結果を残した。

この流れではワールドシリーズ第1戦にカーショーが中4日で登板する可能性が強くなった。

前田健太


2番手の前田健太も好投した。わずか10球で3者凡退に仕留める完璧な内容だった。

このポストシーズンでは5回目の登板。計5イニングスを無安打、無四球、無失点の完璧なリリーフでロバーツ監督の起用に応えている。

前田で注目したいのは5試合で15人中、左打者との対戦は1人のみ。応援している側としてはもっと見たい気もするが、対右打者の被打率.214、三振も今季140のうち91三振が右打者。そうしたデータを生かした起用法が功を奏しているのかもしれない。

ワールドシリーズでは、アストロズとヤンキースのどちらになるかわからないが、アストロズでは主力にアルトゥーベ、コレア、スプリンガー、グリエル、ブレグマンなど、コアな選手に右打者が多い。ヤンキースもジャッジ、サンチェス、カストロ、フレイジャーが右打者で、彼らと前田健太との対戦も楽しみだ。

ここまで2017年のポストシーズン2戦2勝のダルビッシュ有の存在も大きい。いまさら紹介するまでもないが、2戦で11回1/3イニングスを投げて失点2の防御率1.59。被打率.195でWHIP0.79だから、2本塁打を献上しているとは言え、それ以外は、打たれたというイメージがない。

アストロズのバーランダーと同様に優勝請負人として夏に補強しただけに、その期待に応えた内容だと言える。

シーズン終了後にはフリーエージェントになるダルビッシュだが、何とか引き留めて契約して欲しいというドジャースファンの声が高まっているという。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/10/20 Fri. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0918

清原ジュニアにダルビッシュ有が温かいエール!  



巨人ジュニアチームに選出された“清原ジュニア”にメジャーリーガー、ダルビッシュ有がSNSでメッセージを送っている。

毎年12月下旬に開催されるNPB12球団ジュニアトーナメントで、今年の巨人ジュニアチームの最終メンバーに、元巨人軍の4番打者・清原和博さんの次男・清原勝児君(小学6年)が内定したという。

NPBとプロ野球12球団が主催するジュニアトーナメントは、各球団が小学5、6年生を対象に実施する選考会を経て、チームを結成するというイベント。

巨人は7月31日にジャイアンツ球場で約90人が参加して1次セレクションを実施。2次、3次を経て、16人のメンバーに絞り込み、その最終16人に清原勝児君が選ばれた。

デイリースポーツによれば父譲りの強打が評価されたようだと伝えている。

その事を知ったダルビッシュが自身のTwitterで、その事を紹介しながら「2年前の冬にこの子にバッティングピッチャーをしました。その時に『俺の球打てるか?』と聞いたら『打てる』と笑いもせずに言いました。 対戦する約束もしました。あと最低6年は頑張らないとなぁ。」と、清原ジュニアとの交流を紹介している。



2014年9月に両親が離婚し、現在は母の亜希さんと暮らす勝児君への祝福と応援のメッセージ。ダルビッシュが海の向こうから温かいエールを送っている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/18 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0915

ダルビッシュ7回零封、ベリンジャー37号場外スプラッシュヒット!  



ポストシーズンでの活躍が期待されるドジャースのダルビッシュ有が、同地区ライバルのジャイアンツ戦に先発。初めてAT&Tパークでのマウンドになった。

ドジャース


1回裏、先頭のハンター・ペンスにヒットを許した嫌な展開になったが、1死から3番ディナード・スパンのピッチャーゴロを上手くさばき飛び出した2塁ランナーを挟み込み2死、その間に二塁を狙ったバッターランナーのスパンも二塁で刺す変則的なダブルプレイで、結果的には3人でこの回をしのぎ切った。

その後は、2回裏二死から7回裏に先頭のパーカーにヒットを許すまで、打者13人をパーフェクトに抑えた。いつもの赤茶のダルビッシュ・モデルのグローブから黒のグローブに変えたこの日のダルビッシュは、どことなく精悍な感じがした。




ダルビッシュは試合後のインタビューで「いいあたりが正面ついたり、相手の走塁ミスもあったりしましたから、結果は良いですけど、(投球内容は)そこまでではなかったです」と答えたように、ラッキーな面や味方の好守備で助けられたシーンもあった。

87球(ストライク59)の球種を比較するとフォーシームが43%、カットボール35%、スライダー17%、ツーシーム3%、カーブ2%という内訳だった。

ドジャース移籍後3勝目。今季通算9勝目(12敗)、防御率4.08、WHIP1.20。奪三振は193で2013年の277には及ばないが、2012年のデビューの年にマークした221に近い数字までは稼げそうだ。

打線は1回にコディ・ベリンジャーのタイムリー三塁打などで先制。ベリンジャーは5回にもライトへ第37号場外ホームラン。これが海(入り江)に飛び込む“スプラッシュヒット”になり、4対1でドジャースが連勝した。

カーショー、ダルビッシュで連勝したドジャースは優勝マジックを7に減らした。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/15 Fri. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

ダルビッシュ、MLB史上最速、128試合で1000奪三振到達  



ロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有投手が日本時間9日、本拠地でのコロラド・ロッキーズ戦でMLBキャリア1000奪三振に到達した。

4回無死一塁の場面で3番カルロス・ゴンザレスを空振り三振に仕留めて到達。128試合での1000奪三振到達はメジャー史上最速となった。



これまでの最速はケリー・ウッドの134試合。また、先発投手として812イニングスでの1000奪三振到達も最速。

ちなみに、野茂英雄氏は147試合で到達している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/11 Mon. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0909

ダルビッシュが8連敗阻止へ 田中は12勝目をかけて登板  



レギュラーシーズンも残り約20試合のメジャーリーグ。日本時間9日には、ドジャースのダルビッシュ有とヤンキースの田中将大が先発する。

ダルビッシュは、ドジャース移籍後、5試合で2勝2敗だが、現在は2連敗中。チームも泥沼の7連敗。

ドジャースは5連敗して、カーショーで勝って、その後、泥沼の7連敗。昨日の地区3位ロッキーズ3連戦のGAME1では、カーショーでも負けた。チームの8連敗阻止のためにも好投したい。

ダルビッシュは、レンジャーズとドジャースの2チームで今季27試合に登板して8勝11敗、防御率4.09、WHIP1.23、182奪三振。あと6三振奪えばメジャー最速で通算1000奪三振になる。

8月後半からピッチングコーチと相談してフォームのメカニックを改良中で、「一歩ずつ階段を上っているかな」とメディアにコメント。前日にはキャッチボールや打撃練習をして登板に備えたという。


一方、ヤンキースの田中も日本時間9日のレンジャーズ戦に今季12勝目をかけて先発する。

田中は前回登板となった9月2日の地区首位レッドソックス戦で、7回を投げて5安打1失点と好投。11勝(10敗)をあげた。

ここまで防御率4.54、WHIP1.23とメジャーキャリアワーストのシーズンを送っているが、レンジャーズとは6月に1度対戦して、このときは8回を投げて3安打無失点と好投。8月の故障者リストから復帰後は3試合の先発で3連勝して上り調子だ。

すべて7イニング以上を投げて、2試合でハイクオリティースタート。打たれたホームランも1本だけという安定感と存在感を見せている。優勝争いをしているチームのためにも好投して貢献したいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/09 Sat. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0902

ドジャース、復帰のカーショーが6回2安打無失点で連敗をストップ  




5連敗中だったドジャースは、大黒柱のエース左腕クレイトン・カーショーが復帰登板して連敗を止めている。

カーショーは7月23日以来の登板。故障明けという事で、球数制限があって70球で降板したが、パドレス打線相手に6回を投げて散発の2安打、無四球、7奪三振に抑えた。

カーショー


試合は3番ジャスティン・ターナー三塁手の3安打など9安打(二塁打1)したドジャースだったが好機にタイムリーが出ず10残塁。チェイス・アトリーのセンター前タイムリーで挙げた6回の1点を、カーショーから引き継いだ3投手の継投で1対0で逃げ切った。

ドジャースはカーショーが投げた試合で16連勝中。クローザーのケンリー・ジャンセンに36セーブ目がついている。



なお、2日(日本時間3日)はダルビッシュ有が敵地でのパドレス戦ダブルヘッダー2試合目に先発予定。ダルビッシュは故障者リスト明け2試合目のマウンドになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/02 Sat. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0820

ドジャースの視界はポストシーズン ダルビッシュ有も10月を見据えて10日間DL入り  



ドジャースにトレード移籍したダルビッシュ有が腰の張りにより故障者リスト(DL)入りすることが球団から発表された。

16日(日本時間17日)のホワイトソックス戦で本拠地デビューを飾ったが6回90球で降板。被安打8、与四球1、失点3とクオリティースタートは達成したものの3本塁打を浴び、これまでの2試合とは明らかにコンディションが悪いという印象を与えた。

野球専門サイト「full-count」の記事では、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のペドラ・モウラ記者をツイッターを引用して、「6イニングを終えた後、クレイトン・カーショーが降板するように説得したと、ユウ・ダルビッシュは語った。『6週間後、僕たちは君がひどく必要になる』。カーショーはダルビッシュにこう言った」と伝えた。降板の裏にはエースの説得があったという。

DGU73N1UQAAnJIG.jpg


チームを率いるデーブ・ロバーツ監督によれば「ダルビッシュ本人は投げられると言っていたが、チームとしてはムリをさせずに万全な状態で戻ってきてほしいと思っている」と大事を取らせる方向性を示した。このDL入りの措置はダルビッシュを休養させ、先発ローテーションを1度飛ばすためのものだという。

昨年の労使協定で、今季から故障者リストの期間が15日から10日に短縮され、現場では好評だという。ちょっと選手を休ますときに便利だからというのがその理由だが、ダルビッシュの場合も1回登板を飛ばすだけで、最短では日本時間8月28日に復帰予定。

とは言え、これまで10日間のDLに入って長引いた選手がいることも事実なので、すんなり戻って来れるのか、今後が注目だ。

ドジャースの視界は完全にポストシーズン。先発陣の大黒柱であるクレイトン・カーショウやブランドン・マッカーシーらの復帰を見ながら、先発3本柱のダルビッシュに休養を与えながら10月決戦に臨むという戦略だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/20 Sun. 11:11 [edit]

CM: --
TB: --
   

0812

ダルビッシュが5回10K2失点、粘りの投球で移籍後連勝に指揮官も評価  

 


現地10日、敵地ダイヤモンドバックス戦で今季8勝目(9敗)を挙げたドジャースのダルビッシュ有。

ダルビッシュ有


初球の制球が安定せず、球数が増えたことで早めの降板になったが、相手打線を5回5安打、10奪三振、2失点で白星を飾った。これで今季通算で防御率3.81、WHIP1.15。149回で168奪三振。

試合後のインタビューでは「何とか三振でアウトを取れて、なんとかまとめられたかな、最低限の最低限ですけれども」。



4回までは速球とスライダーが中心の組み立てだったが、5回無死一塁の場面で迎えたポラックをカウント2-2からのスローカーブで空振り三振。変化球を有効利用して3者三振に締めた。

あの場面は「ハニーカット(投手コーチ)から緩い球を使おう」と進言されたという。「シンカーとツーシームが悪かったが、その分、スライダーが良かった」と、自身の投球をふり返った。



本調子ではない中でも試合を作った右腕について、ロバーツ監督は「彼がいかに素晴らしいかを表している」と高評価した。

次回は16日(同17日)に本拠地で行われるホワイトソックス戦。移籍後、初めて上がるドジャースタジアムのマウンドだが、乾燥する気候なので、ボールが滑らないように制球に気をつけたいところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/12 Sat. 06:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

メジャーは9日前田健太、10日田中将大、11日ダルビッシュ有が登場!  



ドジャースの前田健太投手は前回の登板で7回2安打無失点の好投、2年連続2ケタ勝利となる10勝目をあげた。

8日(日本時間9日)のダイヤモンドバックス戦に11勝目をかけて、中6日で登板する。前田にとっては先発ローテの生き残りをかけた厳しいマウンドが続く。

ヤンキースの田中将大は9日午後7時7分(日本時間10日午前8時7分)開始予定のブルージェイズ戦に備えて敵地で最終調整した。

電撃トレードでアストロズからブルージェイズに移籍した青木宣親との対戦が楽しみだが、田中は2日のタイガース戦で、6回を2失点と好投したが、打線の援護がなくメジャーで初めて10敗目を喫した。

今季のブルージェイズは2戦全勝だが、トロントで投げるのは初めて。ホームランの出やすい敵地ロジャーズ・センターなので一発を警戒したい。

ダルビッシュ


10日(同11日)はダルビッシュが移籍2回目の先発。相手はダイヤモンドバックス戦。ここもボールがよく飛ぶことで有名。田中同様に一発に注意したい。

とくにダイヤモンドバックスは、アウェイで.235の打率に対してホームではMLB4位の.277と良く打つ。前回効果的だったカーブが甘く入らないように注意したい。

ファンとしては夢のような3連戦で、3戦ともしっかり録画して、一球入魂で観戦したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0808

《ラウンドアップMLB》各地区の状況と日本人選手の動向  




《第18週を終了したメジャーリーグの状況》

★ナ・リーグは西部地区でダルビッシュと前田が所属するドジャースが、メジャー最高勝率の79勝32敗(勝率.712)で首位独走中。

先発ローテーション投手の前田は8日(日本時間9日)に登板予定、移籍後の初登板で圧巻の投球を見せたダルビッシュは10日(同11日)に登板予定。

15.5ゲーム差の2位ロッキーズ、3位ダイヤモンドバックスもワイルドカード圏内。同地区の3チームがプレイオフに進出する可能性がある。

中部地区は上原のカブスが58勝52敗で2位ブルワーズと0.5ゲーム差の混戦状況。

上原は試合の要所で起用され続けており、今季42試合、38回の登板で45奪三振、防御率3.32と結果を残している。

東部地区はイチローと田澤のマーリンズが首位ナショナルズと13ゲーム差の2位。

田澤は6日(同7日)、ブレーブス戦で8回に登板し、完璧に抑えて勝利に貢献。前半戦は不調だったが、2試合連続無失点と手薄になったブルペンの中核になりつつある。

イチローは、メジャー通算安打を3061安打とし歴代単独22位になった。代打のみの起用が多く打席数が限定されている。打率.233、今季安打数31本。今季終了後には、先日3000安打に到達したレンジャーズのベルトレ三塁手に現役最多安打数を抜かれているかもしれない。

blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★ア・リーグは東部地区で田中のヤンキースが59勝51敗で2位に転落し、首位レッドソックスとは3ゲーム差だが、ワイルドカード圏内。

青木のブルージェイズは首位と10.5ゲーム差の最下位。電撃トレードの青木は、7月まで在籍したアストロズ戦で移籍第1号本塁打を叩き込んだ。

西部地区は岩隈のマリナーズが首位アストロズと15ゲーム差の大差をつけられての2位。岩隈は依然、復帰できていない。このままでは37歳になる来季の契約も不利な状況で、日本球界復帰を選択する可能性もある。

中部地区はインディアンス、ブルワーズ、カージナルス、パイレーツが5ゲーム差内で覇権を争う混戦で、今のところインディアンスが首位をキープしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/08 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド