メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0121

【MLB移籍情報】トップ4も決まらず異常なぐらい遅い移籍マーケット  




スプリングトレーニングまで約1カ月、例年と比べ異常なほど遅い移籍マーケット。ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、エリック・ホズマー、J.D.マルティネスといった17年-18年オフのトップ選手たちが、未だにマーケットに残っている。

レッドソックスが、J.D.マルチネスに5年1億ドルを提示したという報道もあるが、本人側の希望額とは大きな隔たりがあるという。ダルビッシュもヤンキースやカブスなど6球団が関心を示し、ヤンキースは具体的な提示もしたという報道もあった。

アリエッタは、ブルワーズなどからオファーがあり、ホズマーは、ロイヤルズとの再契約を望んでいる。

今季は、人材が薄いと言われたFA市場。次の18年-19年が華やかな人材で溢れるだけに、そのタイミングに合わせてぜいたく税をリセットしたい球団もある。

次に大きな買い物をするために、今回は控えるという消費者心理にも似た行動は、分からなくもない。様子見の球団が多いのだろうか。

長期の大型契約は球団経営の足かせになることが多く、そのため大型契約を望む選手代理人と球団側との我慢比べになっている選手もいるに違いない。


マーリンズ


マイアミ・マーリンズが新経営陣に変わって、総年俸を削減するために二冠王スタントンや盗塁王ゴードン、主力外野手オズーナなどを次々にファイヤーセールした。

スタントンのトレード交渉は、ジャイアンツまたはカージナルスという最終段階まできて、急転直下、東海岸のヤンキースに決まるというサプライズだった。これもストーブリーグを全体的に遅れさせた一因かもしれない。

スタントらを放出したマーリンズは、残った選手とチームに確執が生まれた。それは今日現在でも続いており、イエリッチやリアルミュート、移籍してきたカストロなどと球団との不協和音が報道されている。

とくに、主力外野手イエリッチと球団との関係は「取り返しがつかないほどに壊れている」等々の報道があり、2015年3月にマーリンズと契約延長を合意して、オプションも入れれば残り5年の契約があるイエリッチだが、彼の代理人からは「優勝を狙えるチームでプレイさせたい」という事で、再三にわたりトレード交渉を要求しているという。

大谷翔平のポスティング交渉も12月を過ぎるまで待たなければならなかった。

こうした様々な要因が重なって移籍市場は、異常なくらい遅い。その影響もあって日本人選手のイチロー、青木宣親といった実績のある野手組が決まっていない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/21 Sun. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0102

ダルビッシュらのFAトップ4が未だ決まらない状況、その背景にあるものとは...  

 


ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーが17年オフのFAトップ4と言われているが、いずれの選手も契約が決まらず年が明けた。

ダルビッシュを除く3名はスコット・ボラス氏が代理人。ほかに、グレッグ・ホランド、マイク・ムスターカスも敏腕代理人のボラス氏が抱えている選手たちだ。

それが原因(代理人が有利な契約を結ぶために契約が遅れている)とは言い難いが、背景には資金の豊富なヤンキースとドジャースが「Luxury tax」(ぜいたく税)をいったんリセットするために、年俸総額を抑えようとしていることも影響しているのかもしれない。

一説には、こうしたFA契約が決まらない背景には、再建モードに移行したチームからの流出も影響しているという。

先発投手の補強が最優先事項だが、資金力のないチームにとっては、格安なトレード市場でも獲得できるとなると無理をしてでも代理人の高い要求を受け入れなくてもよくなって、結果的に大物選手のFA契約にも影響しているという。

大物選手イコール長期契約というのが、これまでの常識だが、総額1億ドルと年平均2,000万ドルを越える契約を手にしている現役の選手は14名。

そのうち費用対効果の良い選手は2度目のサイ・ヤング賞を獲得したナショナルズのマックス・シャーザー(7年2億1,000万ドル)が、この3年で657回2/3、防御率2.76、奪三振828、WHIP0.93という抜群の成績を残している。

カブスのジョン・レスター(6年1億5,500万ドル)も評価が高い一人だが、レスターも33歳となった17年は、180回2/3で防御率4.33、WHIP1.32と下降線をたどった。

それでも、まだ良い方で、デビッド・プライス(7年2億1,700万ドル)はレッドソックス移籍2年目の17年は、故障で長期離脱して、ポストシーズンではブルペン要員だった。

ダイヤモンドバックスのザック・グレインキー(6年2億650万ドル)は移籍1年目の16年が158回2/3で防御率4.37と期待外れだった。

ロビンソン・カノーは10年2億4,000万ドルで4年を過ぎたが、17年は、この10年で初めて故障者リストに入り、成績も打率.280、出塁率.338、長打率.453、OPSも.800を下回る.791に終わった。

オリオールズと7年1億6,100万ドルで契約したクリス・デービスは、2年間で64本塁打を放ったが、17年は打率.218、出塁率.322、長打率.443、OPS.765で彼もOPSで.800を下回る普通のスラッガーといった成績だ。

もっと酷いのは、9年2億1,400万ドルでタイガースと契約したプリンス・フィルダーは17年は全くプレーできず、契約の年数が残った状態で引退。3月から配信のインターネット料理番組「フィルダーズ・チョイス(Fielder's Choice)」で、バットをマイクに代えて妻とともに司会進行役を務めている(笑)

ほかにもカール・クロフォード、ジョシュ・ハミルトンなどは長期契約の最終年である17年に打席に立つことはなかった。

長期の大型契約選手のほとんどが、不良債権もしくはチームの補強の足かせとなっているこうした状況が、大物FA選手たちの長期契約を厳しいものにしているという報告もある。

メジャーリーグの長期契約は、今後ますますディールできない状況になるかもしれない。

31歳のダルビッシュをトップに、アリエッタ(31歳)、ホズマー(28歳)、マルティネス(30歳)の4人は年俸が2,000万ドル以上、契約総額が1億ドルを越える可能性が高いと予想されている。1月も水面下での駆け引きが続くものと思われる。



ブログランキング・にほんブログ村へ

▽こちらの記事を参考にしています。

https://baseball.information0.com/major-baseball/megadeals-scared-mlb-into-hot-stove-freeze/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2018/01/02 Tue. 16:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1227

【MLB移籍情報】まだ契約の決まらない大物FA選手リスト  

 


FA市場は今オフよりも次の年の方が人材が豊富ということもあり、どのチームも使える予算の枠を残すために、今オフでの大型契約は避けたいという思惑が見え隠れしているストーブリーグだ。

ダルビッシュ有、イチロー、上原浩治、青木宣親らの日本人選手たちの動向が気になるが、ここでは今オフのFA選手たちのなかで契約の決まっていない大物選手をピックアップした。


エリック・ホズマー一塁手(ロイヤルズFA) 

ホズマー


17年の年俸は1,225万ドル。ロイヤルズのQOを拒否。予想では6年1億3,200万ドルという数字がMLB公式サイトに出ていた。

パドレスが追いかけているが、一塁のウィル・マイヤーズを外野に戻してホズマーのために一塁を空けるというプランもあるらしい。

パドレスが1億2,000万ドルを提示したという噂も流れているが、ホズマーの代理人はスコット・ボラス氏で、その程度の金額では決まらないのだろう。ホズマー自身がロイヤルズと再契約を望んでいることが大きい気がする。ほかにレッドソックスという名前も挙がっている。


J.D.マルティネス外野手(ダイヤモンドバックスFA)
MLB公式サイトの記事では、大型契約を希望していることが新天地探しを長期化していると指摘。というより彼も代理人がスコット・ボラス氏だ。

一方で、移籍市場に同選手以上の強打者は存在せず、レッドソックスとジャイアンツなどが有力候補とみられているようだ。


ルーカス・ドゥーダ一塁手(レイズFA)
17年は1,000万ドルの年俸。夏にメッツからレイズに移籍。14年に続いて2チームで30本塁打の大台に乗せた。

マット・アダムズがナショナルズと契約、ミッチ・モアランドがレッドソックス、ヨンダー・アロンソがインディアンスと契約したので、一塁手を探しているチームは絞られてきた。32歳で故障歴があるのがマイナスイメージなのかもしれない。


ジェイク・アリエッタ投手(カブスFA)
アリエッタもスコット・ボラス氏が代理人。先発投手は彼を始め、ダルビッシュ有(ドジャースFA)、ランス・リン(カージナルスFA)、アレックス・コッブ(レイズFA)と、昨年に比べ大物FA選手が多く、彼ら全員が依然としてFA市場に残ったままだ。

さらにゲリット・コール(パイレーツ)、クリス・アーチャー(レイズ)らにもトレードの可能性があるため、全体的に動きが鈍くなっているという。


ウェイド・デービス投手(カブスFA)
トップクラスのクローザーであることは間違いない。ここ2年はヤンキースのアロルディス・チャプマンと遜色ない成績を残してきた。今オフはクローザーのニーズが少なく、それが交渉難航につながっているという。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/27 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1225

2017-18シーズンオフのFA移籍先リスト(一塁手編)  




今オフのフリーエージェント(FA)選手をポジション別にピックアップ。今回は一塁手編。20人近くいるが、その中から気になる選手をピックアップした。


【今オフFAになった一塁手の移籍先】
年齢/最終所属/17年サラリー/


カルロス・サンタナ(31)
インディアンス 1,200万ドル ※QO拒否
3年6,000万ドルでフィリーズと契約。

ミッチ・モアランド(32)
レッドソックス 550万ドル
2年1,300万ドルでレッドソックスと再契約。

ヨンダー・アロンソ(30)
マリナーズ 400万ドル
2年1,600万ドルでインディアンスと契約。

マット・アダムス(29)
ブレーブス 約350万ドル
1年400万ドルでナショナルズと契約。
インセンティブ50万ドル。



blog_import_54ca745572dda.jpg



上の一覧は日本時間12月24日までの情報。まだ、決まっていない選手が下記。


エリック・ホズマー(28)ロイヤルズ 1,225万ドル ※QO拒否
ルーカス・ドゥーダ(31)レイズ 725万ドル
マイク・ナポリ(36)レンジャース 600万ドル
ローガン・モリソン(30)レイズ 275万ドル
ペドロ・アルバレス(30)オリオールズ 200万ドル
アダム・リンド(34)ナショナルズ 180万ドル
クリス・カーター(30)アスレチックス 350万ドル



今季シルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞をダブル受賞したエリック・ホズマーはロイヤルズとの再契約が最優先らしく、パドレスが球団史上の最高年俸を提示しているというニュースもあったが可能性は低いらしい。

ロイヤルズが、フランチャイズ選手とも言うべきホズマーの再契約に成功するか、その動向に注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/12/25 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1117

【MLB移籍情報】2017-18シーズンオフのFA選手一覧(一塁手編)  



今オフのフリーエージェント(FA)選手をポジション別にピックアップ。今回は一塁手編。20人近くいるが、その中から気になる選手をピックアップした。


【今オフにFAになった一塁手】
年齢/最終所属/17年サラリー/

エリック・ホズマー(28)ロイヤルズ 1,225万ドル ※QO拒否
カルロス・サンタナ(31)インディアンス 1,200万ドル ※QO拒否
ルーカス・ドゥーダ(31)レイズ 1,000万ドル
マイク・ナポリ(36)レンジャース 725万ドル
ミッチ・モアランド(32)レッドソックス 550万ドル
ヨンダー・アロンソ(30)シアトル 400万ドル
ローガン・モリソン(30)レイズ 275万ドル
ペドロ・アルバレス(30)オリオールズ 200万ドル
アダム・リンド(34)ナショナルズ 180万ドル
クリス・カーター(30)アスレチックス 350万ドル



blog_import_54ca745572dda.jpg


シアトル・マリナーズの球界きってのトレーダー、ジェリー・ディポトGMが早々とトレードを成立させ、ウィッシュリストの一塁手をトレードで獲得している。

マリナーズは、オークランド・アスレチックスからリオン・ヒーリーを獲得し、交換要員としてリリーバーのエミリオ・パガン投手と1Aのマイナーリーガー、アレクサンダー・カンポスを放出した。



リオン・ヒーリーはシアトルに近い西海岸のオレゴン大出身。2016年にメジャーデビューを果たした25歳。内野の一塁と三塁を守れるコーナー・インフィルダー。

2017年は、一塁手で39試合、三塁手で34試合、ほかはDHで149試合、打率.271、出塁率.302、長打率.451、OPS.754、25本塁打、78打点という数字を残した。これはアスレチックスの規定打席以上の選手では打率、本塁打、打点で2番目のスタッツだった。

左投手には強く打率.314、OPS.873。右投手には.257。パンチ力はあるが、三振も142で粗さが目立つ。右投手に弱いのも懸念され、この数年のように一塁をツープラトン制にすることも考えられる。

年俸調停前の選手で、メジャーリーグ最低年俸でペイロールに負担が少ない事や2022年シーズンまで契約をコントロールできるメリットがある。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/11/17 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1108

MLB 2017年度のゴールドグラブ賞発表 捕手部門は両リーグで初受賞者  



MLB2017年シーズンのゴールドグラブ賞受賞者が発表された。

嬉しい初受賞はマーティン・マルドナード捕手(エンゼルス)ら、ア・リーグが4人。ナ・リーグがマーリンズのマーセル・オズーナ外野手ら2人だった。

マルドナードはプエルトリコ出身の31歳。昨年オフにブルワーズからエンゼルスに移籍、それまで控え捕手だった遅咲きの選手だが、移籍後は正捕手として14本塁打を記録するなど打撃部門でキャリアハイの数字を叩き出したが、打撃よりは盗塁阻止率38.7%などリーグトップの守備が評価された。

ア・リーグの捕手部門はサルバドール・ペレス(ロイヤルズ)が5年連続受賞していた。



ナ・リーグもタッカー・バーンハート捕手(レッズ)が初受賞。8年連続のヤディアー・モリーナ(カージナルス)、昨季受賞のWBCアメリカ代表捕手バスター・ポージー(ジャイアンツ)らを抑えての初受賞だった。

26歳のバーンハートはメジャー4年目の今季、打率.270、出塁率.347、長打率.403、OPS.750。

打撃部門ではモリーナ、ポージー、リアルミュート(マーリンズ)には劣り、規定打席にも達していないが、100試合以上出場した捕手の中ではMLBトップの.999という高い守備率が評価された。9月には2022年までの契約延長をレッズと合意している。

奇しくも両リーグの捕手部門は、2人とも初受賞だった。また、ワールドシリーズを争ったアストロズとドジャースからは一人も選ばれなかった。


《アメリカン・リーグ》

捕手:マーティン・マルドナード(エンゼルス:初)
一塁:エリック・ホズマー(ロイヤルズ:4度目)
二塁:ブライアン・ドージャー(ツインズ:初)
三塁:エバン・ロンゴリア(レイズ:3度目)
遊撃:アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス:3度目)
左翼:アレックス・ゴードン(ロイヤルズ:5度目)
中堅:バイロン・バクストン(ツインズ:初)
右翼:ムーキー・ベッツ(レッドソックス:2度目)
投手:マーカス・ストローマン(ブルージェイズ:初)



《ナショナル・リーグ》

捕手:タッカー・バーンハート(レッズ:初)
一塁:ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス:3度目)
二塁:DJレメイヒュー(ロッキーズ:2度目)
三塁:ノーラン・アレナード(ロッキーズ:5度目)
遊撃:ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ:3度目)
左翼:マーセル・オズーナ(マーリンズ:初)
中堅:エンダー・インシアーテ(ブレーブス:2度目)
右翼:ジェイソン・ヘイワード(カブス:5度目)
投手:ザック・グレインキー(ダイヤモンドバックス:4度目)





 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/11/08 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1107

【MLB移籍情報】6球団が9選手にクオリファイング・オファー提示  



17年オフは1740万ドル(約19億8000万円)に設定されたクオリファイング・オファー(QO)。MLB30球団がワールドシリーズ終了から5日後までに提示することになっているが、今オフは6球団が9選手に提示した。

  • アレックス・カッブ(レイズ)
  • カルロス・サンタナ(インディアンス)
  • エリック・ホズマー(ロイヤルズ)
  • マイク・ムスターカス(ロイヤルズ)
  • ロレンゾ・ケイン(ロイヤルズ)
  • ジェイク・アリエッタ(カブス)
  • ウェイド・デービス(カブス)
  • ランス・リン(カージナルス)
  • グレッグ・ホランド(ロッキーズ)

これらの選手たちは、10日以内(昨年は14日以内)に受け入れるか、拒否するかを決めなければならない。ちなみに、15年は岩隈久志など20人、16年は、今季のポストシーズンでも活躍したドジャースのケンリー・ジャンセン投手、ジャスティン・ターナー三塁手ら10人にこのオファーが提示された。


fc2blog_20161026221245cbc.jpg
▲昨年QOを提示されたJ.ターナー


NFLやNBAでは以前からあった制度だが、MLBでは12年から施行され、この制度が始まった当初は、上位125選手の平均額という事で割安感があり、しかも1年契約という短い契約期間などの規定で、提示された全ての選手が拒否して複数年の有利な条件で交渉する場合が多かった。

しかし、QO拒否選手には、獲得した場合にドラフト指名権を失うという“足かせ”などがあり、QOを拒否した場合に、FA市場での価値が下がるなどの影響があるため、最近では数人がQOを受け入れている。

昨年オフの難航した新労使協定で、以前にもまして複雑になったQOだが、シーズン中に移籍した選手は、QO対象外となるため、ダルビッシュ有、J.D.マルティネス、ジェイ・ブルースなどは該当外になる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2017/11/07 Tue. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド