メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0426

ジーター、ブッシュらのグループがマイアミ・マーリンズ買収のオークション制す  



元ヤンキースのデレク・ジーターとジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らのグループが、マイアミ・マーリンズ買収のオークションを制したことを複数の米メディアが報じている。

落札額は、これまで報じられてきた16億ドルではなく13億ドル(約1,443億円)程度になる模様。

マーリンズ買収劇に関しては、今年2月にトランプ米大統領の娘婿のジャレッド・クシュナーの一族と基本合意したと伝えられたが、双方が否定していた。

その後は、ヤンキース一筋でメジャー通算3465安打の記録をもつジーター氏や、ブッシュ元米大統領の弟であり、フロリダ州知事を務めたブッシュ氏らのグループが有力候補に挙がっていた。

このほど競売が行われ同グループが落札したと25日(日本時間26日)、地元紙マイアミ・ヘラルド電子版が伝えた。




経済・金融情報サイトのブルームバーグ電子版もこの日、同グループが「オークションに勝った」と報じた。

同サイトによると、マーリンズの現オーナーのジェフリー・ロリア氏は同球団を02年に1億5,800万ドル(約175億円)で買収。経済誌「フォーブス」が算出した資産価値は9億4,000万ドル(約1,043億円)だという。

FOXビジネスが以前に伝えたところでは、少なくとも3つのグループがマイアミ・マーリンズ買収に水面下で動いていたようで、ウォールストリートのベテランで、モーガンスタンリーの証券部門のチーフを務め、現在は自身で投資顧問会社を経営しているDavid Samson氏が交渉の窓口となっていた。

ジーターがマーリンズを買収する対象球団として選んだ理由として

(1)タンパに自宅がありマイアミはそこから近いこと
(2)マーリンズはナショナルリーグで、アメリカンリーグ所属のヤンキースと直接的に競合しないこと

などが理由として挙げられていた。

なお、球団の売却にはメジャーリーグ機構(MLB)などの承認(30球団中75%以上の承認)と落札価格の半額以上の現金調達が必要なため、正式な契約は、早くても数カ月後になる。


■記事参考
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170426/k10010961521000.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000028-dal-spo
http://baseball.information0.com/major-baseball/derek-jeter-trying-to-buy-the-marlins/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/26 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0207

デレク・ジーターが新事業、ソフトバンクが約300億円を出資!?  


アスリートによる情報発信サイト



デレク・ジーターが、すでに新たな事業に乗り出しています。

ジーターは現地10月2日、
The Player’s TribuneというWebサイトを始動させました。各メディアの報道を総合すると「プレーヤーズ・トリビューン」(選手新聞)は、メディアのフィルターのかからない “アスリートの生の声を直接届ける場” として開設されたWebサイトのようですね。

サイトを開設した理由としてジーターは、現役時代には誤解を招くような報道を避けるため、「ノーコメント」や「分からない」で済ませた質問もあったが、ファンは選手の本心を知りたいはず。選手も自分の考えを正確に伝えたいと説明。


全米一の厳しさで知られるニューヨークのメディアの洗礼を受けた経験からヒントを得た、ということですが、ジーターがデビューした20年前と比べ、アスリートとファンの距離はかなり縮まったはず。TwitterやFacebookでファンと直接コミュニケーションを取っている選手は少なくなく、人気サイトにゲスト投稿する選手も増えている。

それでもサイトを開設したのは、プレーヤーズ・トリビューンはその一歩先を進み、アスリートがアスリートの情報発信用に設けたサイトということだが、選手会が強いアメリカのスポーツ界の事なので、アスリートたちの「ブランド価値」を含めて、不当なスキャンダル報道から人権を守る法的擁護を強化したサイトなのでしょうか。

1次情報をそのまま受け取れるワケだから、こんなWebサイトがあれば皆が飛びつくでしょうね。どうか、日本語サイトも立ち上げて欲しい。

サイトの編集は、「ESPN」の元編集者が携わり、レジェンダリー・エンターテインメントが運営同社は「レジェンダリー・ピクチャーズ」という映画制作会社の代表でMLBピッツバーグ・パイレーツやNFLスティーラーズのマイノリティオーナーでもあるトーマス・タル氏が資金面のスポンサーになっている。

レジェンダリー・ピクチャーズ
は映画制作で知られ、2013年にはMLB初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの苦闘を描いた映画「42」をヒットさせた。

レジェンダリー・エンターテインメントには日本のソフトバンクが2.5億ドル以上の出資を行い、近日中には正式発表が行われる見込みと伝えられています。

あの「アリババ」といい、ここでも孫さんのソフトバンクが出てきましたね。

※この記事は、昨年の10月にポストしましたが、
しかし、
ここにきてジーターが、あの頃NFLチームの買収に動いていたことが複数メディアの報道によって明かされました。↓ 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150207-00021899-baseballk-base

NFLプロフットボールファンには、有名なバッファロー・ビルズの買収騒動ですが、ひょっとしたらこれがジーターの財源になっていたのかも知れません。情報サイトの立ち上げだけで、ソフトバンクが約300億の出資というのもしっくりきません。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←MLBのくわしい情報や話題は
関連記事

Posted on 2015/02/07 Sat. 23:36 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0926

あらたな伝説 デレク・ジーターがホーム最終戦で劇的サヨナラヒット  





ピンストライプの「背番号2」が有終の美を飾る



 ヤンキース一筋、ワールドシリーズ制覇5回という輝かしい経歴を持ち、ニューヨーカーからは敬意を持って「キャプテン(The Captain)」と呼ばれているデレク・ジーター遊撃手(40)が、自身のホーム最終戦で、5-5の同点から9回サヨナラ安打を放って引退の花道を飾った。



 4万8613人の観客は酔いしれたに違いない。黒田の好投で5-2で迎えた9回、そのまま終わるかに思えたゲームが、ヤンキースのクローザー、ロバートソンが2本のホームランを打たれて同点。キャプテンに最後の打席が回ってきた。



 9回ウラ、先頭打者がヒットで出塁。1番ガードナーが送りバントでお膳立て。1アウト2塁で迎えたジーターの最終打席、その初球を伝家のライト前ヒットでサヨナラの走者を帰した。自分のバットでドラマの幕を引いた。

なお、この日のジーターは、1回にもタイムリーの2塁打(通産544本目)を放っている。

 試合後のセレモニーには、共に栄光を築いてきたポサーダ、リベラ、ぺティートらがジーターを迎え、名将ジョー・トーリー前監督がハグした。

 カーテンコールのなかでキャプテンは、「Don’t cry!」(泣かないでおこう)とインタビューに応えた。1995年から着続けてきたピンストライプのユニフォームに、20年目となる今季終了と共に別れを告げる。


野球ボール獲得タイトル・記録


新人王:1996年
ワールドシリーズMVP 1回:2000年
シルバースラッガー賞 5回:2006年 - 2009年、2012年
ゴールドグラブ賞 5回:2004年 - 2006年、2009 - 2010年
ハンク・アーロン賞 2回:2006年、2009年
ベーブ・ルース賞 1回:2000年
ロベルト・クレメンテ賞:2009年
ルー・ゲーリッグ賞 1回:2010年
オールスター選出 14回:1998年 - 2002年、2004年、2006年 - 2012年、2014年
オールスターMVP 1回:2000年
プレイヤーズ・チョイス・アワードアメリカンリーグ最優秀新人:1996年
シーズン安打試合数135:1999年 

※オールスターゲームとワールドシリーズ両方のMVPを同じ年に受賞した選手は、MLB史上ジーターのみ(2013年シーズン終了時点)。





↑お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2014/09/26 Fri. 12:21 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0926

ジーターのホーム最終戦 26日はカーテンコールに包まれるラストゲーム  


全米が注目、キャプテンのホームラストステージ


ポストシーズン進出もなくなったヤンキースは、残り4試合で2014シーズンを終える。26日(日本時間、以下同じ)は、黒田が先発。28日のフェンウェイパークでのレッドソックス戦には田中将大が先発する予定。


今季で引退を表明しているヤンキースのデレク・ジーターにとっても26日が、本拠地最終戦となる。

ヤンキースの黄金時代を作り上げた“コア4”の最後の一人、デレク・ジーター内野手のヤンキースタジアムでの最後の勇姿になる。


地元紙ニューヨーク・ポストが伝えるところによると、そのチケットも「プラチナ化」しているという。通常、ヤンキースタジアムで最も一番安いチケットはブリーチャー(外野席)の18ドル(約1900円)。すでに最終戦の前売り券は完売。ファンはMLB公式の再販会社などを通じて購入しなければいけない。


現地時間23日の段階でチケットの検索サイトによれば、その一番安い外野席でも362ドル(約3万9000円)。20倍以上になっているらしい。

さらに凄いのは「レジェンドスイート」と呼ばれるヤンキースのダグアウト上の席は9700ドル(約105万円)という情報もあり、全米注目のシーンをナマで見届けたいファンたちの間で文字通りプラチナ化している。

日本も国営放送がBSでLIVE中継。最後のセレモニーに招待されているのか、放送のゲストに松井秀樹氏も出演する。キャプテン最後のステージは、鳴り止まないカーテンコールに包まれるに違いない。




 


関連記事

Posted on 2014/09/26 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0909

ヤンキース D.ジーターが引退式典で心のこもったスピーチ  


「全ての人に感謝!」 デレク・ジーター引退式で


今季限りで引退するヤンキースのデレク・ジーター遊撃手は現地7日、自身の引退セレモニーで心のこもったスピーチを行った。


約45分間行われた引退セレモニーでは、祖母、両親などのファミリーやカル・リプケン、同僚だったバーニー・ウィリアムス、ホルヘ・ポサーダ、マリアノ・リベラ、日本から松井秀樹氏やバスケットのマイケル・ジョーダン氏など豪華なゲストが集結。スタンディングオーベーションから3分間拍手が鳴り止まなかった。


関連記事

Posted on 2014/09/09 Tue. 13:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0716

ジーター2塁打!ダル3人目で登板!! オールスター2014  



第85回MLBオールスターゲーム2014


もうご存知のように今年の第85回メジャーリーグ・オールスターゲームはツインズのホーム、ミネソタ州ミネアポリスのターゲットフィールドで行われます。1試合のみ。勝ったリーグがワールドシリーズ開幕戦の開催権を獲得します。

先発は、
 ア・リーグがヘルナンデス(マリナーズ)
ベネズエラ出身の投手が先発するのは初めて。
マリナーズの投手としては、ランディー・ジョンソン以来です。ナ・リーグは、ウェインライト(カーディナルズ)が先発しました。

ダルビッシュが3人目で登板。3年連続出場ですが、これが初登板。
1回を3者凡退に打ち取りました。


【2番】(RF)プイーグ(ドジャース)…初球は148キロの低め直球(ボール)。フルカウントから抜けた変化球を見逃し三振。7球
【3番】(SS)トロウィツキー(ロッキーズ)…フルカウントからスライダーでレフトライナー。6球
【4番】(1B)ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)…初球の速球でセカンドライナーに打ち取り、ピシャリと3者凡退。1球

ジーターは、1番でいきなりライト線へツーベースヒット。3回の第2打席もライト前へ落ちるヒット。2安打でした。交代で退く時には、観客から大歓声のスタンディングオベーションがありました。

※先発選手はファン投票によって選出
http://www.tsp21.com/jpgif/pred.gif) rgb(224, 0, 0);">アメリカンリーグ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 255);">
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 0);"> http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 0);">選手http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 0);">チーム
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">先発
Cマット・ウィーターズ(欠場)オリオールズ
1Bミギュエル・カブレラタイガース
2Bロビンソン・カノーマリナーズ
SSデレク・ジーターヤンキース
3Bジョシュ・ドナルドソンアスレチックス
OFホセ・バティスタブルージェイズ
OFマイク・トラウトエンゼルス
OFアダム・ジョーンズオリオールズ
DHネルソン・クルースオリオールズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">投手
RHPデリン・ベナンセスヤンキース
LHPマーク・バーリーブルージェイズ
RHPダルビッシュ有レンジャーズ
LHPショーン・ドゥーリトルアスレチックス
RHPフェリックス・ヘルナンデスマリナーズ
RHPグレッグ・ホランドロイヤルズ
LHPスコット・カズミールアスレチックス
LHPジョン・レスターレッドソックス
LHPグレン・パーキンズツインズ
LHPデヴィド・プライス(欠場※)レイズ
RHPマックス・シャーザータイガース
RHP田中将大(欠場)ヤンキース
RHP上原浩治(追加)レッドソックス
RHPフェルナンド・ロドニー(追加)マリナーズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">控え
Cサルバドール・ペレスロイヤルズ
Cデレク・ノーリスアスレチックス
Cカート・スズキ(追加)ツインズ
1Bホセ・アブレーユホワイトソックス
1Bブランドン・モスアスレチックス
2Bホセ・アルチューベアストロズ
2Bイアン・キンスラー(追加)タイガース
3Bエイドリアン・ベルトレレンジャーズ
3Bカイル・シーガー(追加)マリナーズ
SSアレクセイ・ラミレスホワイトソックス
SSエリック・アイバー(追加)エンゼルス
OFマイケル・ブラントリーインディアンズ
OFヨエニス・セスペデスアスレチックス
OFアレックス・ゴードン(欠場)ロイヤルズ
DHエドウィン・エンカルナシオン(欠場)ブルージェイズ
DHヴィクター・マルチネス(欠場)タイガース
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">34人目選出
LHPクリス・セイルホワイトソックス
※ 登板間隔の日数が少ないため、出場選手から除外。


 
http://www.tsp21.com/jpgif/pblue.gif) rgb(0, 64, 240);">ナショナルリーグ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 255);">
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 0);"> http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 0);">選手http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif) rgb(255, 255, 0);">チーム
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">先発
Cヤディア・モリーナ(欠場)カーディナルズ
1Bポール・ゴールドシュミットDバックス
2Bチェイス・アトリーフィリーズ
SSトロイ・トロウィツキーロッキーズ
3Bアラミス・ラミレスブルワーズ
OFアンドリュー・マカッチェンパイレーツ
OFカーロス・ゴメスブルワーズ
OFヤシエル・プイーグドジャーズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">投手
LHPマディソン・バムガーナー(欠場※)ジャイアンツ
LHPアロルディス・チャップマンレッズ
RHPジョニー・クエト(欠場※)レッズ
RHPザック・グレインキードジャーズ
LHPクレイトン・カーショードジャーズ
RHPクレイグ・キンブレルブレーブス
RHPパット・ネシェックカーディナルズ
RHPフランシスコ・ロドリゲスブルワーズ
RHPタイソン・ロス(欠場※)パドレス
RHPジェフ・サマージヤ(欠場)カブス/アスレチックス
RHPフリオ・テヘラン(欠場※)ブレーブス
RHPアダム・ウェインライトカーディナルズ
LHPトニー・ワトソンパイレーツ
RHPジョーダン・ジマーマン(欠場)ナショナルズ
RHPヘンダーソン・アルヴァレス(追加)マーリンズ
RHPアルフレド・サイモン(追加)レッズ
RHPティム・ハドソン(追加)ジャイアンツ
RHPタイラー・クリッパード(追加)ナショナルズ
RHPヒューストン・ストリート(追加)パドレス
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">控え
Cジョナサン・ルクロイブルワーズ
Cデヴィン・メソラコレッズ
Cミギュエル・モンテロ(追加)ダイヤモンドバックス
1Bフレディー・フリーマンブレーブス
2Bディー・ゴードンドジャーズ
2Bダニエル・マーフィーメッツ
SSスターリン・カストロカブス
3Bマット・カーペンターカーディナルズ
3Bトッド・フレイザーレッズ
OFチャーリー・ブラックモンロッキーズ
OFジョシュ・ハリソンパイレーツ
OFハンター・ペンスジャイアンツ
OFジャンカルロ・スタントンマーリンズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pgreen.gif) rgb(0, 160, 0);">34人目選出
1Bアンソニー・リッツォカブス
※ 登板間隔の日数が少ないため、出場選手から除外。


引用元:TSP SPORTS


関連記事

Posted on 2014/07/16 Wed. 10:36 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0214

ヤンキースのジーターが今季限りで引退を表明!  

Derek Jeter / tedkerwin

ニューヨーク・ヤンキースのキャプテンで、5度のワールドシリーズ制覇に貢献したデレク・ジーター遊撃手が12日、今シーズン限りで現役を引退すると表明した。


 39歳のジーターは、自身のフェイスブックに「心では分かっていた。2014年シーズンがプロとして野球をする最後の年になると。これまで自分は野球をすることに全力を注いできたから、まったく悔いはない」と、いまの心境を綴った。


 1995年のデビュー以来ヤンキース一筋で、ジーターも含めて “コア4” と呼ばれた盟友マリアノ・リベラ、アンディ・ペティットも昨年引退し、チームの黄金期を支えた最後の1人となっていたが、昨季は2012年のポストシーズンに負った左足首骨折の影響で、17試合の出場にとどまるなど不本意な結果に終わっていた。


ジーターは、「去年は自分にとって試練だった。相次ぐけがに悩まされ、いつも簡単に楽しくやっていたことに苦戦し始めた」とコメント。「自分にいつも言い聞かせてきたことがある。それは、野球がただの仕事だと感じるようになったら、別の道を歩む時期だということ」と現役を退く決断に至った理由を述べた。


 現役時代ともにプレーし、現在チームを指揮するジョー・ジラルディ氏は、「ジーターは長年に渡ってチームの顔としてプレーしてきた。彼はチームのことをつねに考え、勝つことだけに集中していた。ともにプレーしたことや、監督として彼を指揮できたことは本当にうれしかった」と語っている。


 まだ、ラストシーズンがあるので、こんな記事は拙速かもしれないが、ジーターには、ヤンキース史上最高の遊撃手という評価がある。ヤンキースは、18人(8番と42番が2人いるので16種)の背番号が永久欠番となっており、ジーターの背番号「2」はヤンキースの19人目の永久欠番になるだろう。実績から見てもMLBの殿堂入りは間違いない選手だ。



デレク・ジーター獲得タイトル・記録 wikipedia


※オールスターゲームとワールドシリーズ両方のMVPを同じ年に受賞した選手は、MLB史上ジーターのみである(2013年シーズン終了時点)。




 

お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

Posted on 2014/02/14 Fri. 11:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド