メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0523

アストロズの4投手が1安打完封リレーでタイガースに勝利  



3連敗中だった青木宣親所属のアストロズが、強打のタイガースをホームで1対0、4投手の継投で1安打完封勝利した。

ここまでア・リーグ(AL)西部地区で首位を独走。一時は8ゲーム差をつけていたが、2位のレンジャーズが10連勝するなど差を縮められて5.5ゲーム差になっていた。



この日は、エースで今季無傷の7勝を挙げているダラス・カイケル投手の故障者リスト入りに伴いブルペンから先発ローテの5番手に回った右腕ブラッド・ピーコックが、4回1/3を1安打、2四球、8奪三振、無失点と好投。

リリーフでは、今季12試合に登板し、2勝0敗、16回1/3、防御率1.10と数字を残していたが、2回までしか投げていなかったことを考慮して70球、5回途中の降板となった。ピーコックは、この好投で防御率0.87、WHIP1.04。

29歳のピーコックは、キャリア6年目で2014年には131回2/3を投げている。通算13勝17敗、防御率4.37。

スポット先発のような形だが、夏のトレードデッドラインで先発補強をするまで2カ月間があり、この好投で、あと数試合の先発は考えられる。

アストロズは、この後、クリス・デベンスキー、ウィル・ハリス、ケン・ジャイルズらのブルペン陣がノーヒットリレー。2人目のデベンスキーに3勝目(2敗)がついて、ハリスが8ホールド、ジャイルズが12セーブを挙げている。

もともと派手さはないもののブルペン陣は充実しており、昨年もAL6位、今季も同4位(防御率3.06)、とくに奪三振はAL1位。今日の試合でもタイガースから14三振を奪っている。

これでアストロズは、連敗が3でストップ。試合のなかったレンジャーズとの差を6ゲームに広げた。青木は出場しなかった。

なお、タイガースの先発右腕マイケル・フルマー(5勝2敗、防御率2.55)は、7回を8安打、1失点と好投。前の3試合で3連勝、毎試合7回以上投げる好投を続けている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/23 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

昨年の奪三振王タイガースのバーランダーがレンジャーズの連勝を止める  




10連勝で首位独走のアストロズを追撃しているレンジャーズの連勝が止まった。

タイガースの本拠地でのレンジャーズ戦は、レンジャーズ先発A.J.グリフィンが4回途中、9失点の乱調で、タイガースが9対3で勝ち、レンジャーズの連勝を10で止めた。

グリフィンは初回、2番アビラ、右わき腹痛から復帰の3番DHカブレラ、4番マルチネスに3連続本塁打を浴びるなど、この日、合計4本塁打を被弾して炎上した。

一方、タイガース先発のジャスティン・バーランダーは、奪三振は5で少なかったが、7回を4安打に抑えて3失点、1四球と好投した。

今季は、ここまで6四球を出す試合があるなど調子に乗れなかったバーランダーだが、昨年のリーグ奪三振王で2011年サイヤング賞のパフォーマンスを徐々に発揮し出した。これで4勝3敗、防御率4.39、WHIP1.34。

タイガース所属の中部地区は、首位ツインズから最下位ロイヤルズまで5.5ゲーム差の混戦で、タイガースも1.5ゲーム差の3位と首位を狙える位置につけているので、エースの復調は明るい材料だろう。

一方、連勝は止まったレンジャーズだが、西部地区首位のアストロズも負けており、その差は6.5ゲームのまま。

ダルビッシュの去就は!?


ダルビッシュ有の契約延長か、他チームへのトレードか、その去就が注目されるレンジャーズは、オールスターブレイクまでに首位との差を3ゲームぐらいまで縮められれば、ポストシーズンへの可能性も残る。

その間に故障中のハメルズも復帰するだろうから、8月から9月の正念場で4年連続の地区優勝の可能性もある。そうなれば、メジャーきってのエリートスターターであるダルビッシュの存在は欠かせないものになる。

ただ、このままのゲーム差で推移すると、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前に、大型トレードを決断するかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/21 Sun. 14:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

DETカブレラ通算450本塁打、LAAプホルスは歴代14位の1840打点  



デトロイト・タイガースの主砲ミゲル・カブレラがメジャー歴代38位となる450本塁打をマークした。

カブレラは右脚の付け根を痛めて10日間のDL入りしていたが、この日は3番ファーストで先発出場。3回にインディアンス先発のコリー・クルバー投手からレフトへ今季4号となるメモリアルアーチを放った。




クルーバーが投じた5球目。フロントドアの93・6マイルのフォーシームをライナーでレフトスタンドへ運んだ技ありの一発だった。クルバーは、「あれこそ、カブレラが自分たちの世代で最高の打者と呼ばれる理由だ」と脱帽していた。

カブレラは、MLB通算で2535安打、打率.320、打点1564打点、OBP.398、OPS.960。2012年のア・リーグ3冠王。




また、ロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルス(1B/DH)は、シアトル・マリナーズとの延長11回に決勝打となるMLB通算1840打点目を叩き出し、テッド・ウィリアムズを抜いてMLB歴代単独14位の打点となった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/05/04 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0315

【WBC2017】プールDはベネズエラが辛くも2次ラウンド進出  

 


1勝2敗で3チームが並び、失点率の差でベネズエラ代表とイタリア代表とのプレイオフになったWBCのプールD。

プレイオフでは、ベネズエラ代表が1-2の9回に3点を挙げ、D組2位で2次リーグ進出を決めた。

WBC2017

前日はメキシコに敗れて一時は1次リーグ敗退と伝えられたが、大会規定の失点率の解釈の違いでプレイオフに進出。辛くも2次ラウンド進出を決めた。

1点ビハインドの9回、ベネズエラは先頭で打席に入ったタイガースの主砲ミゲル・カブレラが右中間に同点ソロを放つ。4大会連続出場で4大会連続本塁打を叩き込んだ主軸の一発でチームは勢いづいた。

さらに、レンジャーズでダルビッシュ有と同僚のルーグネッド・オドーアが左翼フェンス直撃のタイムリーで勝ち越し、アルシデス・エスコバーのスクイズで一挙3点を奪って試合を決めた。

これで、サンディエゴで開催される2次ラウンドにはアメリカ、プエルトリコ、ドミニカ共和国、ベネズエラの4カ国が勝ち上がった。

なお、ベネズエラ代表のシルビーノ・ブラッチョ、ロバート・スアレス、ユスメイロ・ペティートの3投手がロースターから外れ、ヨンダニエル・メディーナ、アルセニオ・レオン、ヘクター・ロンドンの3投手がロースター入り。

ヘクター・ロンドンは、昨シーズン途中にアロルディス・チャップマンが加入してからセットアッパーに代わったが、それまでカブスのクローザーだった。


WBCベネズエラ代表メンバーは以下の通り。

◆ ベネズエラ代表メンバー

▼ 投手
ホセ・アルバラード(レイズ)
ホセ・アルバレス(エンゼルス)
オマー・ベンコモ(FA)
シルビーノ・ブラチョ(ダイヤモンドバックス)
ホセ・カスティーヨ(パドレス)
ジョーリス・チャシーン(パドレス)
ジーンマー・ゴメス(フィリーズ)
デオリス・ゲラ(エンゼルス)
フェリックス・ヘルナンデス(マリナーズ)
ウィル・レデズマ(メキシカンリーグ)※元ロッテ
マーティン・ペレス(レンジャーズ)
ヤスメイロ・ペティット(FA)
フランシスコ・ロドリゲス(タイガース)
ブルース・ロンドン(タイガース)
ロベルト・スアレス(ソフトバンク)

▼ 捕手
ロビンソン・チリーノス(レンジャーズ)
サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)負傷離脱


▼ 内野手
ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)
ミゲル・カブレラ(タイガース)
アルシデス・エスコバー(ロイヤルズ)
フレディ・ガルビス(フィリーズ)
ビクトル・マルティネス(タイガース)
エルナン・ペレス(ブリュワーズ)
マーティン・プラド(マーリンズ)
ヤンガービス・ソラーテ(パドレス)


▼ 外野手
カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)
オデュベル・ヘレラ(フィリーズ)
エンダー・インシアルテ(ブレーブス)

【予備登録投手】
レオネル・キャンポス(ブルージェイズ)
グレゴリー・インファンテ(ホワイトソックス)
アルセニオ・レオン(タイガース)
ヨンダニエル・メディーナ(ホワイトソックス)
フランクリン・モラレス(FA)
エドブレー・ラモス(フィリーズ)
エドゥアルド・ロドリゲス(レッドソックス)
ヘクター・ロンドン(カブス)

太字が新しくロースター入り



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/15 Wed. 07:25 [edit]

CM: --
TB: --
   

1229

MLB「ぜいたく税」対象球団は? ペイロールは、またもドジャースが最高額  



 メジャー30球団のロースター編成の際に足かせとなる「ぜいたく税」(Luxury Tax)。正式名称は、「Competitive Balance Tax」というらしいが、フランチャイズマーケットに格差があるメジャーで、マーケットの大きい球団が資金力で優位に立ってしまうのを防ぐ目的で導入された課徴金の事。

 NFLではサラリーキャップを導入しているがMLBにはそれがない。その代わりとして課徴金を科すようになった。戦力均衡によるリーグの活性化が狙い。

ドジャース 

 2015年はロサンゼルス・ドジャースが過去最高となる4360万ドルをぜいたく税として支払った。この額だけでも日本のプロ野球球団2チーム分ぐらいありそうだが、今季もペイロールはドジャースが最高額で、ぜいたく税でも3,180万ドル(約37億5,000万円)のドジャースを筆頭に6チームが対象となった。


【ぜいたく税を支払う球団とその額】

ロサンゼルス・ドジャース
3,180万ドル(約37億5,000万円)

ニューヨーク・ヤンキース
2,740万ドル(約32億3,000万円)

ボストン・レッドソックス
450万ドル(約5億3,000万円)

デトロイト・タイガース
400万ドル(約4億7,000万円)

サンフランシスコ・ジャイアンツ
340万ドル(約4億円)

シカゴ・カブス
296万ドル(約3億5,000万円)



 ドジャースは4年連続の課税対象となり、4年間で通算1億1,300万ドル(約133億円)を支払っている。ヤンキースはぜいたく税が導入されてから14年連続の上限オーバーで、通算3億2,500万ドル(約382億円)を徴収されている。

 費用対効果の面でもドラフト重視、内部育成がトレンドになってきたメジャー各球団。

 これを見るとワイルドカードすら出場できなかったデトロイト・タイガースあたりは酷いもので、2016年22番目だったクリーブランド・インディアンスはワールドシリーズまで上り詰めた事を考えると抜群の費用対効果だったといえる。

 ヤンキースはぜいたく税が導入されてから14年連続の上限オーバーで、通算3億2,500万ドル(約382億円)を徴収されている。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2016/12/29 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1116

コリー・シーガー三塁手が満場一致で新人王!ALはM.フルマー投手  




 現地14日、全米野球記者協会(BBWAA)30人の投票によって決まる両リーグの新人王が発表された。

 ナ・リーグでは、ロサンゼルス・ドジャースのコリー・シーガー遊撃手が満場一致で受賞。言わずと知れたシーガー兄弟の三男坊。今季、打率.308、26本塁打、72打点をマーク。

 ドジャースから新人王に選ばれたのは、1996年のトッド・ホランズワース以来17人目。マーク・ピアザ、ラウル・モンデシーに次ぐ史上3人目となる満場一致での新人王獲得だった。

 前田健太投手は最終候補にノミネートされたが選ばれなかった。




 ア・リーグでは、デトロイト・タイガースのマイケル・フルマー投手が選出された。



 フルマーは今季11勝7敗、防御率3.06。ルーキーとしてはシーズン後半に話題を集めたニューヨーク・ヤンキースのゲーリー・サンチェス捕手との争いになると見られていたが、1年を通してのコンスタントな活躍が評価され30票ある1位票のうち26票を集めて、堂々の新人王に輝いた。

 ちにみにフルマーは2006年のジャスティン・バーランダー以来となるチーム史上5人目の新人王を獲得だった。

9月24日にも紹介したが、23歳の右腕は、2011年のMLBドラフト1巡目追補(全体44位)でニューヨーク・メッツから指名されプロ入り。 昨年7月31日にヨエニス・セスペデスとのトレードで、ルイス・セッサと共にデトロイト・タイガースへ移籍した。

 プロスペクトランキングでも常に上位で、メジャーデビューとなった4月29日のミネソタ・ツインズ戦では、5回2失点で初登板初勝利を飾った。



 デビューから8試合目の登板となった6月6日に防御率を2点台に乗せ、その後、3点台になった時もあったが、25試合目の先発で今季の投球回数が155回2/3となって規定投球回数に到達。田中将大を抜いてリーグトップに躍り出て話題になった。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/11/16 Wed. 07:23 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0924

【タイトル】タイガースの新人M.フルマーが田中を抜いて防御率トップに  




 ア・リーグの投手部門のタイトル争いで、防御率トップだったニューヨーク・ヤンキースの田中将大に思わぬ伏兵が現れた。

 デトロイト・タイガースのルーキーで「隠れ1位」だったマイケル・フルマー(23)が現地23日、ロイヤルズ戦に先発し、7回1失点で11勝目をあげるとともに規定投球イニングに達して、防御率2.95で、同3.07の田中を抜いてトップに躍り出た。


【AL防御率】
  1. マイケル・フルマー(DET)2.95
  2. 田中将大(NYY)3.07
  3. リック・ポーセロ(BOS)3.08
  4. コーリー・クルーバー(CLE)3.11
  5. アーロン・サンチェス(TOR)3.12

 23歳のルーキー右腕は、2011年のMLBドラフト1巡目追補(全体44位)でニューヨーク・メッツから指名されプロ入り。

昨年7月31日にヨエニス・セスペデスとのトレードで、ルイス・セッサと共にデトロイト・タイガースへ移籍した。

 プロスペクトランキングでも常に上位で、メジャーデビューとなった4月29日のミネソタ・ツインズ戦では、5回2失点で初登板初勝利を飾った。

 デビューから8試合目の登板となった6月6日に防御率を2点台に乗せ、その後、3点台になった時もあったが、この日、25試合目の先発で今季の投球回数が155回2/3となって規定投球回数に到達。リーグトップに躍り出た。


 前日まで防御率3.07でトップに立っていたヤンキースの田中は、右腕の筋肉の張りのため予定されていた次の登板を回避している。

日本人投手として初めてとなる防御率のタイトル獲得なるのか、おそらく残り1試合の登板になるエリート・スターター達の防御率争いにも注目したい。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/09/24 Sat. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0923

Rソックスが驚異の8連勝でM5 上原が8試合連続無失点  



 レッドソックスがヒートアップしたシーズン終盤の勝負どころで2カード続けて4連戦スイープ。驚異の8連勝で、地区優勝をほぼ手中にした。

 上原浩治は、この日も敵地カムデンヤードのマウンドに2番手で登板し、1回を無安打無失点、1死球の快投で今季15ホールド目を挙げた。DLから復帰後は、8試合連続無失点で存在感をアピールしている。

 レッドソックスは打線が相手先発のティルマンを2回で引きずり降ろすと好調のラミレスが先制タイムリーと7回にダメ押しの29号ソロ。昨夜も活躍の9番ベニンテンディが5回に決勝タイムリー。

 投げては先発左腕プライスが同点3ランを浴びたものの7回を6安打、3失点の粘投で17勝目(8敗)。上原のあとの9回をキンブレルが締めて5対3で勝った。投打がかみ合った勝利だった。

 地区首位のレッドソックスは、優勝へのマジックを「5」とした。2位のブルージェイズ次第だが、早ければ25日のレイズ戦の第3戦。そのあとの27日からのヤンキーズ戦3連戦で地区優勝が決まる。

 オリオールズはこの4連敗で4連勝のタイガースと代わってワイルド―カード圏外へ後退した。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2016/09/23 Fri. 18:52 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0919

【DL情報】故障者相次ぐインディアンス、先発カラスコの右手にも直撃弾  

 

 インディアンスの先発右腕カラスコが右手を骨折し、今季中の登板が絶望になったと球団公式サイトが17日に報じている。

カラスコはこの日、タイガース戦に先発。1回に先頭打者キンズラーへの2球目、95マイルの4シームを打ち返した打球が右手を直撃。小指近くの第5中手骨の骨折と診断された。

カラスコは今季、11勝8敗、防御率3.32で、ア・リーグ中部地区首位で2007年以来の優勝を狙うチームを支えてきた。

 インディアンスは、先日も先発投手のサラザールが前腕屈筋の軽い張りで登板を回避しており、ポストシーズンでの復帰が微妙な状況。

 さらに、肩の故障で6週間離脱していたヤン・ゴームズ捕手も復帰直前の16日、マイナーで調整していた際に右手首を骨折。カラスコ同様、今季中の復帰は絶望的と見られる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/09/19 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0802

【MLB移籍情報】2016夏の移籍選手リスト《AL中地区》  




MLB2016夏の移籍動向。
トレード期限前の(最終日以外も含めた)おもなトレード状況。


【アメリカン・リーグ中地区】

★クリーブランド・インディアンス

【IN】
アンドリュー・ミラー(RP)
ブランドン・ガイヤー(OF)

【OUT】
クリント・フレイザー(OF)
ユストゥス・シェフィールド(P)
ベン・ヘラー(P)
J.P.フェイリーズン(P)
ネイサン・ルークス(OF)
ジョンライダー・サリナス(P)


★ミネソタ・ツインズ

【IN】
ヘクター・サンティアゴ(SP)
アラン・ブセニッツ(P)
パット・ライト(RP)
アダルベルト・メヒア(SP)
PTBNL/cash (from TB)

【OUT】
リッキー・ノラスコ(SP)
アレックス・マイヤー(P)
フェルナンド・エイバッド(RP)
オズワルド・アルシア(OF)
エドゥアルド・ヌニェス(IF)


★カンザスシティ・ロイヤルズ

【IN】
ビリー・バーンズ(OF)

【OUT】
ブルット・エイブナー(OF)


★デトロイト・タイガース

無し


★シカゴ・ホワイトソックス

【IN】
ジェームズ・シールズ(SP)
チャーリー・ティルソン(OF)

【OUT】
ザック・デューク(RP)
エリック・ジョンソン(SP)
フェルナンド・タティス(IF)

※ PTBNLとは後日指名。


AL中地区は、ホワイトソックスが開幕から好スタートを切ったが、6月以降“トライブ(部族)”の愛称で人気のインディアンスが球団新記録の14連勝を記録。2007年以来の地区制覇に向けて首位に立つ展開。それを球宴後に6連勝で追撃するタイガースが1.5差に詰め寄っている。

インディアンスは捕手ルクロイとの契約が破断になっている。ツインズは勝率.390で「売り手」に回った。注目されたWソックスのエースC.セールの移籍は、この時点ではなし。(現地8月1日時点)



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/08/02 Tue. 23:36 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド