メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0121

オバマ前大統領とメジャーリーグベースボール  

 


◆イチローと初対面

C2m9zRKUoAEFVHJ.jpg


 2009年7月14日、MLBオールスターゲームの試合前にロッカールームを訪れて当時シアトル・マリナーズだったイチローと談話するオバマ前大統領。

 イチローは、大統領に会った際に「What’s up?(調子どう?)」と気さくに話しかけることを計画していたようですが、実際にオバマ大統領に面と向かうと思わず尻ごみをしてしまい「あたなにお会いできて光栄です」と言うのが精いっぱいだったらしい。


◆2度の始球式

C2mr0VcVEAATFAS.jpg

 
 始球式には2度登場しましたが、シカゴ出身の大のホワイトソックスファンだったオバマ前大統領は、ダブダブのホワイトソックス(CHW)のジャージを着て下はジーパン姿で登場。カジュアルすぎてひんしゅくをかったようでした(笑)。ワシントンでもCHW帽を着用してブーイングを浴びたこともあったらしい。


◆オルティズと自撮り

C2nE6HnUUAEEusf.jpg


◆キューバで親善試合(大統領も観戦)

 ここでも紹介しましたが、キューバ―との歴史的和解で17年ぶりの親善試合がキューバ―で開催され、オバマ前大統領も観戦しました。

その他、退任3日前には、ワールドシリーズを108年ぶりに制覇したシカゴ・カブスを表敬訪問しています。 



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2017/01/21 Sat. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0101

大谷翔平、WBCの1次ラウンド初戦キューバ戦に先発  




 日本ハムの大谷翔平投手が、3月7日に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド初戦のキューバ戦に先発することが12月31日、分かった。

 これは日刊スポーツが報じたものだが、小久保監督は、大谷の起用を野手中心でいく方針を固めているが、重要な開幕戦を剛腕で取りに行く。

WBC2017


 強敵キューバとの初戦は、予選ラウンドを優位に進める上ではポイントになることは間違いない。先発投手の65球という球数制限のなかで、大谷がどんなピッチングをするかも注目だ。

「先発候補ではあると思う。いい投手もたくさんいるので初回から飛ばしていける。(キューバ戦を)イメージして合わせていきたい」と大谷はコメントしている。

 大事な短期決戦の初戦、好スタートをきれるのか、メジャーのスカウト陣も大挙して来日するのは間違いない。侍ジャパンは、世界一奪還だが、大谷にとってもメジャーに向けての重要な一戦になる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/01/01 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1111

WBC2017:初戦はキューバ!1次Rは東京ドームで3月7日開幕  




 第4回WBCで日本が参加する1次、2次ラウンド(東京ドーム)の 開催概要が発表された。日本の初戦は3月7日キューバ。同8日にオーストラリア、同10日に中国と対戦する。

 キューバとの国際大会での対戦成績は、プロが出場するようになった1999年10月以降でも8勝13敗1分け。13年の前回大会は1次ラウンドで同組になり、3対6で敗れた。

 余談になるが、MLB(メジャーリーグ機構)は4月4日、今季開幕時のメジャー登録選手(故障者リスト入り含む)864人のうち、米国以外の出身選手が18カ国・地域に拡がり全体の27・5%にあたる238人になったと発表している。

 これは2013年の28・2%、241人に次ぐ数字らしいが、米国外の18の出身国・地域別では、ドミニカ共和国が82人で最多。以下、ベネズエラ63人、キューバ23人と続き、日本の8人は韓国と並び6番目だった。

 初戦で対戦するキューバは、開幕ロースターが23人だが、それ以外のメジャーに近い3Aや期待のプロスペクトを入れると40人ちかく選手が所属し、超一流のチャップマンやセスペデスは出場しなくてもグリエルや若手のモンカダあたりの選手が数人出場するだけでも大幅に戦力アップになる。

それは、本戦で対戦するドミニカやベネズエラも同じだ。

WBC2017 


 今大会から1次、2次ラウンドともに「プレーオフ」が採用された。これにより4チームの総当たり戦を終えて2勝1敗か1勝2敗で3チ―ムが並んだ場合は、後日発表される順位決定方式に基づき2位と3位が対戦。

3戦全勝で1位突破を決めないと、先発投手の起用も苦しくなる。小久保監督は「中4日では回せない日程。先発は最低8人必要」と話す。短期決戦はいつもそうだが、いつも以上に初戦の重要度は、高まっている。


開催概要(スポーツ報知より引用)
 1、2次Rは4チーム総当たり戦。1次Rで2位以内に入れば、ソウルでの別組を勝ち抜いた2チームとともに東京Dで2次Rを戦い、上位2チームが米ロサンゼルスでの準決勝に進出する。

2勝1敗か1勝2敗で3チームが並んだ場合には、同率チームの順位決定ルール(後日発表)に基づき、2位と3位でプレーオフを実施。勝ったチームが、次のラウンドに進む。


侍ジャパン・オフィシャルサイト
http://www.japan-baseball.jp/




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/11/11 Fri. 07:02 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0916

元DeNAのグリエルの弟が練習公開 10月以降に争奪戦  





 8月10日にも紹介したが、兄とともに横浜DeNAに所屬していたルルデス・グリエル(22)が、MLBから正式にインターナショナルFAが承認され、MLBの全球団と交渉できる状態となった。

 それに関連したニュースで現地9月14日、パナマのロッド・カルー・スタジアムで公開練習を行った。この日、60人のスカウトの前で2時間にわたり練習を公開したもよう。打撃練習のほか、ショートとセンターの守備なども披露したという。

th-flags.png

 ルルデスは今年2月に母国キューバから兄のユリエスキとともに亡命。年齢が10月19日で23歳になるためインターナショナルFAの規定に抵触しない23歳になってから(インターナショナル契約の対象外が23歳以上のため)、各球団が契約に乗り出すとみられている。

評価は高く、インターナショナル・プロスペクト・ランキングではキューバ選手で4位にランクされたこともあるという。

内野の各ポジションと、外野も守ることができるユーティリティーで、兄のような即戦力ではないものの期待のプロスペクトとして、このオフのストーブリーグで争奪戦が予想されている。

 なお、2014年に日本プロ野球の横浜DeNAベイスターズでプレーした32歳のユリエスキは、今年7月にアストロズ入り。先月21日にメジャーデビューを果たすと、今月13日までに20試合に出場して打率.328、3本塁打、8打点をマークしている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/09/16 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0905

Rソックス、サヨナラ負けで首位陥落 ロドリゲスが8回二死まで無安打無得点  

 


 リック・ポーセロが7回2失点で19勝目をあげた次の日、レッドソックスはアスレチックス相手に0対1でサヨナラ負けしAL東部地区2位に後退した。

 レッドソックスは先発のエデュアルド・ロドリゲスが8回2死まで無安打無得点のノーヒットノーラン。次の打者の鋭いピッチャー返しをロドリゲスが足で止めて一塁へ送球。一旦はアウトのジャッジが下されたが、ビデオ判定の結果セーフに覆った。

 今季15試合目で最高のピッチングを披露したロドリゲスは、8回を1安打無失点、2四球、5奪三振の好投だった。2勝6敗、防御率4.83。



 しかし、レッドソックスは自慢の打線が23歳左腕の力投を援護できなかった。アスレティックスも7回途中まで無失点の先発ケンドール・グレイブマンから2人の継投でレッドソックスに得点を与えず、0対0で迎えた9回裏の攻撃。

 レッドソックス抑えのキンブレルが、先頭打者に四球を出したあと、4番デイビスにレフトへ二塁打を打たれ、外野手がフェンス当たったクッションボールの処理に手間取ったため一塁走者が一気に生還。

結局、レッドソックスは、2安打のアスレティックスにサヨナラ負けするという後味の悪い試合になった。



 なお、この試合で期待のキューバ出身ヨアン・モンカダ(21)が2安打をマーク。9月の40人枠拡大でメジャーに昇格して以来、3ゲームに三塁手として出場。ここまで、10打数4安打、1二塁打、1打点、3三振で期待通りの活躍をしている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/09/05 Mon. 17:24 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0826

来年3月のWBC、準決勝と決勝はLAのドジャースタジアムで開催  




来年3月に行われるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の準決勝と決勝が、アメリカ・ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われることが25日決まった。

4回目のWBCには、2大会ぶりの優勝を目指す日本をはじめ、16チームが参加し、東京ドームなどで行われる1次ラウンドと2次ラウンドを経て、準決勝に進出する4チームが決まる。

主催者発表によれば、準決勝と決勝を3月20日から22日にかけてロサンゼルスのドジャースタジアムで行うと発表した。同スタジアムは前田が所属するドジャースの本拠地で、決勝は2009年の第2回大会に続き2度目の開催となる。

1次ラウンドは3月9日から12日の日程で、前回大会優勝のドミニカ共和国、米国、カナダ、コロンビアのC組がフロリダ州マイアミで開催。

イタリア、メキシコ、プエルトリコ、ベネズエラのD組がメキシコ・グアダラハラで行う。

各組上位2チームが14から18日にカリフォルニア州サンディエゴでの2次ラウンドに進む。

日本のA組はまず、来年3月7日から11日まで東京ドームで行われる1次ラウンドでキューバ、中国、それにオーストラリアと対戦し、このうち上位2チームが2次ラウンドに進出する。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/08/26 Fri. 12:49 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0821

元DeNAのY.グリエルがメジャー昇格、DHでの起用を指揮官が明言  

 

先日も紹介したグリエル兄弟の兄、ヒューストン・アストロズに入団したユリエスキ・グリエル内野手が、現地21日にメジャー初昇格を果たし、指名打者での起用を指揮官が明言した。

32歳のグリエルは、2014年シーズン途中に日本プロ野球(NPB)の横浜DeNAベイスターズに加入すると、62試合の出場で打率.305、11本塁打、30打点を記録。

先月半ばにアストロズと5年契約(4780万ドル)を結び、チーム傘下のマイナーで調整。打率.250(56打数14安打)、2本塁打、14打点をマークしていた。

わずかながらプレイオフへの望みをつなぐアストロズだが、メジャーの規定で、グリエルをポストシーズンで使えるようにするには8月末の時点で、25人枠に入れておく必要があるためメジャーデビューは秒読み段階とみられていた。



アストロズのA.J.ヒンチ監督は、グリエルについて「マイナーで50打数ほど経験を積んだ」と述べると、「野球選手として見れば、彼は準備が整っており、挑戦することができると思っている」とコメント。

そして、同日に敵地で行われるボルティモア・オリオールズ戦に、指名打者として起用する方針であることを明かした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/08/21 Sun. 17:54 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0810

グリエル兄弟に注目!元DeNAの兄はアストロズでメジャーデビュー近づく  

 


横浜DeNAベイスターズでプレーし、その後、キューバ―からアメリカへ亡命、ヒューストン・アストロズと5年4750万ドルで契約したユリエスキ・グリエル(32)がメジャーデビューに向けてアストロズ傘下2Aコーパスクリスティに昇格することが同チームの公式Twitterでアナウンスされた。

アストロズは現在、地区首位に8.5ゲーム差、ワイルドカードには4.0ゲーム差の位置につけているが、ポストシーズンで使えるようにするにはメジャーの規定で8月末の時点メジャーのアクティブロースター(25人枠)に入れておく必要がある。

そのための手順として、ルーキーリーグ、1Aアドバンスド、さらにレベルを上げて2Aに昇格させるもので、この後は3Aでの調整は行わず、そのままメジャー昇格させる意向だという。

th-flags.png

アストロズは正三塁手のルイス・バルブエナが15日間のDL入り。前後して昇格させたプロスペクトの三塁手で22歳のアレックス・ブレグマンは14試合で打率.143と低迷。このためグリエルは三塁手としてメジャーデビューしそうだ。

また兄とともに横浜DeNAに所屬していたのルルデス・グリエル(22)が、MLBから正式にインターナショナルFAが承認され、MLBの全球団と交渉できる状態となった。

ルルデスの場合は、年齢が10月19日で23歳になるためインターナショナルFAの規定に抵触しない23歳になってから(インターナショナル契約の対象外が23歳以上のため)、各球団が契約に乗り出すとみられている。

ルルデス・グリエルへの評価は高く、インターナショナル・プロスペクト・ランキングではキューバ選手で4位にランクされたこともあるという。

内野の各ポジションと、外野もレフトを守ることができるユーティリティーで、兄のような即戦力ではないものの期待のプロスペクトとして、このオフのストーブリーグで争奪戦が予想されている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2016/08/10 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0716

元DeNAのユリエスキ・グリエルが5年約50億円でアストロズと契約  

 


争奪戦が注目された元DeNAのユリエスキ・グリエル(32)が、ヒューストン・アストロズと5年4750万ドル(約50億円)で合意したと複数のメディアが報じている。

2月にキューバから亡命し6月13日に正式にFAとなったグリエル内野手がどの球団と契約するのか、注目を集めていた。即戦力の内野手ということで今季ポストシーズン進出を狙うメッツ、ドジャース、アストロズなど多くの球団が興味を示していると伝えられていた。



アストロズはポストシーズン進出の可能性を残し、ポストシーズンで起用したい選手は8月末の時点でアクティブロースター(25人枠)に入れておく必要がある。

ということで逆算して8月上旬のメジャーデビューとなりそうでホセ・アルトゥーベ二塁手、カルロス・コレア遊撃手と内野陣を形成。ますます魅力的な内野陣が形成される。

グリエル自身はヤンキースを希望していると伝えられていた。ヤンキースのアロルディス・チャプマン投手(28)はキューバ代表時代にチームメートだった仲で、グリエルとは今年に入って連絡を取り合ったらしい。

グリエル同様にキューバから亡命したメッツのヨエニス・セスペデス外野手(30)は、キューバ代表で5年間一緒にプレーした元チームメートのグリエルと再び同じチームになることを熱望していたという。

グリエル

まだお互いキューバにいた頃、よくグリエルの自宅に遊びに行っていたことを明かし「僕のベストフレンドの1人」だという。

親子ともども国民的ヒーローのグリエルが亡命したというニュースが流れたときは、あまりのショックで絶句。「信じたくなかったよ。でも家族と一緒にキューバを離れたと聞いて、それならあり得るかと納得した。彼は家族との結び付きが強いからね」と話した。

彼がアストロズを選択した事で、セスペデスにとっては残念な結果になった。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/16 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0411

メジャーリーグ開幕 登録選手は27.5%が外国人選手 マリナーズが最多の13人  

 


MLB(メジャーリーグ機構)は4日、今季開幕時のメジャー登録選手(故障者リスト入り含む)864人のうち、米国以外の出身選手が18カ国・地域に拡がり全体の27・5%にあたる238人になったと発表した。

これは2013年の28・2%、241人に次ぐ数字だという。

米国外の18の出身国・地域別では、ドミニカ共和国が82人で最多。以下、ベネズエラ63人、キューバ23人と続き、日本の8人は韓国と並び6番目だった。

キューバ

チーム別では岩隈久志、青木宣親、イ・デホ(李大浩)が所属するマリナーズが13人で最も多く、ロイヤルズが11人で続いた。


関連記事
MLB 868選手の26.5%が外国人選手。日本の9人は5位タイ
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1912.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/04/11 Mon. 01:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド