メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0814

【MLB移籍情報】8月末の期限までに移籍が噂されている選手達  




メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンへの出場が可能になる。

8月2日には、タイガースの剛腕ジャスティン・バーランダーがウェーバーにかけられた。47時間が過ぎてもクレーム(獲得申し込み)する球団が現れないまま、ウェーバーの期間を経過したため、デトロイト・タイガースはトレード期限前と同様に全球団にトレードすることが可能となった。

ただ、2019年までの6500万ドル超の大型契約と全球団へのトレード拒否権がバーランダーにはあるため、本人が同意しなければトレードは成立しない。

MLB公式サイトのジョン・モロシ氏のレポートでは、アストロズが、8月に入ってからデトロイト・タイガースとジャスティン・バーランダーが絡むトレードについて接触しているという。

バーランダー


アストロズは、7月末のトレード期限前に大きな補強はしなかった。フランシスコ・リリアーノ(RP)を獲得して青木宣親などをリリースしたトレードだけだった。

ダラス・カイケルとコリン・マクヒューの2人が復帰した先発ローテは、ブラッド・ピーコック、チャーリー・モートン、マイク・ファイヤーズの5名が揃いレギュラーシーズンは乗り切れる。

だから、よほどのことがない限りこの移籍は考えられないが、10月の短期決戦で強力な3枚を揃えるという意味では、昨年のサイヤング賞投手獲得は大きなインパクトがある。

先発投手では、他にマルコ・エストラーダ(ブルージェイズ)、アービン・サンタナ(ツインズ)、ジェフ・サマージャ(ジャイアンツ)などの名前が挙がっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2017/08/14 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0801

【MLB移籍情報】青木宣親がブルージェイズへトレード  



アストロズとブルジェイズのトレードが成立した。現地31日、アストロズは青木宣親外野手とマイナー選手、ブルージェイズはフランシスコ・リリアーノ投手のトレードが合意したと、複数の米メディアが伝えた。

青木はポスティングシステムを利用して2012年にブルワーズ入り。ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズを経て今季はアストロズに所属。ここまで71試合に出場し、打率.272、2本塁打、19打点、5盗塁。ブルージェイズがメジャー6球団目の所属となる。


青木宣親

35歳のベテランは地元記者の取材に「びっくりしました」と驚きを隠せないようすで、「(これまでの)記事とかは意識していたけど、まさか自分がそうなると思っていなかったから」と続けた。

さらに、「もちろんこのチームに春のキャンプからきて、優勝を目指してがんばってきたけど、そこに関してすごく残念な気持ちはありますけど、メジャーリーグではこういうことが起こり得ることは十分理解してるんで前向きにがんばっていきたいと思います」とコメントしている。

青木と共にブルージェイズにトレードされたのはドミニカ出身の24歳テオスカー・ヘルナンデス外野手。昨年メジャーデビューしているが、アストロズのチーム内プロスペクト・ランキングで9位に評価されている選手。



一方、アストロズが獲得した33歳のフランシスコ・リリアーノ投手は、今季18試合に先発して6勝5敗、防御率5.88。メジャー12年間のキャリアで102勝をマークしている左腕。

アストロズでは、先発とブルペンをこなす戦力として期待されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/01 Tue. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0729

【MLB移籍情報】ダルビッシュはドジャース、グレイはヤンキース?  



今夏のトレード市場で最も注目されるエリートスターターのダルビッシュ有(レンジャーズ)、ソニー・グレイ(アスレチックス)、そして剛腕ジャスティン・バーランダー(タイガース)の去就は、リーグに大きなパワーバランスの変化をもたらす。

複数のメディアが報じたところによれば、レンジャーズがダルビッシュ放出の意思を固めたという事だ。レンジャーズのフロントが「売り手」にシフトしたという事になる。

ダルビッシュ

ダルビッシュ有をトレード期限前に放出すれば、クオリファイング・オファーによるドラフト指名権よりも遥かに大きな見返りがあることを考えると、ダニエルズGMは表向きは否定するものの、複数の情報筋が「適切なオファーであれば応じる姿勢で他球団とコンタクトしている」と伝えている。

MLB Networkの記者ジョン・モロシによると「ドジャースがダルビッシュ、ソニー・グレイ、そしてジャスティン・バーランダーの3人のうち1人は獲得できるという確信を得ているようだ」とレポートしている。



FOXスポーツ/MLBネットワークのケン・ローゼンタール記者は関係者の話として「レンジャーズはダルビッシュ放出で質の高いトレードができると確信している。他球団にトレードの意思を伝え、積極的に交換要員の名前を交換している」とツイート。

ダルビッシュのトレード放出に向けて、大きく動き出したと報じた。

その中でもドジャースは、ダルビッシュに強い関心を示していると報じられ、豊富な資金とファーム層では、他球団より一歩リードしているという。

ドジャースをはじめ、ヤンキース、アストロズは、ダルビッシュがトレード拒否権を持つ10球団に入っていない。

ここからは仮定の話だが、もし、ダルビッシュがドジャースへ移籍するとなれば、ジグソーパズルのように、次のピースであるソニー・グレイは、ヤンキースに決まるかもしれない。

次の月曜日まで、メジャーのトレード市場から目が離せない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/29 Sat. 06:14 [edit]

CM: --
TB: --
   

0717

トレード・デッドライン前の各チームの補強ポイント AL編  

 


アメリカンリーグ(AL)所属15チームのトレード・デッドライン(ウェイバー公示なしでトレードを成立させることができる期限)前の補強ポイントを簡単にまとめてみた。(16日17時時点での順位)

セットアップマンは、クローザーの前、8回を投げる投手という定義もあるが、ここでは優秀な中継ぎ投手ぐらいの感覚で捉えていただきたい。


blog_import_54ca7487bd2dd.jpg 


【チーム名 / 勝率 / 地区成績 / WC / 補強ポジション】
※WCはワイルドカード

▶各地区首位
レッドソックス .560/首位/  三塁手、セットアップマン
インディアンス .528/首位/
アストロズ  .670/首位/ 先発投手、セットアップマン

▶WC
レイズ .533/2.5/+1.0  セットアップマン、クローザー
ヤンキース .523/3.5/ 0 先発投手、一塁手、三塁手、セットアップマン


ツインズ .511/1.5/1.0  先発投手、セットアップマン、クローザー、遊撃手、指名打者or一塁手
レンジャーズ .500/15.5/2.0  クローザーorセットアップマン
ロイヤルズ .494/3.0/2.5 先発投手、指名打者、外野の両翼、遊撃手、セットアップマン
マリナーズ  .489/16.5/3.0 先発投手、指名打者、一塁手
エンゼルス  .479/17.5/4.0 先発投手たち、二塁手、一塁手
ブルージェイズ .467/8.5/5.0 セットアップマン、 外野の両翼、二塁手
オリオールズ .467/8.5/ 5.0  先発投手、外野の両翼


アスレチックス、ホワイトソックス、タイガースは「売り手」が予想されるので省略した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/17 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0707

【MLB移籍情報】トレード期限前の「買い手」球団の補強ポイント  




メジャーリーグは夏のトレード期限前に「買い手」球団と「売り手」に分かれるが、ポストシーズンに望みを託す「買い手」と予想される球団の補強ポイントを考えていきたい。

まずはアメリカンリーグ。西部地区はアストロズが16ゲーム差で独走状態。中部地区は、昨年の覇者インディアンスとロイヤルズ、ツインズが1.5ゲーム差で混戦模様。

東部地区はヤンキースの勢いがなくなって、レッドソックスが4ゲーム差をつけて首位。しかし、ワイルドカードでは、3位のレイズや4位のオリオールズまで可能性が残る。

C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg


ということで、この時点で「買い手」になりそうなのが下記のチームで、ポストシーズンを睨んでの補強に出る可能性がある。

【レッドソックス】
パブロ・サンドバル三塁手が不良債権化して、この数年、三塁手が補強ポイント。大きく負け越しているパイレーツが売り手になればユーティリティのジョシュ・ハリソン内野手は魅力。今季は82試合で打率.280、出塁率.360、OPS.793。

ただ、現在29歳で2018年は1025万ドル、19年と20年は、いずれもチームオプションで、それぞれ1050万ドル、1150万ドルとリーズナブルな契約が残っているため、パイレーツが手放す可能性は低い。

三塁手の補強は、マーティン・プラドに関心があることをマーリンズ側に伝えているという情報もあり、今季は1150万ドル、18年1350万ドル、19年が1500万ドルという年俸がネックになってくるだろう。

【ヤンキース】
ヤンキースもA.ロッドが抜けた後の三塁が迫力不足。一塁も若手が育つまでは時間がかかりそうで、それは、昨年の本塁打王クリス・カーターが2割そこそこの打率でもアクティブロースターを出入りしていることを考えれば明白だろう。

ヤンキースは一塁に10名の選手を起用している。アスレチックスのヨンダー・アロンソ。マイアミ・マーリンズのジャスティン・ボーアに興味を示している。

スターリン・カストロ二塁手が手首を痛めたことも不安材料で、ここでもマーリンズのマーティン・プラドの名前が浮上していた。

パドレスのユーティリティでWBCでもベネズエラ代表として出場したヤンガービス・ソラーテ内野手の名前も挙がっているが6月後半から10日間の故障者リスト入りしている。

【アストロズ】
エースのダラス・カイケルが10日間DL、今季獲得したチャーリー・モートン投手もDL入りして6週間が経った。ホワイトソックスの先発ホセ・キンタナにオフから白羽の矢を立てているみたいだが、29歳で今季700万ドル、18年885万ドルのリーズナブルなエースをホワイトソックスがリリースするとは考えにくい。

先発よりも、AL14位のブルペン陣の補強が優先かも知れない。ルーク・グレガーソン投手あたりがパフォーマンスを落としているのが気になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/07/07 Fri. 07:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0623

アストロズが最速で50勝到達 青木宣親も3安打猛打賞  



アストロズは、アスレチックス戦4連勝のスイープで50勝24敗とし、球団創設以来、最速の74試合で50勝に到達した。

アストロズは敵地でアスレチックスと対戦。1回にベルトランの犠牲フライになどで2点を先制。2回には若手のマリスニク外野手の10号3ラン、ゴンザレス2塁手の3ランが飛び出して計8点を奪うビッグイニングを演出。

終盤にブルペン陣が捕まって12対9と追い上げられたが、両リーグ最速の50勝目を挙げた。勝率.676もトップ、2位との差も12ゲームでトップを独走している。

2011年から13年の3年間、泥沼の3年連続100敗したチームは、若手のスプリンガー外野手(11年ドラフト1巡)、コレア遊撃手(12年ドラフト全体1位)らが順調に成長。

そこにアルトゥーベ二塁手、元ヤクルトのグリエル一塁手などが加わってチームのコアを形成。さらに、今季補強したマッキャン捕手、レディック外野手、青木宣親外野手、指名打者のベルトラン選手などベテランが加わってバランスのとれた編成になった。

なお、アストロズは初回に1番スプリンガー外野手が左手に死球を受けて交代するアクシデントがあったが、検査の結果、大事に至らなかったことが判明した。




青木は9番レフトで先発出場。2回の第1打席でライト線を破る今季7本目の二塁打をマーク。3回の第2打席ではセンター前へきれいに抜けていく安打を放ち、13日以来、今季10回目のマルチ安打。

5回の第3打席でもレフト線を破る二塁打を打ち、11日以来、今季3回目となる1試合3安打の猛打賞だった。

青木はこれで、打率.277、出塁率.320、OPS.668。青木のメジャー通算.351という出塁率に早く近づけたいところ。というのもアストロズは他チームならレギュラークラスの外野手が青木も含めて5人いて、青木にとっては熾烈なレギュラー争いが続いているからだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/06/23 Fri. 16:02 [edit]

CM: --
TB: --
   

0614

アストロズのスプリンガーが今季7本目の先頭打者ホームラン  




好調アストロズのジョージ・スプリンガーがレンジャーズ戦で今季7本目の先頭打者ホームランを記録した。7本は両リーグトップで、本塁打18本は、現時点でヤンキースのアーロン・ジャッジの22本に次いで2位タイの記録。

テキサス州に本拠地を置くヒューストン・アストロズ対テキサス・レンジャーズのテキサスダービー。

今季はここまで6勝2敗でアストロズが勝ち越しているが、昨日はダルビッシュ有の7回を1安打に抑える好投でレンジャーズが勝っている。ダルビッシュは2013年8月12日以来のアストロズ戦勝利だった。

MLB最高勝率で首位を独走するアストロズ相手にエースの力投で勝利したレンジャーズ。

なんとかゲーム2も勝利して連勝したいところだったが、先発ニック・マルティネスがスプリンガーに捕まった。2-2からの6球目90マイルのカットボールを捉えた打球は、センター左にラインドライブで突き刺さった。




スプリンガーは、開幕から9試合で、MLB史上初となる4本の先頭打者ホームランを記録。そういえばヤンキースの田中将大からも今季、先頭打者本塁打を放っている。

ちなみに、先頭打者ホームランの最多記録はリッキー・ヘンダーソンの81回。

年間での最多先頭打者ホームランは、ブラディ・アンダーソン(1996年)、アルフォンゾ・ソリアーノ(2007年)の12本。

試合は、7回にレンジャーズが追いついて2対2の同点。アストロズの青木宣親は、7回までに2安打を放っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/06/14 Wed. 11:20 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

青木宣親 日米通算2000本のマイルストーンに到達、地元紙が「名球会」入りを紹介  

 


ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が現地11日、地元で行われたロサンゼルス・エンゼルス戦で日米通算2000安打を達成した。

日米通算2000本安打にあと2本としていた青木は、9番レフトで先発出場。

3回の第1打席はレフトフライに倒れたが、4回の第2打席は右中間にタイムリー二塁打を放ち、日米通算2000本安打まであと1本に迫った。

6回、先頭打者で迎えた打席では、エンゼルスの左腕ホセ・アルバレス投手から三遊間を破るヒットを記録。メジャーでは716本目。日米通算で2000安打に到達した。



日本で1284安打を放ってメジャーに移籍した青木。アストロズでは2009年の松井稼頭央(現東北楽天)に続く日米通算2000安打。日米での通算2000安打は7人目となった。

この日は8回にもライト前安打を放ち、4月25日以来、今季2回目の1試合3安打をマーク。4打数3安打1打点。

これで今季は打率.269、出塁率.313、OPS.641。4月は打率.300だったが、5月に.212と調子が落ちて、6月はここまで.318と好調だ。あとは1番のスプリンガーにつなぐ9番打者として出塁率のアップに期待したい。

青木2000


地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)は「アストロズのノリ・アオキが日米通算2000安打を記録」とのタイトルで偉業達成を伝え、「名球会」から駒田徳広氏がジャケットを届けにヒューストンまで来たことも伝えている。 

「日曜日、アストロズのノリ・アオキが2000安打を達成し、名球会として知られる日本の殿堂入りクラブへの切符を手にした」と報じている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/06/12 Mon. 16:33 [edit]

CM: --
TB: --
   

0606

アストロズ青木宣親、先制タイムリーで11連勝に貢献「2000」まであと4  




アストロズの青木は現地5日のロイヤルズ戦で先制タイムリーを打ち、日米通算2000本安打まであと4本とした。

9番レフトで先発出場した青木は、2回の第1打席、1死一二塁で先制のライト前タイムリーを打ちました。2試合連続安打で、日米通算1996安打、2000本のマイルストーンまであと4本とした。

4回の第2打席はセカンドゴロ。7回の第3打席は見逃し三振だった。3打数1安打1打点。今季の打率は.258、出塁率.308、OPS.625、9打点、1本塁打、3盗塁。



1番のスプリンガーにつなぐ9番打者として出塁率が低いのが気になりますね。この日も第1打席のヒットでマルチ安打が期待されたが1本だけにとどまった。

試合はアストロズが7対3で勝ち、連勝を11に伸ばし、ア・リーグ西部地区2位のエンゼルスとのゲーム差を14ゲームとした。

アストロズの球団連勝記録は12連勝。これで42勝16敗、勝率.724。58試合で42勝は、MLB最多勝を記録した2001年のシアトル・マリナーズの年間116勝よりも早いペースだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/06 Tue. 18:44 [edit]

CM: --
TB: --
   

0605

青木のアストロズが10連勝 2位と13.5ゲーム差で首位独走中  




アストロズの快進撃が止まらない。

25連戦中のアストロズは、現地5月25日のタイガース戦から6月4日のレンジャーズ戦まで10連勝を続けている。

この日のアストロズは、1番ジョージ・スプリンガー外野手が先頭打者アーチを含む2ホーマー、カルロス・コレア遊撃は11号ソロ、ユリエスキ・グリエル一塁手も5号ソロと一発攻勢で5回表までに7対0と大量リード。

投げても先発のブラッド・ピーコック投手が6回を4安打、2四死球、9奪三振、2失点で今季3勝目(0敗)を挙げた。

アストロズ


今季のアストロズは、オフェンスでチーム打率ア・リーグ1位、打点、本塁打数も1位。OPS(出塁率+長打率)1位。盗塁数6位。

ディフェンスでも防御率、勝利数、セーブ数で1位。先発が防御率1位、リリーフが4位になっている。

エースのダラス・カイケルはサイヤング賞を獲得した15年の輝きを取り戻し9勝0敗、防御率1.67。2番手のランス・マッカラーズ(6勝1敗/防御率2.71)は安定感がある。

しかし、3番手以降はチャーリー・モートン(5勝3敗/4.06)、ジョー・マスグローブ(4勝4敗/4.89)、マイク・ファイヤーズ(2勝2敗/4.96)、ブラッド・ピーコック(1勝0敗/3.60)と安定感に欠く。

さらに、モートンとマスグローブは5月終盤からDL入りしているため、夏のトレード期限前に先発投手を補強する可能性は十分考えられる。

野手組は、ジョージ・スプリンガー、カルロス・コレア、ホセ・アルトゥーべ、ユリエスキ・グリエル、ジェイク・マリスニックなどの若いコアプレイヤーと補強したカルロス・ベルトラン、ブライアン・マッキャン、ジョシュ・レディック、青木宣親といった実力ある左打者のベテランが上手く融合。昨年よりもベテランと若手のバランスが良くなり、ロースターに厚みが増した。

さらにベテラン選手たちは、優勝争いやポストシーズンを経験していて、リーダーシップもあるため、選手層に重厚感が増した印象がある。

2001年以来の地区優勝、05年のリーグ優勝(ともにナ・リーグ時代)。アメリカンリーグ西部地区に移籍後初優勝を狙える戦力になっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/05 Mon. 23:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド