メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1003

ダルビッシュはNLDS第3戦の先発、前田はブルペン要員へ  



104勝58敗、勝率.642のMLB最高勝率で、1988年以来のワールドシリーズ制覇を狙うドジャース。ふたりの日本人投手は、ポストシーズンのナ・リーグのディビジョンシリーズ(NLDS)でダルビッシュ有は先発ローテの一角として第3戦に先発が濃厚になった。

5回戦制で行われるNLDSは、西部地区シリーズのような状況で、ワイルドカードのダイヤモンドバックスとロッキーズ、その勝者と対戦するドジャースともすべて西部地区。

ドジャースは、ダイヤモンドバックス(8勝11敗)にもロッキーズ(7勝9敗)にも負け越しているだけに、NLDSが鬼門になるかもしれない。

先日、指揮官のロバーツ監督は、第1戦でカーショーを先発させることをメディアに語ったが、これは誰しもが考える予想通りの展開。昨年はカーショーを第1戦と第4戦に「中3日」で起用した。

しかし、今季は無理をさせないようだ。防御率、WHIPでMLB1位、その他のスタッツでも屈指の先発陣を信用し、後半調子のいい左腕リッチ・ヒルを第2戦、そしてダルビッシュ有を敵地での第3戦、左腕アレックス・ウッドを第4戦に先発させるとの見方が強い。

ポストシーズンの戦力として夏にレンタル移籍したダルビッシュ有は、マイルハイに位置する敵地クアーズ・フィールドのマウンドは初めてだが、先日、実際に立って感触を確かめたとの報道もあった。

ドジャース移籍後のダルビッシュは、リーグの違いもあるがFIPでレンジャーズ時代の3.99から3.38に改善している。

ただ、ロッキーズとは現地9月8日に対戦し、4回1/3で5失点と打ち込まれた。ダイヤモンドバックスとは8月10日に対戦、敵地で5回2失点の記録が残っている。

これまでのポストシーズンの成績は、レンジャーズ時代のもので、データが少ないので参考にはならないが、2試合に登板して0勝2敗、防御率5.40。

MLB公式サイトの予想では、ドジャースの投手陣は、カーショー、ヒル、ダルビッシュ、ウッドの4人が先発ローテー。ブルペンは、ブランドン・モロー、前田健太、ジョシュ・フィールズ、ペドロ・バイエズ。リリーフ左腕としてトニー・シングラーニとトニー・ワトソン。クローザーにケンリー・ジャンセンがロースター入りすると予想している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/03 Tue. 17:45 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

MLB ワイルドカード2試合の先発4投手が判明!両リーグともベテランと若手の対決  



ディビジョンシリーズ(DS)への切符を賭けて1DAYマッチで行われるワイルドカード(WC)の先発投手が判明した。

3日(日本時間4日)のアメリカン・リーグWCは、ヤンキース対ツインズ。

ヤンキース ルイス・セベリーノ投手
14勝6敗 防御率2.98/WHIP1.04/奪三振230

ツインズ アービン・サンタナ投手
16勝8敗 防御率3.28/WHIP1.13/奪三振167


セベリーノは、3年目にして初の規定投球回数に達したシーズンで、防御率でクルーバー(インディアンス)、セール(レッドソックス)に次ぐリーグ3位。被打率.207はセールと同じリーグ2位タイ。

サンタナは34歳で経験は豊富だが、エンゼルス時代の08年以来のポストシーズンのマウンド。2勝2敗、防御率5.56とあまり良くない。

両投手ともワイルドカードの登板は初。ヤンキースタジアムは狭く序盤の被本塁打に警戒したい。とくにサンタナは今季31本塁打を許している。ヤンキースは15年にワイルドカードを戦っているが、その時先発した田中将大も序盤に2本塁打を浴びて敗退している。

blog_import_54ca749b7c3ff.jpg


ナショナル・リーグは4日(同5日)にダイヤモンドバックス対ロッキーズの同地区対決によるワイルドカード。レギュラーシーズンでの両者の対決は11勝8敗でロッキーズが勝ち越した。

ダイヤモンドバックス ザック・グリンキー投手
17勝7敗 防御率3.20/WHIP1.07/奪三振215

ロッキーズ ジョナサン・グレイ投手
10勝4敗 防御率3.67/WHIP1.30/奪三振112


両投手とも開幕投手。グリンキーは対ロッキーズ戦2勝1敗。ポストシーズンはドジャース時代など9試合に登板。3勝3敗、防御率3.55と安定感はある。

一方のグレイは実質2年目の25歳。対Dバックス戦は2勝1敗。最近の10試合では7試合でクオリティスタートを記録するなどロッキーズの中では安定感がある方だが、ポストシーズンは初登板。経験値ではグリンキーの方が上回っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/02 Mon. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1001

MLB2017 ポストシーズンの対戦カード決まる  



ナショナルリーグで残り一つの席をロッキーズとブルワーズが争っていた「ワイルドカード」は、ブルワーズが現地30日、カージナルスに6対7で逆転負けし、マジック1としていたロッキーズの進出が決まった。

この結果、地区シリーズ(NLDS)の組み合わせは、中部地区優勝のカブス対東部地区優勝のナショナルズ。ロッキーズとダイヤモンドバックスの「ワイルドカード」勝者対勝率1位のドジャースとなった。

結局、ナ・リーグはオールスター前から予想された3チームがポストシーズンに進出した。ドジャースは103勝58敗(.640)でMLB最高勝率。ホームフィールド・アドバンテージを獲得している。


DLAnxdDUMAANEDU.jpg


一方、アメリカンリーグは東部地区でレッドソックスが優勝し、地区シリーズ(ALDS)はレッドソックスと西部地区優勝のアストロズ、勝率1位のインディアンスは、ヤンキースとツインズの「ワイルドカード」勝者と対戦することが決まった。

ちなみに、レドソックスの地区連覇は1969年の地区制導入後初ということだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/01 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0908

止まらないDバックス、首位ドジャースをスイープして球団新の13連勝  



ダイヤモンドバックスが日本時間7日、同地区ライバルのドジャースから3連戦3連勝。球団連勝記録の新記録となる13連勝を飾った。

9月も7勝0敗で5失点した1試合を除けば、1失点だけという勝ちゲームが続き、その間のチーム防御率は1.47でMLBトップ。98イニング連続で相手にリードされず、先取点をあげて逃げ切るパターンで勝利している。

ちなみに、この試合で1回に先制点を取られMLB記録の102イニングは更新できなかった。

ダイヤモンドバックス


ドジャースは前田健太が好調ダイヤモンドバックス相手にチームの連敗ストップをかけて先発。5回85球を投げて、4安打、1四球、8奪三振、1失点(自責点0)と好投したが1対3で敗れ、今季初の6連敗。

プレイオフのナ・リーグ地区シリーズで対戦する可能性があるDバックスとドジャース。今季の対戦成績は11勝8敗でDバックスがリード。しかも、Dバックスが6連勝するという結果になった。

しかも、ドジャースタジアムでも5勝5敗。ホームでは6勝3敗とリードしており、ゲーム差は依然11.5ゲーム差でドジャースの地区5連覇は揺るぎないが、5試合の短期決戦では、どちらが勝ち上がってもおかしくない。

ドジャースは5連敗して、クレイトン・カーショーが連敗を止めてから、6連敗という泥沼状態が続いている。先発陣はMLB全体で1位の防御率(9月は防御率5.14で19位)、リリーフ陣も2位と好調を維持しているが、オフェンスのアベレージが悪くMLB19位、本塁打数も11位。とても92勝で勝率.662のチームに見えない状態が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/08 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0907

Dバックス12連勝で球団タイ、インディアンスも昨年6月28日以来の13連勝  



Dバックスとトライブが連勝を続けている。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスはドジャースとの同地区対決を制して12連勝。球団タイの連勝記録に並んだ。

現地5日の試合は、Dバックスのザック・グリンキーが7回4安打、1失点の好投。ドジャースの先発左腕リュ・ヒョンジンも6回を3安打、1失点に抑える両先発の投げ合い。

両軍のブルペンも踏ん張って試合は延長にもつれたが、10回、ドジャース4人目のペドロ・バイエズ投手が連続四球で乱れ、1死二三塁のピンチを招くと、次の打者の三塁ゴロをターナー三塁手が本塁へ送球。これがランナーに当たる守備の乱れで2失点。

結局、3対1でDバックスが延長戦を制した。Dバックスは4安打で勝利。98イニング先取点を許さないイニングを続けている。ちなみに、メジャー記録は102イニングらしい。

ドジャースは5連敗のあと、エース左腕クレイトン・カーショーで勝って、その後、またも5連敗。6日の試合では先発する前田健太の連敗ストップに期待がかかる。

ドジャースは優勝マジック13で地区5連覇は確実だが、1988年以来のワールドシリーズ制覇には、ポストシーズン最初の地区シリーズで、Dバックスかロッキーズあたりのワイルドカード勝者と対戦する可能性もあり、苦手イメージはつけたくない。

両チームの対戦成績は5日終了時点でDバックスの10勝8敗。

なお、アメリカンリーグでは、トライブ(部族)の愛称で知られるクリーブランド・インディアンスが、昨年6月28日以来の13連勝。

この連勝は1942年、1951年、2016年に続く球団史上4度目。今日6日の試合に勝てば昨年樹立した14連勝に並ぶことになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/07 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0905

Dバックス11連勝 J.D.マルティネスが史上18人目となる1試合4本塁打  



ダイヤモンドバックスのJ.D.マルティネス外野手がドジャース戦でMLB史上18人目となる1試合4本塁打を記録した。

タイガースから夏に移籍してきたマルティネスは、第1打席でドジャース先発の左腕リッチ・ヒルから空振りの三振に倒れたが、4回の第2打席で2-2から外角のフォーシームを左中間中段へ先制の31号ツーラン。

2対0でリードして迎えた7回の第3打席では、救援右腕ペドロ・バイエズの96.8マイルの外角のフォーシームをライトへ32号ソロ。




8回の第4打席では救援右腕ジョシュ・フィールズの2-0からの3球目、真ん中やや外寄り95.6マイルのフォーシームを右中間へ33号ソロ。

第5打席では右腕ウィルマー・フォントの0-1から真ん中に入ったスライダーを捉えてレフトスタンドへ34号ツーランを運んだ。

マルティネスは、移籍後18本塁打。4番のゴールドシュミット一塁手の33本を抜いて2チーム合計だが、チーム最多本塁打になった。これまで1試合3本塁打はあったが4打席連続本塁打はキャリア初。4人の投手から4本。一人で13得点中、6打点を叩き出した。

ダイヤモンドバックス先発の左腕ロビー・レイは8回途中まで3安打の零封、14奪三振の好投で、投打のかみ合ったチームは、13対0で11連勝を飾った。

敗れたドジャースは、プレイオフ第1シードの可能性が強く、ダイヤモンドバックスとは地区シリーズであたることも考えられる。先発リッチ・ヒルは6回2安打2失点と好投したが、相手打線とロビー・レイの攻略法を検討する必要があるかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/05 Tue. 18:43 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

メジャーは9日前田健太、10日田中将大、11日ダルビッシュ有が登場!  



ドジャースの前田健太投手は前回の登板で7回2安打無失点の好投、2年連続2ケタ勝利となる10勝目をあげた。

8日(日本時間9日)のダイヤモンドバックス戦に11勝目をかけて、中6日で登板する。前田にとっては先発ローテの生き残りをかけた厳しいマウンドが続く。

ヤンキースの田中将大は9日午後7時7分(日本時間10日午前8時7分)開始予定のブルージェイズ戦に備えて敵地で最終調整した。

電撃トレードでアストロズからブルージェイズに移籍した青木宣親との対戦が楽しみだが、田中は2日のタイガース戦で、6回を2失点と好投したが、打線の援護がなくメジャーで初めて10敗目を喫した。

今季のブルージェイズは2戦全勝だが、トロントで投げるのは初めて。ホームランの出やすい敵地ロジャーズ・センターなので一発を警戒したい。

ダルビッシュ


10日(同11日)はダルビッシュが移籍2回目の先発。相手はダイヤモンドバックス戦。ここもボールがよく飛ぶことで有名。田中同様に一発に注意したい。

とくにダイヤモンドバックスは、アウェイで.235の打率に対してホームではMLB4位の.277と良く打つ。前回効果的だったカーブが甘く入らないように注意したい。

ファンとしては夢のような3連戦で、3戦ともしっかり録画して、一球入魂で観戦したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0718

トレード・デッドライン前の各チームの補強ポイント NL編  



昨日、アメリカンリーグ所属のトレード・デッドライン(ウェイバー公示なしでトレードを成立させることができる期限)前の補強ポイントを紹介したが、今回はナショナルリーグ(NL)編としてまとめてみた。(順位は16日17時)

セットアップマンは、クローザーの前、8回を投げる投手という定義もあるが、ここでは優秀な中継ぎ投手ぐらいの感覚で捉えていただきたい。


blog_import_54ca749b7c3ff.jpg 


【チーム名 / 勝率 / 地区成績 / WC / 補強ポジション】
※WCはワイルドカード

▶各地区首位
ナショナルズ .600  首位 クローザー
ブルワーズ .559  首位 先発投手、セットアップマン
ドジャース .685  首位 セットアップマン

▶WC

ダイヤモンドバックス   .582  9.5  +2.0  クローザーorセットアップマン、外野手
ロッキーズ   .559 11.5  0 先発投手

ブレーブス   .494  9.5  6.0  クローザーorセットアップマン、三塁手
カブス .500 5.5  5.5  先発
カージナルス .489 6.5 6.5  クローザーorセットアップマン


ア・リーグほど混戦ではなく西部と東部は独走状態。西部地区からワイルドカードを含め3チームがプレイオフに出場する可能性がある。

中部地区のカブスは、すでにホワイトソックスからホセ・キンタナを獲得。ここでも紹介したが、キンタナは、移籍第1戦で7回3安打、無四球無失点、12奪三振と快投を演じている。ただ、ブルワーズと5.5ゲーム差があり、地区優勝もワイルドカードも厳しい状態だ。

ナショナルズもアスレチックスからリリーバー2投手を獲得したが、ポストシーズンを任せられる強力なクローザーの獲得には至っていない。

オリオールズが一部選手の放出も検討中との情報もあり、そうなればリリーフではザック・ブリットン(DLから復帰)、ブラッド・ブラック、ダレン・オデイあたりがトレード市場にリリースされる可能性が出てきた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/18 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

ナッツのマッド・マックスが11奪三振、Dバックスを粉砕!  



ナショナルズのマックス・シャーザー投手が4日(日本時間5日)、ホームでのダイヤモンドバックス戦で圧巻の投球を披露した。

MLB6位の相手打線を7回2安打、1失点、3四死球、11奪三振の快投で今季4勝目(2敗)を挙げた。シャーザーはこれで40回2/3を投げて防御率2.66、WHIP0.91、被安打率.189、9イニング換算の奪三振数(K/9)は11.29。

防御率はNL8位だが、WHIPはNL3位。被安打率NL2位。奪三振数ではNL1位のスタッツをマークしている。



1試合10三振以上も51試合になり、これは現役メジャーリーガーでは、ドジャースのクレイトン・カーショーの52試合に次いで2位の記録になっている。

シャーザーがメジャーキャリアをスタートさせたダイヤモンドバックスとは、これまでも相性が良く、通算6試合の先発で5勝0敗、防御率2.41だった。

シャーザーといえばリリースポイントの低いサイドスローから繰り出す100マイル近いフォーシームとスライダーが武器。昨年年5月11日のタイガース戦で、9イニングスではケリー・ウッド、ロジャー・クレメンス、ランディ・ジョンソンに次ぐMLB最多タイ記録となる20奪三振を記録している。

昨年は、リーグトップの20勝、284奪三振、228回1/3イニングス、WHIP0.97を記録して、自身3度目(ナ・リーグでは初)の最多勝と初の最多奪三振の2冠を達成。2度目のサイ・ヤング賞を受賞している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/05 Fri. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0415

注目のエース対決はクレイトン・カーショーが圧巻のマウンドで制す!  

 


元は同僚だったドジャースのクレイトン・カーショーとダイヤモンドバックスのザック・グリンキーの両エース対決は、カーショーに軍配が上がった。

カーショーは、8回まで被安打2の完封ペース。9回に2安打を許して失点したが、8回1/3で107球、被安打4、失点1、奪三振8、四球1だった。4回に今季初四球を出したが、4回、9回以外は二塁を踏ませない圧巻の投球だった。

ゴロアウト7、フライアウト4。今季3試合の登板で21回1/3を投げて四球がわずか1という制球力とタイミングを外すブレイキングカーブで相手打線を翻弄した。今季2勝1敗、防御率2.53。

クレイトン・カーショー


一方、15年オフにドジャースからダイヤモンドバックスに移籍したザック・グリンキーは、5回で被安打10、四球3、失点5と打ち込まれ、先発投手の責任イニングとされる6回を投げきることも出来ずにマウンドを降りた。今季1勝1敗、防御率4.32。

なお、試合はダイヤモンドバックスの5投手から投手以外の野手が全員安打(13安打、1本塁打)したドジャースが7対1で勝利。同地区対決4連戦の初戦を白星で飾った。

明日は「ジャッキー・ロビンソン・デイ」。前田健太が先発予定で「42」を付けた前田の雄姿が楽しみだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/15 Sat. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド