メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0531

カブス・ダルビッシュvs.カージナルス・マイコラスの投げ合いに注目  



 話題になっていたエンゼルス大谷翔平とマリナーズ菊池雄星の花巻東高校同郷対決はなくなった。


 昨日もご紹介しましたが、大谷は7試合連続出場で、これはトミー・ジョン手術で投手復帰を目指すリハビリ中の大谷にとっては今季最長の出場。左投手と対戦するタイミングで大谷を休ませる方針のエンゼルスにとっては日本のメディアがどう騒ごうが予定通りだったかもしれない。

 マリナーズとエンゼルスのマッチアップは、アメリカンリーグ西部地区の同地区であることから直近では6月8日から10日にも3連戦が組まれ、年間19試合もあるので、今後が楽しみだ。

 それよりも日本時間6月1日のセントルイス・カージナルスとシカゴ・カブスの同地区対決に期待したい。この試合では、ホームのカージナルスが元巨人のマイルズ・マイコラスとカブスではダルビッシュ有が先発するからだ。


マイコラスは今季11試合に登板。4勝5敗、防御率4.76、WHIP1.171。奪三振率6.6、与四球率1.4。

ダルビッシュも同じく11試合、2勝3敗、防御率5.40、WHIP1.618。奪三振率11.0、与四球率6.2。



 マイコラスは日本から帰国した18年に防御率2.83(リーグ4位)、勝率.818(同1位)、200.2イニング(同6位)、WHIP1.07(同5位)とチームのエース級の活躍。18勝をマークしてマックス・シャーザー、ジョン・レスターと並んで最多勝のタイトルを受賞した。

契約も20年から4年総額6800万ドル(約74億8000万円)に延長、名もない選手が日本で実績を積んでアメリカンドリームを手にした。しかし、今季は相手チームに研究されたのか昨年ほどのスタッツではなく、チームの先発陣もMLB20位(防御率)と低迷している。

 ダルビッシュもご存知のように球威はあるものの制球難が響いて本来のパフォーマンスを出せていない。球威を見てもトミー・ジョン手術の影響ない。暖かく湿気の多い南部のテキサスから、寒くて風が吹き荒れる五大湖周辺のシカゴという環境。指名打者制のアメリカンリーグから投手も打席に立ち第3打席や第4打席で代打を送られることが多いナショナルリーグの野球に適応中だ。

 両投手ともここは、本来の力を出してチーム内での信頼を回復したいところだろう。白熱した投手戦に期待したいものだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/05/31 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0427

MLBとNFLのドラフトで史上初1巡目指名 ハイズマン賞QBカイラー・マレー  



 テネシー州ナッシュビルで開催された全米注目のNFLドラフト2019全体1位指名は、オクラホマ大のハイズマン賞受賞クォーターバック(QB)、カイラー・マレーだった。マレーはMLBドラフト2018でもオークランド・アスレチックスから1位指名を受けており、MLBとNFLで1位指名を受けた史上初の選手となった。

 元テキサス工科大のヘッドコーチ(HC)だったクリフ・キングベリーが新たに指揮をとるNFLアリゾナ・カージナルスが全体1位で指名したわけだが、キングベリー新HCもカレッジ時代にオクラホマと対戦しており、その時のQBが今回指名したマレーで「もし可能なら全体1位で彼を指名したい」とも語っていたという。

 オクラホマ大はアメリカンフットボールでNCAAトップ20の常連校。昨年のNFLドラフトでも同大学出身のQBベイカー・メイフィールドがクリーブランド・ブラウンズの1巡指名(全体1位)を受けており、2年連続で全体1位指名のQB、しかもハイズマン賞受賞QBを輩出するというのは快挙だ。

 ちなみに、NFL中継(録画)をたまたま見ていたがメイフィールドは、昨年の第3週途中から正QBのタイロッド・テイラーが負傷退場により急遽出場して連敗中のチームに635日ぶりの勝利をもたらした。(ブラウンズは前年16戦全敗だった)




 話が脱線したが、マレーは先輩メイフィールドのように活躍できるのかどうか疑問が残る。ハイズマン賞受賞のQBは活躍できないという説もあるが、これはあくまでもジンクス。

 マレーは178センチと小さなQBだ。これが、パス攻撃のネックになる。

 これに対しては、シアトル・シーホークスのQBラッセル・ウィルソンも小さいが活躍しているという評価もある。彼もMLBロッキーズから内野手で4巡指名を受けている。

 ただ、ウイルソンが活躍したのは「リード・オプション」というランニング攻撃主流の時代。その時にモバイルQBとして登場して成功した。しかも、当時NFLで最強と言われたディフェンス陣が相手の攻撃を最少得点に抑えて、ウイルソンのランオフェンスが時間をコントロールしながら後半逆転する展開や僅差での勝利が多かった。

 クリフ・キングベリーが新たに指揮をとるアリゾナ・カージナルスとはわけが違う。キングスベリーHCのエア・レイド・システムに完璧にフィットするというマレーだが、NFLの場合、レギュラーシーズンがわずか16試合しかなく、個人成績よりも「勝てる司令塔QB」が評価される。

 カージナルスはパッシング主流の攻撃スタイルなので総合的に評価すれば、ウイルソンの時とマリーの場合は背景が違いすぎる気がする。

 マレーのアリゾナ・カージナルスとウイルソンのシアトル・シーホークスは同地区ライバルで年間2度対戦するので今から楽しみだ。





◇記事参考
https://nfljapan.com/headlines/40725


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/27 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0227

【MLB契約情報】元巨人のマイコラスがカージナルスと4年6800万ドルで契約延長  



 元巨人のマイルズ・マイコラスがカージナルスと4年6800万ドルで契約延長にサインしている。これは、MLBネットワークのジョン・ヘイマンらが最初に伝えている。


 マイコラスは、メジャー復帰1年目にしてリーグ最多タイの18勝をマーク。故障者が続出したカージナルスの先発ローテーションを支えた。





 この契約は年俸調停1年目になる20年からの4年間。(19年は775万ドル)


日本球から復帰した男が年平均1700万ドル。18年は775万ドルだったので大幅アップしたことになる。夢のある話だ。


 マイコラスの昨季は32試合、200回2/3イニングをなげて18勝4敗、防御率2.83、WHIP1.073.。rWAR4.3という見事な数字を残した。オールスターにも初選出された。


また、19年シーズンの開幕投手にも指名されている。


 昨年は3位に甘んじたカージナルスだったが、18年オフには主砲ポール・ゴールドシュミットをトレードで獲得。MLB20位だったブルペンも左腕のアンドリュー・ミラーをFAで獲得。ここへきて控えの捕手としてベテランのマット・ウィータース獲得に向けて最終段階に入っているという。


《カージナルスの予想先発ローテーション》
先発1:マイルズ・マイコラス
先発2:カルロス・マルティネス
先発3:ジャック・フラハティ
先発4:マイケル・ワカ
先発5:アダム・ウェインライト

抑え:ジョーダン・ヒックス


《カージナルスの主な補強》
ハンター・セルベンカ(左腕:FA)
ポール・ゴールドシュミット(一塁手:トレード)
マイク・ハウスチャイルド(右腕:FA)
トミー・レイン(左腕:FA)
アンドリュー・ミラー(左腕:FA)
ウィリアムス・ペレス(右腕:FA)
ドリュー・ロビンソン(外野手:トレード)

※マット・ウィータース(捕手:FA)マイナー契約予定



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2019/02/27 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0207

MLB2019 ディビジョン別の新戦力補強状況《NL-CENTRAL》  

 


 もうすぐ各球団のスプリングトレーニングがスタートするが、オフの移籍市場は依然としてゆっくりと動き続けている。ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか? 各球団が、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


  ディビジョンごとに新戦力を紹介。今回は、その第5弾、ナショナルリーグの中部地区。(日本時間2月4日時点、太字は40人枠)

■ブルワーズ

アレックス・クラウディオ(左腕:トレード)
ベン・ギャメル(外野手:トレード)
ヤスマニ・グランダル(捕手:FA)
デオリス・ゲラ(右腕:FA)
コリー・スパンジェンバーグ(二塁手:FA)
ボビー・ワール(右腕:トレード)

ジェイク・ヘイガー(二塁手:FA)
アンヘル・ペルドモ(左腕:FA)
タフィー・ゴースウィッシュ(捕手:FA)

グランダルの補強は大きい。ほかに二塁手と外野の控えとしてマリナーズからギャメルを加えている。先発ローテーションが弱い気がするがFAになった先発左腕ジオ・ゴンザレスとの再契約はないのだろうか?


■カブス

トニー・バーネット(右腕:FA)
ブラッド・ブラック(右腕:FA)
ダニエル・デズカルソ(二塁手:FA)
ケンドール・グレイブマン(右腕:FA)

コリン・レイ(右腕:FA)
田澤純一(右腕:FA)
ローワン・ウィック(右腕:トレード)

10人がFAになったカブス。そのうち2人の救援投手、ブランドン・キンツラーとペドロ・ストロープとは再契約した。

カブスは、絶対的なクローザーがいない。セットアップマンも不安定。昨年13セーブのストロープは実績がない。そうしたこともあって今オフのカブスは、昨今のトレンドを反映してか、救援投手をトレードやFA、ウェーバーで大量補強している。それは、クローザーを含めてバックの3人を不安視している裏返だ。

田澤の昇格はきびしいかもしれない。バーネットは40人枠で開幕ロースターの可能性がある。ブラッド・ブラックを後半のどこで使うのかにも注目だ。


■カージナルス

ポール・ゴールドシュミット(一塁手:トレード)
アンドリュー・ミラー(左腕:FA)
ドリュー・ロビンソン(外野手:トレード)

ハンター・セルベンカ(左腕:FA)
ウィリアムス・ペレス(右腕:FA)
マイク・ハウスチャイルド(右腕:FA)
トミー・レイン(左腕:FA)

MLB全体で20位だったブルペンは、アンドリュー・ミラーを追加したが、剛速球クローザー、22歳のヒックスは不安が残る。ゴールドシュミットの獲得は打線にインパクトを与える。他チームにとっても脅威になる。


■パイレーツ

スティーブン・バロン(捕手:FA)
ロニー・チゼンホール(外野手:FA)
ロベルト・ゴメス(右腕:FA)
エリック・ゴンザレス(二塁手:トレード)
姜正浩(三塁手:FA)

パトリック・キブラハン(外野手:FA)
ジョーダン・ライルズ(右腕:FA)
タイラー・ライオンズ(左腕:FA)
ブランドン・マウアー(右腕:FA)
フランシスコ・リリアーノ(左腕:FA)

二遊間が穴で、4年目のエリック・ゴンザレスをインディアンスからトレードで獲得したが、実績がない。インターナショナル・ドラフトでドミニカ出身の25歳内野手、ベネズエラ出身の26歳内野手を獲得している。ベテラン左腕リリアーノともマイナー契約した。


■レッズ

マット・ボーマン(右腕:ウエーバー)
ザック・デューク(左腕:FA)
カイル・ファーマー(捕手:トレード)
ソニー・グレイ(右腕:トレード)
マット・ケンプ(外野手:トレード)
ヤシエル・プイーグ(外野手:トレード)
タナー・ロアーク(右腕:トレード)

レイベル・サンマーティン(右腕:トレード)
アレックス・ウッド(左腕:トレード)

ケンプとプイーグの両翼はディビジョン全体のパワーバランスに影響するかもしれない。先発陣もマット・ハービーがFAで去ったが、グレイ、ロアーク、ウッドの3枚を獲得している。

関連記事

Posted on 2019/02/07 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1222

【MLB移籍情報】カージナルスがブルペン強化 アンドリュー・ミラーを獲得  




メジャーリーグではクリスマス休暇を前に主力選手たちの大型契約が決まっている。


この3年間、カブスやブルワーズの台頭で地区優勝どころかプレイオフ進出もできなかったセントルイス・カージナルスが、左腕の実績あるリリーバーで、インディアンスからフリーエージェント(FA)になっていたアンドリュー・ミラーを獲得している。





契約内容は、2年2500万ドルで、今季は900万ドルだったことを考えると、その期待の高さがわかる。この契約には、ミラー側が拒否できるメジヤー全球団とのノー・トレード条項や一定の条件を満たせば自動的に契約が延長されるベスティング・オプションも盛り込まれている。


契約の詳細まではわからないが、「The Athletic」のケン・ローゼンタール氏によると19年と20年シーズンで110試合以上に登板すれば自動的に契約が延長されるオプションで、バイアウトも250万ドルになっているようだ。


来季34歳になるミラーは、メジャーでの通算投球回数725回1/3で防御率3.98(FIP3.49)、107ホールド、53セーブ。ヤンキースからインディアンスに移籍した16年のポストシーズンでの活躍が記憶に新しい。


Du9I_n5X0AIHepy.jpg


ただ、心配なのはハムストリング、膝、肩と故障が原因で、5年間続いた防御率2点台(16年、17年は1点台)から防御率4.24(FIP3.51)と悪化していることで、ヘルシーならという条件付きだが、今季、MLB全体で20位と低迷したブルペンの軸となってチームの救世主になるだろう。


メジャーキャリア13年(MLBサービスタイム10.062)のベテランが、22歳の若き快速球男でクローザーとしての成長が期待されるジョーダン・ヒックスのメンター的な存在になればいい。




関連記事

Posted on 2018/12/22 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1206

【MLB移籍情報】カージナルスがDバックスの主砲ゴールドシュミットを獲得  




 メジャーリーグでは、「サンクスギビング・デー」を過ぎて大物選手の契約が先に決まり、それ以外の選手たちは12月上旬の「ウィンターミーティング」からクリスマス休暇までにバタバタと移籍先が決まっていくパターンが多い。


今季もマリナーズのロビンソン・カノーがメッツへトレード。この移籍劇は、今季57セーブのセーブ王エドウィン・ディアスもパッケージになった大型トレードだった。


 そして5日(日本時間6日)には、カージナルスがダイヤモンドバックスのポール・ゴールドシュミット一塁手をトレードで獲得した。MLB公式サイトが報じている。


 このトレードでカージナルスからダイヤモンドバックスへの交換要員は、今季7勝11敗のルーク・ウィーバー投手、プロスペクトのカーソン・ケリー捕手、今季マイナーで21本塁打のアンディ・ヤング二塁手と2019年ドラフトにおける戦力均衡ラウンドBの指名権。


ルーク・ウィーバー投手は14年のドラフト1巡目(全体27位)でカージナルスが指名した25歳の若手右腕。カーソン・ケリー捕手は12年のドラフト2巡指名(全体86位)の24歳。すでにメジャーデビューしており、将来に期待して来季の開幕ロースターも考えられる。


ゴールドシュミット


 ゴールドシュミットは今季158試合で打率.290、33本塁打、83打点をマーク。出塁率.389、長打率.533、OPS.922でrWAR5.4という高いスタッツを残している。


これまでも2013年にホームラン王、打点王の2冠に輝き、シルバー・スラッガー賞4度受賞。6年連続でオールスターにも選出されているリーグを代表するスラッガーだ。


カージナルスは、昨年のジャンカルロ・スタントン争奪戦にも敗れていたが、念願の右の大砲を手に入れた。


ゴールドシュミットの獲得では1対3プラスドラフト指名権を手放しての獲得になったが、来季の契約は1450万ドルで実績から考えても格安。31歳と脂の乗り切った年齢でもあることから複数年の契約延長も視野に入れての獲得だろう。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/12/06 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1026

日米野球で来日予定のモリーナにロベルト・クレメンテ賞  




 人格的に優れ、社会貢献活動を精力的に行っているメジャーリーグ選手に贈られる「ロベルト・クレメンテ賞」にカージナルスの捕手ヤディアー・モリーナが選ばれた。


1971年から始まったこの表彰は、ニカラグア大地震の支援活動へ向かう際に墜落事故で亡くなったプエルトリコ出身のメジャーリーガー、ロベルト・クレメンテ(1955~1972年)の名前を冠した賞で、モリーナも同国出身。


プエルトリコ出身の選手が同賞を受賞するのは、2006年のカルロス・デルガド、2013年のカルロス・ベルトランに続いてモリーナが3人目。


カージナルスの選手としては1975年のルー・ブロック、1995年のオジー・スミス、2008年のアルバート・プホルス、2013年のカルロス・ベルトランに続いて5人目。


DqUhUd5U0AAb1OO.jpg



MLB.comによると2010年に「Foundation 4」という基金を立ち上げたモリーナ。近年ではハリケーン「マリア」で甚大な被害を受けた母国の被災者支援に尽力した。


昨年もシーズンが終了した2日後にプエルトリコに降り立ち、朝から晩まで自身の足でプエルトリコの町を歩き回り、支援物資を配布したり、散乱した瓦礫を取り除いたりと、14日間にわたって懸命な活動を続けたという。そうした直接現地に足を運ぶ行動が評価された。


e900e66aaf590c64fafed8a7cb402907-1-614x315 (2)


モリーナといえば忘れられないのが、2年前の2016年7月15日(日本時間16日)のセントルイスでの試合だろう。


当時、史上30人目の3000本安打に迫っていたイチローが代打で打席に立つと、モリーナが座ろうとせず、セントルイスのファンたちの贈るイチローへの声援に時間を作った。


ここでも記事にしたが、モリーナの粋な計らいだった。敵の選手をスタンディングオベーションで称えるファン、そのために間を稼ぐ相手の選手。


彼は、ファンがイチローに対するセレブレーションを知っていた。彼自身も一流選手として肌で感じているからだろう。


彼は「僕たちは戦っている。戦っているわけだけど、時にああいう形で、相手選手に敬意を払わなければならないことがある。イチローは、敵味方を超越しているし、それに値する選手だ」と、インタビューに答えている。


モリーナは、メジャーリーグ代表と日本代表「侍ジャパン」が対戦する「日米野球2018」に来日することが決まっている。


◇関連記事
【イチロー伝説】セントルイスの捕手モリーナ、一流だけが知る感覚



関連記事

Posted on 2018/10/26 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

M.マイコラスが8回1失点の好投でハーラートップタイの18勝目  

 


ナ・リーグは、残り2試合になっても地区優勝が決まっているのが東部地区のブレーブスだけという大混戦。


中部地区はカブスとブルワーズ。西部地区はロッキーズとドジャース。地区優勝をかけた激戦は最終戦までもつれ、場合によっては、もう1試合(163試合目)が行われるかもしれない状況になっている。


そんな中でカージナルスのマイルズ・マイコラスが29日(日本時間30日)、敵地でのカブス戦に先発登板し18勝目を飾った。


マイコラスは、8回を99球(ストライク73)、被安打5、奪三振6、無四球、失点1(自責点0)の好投で、2対1の勝利に貢献。カージナルスは3連勝してドジャースが2連敗すればワイルドカードによるポストシーズン進出が可能だが、勝負のかかった大一番で、圧巻の投球、首の皮一枚のチームに望みをつなげる1勝だった。


これでハーラートップタイの18勝目。マックス・シャーザー(ナショナルズ)、ジョン・レスター(カブス)と並んで最多勝利投手のタイトルを獲得しそうだ。4敗しかしておらず勝率.818はリーグトップを誇っている。


DnziccUXUAA0kQq.jpg


読売ジャイアンツからメジャーにカムバックした今季は、シーズンを通して好調をキープ。開幕から6連勝。終盤も9月は5連勝、そのうち3試合がハイクオリティスタート(7回を自責点2以下)。これで投球回数も200回2/3イニング(リーグ6位)と大台を越えた。


防御率も2.83(リーグ4位)、WHIP1.07(リーグ5位)。与四球率(BB/9)ではリーグ1位の1.30だ。32試合の登板で与えた四球が36という制球力の良さが光った今季のマウンドだった。


マイコラスはこれまで12年に2勝(1敗)、14年に2勝(5敗)しかしておらず、すべてにおいてキャリアハイのシーズン。 故障者が続出した先発陣の中で、2ケタ勝利を挙げているのはマイコラスだけ。まさにローテーションの柱となる活躍を見せた。




▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2018/09/30 Sun. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0927

歴史に残る混戦!カブスとブルワーズもPO進出決定、残りは2枠  




 終盤まで大混戦のナショナルリーグだが、東部地区のブレーブスに続いて、ナ・リーグ中部地区のカブスとブルワーズが26日(日本時間27日)、ワイルドカード(WC)2位以上が確定し、ポストシーズン進出を決めた。カブスは4年連続。ブルワーズは2011年以来7年ぶり。


ただ、地区優勝は決まっておらず1位カブスと2位ブルワーズのゲーム差はわずか0.5。残りの試合はカブスが4試合。ブルワーズが3試合。直接対決はない。


DoEnA1wUcAAErXe.jpg


 
 もっと厳しい戦いは西部地区。1位のドジャースのドジャースが3位ダイヤモンドバックスに敗れて、ロッキーズがフィリーズに勝ったため再びロッキーズが首位に返り咲き。


残りのカードは、ドジャースがロードでのジャイアンツ戦が3試合。ロッキーズは、フィリーズと残り1試合、カージナルスと3試合の計4試合、全てホームでの試合が残っている。


中部地区、西部地区ともに最終戦までもつれ込みそうな状況だ。残り2枠をかけて、特にWCは、カージナルスにもチャンスがあり、ロッキーズとカージナルス戦は目が離せないカードになりそうだ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   





関連記事

Posted on 2018/09/27 Thu. 15:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0924

カージナルスのマイコラスが17勝目、SFジャイアンツ相手に7回2失点  




マイルズ・マイコラスが23日(日本時間24日)、本拠地セントルイスでのジャイアンツ戦に先発登板し17勝目を飾った。


マイコラスは、7回を96球(ストライク72球)、被安打2、奪三振8、無四球。7回にエラー出たランナーを置いてクロフォードに本塁打を打たれるまで、1安打に抑え、ゲームを完全にコントロールした。


結局、失点2(自責1)の快投でリーグトップタイの17勝目。4敗しかしておらず勝率.810はリーグトップを誇っている。


DnziccUXUAA0kQq.jpg


NPBの読売ジャイアンツからメジャーにカムバックした今季は、シーズンを通して好調をキープ。2ケタ勝利を挙げているのはカージナルスではマイコラスだけで、ここまで192イニング(リーグ6位)を投げてローテーションの柱となる活躍を見せている。


防御率も2.94(リーグ5位)、WHIP1.09(リーグ6位)。制球力の良さが特徴で与四球率(BB/9)ではリーグ1位の1.35だ。マイコラスは12年に2勝(1敗)、14年に2勝(5敗)しかしておらず、すべてにおいてキャリアハイのシーズンだった。


この勝利でカージナルスは中部地区3位ながら勝率.558で、2チームに与えられるワイルドカード2位をキープ。この時点で、西部地区の2位ロッキーズを2ゲーム差に引き離した。


昨年は、西部地区の3チームがポストシーズンに進出したナ・リーグだが、マイコラスの活躍等で、今季は中部地区のカブス、ブルワーズ、カージナルスの3チームが進出する展開になるかもしれない。


▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/09/24 Mon. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド