メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0131

【NFL SB】“ビースト” RBマーション・リンチは規格外だった!  





第49回スーパーボウル RBリンチの言動?にも注目


NFCチャンピオンシップのパッカーズ戦で25回キャリーで157ヤード(平均6.3ヤード)をゲインしてチームの逆転勝利に貢献したシーホークスのRBマーション・リンチ

何かと物議を醸す選手として有名ですが、NFLはシーホークスリンチに対し、第49回スーパーボウルでタッチダウンを決めた後、再び股間に手を当てるようなら、15ヤードのペナルティを科すと通告しています。

リンチはその試合でTDを決めた後、股間に手を当てるポーズをとったため、20,000ドルの罰金を受けました。また、チームメイトのWRクリス・マシューズもリンチのタッチダウン後に同じポーズをし、11,025ドルの罰金を受けました。

ファンからすれば「馬鹿だね~」と笑えてしまいますが。全国ネットで何千万人が観ている試合ですからね、女性や子供も観ているので、やっぱり制裁は仕方ないでしょう。


ピート・キャロル監督は25日の記者会見で、「まだこの件について本人とは話していないが、本人と話をする予定。彼は素晴らしいスーパーボウルウィークを送ることになるだろう」とコメント。

また、「リンチはユニークな存在で、チームはありのままを受け入れいている。彼のことを理解し、できる限りサポートしている」と話した。

ジョン・シュナイダーGMも「私はリンチの振る舞いはどちらかといえば好きだ」とコメントしている。

さらに「彼は戦士だ。思ったことを態度に出す性格なんだ。リンチより優れたRBを探すのは非常に難しい」として、開幕前に契約問題でもめたリンチを来季もシーホークスに留まる可能性が高いという見解を示した。

要するに、“ビースト(野獣)”なんですよ。変わり者、人間扱いしないほうがいい。獰猛な野獣をどう手なずけるか、チームも大変なんでしょう。

昨季のメディアデーではほとんど報道陣の質問に答えず、50,000ドルの罰金が科され、今季も同様の状態が続き、更に50,000ドルの罰金を受けたリンチ。

ちなみにリンチは、来季の年俸が500万ドル(約5億8,800万円)で、インセンティブを含めれば最大で700万ドル(8億2,300万円)まで膨れ上がるといわれている。

シーホークスとしては、RBにそれだけの予算を割くことを想定してないらしいが、シュナイダーGMはリンチの価値を認めている。

リンチといえばTD後に母親からもらうご褒美のお菓子もシーホークスファンの間では有名。


個人的には、現地に取材に行くお笑いコンビのオードリーが今年もリンチに取材できるのか? そんなサイドメニューも含めて第49回スーパーボウルを楽しみます。


アメフトボール 関連記事
シーホークスのRBリンチのタッチダウンにも寄付が!日本でも拡がって欲しい!!
1億1150万人が観戦。48回スーパーボウル視聴率は46.4パーセント


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/01/31 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0119

NFL キックオフGB@SEA 胸の鼓動が抑えらない! #nfljapan  


シーホークス最大の難敵パッカーズ戦



この記事を書き終える時には、もう試合が始まってるかもしれません。NFLファンにはたまらない月曜早朝の大一番です。

長い説明は必要ないでしょう。NFCカンファレンス・チャンピオンシップは、2年連続のスーパーボウル制覇を狙うシアトル・シーホークスが、本拠地でグリーンベイ・パッカーズを迎え撃ちます。

NFL JAPAN.comのアンケートでは、試合開始2時間前の時点で、シーホークス58%、パッカーズ42%で、シ-ホークスが勝つという予想結果でした。


開幕戦では、17対10の接戦から後半の立ち上がりにCBバイロン・マックスウェルのINT奪取からFGにつなげ、さらに敵陣深くで相手QBアーロン・ロジャースへのサックからファンブルを誘発してセイフティとした。この5点でゲームのモメンタムを一気に引き寄せました。

しかし、QBウィルソンは、
INTされそうなシーンが2度あったように記憶しています。あれがパッカーズのターンオーバーにつながっていたとしたら、勝負の行方は、どっちに転んだかわかりません。



○最新状況

金曜日の練習には、シーホークスは全員がフル参加。パッカーズは木曜の練習に全員参加。そのうちQBロジャース(ふくらはぎ)、RBレイシー(ヒザ)、LGシットン(つま先)、DEボイド(ヒザ)は部分参加でした。

パッカーズ攻撃の鍵を握るRBエディー・レイシー(ヒザ)は、「痛みはすこしあるけど問題ないよ。心配はしてない。落ちついて過ごすだけ」。
開幕戦では12回のキャリーで34ヤードに抑えこまれただけに2度目の対戦では同じ徹は踏まないでしょう。


○パッカーズはRBレイシーのランが勝負のポイント!?

シーホークスのパスラッシュと強力セカンダリーを考えても、いつものようなパス攻撃は期待できないでしょう。そこで、注目されるのが地上戦。

パッカーズで、新人ながらフル出場のCコーリー・リンズリーは、成長株の一人。しかし、DAL戦の前半では、スナップミスなど2つの大きなミスを犯した。

クラウドノイズで有名なセンチュリーリンク・フィールドだけに心配はあるが、パッカーズのOL陣はRTブライアン・ブラガの復活など、開幕戦よりアップしており、前半の8試合で20サックを献上したが、後半の8試合では8サックに抑え込んでいる。このOL陣の踏ん張りとRBレイシーのランがパッカーズの必勝ポイントとみた。


○シーホークスが勝つとしたら…

シーホークスは不利と見ていますが、勝つとすれば、フィジカルな守備陣の活躍が勝利のポイント。相手の攻撃からファンブルなどを誘発できれば、シーホークスの勝ちパターンです。

パッカーズに開幕戦を含めて連勝するとしたら、やっぱり守備陣の活躍以外は考えられません。

シーホークスの攻撃は平均得点で10位、獲得ヤードで9位と並みの数字です。開幕戦でレシーブ7回59ヤード、ラン4回41ヤードと活躍したWRハービンも移籍して当時より戦力ダウンしています。先発で新人RTジャスティン・ブリット(ヒザ)も"クエッショナブル"な状態で出場が微妙。

それでもここまできたのは、トータルディフェンス1位、失点1位、パス守備1位、ラン守備3位と鉄壁の守備陣があるから。それは誰もが認めるところでしょう。

その強さの秘密は数字にも現れていて、QBサック37回は20位にすぎませんが(パッカーズは41回)、ProFootballFocusのパスラッシュ評価は+41.2で5位になっています。

シーホークスは、DEマイケル・ベネット、DEクリフ・エイブリル、LBブルース・アービンの3人で、ここ7試合だけで26サックを計上。ロジャースは、シーホークス戦ではここ2試合で11被サックと苦しんでいます。

プレッシャー278回(サック37+ヒット55+ハリー186)を相手にあたえ、DB陣のフィジカルなカバレッジでパスを防ぎ、通ったとしてもハードヒットで最小限に抑える。

攻撃は期待していませんが、
開幕戦で見せたリードオプションからのパスやスペシャルプレイも楽しみです。

パッカーズのQBロジャースの脚の状態が最後までもって、RBレイシーがファンブルしなければ第4Qまでもつれる展開になるでしょう。でも、そんなことは誰でも予想できますよね。




関連記事

Posted on 2015/01/19 Mon. 04:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0916

NFL 波乱の第2週 シーホークス、49ers敗れる  



 NFL第2週 シーホークス、49ersに黒星



今季もNFCで覇権争いをしそうな西地区の2チーム、
シアトル・シーホークスサンフランシスコ・49ersに揃って土がつきました。

49ersは、QBキャパニックが3INTを献上、1ファンブルと併せて4ターンノーバーの乱調で、地元のリーバイスタジアムの杮落としの一戦を白星で飾れませんでした。第4Qに21点を奪って逆転したベアーズですが、ドラフト1巡(全体14位)のCBカイル・フラーの2INTも光りました。


シーホークスは、AFC西地区のサンディエゴ・チャージャースと対戦。どちらもお気に入りチームで、複雑な気分ですが、先週、緊張感の感じられない凡ミスの多かったボルツが、今週は会心の試合展開で攻守とも踏ん張ってアップセットを演じました。

先週のボルツは、昨年のチームタックル数上位5人が、故障や移籍、引退などで抜けたカーディナルス相手に17点しか取れないお粗末なオフェンスでした。

OLユニットは、控えも含めて全員残り、オフェンスに関しては安心していましたが、QBリバースは、相手に合わせてしまうのか、エンジンのかかりが遅いのか、長年コンビを組んだCハードウィックの戦線離脱で奮起したのでしょうか、今週は、チーム全体が別人のようなパフォーマンスで番狂わせを演じました。


シーズン前は評価の低かったディフェンスのほうが良い感じですね。先週2TD、今週はシーホークスを3TDに抑えています。ルーキーのCBジェイソン・べレット(1巡)やOLBのアタオチュ(2巡)も戦力になりそうで、OLBフリーニーOLBイングラム(かつてのドラ1)も完全復活のような存在感がありました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/09/16 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0909

NFL開幕戦 王者シーホークスが難敵パッカーズを破る  




RBリンチとWRハービンが躍動。
 シーホークス攻守がかみ合って好発進


昨季のスーパーボウル王者シーホークスがホームにGBパッカーズを迎えて対戦したNFL開幕戦は、シーホークスが36対16で勝利しました。シーホークスは、過去10年で開幕戦6勝4敗と余り良くないので心配していましたが、同カンファレンスの強豪を破ったことで幸先の良いスタートを切りました。


シーホークスファンからすると見どころ満載の試合でしたが、的を絞らせないオフェンスとチームの特徴であるファンダメンタルの強いディフェンスが、上手くかみ合って好発進したといえます。

あのリーグ屈指のロジャースのパス攻撃を200ヤード以内に抑えました。ロジャースが2010年にSBを制して以降、200ヤード以内に抑えられたのは、わずか3試合です。

ただ、ロジャースは開幕戦に意外と調子が悪く、調べてみると

2008年 178ヤード(対バイキング)
2009年 184ヤード(対ベアーズ)
2010年 188ヤード(対イーグルス)

QBウィルソンが8人に投げたのに対し、ロジャースが5人しか投げ分けていないのも少ない気がしました。



シーホークスディフェンスは、ご存知のように右サイドのWRをカバーするCBシャーマンの存在感が大きく、パッカーズの攻撃は、終始フィールド左半分に集中。そのおかげで、LOBのひとりCBブラウナーが抜けた後のCBマックスウェル(#41)が何度も狙われましたが、マックスウェルもWRネルソンへのパスをインターセプトするなど及第点のプレーでした。


明暗分けたリンチとレイシーのラン

GBのラン攻撃を80ヤードに抑えたのも勝利のファクターでした。GBのRBレイシーを12回で34ヤードに封じ込めたのが大きかった。逆にシーホークスは、
RBリンチが20回で110ヤード。リンチとレイシーの地上戦が勝負の明暗を分けたかもしれません。

シーホクスはWRパーシー・ハービンを多用し、ジェットスィープやスクリーンなど、ハービンをスロット、アウトサイド、RBと様々なフォーメーションで起用。ハービンは、ランで41ヤード、レシーブで59ヤード、キックオフリターンで60ヤードと一人で160ヤードを獲得。リンチとあわせてチーム合計のラン獲得ヤードが200ヤードを超えました。

GBもOLBマシューズが、OLBの位置から逆サイドのランをロスタックル。あのプレーには度肝を抜かれましたが、NTのB.J.ラジの負傷欠場の穴が大きく、ILBのA.J.ホークともう一人のILBブラッド・ジョーンズのタックルミスも多く評価も低かったですね。

攻めでは、主力Tブラガが途中で離脱、守っては2人のILBがミスタックルをしては勝負になりません。


まだ、始まったばかりですから、フットボールシーズンは12月。GBは、ロジャース中心に調子を上げてくることでしょう。勝てせてもらったシーホークスは、その12月に49ersなど同地区対決が集中。前半もAFC西地区とのウエストコースト対決もあり厳しい日程が続きます。



関連記事

Posted on 2014/09/09 Tue. 06:36 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0905

NFLシーズン開幕 GB@SEA あの疑惑のゲームから2年!  




HAPPY NFL KICKOFF DAY! 


 わくわくする
あの輝くシーズンが開幕する
!!


今季の開幕戦は、小さな町の偉大な市民球団グリーンベイ・パッカーズを昨年の覇者シアトル・シ-ホークスが、爆音のクラウドノイズで有名なセンチュリーリンク・フィールドに迎え撃ちます。



あの疑惑の「ヘイルメリーパス」でシアトルがサヨナラ勝ちしたゲーム以来の対戦です。

シアトル目線で書きますと今回はきっちり勝利したいものです。その為にGBのロジャース率いる強力オフェンスをどこまで抑え込むことができるか?昨年のようなディフェンスを見せてくれれば、今季も期待できます。

そのシアトルは、主力のCBリチャード・シャーマン、Sアール・トーマスと契約延長を結んだが、CBブランドン・ブラウナーとニッケルDBのウォルター・サーモンドが抜け、代わりとなるCBジェレミー・レーンは脚の付け根を痛めながらの出場。控えのCBサロルド・サイモンは開幕戦の欠場が確定と言う情報もあり、昨年のようなパスカバーができるか?NFL屈指のエアー攻撃を新しいセカンダリー陣がカバーできるか?

それと連動してパスラッシュでもDEクリス・クレモンスレッド・ブライアントがFAで移籍。残ったクリフ・アブリルマイケル・ベネットらで、どこまで昨年のようなバランスを保てるか?そのあたりも注目です。


関連記事

Posted on 2014/09/05 Fri. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0508

シーホークスがCBリチャード・シャーマンとの契約延長に合意!  

シーホークスがドラフト前に
主力メンバーと契約延長

先月28日(現地時間)にセイフティ(S)アール・トーマスとこのポジションとしてはリーグ最高給で契約を延長したシアトル・シ-ホークスが、さらにオールプロのコーナーバック(CB)リチャード・シャーマンとの契約延長に合意しました。


契約金は、4年総額5,740万ドル、1年平均1,435万ドル。4,000万ドルの保証が付く。

現行契約での今季基本年俸は約143万ドルだから、来季は約10倍に跳ね上ったことになります。

シャーマンは、2011年ドラフト下位指名の5巡指名でシーホークス入り。

ルーキーイヤーから48試合連続出場し、タックル167回、パスディフェンス57回、インターセプト20回、うちタッチダウン2回、ファンブルフォース4回を記録しています。

シーホークスは昨季喪失ヤードと失点でリーグトップの成績を残しましたが、シャーマンとトーマスは、強力ディフェンスの象徴的存在としてチーム史上初のスーパーボウル優勝の貢献しました。

残るはあと一人、司令塔のクォーターバック(QB)ラッセル・ウィルソンとの契約延長が待っている。


  
アメフトのくわしい情報や話題は
関連記事

Posted on 2014/05/08 Thu. 07:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0321

シーホークスに新たなウェポン DEアレン獲得か!  


ピックアップ1 
ベテランDEアレンがシーホークスへ

 チーフスバイキングスでパスラッシャーとして活躍し、リーグでもトップクラスの破壊力を誇るDEジャレッド・アレンが現地20日、シーホークスとの契約間近とESPNが伝えている。

アレンはNFL11年目のベテランだが、故障歴も少なく、
2004年のドラフト4巡指名でチーフス入りして以来、プロ10年間で欠場は3試合のみ。2008年にバイキングスへ移籍し、2011年には自己最多のサック22回を記録しタイトルを獲得している。

チーフス所属最終年の2007年からプロボウルへ5回選出、オールプロ・ファーストチームへ4回選出。キャリア通算サックは113回で、歴代12位。現役選手の中ではカーディナルスのDEジョン・エイブラハムの133.5回に次ぐ2位。シーホークスは、このオフにデフェンスエンドのクレモンスとブライアントの2選手をリリースしている。


ピックアップ2 
パンサーズWRコッチェリーと合意

 
カロライナ・パンサーズは現地20日、フリーエージェントの
WRジェリコ・コッチェリーと2年契約で合意した。

以前から移籍の噂があったコッチェリーだが、スティーラーズ残留の可能性もあった。プロ11年目。昨季はレシーブ46回602ヤード、10TD。07年のジェッツ時代に1,000ヤードを1度だけ超えたことがある。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/03/21 Fri. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0227

シーホークスQBウィルソンが、オープン戦に出場予定!?ダルとチームメイト!  


 全米カレッジのシーズンMVPにあたる「ハイズマン賞」を獲得したフロリダ州立大のクォーターバック(QB)ジェイミス・ウィンストンが現地25日、ニューヨーク・ヤンキースのエキシビジョンゲームに出場しました。

 野球とフットボールの二刀流で活躍するウィンストンのポジションは投手で、大学ではクローザー。2012年のドラフト15巡でレンジャーズから指名も受けましたが、大学残留を希望し、契約はしていません。

大学のリーグ戦に登坂直後ということで、肩を休ませるために、この日は左翼手として5回ウラから出場。2打数ノーヒットに終わり、登板機会はありませんでした。
その時の動画はここで
 
 もう一人話題の人が
MLBのキャンプに合流します。2/21にお伝えしましたテキサス・レンジャーズの春季キャンプに合流することをtwitterで明かしたNFLシーホークスのQBラッセル・ウィルソンが、3/3の現地午後1時(日本時間3/4AM5時)に予定されているクリーブランド・インディアンスとのオープン戦に出場することが明らかになりました。こちらは、トレーニングを兼ねてという感覚です。


 「ラッセルがスプリングトレーニングに合流してくれるのは嬉しい。彼のスケジュール上、短い訪問になりそうだが、メジャーレベルとマイナーレベル両方の選手と触れ合うことになるだろう。3月3日の具体的なスケジュールを詰めているところだ」とレンジャーズのジョン・ダニエルスGMはコメントしている。

ウィルソンは以前に
MLBコロラド・ロッキーズ傘下のマイナーチームで二塁手として多少のプレー経験はある。2010年にはホームラン2本、11打点、打率0.230、2011年にはホームラン3本、15打点、打率0.228。

 ウィルソンがテレビ番組で語ったところによると、「キャンプを訪問する理由はもう一つある。将来スポーツチームのオーナーになるため、下見をしておきたい」というものらしい。

NFL2年目
のラッセル・ウィルソン。壮大な夢に聞こえるかもしれないが、NFLでもデンバー・ブロンコスの副社長は、元QBのジョン・エルウェイ。MLBでは、有名な投手ノーラン・ライアンがテキサス・レンジャーズのCEOを務めていたこともある。

NBA
のマイケル・ジョーダンは、NBAシャーロット・ボブキャッツの共同オーナーの一人で、2010年には筆頭オーナーになっている。さらにいえば、MLBの人気チームLAドジャースも元NBAのマジック・ジョンソンが名を連ねる投資グループが12年3月に買収している。


お手数ですが、応援ポチお願いします。
関連記事

Posted on 2014/02/27 Thu. 12:02 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0221

NFLシーホークスQBウィルソンがMLBレンジャーズのキャンプに合流!  



NFLのスーパーボウル優勝QB
MLBダルビッシュレンジャーズキャンプ合流




ダルビッシュ有が所属するMLBテキサス・レンジャーズのスプリングトレーニングにスーパーボウル優勝を果たしたNFLシアトル・シーホークスQBラッセル・ウィルソンが合流することが分かった。



Hey fans... See you at "Surprise" Arizona on March 3!




 レンジャーズでは、「ウィルソンのプロ選手としての練習への熱心さや人格の高さ」などを評価しており、ウィルソンの存在はレンジャーズの選手の意識向上に役立つとの見解を示している。

ウィルソンも昨年12月にMLBの「ルール5」でレンジャーズの指名を受けた後、スプリングトレーニングには参加したいとコメントしていた。MLBとの“二束のわらじ”というよりも、あくまでもオフトレーニングの一環ということだろう。背番号は写真のとおりシーホークスの「3」を使用する。


お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/02/21 Fri. 21:48 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0219

「NFL倶楽部」オードリーのNY珍道中がワロタ  






 

人気のお笑いコンビ、オードリーがMCをつとめる
NFL倶楽部』。NFLのシーズンをさらに楽しむための週間ダイジェスト番組で日本テレビ(CSも有り)が放送中。

残念ながら、例年のパターンでいくと次回#24が今季の最終回だと思いますが、今回と次回は、NYNJでのスーパーボウルのおまけのようなオードリーのニューヨーク珍道中でした。


これが、オモシロかった。NFLファンでなくても楽しめる内容。ふつうの旅バラエティーより面白いかも。

 ロケをナビしてくれる小池絵さんが、オードリーには内緒で、選手たちにオードリーのDVD「まんざいたのしい2013」(2/11発売らしい)を見せるコーナーやシーホークスのメディア嫌いで有名なRBマーション・リンチへの特別インタビューは必見ですよ。




 

 リンチといえばお菓子好き。彼の“大好物”として有名なお菓子「Skittles(スキトルズ)」(写真上)がリンチと契約し、タッチダウンを決める度に10,000ドルをリンチ主催の慈善財団へ寄付するという取り組みはニュースにもなった。シーホークスファンはリンチの好きな「Skittles」を買い込んでタッチダウンを決めるとフィールドに投げ込むことでも有名です。

 独占インタビューでもリンチは、小池さんがプレゼントした日本製の「ハイチュウ」にご満悦でしたね。前回のインタビューでは、そのシーンが米メディアで話題になったとか。しかし、春日と若林より小池絵未さんが大活躍してました。次回も楽しみだ~


ブログランキング・にほんブログ村へ


お手数ですが、ポチっとお願いします。<(_ _)>


関連記事

Posted on 2014/02/19 Wed. 21:19 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド