メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1116

サイ・ヤング賞はALがC.クルーバー、NLがM.シャーザー  



2017年度の「サイ・ヤング賞」が発表され、ア・リーグがインディアンスのコーリー・クルーバー、ナ・リーグがナショナルズのマックス・シャーザーに決まった。


DOtbPgCX0AE4n8L.jpg


クルバーは、14年以来2回目の受賞。5月に故障者リスト入りしたが、29試合で203回2/3を投げて最多タイの18勝4敗、防御率でもトップで、308奪三振で17勝をマークしたレッドソックスのクリス・セールを抑えて1位票を獲得した。

オールスター以後でクルーバーは15試合に登板して防御率1.79、一方のセールは14試合で同3.12。セールは終盤スタミナ切れした印象が強かった。

投票では2位セール、3位にはヤンキースのルイス・セベリーノが入った。


DOtigmjWsAE94by.jpg


ナ・リーグでは、最多勝、最優秀防御率のクレイトン・カーショーを抑えてマックス・シャーザーが2年連続3度目の受賞。

2位のカーショーはポストシーズンでも大活躍したが、途中で故障者リスト入りして27試合175回の登板にとどまり、キャリアハイの防御率2.51、ナ・リーグ最多の268奪三振をマークしたシャーザーには届かなかった。3位はスティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)だった。

シャーザーは、カーショーと並ぶ3度目の受賞だが、これまでの最多受賞はロジャー・クレメンスの7度。次にランディ・ジョンソンが5度、スティーブ・カールトンとグレッグ・マダックスが4度受賞している。


《最近の受賞者一覧》

ア・リーグ ナ・リーグ
選 手 チーム 選 手 チーム
2017 C・クルバー インディアンス 2017 M・シャーザー ナショナルズ
2016 R・ポーセロ レッドソックス 2016 M・シャーザー ナショナルズ
2015 D・カイケル アストロズ 2015 J・アリエッタ カブス
2014 C・クルバー インディアンス 2014 C・カーショー ドジャース
2013 M・シャーザー タイガース 2013 C・カーショー ドジャース
2012 D・プライス レイズ 2012 R・A・ディッキー メッツ
2011 J・バーランダー タイガース 2011 C・カーショー ドジャース
2010 F・ヘルナンデス マリナーズ 2010 R・ハラデー フィリーズ
2009 Z・グリンキー ロイヤルズ 2009 T・リンスカム ジャイアンツ
2008 C・リー インディアンス 2008 T・リンスカム ジャイアンツ
2007 C・C・サバシア インディアンス 2007 J・ピービ パドレス



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/11/16 Thu. 17:35 [edit]

CM: --
TB: --
   

0901

【MLB移籍情報】アストロズがタイガースから剛腕J.バーランダーを獲得  




8月2日にタイガースがウェーバー公示して、その後どの球団からもクレーム(獲得申し込み)が無く全球団とのトレードが可能になっていたジャスティン・バーランダー投手のアストロズ移籍が決まった。

メジャーリーグは、8月31日の東部時間23時59分でウエイバーによるプレイオフ用補強トーレド期限があり、9月以降に移籍した選手は10月のポストシーズンに出場できない。

今回のバーランダーを含む複数トレードは、そのリミットぎりぎりに決まったようだ。

バーランダーに関しては7月末のノン・ウェーバートレードの期限前にもトレードの噂があったが、オールスターまでの成績不振と高額年俸がネックになって契約がまとまらなかった。

「USA TODAY」のコラムニスト、ボブ・ナイチンゲールによれば、今回のトレードでタイガースは、マイナー選手3人と毎年バーランダー投手の年俸の一部(800万ドル分)を負担し、アストロズに支払うという。



タイガースへ移る選手は、マイナーの19歳右腕フランクリン・ペレス、20歳のダズ・キャメロン外野手、22歳のジェーク・ロジャーズ捕手で、それぞれアストロズののチーム内プロスペクトランキングに入っている有望株たちだ。

バーランダーは、ダルビッシュ有、ソニー・グレイらと共にこの夏のトレード注目投手だったが、2019年までの6500万ドル超の大型契約が残り、今季はオールスター前の成績で104回2/3で防御率4.73、WHIP1.52、奪三振率8.4でコスパが低く、ポストシーズンを狙う球団も獲得を踏みとどまった。


バーランダー


しかし、オールスターブレイク以降は、10試合で防御率2.41、WHIP0.91。とくに8月は6試合中、5試合でクオリティスタートをマークしている。今季通算では28試合で10勝8敗、防御率3.82、WHIP1.28、奪三振率9.2。

34歳で以前ほどのスピードはなくなったが、スタットキャストによるスピンレート(回転数)では、フォーシームで平均2,535.72(回転/分)をマークしており、メジャートップクラスの威力は健在だ。

15年に故障したが、2006年から16年までの11年間で、200イニング以上を9回、180イニング以上を1回マークしている。


最多勝利 2回:2009年, 2011年
最優秀防御率 1回:2011年
最多奪三振 4回:2009年, 2011年, 2012年, 2016年
MVP 1回:2011年
サイ・ヤング賞 1回:2011年
新人王:2006年




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/01 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0830

レッドソックスのC.セールが15勝目、MLB最速で1500奪三振到達   



レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー野球運営部門社長は、その手腕が評価されている一人だが、2015年オフに大枚をはたいて契約した先発左腕デービット・プライス(7年総額2億1700万ドル=約238億円)は、今季11試合に登板しただけで現在も故障者リストに入り、この2年間で296イニングで、ここまで年俸に見合う結果を出していない。

それに比べて昨年12月にマイナー選手4人と引き換えにホワイトソックスから獲得した先発左腕クリス・セールは、「サイ・ヤング賞」当確のような好投を続け、チームの地区首位に貢献している。

現地29日のブルージェイズ戦では7回を投げて被安打3、奪三振11、無四球、無失点。今季185回1/3イニング、防御率2.77、WHIP0.91。

レッドソックスは3対0で勝利し、セールは15勝目(6敗)を飾ると共に通算1500奪三振に到達した。通算1290イニングでの到達は史上最速記録ということだ。

セールは、この日の11奪三振で今季264奪三振。300奪三振まで、あと34まで迫っている。

この「シーズン300奪三振」も凄い記録で、達成すれば同じレッドソックスの右腕ペドロ・マルティネスが1999年に記録した313奪三振以来18年ぶりになる。

メジャーリーグファンならご存知だと思うが、ナショナルリーグに比べ「指名打者制」があって投手が不利とされているアメリカンリーグ。しかも、東部地区は「バッターズ・ヘブン」といわれるぐらい打者有利の球場が多い。重みが違う数字といえる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/30 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

ナッツのマッド・マックスが11奪三振、Dバックスを粉砕!  



ナショナルズのマックス・シャーザー投手が4日(日本時間5日)、ホームでのダイヤモンドバックス戦で圧巻の投球を披露した。

MLB6位の相手打線を7回2安打、1失点、3四死球、11奪三振の快投で今季4勝目(2敗)を挙げた。シャーザーはこれで40回2/3を投げて防御率2.66、WHIP0.91、被安打率.189、9イニング換算の奪三振数(K/9)は11.29。

防御率はNL8位だが、WHIPはNL3位。被安打率NL2位。奪三振数ではNL1位のスタッツをマークしている。



1試合10三振以上も51試合になり、これは現役メジャーリーガーでは、ドジャースのクレイトン・カーショーの52試合に次いで2位の記録になっている。

シャーザーがメジャーキャリアをスタートさせたダイヤモンドバックスとは、これまでも相性が良く、通算6試合の先発で5勝0敗、防御率2.41だった。

シャーザーといえばリリースポイントの低いサイドスローから繰り出す100マイル近いフォーシームとスライダーが武器。昨年年5月11日のタイガース戦で、9イニングスではケリー・ウッド、ロジャー・クレメンス、ランディ・ジョンソンに次ぐMLB最多タイ記録となる20奪三振を記録している。

昨年は、リーグトップの20勝、284奪三振、228回1/3イニングス、WHIP0.97を記録して、自身3度目(ナ・リーグでは初)の最多勝と初の最多奪三振の2冠を達成。2度目のサイ・ヤング賞を受賞している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/05 Fri. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0502

首位アストロズのエース、D.カイケルが4月を無傷の5勝  



チームのコアとなる若手に補強で経験豊富でリーダーシップに優れるベテランを獲得。上手くミックスさせた戦力でア・リーグ西部地区の首位を走るヒューストン・アストロズ。

そのアストロズで、最も懸念された先発ローテーションだが、ここまでMLB全体で6位と好調。その中心はダラス・カイケルだろう。

30日(日本時間5月1日)の試合では、地元でオークランド・アスレチックス相手に7回2/3を3安打、2四球、9奪三振、1失点で無傷の5連勝を飾った。

カイケル投手


4月は5試合すべてで7回以上、自責点2以下のハイ・クオリティスタート。防御率も1.21、WHIP0.81の活躍。おそらくリーグの月間MVP は間違いないだろう。

29歳のカイケルは、15年に2位のデービッド・プライスに40ポイント以上の差をつけてア・リーグのサイ・ヤング賞投手に選出された。

33試合・ア・リーグ最多の232.0イニング投げ、リーグトップタイの2完封勝利を含む20勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。WHIP1.02もリーグトップであり、ほか216奪三振はリーグ5位だった。チームの10年ぶりのポストシーズン進出をけん引した。

16年は26試合で、防御率4.55、9勝12敗と振るわなかったが、今季は15年のベストシーズンを思わせる快投が続けている。

13年のスプリングトレーニングで、ツーシームを習得したとされており、今季もゴロとフライアウトの比率が2.41という典型的なグラウンドボール・ピッチャーだ。

このタイプは、シンカーのように速く沈む球種で芯を外す投球スタイルの投手が多いが、カイケルは、ツーシーム主体にカッターやチェンジアップ、スライダー、カーブといった多彩な変化球で的を絞らせないタイプだ。

肩に不安を抱えているという記事を読んだことがあるが、ヘルシーなら15年同様、20勝近い勝ち星で不安視された先発ローテの核として活躍するだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/02 Tue. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0428

岩隈vs.バーランダーは共に自責点ゼロの投手戦  




共にノーヒット・ノーランを経験しているア・リーグを代表する好投手対決は、予想どおりの投手戦が展開された。

岩隈はいつものように4月の成績は悪い。特に今年は毎試合で被本塁打を記録するという悪い流れだったが、この試合は被弾することなく5回2/3を3安打、2四死球、3奪三振で1失点(自責0)と力投した。

ただ、本来のスタイルからすれば2四死球は多すぎる。9イニングスあたりの与四球率(BB/9)が、ここまで3.81。岩隈のMLBキャリア平均は1.88だから、平均値をはるかに上回っている。

四球が多くて、被本塁打が多いから当然4点台の防御率に落ちてしまうという分かりやすい状態だ。でも、こんなもんだろう。徐々にアジャストしていくのが岩隈本来のスタイル。

例年、4月は悪い。4月のメジャー通算成績は、20試合に登板し(18試合で先発)、2勝7敗、防御率4.24。4年連続で4月は0勝だ。昨年も初勝利が5月3日だった。

それもすべてベンチは織り込み済みだろう。この日も84球。4月は5試合で、いずれも球数90球以下で交代。ベンチも勝負どころの8月、9月に疲れさせないよう配慮しているのが分かる。

この試合は、バーランダーも7回を5安打、8奪三振、1失点(自責0)と力投した。昨年、サイ・ヤング賞投票で惜しくも2位だった実力を徐々に発揮してきた。

こんな感じで試合の中で、肩を作っていくのがメジャーのエリートスターター達のスタイル。だから、最初の月で多少数字が悪くても、1勝も出来なくても大騒ぎしないのがメジャー流と言える。

マリナーズは9回に勝ち越して2連勝。ヘルナンデスが肩の炎症で復帰まで3週間ほどかかるので、左のパクストン、右の岩隈が投げる試合は確実に勝利したいところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/28 Fri. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0423

インディアンスのC.クルーバーが今季初完封勝利  




ホセ・キンタナとコーリー・クルーバーのエース対決になった現地21日のホワイトソックス対インディアンス戦は、インディアンスのコーリー・クルーバーが今季初完封を飾っている。

クルーバー


投手戦になった試合は、3回にキンタナのワイルドピッチでインディアンスが先制。4回にもインディアンスのブランドン・ガイヤーの1号2ランが出て3-0とリード。この3点をクルーバーが守りきってインディアンスが勝利した。

クルーバーは110球(ストライク73球)、被安打3、9三振を奪って四球2、失点0だった。



昨年のワールドシリーズでは、2011年のクリス・カーペンター以来となるシリーズ3度の先発でチームをけん引したクルーバー。この日の夜は、高速スライダーとクルーバー自身がブレイキングボールと呼んでいるカーブが効果的に決まった。

完封勝利はサイ・ヤング賞を獲った14年に1度、昨年2度記録、今回で4度目になった。(完投は過去10度記録)

今季は4試合に先発して2勝1敗、防御率4.28、WHIP1.13。27回1/3で27奪三振。

14年から16年まで3年連続で32試合以上に先発しているので疲れが出ないかが心配だが、エースの奮闘でチームは4連勝し、アメリカンリーグ中部地区で首位に立った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/04/23 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0405

MLB2017 俺たちのエースはこいつだ!名誉ある開幕投手たち  




■4月2日(日本時間3日)

ヤンキースatレイズ
(ヤンキース)田中将大
(レイズ)クリス・アーチャー

ジャイアンツatダイヤモンドバックス
(ジャイアンツ)マジソン・バムガーナー
(ダイヤモンドバックス)ザック・グリンキー

カブスatカージナルス
(カブス)ジョン・レスター
(カージナルス)カルロス・マルティネス


■4月3日

マーリンズatナショナルズ
(マーリンズ)エジソン・ボルケス
(ナショナルズ)スティーブン・ストラスバーグ

ブレーブスatメッツ
(ブレーブス)フリオ・テヘラン
(メッツ)ノア・シンダーガード

レッドソックスatパイレーツ
(レッドソックス)リック・ポーセロ
(パイレーツ)ゲリット・コール

ロッキーズatブルワーズ
(ロッキーズ) ジョン・グレイ
(ブルワーズ)ジュニオール・ゲラ

オリオールズatブルージェイズ
(オリオールズ) マルコ・エストラーダ
(ブルージェイズ) ケビン・ゴーズマン

タイガースatホワイトソックス
(タイガース) ダニー・ダフィー
(ホワイトソックス) エルビン・サンタナ

フィリーズatレッズ
(フィリーズ)ジェレミー・ヘリクソン
(レッズ)スコット・フェルドマン

パドレスatドジャース
(パドレス) ジョーリス・チャシーン
(ドジャース) クレイトン・カーショー

インディアンスatレンジャーズ
(インディアンス) コーリー・クルーバー
(レンジャーズ)ダルビッシュ有

マリナーズatアストロズ
(マリナーズ)フェリック・ヘルナンデス
(アストロズ)ダラス・カイケル

エンゼルスatアスレチックス
(エンゼルス)リッキー・ノラスコ
(アスレチックス)ケンドール・グレイブマン


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/05 Wed. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0405

MLB2017年は記録ラッシュ!達成されそうなマイルストーン  




 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が、2017年シーズンに達成されそうな偉業を「Record year? 10 milestones within reach in '17」と題して紹介している。

それをもとに2017年シーズンに期待できるマイルストーン(金字塔)を紹介したい。

【Batting milestones】


■エイドリアン・ベルトレ(レンジャーズ)の通算3000本安打

マリナーズ時代の5年間の印象が薄かったので、いつの間にやらという感じだが、通算安打数を2942安打としており、史上31人目の3000本安打まであと58本まで迫っている。

さらに、1500得点 (あと72) ・3000安打 (あと58) ・600二塁打 (あと9) ・450本塁打 (あと5)と節を刻む1年になりそうだ。



通算3000安打、600二塁打、450本塁打という記録は、殿堂入りのハンク・アーロン、スタン・ミュージアル、カール・ヤストレムスキー以来、史上4人目となる記録ということだ。ただ、足の故障で開幕はDLで迎えた。


■アルバート・プホルス(エンゼルス)の通算600本塁打&3,000本安打

ベルトレと同じドミニカ出身。個人的にはイチローと同じ時期のデビューだったので印象深い選手のひとり。

2000年代を代表するパワーヒッターというイメージがあるが、カージナルスからエンゼルスに移籍後は、ひざの故障もあって成績を下げている。今月16日に37歳を迎えるが、あと9発で通算600本塁打の大台に到達。

これは、バリー・ボンズ、ハンク・アーロン、ベーブ・ルース、アレックス・ロドリゲス、ウィリー・メイズ、ケン・グリフィー・ジュニア、ジム・トーミ、サミー・ソーサ以来、9人目の偉業。

プホルス

さらにプホルスは、通算安打数も2,825本としており、3,000本安打まであと175本。2010年を最後に175安打に届いていないが、14年に172安打をマークしているので十分可能性はある。

インタビューを何度か見たが真面目な性格だというイメージがある。2000年1月1日に結婚したデイドル夫人の連れ子である娘のイザベラさんが、ダウン症児であるためダウン症児とその家族の生活を支援するための基金を設立している。


■マイク・トラウト(エンゼルス)の通算200本塁打

新人王に輝いた2011年から6シーズンで通算168本塁打を記録。誕生日である8月7日までに32ホーマーを放てば、26歳未満の選手としては史上8人目の200本塁打到達となる。

ちなみに、最年少記録は殿堂入りのメル・オットで、1934年に25歳144日の若さで成し遂げたが、トラウトは、それを超えているため残念ながら、最年少記録には届かない。


【Pitching milestones】

■バートロ・コロン(ブレーブス)の通算2,500奪三振

彼もベルトレ、プホルスと同じドミニカン。43歳ながらいまだ第一線で活躍しているベテラン右腕は、史上33人目となる通算2,500奪三振まであと135奪三振。

さらに、メジャー19年間で与えた四球は888個としており、これまで8人の投手しか達成していない、通算2,500奪三振以上、1,000四球以下も視界に捉えている。

ただ、ここでも何度か紹介したが、個人的にはバイオジェネシス・スキャンダルなどで名前があがり、薬物規定違反に抵触しているので、あまり良いイメージの選手ではない。


■フランシスコ・ロドリゲス(タイガース)の通算450セーブ

すでに史上6人目の400セーブを達成。次は、歴代セーブ王マリアノ・リベラ、トレバー・ホフマン、リー・スミス以来、史上4人目となる通算450セーブまであと「20」としている。三振も現時点で1,119個奪っており、今季中にホフマン(1,133)とリベラ(1,173)の奪三振数を抜く可能性が高いとみられている。

Kロッドといえば特徴的なメガネのプレイヤーという印象があるが、最近はしていないようだ。


■クレイトン・カーショー(ドジャース)の防御率1点台

サイ・ヤング賞3度の実績を誇るドジャースの絶対的エースは昨季、腰のケガに見舞われながらも21試合(計149回)の登板で12勝4敗、防御率1.69の好成績をマーク。今季も100イニング以上の登板で防御率1点台に抑えればキャリア4度目で、これは史上13人目の快挙となる。




続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/04/05 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0403

【3分でわかるMLB】カブス王朝築けるのか、投手陣は高齢化が懸念  



今回も先発ローテーションを中心に各チームの戦力を分析してみたい。

ジョン・レスターを軸に下記のような先発ローテーションでシーズンに入るカブス。最優秀防御率のヘンドリクスが5番手というぜいたくな布陣だ。

  1. ジョン・レスター(左)
  2. ジェイク・アリエッタ(右)
  3. ジョン・ラッキー(右)
  4. ブレット・アンダーソン(左)
  5. カイル・ヘンドリックス(右)


レスターとラッキー。2015年サイヤング賞のパフォーマンスからは、やや力が落ちたもののジェイク・アリエッタも再びローテに入った。

穴があるとすれば高齢化。上の3人は30代で、ドジャースからFAのブレット・アンダーソンも29歳で故障あがり。昨年シーズン開幕前の3月に背中の手術を受け4試合に投げただけで不安が残る。

166回2/3を投げたジェイソン・ハメルの穴を埋められるのか、ダメな場合は、マイク・モンゴメリー(4勝5敗/ERA2.52)、エディ・バトラー(2勝5敗/ERA7.17)らがバックアップになる予定。マッドン監督のことだからある程度は織り込み済みかもしれない。

【カブス投手陣2016年スタッツ】
  • 防御率 3.15(1位)
  • 先発防御率 2.96(1位)
  • ブルペン防御率 3.56(4位)
  • セーブ数 38(10位)
  • セーブ成功率 71.70%(4位)

ブルペンは、チャップマンをリリースして、クローザーにはウェイド・デービス、セットアップをヘクター・ロンドン、上原浩治が務める予定。

ただ、デービスは肘に不安を抱えていて、ここでも状態が悪ければロンドンが代役を務めることになる。

野手はベン・ゾブリスト以外、全員20代で、若手が台頭した印象のカブスだが、投手陣は先発、ブルペンともに上原の42歳を筆頭にベテランが多いのが懸念材料だ。

今季も100勝ラインに到達するというメディアやブックメーカーの予想もあるが、カージナルスやパイレーツも黙ってないだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド