メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1019

平野佳寿、フル回転のメジャー1年目を振り返る  

 


34歳オールドルーキーの1年目が終わった。


今季、オリックスからダイヤモンドバックスへ移籍した平野佳寿は、同じ腕の振りから繰り出されるフォーシームの制球力とスプリットを武器に、日本投手のシーズン最多登板記録となる75試合に登板した。


これは、メジャーリーグで約800人が登板したリリーバーの中で7位タイの記録だった。


平野佳寿



スタッツは、、66回1/3、4勝3敗、32ホールド、3セーブ、防御率2.44、WHIP1.085、59奪三振(奪三振率8.01)、23四球(与四球率3.12)、FIP3.69。


チームの貴重なセットアッパーとして奮闘した。それを物語るのが、平野が投げる場面だ。


平野は、チームがリードした場面で52試合(セーブ機会でも7試合)、同点の場面で16試合と計75試合中68試合でシビレる場面に登場してメジャーの打者を仕留めていった。


ボールが飛びやすいと言われるこのディビジョンでHR/9も0.81、被打率.207はデータ好きの方なら、どれだけ凄いかお分かりだろう。


平野は「ポストシーズンを戦いたかった。最後に失速したのは残念だった」とチームの終盤の失速を残念がったが、個人的には首脳陣を納得させるものだった。


これまでこのチームに所属した日本人選手は斉藤隆とマイナーに中後悠平、そして平野だけだが、日本人投手の質の高さを納得させたに違いない。


しかし考えてみると、驚くことではないだろう。


オリックスのクローザーとしてWBCの日本代表選手にも選出されている。2011年はパ・リーグ新(当時)の43ホールド・49ホールドポイント、2014年はリーグ新(当時)の40セーブを記録した。


これを称えてリーグ特別表彰を2回 受賞している(2011年、2014年)。その実力をメジャーリーグでも証明しただけかもしれない。


平野佳寿


リリーバーの試合での依存度が増し、その地位が上がる中で、平野の成功はメジャーを目指す日本人選手たちの励みになったにちがいない。いつの日か、メジャー各球団のブルペンには必ず日本の投手たちが名を連ね、躍動する、そんな時代が来ることに期待したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/19 Fri. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

Dバックス平野佳寿がフル回転、75試合は日本選手最多登板の快挙  




34歳オールドルーキーの1年目が終わった。

今季、オリックスからダイヤモンドバックスへ移籍した平野佳寿は、同じ腕の振りから繰り出されるフォーシームの制球力とスプリットを武器に、日本投手のシーズン最多登板記録となる75試合に登板した。

これは、メジャーリーグで約800人が登板したリリーバーの中で7位タイの記録だった。

スタッツは、、66回1/3、4勝3敗、32ホールド、3セーブ、防御率2.44、WHIP1.085、59奪三振(奪三振率8.01)、23四球(与四球率3.12)、FIP3.69。

チームの貴重なセットアッパーとして奮闘した。それを物語るのが、平野が投げる場面だ。

平野は、チームがリードした場面で52試合(セーブ機会でも7試合)、同点の場面で16試合と計75試合中68試合でシビレる場面に登場してメジャーの打者を仕留めていった。

ボールが飛びやすいと言われるこのディビジョンでHR/9も0.81、被打率.207はデータ好きの方なら、どれだけ凄いかお分かりだろう。

平野は「ポストシーズンを戦いたかった。最後に失速したのは残念だった」とチームの終盤の失速を残念がったが、個人的には首脳陣を納得させるものだった。

これまでこのチームに所属した日本選手は斉藤隆と平野だけだが、日本人投手の質の高さを納得させたに違いない。

しかし考えてみると、驚くことではないだろう。

オリックスのクローザーとしてWBCの日本代表選手にも選出され、2011年はパ・リーグ新(当時)の43ホールド・49ホールドポイント、2014年はリーグ新(当時)の40セーブを記録したことを称えてリーグ特別表彰を2回 受賞している(2011年、2014年)。その実力をメジャーリーグでも証明しただけかもしれない。

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0921

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《中堅手編》  




2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いなく、ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


そして、もう一人、ドジャースのクレイトン・カーショーが契約をオプトアウトしてFAを選択する可能性もあり、もし、そうなれば、彼も注目選手になることは間違いない。


そんなFA市場のポジション別注目選手をピックアップ。今回は外野のセンターを紹介したい。


このポジションは、たとえば夏にダイヤモンドバックスに移籍したジョン・ジェイのようにセンターとライトを兼任している選手も多いが、とりあえず注目の選手は下記の選手たちだ。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


《中堅手》

レオニス・マーティン(インディアンス)
A.J.ポロック(ダイヤモンドバックス) ※1
アダム・ジョーンズ(オリオールズ) ※2
ラジャイ・デービス(インディアンス)
オースティン・ジャクソン(メッツ)
デナード・スパン(マリナーズ) 


※1 この中で注目はダイヤモンドバックスのA.J.ポロック。2009年 ドラフト1巡ピック(全体17位)の選手で、31歳で迎える来季もチームの構想の中にいる選手だろう。

ダイビングキャッチを試みた際に右肘を負傷(2011年)、2016年にもキャンプ中にスライディングで右肘を負傷し、ほぼ全休。

ハッスルプレイのため故障離脱が多いのが残念だが、複数年で1年775万ドルは確実にアップするだろう。


※2 メジャーキャリア13年のうち11年をオリオールズで過ごしたアダム・ジョーンズ。オリオールズがザック・ブリットン、ブラッド・ブラックらのリリーフ投手をファイヤーセールしたことにより彼がチームのトップ評価。

7月末のトレード期限の時には、右打ちの外野手を探していたフィリーズとの間でトレードが合意に達したものの、ジョーンズが10&5 (メジャー・サービスタイム10年以上で、なおかつ直近の5年間同一チームに所属)による全球団へのトレード拒否権を行使したため破談となった。

外野手だけでなく指名打者としても出場できる可能性があるア・リーグのチームへの移籍であれば検討する様子だという事も伝えられたが実現しなかった。

ジョーンズがボルティモア残留を選んだのは家族、友人、ファン、自身の行うチャリティなどが大きな理由らしいが、フィリーズの起用法も気に入らなかったようだ。

本人はオリオールズとの再契約を望んでいるという事だが、今季の年俸はベースサラリー1700万ドルとサインボーナスが付いて1733万ドルと高く、来年8月に34歳になることから、再契約は抑えられた内容になるものと思われる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/09/21 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0906

【NL-WEST】大激戦!1.5ゲーム差にロッキーズ、ドジャース、Dバックス  




残り約20試合になってきたメジャーリーグだが、日本人選手の前田健太や平野佳寿が所属するナショナルリーグ西部地区が首位のロッキーズから3位のダイヤモンドバックスまで1.5ゲーム差という大混戦になっている。


この地区は、ドジャースが5連覇しているが、昨年も3チームがポストシーズンに進出した。


ここへ来てロッキーズが4連勝で首位に立ったが、この先、直接対決が残り、激戦が展開されそうだ。


【今後の直接対決】

ドジャースvs.ロッキーズが6試合
(ドジャース6勝、ロッキーズ7勝)

ドジャースvs.ダイヤモンドバックスが3試合
(ドジャース7勝、ダイヤモンドバックス9勝)

ロッキーズvs.ダイヤモンドバックスが7試合
(ロッキーズ5勝、ダイヤモンドバックス7勝)


3チームの特徴を簡単に紹介するとロッキーズがリーグ4位のチーム打率、本塁打数、得点数と攻撃力が強く、防御率はリーグ13位。ただ、ウェイド・デービスやオ・スンファ(呉昇桓)などを補強してブルペンを強化した。


ドジャースは、チーム打率でリーグ9位、本塁打1位、得点数2位。防御率が同1位。先発陣が同1位だが、ブルペンが同6位と弱く、前田健太を昨年と同様ブルペンに回すパターンで強化したが、前田は日本時間4日の試合で9回に痛恨の逆転3ランを浴びて、チームも首位を陥落した。


ダイヤモンドバックスは、打撃部門で、打率がリーグ13位と低迷。打者有利のボールパークにもかかわらず本塁打数も同8位と低迷。逆に投手陣が踏ん張り、とくに平野らを中心としたブルペン陣はリーグトップの防御率3.14。先発陣も同4位と健闘している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/09/06 Thu. 06:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0803

MLB2018年 この夏のトレード市場の勝者は?  




ここでも速報で紹介したが、ESPNの記者ジェイソン・スターク氏によると、ノン・ウエーバー・トレード・デッドラインとなる現地7月31日に15件、前日の30日の成立が7件で、最後の2日間で合計22件、最後の1週間全体では36件のトレードが成立しているという。

MLB公式サイトでは、トレード期限最終日に18件のトレードが成立としているが、いずれにせよ、現地7月18日に成立したマニー・マチャドのトレード以降に45件のトレードが成立したということだ。

ナ・リーグ所属球団の積極的な補強が目を引いたが、果たしてどの球団が争奪戦に勝利し、勝負のかかった8月、9月から10月のポストシーズンに向けて補強に成功したのか、「2018年夏のトレード市場での勝者」を見ていきたい。


MLB公式サイトのリチャード・ジャスティス氏が選んだ球団は下記だが、個人的な見解を含めて紹介する。


1. ヤンキース

ブリットン

《獲得》
ザック・ブリットン(RP)
J.A.ハップ(SP)
ランス・リン(SP)
ルーク・ボイト(1B)

ア・リーグNO.1のブルペンは、ブリットンの加入で、額面通り活躍すれば強固なものになった。

先発陣も開幕当初は、レッドソックスやインディアンスに比べて見劣りしたが、フェンウェイパークで好投してきた実績があるハップとカージナルス時代にポストシーズンの経験豊富なリンを追加した事で厚みが増した。

ポストシーズンでは4回、5回から始まる早めの継投パターンが多いが、近年ヤンキースほどに備えができているチームは記憶にないと評価している。



2. ブレーブス

《獲得》
アダム・デュバル(OF)
ジョニー・ベンターズ(RP)
ブラッド・ブラック(RP)
ダレン・オデイ(RP)
ケビン・ゴーズマン(SP)

投手を5人、野手を1人獲得したが、アレックス・アンソポロスGMは、チーム内のトップ10プロスペクトは温存して、トップ30から2選手を失っただけだった。中長期的な視野に立って球団の戦略上、重要なファーム層を残したことは大きいだろう。



3. パイレーツ

DjdSKqMUwAAjI70.jpg

《獲得》
クリス・アーチャー(SP)
キーオン・ケラ(RP)

ニール・ハンティントンGMが、クリス・アーチャーを獲得したインパクトは大きく、シーズンを諦めていない姿勢をクラブハウスに明確に伝えるトレードだった。

ただ、オースティン・メドウズ外野手、タイラー・グラスノー投手という、かつてのトッププロスペクトを失うという大きな代償を支払った事は、マイナスポイントかもしれない。



4. フィリーズ

《獲得》
ウィルソン・ラモス(C)
アーロン・ループ(RP)
アズドルバル・カブレラ(IF)

多くの問題を抱えながらも7月のほぼ1ヶ月間、地区首位を守った。ブレーブスと同様に中長期的に重要なファーム層に手をつけることなく、メジャーの戦力アップを試みた。

その結果、マット・クレンタックGMはオールスターの先発捕手を含む、即戦力の3選手を獲得した。



5. ダイヤモンドバックス

《獲得》
エドゥアルド・エスコバー(IF)
ジェイク・ディークマン(RP)
ブラッド・ジーグラー(RP)
マット・アンドリース(SP/RP)

ブルペン陣は、アーチー・ブラッドリー、平野佳寿、ブラッド・ボックスバーガーらが踏ん張っているが、疲れのでる夏場に、下手投げのジーグラーと左腕ディークマンを獲得した事は理にかなった補強だ。



リチャード・ジャスティス氏の記事では、マイク・ムスターカス(3B)、ジョナサン・スクープ(2B)、ホアキム・ソリア(RP)を獲得したブルワーズにも触れている。

ブルワーズは、緊急課題だった先発投手を獲得できず、二塁と三塁で選手が混み合うことにもあり、今後の起用方法においての課題が残るとしている。

ザック・デューク(RP)、アダム・ウォーレン(RP)、サム・トゥイバイララ(RP)というリリーフ投手3人とキャメロン・メイビン(OF)を獲得したマリナーズについても、過剰な負荷がかかり続けているブルペンのアップグレードに成功したと評価している。


この夏は、先発投手に人材が乏しく、質の低い先発投手に、プロスペクトを出すという代償を避け、リリーフ陣を強化するトレードが目立った。

しかし、MLBでは8月以降もトレードが可能で、ウェーバーを経ることで移籍でき、ポストシーズンでの登録が可能。昨年も8月31日に、剛腕ジャスティン・バーランダーがアストロズにトレードしている。


◇記事参考
https://www.mlb.com/news/5-winners-from-mlb-trade-deadline/c-288237354
https://baseball.information0.com/major-baseball/mlb-august-trade-20160804/




▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/08/03 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0704

中後悠平がDeNAベイスターズとの契約に合意  




 プロ野球のDeNAベイスターズは4日、ダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンを自由契約となった中後悠平投手と契約に合意したと公式サイトで発表した。

契約内容の詳細は公表されていないが、報道によると5日に横浜市内で入団会見が行われる模様。

 中後は近大から11年ドラフト2位でロッテ入団。15年オフに自由契約となり、16年3月にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約。2016年は3Aまで昇格し、9月の40人ロースターに拡大される時期にコールアップも期待されたが届かなかった。


中後悠平


 28歳の今季もメジャーキャンプにNRI(招待選手)として呼ばれたが開幕40人枠には残れず、ダイヤモンドバックス傘下の2Aで24試合34イニングに登板して防御率5.29、36奪三振、16四球だった。

マイナーリーグ通算では、ダイヤモンドバックス傘下で計104試合に登板。ルーキーリーグからメジャーの一歩手前の3Aまで131イニング、防御率2.95、141奪三振。

 6月18日付で自由契約となり帰国後の同29日にDeNAの入団テストを受けていた。球団では左のリリーバーとして起用される可能性が高い。


◇記事参考
http://www.baystars.co.jp/news/2018/07/0704_03.php



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/07/04 Wed. 18:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0627

オールドルーキーの逆襲!平野佳寿が23試合連続無失点、球団記録まで「1」  




混戦のナ・リーグ西部地区で首位を走るアリゾナ・ダイヤモンドバックス。その躍進を支えているのはMLB30球団中、防御率で1位のブルペン陣だ。そして、その中核が、今年、日本から海を渡った平野佳寿だろう。

平野は26日(日本時間27日)の敵地マイアミでのマーリンズ戦に8回から登場。

平野佳寿


平野7回(17ホールド)、ブラッドリー8回(20ホールド)、ボックスバーガー9回(18セーブ)というのが勝利の方程式だったが、最近は8回を任される試合も増えた。

この日の平野はピンチの場面を何とかしのいだ。先頭のブリンソンをライトフライに打ち取ると、ホラデーには死球を与え1死一塁。続く代打・メイビンをフルカウントから90.1マイルのフォーシームで見逃し三振。

このまま終わると思えたが、1番ディートリッチにセンター前ヒット、アンダーソンにはセカンドへの内野安打を許し2死満塁のピンチ。しかし、冷静に3番ボーアを83.6マイルのスプリットでセンターフライに抑えた。この日は、1回を21球、被安打2、死球1と荒れた内容だったが、何とか記録を更新した。

これで38試合35イニング、防御率1.29、32奪三振。連続無失点試合を23に伸ばし、2008年にライオン、2012年にはプッツがマークした球団記録まであと1試合に迫った。

ちなみに、日本人リリーバーの記録は、下記の記録があるが、試合数ではなくイニング数では、上原浩治の連続イニング無失点(30回1/3)を既に上回っている。


2013年 上原浩治(レッドソックス)27試合
2003年 長谷川滋利(マリナーズ)24試合
2004年 高津臣吾(Wソックス)23試合


ナ・リーグ西部地区は、ドジャースが4連勝で2位に浮上。ロッキーズが連敗で4位に後退したが、首位から4位までが4.5ゲーム差という混戦状態になっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/27 Wed. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0623

オールスター級の活躍!平野佳寿が記録更新中!!球団記録まで、あと3試合  





 ナ・リーグ西部地区の首位ダイヤモンドバックスのブルペンを支える34歳の“オールドルーキー”が球団記録に迫っている。

 今季、プロ野球のオリックス・バッファローズから移籍した平野佳寿が22日(日本時間23日)、敵地でのパイレーツ戦に登板。Dバックスの先発コービンとパイレーツ先発ノバの投手戦のあとを受けて8回から0対0の場面で登場した。

この痺れるシーンで平野は、先頭打者をショートライナー。2人目を四球で歩かせたが、次の打者をショートゴロ併殺に打ち取り、3人を12球で料理し、連続無失点試合を21試合に伸ばした。

 平野は、これまで7回の登板が一番多く、36試合中、リードした場面で24試合、同点で8試合に登板している。いかに、チームの勝利に貢献しているかが分かる数字だ。

36試合2勝0敗、32回2/3イニング、防御率1.38、WHIP0.98。

何試合かライブ中継を見たが、腕が良く振れている印象が強い。フォーシームとスプリットのフォームが同一軌道から変化する。球審の厳しい判定と戦いながらアウトローへの制球も一級品だった。


平野佳寿


 前回の試合で2011年のピーダーソン、15年のチャフィンの持っていた新人球団記録の19試合を抜いていたが、これで球団記録の2012年プッツ、2008年リオンの24試合に、あと3まで迫ってきた。

 ちなみに、日本人リリーバーの記録は、下記の記録があるが、試合数ではなくイニング数では上原の連続イニング無失点(30回1/3)を既に上回っている。


2013年 上原浩治(レッドソックス)27試合
2003年 長谷川滋利(マリナーズ)24試合
2004年 高津臣吾(Wソックス)23試合


 調べてみると、記録が整備された1951年以降でマイク・マイヤーズ(ヤンキース)が1999年から2000年にかけて作った37試合連続無失点があるが、彼の場合は左のサイドスローでワンポイントでの起用が多く、19回1/3イニングしか投げいない。平野は32回2/3を投げている。

もっと凄い記録があるかもしれないが、リリーバーとしては2008年、ブラッド・ジーグラー(マーリンズ)がアスレチックス時代に39イニングの連続無失点記録を作っている。これは、デビューからの球団連続無失点記録でもあるらしい。

先発投手では有名なドジャースのオーレル・ハーシュハイザー(1988年)の59イニング連続無失点記録がある。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/23 Sat. 13:07 [edit]

CM: --
TB: --
   

0621

マニー・マチャドは10月にどのチームのユニフォームを着ているのか!?  

 


 オリオールズは17年-18年のシーズンオフに、戦力を維持してもう一度プレイオフ進出を狙うことを選択した。

しかし、スタントンが電撃移籍したヤンキースと安定した投手力に大砲のJ.Dマルティネスを加えたレッドソックスが2強を形成し、付け入る隙もなくオリオールズは21勝51敗の最下位に沈んでいる。

 当然、オリオールズは、この夏に選択を迫られることになる。マニー・マチャド、ザック・ブリトン、ブラッド・ブラック、そしてベテランのアダム・ジョーンズ。主力たちが2018年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になる。

 その中でも最も注目がマニー・マチャドだろう。ここまで、71試合に出場して打率.304、18本塁打、53打点、出塁率.371、OPS.925。本塁打でリーグ5位タイ。打点で3位。OPSで8位。遊撃手としては、本塁打数、長打率、OPSでトップの数字を残している。

 すでに水面下で交渉が始まっているが、もっともフィットするのはダイヤモンドバックという噂がある。

 Dバックスは現在地区首位。ただ、4位までが4ゲーム差という混戦状態。チームの打撃成績はボールがよく飛ぶ本塁打部門を除いては、アベレージで30球団中30位と低迷。攻撃力を必要としている。

 一方、売り手のオリオールズはファーム層が薄く、プロスペクトが欲しい。このため、DバックスのNO.1プロスペクトのジョン・ダップランティアー投手プラスアルファが交換要員になることが予想される。

 他には、フィリーズやカブス、ダンズビー・スワンソンが成長しているとはいえブレーブスあたりも候補になるかもしれない。ドジャースはコーリー・シーガーが今期と来期も戦力にならないが、ぜいたく税との絡みもあり可能性は低いと見たい。


 一般論になるが今シーズン限りでになるFA有力選手には、3つの選択肢が考えられる。

①今後もチームの核としてシーズン序盤から契約延長交渉をする
②夏のトレード期限前に複数プロスペクトと交換する
③シーズン終了後、クオリファイングオファーを提示する


あくまでも好成績を残した選手の話だが、この3パターンが考えられる。

①は資金力のないスモールマーケットの球団にとっては厳しい選択だろう。

②は選手の契約内容が問題になる。有力選手には、例えば20球団へのトレード拒否権などの「ノートレード条項」を代理人が盛り込んでいるケースが多いからだ。

③クオリファイングオファーは、昨年9人の選手が提示された。余談だが、2017-18シーズンオフは、年俸の上位125名の平均額である1年1740万ドルに設定された。

ジェイク・アリエッタ(先発投手・カブス)
ウェイド・デービス(リリーフ投手・カブス)
マイク・ムスターカス(三塁手・ロイヤルズ)
ロレンゾ・ケイン(外野手:ロイヤルズ)
エリック・ホズマー(一塁手・ロイヤルズ)
アレックス・カッブ(先発投手・レイズ)
ランス・リン(先発投手・カージナルス)
グレッグ・ホランド(リリーフ投手・ロッキーズ)
カルロス・サンタナ(一塁手・インディアンス)



さて、マチャドとオリオールズがどのパターンを選択するか、彼の加入は後半戦にインパクトを与えるだけに注目だ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2018/06/21 Thu. 22:09 [edit]

CM: --
TB: --
   

0615

Dバックス平野佳寿が18試合15イニングス連続無失点で13ホールド目  




首位から最下位までが5.5ゲーム差にひしめくナ・リーグ西部地区で首位に立つダイヤモンドバックス(Dバックス)。

そのDバックスに移籍したリリーバー平野佳寿投手が大活躍している。平野は14日(日本時間15日)、本拠地メッツ戦に2番手で登板して1イニングを無失点に抑えた。これで18試合連続無失点だ。

平野佳寿


テレビでも中継されて、そのピッチングをライブで観戦したが、腕が良く振れている印象が強かった。19球を投じたが、メジャーの審判はくせが強いので、観ていて首をかしげたくなるシーンもあった。それでも物怖じせず、堂々と空振りで切って取ったから誰にも文句を言わせない圧倒的なマウンドだった。

平野は、1点リードの7回にマウンドに上がった。今季33試合に登板しているが7回の登板が一番多い。「SU=セットアッパー」という試合の終盤に出てきてクローザーにつなぐ重要なポジションだ。

先頭のバティスタには3球連続ボールが先行したが、日本でもクローザーを任せれて修羅場を凌いできた平野は落ち着いたものだった。

結局、フルカウントからのスプリットで空振り三振。続くスミスもスプリットで二ゴロに抑えると、メソラコには粘られたものの、9球目のスプリットで空振りの三振に仕留めた。

最速は92.5マイル。2三振を奪った決め球のスプリットは82.2マイルと84.9マイルだった。アウトローに球を集める制球の良さと、高めに投げ込んでファウルでカウントを整える4シームの威力が効いていた。

5月6日(同7日)のアストロズ戦から1か月以上、失点をしていないのも理解できる内容だった。

平野佳寿

平野佳寿


これで、13ホールド、防御率1.50、WHIP0.90。標高が高いマイルハイに位置し、平地よりボールが9%も飛ぶという打者有利の球場を本拠地としながらも被本塁打2、被打率0.176という好成績だ。

34歳の“オールドルーキー”の活躍は、オールスター級といえるだろう。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/15 Fri. 14:40 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド