メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0925

アスレチックスのWCが決定!ア・リーグの5チームが確定  



ア・リーグは24日(日本時間25日)、ポストシーズンに進出できる5チームが確定した。


東部地区・・・レッドソックス
中部地区・・・インディアンス
西部地区・・・アストロズ
ワイルドカード(WC)1位・・・ヤンキース
ワイルドカード(WC)2位・・・アスレティックス 

※現地9月24日時点


blog_import_54ca7460afaa1.jpg


 レッドソックスは地区3連覇、通算10回目の地区優勝。16年からタイガースGM時代に地区4連覇を成し遂げた実績を買われてデーブ・ドンブロウスキーが野球運営部門の社長に就任。今季からアストロズのベンチコーチだったアレックス・コーラが指揮を執り、ここまでの時点で球団新記録の106勝(51敗)をマークしている。レッドソックスは、これによりプレイオフを通じてホームで開幕できるホームフィールド・アドバンテージを獲得している。


 ヤンキースもジーターなどのコア4と言われた黄金期を支えた主力たちが引退後、再建期かと思われたが、16年8月にアーロン・ジャッジ外野手やゲーリー・サンチェス捕手がデビュー。17年には彼らがレギュラーの座をつかみ、投手でもルイス・セベリーノが成長。今季は、新人王を争うミゲル・アンドゥハー三塁手やグレイバー・トーレス二塁手が台頭。

セベリーノと田中将大を中心にした先発ローテーションを充実したブルペンが支えて2年連続地区2位だが、96勝16敗、勝率.615というリーグ3位の勝率で7回目のワイルドカードを獲得してプレイオフ進出を決めた。何とか地元で開催できるWC1位をキープしたい。


 インディアンスはMLB全体で3位の防御率を誇る強い先発投手陣が健在で3連覇。昨年は、驚異の22連勝で一気に地区連覇を果たすも、地区シリーズではヤンキースに2連勝後、まさかの3連敗で敗退。今年は、昨年ワールドシリーズを制したアストロズと対戦する。


西部地区は、開幕前からアストロズの下馬評が高かったが、アスレチックスやマリナーズが健闘してマジック2の状態。以外に手こずっている印象だ。投手部門で先発、ブルペンともにMLB1位の防御率。打撃部門でMLB5位のチーム打率、4位のチーム得点。


 アスレチックスは昨年地区最下位からのサプライズだった。6月15日時点では34勝36敗だったが、翌日以降から61勝26敗と勝ちまくった。

ビリー・ビーンGMが、クローザー経験のあるジェウリス・ファミリア投手やフェルナンド・ロドニー投手などリリーバーを夏に補強。ポストシーズンでのブルペンの依存度を計算した戦略が当たった。

先発投手がMLB17位に対してブルペンはMLB2位。2014年のジャイアンツ、2015年のロイヤルズのワールドシリーズ制覇に見られた短期決戦でのブルペンの重要性を意識したビリー・ビーンGMの巧みな補強が実を結んだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   

関連記事

Posted on 2018/09/25 Tue. 23:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

0819

【AL-WEST】アスレチックスが直接対決2連勝で首位に並ぶ  



ア・リーグ西部地区の首位攻防戦、アスレチックス対アストロズは、2位のアスレチックスが、同地区首位のアストロズに2連勝し、74勝49敗で同率首位に並んだ。

オークランドへ移転して50周年のアスレチックス。6月15日時点で34勝36敗と負け越し、首位から11.5ゲーム差の4位と低迷。

しかし、その後両リーグを通じてトップの40勝13敗という驚異の快進撃で地区首位のアストロズを猛追。

現地時間8月17日から始まった直接対決のGAME1では、9回に追いついたアスレティックスが10回に先頭の5番オルソンの23号ソロでサヨナラ勝ち。

GAME2も先発投手トレーバー。ケーヒルが、アストロズの強力打線を7回1安打無失点の好投で制し連勝。ついに昨年のワールドチャンピオンを捉えて同率首位に立った。





アスレチックスのビリー・ビーン副社長は、チームの状況に応じて積極的な補強を行う姿勢で、年7月21日にはウィル・トフィー、ボビー・ウォールと、インターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)をプラスしたトレードでジェウリス・ファミリアをメッツから獲得。

8月に入ってもナショナルズからショーン・ケリー投手、タイガースから後日指名の選手もしくは金銭と交換で先発投手のマイク・ファイヤーズを獲得している。

ファミリアは、クローザーとしても実績十分でブルペンに厚みが増した。

ファイアーズは、移籍前にキャリアベストと言えるシーズンを過ごしていて21試合119回で防御率3.48、7勝6敗、WHIP1.24、奪三振率6.6、与四球率2.0という結果を残している。移籍後も2試合で5回1/3、1失点。6回2失点と好投している。

エース格に成長したショーン・マネイア(4月21日ノーヒット・ノーランを記録)についでローテーションの2番手を担っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/08/19 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0812

【MLB移籍情報】アスレチックスがファイアーズとケリーの2投手補強  




今季好調のオークランド・アスレチックスがポストシーズンを見据えて2投手を補強している。

デトロイト・タイガースからマイク・ファイアーズを獲得。先発ローテーションを強化。後日指名の選手もしくは金銭と交換になるという。

ファイヤーズは今季、タイガースと1年600万ドルで契約。33歳の右腕は、ローテーションの4~5番手といった投手だったが、ここまで22試合124.1回で防御率3.40、7勝6敗、WHIP1.21、奪三振率6.88、与四球率1.88とキャリアハイの数字を残している。

先発陣がMLB30球団中16位と良くないアスレチックスがテコ入れしたものと思われる。

ほかに、ワシントン・ナショナルズからインターナショナル・ボーナス・プールと引き換えにショーン・ケリー投手を獲得している。

ケリーのアスレチックス移籍に関しては、ナショナルズ時代の問題行動が原因で放出されたという。

ナショナルズが25対4で大勝した試合で、3番手の投手として登板したケリーだったが、1回を4安打3失点と打ち込まれた。

ケリーは、2ランを浴びた直後にマウンドで、グラブをグラウンドに投げつけ、自軍ベンチをにらみつけたことが、チームの規律や士気に関わる問題行動と判断された。

その行動に関しては、チームの首脳陣とケリー本人との見解が分かれ、「大差の試合で登板をさせこたとへの反発」と捉えたナショナルズ側に対して、ケリーは「セットポジションについて球審と塁審から異なる注意を受けた自分をサポートしてくれなかったことへの抗議」と主張している。

地区3位、ワイルドカード4.5ゲーム差で追撃態勢のチームが、不協和音を一掃するためにとった措置だったのかもしれない。

そのケリーを引き取る形でアスレチックスがトレードで獲得した。年俸の一部をナショナルズが負担することも合わせて発表されている。



◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/athletics-acquire-fires-and-kelly/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/08/12 Sun. 19:19 [edit]

CM: --
TB: --
   

0422

アスレチックスの左腕ショーン・マナイア、今季メジャー初のノーヒットノーラン達成!  




オークランド・アスレチックスのショーン・マナエア投手が21日(日本時間22日)、ボストン・レッドソックス相手にノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成した。

今季メジャー初の快挙で、アスレチックスの投手としては、球団史上12度目。オークランドにフランチャイズを移してからは10年のダラス・ブレイデンの完全試合以来、6度目の快挙らしい。


DbW0LqoV4AAWZ3R.jpg


マナイアは、9回108球で、2四球、10奪三振。昨季12勝を挙げたが、抑えた相手が凄い。相手のレッドソックスは、前節で大谷翔平のエンゼルスを3連戦スイープするなど7連勝中。今季17勝2敗の最強レッドソックス相手に演じたノーヒッターはインパクトがある。

26歳のメジャー3年目で、13年のMLBドラフト1巡目追補(全体34位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り。15年7月28日にベン・ゾブリストとのトレードで、アーロン・ブルックスと共にアスレチックスへ移籍した。

16年4月にメジャー初昇格。この年は、25試合24先発で7勝9敗、防御率3.86、WHIP1.19。17年は29試合全てに先発して12勝10敗、防御率4.37、WHIP1.40。





今季は5試合先発で3勝2敗。防御率はメジャートップの1.23。長身の左腕でサイドスローが特徴。球自体の球威は無く、この試合の前まで奪三振率K/9は通算で7.72だった。

アスレチックスの先発陣は、MLB30球団中27位の防御率だったが、BB/9(9イニング換算の四球率)は良くて、同2位。

マナイアは、開幕投手のケンドール・グレイブマンに次ぐ先発ローテーションの2番手投手。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/22 Sun. 13:40 [edit]

CM: --
TB: --
   

0407

大谷翔平、特大の3号ソロ!3試合連続は松井秀喜以来、日本人2人目  

 


エンゼルスの大谷翔平が現地6日、本拠地でのアスレチックス戦に「8番・DH」で3試合連続スタメン出場し、2回の第1打席に3戦連発となる本塁打を放った。

3戦連発は、ヤンキース時代の松井秀喜が2度記録しているが、大谷で日本人選手2人目になる。





大谷は第1打席。6点ビハインドの2回2死走者なしの場面。アスレチックスの先発右腕ダニエル・ゴセットが投げた2ボールからの3球目、93.8マイルのツーシームを見事に捉えた。

ゴセットは1日にメジャー初登板となった大谷と投げ合った相手投手。スタットキャストによれば打球初速180.7キロ、角度26度、距離136.9メートルという特大の一発だった。

“二刀流”の投手としては、4月1日に6回3失点で初先発初勝利。次は8日(日本時間9日午前5時7分開始)のアスレチックス戦に今季2度目の先発する。本拠地アナハイムでは初登板になる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/07 Sat. 12:25 [edit]

CM: --
TB: --
   

0330

大谷翔平が8番DHで歴史的出場!メジャー初打席初安打  

 



エンゼルスの大谷翔平が現地29日、敵地オークランドでのアスレチックス戦に「8番・DH」で記念すべき“二刀流”としてデビューした。日本人選手で14人目の野手としてデビューした。

DZejLPGU8AIegwW (1)

大谷は、1点リードで迎えた2回2死一塁の場面で、メジャー初打席を迎えると、相手先発右腕ケンドール・グレーブマンの初球、91.5マイルのフロントドアにボール気味にきたカッターを捉えてライト前安打をマークした。一塁手の左を痛烈にゴロで抜ける当たりだった。




初打席の初球を叩いたメジャー初安打だった。これまで日本人メジャーリーガーは14人中、12人が初試合で安打を記録しているが、初打席初安打は、大谷で6人目になる。

試合は、2回を終えて2対0でエンゼルスがリードしている。

マイク・ソーシア監督は、大谷翔平をアスレチックスとのGAME4にスターターとして起用することを明言している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/30 Fri. 06:05 [edit]

CM: --
TB: --
   

0329

エンゼルス大谷翔平、アスレチックスとの第4戦に先発!開幕戦はDHの可能性も  




エンゼルスの大谷翔平投手のメジャー初先発がアスレチックスとの開幕4戦目、現地4月1日(日本時間2日、午前5時5分)に決まった。

指揮官マイク・ソーシアが発表した。ドジャースとの試合後、監督室での囲み取材で報道陣に対応し、投手としてのメジャーデビューを明かした。

DZVB-BEXcAA6Mad.jpg


 「翔平は日曜日に先発する。翔平にとっていつ投げるか知るのは大事なことだと思ったから、きょう告げた。80球台は投げているから、90球以上は投げられるはずだ。彼の持っている力でしっかり投げられれば、長いイニング、いけるだろう」

アスレチックスとの開幕4戦目、4月1日(同2日)のマウンドを23歳右腕に任せると明言した。

さらに、29日(同30日)の開幕戦で指名打者(DH)として出場する可能性について「もちろん考えている。もし、それ(大谷が入った打線)がベストであれば、それでいく。だが、まだ何も決めていない」と語った。

ただ、大谷は打率.125と結果が出ておらず、開幕戦のラインナップは決めかねているようだ。

大谷が、その話題性を買われてDHで出場した場合、メジャー614本塁打の大砲アルバート・プホルスは、ファーストミットで出場。

大谷が出ない場合は、プホルスがDHで、一塁手にはオープン戦で打率.316と好調の26歳ジェフリー・マルテか、1月に2年1,500万ドルで契約を結んだ32歳ルイス・バルブエナが入る。



◇記事参考
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180329/mlb18032905060002-n1.html?pdm_ref=gpc



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/03/29 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0310

【MLB契約情報】アメリカ代表捕手ジョナサン・ルクロイもバーゲン価格か!?  

 


WBCのアメリカ代表捕手ジョナサン・ルクロイがアスレチックと合意した。1年契約という情報もあるが、契約内容の詳細はわかっていない。

31歳のルクロイは昨年夏、ポストシーズンの補強戦力としてロッキーズがレンジャーズから獲得。もともと安かった年俸525万ドルのうち約200万ドル程度をロッキーズが負担したという情報だったが、昨年は前半が不振を極めた。

77試合で打率.242、出塁率.297、長打率.338、OPS.635、4本塁打とキャリアワーストだった。





ただ、ロッキーズ移籍後は、マイルハイ(標高が高い)のクアーズフィールドということもあって46試合の出場で打率.310、出塁率.429、長打率.437、OPS.865と本来の調子を打撃面では取り戻した。

メジャー9年目を迎えるルクロイは過去3年間、1度も故障者リスト入りしていない捕手。昨年秋にロッキーズからのオファー3年2,100万ドルを拒否したが、ここにきてようやく移籍先が決まった。このオフの犠牲者の一人かもしれない。

アスレチックスでは、若手のブルース・マックスウェルらと正捕手の座を争う。

アメリカンリーグの西地区に来たという事は、大谷翔平との対戦の可能性が出てきたという事で、あのレンジャーズ時代にダルビッシュとコンビを組んでいた時のように日本のメディアに登場する機会が増えそうで楽しみだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/10 Sat. 21:33 [edit]

CM: --
TB: --
   

1219

カージナルスが心温まるクリスマス・カードをピスコティ外野手とALSと闘う母へ贈った  




マーセル・オズーナ外野手を獲得したカージナルスがその後、主力外野手をリリースしたが、それは心温まるような移籍話だった。これは、野球と家族についてのハートウォーミングなストーリーだ。

カージナルスからは、スティーブン・ピスコティ外野手をアスレチックスへマイナー選手2名と引き換えにトレードした。



ピスコッティは26歳。カリフォルニア州北部のプレザントン(Pleasanton)出身。12年のMLBドラフト1巡目追補(全体36位)でセントルイス・カージナルスから指名されプロ入り、ビッグリーグで3年間プレーした。

実は、彼の母グレッチェンさんは、難病のALS(筋萎縮性側索 硬化症)と診断されていた。そのため難病と闘う母親とより多くの時間を過ごすことができるようにカージナルスのジョン・モゼリアク野球編成部門社長とマイク・マシーニー監督は彼をベイエリアに戻すように努力した。




ジョン・モゼリアク社長らは、ALSの研究を支援するため「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」に参加していた。それだけに、ピスコティ外野手と難病と闘う彼の母のためにチームを探した。

西海岸のサンフランシスコ・ジャイアンツとその対岸のチーム、オークランド・アスレチックスにトレードを持ちかけたという。

オズーナ外野手の獲得で外野手がロースターからはじき出されることは確定していたが、このトレードを著名な記者ジョン・ヘイマン氏も「これはハートウォーミングなトレードだ。カーズとA’s(カージナルスとアスレチックスの愛称)は素晴らしい仕事をした」と自身のツイッターで称えている。

クリスマス前には、多くのMLBトップ選手たちが病院にプレゼントをもって訪問する。以前にも紹介したが、メジャー時代の川崎宗則選手も毎年、帰国して久留米市の病院数か所をサンタクロースの衣装を着て訪問していた。

カージナルスが心温まるクリスマス・カードをピスコティ外野手とALSと闘う母へ贈った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/19 Tue. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1201

【MLB契約情報】アスレチックスがFAでブルペン補強  



大谷翔平がロサンゼルスに到着、いよいよ本格的な交渉が始まる。12月10日からのMLBウィンターミーティングでも話題の中心となりそうだが、フリーエージェント(FA)市場も水面下の動きが表面化してきたようだ。

The Athletic/FOX Sportsのケン・ローゼンタールによると、アスレチックスがエンゼルスからFAとなっていたユスメイロ・ペティットと2年1000万ドルで合意した。この契約には2020年の球団オプションが付いており、身体検査を経て正式に発表される見込みとなっている。



アスレチックスは、シーズン中に再建モードへ移行し、ブルペンの軸であったショーン・ドゥーリトルやライアン・マドソンを放出した。

今回の補強は手薄になったブルペンのためのもので、契約内容は、18年の年俸が350万ドル、19年の年俸が550万ドル。20年の契約は年俸550万ドルの球団オプションあるいはバイアウト100万ドル。2年間で1000万ドルが保証される。

33歳の右腕は、ジャイアンツ時代の14年にスポット先発・ロングリリーフでワールドシリーズ制覇に貢献した。

その後、ナショナルズからエンゼルスと渡り歩いて17年春にはWBCベネズエラ代表に選出された。

エンゼルスでは招待選手から開幕ロースター入りして60試合91回1/3で5勝2敗4セーブ、防御率2.76、WHIP0.95。

91回1/3で101奪三振、奪三振率(K/9)9.95、与四球率(BB/9)1.8という自己最高をマークした。

若手先発陣を支えるブルペンの中核として期待されるが、2年目に契約金を多く配分していることから、来季の前半に活躍した場合に、夏の移籍市場で1年半の契約が残る選手として高く売ることもできるという。

同じ西海岸でも「ラグジュアリー税」を払っている財政豊かな球団と違い「スモール・バジェット(低予算)」のアスレチックスならではの球団経営が垣間見える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/01 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド