メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0622

アーロン・ジャッジが復帰したヤンキースの打線と守備の布陣は?  




 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が21日(日本時間22日)、ホームでのアストロズ戦に「1番ライト」で復帰した。

 先日のジャンカルロ・スタントン外野手(兼DH)に続いて大砲復帰でMLB30球団中4位の本塁打数を誇る重量級打線がこれまで以上に厚みを増した。

 ヤンキースは一時、野戦病院のように故障者リスト(IL)が膨れ上がった。現在は主力級が復帰して多少改善したように見えるが、ルイス・セベリーノ投手やセットアップマンのデリン・ベタンセス投手など、12人がILに登録され、すぐに復帰できそうな10日間ILが2人で、そのほかの10人が60日間IL。


【ヤンキースのIL状況】(※日付は現地時間)

復帰
CCサバシア (6/2復帰)
D.グレゴリウス (6/7復帰)
G.スタントン (6/18復帰)
A.ジャッジ (6/21復帰)

新加入
E.エンカーナシオン (6/15)
C.メイビン (4/25)
K.モラレス (5/14)10日間IL

主な故障者
T.トゥロウィッキー
D.ハーマーン 10日間
L.セベリーノ
D.ベタンセス
M.アンドゥハー 手術
G.バード
A。ヒックス


 大量の故障者が早期に出る中、キャメロン・メイビン外野手やエドウィン・エンカーナシオン(兼DH)らをシーズン中に補強した。

 幸運だったのは、地区3連覇中のレッドソックスが開幕から出遅れたこと。その間でもレイズと地区の首位争いを演じられたことだろう。


ジャッジの復帰でそのラインナップはどうなったのか?


 ジャッジが復帰して打線の変化に注目したい。ジャッジは、打席に多く 立たせることを考えて昨年の定位置だった2番から1番で起用された。好調のゲイリー・サンチェス捕手が2番に入った。





下がヤンキースのきょうのラインナップ。
  1. 右 A.ジャッジ 
  2. 捕 G.サンチェス 
  3. 遊 D.グレゴリウス
  4. DH G.スタントン
  5. 一 E.エンカーナシオン
  6. 中 B.ガードナー
  7. 二 G.トーレス
  8. 三 G.ア―シェラ
  9. 左 C.メイビン


 守備を考えるとベスト・オーダーではない。本来ならアーロン・ヒックスがセンターで、スタントンがレフトだろう。指名打者はエンカーナシオン。

ヒックスはスイッチヒッターで左打者が少ない打線の中にあって変化を作れるが、ここまで打率が1割台でベテランのガードナー(左投/左打)やメイビン(右投/右打)を使わざるを得ない状況だ。

 内野は一塁ルーク・ボイト。二塁DJルメイヒュー、三塁グレイバー・トーレス、遊撃ディディ・グレゴリウスという布陣がベストだろう。

ヒックスあたりが昨年並み(27本塁打/OPS.833)に活躍し、ガードナー(左投/左打)やメイビンを控えに置くことができれば外野手と指名打者を相手の投手や選手のコンディションと相談しながらローテしていける。





 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/06/22 Sat. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0616

ヤンキースのエンカーナシオンはレッドソックス相手にこれだけ打っている  



 「ESPN」のジェフ・パッサンや「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマンが伝えたように以前から噂のあったマリナーズのエドウィン・エンカーナシオン(一塁手/指名打者)がヤンキースにトレードされた。


 36歳のエンカーナシオンは、マリナーズで今季65試合に出場。打率は.241と低いがア・リーグ最多の21本塁打(OPS.888)をマークしている。


09年から16年までブルージェイズで主軸を打ちキャリア15年間で401本塁打、1205打点。オールスターにも3回選出されている。


 特筆すべきは、エンカーナシオンが14年以降、同地区ライバルのレッドソックス戦で最多の22本塁打を放っていることだろう。「NJ.com」によれば、彼が現在のアメリカンリーグ東部地区の主力投手たちと相性が良いことがわかるが、特にレッドソックス相手に破壊力を見せつけている。




【エンカーナシオンvs.BOS主力投手】

NAME/ 打率/本塁打/打点/三振/四球

クリス・セール .333/3 HR/5 RBI/ 5 K/ 4 BB
デビット・プライス .250 BA/4 HR/9 RBI/10 K/5 BB
リック・ポーセロ .283 BA/3 HR/10 RBI/ 8 K/ 0 BB


宿敵ともいえるレッドソックスの3本柱からは10本塁打、24打点だ。


さらに、西部地区で首位独走中のアストロズ相手でも今季12本塁打、27打点、OPS.926をマークしているところも見逃せない。


D9KYGTtX4AUtsRF.jpg


ヤンキースは、アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンの右の大砲が離脱中。彼らが戻ってきても結果を出すまでには時間がかかることも予想される。


しかもジャッジもスタントンも外野手。この数年間、ヤンキースが正一塁手に人材を欠いていたことを考えると、インパクトのあるトレードだったことがわかる。


◇関連記事
【MLB移籍情報】E.エンカーナシオンがトレードでヤンキースへ



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/06/16 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0616

【MLB移籍情報】E.エンカーナシオンがトレードでヤンキースへ  




 以前から噂のあったマリナーズのエドウィン・エンカーナシオン(一塁手/指名打者)がヤンキースにトレードされることが決まった。

 「ESPN」のジェフ・パッサンがSNSで伝え、「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマンは、マリナーズへはドミニカ出身の19歳右腕フアン・ゼンが交換要員になると伝えている。




 36歳のエンカーナシオンは、マリナーズで65試合に出場。打率は.241と低いがア・リーグ最多の21本塁打(OPS.888)をマークしている。09年から16年までブルージェイズで主軸を打ちキャリア15年で401本塁打、1205打点。オールスターにも3回選出されている。


 エンカーナシオンは14年以降、同地区ライバルのレッドソックス戦で最多の22本塁打を放っていることも特筆事項かもしれない。


 アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンが離脱中のヤンキースだが、彼らが戻ってきても結果を出すまでには時間がかかることも予想されるため今季好調の長距離砲をレンタルプレイヤーとして獲得した。


 エンカーナシオンの契約は今季が2166万7000ドル。来季は2000万ドルのクラブオプション(バイアウト500万ドル)。


 「ジ・アスレティック」のケン・ローゼンタールによると、このうちヤンキースは925万ドルを負担するという。


それは昨年12月13日のインディアンス、マリナーズ、レイズ間で成立した三角トレードによってマリナーズへ移籍した際にレイズが500万ドルを負担するためで、ヤンキースで残りの93試合とポストシーズンを考えると、ぜいたく税との兼ね合いもあるが、比較的安価かもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/06/16 Sun. 14:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

0412

【MLB契約情報】今季終了後に年俸調停権を取得するアーロン ジャッジの契約延長は?  

 


ヤンキースは2月に若きエース、ルイス セベリーノとの年俸調停を回避して契約を延長した。つぎに噂されているのが若き主砲アーロン ジャッジやゲーリー サンチェスだ。

ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、今シーズン終了後に年俸調停権を取得することになるジャッジやサンチェスの2人と優先的に契約を延長したい方針であることを明言している。

チームのコアとして長期的に活躍してほしい選手たちだが、ほかにグレイバー トーレス、ミゲル アンドゥハーなども、契約延長交渉の対象だ。

ここでも紹介したが、25歳のセベリーノとの契約内容は、4年4000万ドルで5年目はクラブオプション1500万ドル(バイアウト275万ドル)だった。ちなみに、昨年のセベリーノの年俸は60万4975ドル。

年俸調停1年目でセベリーノ側が525万ドルを希望。それに対してヤンキースは年俸440万ドルを提示していたという。

両者はこれを回避して合意内容は、

19年 400万ドル+サインボーナス50万ドル
20年 1000万ドル+サインボーナス50万ドル
21年 1025万ドル+サインボーナス50万ドル
22年 1100万ドル+サインボーナス50万ドル

5年目契約破棄(バイアウト)の場合275万ドル。23年は1500万ドル(バイアウト275万ドル含む)のクラブオプション。



割安感があるが、セベリーノは、残念ながら故障が長期化する可能性が報道されている。

ちなみに投手では、ほかにフィリーズのエース格アーロン ノラが4年4500万ドルで合意、チームは30歳まで彼をコントールできる。


ジャッジはいくらぐらいの契約になるのだろうか。ジャッジの今季は68万4300ドル。

メッツのセスペデス外野手は31歳で、4年1億1000万ドル、年平均で2750万ドルの契約にサインした。過去にはトラウトが23歳から28歳までの6年間で1億4450万ドル(年平均で約2400万ドル)を結んだ。

スタントン外野手は25歳の時に13年の長期契約で325億ドル(年平均2500万ドル)だった。

もうすぐ27歳になるジャッジは8年200億ドル(年平均2500万ドル)以上の価値があるとみている。

30歳を超える選手への評価は非常に厳しいものがあるというのも事実だが、球界ナンバーワンとの評価が高いマイク トラウトが新たに12年4億2650万ドル(年平均で約3700万ドル)の契約をディールしたことを考えるとジャッジの年平均2500万ドルも十分考えられる金額だろう。

ロッキーズのノーラン アレナド三塁手は、年俸調停を持つ選手の単年契約では最高額となる2600万ドルで契約更改したが、その後、全球団へのトレード拒否権と2021年シーズン終了後に契約を破棄できるオプトアウトを含んだ8年2億6000万ドル(年平均3250万ドル)で契約を更改した。

それを考えるとジャッジの年平均2500万ドルは安いかもしれない。年俸調停は今季終了後になるが、注目したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/12 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1001

ヤンキースがチーム本塁打でメジャー新記録を樹立 12人が2ケタ本塁打  

 


2009年以来の100勝シーズンとなったニューヨーク・ヤンキース。


ただ、残念ながらボストン・レッドソックスが球団記録の107勝を記録したので、影が薄い結果になってしまい、ホーム開催とは言え100勝したチームがワイルドカードにまわるという結果になってしまった。


ヤンキースの破壊力はジャンカルロ・スタントンの加入で厚みを増した。本塁打数のメジャー新記録は、当初から予想されたものだった。これまでのシアトル・マリナーズの1997年の記録264本を抜いて266本をマーク。161試合目で塗り替えた。


中身をよく見るとスタントン、アーロン・ジャッジの2人で100本という大台を期待されたが、スタントンは59本から38本に大幅ダウン。ジャッジも故障者リストの期間が長く昨年の52本から27本と半減近いダウン。


この記録は、若手の台頭や途中から移籍加入のルーク・ボイトなど12人が2ケタを超えて記録を塗り替えた。チーム打率はMLB全体で14位、出塁率も同7位と本塁打数ほどではないが、どこからでも一発が出る打線は短期決戦では驚異だ。


38本 ジャンカルロ・スタントン
27本 ディディ・グレゴリウス
27本 アーロン・ジャッジ
27本 ミゲル・アンドゥハー
27本 アーロン・ヒックス
24本 グレイバー・トーレス
18本 ゲーリー・サンチェス
13本 ルーク・ボイト
12本 ブレット・ガードナー
11本 グレグ・バード
11本 ニール・ウォーカー
10本 オースティン・ロマイン

※日本時間10月1日 5時現在


関連記事

Posted on 2018/10/01 Mon. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0526

ヤンキースのG.トーレスが4試合連続9号、A.ジャッジが2捕殺で先勝  




見どころ満載だったGAME1  
トーレス、セベリーノ、そしてジャッジ



投打の二刀流で21世紀のベーブ・ルースと全米が注目の大谷翔平がニューヨークに初上陸。

ということで話題の3連戦。ヤンキース対エンゼルスのGAME1はヤンキースが2対1で制した。

 大谷翔平は、試合前の打撃練習で32スイング中14本がフェンスを越える打球を放ち、そのうちの数本はアッパーデッキへ打ち込むなど大物の片りんをヤンキースタジアムでも見せた。

 その大谷だが、試合では3打数ノーヒット、1四球だった。浴びせられる大ブーイングが実力の証かもしれない。第4打席は快速球のクローザー、アロルディス・チャップマンとの「100マイル」対決だったが、二塁ベースの右にシフトを敷いていたショート正面のゴロに終わった。この日は、同じような当たりがもう1本あった。

 ヤンキースの先発はア・リーグトップタイの7勝をあげているルイス・セベリーノ。この日は、4四球を出したが、エンゼルス打線を被安打4、マイク・トラウトの16号ソロによる1失点に抑えた。

守備でもアーロン・ジャッジ右翼手がレーザービームで2アシスト(捕殺)を決めた。



 しかし、この日のヒーローは4試合連続の9号ソロ本塁打を放ったヤンキースのグレイバー・トレス内野手。21歳での4試合連続はア・リーグ最年少記録。

ヤンキースのNO.1プロスペクトというだけでなく、MLB公式サイトはMLB全体でNO.1、ベースボール・アメリカが同NO.3にランクするメジャーでも屈指の有望株。

現地4月22日にトーレスがメジャーに昇格してからのヤンキースは21勝6敗と好調だ。ここまで28試合に出場して打率.333、9本塁打、24打点。出塁率.393、長打率.646、OPS1.038。

DeFk0QmVMAAvu1O.jpg

 ヤンキースは、ジーターなどの“コア4”と呼ばれる主力選手たちが引退して再建期かと思われていたが、長期間低迷することなく順調に若手が台頭している。

昨年は、アーロン・ジャッジがア・リーグ新人王を獲得してMVP投票ではホセ・アルトゥーべに続く2位となり、投手ではルイス・セベリーノがサイヤング賞投票で3位、さらにゲーリー・サンチェスがシルバースラッガー賞を獲得するなど、今後のチームのコアとなる20代の選手たちが活躍。

そして、今季もトーレスや23歳のミゲール・アンドゥハー三塁手(打率.291、5本塁打、OPS.811)も成長している。

新人賞レースで、大谷翔平の強力なライバル達が現れた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/26 Sat. 14:55 [edit]

CM: --
TB: --
   

0524

大谷翔平のホームランダービーに期待!ジャッジや同僚トラウトは消極的  



 MLBオールスターゲームが6月1日よりファン投票を開始する。日本からもネットでMLB公式サイトから投票可能だが、前夜祭とも言うべき「ホームラン・ダービー」も注目だ。

スタントンやジャッジもこのイベントで全米中に名前が売れた。そして、今季の期待は、100年ぶりにベーブ・ルースの記録を塗り替えることが期待されている「2WAY」大谷翔平の出場だろう。

ここまでの数字を維持すればDHとしてのファン投票では選ばれる可能性が高い。ただ、このホームラン・ダービーに関してはMLBからの出場オファーが必要だ。



 そんな大谷の出場にフォローの風が吹いているという。スポーツ専門サイト『The Score』の記事では、昨年のホームラン・ダービーを制したヤンキースのアーロン・ジャッジが辞退を表明。そのほか、レッドソックスのムーキー・ベッツ、J.D.マルティネスなど有力打者が続々と出場辞退を表明しているという。



 大谷の同僚でメジャー屈指の強打者マイク・トラウトも「あまり考えたことはないが、たぶん(出場は)ないだろう」と出場に否定的な考えを明らかにしており、ア・リーグの出場候補たちが、このイベントに消極的だ。

現地23日時点でア・リーグのホームランキング争いは

ムーキー・ベッツ(BOS)16
マニー・マチャド(BAL)15
J.D.マルティネス(BOS)15
ジョーイ・ギャロ(TEX)14
マイク・トラウト(LAA)14
ホセ・ラミレス(CLE)14
アーロン・ジャッジ(NYY)13
クリス・デービス(OAK)13


などが上位だが、大谷も10本を超えてくると十分にオファーの可能性がある。


 大谷のパワーは、MLB公式サイトやYouTubeで動画配信されており、トロントのロジャーズ・センターではアッパーデッキ(5階席?)に打ち込んだ打撃練習の動画が話題になった。

大谷翔平


マイク・ソーシア監督も大谷のホームラン・ダービー出場には前向きな発言をしているという。

 今季のオールスターゲームは7月17日、東部のワシントンD.Cにあるナショナルズ・パークで開催が決まっている。大谷の出場が決まれば日曜日まで本拠地アナハイムでドジャース戦を戦って、休みなしで西海岸から東海岸へ飛ぶことになる。

観たい気もするが、後半戦は、ホームでのアストロズ戦から始まるので、休んで欲しい気もする。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/24 Thu. 17:21 [edit]

CM: --
TB: --
   

0520

【AL-EAST】レッドソックスとヤンキース、2強対決のAL東部地区  




 約4分の一を経過したMLB。アメリカンリーグ東部地区では久々に東部の名門2チームによる首位争いが演じられている。

☆現地19日終了時点での順位表

【東部地区】
R/ チーム / 勝 敗 / 勝率 / 差
1 ヤンキース   29 13 .683 -
2 レッドソックス 31 15 .667 0.0
3 レイズ     22 22 .500 8.0
4 ブルージェイズ 22 24 .478 9.0
5 オリオールズ  14 31 .318 16.5


 レッドソックスとヤンキースがゲーム差なしでトップ。3位以下に8ゲーム差をつけている。

 レッドソックスは、「BOSTON STRONG」を合言葉に上原浩治や田澤純一などが活躍した13年のワールドシリーズ制覇以来、14、15年は地区最下位と低迷したが、16年は地区1位に返り咲き、昨年も連覇した。

 打線は、ベッツ、ボガーツ、ブラッドリーJr.の若手“3B”に加えてトッププロスペクトだったベニンテンディ外野手も成長。三塁手もラファエル・デバースがシーズン途中から台頭した。

 ただ、チームの顔だったデビッド・オルティーズが引退して小ぶりになった打線は、本塁打数がMLB30チーム中27位と落ち込んだ。そのため17年オフは、FAの目玉選手だったJ.D.マルティネスを補強。

 30歳のJ.D.マルティネスは、打率.339(MLB5位)、13本塁打(同3位T)、38打点(同2位T)と下馬評どおりの活躍。加えて最強1番バッターのムーキー・ベッツも打率と本塁打数でMLBトップの数字を叩き出し、チーム打率、得点数でMLB1位。チーム本塁打数もここまで同2位と劇的に破壊力を増している。

 投手力もセールを軸に、プライスも故障から復活傾向。ポーセロ以外、全員が左投手なのが、右の長距離砲が多いヤンキース相手にどうなるのか。首位攻防戦に注目だ。

クリス・セール
デビッド・プライス
リック・ポーセロ
エドゥアルド・ロドリゲス
ドリュー・ポメランツ

先発陣のスタッツは、防御率で先発陣がMLB8位(AL3位)、ブルペンが同9位(同4位)の防御率と今年も安定。

アストロズやインディアンスの先発ローテーションとも見劣りしない陣容と言える。ブルペンも、クローザーのキンブレルやジョー・ケリー。5月15日に10日間DL入りしたがカーソン・スミスが3年ぶりに復活し、駒が揃ってきた。


smile (2)


 レッドソックスの3連覇を阻みたいヤンキースは、オフに本塁打王スタントンを電撃補強。

 優勝候補に推す関係者も多かったが、打線は穴が多く、ジャッジはMLB4位の59三振、スタントンも5位の58三振。このままでいくと2人でシーズン400三振という不名誉な記録になりそうだ。

チーム得点数でMLB2位、本塁打数で同3位は予想どおりだが、打率で同10位と物足りない数字だ。

 それに比べ、投手陣は、セベリーノ、田中将大を中心に踏ん張っている印象。先発陣のスタッツは、防御率で先発陣がMLB9位(AL2位)、ブルペンが同8位(同3位)とシーズン前の予想に比べ悪くない。


 ヤンキースがアーロン・ブーン、レッドソックスがアレックス・コーラの新監督に代わった今年。この夏の補強も含めて、東海岸の名門2チームから目が離せない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/05/20 Sun. 13:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

1114

MLB新人王にA.ジャッジとC.ベリンジャー 全米野球記者協会(BBWAA)選出   




ルーキーが輝いた1年だった。新人王に選ばれた2人はチームの躍進に多大な影響を与え、勝利に大きく貢献した。

誰が投票してもこの2人を選んだに違いない。全米野球記者協会(BBWAA)30人の投票によって決まる2017年の新人王が発表され、ア・リーグは、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手、ナ・リーグでは、ドジャースのコディ・ベリンジャー一塁手がいずれも満場一致で選出された。



両リーグとも満場一致での新人王選出は、20年ぶりで、史上4回目。

ジャッジは昨年8月に、初打席初本塁打という戦列のデビューを飾り、MLB規定の関係で今季の新人王ということだが、22歳のベリンジャーは、4月25日のジャイアンツ戦で「8番レフト」でメジャーデビューした。故障のエイドリアン・ゴンザレスと入れ替わる形でのロースター入りだった。

彼のデビュー以後、それまで9勝11敗と開幕ダッシュに失敗していたチームをけん引するかのようにドジャースは快進撃を続けていった。

7月15日のマイアミ・マーリンズ戦では、球団新人史上初のサイクルヒットを達成。9月16日のナショナルズ戦で1930年のワリー・バーガー、1956年のフランク・ロビンソンと並ぶナ・リーグの新人本塁打記録38号本塁打をマーク。

9月22日のジャイアンツ戦で3回にジェフ・サマージャ投手から39号本塁打を記録し、ナショナルリーグのシーズン新人本塁打記録を更新した。

132試合、打率.267、出塁率.352、長打率.581、OPS.933、39本塁打、97打点、10盗塁、146三振。本塁打、打点はチームトップ。

ドジャースからは昨年のコーリー・シーガーに続き2年連続18人目の新人王となった。

ベリンジャー

ジャッジは「8番ライト」で開幕から出場。これは、正直言って意外だった。何度も紹介しているが、16年は84打数42三振、打率.179だったからだ。

しかし、開幕から打ちまくって4月は打率.303、10本塁打と不安を打ち消した。オールスター以後、打てない時期もあったが、シーズン52本塁打を放ち、マーク・マグワイアがマークした49本の新人最多本塁打記録を30年ぶりに更新した。

MLB公式サイトによれば127四球も1939年のテッド・ウィリアムス(107四球)を上回る新人記録となった。打撃以外の面でも見事なパフォーマンスを見せ、FanGraphs版のWARでは両リーグ最高となる8.2を記録。

ただ、ケチをつけるわけでもないが、シーズン208三振は、今季MLBワースト記録。200三振以上しているのは彼だけだ。ア・リーグの本塁打王、MLBの三振王に輝いた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/11/14 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1018

【ALCS】ジャッジが点火 ヤンキースが8回逆転で2勝2敗のタイブレークに  



7回までアストロズの先発ランス・マッカラーズJrに1安打に抑えられていたヤンキース打線だったが、7回にアーロン・ジャッジの本塁打で目を覚ますと、8回に2点ビハインドを逆転。6対4で勝利し、ア・リーグ・チャンピオンシップ(ALCS)の対戦成績を2勝2敗にした。

ヤンキースは今シーズンの躍進の象徴だったジャッジが、この試合の前までポストシーズン34打数5安打、打率.147(OPS.646)と不振を極めていた。

しかし、第3戦の2本目から感触を取り戻したのか、この試合でも7回先頭打者で回って来た第3打席、初球の甘く入ったナックルカーブを捉えて、シーズン中に何度も見たセンター・バックスクリーンに叩き込む反撃の一打を放った。



これでホーム無敗のヤンキースに火がついた。8回裏、ヤンキースは8番トッド・フレイジャーと代打チェイス・ヘッドリーの連打でノーアウト二、三塁のチャンスメイク。

ここでアストロズはクローザー、ケン・ジャイルズを投入。

1番ガードナーの二塁ゴロでまず1点を返し3対4。1死三塁からジャッジが左翼フェンスを直撃するタイムリー二塁打で同点。

押せ押せムードのヤンキースは3番グレゴリウスがヒットで繋いで1死一、三塁とし、4番サンチェスが右中間を破る二塁打を放って2点を勝ち越した。

DMYZJbsWAAI1Km1.jpg

今季のアストロズ・リリーフ陣は30球団中、防御率で17位。弱点とされたブルペンがヤンキースの勢いを止められなかった。

明日行われる第5戦は、ホームで強い田中将大と左腕ダラス・カイケルが先発予定。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/18 Wed. 12:30 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド