メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0120

【MLB移籍情報】MLB公式サイト、移籍市場に残る注目のFA選手は?  



メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が、移籍市場に残っている注目すべきFA選手をピックアップしている。

注目のFA外野手として、ヨエニス・セスペデス(前メッツ)の名前を挙げている。ヘイワードとアップトンが決まり、残る大物はキューバ出身30歳のセスペデス。15年は2チームで、打率.291、35本塁打、105打点とキャリアベストの成績を残した。

特に後半、デッドライン前にタイガースからトレードでメッツに移籍すると57試合に出場し、打率.287・17本塁打・44打点・長打率.604と驚異的に打ちまくった。

USATSI_8892726-cespedes.jpg

同サイトはほかに注目の内野手として、イアン・デスモンド(前ナショナルズ)、ハウィ・ケンドリック(前ドジャース)の名前がを紹介されしている。

30歳のデスモンドは、ここ4年間で1シーズン平均22本塁打を記録。15年は打率.233とメジャーデビュー以来ワーストだった。

守備面でも、失策が3年連続で増加して27失策を犯した。守備の指標DRS(Defensive Runs Saved 守備防御点)は + 1だった。

32歳のケンドリック二塁手は、15年は故障で117試合の出場だったが、打率.295、得点圏打率.360と勝負強さを発揮した。DRSは-12と大幅に下げたが、通算では+15という数値を残している。

投手では、ヨバニ・ガヤード(前レンジャーズ)、ティム・リンスカム(前ジャイアンツ)の名前が並んでいる。来月30歳を迎えるガヤードは、現在の移籍市場で最も注目が集まる先発投手の一人とされており、昨季は13勝11敗、防御率3.42をマーク。

一方、2度のサイ・ヤング賞選出を誇る右腕リンスカムは、昨年9月に受けた股関節手術を懸念する声もある。

『MLB.com』はほかに、デービッド・フリース三塁手(前エンゼルス)、ダグ・フィスター投手(前ナショナルズ)、マット・レートス投手(前エンゼルス)、オースティン・ジャクソン外野手(前カブス)、ジャスティン・モーノー一塁手(前ロッキーズ)らの名前を挙げている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/01/20 Wed. 10:05 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド