メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0422

華麗なる奪三振ショー、C.セール、S.ストラスバーグ、N.シンダガード  



20日(日本時間21日)のMLBは好投手たちが共演。華麗なる奪三振ショーに注目したい。

今季、白から赤いソックスに移籍した左腕クリス・セールが、ブルージェイズ相手に13奪三振ショーを披露している。

この試合、セールは8回を投げきって4安打、1四球、無失点。相手先発のエストラーダも6回3安打、無失点で好投。2試合連続のクオリティスタートで投手戦が展開された。

9回にレッドソックスが1対0と勝ち越してセールは勝利投手の権利を得たが、守護神クレイグ・キンブレル投手がその裏に追いつかれて今季2勝目はならなかった。試合は延長でレッドソックスが4対1で勝利した。



セールはこれで両リーグトップの42奪三振、それ以上に凄いのは、4試合連続で7回以上を2自責点以内に抑えるハイクオリティスタートを演じている。

やや肘を下げた変則左腕で、あの高さの軌道から威力あるボールが来たら捉えにくいのは、見ていてもわかる。キャリア7年で、10勝以上を5年連続マークしているメジャー屈指の左腕になって来た。


ストラスバーグは2勝目

セールと同じ28歳。ナショナルズの剛腕スティーブン・ストラスバーグは、ブレーブス相手に7回2失点、10奪三振で2勝目を飾った。この試合も相手投手の大ベテランR.A.ディッキーが7回を3安打、3失点と好投し、投手戦になった。

ナッツは、首位をキープしているが、開幕前に指名した新クローザーのブレイク・トレイネンが開幕から6回1/3で防御率7.11。4度のセーブ機会で3回失敗するなど経験不足が露呈。ショーン・ケリーなどがクローザーとして起用されている。

ストラスバーグ9連勝2


それでもナッツは首位をキープしているが、安心できないのは、ストラスバーグなどの先発陣が踏ん張っている間は良いが、彼らが疲れてくる後半戦が心配。

オフにケンリー・ジャンセンとマーク・メランソン、トレードではデビッド・ロバートソンら、大物クローザーの補強に失敗したツケが早くも出てきた。

ナッツを追いかけるメッツの「マイティ・ソー」ことノア・シンダガード投手も10奪三振。ただ、5失点(自責点3)で敗戦投手になった。それでも今季は、ここまで4試合で防御率1.73は凄い。

この日は、オリオールズの左腕ウェイド・マイリーも8回2安打、1失点で11奪三振と快投を演じている。昨年はマリナーズとオリオールズの2チームで期待を裏切ったが、今季は、ここまで防御率1.89と好調。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/22 Sat. 07:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0405

MLB2017 俺たちのエースはこいつだ!名誉ある開幕投手たち  




■4月2日(日本時間3日)

ヤンキースatレイズ
(ヤンキース)田中将大
(レイズ)クリス・アーチャー

ジャイアンツatダイヤモンドバックス
(ジャイアンツ)マジソン・バムガーナー
(ダイヤモンドバックス)ザック・グリンキー

カブスatカージナルス
(カブス)ジョン・レスター
(カージナルス)カルロス・マルティネス


■4月3日

マーリンズatナショナルズ
(マーリンズ)エジソン・ボルケス
(ナショナルズ)スティーブン・ストラスバーグ

ブレーブスatメッツ
(ブレーブス)フリオ・テヘラン
(メッツ)ノア・シンダーガード

レッドソックスatパイレーツ
(レッドソックス)リック・ポーセロ
(パイレーツ)ゲリット・コール

ロッキーズatブルワーズ
(ロッキーズ) ジョン・グレイ
(ブルワーズ)ジュニオール・ゲラ

オリオールズatブルージェイズ
(オリオールズ) マルコ・エストラーダ
(ブルージェイズ) ケビン・ゴーズマン

タイガースatホワイトソックス
(タイガース) ダニー・ダフィー
(ホワイトソックス) エルビン・サンタナ

フィリーズatレッズ
(フィリーズ)ジェレミー・ヘリクソン
(レッズ)スコット・フェルドマン

パドレスatドジャース
(パドレス) ジョーリス・チャシーン
(ドジャース) クレイトン・カーショー

インディアンスatレンジャーズ
(インディアンス) コーリー・クルーバー
(レンジャーズ)ダルビッシュ有

マリナーズatアストロズ
(マリナーズ)フェリック・ヘルナンデス
(アストロズ)ダラス・カイケル

エンゼルスatアスレチックス
(エンゼルス)リッキー・ノラスコ
(アスレチックス)ケンドール・グレイブマン


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/05 Wed. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0402

【3分でわかるMLB】ナッツ先発陣はヘルシーなら今季もリーグ屈指  



2012年以降の5年間で3度の地区優勝を支えているのは、何といっても強力投手陣、中でも先発ローテーションは、このチームを語る上で外せないパワーポイントと言える。

MLB.comでは、メッツの若手先発陣がMLBトップの評価だったが、ネームバリューでいえば、ナショナルズも見劣りしない顔ぶれ。

  1. スティーブン・ストラスバーグ
  2. タナー・ロアーク
  3. ジオ・ゴンザレス
  4. マックス・シャーザー
  5. ジョー・ロス

この5人が予想される先発ローテーション。軸になる28歳スティーブン・ストラスバーグは、15年オフに背中の良性腫瘍の摘出手術を受けて心配されたが、開幕から13連勝という破竹の快投を見せた。

しかし、6月と8月に2度の故障者リスト入り。結局、24試合で15勝4敗、防御率3.60(自己ワースト)。明と暗がくっきりしたシーズンだった。10年にトミージョン手術を受けているので、常に肘に爆弾を抱えているとも考えられる。

もう一人の剛腕投手マックス・シャーザーも手の故障でスプリングトレーニングでは新しいファーストボールの握り方をせざるを得なくなったらしい。

そう言えばWBC出場辞退も残念だった。


hhgnwkfm5vafqkh6ble4lh8h2.png


マーク・メランソンが抜けて、補強ポイントだったクローザーは、デビッド・ロバートソン、ウェイド・デービスらのトレードを画策、FAではアロルディス・チャップマンらの獲得に動いたが成果が出ず、内部昇格でブレイク・トレイネン を指名している。

その結果、ブルペンは、セットアップがショーン・ケリーとジョー・ブラントン(新加入)という編成になる見込み。

新クローザーのトレイネンは、先日も紹介したが、ハードシンカーが持ち球。

正捕手のウィルソン・ラモス(打率.307/22本塁打/80打点)をリリースしてマット・ウィータース捕手をFAで獲得したが、ダスティ・ベイカー監督は、ウィータースがオリオールズ時代にシンカーボーラーのザック・ブリットン、ジム・ジョンソンとコンビを組んでいた経験も考慮してクローザーに経験のないトレイネンを指名したらしい。

ファームにはプロスペクトのオースティン・ボス、A.J.コール、エリック・フェディらが育ち、シーズン中の昇格でインパクトを期待できる投手がいる。

投手陣だけを見てきたが、今季も強力投手陣がナッツのライフラインであることは間違いない。


★ナッツ投手陣2016年スタッツ
防御率 3.51(2位)
先発防御率 3.60(2位)
ブルペン防御率 3.37(2位)
セーブ数 46(5位)
セーブ成功率 76.67%(2位)




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/04/02 Sun. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0908

【DL情報】ストラスバーグがDLから復帰登板で3回に緊急降板  



今季3度目のDL入り、シーズンエンドか!?

 8月後半に右ひじ痛のため故障者リスト(DL)入りしていたワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグが現地7日、本拠地での復帰登板の3回途中、42球を投げたところでマウンドを降りた。

右腕の詳しい状況は分からないが、ナショナルズは15日間のDLに彼を登録している。

今季3度目のDL。この時期から考えてポスト―ズン進出が有力なチームの戦力にならない可能性がある。



 最初のDLは、背中の張りによる15日間で、この措置は6月16日に遡って適用された。2度目は、右ひじ痛で8月21日から15日間。

 今季は、開幕から無傷の13連勝を飾るなど、この試合まで23試合の先発登板で145.1回、15勝4敗、防御率3.59、WHIP1.11、奪三振179をマークしている。

 2010年にトミージョン手術を受け、昨年は、5月30日に首の張りで15日間のDL入り。オフには背中の腫瘍(良性)を摘出する手術を受けている。

 ナショナルズのダスティ・ベイカー監督は以前に「彼には9月、そして10月を万全な状態で臨んでほしいと思っている」と語っていたが、10月のストラスバーグは見られないかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/09/08 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0903

【DL情報】ナッツのストラスバーグが復帰間近、メッツはデグロームが登板回避  



 現地2日、右ひじ痛で故障者リスト(DL)入りしているワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手が、ブルペンセッションを始めた。

 MLB.comが伝えたところによれば、右腕は、2日以内に再びブルペンに入る予定。順調ならば、来週にも戦列復帰できる可能性が出てきたという。

ストラスバーグは先月下旬に右ひじの痛みを訴え、15日間のDLに登録された。今季はここまで23試合の先発で、15勝4敗、防御率3.59。

ストラスバーグのナショナルズは79勝55敗で、ナ・リーグ東部地区首位を独走している。

 その首位を追いかける2位のニューヨーク・メッツは、先発右腕ジェイコブ・デグロムが、右前腕の痛みで次の先発予定を回避する見込みであることが分かった。

 デグロムはこの日、MRI検査を受けたが、深刻なダメージは見当たらなかったという。今後は薬物治療を受けることになる。

 キャリア3年目の28歳で、今季は24試合の先発、148回、7勝8敗、防御率3.04、WHIP1.20、143奪三振。昨年と比べて、やや見劣りのするスタッツになっいる。

 先月18日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で5回8失点を喫するなど、ここ3試合は打ち込まれていた。DL登録するかは発表されていない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/09/03 Sat. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0824

【DL情報】ナッツのストラスバーグが今季2度目のDL入り  



ワシントン・ナショナルズは現地22日、先発右腕スティーブン・ストラスバーグ投手を右ひじ痛により15日間の故障者リスト(DL)に登録した。この措置は21日に遡って適用される。

28歳のストラスバーグは6月にも背中の張りで15日間のDL入り。これで2度目になる。

今季は、開幕から無傷の13連勝を飾るなど、ここまで23試合の先発登板で15勝4敗、防御率3.59、WHIP1.11、奪三振179(MLB6位)をマークしている。

しかし、17日のコロラド・ロッキーズ戦では2回途中9失点と乱れるなど、直近の3試合では0勝3敗、防御率14.66と調子を落としている。

ストラスバーグ

2010年にトミージョン手術。15年5月30日に首の張りで15日間のDL入り。オフには背中の腫瘍(良性)を摘出する手術を受けている。

ナショナルズのダスティ・ベイカー監督は「我々はまだ何も勝ち得ていないし、大局を見ていることを彼に話した」とコメント。

「彼には9月、そして10月を万全な状態で臨んでほしいと思っている」と語った。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/24 Wed. 09:47 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0803

ナッツのストラスバーグがハーラートップの15勝目  



ナショナルズのストラスバーグが敵地のダイヤモンドバックス戦に今季20試合目の先発登板。6回を1失点のクオリティスタートで勝利を飾りMLBトップの15勝目をあげた。

1回にいきなり味方打線から4点の援護をもらったストラスバーグは、二塁打と送りバントで1死三塁から内野ゴロで1点を失ったが、このあとは6回まで散発の2安打に抑えた。

7回以降は、パペルボンが7回、ペティットが8回、9回は先日トレードで移籍のメランソンが投げてダイヤモンドバックス打線を散発5安打無失点に封じ込んだ。



チームは19安打の猛攻で14点を奪い、14対1で大勝した。

ストラスバーグは6回を99球(ストライク66球)、3安打、3四球、6奪三振の失点1。ハーラーダービーで両リーグ単独トップの15勝目(1敗)をあげた。これで防御率2.63(MLB6位)、奪三振161(同4位タイ)、WHIP0.98(同4位)。

ストラスバーグに続く2位にはブルージェイズのハップやホワイトソックスのセール、レッドソックスのポーセロ、オリオールズのティルマンの4人が14勝で並んでいる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/08/03 Wed. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0706

MLBオールスター2016出場メンバー発表 好調カブスから7人  



メジャーリーグ機構は5日、12日にサンディエゴのペトコパークで開催されるMLBオールスターゲームのメンバーを発表した。

日本選手はファン投票、選手間投票、監督推薦のいずれでも選ばれず、インターネット投票による「最後の一人」候補にも入っていないため、2年連続で不在となる。

ア・リーグはファン投票で選ばれたマイク・トラウト外野手(エンゼルス)、サルバドール・ペレス捕手(ロイヤルズ)らが先発メンバーに名を連ねた。

ミゲル・カブレラ内野手(タイガース)は最多11度目の選出。投手は両リーグトップの14勝を挙げているクリス・セール(ホワイトソックス)らの顔ぶれとなった。

レッドソックから最多の4選手(オルティス、ボガーツ、ブラッドリー、ベッツの各選手)が選ばれている。

Cmo-G_6WAAAgbSG.jpg 

ナ・リーグは、カブスから両リーグトップの7人が選ばれた。カブスの5選手がファン投票で選出されたのはメジャー史上最多タイで、1976年のレッズ以来。 内野陣はカブスが独占、これは1963年のカージナルス以来になった。

投手陣はともに12勝のジェーク・アリエッタ(カブス)、ジョニー・クエト(ジャイアンツ)らが選ばれた。

Cmo-IZGXgAE9dYZ.jpg 



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/07/06 Wed. 12:44 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0628

ナショナルズのプロスペクト右腕ジオリートがメジャーデビューへ  



ドジャースの左腕フリオ・ユリアスにつづいてトッププロスペクトの一人、ナショナルズの右腕ルーカス・ジオリート(21)が本拠地で行われるニューヨーク・メッツ戦でメジャーデビューする。

ナショナルズは、26日に剛腕スティーブン・ストラスバーグ投手が背中の張りで故障者リスト(DL)入りした為、先発ローテに“空き”ができた。

ジオリート


ダスティ・ベイカー監督はアクティブロースターに誰をコールアップするか公表してなかったが、ここでルーキー右腕を試す模様だ。指揮官は「彼は役目を果たす準備が整っている」と、昇格させることを示唆している。

ジオリートは、メジャーリーグ公式サイトなど複数の団体で常にトップランキングしているプロスペクトの一人。フューチャーズゲームでは先発の大役を任された逸材だ。



2012年ドラフトでナショナルズから1巡目(全体16位)で指名されると、その3カ月後にトミー・ジョン手術を受けた。今季はチーム傘下のAAハリスバーグで14試合に先発登板し、5勝3敗、防御率3.17をマークしている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/06/28 Tue. 12:12 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0627

【DL情報】ナッツの剛腕ストラスバーグがDL入り  




ナショナルリーグ東地区で首位を走るワシントン・ナショナルズ。明日から始まるニューヨーク・メッツとの首位攻防戦を前に現地26日、豪腕右腕スティーブン・ストラスバーグ投手(27)を、背中の張りにより15日間の故障者リスト(DL)に登録した。この措置は16日に遡って適用される。



前日の試合前に投球練習を行った際、背中に痛みを覚えたとのことで、この日先発予定だったミルウォーキー・ブルワーズ戦を回避した。

ストラスバーグ


今季ここまで14試合に先発し、10勝0敗とキャリア最高のスタートを切っているが、6月15日のシカゴ・カブス戦以来、登板していない。ERA2.90、WHIP1.06、118奪三振(NL5位)。

2010年にトミージョン手術。15年5月30日に首の張りで15日間のDL入り。オフには背中の腫瘍(良性)を摘出する手術を受けている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/06/27 Mon. 14:57 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド