メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0907

大震災の北海道に勇気と希望を!大谷が1試合2本塁打を含む4安打の猛打賞  




エンゼルスの大谷翔平が驚異のペースで本塁打を量産している。


5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦で第1打席は四球、第2打席は快足を飛ばして三塁内野安打、第3打席に今季17号2ランを放つと、第4打席には中前打&二盗成功。そして第5打席には日本人メジャー選手1年目の最多記録に並ぶ18号ソロを放った。





8月3日以来、今季2度目の1試合4安打で打率は.287まで上昇した。


大谷が18号を放ったのはシーズン247打数目。城島が18本を記録したのは583打数目。数字に弱い筆者でもその驚異的なペースは容易に判断できる。

デイリースポーツの記事によれば本塁打率13.7(247打数÷18本塁打)は、メジャー1位のクリス・デービス(アスレチックス)の12.5には及ばないもののリーグ7位に相当する。8月以降はペースを上げ、69打数で9本塁打。本塁打率7.7は両リーグ1位らしい。


大谷の長打率.579は、規定打席以上の打者と比較しても打撃ランキングで5位に相当する。打席数は足らないが、出塁率.367、OPS.946、OPS+155、WAR3.5と、どの数値をとってもハイアベレージで、メジャー1年目で、対左投手の数値を除いては、リーグを代表するスラッガーたちと遜色ない。


大谷周辺には、MRI検査による新たな右肘のじん帯損傷問題が発覚した。そうしたうっ憤を晴らすようなパフォーマンスを披露した。


大谷が日本時代にプレイした北海道の大地が揺れた。6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震が発生し、厚真(あつま)町で震度7、むかわ町と安平(あびら)町で震度6強を観測するなど道内各地が強い揺れに襲われた。


道内で大停電が発生し、多くの道民が被災している。大谷の猛打は、そうした大谷の背中を押してくれたファンへのエールのように思えてならない。


私が思い出すのは1995年のオリックス・ブルーウェーブの優勝だ。当時、大阪在住の筆者も神戸の友人知人も被災した。


そんな時に、仰木監督(故人)やイチロー、田口壮らが「がんばろう神戸」を合言葉にパ・リーグを制覇して、被災した神戸の街を勇気づけた。


筆者の経験からして大谷の活躍は、北海道の野球ファンたちを勇気づけることは間違いない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/09/07 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0825

岩隈久志が27日、マイナーで実戦登板!クマの勇姿をもう一度見たい  




マリナーズは24日(日本時間25日)、マイナー契約の岩隈久志投手が傘下のマイナー、1Aエベレット。アクアソックスの一員として26日(同27日)の試合に登板すると発表した。


岩隈は、右肩の負傷で昨年5月に故障者リスト入り。その後は状態が上がらず、結局登板しないままシーズン中の9月27日には右肩のクリーニング手術を受けた。実戦登板は、右肩手術から初めてとなる。


岩隈久志


岩隈の契約は、17年の契約は一定の条件を満たした場合に1,000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。


しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側に選択権があるオプションが付帯していた。


べスティングオプションが有効になるには17年に162イニングを投げるか、16年と17年の合計で324イニングを投げることが必要だった。16年シーズンは199イニングを投げていたため、残り125イニングで有効になるはずだった。


岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに17年は右肩の故障で31イニングしか投げていない。


16年が33試合199イニング、16勝12敗(防御率4.12)。17年、6試合31イニング、0勝2敗。


結局、1,000万ドルの18年度契約は自動更新されず、マリナーズはクラブオプションを行使して契約を破棄。岩隈はフリーエージェント(FA)になっていたが、その後、同球団が岩隈のこれまでの実績や人気、復活の可能性などに期待してマイナー契約を結んでいた。


岩隈は、マリナーズひと筋で、MLB通算150試合136先発で63勝39敗2セーブ。防御率3.42。WHIP1.143、FIP3.86も悪くない。ヘルシーな状態に戻れば実績は十分だ。


これまで本拠地シアトルやアリゾナ州ピオリアの球団施設などでリハビリを行ってきたが、右肩に違和感を訴えるなど一進一退の状態が続いている。8月21日(同22日)には、イチロー会長付特別補佐を相手にフリー打撃に登板した。


岩隈は、これまで何度も故障を乗り越えてきた。復活劇が見たい!





関連記事

Posted on 2018/08/25 Sat. 16:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0823

MLB 2019シーズンのスケジュール発表!イチロー凱旋試合は3月20日、21日  




メジャーリーグとメジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)は、来季の公式戦スケジュールを発表した。


米国内では、今季と同じ全球団が3月28日(日本時間29日)に開幕を迎えるスケジュールだが、それに先立ってマリナーズがアスレチックスと3月20、21日に日本(東京ドーム)で開幕シリーズを行う。


選手復帰の可能性を残しながら会長付特別補佐に就任したマリナーズのイチロー外野手は、凱旋帰国の試合で、(おそらく)最後の雄姿を見せてくれるに違いない。


人気のインターリーグ戦は、カブスとホワイトソックスによるシカゴの「Crosstown Classic」のような伝統的なマッチアップに加えて、American League East 対 National League West、ニューヨークのヤンキース対メッツの「サブウェイ・シリーズ」、ミズーリ州のカージナルスとロイヤルズの「I-70シリーズ」などが組まれている。


日本人選手は、大谷翔平所属のエンゼルスが今季と同じアスレチックスとオークランドで対戦。


ロンドンゲーム


田中将大が所属するヤンキースは、本拠地でオリオールズと開幕戦を行い、6月29、30日にはレッドソックスと初の欧州開催試合「ロンドンゲーム」2試合を開催する。


また、前田健太のドジャースは、本拠地で平野佳寿のダイヤモンドバックスとオープニングデーを迎える。


その他では、メキシコのモンテレーでも全6試合が組まれている。今季もメジャーリーグは5月4日から6日まで、ドジャースとパドレスがモンテレーで3試合を行い、合計65116人のファンを獲得している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/08/23 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

もともと想定内だったイチローの球団特別アシスタント就任  

 


 今季の残り試合は、選手としてプレーせず、チームに同行し、同僚や首脳陣らをサポートする球団の特別アシスタントに就任することになったイチローだが、球団のジェリー・ディポト・ゼネラルマネジャー(GM)は、来季以降に選手復帰の可能性があるとした上で「もともと5月半ばに故障者が戻ってきたら、今後のオプションについて話し合うことになっていた。どんな形でも残ってほしいと思っていた」と述べた。

 イチローからすれば契約時点で、今回の措置は、想定内だったのだろう。球団からしても来年の日本開催に28人の特別枠を利用してイチローを選手登録。

その後、良好な関係を保ちながら、引退への花道を作りたいというスケジュールが組まれているのかもしれない。




 1977年に誕生というメジャーリーグの中では、比較的浅い歴史の球団にとっては、最大の功労者として殿堂入り確実なレジェンドを引き留めたかったのかもしれない。

クラブハウスでは、イチローが若い選手たちの“メンター”役として精神的支柱になっている。

アメリカでは歴史の浅い国だからこそ、歴史を作った人をリスペクトする。

マリナーズのジョン・スタントン会長は現地3日、インタビューに応えている。


 この春、ジェリー(ディポトGM)から電話があり、イチローと再契約できるかもしれないと告げられた際に、こう伝えました。「チームが勝つための決断を下すように。イチローと契約するかどうかは、君とスコット(サービス監督)の判断に委ねる」と。この1か月間もその通りでした。

 4月に(16勝11敗と)勝ち越せたのは、イチローがチームにいたからです。チームはさらに勝ち続けるはずですが、それはイチローが新しい役割を務め、チームやチームメートたちを支えてくれるからです。

 2月にジェリーへ「もしイチローが毎試合に出場できなくなった場合は、私に連絡するように」と指示しました。球界史上最高の選手の一人であるだけでなく、球団史上最高の選手の一人。イチローはこのファミリーの大事な一員で、永遠にそうあって欲しいと思っているからです。マリナーズの一員として、これから新しいページを開くことになりますが、それが永遠に続くことを願っています。


引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000084-sph-base






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/05 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

イチロー代理人「引退ではない」マリナーズの球団アドバイザー就任  





事実上の引退勧告!?

イチローの去就について、さまざまな憶測の記事が飛び交っている。

球団の「特別アドバイザー」に就任し、今シーズンの残りの試合には出場しないことが決まったことについて、イチロー選手の代理人ジョン・ボッグス氏は、現地メディアの取材に対して、「イチロー選手は引退するのではない。今シーズンは新しい役割を担うことになり、来シーズンは役割が進展することになるだろう」とコメントしている。




また、マリナーズとアスレティックスの来シーズンの開幕戦が日本で開催されることから、イチロー選手が出場する可能性があるかという質問に対しては、「その可能性はある」と答えたという。

日本人選手としては初のMLB野球殿堂入りが確実視されるレジェンドに対して、マリナーズ球団も最大限にリスペクトしながら配慮している様子がうかがえる。



詳しい契約内容まで分からないが、現役を継続したいイチローとその功績や人気(営業面)を考慮して、引退後の球団との距離感を考えて、簡単には「マイナー落ち」というふつうの選手みたいに扱えない球団側の思惑が見てとれる。

イチローは今年3月に2012年7月まで在籍したマリナーズへ6季ぶりに復帰した。

今季は5月2日までの29試合のうち15試合に出場したが、44打数9安打、打率.205と低調な成績だった。故障していた外野手が復帰したためメジャー出場の前提となる40人枠を外れた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/05/04 Fri. 07:12 [edit]

CM: --
TB: --
   

0331

【イチロー伝説】イチロー帰還にセーフコ・フィールド観客最多の4万7149人  




マリナーズの44歳イチロー外野手が、現地29日、インディアンスとの開幕戦に、「9番レフト」で5年ぶりに先発出場した。

チームもレジェンドの期間を最大限に演出。試合前のセレモニーでは、右中間後方のトンネル内で待機するイチローのシルエットがビデオボードに映し出され、赤じゅうたんを颯爽と走り抜けた。



レギュラーシーズン史上最多の観客数4万7149人が古巣復帰の瞬間を祝った。

右ふくらはぎの張りや頭部への死球などのアクシデントが続き、開幕DL入りも危ぶまれていた。

スポーツ報知の記事では、「まあ、お帰りと言ってもらえるのは、もう少し先かなと思っていたんですが。こんなふうにしてもらったら、この先はシアトルを離れたくないという気持ちになりますね」とイチローのコメントを紹介。




一方で、華やかな舞台を演出するレッドカーペットは表面がデコボコしているらしく「ここでけがしたら、シャレにならん」と苦笑した事も伝えている。

初打席は、3回先頭の1打席目。スタンディングオベーションで迎えられ、イチローコールが鳴り響いた。

しかし、相手投手は昨季2度目のサイ・ヤング賞に輝いた右腕コーリー・クルーバー。一ゴロと空振り三振で8回の守備から退いた。

日米通算4359本目は出なかったが、開幕戦では日本人選手最年長出場(44歳5か月)となった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/03/31 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0329

イチロー「9番レフト」で出場予定! メジャーリーグ2018 開幕カード一覧   

 


現地3月29日に開幕するメジャーリーグ。今季は、全20チームだった1968年以来、全球団が同じ日に開幕戦を行う。

また3月29日の開幕は、日本などで行われた海外での開幕戦を除けば、史上最も早いスケジュールとなる。

同地区対決が8試合とインターリーグ戦(パイレーツ対タイガース)が1試合。ダルビッシュ有のカブスは、ジータ―CEOでファイヤーセールをして地元のマイアミ市民から反発を買ったマーリンズのホームに乗り込んで対戦する。

田中将大投手が所属するヤンキースは、松井秀喜がメジャーデビューした2003年以来となるカナダ・トロントでの開幕戦が組まれた。田中は第2戦の先発。

大谷が開幕ロースターに残り、アスレチックスとの第4戦に先発する。イチローが10年ぶりに帰還したマリナーズは、ホームで昨年102勝の強敵インディアンスを迎え撃つが、イチローも「9番レフト」で開幕戦に出場することが発表された。


!cid_692439452341002069719838.jpg


【MLB2018開幕カード】 

下がホーム

シカゴ・カブス
マイアミ・マーリンズ


ピッツバーグ・パイレーツ
デトロイト・タイガース


セントルイス・カージナルス
ニューヨーク・メッツ


ミネソタ・ツインズ
ボルチモア・オリオールズ


ヒューストン・アストロズ
テキサス・レンジャーズ


ニューヨーク・ヤンキース
トロント・ブルージェイズ


ボストン・レッドソックス
タンパベイ・レイズ


ロサンゼルス・エンゼルス
オークランド・アスレチックス


ミルウォーキー・ブリュワーズ
サンディエゴ・パドレス


フィラデルフィア・フィリーズ
アトランタ・ブレーブス


ワシントン・ナショナルズ
シンシナティ・レッズ


シカゴ・ホワイトソックス
カンザスシティ・ロイヤルズ


サンフランシスコ・ジャイアンツ
ロサンゼルス・ドジャース


クリーブランド・インディアンス
シアトル・マリナーズ


コロラド・ロッキーズ
アリゾナ・ダイヤモンドバックス




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2018/03/29 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0315

【イチロー伝説】開幕を前にイチロー 右脚ふくらはぎ「軽症」で交代  




マリナーズのイチロー外野手が現地14日の試合中に「右ふくらはぎの張り」を訴え、途中交代したというニュースが入って来た。

その後、チームからの発表では「軽症」ということで大事には至らなかったようだが、心配される。誰もが「Opening Day」の勇姿をみたいに違いないからだ。

この日、アリゾナ州ピオリアで行われたジャイアンツとのオープン戦に「1番 レフト」で先発出場したイチロー。

1回の守備についた際、ボールを捕ったり投げたりする守備機会はなかったが、相手の攻撃が終わってベンチに戻る途中に右足をかばうそぶりを見せ、1回の打席には立たずに交代した。

44歳になっても衰えを知らないイチロー。9日には、ベースランニングでその快足を披露していた。


ichiro-workout-legs-e1459049235868.jpg


大きなニュースにはなっていなかったが、これまでも様々なケガを克服してきた。

最近では、マイアミ時代の16年6月2日、ホームでのパイレーツ戦でスライディングキャッチした際に左手首を負傷。それでもそれを隠して次のミネソタでのツインズとのシリーズでは、右手だけで打っていた事をオフの特別番組で明かしていた。

毎年、オフは神戸の「ほっともっとフィールド神戸」を借り切って自主トレ。シーズン中も3塁側ベンチ裏の通路に4台のマシーンを置いて試合中でも体をケアしている。

ケガをしないのではなく、回復が早い。「初動負荷理論」を応用したベンチ裏のマシーンもそのツールのひとつだ。

「筋肉を大きくするのではなく、柔らかく保つこと」。26歳の頃から続けている、イチローの“ルーティン”かもしれない。

イチローはインタビューで、「実際にコレをやると血中に酸素が入ってくる」と解説。その「血中ヘモグロビンの濃度」を測定した映像では、普通のウエイトトレーニングをしているアスリートよりもはるかに血中ヘモグロビンの濃度が濃く、次第にそれが増えていくことが計測されている。

全身に酸素を運ぶ血中ヘモグロビンの濃度が高ければ、老廃物や疲労物質が体に溜まりにくく、その結果、疲労回復が早いという。

ここで開幕スタメンを逃すイチローではないはずだ。今日もマシンの音が鳴り響いているに違いない。おそらく数日後には、イチローの勇姿がフィールドで見られるだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/15 Thu. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0308

【MLB契約情報】マリナーズがイチローと正式契約 1年2ミリオン  




古巣マリナーズと正式契約を交わし、米アリゾナ州ピオリアのキャンプ施設内で記者会見を行ったイチロー。今季への思いについては「僕が今まで培ってきたすべてをささげたい」と語った。

イチロー


気になる契約内容は1年200万ドル(約2億1,000万円)ということが報じられている。当初は、一部のメディアが、メジャー最低保障の54万5,000ドル(約5,800万円)になると伝えていた。

ただ、その詳細は判明しておらず、インセンティブ(出来高)を含めて2ミリオンではないかという報道だ。

デイリースポーツでは関係者からの情報として年俸は75万ドル(約8,000万円)で打席数などに応じた出来高は125万ドル(約1億3,000万円)になるという事を伝えている。




イチローは50歳までプレーしたい意向で、そうなれば金銭的なことは優先順位が低い。

イチローの17年オフの契約経緯については代理人ジョン・ボッグス氏が1月に「メッツの可能性もあった。でも彼らはブルース(インディアンスFA)と契約した。もしレッズがハミルトンを放出すれば、イチローが行く可能性もあった。でもそれは実現しなかった。我々は今、待っているところだ。ずっと『連絡するから』と言われ続けている。6球団くらいから」と話していた。

これからのスケジュールは、現地8日(日本時間9日)からチームのスプリングトレーニングに合流。数日間ほど調整し、その後、オープン戦に出場する予定。

また、例の“メッセージTシャツ”を捉えた報道が楽しみになって来た。







 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/03/08 Thu. 16:51 [edit]

CM: --
TB: --
   

0307

イチローの帰還にクラブハウスも歓迎 116勝を知っているのはイチローだけ  




マリナーズ復帰が決まったイチロー。チームがキャンプを行っているアリゾナ州ピオリアの球団施設には早くもロッカーが用意され、慣れ親しんだ背番号51のユニホームがつるされた。日本の報道陣も約40人が集まったという。

イチローの“帰還”を心待ちにしているのは、ファンや報道陣だけではない。44歳、メジャー18年目の春を迎えたレジェンドをクラブハウスの同僚も歓迎ムードだ。

MLB.comもその内容の記事を掲載していたが、考えてみれば西海岸のシアトルから東海岸のニューヨークを経てフロリダ半島のマイアミへ移籍したイチローだが、意外と元チームメイトが多い。

エースのフェリックス・ヘルナンデスは2009年に19勝5敗で球団史上初の最多勝のタイトルを獲得しているが、イチローがヤンキース戦でサヨナラホームランを打ってくれたと懐かしんだという。





今季、マイアミからシアトルに移籍したディー・ゴードンはイチローをメンターのような存在として慕っている。救援右腕のデビッド・フェルプスはニューヨーク・ヤンキースとマイアミの2球団でイチローと一緒に戦った。

他にはイチローが東海岸に移籍した2012年にはマリナーズで、まだメジャー2年目だったカイル・シーガー三塁手がいる。

彼も「史上最高のマリナーの一人が来るんだ。尊敬しているよ。イチローについて思い出すことといえば、誰よりもハードに練習していたということだね。プロフェッショナルでこんなにも一生懸命練習し、自身の手入れが入念な選手を獲得できれば、みんなに良い影響があるはずだ」と、イチローのプロフェッショナルな姿勢がチームメイトに与える影響の大きさについて語ったという。

ロビンソン・カノーもヤンキース時代にイチローの同僚だった。かつての戦友たちに囲まれて44歳の帰還兵にとってクラブハウスの雰囲気は、けっこう良いかも知れない。

イチロー セーフコフィールド


数日前にも紹介したが、マリナーズの外野陣は、メジャーキャリア2~3年目といった若手が中心の編成。このため数年はコントロールできるメリットはあるが、経験不足と若手の割には故障者が多い。

レフトはベン・ギャメル(25歳)、センターはディー・ゴードン(29歳)、ライトはミッチ・ハニガー(27歳)、第4の外野手としてギジェルモ・エレディア(27歳)。

ベン・ギャメルが打撃練習にわき腹を痛めて開幕絶望。昨年の前半に活躍したハニガーも実質2年目、中盤の故障で96試合の出場にとどまったが、そのハニガーも右手の故障で、出遅れている。控えの外野手エレディアも実質2年目。昨年10月に右肩の手術を受けて不安が残る。

昨年、内外野のユーティリティとして投手と捕手を除く内外野の7ポジションを守った28歳テイラー・モッターも実質2年目。

そのためタイガースからウェーバーで32歳のアンドリュー・ロマインを獲得。ただ彼も外野は守れるが、もとは内野手で、これまでメジャーでは控えクラスの実績しかない。

40人枠では、フィリーズから、これもウェーバーで獲得した27歳キャメロン・パーキンスも42試合に出ただけの選手。40人枠以外のNRIでキャンプ参加のカーク・ニューエンハイスは、メジャー7年目だが3Aとメジャーを出入りするクラスの選手。

2001年以来、MLB30球団で最もポストシーズン進出から遠ざかっているチームだが、その2001年の「シーズン116勝46敗 勝率.716」を知っているのは、イチローだけかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/07 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド