メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1127

がんばれサッカー木村和司!レジェンドを襲った病魔  


 



26日放送、テレビ東京「SPORTSウォッチャー」を見た。

 

番組では、「レジェンドを襲った病魔 奇跡の復活を支える”家族愛”」と題し、かつてサッカー日本代表で背番号10番を背負った木村和司氏(58歳)の現在を伝えた。

 

そうか、だから代表戦の解説も口数が少なかったのか?

 

昨年1月に脳梗塞で倒れた。一命こそ取り留めたものの右半身は麻痺し、今も家族とともに懸命なリハビリに励んでいるという。

 

妻・祐子さんは「もう全く動かない。手とか足が勝手に落ちてると分からない。落ちてても気づかないで引きずっていたり。本人は全く感覚がないので曲がって寝させているかもしれないし、実は捻挫してたり。そんなのが何回もありました」と振り返る。

 

現在は歩いたり、箸を使えるほどにまで回復している木村氏だが、祐子さんは「どうしてもボールを蹴ってもらいたい」と、長女も「やっぱり蹴ってる姿が一番いい」と家族が想いを語る。



  1985年、W杯アジア最終予選の韓国戦では、30mのフリーキックを決めるなど数々の伝説を残した。

あの時は本当に気持ちよかった。最大のライバルで強敵相手に電光石火の一撃だった。弱いサッカー日本代表で木村のフリーキックは数少ないリーサル・ウェポンだった。 

 

ピッチで木村の姿を見たい!頑張る姿を見せて欲しい。

 

※まったくメジャーリーグ と関係ない話題ですが、病魔と闘う木村和司さんにエールを送ります。



ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2016/11/27 Sun. 13:27 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0617

日本代表本田圭祐 病気と闘う本田を応援したい!「Forza!ホンダ」  




本田の存在感や強さに期待
あとは、コンディション調整が鍵






 日本代表のエース
本田(27=ACミラン)が、頸部(けいぶ)の手術を受けていたことが、日刊スポーツの取材で分かりました。
その記事はコチラ

首の付け根付近を横に約10センチ、メスを入れた。昨年12月にCSKAモスクワを退団してから、今年1月にACミラン入りするまでの1カ月間に国内で手術に踏み切ったということです。

個人的には、以前から週刊誌のニュースなどで気にしていました。ただ、ACミランの厳しいメディカルチェックもクリアしていることだし、回復の方向へ向かっていると思います。


写真を見ても明らかですね。本田が首にメスを入れていたこと。首の甲状腺あたりに10センチほどある生々しい傷。赤みがかった手術痕は、病に苦しんだことを物語っています。



 日本サッカー協会の原博実専務理事は本田について、「確かに本調子ではないが決定的な仕事をしたし、ファウルももらっている。彼なりにいろいろ考えて(状態を)上げていくと思う」と話した。

また、普段はテープで保護している首元の傷について「手術跡? そうなんじゃない」と説明。ただ、「協会がどうこう言えるところじゃない。本人が言いたければ言うだろうし」と詳細は明かさなかった。



 日刊スポーツの取材では、CSKAモスクワ退団が決まって一時帰国した昨年12月12日から、ACミランに移籍するためにイタリア入りした今年1月4日の間にメスを入れた可能性が高いということです。

昨年12月に成田空港に到着すると極秘で首都圏の病院に家族を伴って直行。黒いワゴン車で病院駐車場に入ったまま、再び姿を見せることはなかった。

関係者が大型スーツケースを数個、車から病院内に運び込む姿も見られ、病院職員が本紙記者を追い払うほど緊迫した状況だった。その後、年末にかけて療養のためか、沖縄・宮古島に滞在している。

 予兆は、13年1月に当時所属していたCSKAのスペイン・カンポアモール合宿中にみられた。体調不良を訴えて離脱。一時は日本代表の親善試合ラトビア戦(同年2月6日)などで復帰したものの、すぐに再離脱しました。

3月26日にはクラブの了承を得て、ロシアリーグのシーズン中に緊急帰国。この頃から本田の体調面に異変があったものとみられ、時期を見極めて、12月に手術に踏み切ったということです。

手術しようが何であれ、本田の代表における存在感や安心感は否定できません。ザックがコンディショニングを重視しているのは、本田の件も考慮してのこと。


Buon lavoro!


サッカーに関するくわしい情報や話題は
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/06/17 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

0613

本田圭佑第2弾『プロフェッショナル仕事の流儀』 ロングインタビュー  

本田圭佑スペシャル2014


第2回 独占インタビュー 

エースの覚悟


 サッカー日本代表の本田圭佑選手を特集したNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀 本田圭佑 W杯直前スペシャル」が2日と9日に放送される。

 毎回、さまざまな分野の第一線で活躍中のプロ達にスポットをあて、彼らの「仕事」をNHKらしい“繊細”なタッチで紹介していく贅沢なドキュメンタリー番組。



W杯に挑むサッカー日本代表のエース・本田圭佑に密着。
2週連続スペシャルの第2弾――

 ACミランでの苦闘、
 そしてワールドカップへの思いに迫る。  



折れない心 不屈の男ホンダ
本田節が炸裂のロングインタビュー

 
約3年間にわたって本田選手に密着し、イタリア1部リーグ(セリエA)のACミランに移籍した舞台裏に迫るほか、独占インタビューで本田選手がW杯への思いやイタリアでの苦闘について語る。




世界一になりたい夢がある――
「全世界をまさかと言わせることがターゲット」

「追い込まれたら、人間生きるために死に物狂いで頑張るものですよ」「ゴールを取りたいがゆえの力みは自然現象。あえて力みにいっているんです」など、本田節がさく裂。

大舞台を前に答えた「プロフェッショナルとは?」

自分がしている仕事に対して真摯である事、まじめである事、一生懸命である事。――本田圭祐





この番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」では過去にも、本田選手のロシアでの苦闘けがからの復帰を追ってきた。


今回はイタリア移籍後の舞台裏を中心に取材を行っている。


本田が直面した壁とは
どんなものだったのか!

本田本人から唯一密着を認められたカメラだから撮ることができた
濃密な取材で描く。


第1弾では、コンディションを上げるための砂上トレーニングなど、
滅多に立ち入ることが許されない練習場でのようすも紹介した。


荒川格ディレクターは、見どころを「思うようにいかないつらい日々の中、それでも折れずに、彼が地道に努力している姿を追ってきました。彼の素の部分が見られるインタビュー内容もふくまれます。

普段、努力しているところを人に見せたがらない本田選手ですが、ぜひ、この番組で彼の陰の闘いを、知ってもらいたいです」と話している。


【出演】本田圭佑 【語り】橋本さとし 



 
◇「プロフェッショナル 仕事の流儀 本田圭佑 W杯直前スペシャル」の「密着、“世界一”への道 500日の記録」は

6月2日(月)午後10時

◇「独占インタビュー エースの覚悟」は

6月9日(月)午後10時に放送。



関連記事:日本代表本田圭祐 病気と闘う本田を応援したい! 

http://ameblo.jp/osakalove50/entry-11870455171.html



日本代表に関するくわしい情報や話題は→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/06/13 Fri. 05:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1025

U-17吉武“96”ジャパン逆転でGL突破!  




FIFA U-17 ワールドカップ UAE 2013


10.24  U-17W杯 GL第3戦  日本2-1チュニジア 

この試合の日本は、身体能力に勝る相手のマンツーマンディフェンスに苦しみ、持ち前のパス回しが封じられ、思うようなサッカーが展開できないように見えた。

序盤から主導権を握りながらも、チュニジアゴールを割れずにいると、前半の内に杉森考起に代えて杉本太郎を投入して打開を図った。

前半終了間際に先制点を許した日本。

1点ビハインドで迎えた後半は、圧倒的に攻め込みながら得点できずに終盤を迎えたが、87分に杉本のパスから途中出場していた坂井が抜け出すと、チュニジアのオウンゴールを誘い、同点に追い付くことに成功した。

相手は完全に消耗し誰が見ても日本優位の展開。この好機に試合を振り出しに戻した日本は、後半アディショナルタイムに渡辺凌磨が勝ち越しゴールを決め、一気に試合をひっくり返し、2-1と逆転勝利を挙げた。

日本は3戦全勝でグループDを首位突破。28日にグループ3位の成績上位国との決勝トーナメント1回戦に臨む。


ボール支配率
日本70パーセント(44’48”)
チュニジア30(19’20”)

シュート 日本17:チュニジア8
ファウル 日本5:チュニジア14(イエロー3)


2戦目は8名入れ替え、この3戦目は先発メンバーを7名入れ替えた。短期決戦の大会で、対格差で劣る日本は、最後まで落ちない運動量が勝利へのファクター。


試合開始時で、気温32度、湿度60パーセント。この大会のように1戦ごとにヘルシーな選手をラインナップするのも戦術のひとつといえる。


決勝トーナメントまでを視野に入れた選手起用だが、3連勝という結果から見ても選手たちがそれに良く応えている。


 過去決勝ステージには2回進んでいるがベスト8が最高。前回の2011年U-17W杯(メキシコ)では、FW南野拓実(セレッソ大阪)、鈴木武蔵(アルビレックス新潟)、DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)、川口尚紀(新潟)といったタレントを擁し、ベスト8に進出。準々決勝ではブラジルに2-3と惜敗し、世界にインパクトを与えた。


その実績を買われて吉武監督が2世代連続で監督を務める。実はこの次の代表の指揮を執ることも決まっている。


日本ではこれまで、年代別代表は大会ごとに監督を変え、年代別監督が長期間連投するのは異例のことだが、海外ではよくあること。なぜかと言うと、この年代は継続した強化が必要であり、年代ごとや世代ごとにコンセプトがコロコロ変わってしまっては、継続した強化が出来ないからだ。


「美しく魅了して、劇的な結果を残す」というスローガンを掲げた吉武“96”ジャパン。A代表のザックジャパンが思うような結果を残せていない現状で、将来の日本代表と言える彼らが世界で躍進を見せているのは、非常に明るい話題であるのは間違いない。彼らが「2020東京」の主力になるからだ







ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、励みになりますので
ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/10/25 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1022

U-17吉武ジャパン 「フェアプレー」を徹底!これが本当のCOOLジャパン  



クリーンサッカー 
そうだ!これが本当のCOOLジャパン
 

サッカー17歳以下のワールドカップで、日本代表はグループリーグ第2戦のベネズエラとの試合にも3-1で勝利し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。


この試合でも“96ジャパン”は長短のパスを的確に織り交ぜながらボールを支配するポゼッションサッカーで南米2位のベネズエラを圧倒した。


ボール支配率日本68対32。シュート数23対6

試合をご覧になった方にはわかると思いますが、あと2点は入っていた内容でした。それぐらい押していました。

サッカー専門サイトによれば、ベネズエラのラファエル・ドゥダメル監督が「代表監督として1年半指揮をとっているが、これほどの素晴らしいサッカーには出会ったことがない」と脱帽したという。

ゲームスタッツを見れば日本のボール支配率が68%、シュート数比較は「日本対ベネズエラ」で「23対6」、枠内シュート数は「17対3」と日本の圧倒ぶりがわかる内容となっています。

海外メディアや会見を取り仕切るメディアオフィサーからも「素晴らしいサッカー」という賞賛の言葉と「どうすればこれほどいいチームが作れるのか?」という疑問から湧き出る質問が相次いだといいます。


「ファール8個以下」が目標!吉武“96ジャパン”

ゲームスタッツを見るとファール数では、「6対26」で圧倒的にベネズエラのファールが多く、イエローカードも日本が0枚であるのに対しベネズエラは4枚


とくに終盤、3対1で日本の勝利が見えてくると試合を見ていた記者も苛立つくらい相手はボールの関係ないところで悪意を感じる蹴りやタックルを連発し、外から見ている記者が身を乗り出して抗議したくなるような危ないシーンが多かったらしい。

それでも日本の選手、吉武監督以下コーチングスタッフたちは至って冷静で野次・文句を発することもなければ、吉武監督が第4主審に詰め寄ることもなかった。

それどころか素早いリスタートでゲームの流れを切ることなく粛々とプレーを続ける17歳以下の選手たちには感動すら覚えるほどだった。


吉武監督は―

「フェアプレーに関してですが、ファールは『(1試合)8個以下』ということで一応選手たちには目標を設けています。『8個以下』と言うと『8個まではいい』と選手は思ってしまいそうですが、そうではなくできるだけ0に。われわれがボールを長く持っていけば自分たちのファールの場面は、ほぼなくなってくると思っています。そして、(この年代は)育成年代の選手たちなのでレフェリーについてはやはり色々なジャッジ、もちろんミスもあると思いますが、それも含めてサッカーなので。選手はそれを受け止めて、90分間サッカーをしてもらいたいと思っています。」


今大会の日本はサッカーの質に加えて、フェアプレー精神と相手や審判をリスペクトする気持ちを掲げたクリーンなサッカーで勝利を手にしている。試合開始前にピッチでプレーする選手のみならず、ベンチの控え選手、コーチングスタッフ全員で相手のベンチに出向き、握手を求める姿もその延長線上にあるという。


世界のナンバーワンスポーツといえばサッカー。その国際大会において見せるサッカースタイルは、その国の価値観メンタリティーを世界に示すことになる。汚いプレーで勝利を手中にしても世界の人たちはどうみるだろうか?


それよりも吉武監督が見せるクリーンサッカーは、本来スポーツの持つ魅力を最大限に引き出すとともに「日本人のもつ正義感」を世界に示す最高の「COOL」な姿勢だといえる。




 
関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 22:06 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1019

好発進!サッカーU17日本代表は4-3-3採用  





FIFA U-17 ワールドカップ
UAE 2013


  
 中東のUAEで始まりました。“96ジャパン
U-17日本代表ですが、グループリーグの初戦でヨーロッパチャンピオンのロシアに1対0で勝ちました。これは、U-17情報第2弾です。


会津――――――――――小川

――――――永島――――――

――――――――――――――

―――瓜生――――三好―――

――――――三竿――――――

坂井――――――――――石田

――――茂木――宮原――――

――――――――――――――

――――――白岡――――


上がキックオフ時点のイレブンです。
吉武博文監督率いるU-17日本代表。面白そうです。[4-3-3]の布陣です。

Starting Member

GK 白岡ティモシィ(広島ユース)

DF 石田崚真(磐田U-18)

DF 宮原和也(広島ユース)

DF 茂木力也(浦和ユース)

DF 坂井大将(大分U-18)

MF 三竿健斗(東京Vユース)

MF 三好好児(川崎F U-18)

MF 瓜生昂勢(筑陽学園高校)

FW 永島悠史(神戸U-18)

FW 小川紘生(浦和ユース)

FW 会津雄生(柏U-18)

交代

58分:三好→斎藤翔太(浦和ユース)

68分:石田→水谷拓磨(清水ユース)

84分:瓜生→杉本太郎(帝京大学可児高校)


スタッツがわかりましたので参考にしてください。



専門誌の記者いわく、このシステムの一つのモデルになったのはバルセロナであり、いわゆる“ゼロトップ”のフォーメーション。2年前のU-17日本代表も最終的にこのシステムを採用していました。


今回のU-17日本代表はチーム立ち上げ時からこのフォーメーションを採用しており、完成度はより高いということです。



第2戦は、南米のベネズエラ代表と月曜深夜に対戦です。


 スタッツ

ロシア 0-1 日本

シュート数

6:10

枠内シュート数

2:6

ファウル

11:8

CK

3:3

オフサイド

1:1

警告

1:0

アクチュアルプレーイングタイム

22分:35分

ボール支配率

38%: 62%




ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/10/19 Sat. 15:22 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0513

長友フル出場! おかえりなさい!  






インテル長友佑都がピッチに復帰した。

日本代表の左サイドバックといえば長友佑都だろう。
12日のジェノア戦でおよそ1ヶ月ぶりに復帰した。

昨年6月に埼玉スタジアムで行われた
ラジルワールドカップアジア最終予選でも彼にボールが渡ると地鳴りのような歓声が起こった。

そのラテン系のような明るい性格と体格の違う対戦相手でもビクともしないプレースタイルは、今や日本のストロングポイントと言える。

 
「僕から努力をとったら何も残らない」とは、彼が良く口にする言葉。

「わずかな一歩であっても嬉しい。小さな幸せを意識するからこそ、努力も継続できる」

    
地元の愛媛FCジュニアユースのセレクションにも落ち、高校時代も全国的には無名。明治大学のサッカー部にもスポーツセレではなく高校からの指定校推薦で進学した。

そんな長友に転機が訪れたのは、大学2年生の時。神川明彦監督が彼をサイドバックに起用してから。

U-22代表に選考されたキッカケも神川監督が、「だまされたと思って一度(長友の)プレーを見に来て欲しい」と当時U-22代表のコーチをしていた大学時代の後輩に働きかけたから。

長友が
「努力の成果はピッチの上だけに現れるものじゃない。
たとえば、努力する過程での人との出会いも成果のひとつ」というのもそんな出会いを指しているのだろう。

そして、彼がいつも口にする言葉が「感謝」


 
  

長友を語る時、シングルマザーで、朝も晩も働いて3兄弟を育てたあげた母親の
存在を忘れることはできない。

そんな懸命に生きる母親の背中を見て彼は育った。

彼の一生懸命のプレーはそんなバックボーンがあるからだろう。

長友は語る。
「ありがたいな」と思う気持ち、感謝の心を持つことは、そういう小さな幸せを手にするチャンスをたくさん作ってくれる。成長するために、感謝の心は必要不可欠なんだ。」

以前にも紹介させていただいた長友佑都の逸話でしたが、とにかく、日本男児ライオンハート長友佑都 日本



彼の復帰に心から拍手を送りたい涙



12 

お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2013/05/13 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド