メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1017

ベテラン左腕サバシアが意地の6回無失点 ヤンキースが反撃で1勝2敗に  



ニューヨークに舞台を移したアメリカンリーグのチャンピオンシップ(ALCS=リーグ優勝決定戦)はヤンキースが8対1で勝利して対戦成績を1勝2敗とした。

これで4連敗は無くなったわけで、初戦に登板した田中将大の第5戦が待ち遠しくなった。

ヤンキースの連敗をストップしたのはメジャー17年目、37歳左腕CCサバシア。この数年は膝の故障とアルコール依存症などが伝えられ、かつての輝きは失われていた。

体調が戻った今季は、27試合で148回2/3、14勝5敗、防御率3.69、120奪三振、被本塁打22と復調。メディアによれば今季チームが負けた直後の登板で9勝0敗、防御率1.71と「連敗ストッパー」になっていた。


DMUBvFkX0AAZhLs.jpg


今季は契約最終年。オフにはフリーエージェントになるだけに、ダメなら即引退という崖っぷちの1年がベテランに火をつけたのかもしれない。

サバシアは、6回99球(ストライク64)、3安打4四球5奪三振、無失点で連敗のチームを勝利に導いた。

打線もベテランの好投に報いた。2回裏二死走者なしから6番スターリン・カストロ、7番アーロン・ヒックスの連打で一、二塁のチャンスを作り、ここで8番トッド・フレイジャーが外角低めの球を上手くバットに乗せてライトスタンドへ運ぶ先制スリーランを放った。

今季27本塁打で夏に補強したフレイジャーが持ち味を出して、欲しかった先制点を叩き出した。

4回裏には二死一、三塁から9番チェイス・ヘッドリーのタイムリーで1点を追加。1番ブレット・ガードナーが死球を受けて満塁となったところで暴投によりさらに追加点。5対0にすると、2番の悩めるア・リーグ本塁打王アーロン・ジャッジがポストシーズン2本目の3ランをレフトスタンドに突き刺した。

ジラルディ監督は「これ以上ないという投球だった。シーズンでもいいピッチングを続けていたので驚きはないよ」と称えると、守備でも貢献したジャッジが「両サイドを突いて緩急を巧みに操っている。後ろで守っていて楽しい」とコメントしている。





ディビジョンシリーズでは、あの強豪インディアンス相手に2連敗から3連勝しただけに、もしかして?を感じさせる1勝だった。明日の第4戦の先発はヤンキースがソニー・グレイ。アストロズは発表されていないが、右腕ランス・マッカラーズが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/17 Tue. 16:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1015

【ALCS】助っ人バーランダーが9回完投13奪三振 アストロズがサヨナラ勝ちで2連勝  

 


アストロズがベテラン右腕ジャスティン・バーランダー、ヤンキースがルイス・セベリーノの先発で始まったア・リーグ・チャンピオンシップ(ALCS)の第2戦は、1対1の同点からアストロズが9回サヨナラ勝ちを収め、2連勝を飾った。

最多奪三振4回、2011年にはサイ・ヤング賞も受賞している剛腕バーランダーが快投を披露。この夏にタイガースから移籍後は5試合に先発し、5勝無敗、防御率1.06、WHIP0.65と驚異的な好投を見せる右腕が額面通りの活躍を見せた。

5回こそ2連打で1点を失ったが、ヤンキース打線を圧倒、ゲームを支配した。8回までに13奪三振。9回を5安打13奪三振、1四球、1失点だった。





一方、継投策で粘るヤンキースだったが、9回裏、守護神チャプマンがつかまり、最後はまずい中継プレイで一塁走者だったアルトゥーベが一気に生還してサヨナラ勝ちを収めた。

4番カルロス・コレアの右中間のヒットをライトのジャッジ、ショートのグレゴリウスと中継したが、冷静にキャッチャー、サンチェスに返球していれば、十分にアウトにできるタイミングだった。

第1戦に続く2対1の1点差での勝利だが、若いヤンキースの経験の無さ、ワンチャンスをものにしたアストロズの試合巧者ぶりがでた試合だった。

第3戦はヤンキースのホーム、ニューヨークに移ってヤンキースは左腕CC.サバシア、アストロズは右腕チャーリー・モートンが先発予定。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/10/15 Sun. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1010

【ALDS】アストロズが12年ぶりにCS進出 #HoustonStrong  




ヒューストン・アストロズの2勝、ボストン・レッドソックスの1勝でむかえたはア・リーグ・ディビジョンシリーズ(ALDS)の第4戦が9日(日本時間10日)、レッドソックスのホーム、フェンウェイパークで行われ、アストロズが5対4で制し、先に3勝を挙げたアストロズが2005年以来、12年ぶり5回目のア・リーグ・チャンピオンシップ(ALCS)進出を決めた。

試合は、レッドソックスが右腕リック・ポーセロ。アストロズが今季14勝右腕チャーリー・モートンの先発で始まったが、短期決戦らしく早めの交代で、両軍がエースをつぎ込む必勝リレーに出る。

レッドソックスは、3回で5安打2失点のポーセロから第1戦先発のエース左腕クリス・セールを4回から継ぎ込むと、アストロズも5回途中から夏にポストシーズン用に補強した剛腕ジャスティン・バーランダーが登場。

レッドソックスのセールは好投したが5イニング目に入った8回に捕まって、2年目の6番アレックス・ブレグマンに同点ソロ本塁打を浴びせられリードを守れず、変わったクローザーのクレイグ・キンブレムも乱調で、最後はジョシュ・レディックに逆転打を許してしまった。

一方、バーランダーも変わった直後に3番アンドリュー・ベニンテンディから逆転弾を浴び、最後はケン・ジャイルズが2回を1失点(7番の新人ラファエル・デバースのランニング本塁打)を浴びて1点差とされるも後続を抑えて何とか逃げ切った。



スポーツが勇気を与えることもある。

1995年1月17日、阪神淡路大震災で神戸が被災した年も仰木監督(故人)やイチローが活躍して「がんばろう神戸」を合言葉に地元チームのオリックス・ブルーウェーブが優勝した。11年ぶりだった。(私も大阪で被災したから、あの揺れは今でもトラウマになっている。)

がんばろう神戸


この8月に大型ハリケーン「ハービー」が直撃して、上から2番目に強い「カテゴリー4」の勢力がヒューストンを襲った。最大風速58メートル、24時間で610ミリの雨が降った。

これによりヒューストンは多大な被害を受けた。そのヒューストン市民を励ます為に「HOUSTON STRONG」を合言葉にアストロズがチャンピオンシップまで駆け上がる姿は、2013年のボストンマラソンの悲惨なテロから立ち上がってボストン市民を勇気づけたレッドソックスや、あの時のオリックスを思い出した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/10/10 Tue. 12:58 [edit]

CM: --
TB: --
   

1007

【ALDS】バウアーのナックルカーブがヤンキース打線を翻弄 ジャッジ4打数4三振  



リーグ最高勝率のクリーブランド・インディアンスとワイルドカードから勝ち上がったニューヨーク・ヤンキースが対戦するア・リーグ・ディビジョンシリーズ(ALDS)の第1戦はインディアンスの先発右腕バウアーが6回2/3を2安打、8奪三振、無失点に抑える好投でインディアンスが4対0で勝利した。

今季ヤンキース戦に2試合の先発で2勝0敗、防御率1.38というデータどおりのピッチングだったが、そんなデータがあるにもかかわらず何の策もなかったヤンキースとの経験や力量の差を見せつけた初戦だった。

ヤンキース打線は、インディアンスの強力ブルペン陣にも歯が立たず、結局、3安打に抑え込まれる完敗だった。2番ジャッジは4打数で無安打4三振、3番サンチェスも4打数無安打1三振、4番グレゴリウスも4打数無安打2三振だった。



バウアーの94~95マイル台のフォーシームと76~77マイル台のナックルカーブの緩急に翻弄された。シーズン中は約29%のナックルカーブをこの日は98球中35球(約36%)と、少し多目の配球だった。



バックもバウアーを攻守で支えた。センターに入ったキプニスのダイビングキャッチや夏にメッツから補強したブルースの本塁打など3打点を叩き出す活躍で、インディアンスが危なげない勝利を挙げた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/07 Sat. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1006

【ALDS】セール7失点炎上、アルトゥーベの3発でアストロズ先勝  




現地5日、ア・リーグのディビジョン・シリーズ(ALDS)、アストロズ対レッドソックスの第1戦はアストロズ打線がレッドソックスの先発左腕クリス・セールを攻略して8対2で勝利した。

シーズン終盤に、やや疲れが出ていたクリス・セールをアストロズは打線が1回から捕まえた。1死後、今季がメジャー2年目の2番アレックス・ブレグマンがソロ本塁打を放ち先制。続く3番の首位打者ホセ・アルトゥーベも左中間にソロ本塁打を打ち、右打者の2人がシーズン308奪三振左腕のリズムを狂わせた。

DLaWLBOWsAAGW5w.jpg

レッドソックスは相手の先発右腕ジャスティン・バーランダーから2回、2死一二塁から8番レオンのライト前タイムリーで1点を返すと、4回、新人ラファエル・デバースの犠牲フライで同点。

しかし、その裏、2死一二塁で8番マーウィン・ゴンザレスの右中間2点タイムリー二塁打で勝ち越すと、5回にアルトゥーベが、セールから、この試合2本目のソロ本塁打を左中間に叩き込みセールを攻略した。

さらに、6回に追加点。7回には先頭のアルトゥーベが、この試合3本目のソロ本塁打を放った。ポストシーズン1試合3本塁打は史上9人目。2012年ワールドシリーズのパブロ・サンドバルが記録して以来5年ぶりになる。

シーズン本塁打数238本でア・リーグ1位のアストロズと168本でリーグ15位(最下位)の差が出た試合だったかもしれない。

アストロズのジャスティン・バーランダーは6回を6安打、2四球、3奪三振で2失点。その後、4投手の継投でアストロズが逃げ切った。

明日の第2戦はアストロズがエース右腕ダラス・カイケル。レッドソックスが左腕ドリュー・ポメランツが先発する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/10/06 Fri. 09:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

1005

【ALDS】ヤンキース@インディアンス 初戦と第2戦の先発投手を発表!  



現地4日から始まるア・リーグ・ディビジョンシリーズ(ALDS)初戦と第2戦の先発投手が判明した。

インディアンスの本拠地、プログレッシブ・フィールドで開幕するア・リーグ・ディビジョンシリーズ(ALDS)の第1戦をヤンキースはソニー・グレイ、第2戦はCC.サバシアが先発する予定。



これにより、ALDS第1戦はグレイとトレバー・バウアー。第2戦はベテラン左腕のCC.サバシアとエース右腕のコリー・クルーバーというマッチアップとなる。


エースを第2戦にもってきたインディアンス


AL最高勝率でホームフィールド・アドバンテージのあるインディアンス。指揮官テリー・フランコーナ監督は、クルーバーとの話し合いのなかで、エースを第2戦、そして中4日で第5戦で「余裕をもって投げさせるプラン」を説明し、エースはこれを受け入れたという。

2017ALDS

今季のクルーバーは大車輪の活躍をした。29試合に先発して18勝4敗、防御率2.25、265奪三振は「サイ・ヤング賞」候補でもある。

クルーバーは、昨年のポストシーズンでも6試合に登板。そのスタッツを分析すると中3日で登板した3試合は、15イニングで7失点だった。その他の3試合は、19.1イニングで防御率0.00をマーク。

この事から過度の負担はパフォーマンスに影響することは明らかだった。

そうした意味合いで「第1戦に先発した投手を中3日で第4戦に先発させる」というパターンを避るプランを選択。これを見る限りは正しい選択だと言える気がするが、勝負のかかった第4戦に投げさせる投手を信頼していなければ、この選択はできない。

インディアンスの第3戦は、カルロス・カラスコ。第4戦はジョシュ・トムリンが発表されている。トムリンは昨年もレッドソックスとのALDSに登板して5回2失点だった。


GAME3 カルロス・カラスコ
(RHP/30歳/32試合/200回/18勝6敗/防御率3.26)

GAME4 ジョシュ・トムリン
(RHP/32歳/26試合/141回/10勝9敗/防御率4.98)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/05 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0918

「ヒューストン・ストロング」アストロズがAL編入後、初の地区制覇  




ヒューストン・アストロズが、ナショナルリーグ時代の2001年以来となる地区優勝を果たした。アメリカンリーグ西部地区に編入後は地区初制覇になる。

地区首位を独走していたアストロズ。ポストシーズン用に獲得した先発右腕ジャスティン・バーランダー投手がこの日も快投。7回を3安打、1四球、10奪三振、1失点とゲームを支配する内容でシアトル・マリナーズを7対1で下した。

アストロズ


2011年から13年の3年間、泥沼の3年連続100敗したチームは、若手のスプリンガー外野手(11年ドラフト1巡)、コレア遊撃手(12年ドラフト全体1位)らが順調に成長。今季はブレグマン三塁手もレギュラーに定着。そこにアルトゥーベ二塁手、元ヤクルトのグリエル一塁手、などが加わってチームのコアを形成。

さらに、今季補強したマッキャン捕手、レディック外野手、指名打者のベルトラン選手などベテランが加わってバランスのとれた編成になった。

8月以降にもポストシーズンへの「最後のピース」として今日先発した剛腕バーランダーを獲得。やや弱かった先発陣を補強した。

今後は、ホームフィールドアドバンテージを得ることができる勝率1位でのポストシーズン進出が目標となる。

米南部テキサス州に8月25日、大型ハリケーン「ハービー」が上陸、ヒューストンにも甚大な被害を及ぼした。

メジャーリーグ機構(MLB)は現地8月28日、この事を受け29日から予定されていたヒューストン・アストロズ対テキサス・レンジャーズの3連戦の開催地変更を発表した。

アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで開かれる予定だった同シリーズは、フロリダ州にあるタンパベイ・レイズの本拠地トロピカーナ・フィールドで行われた。

ボストンマラソンの悲惨なテロ事件以後、「BOSTON STRONG」を合言葉にレッドソックスはワールドシリーズを制覇してボストン市民を勇気づけた。アストロズも「HOUSTON STORONG」を合言葉に快進撃をするかも知れない。傷ついたヒューストン市民のために・・・



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/18 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0917

インディアンスがAL中部地区 2年連続9回目の地区制覇  

 

ア・リーグ(AL)中部地区で優勝マジックを2としていたクリーブランド・インディアンスが16日、ロイヤルズに8対4で勝ち、2位のツインズが敗れたため、2年連続の地区優勝を決めた。

92勝57敗。勝率では、あの歴史的22連勝で西部地区のアストロズを抜いて現時点では第1シードをキープしている。



AL中部地区と言えば機動力野球で魅了したロイヤルズが14年、15年と制覇し、ワールドシリーズ制覇まで駆け上がった。そのチームを抑えて16年に地区を制したインディアンスもリーグを制覇してワールドシリーズで、あと1勝まで迫った。

今季もサイ・ヤング賞候補のコーリー・クルーバー(16勝4敗、防御率2.44)を軸にMLB4位の先発陣を形成。アンドリュー・ミラー(49試合、防御率1.62)、守護神コディ・アレン(27セーブ、防御率2.52)を擁するリリーフ陣もMLBトップのスタッツでディフェンスは強い。

オフェンスはリーグ4位の134を記録した盗塁数こそ81と減ったが、エドウィン・エンカーナシオン(34本塁打、90打点)やジェイ・ブルース(34本塁打、94打点)らを補強し、長打力がアップ。

23歳のフランシスコ・リンドーア、25歳のホセ・ラミレスら、チームのコーナーストーンとも言うべき若手も成長している。

それに加えチームカラーであるフランコーナ監督のスモールベースボールが浸透し、繋ぐ野球は健在。勝つ味を知ったチームがどこまでいくのか楽しみだ。


《チームデータ》

★1901年創設

★在籍した日本人選手
多田野数人(2004〜2005年)
小林雅英(2008〜2009年)
大家友和(2009年)
福留孝介(2011年)
村田透(2015〜2016年)

★ワールドシリーズ優勝(2回)
1920 1948

★リーグ優勝 (6回)
1920 1948 1954 1995 1997 2016

★地区優勝 (9回)
1995 1996 1997 1998 1999 2001 2007 2016 2017

★ワイルドカード (1回)
2013



個人的には弱小球団のイメージしかなかったインディアンスだが2013年、、指揮官にテリー・フランコーナ氏を迎え、ワイルドカードで2007年以来となるプレイオフ進出を果たした。

2016年には9年ぶりとなる地区制覇を成し遂げると、1997年以来のワールドシリーズでは3勝1敗と王手をかけながら、カブスに無念の3連敗を喫した。今季は1948年以来のワールドシリーズ制覇が目標になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/17 Sun. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

インディアンスが怒涛の18連勝、ドジャースは泥沼の10連敗  

 


ア・リーグでは昨年のリーグ覇者クリーブランド・インディアンスが18連勝を飾った。一方、ナ・リーグ西部地区のロサンゼルス・ドジャースは10連敗を喫している。

インディアンスは10日(日本時間11日)、本拠地でボルチモア・オリオールズを3対2で下し18連勝。球団の連勝記録をさらに更新する歴史的シーズンになっている。

メジャーの球団連勝記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)の26連勝(27試合)があるが、引き分けを挟まない連勝は1935年、シカゴ・カブスの21連勝が最長。

メジャーリーグ解説者の福島良一さんによれば1935年カブスの21連勝、2002年アスレチックスの20連勝、1947年ヤンキースの19連勝、1904年ジャイアンツ、1953年ヤンキースの18連勝に次ぐ5球団目らしい。

昨年も6月中旬から14連勝したトライブ。今季は終盤の連勝で2年連続のア・リーグ優勝、1948年以来のワールドシリーズ制覇に期待がかかる。

一方のドジャースは、本拠地のロッキーズ戦で1対8で敗れ1992年6月以来25年ぶりの10連敗となった。本拠地での9連敗も1987年8~9月以来30年ぶりらしい。

この16ゲームで1勝15敗のドジャースは、その間、チーム打率.200、平均得点2.4と打線が低迷。1点しか取れなかった試合が5試合、完封負けも2試合あり。打線の奮起に期待したい。

11日(同12日)は敵地に乗り込んでのジャイアンツ戦に前田健太が先発登板。ゲームを支配するような投球でチームの連敗ストッパーになってプレイオフのロースター入りをアピールしたいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/09/11 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0909

トライブの勢いが止まらない!1977年のロイヤルズと並ぶ16連勝  



昨日、エース右腕のコーリー・クルーバーが7回、13奪三振の好投で11対2と快勝。球団新記録の15連勝を飾ったクリーブランド・インディアンスが、日本時間9日の本拠地でのオリオールズ戦GAME1にも5対0で勝利。16連勝を飾った。



インディアンスは、若手26歳のマイク・クレビンジャーが先発。6回を3安打無失点で9勝目(5敗)。4人の継投策で完封リレーだった。エンカーナシオンが1回に34号先制3ランを放っている。

なお、メジャーの球団連勝記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)の26連勝(27試合)があるが、引き分けを挟まない連勝は1935年、シカゴ・カブスの21連勝。

1961年以降では、2002年のアスレチックスの20連勝が最長で、16連勝は1977年のロイヤルズと並ぶ2位タイの連勝記録になる。

昨年も6月中旬から14連勝したトライブ。今季は終盤の連勝で2年連続のリーグ優勝、1948年以来のワールドシリーズ制覇に期待がかかる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/09 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド