メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0616

ヤンキースのエンカーナシオンはレッドソックス相手にこれだけ打っている  



 「ESPN」のジェフ・パッサンや「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマンが伝えたように以前から噂のあったマリナーズのエドウィン・エンカーナシオン(一塁手/指名打者)がヤンキースにトレードされた。


 36歳のエンカーナシオンは、マリナーズで今季65試合に出場。打率は.241と低いがア・リーグ最多の21本塁打(OPS.888)をマークしている。


09年から16年までブルージェイズで主軸を打ちキャリア15年間で401本塁打、1205打点。オールスターにも3回選出されている。


 特筆すべきは、エンカーナシオンが14年以降、同地区ライバルのレッドソックス戦で最多の22本塁打を放っていることだろう。「NJ.com」によれば、彼が現在のアメリカンリーグ東部地区の主力投手たちと相性が良いことがわかるが、特にレッドソックス相手に破壊力を見せつけている。




【エンカーナシオンvs.BOS主力投手】

NAME/ 打率/本塁打/打点/三振/四球

クリス・セール .333/3 HR/5 RBI/ 5 K/ 4 BB
デビット・プライス .250 BA/4 HR/9 RBI/10 K/5 BB
リック・ポーセロ .283 BA/3 HR/10 RBI/ 8 K/ 0 BB


宿敵ともいえるレッドソックスの3本柱からは10本塁打、24打点だ。


さらに、西部地区で首位独走中のアストロズ相手でも今季12本塁打、27打点、OPS.926をマークしているところも見逃せない。


D9KYGTtX4AUtsRF.jpg


ヤンキースは、アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンの右の大砲が離脱中。彼らが戻ってきても結果を出すまでには時間がかかることも予想される。


しかもジャッジもスタントンも外野手。この数年間、ヤンキースが正一塁手に人材を欠いていたことを考えると、インパクトのあるトレードだったことがわかる。


◇関連記事
【MLB移籍情報】E.エンカーナシオンがトレードでヤンキースへ



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/06/16 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0616

【MLB移籍情報】E.エンカーナシオンがトレードでヤンキースへ  




 以前から噂のあったマリナーズのエドウィン・エンカーナシオン(一塁手/指名打者)がヤンキースにトレードされることが決まった。

 「ESPN」のジェフ・パッサンがSNSで伝え、「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマンは、マリナーズへはドミニカ出身の19歳右腕フアン・ゼンが交換要員になると伝えている。




 36歳のエンカーナシオンは、マリナーズで65試合に出場。打率は.241と低いがア・リーグ最多の21本塁打(OPS.888)をマークしている。09年から16年までブルージェイズで主軸を打ちキャリア15年で401本塁打、1205打点。オールスターにも3回選出されている。


 エンカーナシオンは14年以降、同地区ライバルのレッドソックス戦で最多の22本塁打を放っていることも特筆事項かもしれない。


 アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンが離脱中のヤンキースだが、彼らが戻ってきても結果を出すまでには時間がかかることも予想されるため今季好調の長距離砲をレンタルプレイヤーとして獲得した。


 エンカーナシオンの契約は今季が2166万7000ドル。来季は2000万ドルのクラブオプション(バイアウト500万ドル)。


 「ジ・アスレティック」のケン・ローゼンタールによると、このうちヤンキースは925万ドルを負担するという。


それは昨年12月13日のインディアンス、マリナーズ、レイズ間で成立した三角トレードによってマリナーズへ移籍した際にレイズが500万ドルを負担するためで、ヤンキースで残りの93試合とポストシーズンを考えると、ぜいたく税との兼ね合いもあるが、比較的安価かもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/06/16 Sun. 14:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

1214

【MLB移籍情報】インディアンス、マリナーズ、レイズの3チーム間でトレードが成立  

 


 インディアンス、マリナーズ、レイズの3チームによるトレードが成立したというニュースが入ってきた。米スポーツ専門メディア「ファンクレッドスポーツ」の記者ジョン・ヘイマンら、複数のメディアが伝えている。





簡単にまとめると、インディアンスはカルロス・サンタナ一塁手をマリナーズから獲得。


カルロス・サンタナは今秋に日米野球でも来日した選手。17年までインディアンスに在籍。昨年にインディアンスから提示されたクオリファイング・オファーを拒否してフィリーズと契約したが、先日、ジーン・セグラ遊撃手らとの複数トレードでマリナーズへ移籍したばかりだった。結局、1年後に元のインディアンスに戻ったことになる。


さらに、ジェイク・バウアー外野手をレイズから獲得した。


マリナーズは、エドウィン・エンカーナシオンをインディアンスから獲得。同時にインディアンスからドラフト指名権も獲得した。メジャー通算380本塁打。今季も32本塁打、107打点の長距離砲は、FAになったネルソン・クルーズに代わる指名打者としての起用が考えられる。


レイズは、内野の一、三塁を守れ外野手としても出場しているキューバ出身のヤンディ・ディアスと3Aクラスの右腕コール・サルサーをインディアンスから獲得している。


▶インディアンスが獲得
カルロス・サンタナ一塁手(マリナーズから)
ジェイク・バウアー外野手(レイズから)

▶マリナーズが獲得
エドウィン・エンカーナシオン指名打者(インディアンスから)

▶レイズが獲得
ヤンディ・ディアス(インディアンスから)
コール・ソーサー(インディアンスから)


サンタナとエンカーナシオンの大型トレードがメインで、それに伴ってインディアンスが3選手をマリナーズとレイズに出したトレードと考えれば大きくは間違ってないが、ニューヨークポストによると、それぞれのトレードには選手の移動のほかに金銭の授受やドラフト権の授受が絡んでいる模様。



◇関連記事
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3927.html


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/12/14 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド