メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0602

レッドソックス、インディアンス 今後を左右する2人のエースが戦線に復帰  



レッドソックスの左腕デビット・プライスとインディアンスのコーリー・クルーバーが故障者リスト(DL)から復帰登板している。

プライスに関しては今季ホワイトソックスから加入したクリス・セールが昨年と変わらぬパフォーマンスを披露していることから、もはや先発3番手から4番手の格付けで、エースとは言いがたいものがある。

とは言え、ヤンキースを3ゲーム差で追撃するチームにとっては今後の補強にも影響を与えるキーになる投手ということはできるだろう。

レッドソックスは噂では、先発投手と三塁手の補強を検討していると伝えられているからだ。

プライスは開幕戦をDLで迎え5月29日に今季初登板している。ホワイトソックス相手のこの試合で、3回にメルキー・カブレラに6号3ランを献上。打たれたヒットは2安打だったが、これが響いて5回を88球、3失点。2四球、4三振だった。

最速96.7マイル(約156キロ)のフォーシームが記録されたほか、95マイル程度の球速はコンスタントに計測されていたので、次の登板に異常がなければ、ほぼ復活とみたい。

ただ、昨年の前半もそうだったが、2015年12月に7年総額2億1700万ドル(約242億円)の契約を結んでいることから考えるとコスパには疑問符がつく。

レッドソックスは、先日の先発登板で完封勝利したブライアン・ジョンソンをマイナーに降格し、デビッド・プライスをアクティブロースターに戻した。

これによりレッドソックスの先発ローテは、

クリス・セール(防御率2.77/110奪三振)
リック・ポーセロ(防御率4.21)
エデュアルド・ロドリゲス(防御率3.54)
ドリュー・ポメランツ(防御率4.24)

そしてデビッド・プライスになった。

ポメランツは昨年夏の移籍後、ピリッとせず、サイヤング賞投手ポーセロも昨年ほどの輝きがない。ロドリゲスも6月1日のオリオールズ戦で7失点と炎上。

この状態でプライスの調子が上がらなければ、噂どおり先発投手をもう1枚探さなければならない。

インディアンス


インディアンスは現地1日、地元でオークランド・アスレチックスと対戦。腰の張りで故障者リスト(DL)入りしていた右腕コリー・クルーバー投手が復帰を果たし、8対0で完封勝ちを収めた。

先月2日以来の先発となった31歳のクルーバーは、5者連続三振を奪うなど6回(77球)を2安打、1四球、10三振、無失点の快投で今季4勝目(2敗)を挙げた。

昨年は、ワールドシリーズまでフル稼働したクルーバー。1カ月のDLぐらいは、ある意味、想定内でエースの復活は明るいニュースになる。

ア・リーグ中部地区では、ツインズも勝ったため勝率2厘差でインディアンスは2位につけている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/06/02 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

【DL情報】エースたちに悲報!TEXハメルズに続いてCLEクルーバーもDL  




メジャーリーグは開幕から1カ月を過ぎてもっとも疲れが溜まってくる時期かもしれない。主力選手たちが続々と故障者リスト(DL)入りしている。



テキサス・レンジャーズは、先発左腕コール・ハメルズ投手を右腹斜筋の張りにより10日間の故障者リスト(DL)に登録。クリーブランド・インディアンスもエース右腕コリー・クルーバー投手を腰の張りのため10日間DLに登録した。


通常、先発投手は5人でローテする場合が多いが、各チームが長いシーズンで故障や不調により8人から9人、多いチームで10人以上起用する。


そのため、ある程度は織り込み済みだが、上の2投手は、ローテの1番手、または2番手のフロントスターターで、よる深刻な状況をチームにもたらすことになる。


ハメルズは、先発予定だった2日のヒューストン・アストロズ戦の試合前に右脇腹の違和感を訴え、急きょ登板を回避していた。


33歳の左腕は今季ここまで5試合に先発し、2勝0敗、防御率3.03の成績。昨季は15勝5敗、防御率3.32。右のエース、ダルビッシュ有と並ぶ左のエース格だ。


31歳のクルバーは、2日のデトロイト・タイガース戦に先発したが腰に違和感を覚えてわずか3イニングで降板していた。


インディアンスは2016年のポストシーズンで先発ローテの2番手、3番手のカルロス・カラスコ、ダニー・サラザーが故障で不在だった。その二人は戻ってきたが、ポストシーズンで6試合34回1/3を投げたクルーバーに反動が来た可能性は十分ある。


インディアンスのテリー・フランコーナ監督はクルバーについて、1試合の先発回避にとどまれば一番良いシナリオだとしている。



レッドソックスのナックルボーラーはひざの手術


ボストン・レッドソックスからも悲報が届いた。現地4日、先発右腕スティーブン・ライト投手が、左ひざの軟骨の修復手術を受ける予定であることを明かした。これによりライトは今季絶望となる見込みだ。


ナックルボーラーの右腕は昨季、13勝6敗、防御率3.33と活躍してオールスターに初選出されたが、今季は5試合の先発登板で1勝3敗、防御率8.25と苦しんでいた。


ただ、レッドソックスに関しては、左ひじのケガで開幕から故障者リスト入りしている先発左腕デービッド・プライス投手の調整が順調に進んでいるもようで、デーブ・ドンブロウスキ野球編成部門球団社長も先発ローテーションを再編成する必要はないとの見方を示している。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/05 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0423

インディアンスのC.クルーバーが今季初完封勝利  




ホセ・キンタナとコーリー・クルーバーのエース対決になった現地21日のホワイトソックス対インディアンス戦は、インディアンスのコーリー・クルーバーが今季初完封を飾っている。

クルーバー


投手戦になった試合は、3回にキンタナのワイルドピッチでインディアンスが先制。4回にもインディアンスのブランドン・ガイヤーの1号2ランが出て3-0とリード。この3点をクルーバーが守りきってインディアンスが勝利した。

クルーバーは110球(ストライク73球)、被安打3、9三振を奪って四球2、失点0だった。



昨年のワールドシリーズでは、2011年のクリス・カーペンター以来となるシリーズ3度の先発でチームをけん引したクルーバー。この日の夜は、高速スライダーとクルーバー自身がブレイキングボールと呼んでいるカーブが効果的に決まった。

完封勝利はサイ・ヤング賞を獲った14年に1度、昨年2度記録、今回で4度目になった。(完投は過去10度記録)

今季は4試合に先発して2勝1敗、防御率4.28、WHIP1.13。27回1/3で27奪三振。

14年から16年まで3年連続で32試合以上に先発しているので疲れが出ないかが心配だが、エースの奮闘でチームは4連勝し、アメリカンリーグ中部地区で首位に立った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/04/23 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0404

モリーナとペレス、メジャーの新旧捕手二人が契約を更新  

 


先のWBC2017でもプエルトリコ代表の中心選手としてチームを決勝まで導いたカージナルスの捕手ヤディア―・モリーナが、3年総額6,000万ドル(約66億8,000万円)で契約を延長した。

ここでも先月の31日にお伝えしたが、FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタール氏は、カージナルスとモリーナの契約延長については、3年契約で最高6,500万ドルから最低でも5500万ドル(約61億6000万円)になるとレポートしていた。



今年7月で35歳になるモリーナは、今季の年俸が1,400万ドル(約16億円)。来季は選手と球団の双方が行使権を持つ年俸1,500万ドル(約17億1,000万円)の契約オプションになっている。


モリーナは2015年までオールスターに7年連続、ゴールドグラブ賞は8年連続で選出された名捕手。昨季で、それらは途切れたものの、キャリアハイの147試合に出場。打率.307、8本塁打、58打点をマーク。

ビル・ジェームズやジョン・デュワンなどの記録統計アナリストら10人によって選出される「フィールディング・バイブル・アワード」を、2007年から2013年までの間で、2011年を除き毎年受賞している。

モリーナ


1月中旬の時点でカージナルスのジョン・モゼリアクGMが、モリーナとの契約を延長する考えがあることを明らかにしていた。

2004年のメジャーデビュー以来、カージナルスひと筋でプレーし、2度のワールドシリーズ制覇に貢献。通算で打率.285、108本塁打、703打点をマークしている。その守備力やキャプテンシー、存在感は特筆すべきものがある。

昨年、イチローが3,000本安打に迫っていた時期にカージナルス戦で敵地セントルイスのファンから温かい拍手が送られたが、モリーナはイチローの打席で空気を読んでその時間を演出した。


インディアンスも現地2日、メジャー4年目の控え捕手ロベルト・ペレスと新たに総額900万ドル(約10億円)の4年契約を結んだ。なお、2021年と2022年については球団が行使権を持つ契約オプションとなっている。

28歳のペレスは昨季、親指の手術もあって61試合の出場にとどまったり、打率.183、3本塁打、17打点と打撃面では振るわなかったが、盗塁阻止率50.0%と強肩を披露した。

またインディアンスは昨シーズン、ペレスが先発マスクをかぶった試合で33勝20敗と大きく勝ち越したデータがある。

正捕手ヤン・ゴームズの故障離脱によってポストシーズンは全15試合に先発し、ワールドシリーズ初戦では2ホーマーを放った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/04/04 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0401

【3分でわかるMLB】インディアンス、先発ローテーションと強力ブルペンは健在  

 


球団新の14連勝でトライブ(Tribe)旋風を巻き起こした昨季。

リーグ最多の134盗塁とリーグ3位の31犠打など名将フランコーナ監督のスモールベースボールが開花して9年ぶりの地区優勝、1997年以来、19年ぶり6度目のリーグ優勝を果たした。

インディアンス

今季は大砲エンカーナシオンを獲得して破壊力も増した打線だが、このチームの躍進を支えたのはMLB4位の強力ブルペンだろう。

ヤンキースから夏に加入した左腕ミラーやクローザーのアレンも健在。MLB7位だった先発ローテーションもメジャートップクラスと言える。

クルーバー、トムリンの2人と、ドローンの整備で指を負傷したオタク右腕バウアーの3人に、カラスコとサラザーが復帰するのも朗報で、ヘルシーな状態がキープできるのなら過去の実績があるだけに大きい。


★予想ローテーション
  1. コーリー・クルーバー
  2. カルロス・カラスコ
  3. ダニー・サラザー
  4. ジョシュ・トムリン
  5. トレバー・バウアー


ただ、MLB公式サイトのAnthony Castrovince氏によれば、懸念されるのはポストシーズンでクルーバーとトムリンに大きな負荷をかけてしまったことによる疲労や故障らしい。

さらに、スプリングトレーニングでカラスコの肘が腫れたこと、サラザーの昨年の離脱の理由となった肘の問題が大事に至らないかという懸念材料がある。

しかもバックアップの候補であったコディ・アンダーソンはトミー・ジョン手術を受けている。日程の緩やかな4月は、復帰のカラスコやサラザーの様子を見ながらの投手編成になる。


【2016年スタッツ】
  • 防御率 3.84(2位)
  • 先発防御率 4.08(2位)
  • ブルペン防御率 3.45(2位)
  • セーブ数 37(13位)
  • セーブ成功率 77.08%(2位)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2017/04/01 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0203

【MLB移籍情報】インディアンスがベテラン救援左腕を補強  




 右の大砲エンカーナシオンを獲得するなど、そのチームスタイル「スモールベースボール」に得点力をアップグレードしたトライブが、その強力な先発陣を支えるブルペン投手をフリーエージェント(FA)で補強している。

インディアンス

 現地2日、コロラド・ロッキーズからFAとなっていた救援左腕ブーン・ローガン投手が、クリーブランド・インディアンスと1年契約に合意したことが分かった。

 契約内容は現時点では不明な点が多いが、2年1,250万ドルで、17年550万ドル、18年700万ドル。18年は球団が行使権を持つオプションも含まれているという。ちなみに、16年は625万ドルだった。



 32歳のローガンは昨季、66試合に登板して2勝5敗1セーブ、防御率3.69を記録。メジャー11年間の通算成績は、581試合の登板で28勝23敗3セーブ、防御率4.45となっている。

 ブルペンの格的には、セットアッパーの左腕アンドリュー・ミラー、クローザーの右腕コディ・アレンに次ぐ投手で、6回、7回での起用になるものと予想される。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/03 Fri. 12:41 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0113

ドローンで指を負傷した男、右腕T.バウアーが335万ドルで調停回避  

 


 トレバー・バウアー投手と聞いてピンときた人は、そこそこのメジャー通だが、大事なポストシーズンに趣味のドローンで利き手の指を怪我して登板を回避した若手投手と聞けば思い出す方も多いのではないだろうか。

 クリーブランド・インディアンスが現地12日、1月17日に26歳になる先発右腕トレバー・バウアー投手との年俸調停を回避し、355万ドル(約4億1,000万円)の1年契約で合意した。

 昨季の年俸が169万7,500ドル(約1億9,000万円)だったバウアーは、12勝8敗、防御率4.26、キャリアハイの190イニングを投げるなど、インディアンスの地区優勝に貢献。

 しかし、ポストシーズンでは趣味の競技用ドローンのメンテナンス中に指を負傷して、5試合で0勝2敗、防御率5.27と振るわなかった。



 バウアーの名誉のために言うが、正確にはア・リーグ優勝決定戦の第2戦を回避して第3戦に登板した。負傷箇所を数針縫ったバウアーは2日後の第3戦のマウンドにいた。テレビは何度も彼の指をアップで抜いていた。

 インディアンスの名将テリー・フランコーナ監督もかれをかばいながらも少々呆れたようなコメントをしていた。

 なお、インディアンスでは、クローザーのコディ・アレン投手や先発右腕ダニー・サラザール投手ら7選手の年俸調停が残っている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2017/01/13 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0101

【MLBランキング】FOXスポーツによる最強打線ラインナップ・トップ10  

 

米スポーツ専門チャンネル『FOXスポーツ』は現地28日、独自の見解をもとに現時点での来季の最強打線ランキングを発表。

並みいる強力ラインナップを抑えて見事1位に選出されたのは、今季108年ぶりに世界一に輝いたシカゴ・カブスだった。

『FOXスポーツ』が考える現時点でのカブスのラインナップは下記の通り。

1番・二塁 ハビエル・バエス
2番・三塁 クリス・ブライアント
3番・一塁 アンソニー・リゾ
4番・右翼 ベン・ゾブリスト
5番・遊撃 アディソン・ラッセル
6番・左翼 カイル・シュワーバー
7番・捕手 ウィルソン・コントレラス
8番・中堅 ジェーソン・ヘイワード


これを見ると4番の仕事人ベン・ゾブリストが従来の4番打者とはイメージが違うが、ポストシーズンでも4番に起用されていたから不思議ではない。

シーズン序盤に外野での衝突によるケガからワールドシリーズで復帰し、一躍ヒーローとなったカイル・シュワーバー外野手や大型契約で昨年オフに加入したジェーソン・ヘイワード外野手がバウンスバックしてクリーンナップを打つような展開になれば破壊力もアップする。


WS2016Gm7
写真:ワールドシリーズGAME7のラインナップ


急成長した24歳のウィルソン・コントレラス(C)、24歳ハビエル・バエス(2B)、22歳のアディソン・ラッセル(SS)など若手が絡む打線は、実績の点でナンバー1かどうかは疑問符が付くが、魅力的なことには間違いない。

今オフにデクスター・ファウラーが退団したが、その穴を感じさせない伸びしろがありそうな打線といえる。

以下、の順位は
  1. 2位クリーブランド・インディアンス
  2. 3位ボストン・レッドソックス
  3. 4位コロラド・ロッキーズ 
  4. 5位ワシントン・ナショナルズ
  5. 6位ロサンゼルス・ドジャース
  6. 7位シアトル・マリナーズ
  7. 8位サンフランシスコ・ジャイアンツ
  8. 9位セントルイス・カージナルス
  9. 10位テキサス・レンジャーズ

3位のレッドソックスは、ビッグパピーの穴が大きいが、フェンウェイのパークファクターを加味すれば、30球団の中で今年も得点力で上位に入ってくることは間違いない。

マリナーズはセグラの加入でベスト10入りしているが、セス・スミスとミッチ・ハニガー (RF)、レオニス・マーティン (CF)、ベン・ギャメル (LF)の外野手3人は見劣りする。

それに比べれば同地区のヒューストン・アストロズのレディック(RF)、スプリンガー(CF)、青木(LF)の方がビッグネームだ。

もっと言えば、スタントン(RF)、オスーナ(CF)、イエリッチ(LF)にイチローが控えるマイアミ・マーリンズも見栄えがいい。このアストロズやマーリンズあたりは過小評価されている。

アストロズは本拠地ミニッツ・メイド・パークのセンター最深部の「タルの丘」(Tal's Hill)とフラッグ・ポールが撤去されて7~8メートル浅くなった(それでも125メートルほどある)。その影響で、本塁打数や得点力がアップするだろう。

FA市場には、両リーグのホームランキング、ア・リーグのマーク・トランボ、ナ・リーグのクリス・カーターが残り、20本塁打以上をマークしたカナダ出身マイケル・ソーンダースの移籍先も決まっていない。

ほかにもペドロ・アルバレス、ブランドン・モス、そしてジェイズと値段交渉中のホセ・バティスタらの長距離砲がゴロゴロしている。

レンジャーズは30本塁打、100打点のマイク・ナポリ、ドジャースは二塁手ブライアン・ドージャー、ナショナルズはマット・ウィータース捕手などの獲得が噂されている。

こうしたパワーヒッターの動向次第でラインナップの順位に変動が出てくる。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/01/01 Sun. 12:29 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1223

右の大砲E.エンカーナシオン、インディアンスと3年6,000万ドルで合意  



 ブルージェイズからフリーエージェントになったエドウィン・エンカーナシオン(1B/DH)が、インディアンスと総額6,000万ドル(約70億5,000万円)の3年契約で合意した。



 FOXスポーツやESPNのウェブサイトによれば、2020年シーズンについては球団側が行使権を持つ年俸2,000万ドル(約23億5,000万円)のオプション、または500万ドル(約5億9,000万円)のバイアウトになっているという。



 インディアンスは今季、カルロス・サンタナ内野手が一塁手と指名打者を務めていたが、サンタナとプラトーンで起用されていたマイク・ナポリがFAになり、2016年の大部分を棒に振ったマイケル・ブラントリーは肩の手術を受けたため、2017年も見通しが立たない。そのためエンカーナシオンの獲得に積極的なアプローチをかけていた。

 来年1月に34歳を迎えるエンカーナシオンは今季、打率.263、42本塁打、リーグ最多タイの127打点をマークし、自身3度目のオールスターに選出された。メジャー12年間の通算成績は、打率.266、310本塁打、942打点となっている。

 クリスマス休暇を前に、インディアンス、レンジャーズ、アスレチックスなどが争奪戦を繰り広げていた。

機動力を生かしたスモールベースボールが信条のインディアンスだが、得点力強化を狙った補強に打って出た。 



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 



関連記事

Posted on 2016/12/23 Fri. 23:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1222

【MLB移籍情報】エンカーナシオンの争奪戦に新展開!  



 メジャーリーグの各球団は、クリスマス休暇前の最後の交渉をエージェント相手に水面下で行っている。

 噂がある大物選手のひとり、エドウィン・エンカーナシオン(1B/DH)には、クリーブランド・インディアンステキサス・レンジャースなどの指名打者制のあるア・リーグ球団の名前が挙がっている。
 
 同選手に関しては、トロント・ブルージェイズから提示されたクオリファイングオファーを拒否して、4年8000万ドルもペンディングしているとの情報が流れた。


エンカーナシオン 


 ここにきてESPNの記者などが流している情報によると、複数球団の中でインディアンス、レンジャーズ、アスレチックスが具体的なオファーを提示し、争奪戦をリードしているとのこと。

 インディアンスは今季、カルロス・サンタナ内野手が一塁手と指名打者を務めていたが、サンタナとプラトーンで起用されていたマイク・ナポリがFAになり、2016年の大部分を棒に振ったマイケル・ブラントリーは肩の手術を受けたため、2017年も見通しが立たない。そのためエンカーナシオンの獲得に積極的なアプローチをかけている状況だという。

 アスレチックスは、一塁と指名打者が補強ポイントだが、予算の制約がある球団で、本当に大型契約できるかは疑問符が付く。

 レンジャーズはプリンス・フィルダーが引退し、ミッチ・モアランド、イアン・デスモンドがFAでチームを去ったことにより、一塁と指名打者が手薄となり、攻撃力の低下は明らかな編成。同地区ライバルのヒューストン・アストロズの打線に比べると見劣りする。

 エンカーナシオン争奪戦をリードしている3球団の中で一番資金力があるのはレンジャーズだが、すでに2017年の年俸総額は史上最高額となった2016年とほぼ同じ1億6200万ドルに到達しているため、予算がどこまであるのか微妙な状況だ。


記事参考
http://baseball.information0.com/major-baseball/encarnacion-sweepstakes-161222/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
 




関連記事

Posted on 2016/12/22 Thu. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド