メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0415

注目のエース対決はクレイトン・カーショーが圧巻のマウンドで制す!  

 


元は同僚だったドジャースのクレイトン・カーショーとダイヤモンドバックスのザック・グリンキーの両エース対決は、カーショーに軍配が上がった。

カーショーは、8回まで被安打2の完封ペース。9回に2安打を許して失点したが、8回1/3で107球、被安打4、失点1、奪三振8、四球1だった。4回に今季初四球を出したが、4回、9回以外は二塁を踏ませない圧巻の投球だった。

ゴロアウト7、フライアウト4。今季3試合の登板で21回1/3を投げて四球がわずか1という制球力とタイミングを外すブレイキングカーブで相手打線を翻弄した。今季2勝1敗、防御率2.53。

クレイトン・カーショー


一方、15年オフにドジャースからダイヤモンドバックスに移籍したザック・グリンキーは、5回で被安打10、四球3、失点5と打ち込まれ、先発投手の責任イニングとされる6回を投げきることも出来ずにマウンドを降りた。今季1勝1敗、防御率4.32。

なお、試合はダイヤモンドバックスの5投手から投手以外の野手が全員安打(13安打、1本塁打)したドジャースが7対1で勝利。同地区対決4連戦の初戦を白星で飾った。

明日は「ジャッキー・ロビンソン・デイ」。前田健太が先発予定で「42」を付けた前田の雄姿が楽しみだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/15 Sat. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0306

中後悠平、開幕メジャーならずマイナーキャンプへ   




中後悠平の開幕メジャーの夢は潰えたようだ。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの春季キャンプに招待選手として参加していた中後悠平投手が現地5日、マイナーのキャンプ行きを通告された。

メジャーの春季キャンプは40人枠選手とマイナー契約のノン・ロースター・インバイティ―(枠外招待)選手、若手のプロスペクトら、合わせて70人近い選手が参加。その中からふるいにかけて、週ごとロッカーが開いていく厳しい春だ。

3試合に登板した中後だったが、注目していただけに、やや早と感じるマイナー行きとなった。3試合、3イニングを1安打、2四球、3奪三振、1失点。

1回目と3回目の登板が無失点だっただけに、2回目の登板が悔やまれる。その試合では先頭打者から8球連続ボールで、連続四球を出した。

マイク・ブッチャー投手コーチは中後について、昨季は非常に成長したと評価しながらも、今後の課題として、特にストレートの制球難を指摘しているようだ。

ただ、ダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロ監督は、中後を今季中にコールアップする可能性があるということもMLB.comでは伝えている。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。

16年は、最終的には3Aまで昇格。3Aのリノ・エーシズでは13試合連続無失点で9月のコールアップも期待されたがメジャーでの登板は果たせなかった。今季は秋季キャンプに初参加、開幕メジャーが期待された。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/06 Mon. 16:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0302

中後悠平、2度目の登板は1回2四球の制球難で1失点  



マイナー契約からメジャーを目指すダイヤモンドバックスの中後悠平が現地1日、ホワイトソックス戦に2度目の登板。1回1失点だった。

2-1の6回から6番手で登板した中後は、先頭打者をストレートのファーボール。次の打者にもストライクが取れず8球連続のボールという立ち上がりだった。

3人目の打者が初球を打って1塁ゴロが犠打になり、走者二、三塁からセンター前タイムリーを浴びて失点した。真ん中高めの初球を狙われた。二塁走者が本塁でタッチアウトとなり2死。最後は空振り三振に打ち取った。

早打ちの打者に対する初球の入り方と制球に課題の残ったマウンドだった。結局、1回を1安打1失点、1三振2四球。40人枠登録へ不安の残る内容だった。

中後は、「自分が課題にしていて、一番やってはいけないことをやってしまった。ボールは悪くなかったが、先頭の四球がすべてだった。次にチャンスがあるかどうかも分からないが、次の試合があるのなら絶対に結果を残したい」とコメントしている。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 



関連記事

Posted on 2017/03/02 Thu. 20:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0226

メジャーへ!中後悠平2年目の春、OP戦初登板で好スタート  



メジャー2年目の挑戦となるダイヤモンドバックスとマイナー契約の中後悠平投手が現地25日のオープン戦に初登板、1回を無難に切り抜けた。

アリゾナ州スコッツデールで行われているダイヤモンドバックスのスプリングトレーニングに初参加している左腕は、オープン戦の初戦となったロッキーズ戦で4点ビハインドの8回、7人目として登場した。

8回の頭からマウンドに上がった中後は、8番打者相手にボールが2球先行。

1球目はインコースのフォーシーム、2球目はアウトコースのスライダーが外れた。3球目、やや内よりの89.0マイルのフォーシームでセンターライナーに打ち取った。

2人目は右バッターとの対戦。89.1マイルのフォーシームで詰まらせてショートライナー。

3人目は昨シーズンのレギュラーだった1番デビット・ダール(LF)を1球目の88.9マイルのフォーシームでファーストゴロに打ち取った。

8球の内訳はフォーシムが6球、スライダー1球、チェンジアップ1球だった。最速は90.6マイル(約146キロ)だった。

中後投手は「オープン戦でも大リーグのマウンドは初めてだったので、準備はしていたつもりだったが緊張した。最初の2球は力の入れ方がわからなかったが、3球目からリズムがつかめた。抑えられてよかった」とコメント。

気になる首脳陣の評価は、「いいスタートだった。また次のチャンスもあるだろう」とトリー・ロブーロ監督。今後もチャンスを与える考えを示したという。

中後悠平

22日のシート打撃の登板では、ロブーロ監督の横でマイク・ヘーゼンGMも中後の登板を見守った。若手有望選手でもない招待選手の打撃練習登板に、監督、GMが揃って最初から最後まで注視するのは滅多にないことだという。

打撃練習登板でいずれも捕手を務めたメジャー在籍8年のジョシュ・トーリ選手は、メジャーでも十分に通用する投球だと褒め称えた。

「彼の真っ直ぐは浮き上がるように伸びてくる。スライダーも曲がりが鋭いし、きちんと両サイドに投げ分けることができる。チェンジアップもスライダーに負けないくらい通用する変化球だ。特に左打者に対しては内角をツーシーム、真っ直ぐ、スライダーで攻めることができる。十分にメジャーの左打者でも効果的な投球ができると思う」。

総勢70人から開幕25人枠を争う厳しいメジャーの春。毎週ロッカーが開いていく現実が待っているが、とりあえずは、好スタートを切ったといえる。



◆記事参考
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170224-00068049/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/26 Sun. 18:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0221

中後の強力なライバル加入?Dバックスがベテラン左腕とマイナー契約  



 フロリダ州とアリゾナ州で各球団がキャンプインしたメジャーリーグだが、アリゾナ・ダイヤモンドバックスは現地19日、コロラド・ロッキーズからフリーエージェントとなっていたベテラン左腕ホルヘ・デラロサ投手とマイナー契約を結んだ。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によれば、35歳の左腕はメジャー昇格を果たせば年俸225万ドル(約2億5,000万円)となり、さらにリリーフとしての成績に応じて60万ドル(約6,800万円)のインセンティブがつく契約になっている

 昨季まで9年間、ロッキーズの先発だったデラロサは、昨年、27試合(先発24試合)に登板して8勝9敗、防御率5.51、108奪三振の成績だった。

ただ、2009年と2013年にはキャリアハイの16勝を挙げるなど、メジャー13年間で通算101勝84敗、防御率4.64という成績を残している。

 ただし、『MLB.com』によると、ダイヤモンドバックスではリリーフとしての活躍が期待されているということで、メジャー昇格が期待される元ロッテで2年目の挑戦になる中後悠平投手にとっては、強力な左のライバルが加入したことになる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/21 Tue. 06:24 [edit]

CM: --
TB: --
   

0114

元ロッテの中後悠平がDバックスのキャンプに!リリーフ陣は弱くチャンスあり  




元ロッテでダイヤモンドバックス傘下3Aリノ・エーシズに所属した中後悠平投手が、メジャーキャンプに参加することが決まった。現地9日、球団公式ツイッターが発表した。

この日、Dバックスは、球団公式ツイッターで、メジャーキャンプに参加招集するマイナー契約の14選手を発表。

中後の背番号は「64」。 昨年は、ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビュー。そうした経緯から今年が初めてのメジャーキャンプになる。



 
ここでも昨年8月20日に紹介したが、中後は、そのマイナーデビュー戦が鮮烈だった。

6月22日、4番手として8回表、2アウト、ランナー2塁の場面からマウンドに立った。まず、最初の打者を空振りの三振に仕留めて8回を無失点。

9回も1安打を許したものの後続を三者連続三振に打ち取った。1回1/3を被安打1、奪三振4の上出来のデビューだった。

というのも標高の高いマイルハイの乾燥地帯に本拠地を構える3Aリノは、通常よりもボールが飛ぶ打者有利なヒッターズパーク。

Dバックスの同地区にはデンバーのマイルハイに位置するコロラド・ロッキーズなどが所属しているので、三振の獲れる投手は優遇される。

そうしたパークファクターに中後はハマった。

3A昇格後は、貴重なリリーバーとして13試合連続無失点で自信をつけた。9月には40人枠に広がるメジャーで、カブスの川﨑宗則のようにコールアップされる可能性もあった。


中後悠平


今回キャンプに呼ばれた「招待選手」と日本では紹介されているノン・ロースター・インバイティー(ロースター枠外選手)は中後を含め14人。うち投手は10人。

メジャーのブルペン登録は通常7人。左腕のリリーバーは1人から2人。この枠を先発ローテーションの投手を外した約15人の40人枠登録のリリーバーと、この招集された10人の投手で争うことになる。

Dバックスの補強ポイントは、リリーフ投手。リリーフ陣のスタッツはMLBで27位。

クローザーは、3月に40歳になるフェルナンド・ロドニーをFAで獲得したが、70試合に登板したダニエル・ハドソンがFAでパイレーツに移籍。50試合以上を投げたのはランドール・デルガド、ジェーク・バレットの2人だけ。

とくに左腕のリリーバーはスティーブ・ハサウェイが14回2/3で防御率4.91、アンドリュー・チャフィンが22回2/3で同6.75と弱く中後にも十分にチャンスはある。

まずは、40人枠のメジャー登録が目標。そして開幕メジャー25人枠のアクティブ・ロースター目指してスプリングキャンプに参加することになる。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 




続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/01/14 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1215

【MLB移籍情報】投手だけではない守備の要、捕手たちの動向は?  



 ウインターミーティングは閉会したが、今週から“ハッピーホリデイー”、いわゆるクリスマス休暇までの間、メジャーリーグでは怒涛の契約ラッシュが続く。

 今季は、新労使協定の締結がギリギリまでかかったことなどもあって契約交渉は遅れるケースが目立った。通常は、額の大きいスターター(先発投手)の補強が終わって、リリーフ陣の補強になるが、スターターの層が薄かったこともあって、チャップマン、デービス、マランソンといったクローザーたちに脚光が当たった。

 その次の段階で、捕手や内野のスキルプレイヤー(二塁手、遊撃手)の控えクラスを含めた争奪戦が始まるパターンが多いが、これも今季は外野手に人材が多かったこともあって割とそのあたりの契約が多かった。

 ここへ来て捕手に動きがあった。アストロズFAのジェイソン・カストロがツインズへ3年2450万ドルで移籍。これが一番早く、しかも大型契約で、次にウィルソン・ラモスがナショナルズから最低年俸球団のレイズへ2年1250万ドルで移籍が決まった。

ウィルソン・ラモス


 カストロと同じ29歳のラモスは、シーズン終盤のACL断裂からリハビリ中で、来季の6~7月に復帰予定。今季は打率.307、22本塁打、80打点。来季の後半にその攻撃力や経験を期待しての補強だが、早ければ、5月に指名打者としての起用が考えられる。

 さらに、オリオールズがダイヤモンドバックスからFAのウェリントン・カスティーヨと1年600万ドルで契約。カスティーヨも29歳、今季は打率.264、14本塁打、68打点。

 ダイヤモンドバックスは、正捕手カスティーヨの抜けた穴にマーリンズからジェフ・マシスを補強。契約は2年400万ドル。

 マーリンズには、正捕手で25歳のJ.T.リアルムートがいるが、守備面を強化するためにドジャースから35歳のベテラン捕手A.J.エリスを1年250万ドルで補強している。

 そのほかFA市場には、マット・ウィータース、ベテランのクリス・アイアネッタ、ニック・ハンドリーらも残っている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/12/15 Thu. 18:28 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1124

【MLB移籍情報】マリナーズとDバックスでインパクトのある複数トレードが成立   

 

マリナーズとダイヤモンドバックスの間で複数トレードが成立している。

 マリナーズは現地23日、ダイヤモンドバックスとのトレードでジーン・セグラ内野手、ミッチ・ハニガー外野手、ザック・カーティス投手を獲得し、その見返りとして右腕タイファン・ウォーカー投手、ケーテル・マルテ遊撃手を放出した。

Cx_zJbtVEAA0kMM.jpg


 24歳のウォーカーは、今シーズン終了後に右足の骨片を除去するために関節鏡手術を受けた。2月のスプリングトレーニングには間に合う見込みだが、14年3月にも右肩を故障している。投球スタイルは、キレの良い4シームが武器の右の本格派。ただ制球力に難がある。

 2015年は29試合の先発で初の2ケタ勝利(11勝8敗)をマークしたが、防御率4.56と安定感を欠いた。そして4年目の今季も25試合の登板で8勝11敗、防御率4.22、WHIP1.24、FIP4.99とフェルナンデス、岩隈につぐ3番手になりきれないシーズンを過ごした。

 また、先月12日に23歳になったばかりのマルテは、昨季メジャーデビューして57試合で打率.283、2本塁打、17打点、8盗塁の成績。

2年目の今シーズンも119試合に出場し、打率.259、1本塁打、33打点、11盗塁とまずまずの結果を残したが、守備では課題が多く、遊撃手でリーグワーストタイの21失策・守備率.956、DRS -2、UZR -10だった。

 一方、マリナーズに移籍したセグラは今季、153試合で打率.319、20本塁打、64打点、33盗塁とキャリアベストの成績。OBPも.368と高く1番打者としても期待できる。

ただ、守備では大半が二塁手で出場。コンバートされる遊撃では23試合しか出場していない。

 マリナーズは、カノー二塁手シーガー三塁手は確定しているが、一塁手と遊撃手はこの数年間の補強ポイントで、一塁手に関しては、すでに紹介した通り補強済み。問題はセンターラインである遊撃手だった。

 マリナーズが獲得したミッチ・ハニガー外野手もダイヤモンドバックスのマイナーリーグ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれているプロスペクトで、メジャーでは今季デビューで打率.229、OBP.309、OPS.713と結果を残せていないが、一定レベル以上のポテンシャルはあり、シーズンを通して25人枠に残る可能性はある。



ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

関連記事

Posted on 2016/11/24 Thu. 17:57 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1028

【球団人事】レッドソックスがエディー・ロメロをアシスタントGMに昇格  

 

 レッドソックスが球団幹部の人事としてエディー・ロメロ氏をアシスタントGMに昇格させたことをMLB公式サイトが報じている。

 ロメロ氏は、レッドソックスで11年間、主に国際スカウト部門を専門に担当してきた。その間、ヨアン・モンカダ(キューバ)、ラファエル・ディバース(ドミニカ共和国)など、チームのトッププロスペクトの獲得に成功している。

 レッドソックスは、現在空席のジェネラルマネージャー(GM)のポストには誰もつけず、ロメロ氏とブライアン・オハロラン氏の両アシスタントGMにデーブ・ドンブロウスキー編成最高責任者の補佐をさせる体制で2017年シーズンを迎える模様。

レッドソックス

 ここでも紹介したが、レッドソックスは、前GMのマイク・ヘーゼン氏がダイヤモンドバックスに引き抜かれてGMポストが空席になっていた。

 レッドソックスの筆頭オーナーであるジョン・ヘンリー氏は、昨年8月、タイガースのGMだったデーブ・ドンブロウスキー氏を野球運営部門の編成最高責任者として招聘。マイク・ヘーゼン氏は、その下でGM職に内部昇格していた。

 40歳のヘーゼン氏はスカウトやGM補佐として11年間、レッドソックスに所属。同氏がいる間にレッドソックスは、5度のプレーオフ進出と2度のワールドシリーズ制覇に貢献。
 
 Dバックスは、昨オフの大型補強が失敗に終わって今季も低迷。その責任をとってチップ・ヘール監督とデーブ・スチュワートGMをレギュラーシーズン終了後に解任している。

 その後任人事として内部育成やファーム(下部組織)の充実に実績を残したヘーゼン氏をレッドソックスからGM職より上級ポストを用意して迎え入れている。 




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/28 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1017

【球団人事】Dバックスが新GMにレッドソックスのマイク・ヘーゼン氏を招聘  




 現地16日、今季69勝93敗でナ・リーグ西地区4位に終わったアリゾナ・ダイヤモンドバックスは、新GMとしてボストン・レッドソックスでGMを務めていたマイク・ヘーゼン氏を招聘した。

ダイヤモンドバックス

 レッドソックスの筆頭オーナーであるジョン・ヘンリー氏は、昨年8月、タイガースのGMだったデーブ・ドンブロウスキー氏を野球運営部門の社長職として招聘。マイク・ヘーゼン氏は、その下でGM職に内部昇格していた。

 40歳のヘーゼン氏はスカウトやGM補佐として11年間、レッドソックスに所属。同氏がいる間にレッドソックスは、5度のプレーオフ進出と2度のワールドシリーズ制覇を達成。昨年9月にGMに昇格した。
 
 今季のレッドソックスは、10月1日に24歳になったザンダー・ボガーツ(打率.294、21本塁打、89打点)、10月7日に同じく24歳になったムーキー・ベッツ(打率.318、31本塁打、113打点)、26歳のジャッキー・ブラッドリーJr.(打率.267、26本塁打、87打点)ら、“3B”と言われている若手が台頭。若干22歳のアンドルー・ベニンテンディもシーズン後半にインパクトを残した。

 Dバックスは、昨オフの大型補強が失敗に終わって今季も低迷。その責任をとってチップ・ヘール監督とデーブ・スチュワートGMをレギュラーシーズン終了後に解任。

その後任人事として内部育成やファーム(下部組織)の充実に実績を残したヘーゼン氏をレッドソックスからGM職より上級ポストを用意して迎え入れた。 

 ヘーゼン氏をGM兼上級副社長待遇で迎えることに、マネージング・ゼネラル・パートナーのケン・ケンドリック氏は「マイクの評判は申し分なく、彼の優勝経験は抜群の信頼感を我々に与えてくれる」との声明を出して歓迎している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/10/17 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド