メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0220

【MLB移籍情報】Dバックスが、J.ダイソン外野手と2年750万ドルで契約  



J.D.マルティネスの引き留め工作に失敗したダイヤモンドバックスが、速攻で次のプランを選択。マリナーズからFAのジャロッド・ダイソン外野手と契約した。

伝えられている契約内容は2年750万ドル。年平均375万ドルは、このオフのFA外野手では5番目の年俸になる。ちなみに17年の年俸は280万ドルだった。

ダイソン


メジャー9年目、33歳のダイソンは、7年間在籍したロイヤルズから昨年、マリナーズに移籍。111試合に出場(先発出場99試合)、打率.251、出塁率.324、OBP.674、5本塁打、30打点、盗塁28だった。

外野手としての長打力はもともと無く、走力もやや落ちたというスタッツはあるものの12年から6年連続で25盗塁以上をマーク。

28盗塁は、チームの1番打者A.J.ポロックの20盗塁を上回りチームでトップになる。機動力という点ではアップグレードした事になる。





ダイソンは、キャリアの大半がセンター。このためセンターのポロックを両翼にシフトさせる編成になることが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/02/20 Tue. 17:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0201

2017-18シーズンオフのFA移籍先リスト(捕手編)  

 



今オフのフリーエージェント(FA)選手の移籍チームをポジション別にピックアップ。今回は捕手編。

ジョナサン・ルクロイらが未だにFA市場に残っているが、気になる選手をピックアップした。


【今オフFAになった捕手の移籍先】
年齢/最終所属/17年サラリー/

ウェリントン・カスティーヨ (30)
オリオールズ/600万ドル
ホワイトソックスと2年1,500万ドルで契約。

クリス・アイアネッタ(34)
ダイヤモンドバックス/150万ドル
同地区のロッキーズと2年850万ドルで契約。

アレックス・アビラ(31)
タイガース、カブス/200万ドル
ダイヤモンドバックスと2年825万ドルで契約。

レネ・リベラ(34)
カブス、メッツ/175万ドル
エンゼルスと280万ドルで契約。

ニック・ハンドリー(34)
ジャイアンツ/200万ドル
ジャイアンツと250万ドルで再契約



DU1KmOgUMAAJYde.jpg
▲アレックス・アビラ


ダイヤモンドバックスからFAのアイアネッタは、同地区のロッキーズが獲得。89試合の出場だったが、メジャー10年の経験と昨年17本塁打、OPS.865が高評価につながって年平均で以前に所属していたエンゼルスやマリナーズ時代と同程度の契約金を結んだ。

ダイヤモンドバックスが補強したアレックス・アビラは、昨季タイガースとカブスで112試合に出場。打率.264、14本塁打、OPS.834をマーク。アイアネッタが抜けた穴を埋める模様。





第3回と第4回のWBCアメリカ合衆国代表に選出されたジョナサン・ルクロイは、前半戦が不振で、夏にロッキーズへトレード。ロッキーズでは46試合で打率.310、OPS.865で回復傾向にあったがロッキーズは契約延長しなかった。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/01 Thu. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1222

【MLB移籍情報】平野佳寿投手がDバックスと2年600万ドルで合意  




例年通りクリスマスのハッピーホリデイ前に続々と契約が決まっている。メジャーリーガーも契約を決めてクリスマスとニュー・イヤーを迎えたいのだろう。わかる気がする。

海外FA権でMLB移籍を明言していたNPB元オリックスの平野佳寿投手が、ダイヤモンドバックス(Dバックス)と2年総額600万ドル(約6億8000万円)で合意した。



ESPNのジェリー・クラスニック記者やUSAトゥデイのボブ・ナイチンゲール記者のtwitterでは複数年契約、地元メディアのアリゾナレパブリックのニック・ピエコロ氏は、もう少し詳細な報告で、2年600万ドルの契約で合意したことを伝えている。

ナ・リーグ西部地区でドジャースに次いで2位。93勝を挙げて2011年以来のプレイオフに出場した今季のダイヤモンドバックス。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


先発陣がMLB3位、ブルペンが同5位だった投手陣だが、今オフは39セーブのフェルナンド・ロドニーが抜けた。ほかにプレイオフでも投げたホルヘ・デラロサ、52試合に登板のJ.J.フーバー、55試合デビット・ヘルナンデスなど6人がFAでチームを去った。


《Dバックスのブルペン》
防御率5位
WHIP15位
与四球率(BB/9)13位
奪三振率(K/9)15位
(※MLB30球団中のランキング)

残ったのは、ランドール・デルガド、アンドルー・チャフィン、アーチー・ブラッドリーの3人ぐらい。

そのためブルペンに平野を含む3投手を補強。レイズ時代の15年に41セーブを挙げたブラッド・ボックスバーガーは7年目の29歳だが、17年は2度故障者リストに入っているので健康面に不安を残す。

若手25歳のアーチー・ブラッドリーは先発から転向して3勝3敗1セーブ。63試合73.0回で防御率1.73、WHIP1.04、奪三振率9.7、与四球率2.6という成績を残し、ロドニーの後のクローザー候補かも知れないが、メジャーで2年しか経験がない。

このブラッドリーやボックスバーガーの前後を平野が埋めるようなブルペンの編成になると思われる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/12/22 Fri. 16:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1129

中後悠平が来季もメジャー挑戦!今季はマイナーで50試合に登板  



大谷翔平やダルビッシュ有の動向が気になるストーブリーグだが、日本人のメジャーリーグフリークとして忘れてはならない存在が昨年からメジャー挑戦中の中後悠平だ。

すでに帰国して来季に向けてのトレーニング中だが、2018年シーズンも今季と同じダイヤモンドバックス傘下のマイナーリーガーとしてメジャー40人枠を目指すというスポーツ紙の報道があった。

2年目の今季はメジャーの春季キャンプに招待されたが、多くの選手がそうであるように厳しい40人枠には残れなかった。

ただ、手応えはおおいにあった1年だという事をインタビューでも応えていた。

2Aと3Aで計50試合に登板し防御率2.53。2Aでは、初体験という長時間のバス移動など過酷な環境の中、日米通じて自己最多の試合数とイニング数(67回2/3)を記録した。

2Aでは、わずか4ヶ月間で140試合を戦う過酷なアメリカ南東部のサザン・リーグ・北地区のジャクソン・ジェネラルズ(テネシー州ジャクソン)に所属。

月間防御率で、

4月2.84
5月4.50
6月1.32
7月1.42

と推移し、前半は苦しんだが、後半は手応えのあったシーズンだった。フォームが安定しフォーシームが良くなった結果、左腕投手が課題の右打者に対してもツーシームやチェンジアップを使って、ファウルにならずにゴロで打ち取れるようになってきたという。

クローザー、セットアッッパー、ロングリリーフなど、チームが要求する様々な役割をこなしながら、チーム最多タイの48試合に登板した。そうした内容が評価され3Aリノのプレイオフにもロースター入りした。

中後悠平


ダイヤモンドバックスのマイク・ヘーゼンGMも「よく投げてくれていた。ユニークな投げ方の左腕。貴重な武器になってくれる」と評価。別の関係者によれば再びメジャーキャンプ招待の可能性もあるという。

メジャーのベンチ入り25人枠の中で左投げリリーバーの登録は多くても2人。ダイヤモンドバックスには傘下マイナーも含めて2A以上のレベルで9人の左投げリリーバーがいる。3A以上に絞れば5人。

このストーブリーグで多少の入れ替えはあるが、2年間の経験と実績は十分評価されるはずだ。来季、チャンスの順番が中後に訪れることに期待したい。


◇記事参考
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170802-00074050/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/11/29 Wed. 17:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1115

MLB最優秀監督賞 ツインズのモリターとDバックスのロブロ 好対照な経歴を持つふたりが受賞  




今季のMLB最優秀監督賞は、好対照な経歴を持つふたりが受賞している。

ア・リーグ最優秀監督にはツインズのポール・モリター。ナ・リーグ最優秀監督にはダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロが受賞。


DOoZI0gX4AADipP.jpg


ツインズのモリター監督は、現役時代に通算3,319安打を放って2004年に殿堂入りした名選手。昨年はワシントンセネターズ時代も含めて116年ぶりの開幕から9連敗するなど59勝103敗だったチームを、今季は、85勝77敗の地区2位で10年以来となるプレイオフまで導いた。

殿堂入り選手が最優秀監督賞を受賞するのは、1989年にボルティモア・オリオールズを率いたフランク・ロビンソン氏に次いで2人目。


DOoTxCJX0AEetMr.jpg


ダイヤモンドバックスのロブロ監督は、現役時代にメジャーで7球団を渡り歩いた。そして現役最後の年(2000年)に来日して、当時、若松勉監督が指揮を執っていたヤクルトで過ごした。35歳だった。

当時のヤクルトの内野は豪華な布陣で、ロベルト・ペタジーニ、土橋勝征、岩村明憲、宮本慎也と球界屈指の陣容だった。そのためロブロ選手は29試合の出場にとどまり、66打席で放ったヒットはわずか13本。結局、1シーズンで退団となった。メジャー8年間の在籍で303試合にしか出ていない。

しかし、ロブロにとっては、この日本のプロ野球で過ごした経験が、彼の野球人生を変えたようだ。



その頃、ロブロはすでに監督という仕事に興味を抱いており、ヤクルトでの経験を事細かくノートに記していた。

「日本での経験は、私に新たなたくさんのことを教えてくれました。練習の仕方、ゲーム中の細かな気遣い、いろんな状況に備えることの大切さなど……起こりうる可能性があるすべてのことに対しての対処法を教えてくれました」

 そしてロブロはこう続けた。

「私は、日本野球の徹底した教え方が好きだったんです。ただ、本塁打を打てばいいということだけじゃない。守備や走塁の細かさ、そして勝つことに対してのこだわり。日本の野球は、私に新しい知識を与えてくれました」

記事参考:Brad Lefton




ロブロは、今季からダイヤモンドバックスでメジャー監督してのキャリアをスタートさせると、昨季は69勝93敗でナ・リーグ西地区4位だったチームを、93勝69敗と大躍進させプレーオフへ導いた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/11/15 Wed. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1003

ダルビッシュはNLDS第3戦の先発、前田はブルペン要員へ  



104勝58敗、勝率.642のMLB最高勝率で、1988年以来のワールドシリーズ制覇を狙うドジャース。ふたりの日本人投手は、ポストシーズンのナ・リーグのディビジョンシリーズ(NLDS)でダルビッシュ有は先発ローテの一角として第3戦に先発が濃厚になった。

5回戦制で行われるNLDSは、西部地区シリーズのような状況で、ワイルドカードのダイヤモンドバックスとロッキーズ、その勝者と対戦するドジャースともすべて西部地区。

ドジャースは、ダイヤモンドバックス(8勝11敗)にもロッキーズ(7勝9敗)にも負け越しているだけに、NLDSが鬼門になるかもしれない。

先日、指揮官のロバーツ監督は、第1戦でカーショーを先発させることをメディアに語ったが、これは誰しもが考える予想通りの展開。昨年はカーショーを第1戦と第4戦に「中3日」で起用した。

しかし、今季は無理をさせないようだ。防御率、WHIPでMLB1位、その他のスタッツでも屈指の先発陣を信用し、後半調子のいい左腕リッチ・ヒルを第2戦、そしてダルビッシュ有を敵地での第3戦、左腕アレックス・ウッドを第4戦に先発させるとの見方が強い。

ポストシーズンの戦力として夏にレンタル移籍したダルビッシュ有は、マイルハイに位置する敵地クアーズ・フィールドのマウンドは初めてだが、先日、実際に立って感触を確かめたとの報道もあった。

ドジャース移籍後のダルビッシュは、リーグの違いもあるがFIPでレンジャーズ時代の3.99から3.38に改善している。

ただ、ロッキーズとは現地9月8日に対戦し、4回1/3で5失点と打ち込まれた。ダイヤモンドバックスとは8月10日に対戦、敵地で5回2失点の記録が残っている。

これまでのポストシーズンの成績は、レンジャーズ時代のもので、データが少ないので参考にはならないが、2試合に登板して0勝2敗、防御率5.40。

MLB公式サイトの予想では、ドジャースの投手陣は、カーショー、ヒル、ダルビッシュ、ウッドの4人が先発ローテー。ブルペンは、ブランドン・モロー、前田健太、ジョシュ・フィールズ、ペドロ・バイエズ。リリーフ左腕としてトニー・シングラーニとトニー・ワトソン。クローザーにケンリー・ジャンセンがロースター入りすると予想している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/03 Tue. 17:45 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

MLB ワイルドカード2試合の先発4投手が判明!両リーグともベテランと若手の対決  



ディビジョンシリーズ(DS)への切符を賭けて1DAYマッチで行われるワイルドカード(WC)の先発投手が判明した。

3日(日本時間4日)のアメリカン・リーグWCは、ヤンキース対ツインズ。

ヤンキース ルイス・セベリーノ投手
14勝6敗 防御率2.98/WHIP1.04/奪三振230

ツインズ アービン・サンタナ投手
16勝8敗 防御率3.28/WHIP1.13/奪三振167


セベリーノは、3年目にして初の規定投球回数に達したシーズンで、防御率でクルーバー(インディアンス)、セール(レッドソックス)に次ぐリーグ3位。被打率.207はセールと同じリーグ2位タイ。

サンタナは34歳で経験は豊富だが、エンゼルス時代の08年以来のポストシーズンのマウンド。2勝2敗、防御率5.56とあまり良くない。

両投手ともワイルドカードの登板は初。ヤンキースタジアムは狭く序盤の被本塁打に警戒したい。とくにサンタナは今季31本塁打を許している。ヤンキースは15年にワイルドカードを戦っているが、その時先発した田中将大も序盤に2本塁打を浴びて敗退している。

blog_import_54ca749b7c3ff.jpg


ナショナル・リーグは4日(同5日)にダイヤモンドバックス対ロッキーズの同地区対決によるワイルドカード。レギュラーシーズンでの両者の対決は11勝8敗でロッキーズが勝ち越した。

ダイヤモンドバックス ザック・グリンキー投手
17勝7敗 防御率3.20/WHIP1.07/奪三振215

ロッキーズ ジョナサン・グレイ投手
10勝4敗 防御率3.67/WHIP1.30/奪三振112


両投手とも開幕投手。グリンキーは対ロッキーズ戦2勝1敗。ポストシーズンはドジャース時代など9試合に登板。3勝3敗、防御率3.55と安定感はある。

一方のグレイは実質2年目の25歳。対Dバックス戦は2勝1敗。最近の10試合では7試合でクオリティスタートを記録するなどロッキーズの中では安定感がある方だが、ポストシーズンは初登板。経験値ではグリンキーの方が上回っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/02 Mon. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1001

MLB2017 ポストシーズンの対戦カード決まる  



ナショナルリーグで残り一つの席をロッキーズとブルワーズが争っていた「ワイルドカード」は、ブルワーズが現地30日、カージナルスに6対7で逆転負けし、マジック1としていたロッキーズの進出が決まった。

この結果、地区シリーズ(NLDS)の組み合わせは、中部地区優勝のカブス対東部地区優勝のナショナルズ。ロッキーズとダイヤモンドバックスの「ワイルドカード」勝者対勝率1位のドジャースとなった。

結局、ナ・リーグはオールスター前から予想された3チームがポストシーズンに進出した。ドジャースは103勝58敗(.640)でMLB最高勝率。ホームフィールド・アドバンテージを獲得している。


DLAnxdDUMAANEDU.jpg


一方、アメリカンリーグは東部地区でレッドソックスが優勝し、地区シリーズ(ALDS)はレッドソックスと西部地区優勝のアストロズ、勝率1位のインディアンスは、ヤンキースとツインズの「ワイルドカード」勝者と対戦することが決まった。

ちなみに、レドソックスの地区連覇は1969年の地区制導入後初ということだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/01 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0908

止まらないDバックス、首位ドジャースをスイープして球団新の13連勝  



ダイヤモンドバックスが日本時間7日、同地区ライバルのドジャースから3連戦3連勝。球団連勝記録の新記録となる13連勝を飾った。

9月も7勝0敗で5失点した1試合を除けば、1失点だけという勝ちゲームが続き、その間のチーム防御率は1.47でMLBトップ。98イニング連続で相手にリードされず、先取点をあげて逃げ切るパターンで勝利している。

ちなみに、この試合で1回に先制点を取られMLB記録の102イニングは更新できなかった。

ダイヤモンドバックス


ドジャースは前田健太が好調ダイヤモンドバックス相手にチームの連敗ストップをかけて先発。5回85球を投げて、4安打、1四球、8奪三振、1失点(自責点0)と好投したが1対3で敗れ、今季初の6連敗。

プレイオフのナ・リーグ地区シリーズで対戦する可能性があるDバックスとドジャース。今季の対戦成績は11勝8敗でDバックスがリード。しかも、Dバックスが6連勝するという結果になった。

しかも、ドジャースタジアムでも5勝5敗。ホームでは6勝3敗とリードしており、ゲーム差は依然11.5ゲーム差でドジャースの地区5連覇は揺るぎないが、5試合の短期決戦では、どちらが勝ち上がってもおかしくない。

ドジャースは5連敗して、クレイトン・カーショーが連敗を止めてから、6連敗という泥沼状態が続いている。先発陣はMLB全体で1位の防御率(9月は防御率5.14で19位)、リリーフ陣も2位と好調を維持しているが、オフェンスのアベレージが悪くMLB19位、本塁打数も11位。とても92勝で勝率.662のチームに見えない状態が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/08 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0907

Dバックス12連勝で球団タイ、インディアンスも昨年6月28日以来の13連勝  



Dバックスとトライブが連勝を続けている。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスはドジャースとの同地区対決を制して12連勝。球団タイの連勝記録に並んだ。

現地5日の試合は、Dバックスのザック・グリンキーが7回4安打、1失点の好投。ドジャースの先発左腕リュ・ヒョンジンも6回を3安打、1失点に抑える両先発の投げ合い。

両軍のブルペンも踏ん張って試合は延長にもつれたが、10回、ドジャース4人目のペドロ・バイエズ投手が連続四球で乱れ、1死二三塁のピンチを招くと、次の打者の三塁ゴロをターナー三塁手が本塁へ送球。これがランナーに当たる守備の乱れで2失点。

結局、3対1でDバックスが延長戦を制した。Dバックスは4安打で勝利。98イニング先取点を許さないイニングを続けている。ちなみに、メジャー記録は102イニングらしい。

ドジャースは5連敗のあと、エース左腕クレイトン・カーショーで勝って、その後、またも5連敗。6日の試合では先発する前田健太の連敗ストップに期待がかかる。

ドジャースは優勝マジック13で地区5連覇は確実だが、1988年以来のワールドシリーズ制覇には、ポストシーズン最初の地区シリーズで、Dバックスかロッキーズあたりのワイルドカード勝者と対戦する可能性もあり、苦手イメージはつけたくない。

両チームの対戦成績は5日終了時点でDバックスの10勝8敗。

なお、アメリカンリーグでは、トライブ(部族)の愛称で知られるクリーブランド・インディアンスが、昨年6月28日以来の13連勝。

この連勝は1942年、1951年、2016年に続く球団史上4度目。今日6日の試合に勝てば昨年樹立した14連勝に並ぶことになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/07 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド