メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0427

MLBとNFLのドラフトで史上初1巡目指名 ハイズマン賞QBカイラー・マレー  



 テネシー州ナッシュビルで開催された全米注目のNFLドラフト2019全体1位指名は、オクラホマ大のハイズマン賞受賞クォーターバック(QB)、カイラー・マレーだった。マレーはMLBドラフト2018でもオークランド・アスレチックスから1位指名を受けており、MLBとNFLで1位指名を受けた史上初の選手となった。

 元テキサス工科大のヘッドコーチ(HC)だったクリフ・キングベリーが新たに指揮をとるNFLアリゾナ・カージナルスが全体1位で指名したわけだが、キングベリー新HCもカレッジ時代にオクラホマと対戦しており、その時のQBが今回指名したマレーで「もし可能なら全体1位で彼を指名したい」とも語っていたという。

 オクラホマ大はアメリカンフットボールでNCAAトップ20の常連校。昨年のNFLドラフトでも同大学出身のQBベイカー・メイフィールドがクリーブランド・ブラウンズの1巡指名(全体1位)を受けており、2年連続で全体1位指名のQB、しかもハイズマン賞受賞QBを輩出するというのは快挙だ。

 ちなみに、NFL中継(録画)をたまたま見ていたがメイフィールドは、昨年の第3週途中から正QBのタイロッド・テイラーが負傷退場により急遽出場して連敗中のチームに635日ぶりの勝利をもたらした。(ブラウンズは前年16戦全敗だった)




 話が脱線したが、マレーは先輩メイフィールドのように活躍できるのかどうか疑問が残る。ハイズマン賞受賞のQBは活躍できないという説もあるが、これはあくまでもジンクス。

 マレーは178センチと小さなQBだ。これが、パス攻撃のネックになる。

 これに対しては、シアトル・シーホークスのQBラッセル・ウィルソンも小さいが活躍しているという評価もある。彼もMLBロッキーズから内野手で4巡指名を受けている。

 ただ、ウイルソンが活躍したのは「リード・オプション」というランニング攻撃主流の時代。その時にモバイルQBとして登場して成功した。しかも、当時NFLで最強と言われたディフェンス陣が相手の攻撃を最少得点に抑えて、ウイルソンのランオフェンスが時間をコントロールしながら後半逆転する展開や僅差での勝利が多かった。

 クリフ・キングベリーが新たに指揮をとるアリゾナ・カージナルスとはわけが違う。キングスベリーHCのエア・レイド・システムに完璧にフィットするというマレーだが、NFLの場合、レギュラーシーズンがわずか16試合しかなく、個人成績よりも「勝てる司令塔QB」が評価される。

 カージナルスはパッシング主流の攻撃スタイルなので総合的に評価すれば、ウイルソンの時とマリーの場合は背景が違いすぎる気がする。

 マレーのアリゾナ・カージナルスとウイルソンのシアトル・シーホークスは同地区ライバルで年間2度対戦するので今から楽しみだ。





◇記事参考
https://nfljapan.com/headlines/40725


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/27 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0419

【MLB契約情報】A’sのクリス デービスが2年3350万ドルで契約延長に合意  




日本での開幕戦にも来日したアスレチックスの主砲クリス デービス外野手が2年3350万ドルで契約延長に合意した。

USAトゥデイのボブ ナイチンゲールの報告では、これにより3年後の21年シーズン終了までアスレチックスはデービスをコントロールできる。

19年 1650万ドル
20年 1675万ドル
21年 1675万ドル



31歳のデービスは16年にブルワーズからトレードでアスレチックスに移籍。17年2月に年俸調停に勝訴して500万ドルで契約更新。そのシーズンは40本塁打を記録して球団がオークランドに移転してからは球団史上初となる2年連続でシーズン40本塁打以上を記録している。

昨年は48本塁打でリーグの本塁打王に輝き3年連続の40本塁打、100打点に到達。最優秀指名打者に贈られる「エドガー マルティネス賞」を初受賞した。

今季の10本塁打を含めて16年以降で累計143本塁打はMLBトップの本塁打数(現地4月17日終了時点)。ちなみに2位はヤンキースのジャンカルロ スタントンの124本。

デービスは20年終了後にフリーエージェントになる予定だった。メキシコ出身で辞退したがWBCでもメキシコ代表に選出されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/04/19 Fri. 06:29 [edit]

CM: --
TB: --
   

0211

エンゼルス、マリナーズなどAL西部地区の戦力補強状況  

 


 もうすぐ各球団のスプリングトレーニングがスタートするが、ディビジョン別にどのチームがどの選手を補強したのか?


以前にも紹介したが多少の追加があったので気になる大谷翔平や菊池雄星が所属するアメリカンリーグ西部地区の各チームが、2018年オフにトレード、フリーエージェント(FA)、ウェーバーで獲得した選手たちを紹介したい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 



■アストロズ

マイケル・ブラントリー(外野手:FA)
ロビンソン・チリーノス(捕手:FA)
アレドミス・ディアス(遊撃手:トレード)
ウェイド・マイリー(左腕:FA)


17年のワールドシリーズを制したアストロズが103勝を挙げて2連覇したが、ダラス・カイケル、チャーリー・モートンがFA、ランス・マッカラーズJr.がオフにトミー・ジョン手術で今季は全休。コリン・マクヒューを先発に戻しても2枚は足らない。そこで、ウェイド・マイリーを獲得した。

さらに、スプリングトレーニングまでの期間に先発の補強があるかもしれない。バーランダーとコールの両エースも今季限りの契約だが、契約延長の話はしていないらしい。

ファームには先発投手でBPランキングMLB100以内のプロスペクトを3人抱えており、そのうち右腕のジョシュ・ジェームズはすでにメジャーデビュー(6試合、2勝0敗、防御率2.35)している。先発ローテーションに加わる可能性が高い。




■アスレチックス

マルコ・エストラーダ(右腕:ウエーバー)
ジュリクソン・プロファー(遊撃手:トレード)
マイク・ファイアーズ(右腕:FA)
ホアキム・ソリア(右腕:FA)
タナー・アンダーソン(右腕:トレード)
パーカー・ブリッドウェル(右腕:ウエーバー)
クリス・ハーマン(捕手:FA)
ジェリー・ブレビンス(左腕:FA)


オークランドのウォーターフロントエリアに23年オープンの新ボールパークが待ち遠しい。昨年、大谷翔平からメジャー初の本塁打をマークした若手のマット・チャップマン三塁手やマット・オルソン一塁手がゴールドグラブ賞を受賞する活躍。

トレードで獲得したジュリクソン・プロファーを遊撃手として使い、マーカス・セミエンを二塁へコンバートした内野陣は面白くなった。



■マリナーズ

菊池雄星(投手:FA)
イチロー(外野手:FA)
ルーベン・アラニッツ(右腕:FA)
ガーソン・バティースタ(右腕:トレード)
ティム・ベッカム(遊撃手:FA)
ジェイ・ブルース(外野手:トレード)
J.P.クロフォード(遊撃手:トレード)
ジャスティン・ダン(右腕:トレード)
エドウィン・エンカーナシオン(指名打者:トレード)
ジェイク・フレイリー(外野手:トレード)
コリー・ギアリン(右腕:FA)
ジャレッド・ケレニック(外野手:トレード)
シェッド・ロング(二塁手:トレード)
ディラン・ムーア(三塁手:FA)
オマー・ナルバエス(捕手:トレード)
ザック・ロスカップ(左腕:FA)
リカルド・サンチェス(左腕:トレード)
ドミンゴ・サンタナ(右翼手:トレード)
ジャスタス・シェフィールド(左腕:トレード)
マレックス・スミス(外野手:トレード)
ハンター・ストリックランド(右腕:FA)
エリック・スワンソン(右腕:トレード)
アンソニー・スウォーザック(右腕:トレード)
ドム・トンプソン・ウィリアムス(外野手:トレード)


アメリカ4大プロスポーツで最長となる17年連続でプレイオフを逃しているマリナーズ。菊池の活躍に期待したいが、その前にイチローの今シーズンはどうなるのか?日本での2試合を終わって、その後の早い時期に引退発表があるような気がする。

チームは今季も派手に選手を入れ替えた。ジェリー・ディポートGMはメジャーきってのトレーダーだが、彼のルービックキューブはいつになったら揃うのか?



■エンゼルス


マット・ハービー(右腕:FA)
トレバー・ケイヒル(右腕:FA)
ジョナサン・ルクロイ(捕手:FA)
コディ・アレン(右腕:FA)
ジャスティン・ボーア(一塁手:FA)
ルイス・ガルシア(右腕:トレード)
トミー・ラステラ(三塁手:トレード)
ディロン・ピータース(左腕:トレード)
ケバン・スミス(捕手:ウエーバー)
タイ・ケリー(内野手:FA)


昨年よりは、大幅に改善された。ここ数年、毎年のように故障者続出だった先発陣は、マット・ハービーとトレバー・ケイヒルの両右腕を獲得したが、ハービーは故障歴があり、かつてのような輝きは期待できない気がする。久しぶりに規定投球回数に達すればプラスぐらいに考えたほうがいいかもしれない。

22歳のプロスペクト右腕グリフィン・キャニング投手が3Aまで上がっており、今季のメジャーデビューがあるかもしれない。いずれにしてもエース格の投手がいない。



■レンジャーズ


アズドゥルバル・カブレラ(内野手:FA)
カイル・バード(左腕:トレード)
ブロック・バーク(左腕:トレード)
デービッド・カーペンター(右腕:FA)
ジェシー・チャベス(右腕:FA)
チェイス・ダーノウ(三塁手:FA)
マット・デービッドソン(内野手兼右腕:FA)
ティム・ディラード(右腕:FA)
ルーク・ファレル(右腕:ウエーバー)
ノーラン・フォンタナ(遊撃手:FA)
ジェンマー・ゴメス(右腕:FA)
テイラー・グリエリ(右腕:FA)
ジェイソン・ハメル(右腕:FA)
アリエル・ヘルナンデス(右腕:FA)
ショーン・ケリー(右腕:FA)
ランス・リン(右腕:FA)
ジェフ・マシス(捕手:FA)
ザック・マカリスター(右腕:FA)
シェルビー・ミラー(右腕:FA)
ラファエル・モンテロ(右腕:FA)
クリス・ナン(左腕:FA)
リカルド・ロドリゲス(右腕:FA)
ジョーダン・ロマノ(右腕:トレード)
トニー・サンチェス(捕手:FA)
ドリュー・スマイリー(左腕:トレード)
ダニー・サンタナ(外野手:FA)
マイケル・トンキン(右腕:FA)
イーライ・ホワイト(二塁手:トレード)
パトリック・ウィズダム(三塁手:トレード)


15年、16年に地区2連覇の後、17年4位、18年最下位に沈んだ再建期のレンジャーズ。

先発右腕ランス・リンをFAで獲得。 トレードで獲得のドリュー・スマイリー、トミー・ジョン手術から完全復活を目指すエディンソン・ボルケスあたりがバウンスバックすれば、面白い存在になるが、現時点では不安要素のほうが多い。

それよりも25歳のクローザー、ホセ・レクラク(12セーブ、防御率1.56)やデビュー以来、3年連続20本塁打の23歳ノマー・マザラ外野手のドミニカンコンビの成長が個人的には楽しみだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/02/11 Mon. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1129

アスレチックスがオークランドのウォーターフロントに新球場建設を発表  




好き嫌いはあるかもしれないが、新球場は樹木に囲まれた緑の濃い斬新なデザインのボールパークになる。


メジャーリーグのアスレチックスは28日、現在本拠地を置くカリフォルニア州オークランドに新球場を建設する計画を発表した。

新球場はオークランドとサンフランシスコを結ぶベイブリッジ近郊の「ハワード・ターミナル」と呼ばれているウォーターフロントに建設する予定。





開場は2023年。収容人数は3万4000人程度とメジャーの球場では最少の規模となる。


現時点ではダウンタウンとウォーターフロントを結ぶ大規模な輸送手段がないため、アスレチックスとオークランド市は市街地と湾岸地区を結ぶゴンドラの建設を計画しているという。


MBO8D3pw.jpg

DtGMip5WwAEc3p0.jpg

DtGLr4VXQAEJs9g.jpg


現在使用中のオークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム(以下、コロシアム)は、毎年、選手のロッカールームで下水が逆流したというニュースが流れるほど老朽化が目立っていた。


コロシアムは、1962年に「レイダーズの新本拠地」と「メジャーリーグ球団誘致」を目的に建設を開始。1966年に完成し、9月18日、レイダーズの新本拠地初試合が開催された。


また、アスレチックスがミズーリ州カンザスシティからオークランドに移転してきたため、1968年からはメジャーリーグの試合も開催していた。


大学時代にアメフトをしていたので1970年代からブラック&シルバーのオークランド・レイダースはお気に入りのチームだったが、アスレチックスは、一時期に黄金期を作ったものの個人的には影の薄いチームだった。


レイダースは2017年3月にラスベガス移転が承認され、すでにストリップ南端にあるマンダレイベイ西側の土地を購入した。


NFLのレイダースがオークランドを去るの事になりオークランド市もアスレチックスの引き留め工作に躍起になったに違いない。


ただ、2017年のデータでコロシアムの1試合平均の観客動員数は1万8446人。稼働率は3万5067人のキャパの52.6%で30球団中28位。年間動員数も29位と最低レベル。


新しく、近代的な施設を備えたスタジアムは集客能力が高く、収益増大に直結するが、現状で観客席の5割が空いている状況なので3万4000人程度のキャパも納得がいく。ちなみに、MLB最古のボストンのフェンウェイパークが3万7731人だから、あれより小さいということになる。


同じ年のスタジアム稼働率トップは97.3%で対岸のサンフランシスコ・ジャイアンツなので寂しい限りだが、NFLとの併用もなくなりこのぐらいが適度の規模なのかもしれない。


17億ドルの建設費でラスベガスにレイダースの全天候型ドームが完成するのは早くても2020年で、それまでアスレチックスとレイダースとの併用が続くのだろうか...。たぶん、レイダースはオークランドのファンからブーイングを浴びるだろう。
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/11/29 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1106

A’sのビリー・ビーン氏が「最優秀エグゼクティブ賞」受賞  




 今季からメジャーリーグ機構(MLB)が授与することになった各球団のフロント関係者が対象のアウォード「最優秀エグゼクティブ賞」は、オークランド・アスレチックスのビリー・ビーン上級副社長に授与されることが発表された。





日本の大リーグファンには映画「マネー・ボール」などを通して最も有名なフロント関係者ではないだろうか。


こんな紹介は適切かどうかわからないが、今季がん治療のためにニューヨーク・メッツのGMを休職している元弁護士でアスレチックスのGMだったサンディ・アルダーソン氏の弟子がビリー・ビーン氏になる。


1997年10月にアルダーソン氏の後任としてアスレチックスのGMに就任。セイバーメトリクスを駆使し、無駄な要素を極力省きスモールバジェットのチームを強くした。


ビリー・ビーン


イチローがマリナーズにいた期間、ビーン氏のアスレチックスは強豪のイメージがあった。


ちょっと都合の良いデータかもしれないが、ビーン氏が1997年10月にGMに就任してから、2007年度シーズン終了時点までの10年間の勝利数は、ヤンキースとレッドソックスに次ぐアメリカン・リーグ3位の901勝だった。その後の10年間では、そこまで良くないが、それでも12年から3年連続でプレイオフに進出。


今季も97勝65敗で西部地区2位。ワイルドカードでヤンキースに敗れたものの3年連続最下位から一気にチームを立て直した。


昨日も紹介したが、アスレチックスは若い戦力も台頭し、マット・オルソン一塁手とマット・チャップマン三塁手の両コーナー・インフィルダーが、今季のゴールドグラブ賞を初受賞している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/11/06 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1105

MLB ゴールドグラブ賞発表 アスレチックスの2名含む6名が初受賞  



2018年シーズンのゴールドグラブ賞の受賞者が4日(日本時間5日)、発表された。

ナショナルリーグの一塁手が2名同時受賞で、これは史上4度目。アメリカンリーグでは、エンゼルスの大谷翔平から初本塁打をマークしたマット・チャップマン三塁手が初受賞している。


顔ぶれを見るとナ・リーグではヤディアー・モリーナ(カージナルス)がメジャー15年のキャリアで9回目の受賞。ロッキーズのアレナドはメジャーデビューから6年連続6度目の受賞。初受賞が3人となった。


【ナショナル・リーグ】
投手:ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)5年連続5度目
捕手:ヤディアー・モリーナ(カージナルス)3年ぶり9度目
一塁:フレディ・フリーマン(ブレーブス)初
一塁:アンソニー・リゾ(カブス)2年ぶり2度目
二塁:DJレメイヒュー(ロッキーズ)2年連続3度目
三塁:ノーラン・アレナド(ロッキーズ)6年連続6度目
遊撃:ニック・アーメッド(ダイヤモンドバックス)初
左翼:コリー・ディッカーソン(パイレーツ)初
中堅:エンダー・インシアーテ(ブレーブス)3年連続3度目
右翼:ニック・マーケイキス(ブレーブス)4年ぶり3度目
※一塁手部門のフリーマンとリゾは同時受賞


DrNJ8ArXQAAdXWw.jpg


アメリカンリーグでは、マット・オルソン一塁手とマット・チャップマン三塁手のアスレチックス両コーナー・インフィルダーが初受賞。

昨年、わずか59試合216打席で24本塁打を記録。新人王投票で4位だったオルソンは、レギュラーに定着してフル出場。29本塁打、84打点だったが、打率.247が低く、OPSも.788。

2年目の25歳チャップマン三塁手は、打率.278、出塁率.356、OPS.864と、貢献度を示す数値rWARも8.2という高い数値で、これはムーキー・ベッツ外野手、マイク・トラウト外野手に続くリーグ3位だった。


【アメリカン・リーグ】
投手:ダラス・カイケル(アストロズ)2年ぶり4度目
捕手:サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)2年ぶり5度目
一塁:マット・オルソン(アスレチックス)初
二塁:イアン・キンズラー(エンゼルス→レッドソックス)2年ぶり2度目
三塁:マット・チャップマン(アスレチックス)初
遊撃:アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス)2年連続4度目
左翼:アレックス・ゴードン(ロイヤルズ)2年連続6度目
中堅:ジャッキー・ブラッドリーJr.(レッドソックス)初
右翼:ムーキー・ベッツ(レッドソックス)3年連続3度目



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/11/05 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0925

アスレチックスのWCが決定!ア・リーグの5チームが確定  



ア・リーグは24日(日本時間25日)、ポストシーズンに進出できる5チームが確定した。


東部地区・・・レッドソックス
中部地区・・・インディアンス
西部地区・・・アストロズ
ワイルドカード(WC)1位・・・ヤンキース
ワイルドカード(WC)2位・・・アスレティックス 

※現地9月24日時点


blog_import_54ca7460afaa1.jpg


 レッドソックスは地区3連覇、通算10回目の地区優勝。16年からタイガースGM時代に地区4連覇を成し遂げた実績を買われてデーブ・ドンブロウスキーが野球運営部門の社長に就任。今季からアストロズのベンチコーチだったアレックス・コーラが指揮を執り、ここまでの時点で球団新記録の106勝(51敗)をマークしている。レッドソックスは、これによりプレイオフを通じてホームで開幕できるホームフィールド・アドバンテージを獲得している。


 ヤンキースもジーターなどのコア4と言われた黄金期を支えた主力たちが引退後、再建期かと思われたが、16年8月にアーロン・ジャッジ外野手やゲーリー・サンチェス捕手がデビュー。17年には彼らがレギュラーの座をつかみ、投手でもルイス・セベリーノが成長。今季は、新人王を争うミゲル・アンドゥハー三塁手やグレイバー・トーレス二塁手が台頭。

セベリーノと田中将大を中心にした先発ローテーションを充実したブルペンが支えて2年連続地区2位だが、96勝16敗、勝率.615というリーグ3位の勝率で7回目のワイルドカードを獲得してプレイオフ進出を決めた。何とか地元で開催できるWC1位をキープしたい。


 インディアンスはMLB全体で3位の防御率を誇る強い先発投手陣が健在で3連覇。昨年は、驚異の22連勝で一気に地区連覇を果たすも、地区シリーズではヤンキースに2連勝後、まさかの3連敗で敗退。今年は、昨年ワールドシリーズを制したアストロズと対戦する。


西部地区は、開幕前からアストロズの下馬評が高かったが、アスレチックスやマリナーズが健闘してマジック2の状態。以外に手こずっている印象だ。投手部門で先発、ブルペンともにMLB1位の防御率。打撃部門でMLB5位のチーム打率、4位のチーム得点。


 アスレチックスは昨年地区最下位からのサプライズだった。6月15日時点では34勝36敗だったが、翌日以降から61勝26敗と勝ちまくった。

ビリー・ビーンGMが、クローザー経験のあるジェウリス・ファミリア投手やフェルナンド・ロドニー投手などリリーバーを夏に補強。ポストシーズンでのブルペンの依存度を計算した戦略が当たった。

先発投手がMLB17位に対してブルペンはMLB2位。2014年のジャイアンツ、2015年のロイヤルズのワールドシリーズ制覇に見られた短期決戦でのブルペンの重要性を意識したビリー・ビーンGMの巧みな補強が実を結んだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   

関連記事

Posted on 2018/09/25 Tue. 23:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

0819

【AL-WEST】アスレチックスが直接対決2連勝で首位に並ぶ  



ア・リーグ西部地区の首位攻防戦、アスレチックス対アストロズは、2位のアスレチックスが、同地区首位のアストロズに2連勝し、74勝49敗で同率首位に並んだ。

オークランドへ移転して50周年のアスレチックス。6月15日時点で34勝36敗と負け越し、首位から11.5ゲーム差の4位と低迷。

しかし、その後両リーグを通じてトップの40勝13敗という驚異の快進撃で地区首位のアストロズを猛追。

現地時間8月17日から始まった直接対決のGAME1では、9回に追いついたアスレティックスが10回に先頭の5番オルソンの23号ソロでサヨナラ勝ち。

GAME2も先発投手トレーバー。ケーヒルが、アストロズの強力打線を7回1安打無失点の好投で制し連勝。ついに昨年のワールドチャンピオンを捉えて同率首位に立った。





アスレチックスのビリー・ビーン副社長は、チームの状況に応じて積極的な補強を行う姿勢で、年7月21日にはウィル・トフィー、ボビー・ウォールと、インターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)をプラスしたトレードでジェウリス・ファミリアをメッツから獲得。

8月に入ってもナショナルズからショーン・ケリー投手、タイガースから後日指名の選手もしくは金銭と交換で先発投手のマイク・ファイヤーズを獲得している。

ファミリアは、クローザーとしても実績十分でブルペンに厚みが増した。

ファイアーズは、移籍前にキャリアベストと言えるシーズンを過ごしていて21試合119回で防御率3.48、7勝6敗、WHIP1.24、奪三振率6.6、与四球率2.0という結果を残している。移籍後も2試合で5回1/3、1失点。6回2失点と好投している。

エース格に成長したショーン・マネイア(4月21日ノーヒット・ノーランを記録)についでローテーションの2番手を担っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/08/19 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0812

【MLB移籍情報】アスレチックスがファイアーズとケリーの2投手補強  




今季好調のオークランド・アスレチックスがポストシーズンを見据えて2投手を補強している。

デトロイト・タイガースからマイク・ファイアーズを獲得。先発ローテーションを強化。後日指名の選手もしくは金銭と交換になるという。

ファイヤーズは今季、タイガースと1年600万ドルで契約。33歳の右腕は、ローテーションの4~5番手といった投手だったが、ここまで22試合124.1回で防御率3.40、7勝6敗、WHIP1.21、奪三振率6.88、与四球率1.88とキャリアハイの数字を残している。

先発陣がMLB30球団中16位と良くないアスレチックスがテコ入れしたものと思われる。

ほかに、ワシントン・ナショナルズからインターナショナル・ボーナス・プールと引き換えにショーン・ケリー投手を獲得している。

ケリーのアスレチックス移籍に関しては、ナショナルズ時代の問題行動が原因で放出されたという。

ナショナルズが25対4で大勝した試合で、3番手の投手として登板したケリーだったが、1回を4安打3失点と打ち込まれた。

ケリーは、2ランを浴びた直後にマウンドで、グラブをグラウンドに投げつけ、自軍ベンチをにらみつけたことが、チームの規律や士気に関わる問題行動と判断された。

その行動に関しては、チームの首脳陣とケリー本人との見解が分かれ、「大差の試合で登板をさせこたとへの反発」と捉えたナショナルズ側に対して、ケリーは「セットポジションについて球審と塁審から異なる注意を受けた自分をサポートしてくれなかったことへの抗議」と主張している。

地区3位、ワイルドカード4.5ゲーム差で追撃態勢のチームが、不協和音を一掃するためにとった措置だったのかもしれない。

そのケリーを引き取る形でアスレチックスがトレードで獲得した。年俸の一部をナショナルズが負担することも合わせて発表されている。



◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/athletics-acquire-fires-and-kelly/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/08/12 Sun. 19:19 [edit]

CM: --
TB: --
   

0422

アスレチックスの左腕ショーン・マナイア、今季メジャー初のノーヒットノーラン達成!  




オークランド・アスレチックスのショーン・マナエア投手が21日(日本時間22日)、ボストン・レッドソックス相手にノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成した。

今季メジャー初の快挙で、アスレチックスの投手としては、球団史上12度目。オークランドにフランチャイズを移してからは10年のダラス・ブレイデンの完全試合以来、6度目の快挙らしい。


DbW0LqoV4AAWZ3R.jpg


マナイアは、9回108球で、2四球、10奪三振。昨季12勝を挙げたが、抑えた相手が凄い。相手のレッドソックスは、前節で大谷翔平のエンゼルスを3連戦スイープするなど7連勝中。今季17勝2敗の最強レッドソックス相手に演じたノーヒッターはインパクトがある。

26歳のメジャー3年目で、13年のMLBドラフト1巡目追補(全体34位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り。15年7月28日にベン・ゾブリストとのトレードで、アーロン・ブルックスと共にアスレチックスへ移籍した。

16年4月にメジャー初昇格。この年は、25試合24先発で7勝9敗、防御率3.86、WHIP1.19。17年は29試合全てに先発して12勝10敗、防御率4.37、WHIP1.40。





今季は5試合先発で3勝2敗。防御率はメジャートップの1.23。長身の左腕でサイドスローが特徴。球自体の球威は無く、この試合の前まで奪三振率K/9は通算で7.72だった。

アスレチックスの先発陣は、MLB30球団中27位の防御率だったが、BB/9(9イニング換算の四球率)は良くて、同2位。

マナイアは、開幕投手のケンドール・グレイブマンに次ぐ先発ローテーションの2番手投手。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/04/22 Sun. 13:40 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド