メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0705

MLBホームラン・ダービーの8名が出揃う 最近は若手の顔見世興行??  



 ホームラン・ダービーに出場する8名のスラッガーの顔ぶれが発表された。出場選手8枠のうち6枠が埋まっていたが、残っていた2枠がアレックス・ブレグマン(アストロズ)とジョク・ピーダーソン(ドジャース)に決まった。

 期待された大谷翔平は選ばれなかった。メディアの情報をまとめれば、大谷自身は出場に対して前向きな姿勢を見せていたという事だが、残念だった。

 確かに、投手と打者の2WAYが本格化する来年以降は、体に対する負担を考えて球宴出場は避けた方がいいと個人的にはおもっていたが、打者専念が決まっている今年ならコンディション的にも全米ファンへの知名度アップを考えても良いチャンスだったので残念だ。

ということで、一気に興味を失ったが、若手の顔見世興行になって今回も話題性(チャレンジ精神?)で選ばれた選手が多い。


 MLB.comによるとシード順は、7月3日までの本塁打数に従って決定され、第1シードのイェリッチと第8シードのゲレーロJr.、第2シードのアロンソと第7シードのサンタナ、第3シードのベルと第6シードのアクーニャJr.、第4シードのブレグマンと第5シードのピーダーソンがそれぞれ1回戦で激突することになった。


第1シード:イェリッチ(31本塁打)
【最長】462フィート
【最速】時速114.2マイル

日系3世。イチローが第4の外野手だったマイアミ・マーリンズ時代にスタントン、オズーナと共に最強の外野陣を形成していた。


第2シード:アロンソ(28本塁打)
【最長】458フィート
【最速】時速118.3マイル

24歳。18年のマイナーリーグ本塁打王。2019年はルーキーとして開幕人ロスター入りし「2番・一塁手」としてスタメン起用でメジャーデビューを飾った。GMが代わってロビンソン・カノーのトレードなどで大型補強したメッツだったが、それよりもアロンソの成長が一番の好材料になった。


第3シード:ベル(25本塁打)
【最長】474フィート
【最速】時速116.2マイル

26歳のメジャー4年目。昨年、12本塁打で前年の26本から激減したが、今季は復活。自己最高を大きく塗り替える年になりそうだ。スイッチヒッターとして1試合で左右の打席で本塁打を記録したが、それ良いも印象的だったのは、左打席で川に飛び込む場外弾を2本記録していることだろう。


第4シード:ブレグマン(22本塁打)
【最長】440フィート
【最速】時速105.0マイル

昨年のオールスターMVP。青木が在籍した年にルーキーで8番ぐらいを打っていた目立たない選手だったが、力をつけてアストロズのコアな選手になった。


第5シード:ピーダーソン(20本塁打)
【最長】445フィート
【最速】時速113.7マイル

デビュー6年目(実質5年)の27歳。通算87本塁打で、ブレグマンと共に長距離打者たいぷではない。自己最高が15年の26本。今季はキャリアハイの成績を収めそうだが、ベリンジャーに隠れて影が薄い。打率も通算.230とこの程度の選手ならほかにもメジャーにはたくさんいる。


第6シード:アクーニャJr.(20本塁打)
【最長】466フィート
【最速】時速114.3マイル

昨年20歳でデビューし新人王を獲得。8年1億ドルで4月に契約延長している。再建期のブレーブスにおける期待の若手だ。


第7シード:サンタナ(18本塁打)
【最長】426フィート
【最速】時速109.5マイル

地元の期待を背負って「地元枠」で出場する。


第8シード:ゲレーロJr.(8本塁打)
【最長】451フィート
【最速】時速113.7マイル

史上最年少での参戦。素材がいいのは認めるが、8本程度で出場できるのは、父親の名声があったのは言うまでもない。話題性というやつだろう。スターのいないブルージェイズが見切り発車で現地4月26日にデビューさせたが、第1号本塁打が出たのは、5月の中旬になってからだった。穴が多く、現地7月3日終了時点で打率.248、OPS.744と大したことがなく、これなら大谷の方がよほど実績がある。


 ホームラン・ダービーは、毎年、オールスター・ゲームの前日に開催される。今年は、日本時間7月9日にインディアンスの本拠地プログレッシブ・フィールドで行われる。


◇記事参考
http://www.mlb.jp/category/news/#27864



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/07/05 Fri. 06:16 [edit]

CM: --
TB: --
   

0702

MLB オールスター ゲーム 2019の出場選手が決まる【ナ・リーグ編】  



 90回目を迎える「MLB オールスター ゲーム 2019」の出場メンバーが決まった。ナ・リーグでは8回目のクレイトン・カーショーが最多。15人が初選出。移籍に巨額が動いたフィリーズのハーパーやパドレスのマチャドが選出されていない。

 昨秋の日米野球でも来日したカービー・イエーツ(パイレーツ)が救援投手で初選出、クローザーとしてはやや心配だっただけに前半の活躍と球宴出場は自信につながるだろう。

 初選出のスイッチヒッター、ジョシュ・ベルは、ホームのPNCパークで右翼後方に流れるアレゲニー川に打ち込んだこともある長距離砲。昨年の新人王ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)も嬉しい初選出。

 メッツの24歳ピート・アロンソ一塁手は開幕ロスターに入ったルーキー。ここまで本塁打28、打点64、OPS.999は驚異のスタッツでルーキーイヤーから選出された。 


◆2019年オールスター ゲーム出場選手

【ナショナルリーグ】

▽先発出場選手

捕手:ウィルソン・コントレラス(カブス)2回目
一塁:フレディ・フリーマン(ブレーブス)4回目
二塁:ケテル・マーテイ(ダイヤモンドバックス)初
三塁:ノーラン・アレナド(ロッキーズ)5回目
遊撃:ハビアー・バイエズ(カブス)2回目
外野:クリスチャン・イェリッチ(ブルワーズ)2回目
外野:コディ・ベリンジャー(ドジャース)2回目
外野:ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)初


▽選手間投票による選出

捕手:J.T.リアルミュート(フィリーズ)2回目
一塁:ジョシュ・ベル(パイレーツ)初
二塁:マイク・ムスタカス(ブルワーズ)3回目
三塁:アンソニー・レンドン(ナショナルズ)初
遊撃:トレバー・ストーリー(ロッキーズ)2回目
外野:チャーリー・ブラックモン(ロッキーズ)4回目
外野:デービッド・ダール(ロッキーズ)初
外野:ジェフ・マクニール(メッツ)初
先発:ウォーカー・ビューラー(ドジャース)初
先発:ルイス・カスティーヨ(レッズ)初
先発:ジェイコブ・デグロム(メッツ)3回目
先発:柳賢振(リュ・ヒョンジン:ドジャース)初
先発:マックス・シャーザー(ナショナルズ)7回目
救援:ジョシュ・ヘイダー(ブルワーズ)2回目
救援:ウィル・スミス(ジャイアンツ)初
救援:カービー・イエーツ(パドレス)初


▽コミッショナー事務局による選出

捕手:ヤスマニ・グランダル(ブルワーズ)2回目
一塁:ピート・アロンソ(メッツ)初
三塁:クリス・ブライアント(カブス)3回目
遊撃:ポール・デヨング(カージナルス)初
先発:サンディ・アルカンタラ(マーリンズ)初
先発:ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)6回目
先発:クレイトン・カーショー(ドジャース)8回目
先発:マイク・ソロカ(ブレーブス)初



 先発出場選手(ア・リーグ9名、ナ・リーグ8名)、選手間投票33名(ア・リーグ17名、ナ・リーグ16名)、コミッショナー事務局選考14名(ア・リーグ6名、ナ・リーグ8名)が選出された。

 MLBオールスターゲーム2019は7月9日(日本時間10日)、クリーブランド・インディアンス本拠地のプログレッシブ・フィールドで開催される。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/07/02 Tue. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1128

アンドゥハーが大谷に勝つ「プレイヤーズ・チョイス・アウォーズ」新人賞  

 



残念ながらここでは大谷翔平は選ばれなかったようだ。


メジャーリーグ・ベースボール選手会(MLBPA)が与える賞で、選手間投票によって、その年に傑出したプレイヤーに贈られる賞「Players Choice Awards」が発表された。


新人賞の「アウトスタンディング・ルーキー」にはヤンキースのミゲル・アンドゥハー(3B)が選出され、先日発表された全米野球記者協会(BBWAA)選出のア・リーグ最優秀新人に輝いたエンゼルスの大谷翔平(DH/P)は、最終候補者に残っていたものの、受賞はならなかった。


PCAs2018


あのスローイングを含めた拙いサードの守備でアンドゥハーが受賞できるとは驚きだが、彼の27本塁打、92打点、47二塁打は、1936年にジョー・ディマジオが作ったヤンキース記録を更新している。

149試合に出場したアンドゥハーに対して大谷は、シーズン中のブランクが選手たちの目には印象が悪かったのかのだろうか。

ケチをつける気はないが、データサイト「ファングラフス」のWARでも大谷2.8、アンドゥハー2.7と大谷のほうが上回っている。


■プレーヤー・オブ・ザ・イヤー
JD・マルティネス(レッドソックス)


■マービン・ミラー・マン・オブ・ザ・イヤー
※グラウンド上でのパフォーマンスや、自身のコミュニティーへの貢献によって周囲に刺激を与えた選手
カーティス・グランダーソン(ブルワーズ)


■アウトスタンディグ・プレーヤー
ナ・リーグ クリスチャン・イエリッチ(ブルワーズ)
ア・リーグ ムーキー・ベッツ(レッドソックス)

■アウトスタンディング・ピッチャー
ナ・リーグ ブレイク・スネル(レイズ)
ア・リーグ ジェイコブ・デグロム(メッツ)

■アウトスタンディング・ルーキー
ナ・リーグ ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)
ア・リーグ ミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)

■カムバック・プレーヤー
ナ・リーグ マット・ケンプ(ドジャース)
ア・リーグ マイケル・ブラントリー(インディアンス)




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/11/28 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1008

【NLDS】ブルワーズがロッキーズをスイープ!3連勝でCS進出決定  




 ロッキーズの本拠地デンバーに舞台を変えたナ・リーグの地区シリーズ(DS)は、レギュラーシーズン8連勝でストロングフィニッシュしたブルワーズが、その勢いで3連勝(5回戦制)してリーグ優勝決定シリーズ(チャンピオンシップ=CS)に駒をすすめた。


 ブルワーズは1998年にMLBの球団拡張に伴ってナ・リーグ中地区に編入。同地区では、7年ぶり3回目の優勝。ア・リーグ時代の優勝と合わせて4回目の地区制覇。





 今季は優勝を狙って積極補強をしたブルワーズ。マーリンズからクリスチャン・イエリッチ(日米野球で来日予定)、FAで堅守のロレンゾ・ケインを補強。8月にロイヤルズからマイク・ムスターカスを補強。


日系3世のイエリッチは、首位打者を獲得して打線をけん引。ケインもカブスとの地区優勝を決める163試合目で決勝打をマークして存在感を示した。


 投手陣は、先発投手の枚数は足らないが、MLB全体5位のブルペン陣が健闘。ジェレミー・ジェフレス、ダン・ジェニングス、コリー・クネバル、若手の23歳コービン・バーンズ、24歳長髪左腕ジョシュ・ヘイダー、7月にホワイトソックスからトレードのホアキン・ソリアーなどが活躍。


ポストシーズンでは、ブルペンへの依存度が高まるだけに、実に10人がセーブポイントをマークしている多彩なブルペンがチームの持ち味とも言える。


ロッキーズはビジターに弱いデータがそのまま出た感じで、自慢の打線も3試合で2得点と振るわなかった。


CSは現地12日からドジャ-スとブレーブスの勝者と対戦する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/10/08 Mon. 10:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

NL地区優勝決定戦はブルワーズがカブスに勝利、7年ぶり4度目の中部地区制覇  




 史上初の2地区による「地区優勝決定戦」が行われたナ・リーグ(NL)。その第1試合は中部地区のカブスとブルワーズで争われ、ブルワーズがクリスチャン・イエリッチの3安打、1打点の活躍などで制し、2011年以来の地区優勝を飾った。





カブスの本拠地リグレーフィールド行われた試合は、3回にイエリッチのセンター前タイムリーでブルワーズが先制。


5回にカブスが4番アンソニー・リゾの25号ソロで追いついたが、8回に無死二、三塁のチャンスにブルワーズのロレンゾ・ケインがセンタ―前にライナーのタイムリーを放って試合を決めた。


投げては、先発のジョーリス・チャシーンが6回途中まで1安打に抑え、ブルワーズが5人の継投でカブス打線を3安打1失点に抑えた。


この結果、ナ・リーグの最高勝率はブルワーズ。勝率2位がカブスとなった為、カブスは敗れたが、地元に戻ってホーム・アドバンテージを得た上で1試合のみのワイルドカード・ゲームに臨むことになる。


3冠王の可能性があったクリスチャン・イエリッチだが、4打数3安打1打点と猛打賞の活躍をして、確定していた首位打者のタイトルは手中にしたが、打点では110打点で、この時点でトップのハビアー・バエズに1打点足りなかった。


また、本塁打数でもロッキーズのノーラン・アレナドの37本に1本足らない36本だった。日系3世のイエリッチは、この秋の日米野球でもMLB代表の一員として来日を予定している。



関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 06:37 [edit]

CM: --
TB: --
   

0121

【MLB移籍情報】トップ4も決まらず異常なぐらい遅い移籍マーケット  




スプリングトレーニングまで約1カ月、例年と比べ異常なほど遅い移籍マーケット。ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、エリック・ホズマー、J.D.マルティネスといった17年-18年オフのトップ選手たちが、未だにマーケットに残っている。

レッドソックスが、J.D.マルチネスに5年1億ドルを提示したという報道もあるが、本人側の希望額とは大きな隔たりがあるという。ダルビッシュもヤンキースやカブスなど6球団が関心を示し、ヤンキースは具体的な提示もしたという報道もあった。

アリエッタは、ブルワーズなどからオファーがあり、ホズマーは、ロイヤルズとの再契約を望んでいる。

今季は、人材が薄いと言われたFA市場。次の18年-19年が華やかな人材で溢れるだけに、そのタイミングに合わせてぜいたく税をリセットしたい球団もある。

次に大きな買い物をするために、今回は控えるという消費者心理にも似た行動は、分からなくもない。様子見の球団が多いのだろうか。

長期の大型契約は球団経営の足かせになることが多く、そのため大型契約を望む選手代理人と球団側との我慢比べになっている選手もいるに違いない。


マーリンズ


マイアミ・マーリンズが新経営陣に変わって、総年俸を削減するために二冠王スタントンや盗塁王ゴードン、主力外野手オズーナなどを次々にファイヤーセールした。

スタントンのトレード交渉は、ジャイアンツまたはカージナルスという最終段階まできて、急転直下、東海岸のヤンキースに決まるというサプライズだった。これもストーブリーグを全体的に遅れさせた一因かもしれない。

スタントらを放出したマーリンズは、残った選手とチームに確執が生まれた。それは今日現在でも続いており、イエリッチやリアルミュート、移籍してきたカストロなどと球団との不協和音が報道されている。

とくに、主力外野手イエリッチと球団との関係は「取り返しがつかないほどに壊れている」等々の報道があり、2015年3月にマーリンズと契約延長を合意して、オプションも入れれば残り5年の契約があるイエリッチだが、彼の代理人からは「優勝を狙えるチームでプレイさせたい」という事で、再三にわたりトレード交渉を要求しているという。

大谷翔平のポスティング交渉も12月を過ぎるまで待たなければならなかった。

こうした様々な要因が重なって移籍市場は、異常なくらい遅い。その影響もあって日本人選手のイチロー、青木宣親といった実績のある野手組が決まっていない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/21 Sun. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0426

ジーター、ブッシュらのグループがマイアミ・マーリンズ買収のオークション制す  



元ヤンキースのデレク・ジーターとジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らのグループが、マイアミ・マーリンズ買収のオークションを制したことを複数の米メディアが報じている。

落札額は、これまで報じられてきた16億ドルではなく13億ドル(約1,443億円)程度になる模様。

マーリンズ買収劇に関しては、今年2月にトランプ米大統領の娘婿のジャレッド・クシュナーの一族と基本合意したと伝えられたが、双方が否定していた。

その後は、ヤンキース一筋でメジャー通算3465安打の記録をもつジーター氏や、ブッシュ元米大統領の弟であり、フロリダ州知事を務めたブッシュ氏らのグループが有力候補に挙がっていた。

このほど競売が行われ同グループが落札したと25日(日本時間26日)、地元紙マイアミ・ヘラルド電子版が伝えた。




経済・金融情報サイトのブルームバーグ電子版もこの日、同グループが「オークションに勝った」と報じた。

同サイトによると、マーリンズの現オーナーのジェフリー・ロリア氏は同球団を02年に1億5,800万ドル(約175億円)で買収。経済誌「フォーブス」が算出した資産価値は9億4,000万ドル(約1,043億円)だという。

FOXビジネスが以前に伝えたところでは、少なくとも3つのグループがマイアミ・マーリンズ買収に水面下で動いていたようで、ウォールストリートのベテランで、モーガンスタンリーの証券部門のチーフを務め、現在は自身で投資顧問会社を経営しているDavid Samson氏が交渉の窓口となっていた。

ジーターがマーリンズを買収する対象球団として選んだ理由として

(1)タンパに自宅がありマイアミはそこから近いこと
(2)マーリンズはナショナルリーグで、アメリカンリーグ所属のヤンキースと直接的に競合しないこと

などが理由として挙げられていた。

なお、球団の売却にはメジャーリーグ機構(MLB)などの承認(30球団中75%以上の承認)と落札価格の半額以上の現金調達が必要なため、正式な契約は、早くても数カ月後になる。


■記事参考
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170426/k10010961521000.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000028-dal-spo
http://baseball.information0.com/major-baseball/derek-jeter-trying-to-buy-the-marlins/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/26 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0416

マーリンズがデグロームに13三振を奪われながらも4発で逆転、田澤また失点  

 


水面下での買収工作が続くマイアミ・マーリンズだが、同地区ライバルのニューヨーク・メッツをホームに迎えた4連戦のGAME3を2度の逆転劇で勝利し、このカードを2勝1敗としている。

マリナーズはメッツ先発のデグロームに13三振を奪われたが、8回にイエリッチの同点2ラン、スタントンの逆転ソロで勝ち越した。



マーリンズは、このほかボアとオスーナが2回にデグロームからソロホームランを叩き込んだ。全打点はホームランによるものだった。




気になるイチローは8回に代打で登場したが3球三振。今季はまだ1安打、打率.091にとどまっている。

もう一人の日本人プレイヤー田澤純一は、2-3と1点ビハインドの状況だったが、この日もセットアッパーとしての定位置8回に3番手として登場。

先頭を内野フライで打ち取ったが、つづくカブレラにはライトへのソロを許して失点。後続は三振と外野フライで打ち取ったものの、この日も失点してしまった。田澤は、これで6試合、5イニングで自責点4、防御率7.20。

先発の核だったフェルナンデスを不慮の事故で亡くしたマーリンズの先発陣は、ボルケスとストレイリーを補強したがリーグ13位と低迷。ブルペンは昨季リーグ8位だったが、今季は2位の防御率2.76に改善。リリーバーたちが奮闘し6勝5敗のチームを支えている。

田澤の前に投げたダスティン・マゴワン投手も6イニング自責点0を続けている。カイル・バラクロー、移籍のブラッド・ジーグラー も共に防御率1.50と仕事をしている。

ブルペン全体が好調なので、早期に改善しないと田澤の存在感が無くなり前半戦で敗戦処理か、マイナー降格になる可能性も出てきた。

ニック・ウィットグレン(16年48試合/防御率3.14)、ブライアン・エリントン(同32試合/同2.45)らが田澤と代わる可能性は十分ある。

使われ方を見ると指揮官には信頼されているものの結果を出せていない状態が気になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/16 Sun. 14:38 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド