メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0623

アストロズが最速で50勝到達 青木宣親も3安打猛打賞  



アストロズは、アスレチックス戦4連勝のスイープで50勝24敗とし、球団創設以来、最速の74試合で50勝に到達した。

アストロズは敵地でアスレチックスと対戦。1回にベルトランの犠牲フライになどで2点を先制。2回には若手のマリスニク外野手の10号3ラン、ゴンザレス2塁手の3ランが飛び出して計8点を奪うビッグイニングを演出。

終盤にブルペン陣が捕まって12対9と追い上げられたが、両リーグ最速の50勝目を挙げた。勝率.676もトップ、2位との差も12ゲームでトップを独走している。

2011年から13年の3年間、泥沼の3年連続100敗したチームは、若手のスプリンガー外野手(11年ドラフト1巡)、コレア遊撃手(12年ドラフト全体1位)らが順調に成長。

そこにアルトゥーベ二塁手、元ヤクルトのグリエル一塁手などが加わってチームのコアを形成。さらに、今季補強したマッキャン捕手、レディック外野手、青木宣親外野手、指名打者のベルトラン選手などベテランが加わってバランスのとれた編成になった。

なお、アストロズは初回に1番スプリンガー外野手が左手に死球を受けて交代するアクシデントがあったが、検査の結果、大事に至らなかったことが判明した。




青木は9番レフトで先発出場。2回の第1打席でライト線を破る今季7本目の二塁打をマーク。3回の第2打席ではセンター前へきれいに抜けていく安打を放ち、13日以来、今季10回目のマルチ安打。

5回の第3打席でもレフト線を破る二塁打を打ち、11日以来、今季3回目となる1試合3安打の猛打賞だった。

青木はこれで、打率.277、出塁率.320、OPS.668。青木のメジャー通算.351という出塁率に早く近づけたいところ。というのもアストロズは他チームならレギュラークラスの外野手が青木も含めて5人いて、青木にとっては熾烈なレギュラー争いが続いているからだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/06/23 Fri. 16:02 [edit]

CM: --
TB: --
   

0614

アストロズのスプリンガーが今季7本目の先頭打者ホームラン  




好調アストロズのジョージ・スプリンガーがレンジャーズ戦で今季7本目の先頭打者ホームランを記録した。7本は両リーグトップで、本塁打18本は、現時点でヤンキースのアーロン・ジャッジの22本に次いで2位タイの記録。

テキサス州に本拠地を置くヒューストン・アストロズ対テキサス・レンジャーズのテキサスダービー。

今季はここまで6勝2敗でアストロズが勝ち越しているが、昨日はダルビッシュ有の7回を1安打に抑える好投でレンジャーズが勝っている。ダルビッシュは2013年8月12日以来のアストロズ戦勝利だった。

MLB最高勝率で首位を独走するアストロズ相手にエースの力投で勝利したレンジャーズ。

なんとかゲーム2も勝利して連勝したいところだったが、先発ニック・マルティネスがスプリンガーに捕まった。2-2からの6球目90マイルのカットボールを捉えた打球は、センター左にラインドライブで突き刺さった。




スプリンガーは、開幕から9試合で、MLB史上初となる4本の先頭打者ホームランを記録。そういえばヤンキースの田中将大からも今季、先頭打者本塁打を放っている。

ちなみに、先頭打者ホームランの最多記録はリッキー・ヘンダーソンの81回。

年間での最多先頭打者ホームランは、ブラディ・アンダーソン(1996年)、アルフォンゾ・ソリアーノ(2007年)の12本。

試合は、7回にレンジャーズが追いついて2対2の同点。アストロズの青木宣親は、7回までに2安打を放っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/06/14 Wed. 11:20 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

青木宣親 日米通算2000本のマイルストーンに到達、地元紙が「名球会」入りを紹介  

 


ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が現地11日、地元で行われたロサンゼルス・エンゼルス戦で日米通算2000安打を達成した。

日米通算2000本安打にあと2本としていた青木は、9番レフトで先発出場。

3回の第1打席はレフトフライに倒れたが、4回の第2打席は右中間にタイムリー二塁打を放ち、日米通算2000本安打まであと1本に迫った。

6回、先頭打者で迎えた打席では、エンゼルスの左腕ホセ・アルバレス投手から三遊間を破るヒットを記録。メジャーでは716本目。日米通算で2000安打に到達した。



日本で1284安打を放ってメジャーに移籍した青木。アストロズでは2009年の松井稼頭央(現東北楽天)に続く日米通算2000安打。日米での通算2000安打は7人目となった。

この日は8回にもライト前安打を放ち、4月25日以来、今季2回目の1試合3安打をマーク。4打数3安打1打点。

これで今季は打率.269、出塁率.313、OPS.641。4月は打率.300だったが、5月に.212と調子が落ちて、6月はここまで.318と好調だ。あとは1番のスプリンガーにつなぐ9番打者として出塁率のアップに期待したい。

青木2000


地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)は「アストロズのノリ・アオキが日米通算2000安打を記録」とのタイトルで偉業達成を伝え、「名球会」から駒田徳広氏がジャケットを届けにヒューストンまで来たことも伝えている。 

「日曜日、アストロズのノリ・アオキが2000安打を達成し、名球会として知られる日本の殿堂入りクラブへの切符を手にした」と報じている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/06/12 Mon. 16:33 [edit]

CM: --
TB: --
   

0606

アストロズ青木宣親、先制タイムリーで11連勝に貢献「2000」まであと4  




アストロズの青木は現地5日のロイヤルズ戦で先制タイムリーを打ち、日米通算2000本安打まであと4本とした。

9番レフトで先発出場した青木は、2回の第1打席、1死一二塁で先制のライト前タイムリーを打ちました。2試合連続安打で、日米通算1996安打、2000本のマイルストーンまであと4本とした。

4回の第2打席はセカンドゴロ。7回の第3打席は見逃し三振だった。3打数1安打1打点。今季の打率は.258、出塁率.308、OPS.625、9打点、1本塁打、3盗塁。



1番のスプリンガーにつなぐ9番打者として出塁率が低いのが気になりますね。この日も第1打席のヒットでマルチ安打が期待されたが1本だけにとどまった。

試合はアストロズが7対3で勝ち、連勝を11に伸ばし、ア・リーグ西部地区2位のエンゼルスとのゲーム差を14ゲームとした。

アストロズの球団連勝記録は12連勝。これで42勝16敗、勝率.724。58試合で42勝は、MLB最多勝を記録した2001年のシアトル・マリナーズの年間116勝よりも早いペースだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/06 Tue. 18:44 [edit]

CM: --
TB: --
   

0605

青木のアストロズが10連勝 2位と13.5ゲーム差で首位独走中  




アストロズの快進撃が止まらない。

25連戦中のアストロズは、現地5月25日のタイガース戦から6月4日のレンジャーズ戦まで10連勝を続けている。

この日のアストロズは、1番ジョージ・スプリンガー外野手が先頭打者アーチを含む2ホーマー、カルロス・コレア遊撃は11号ソロ、ユリエスキ・グリエル一塁手も5号ソロと一発攻勢で5回表までに7対0と大量リード。

投げても先発のブラッド・ピーコック投手が6回を4安打、2四死球、9奪三振、2失点で今季3勝目(0敗)を挙げた。

アストロズ


今季のアストロズは、オフェンスでチーム打率ア・リーグ1位、打点、本塁打数も1位。OPS(出塁率+長打率)1位。盗塁数6位。

ディフェンスでも防御率、勝利数、セーブ数で1位。先発が防御率1位、リリーフが4位になっている。

エースのダラス・カイケルはサイヤング賞を獲得した15年の輝きを取り戻し9勝0敗、防御率1.67。2番手のランス・マッカラーズ(6勝1敗/防御率2.71)は安定感がある。

しかし、3番手以降はチャーリー・モートン(5勝3敗/4.06)、ジョー・マスグローブ(4勝4敗/4.89)、マイク・ファイヤーズ(2勝2敗/4.96)、ブラッド・ピーコック(1勝0敗/3.60)と安定感に欠く。

さらに、モートンとマスグローブは5月終盤からDL入りしているため、夏のトレード期限前に先発投手を補強する可能性は十分考えられる。

野手組は、ジョージ・スプリンガー、カルロス・コレア、ホセ・アルトゥーべ、ユリエスキ・グリエル、ジェイク・マリスニックなどの若いコアプレイヤーと補強したカルロス・ベルトラン、ブライアン・マッキャン、ジョシュ・レディック、青木宣親といった実力ある左打者のベテランが上手く融合。昨年よりもベテランと若手のバランスが良くなり、ロースターに厚みが増した。

さらにベテラン選手たちは、優勝争いやポストシーズンを経験していて、リーダーシップもあるため、選手層に重厚感が増した印象がある。

2001年以来の地区優勝、05年のリーグ優勝(ともにナ・リーグ時代)。アメリカンリーグ西部地区に移籍後初優勝を狙える戦力になっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/05 Mon. 23:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0526

アストロズの青木宣親 マルチで「1992」あと8本 バーランダー攻略  




日米通算2000安打へ、あと10本と迫っているアストロズの青木宣親が25日(日本時間26日)、本拠地でのタイガース戦に「9番・レフト」で先発出場した。

相手の投手はMLBを代表する剛腕バーランダー。青木は、これまで対バーランダー20打数6安打、打率3割と相性が良かった。

2試合連続でスタメン起用されたが、昨日のレフトへの犠打で打点を稼ぎ、試合後のインタビューで「今日はいけるかもしれない」と感じたという。その後、14打席ぶりのヒット。

この日も第1打席に内野手とセンターの間にポトリと落ちるラッキーなヒットを放つと、6回裏の第3打席では、二死走者なしで、今度はクリーンなセンター前ヒットで、マルチヒットを記録した。

青木宣親 アストロズ


マルチヒットは4月25日以来、19試合ぶり。2本のヒットはいずれもバーランダーだった。相性の良さはあるものだ。

日米通算安打は1992本になった。残り「8」本。ちなみにメジャーでは708安打(29本塁打、118二塁打、20三塁打)。これで青木は打率.267に上昇した。

試合は7対6でアストロズが勝利。3人目の投手グレガーソンに勝ち星がついて2勝目。クローザーのジャイルズが13セーブ目を稼いだ。

バーランダーは5回2/3、9安打を打たれ、6失点だった。4回に4番コレア、6番ゴンザレス、8番センテーノに3本のホームランを被弾したのが響いた。

移籍した捕手のセンテーノは、昨年のツインズ時代にもバーランダーから右中間にホームランを叩き込んでいる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/26 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0523

アストロズの4投手が1安打完封リレーでタイガースに勝利  



3連敗中だった青木宣親所属のアストロズが、強打のタイガースをホームで1対0、4投手の継投で1安打完封勝利した。

ここまでア・リーグ(AL)西部地区で首位を独走。一時は8ゲーム差をつけていたが、2位のレンジャーズが10連勝するなど差を縮められて5.5ゲーム差になっていた。



この日は、エースで今季無傷の7勝を挙げているダラス・カイケル投手の故障者リスト入りに伴いブルペンから先発ローテの5番手に回った右腕ブラッド・ピーコックが、4回1/3を1安打、2四球、8奪三振、無失点と好投。

リリーフでは、今季12試合に登板し、2勝0敗、16回1/3、防御率1.10と数字を残していたが、2回までしか投げていなかったことを考慮して70球、5回途中の降板となった。ピーコックは、この好投で防御率0.87、WHIP1.04。

29歳のピーコックは、キャリア6年目で2014年には131回2/3を投げている。通算13勝17敗、防御率4.37。

スポット先発のような形だが、夏のトレードデッドラインで先発補強をするまで2カ月間があり、この好投で、あと数試合の先発は考えられる。

アストロズは、この後、クリス・デベンスキー、ウィル・ハリス、ケン・ジャイルズらのブルペン陣がノーヒットリレー。2人目のデベンスキーに3勝目(2敗)がついて、ハリスが8ホールド、ジャイルズが12セーブを挙げている。

もともと派手さはないもののブルペン陣は充実しており、昨年もAL6位、今季も同4位(防御率3.06)、とくに奪三振はAL1位。今日の試合でもタイガースから14三振を奪っている。

これでアストロズは、連敗が3でストップ。試合のなかったレンジャーズとの差を6ゲームに広げた。青木は出場しなかった。

なお、タイガースの先発右腕マイケル・フルマー(5勝2敗、防御率2.55)は、7回を8安打、1失点と好投。前の3試合で3連勝、毎試合7回以上投げる好投を続けている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/23 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0522

【DL情報】好調アストロズ、7勝のD.カイケルに続いてB.マッキャンもDL  



今季絶好調でア・リーグ西部地区の首位を独走状態のヒューストン・アストロズだが、ここに来て主力に故障者が出だした。

アストロズは現地20日、検査で首の神経根圧迫が認められたダラス・カイケル投手を10日間の故障者リスト(DL)に入れた。

29歳のエース左腕は、開幕からここまで負け知らずの7勝。リーグトップタイの数字で不安視された先発ローテーションを支えてきた。

キャリア初のDL入りだが、症状は深刻ではないようで、球団の公式サイトによると、1度だけ先発を飛ばすだけでローテーションに復帰できる見込みだという。

今季からDLの規定が15日間から10日間に短縮され、運用しやすいことから現場からは概ね好評。カイケルの場合も疲れが溜まるこの時期に休養を兼ねてのDL入りかも知れない。

アストロズは21日にも今季新加入の33歳ベテラン捕手ブライアン・マッキャンがコンカッション(脳しんとう)の症状で7日間のDLに入ったと発表した。

直接の原因は不明だが、14日の試合の守備でファウルチップをマスクに受けていた。これも大事を取ってのDL入りかも知れない。

主力の相次ぐ故障が出たアストロズだが、想像以上に軽傷のようだ。

ペナントレースの勝負どころは8月、9月。162試合の過密日程。ポストシーズンを狙うチームにとっては主力を疲れさせず、どう編成していくかも、大事なポイントと言えるかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/22 Mon. 12:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

0516

青木1安打で「1988」、田澤は満塁弾浴びて失意の降板  




数少ない日本人選手の対決で注目の一戦は明暗くっきりの結果になった。

ニューヨークでダブルヘッダーを戦って、その日の朝にマイアミに乗り込んだアストロズが、マーリンズのリリーフ陣を打ち砕いて5月で11勝目(3敗)をあげた。

好調アストロズの青木は、マーリンズ戦に「8番レフト」で出場し、3打数1安打だった。7回の第3打席で二塁内野安打して後続のタイムリーでホームを踏み、8回の守備で交代した。チームは7―2で勝った。

青木は、これで打率.274、日米通算1988安打。大台の2000安打にあと12本とした。守備でも貢献し3回には、正確な二塁への送球で今季5回目の捕殺も記録している。

マーリンズの田澤は、先発ストレイリーが5回に直撃弾を利き腕に受けて6回から緊急登板。5回に味方打線が1点を取って勝ち逃げの必勝パターンでの起用だったが、2死からグリエルに逆転の満塁本塁打を浴びて降板。今季初黒星を喫した。

田澤純一


満塁弾を浴びたシーンは、その前の打者にカーブをぶつけてしまい満塁。投げる球種が無くなったとはいえ、4球連続でフォーシーム、しかも2-1のバッティングカウント4球目はインコースを要求した配球に問題があったかもしれない。

低めへの制球とカッターやツーシームなどの球種を増やす必要もある。今後に課題を残したこの日のマウンドだった。

田澤は、1イニングで2塁打と本塁打、1四球、1死球という最悪のスタッツで降板。ベンチで過呼吸になるようなシーンも見受けられた。スタッフやコーチが田澤を囲み、詳しくは分からなかったが、メンタル面で影響が出ないことを祈りたい。緊急登板でかわいそうな気がした。

イチローは7回に代打で登場。四球を選び、守備に就かず退いた。 


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/16 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0502

首位アストロズのエース、D.カイケルが4月を無傷の5勝  



チームのコアとなる若手に補強で経験豊富でリーダーシップに優れるベテランを獲得。上手くミックスさせた戦力でア・リーグ西部地区の首位を走るヒューストン・アストロズ。

そのアストロズで、最も懸念された先発ローテーションだが、ここまでMLB全体で6位と好調。その中心はダラス・カイケルだろう。

30日(日本時間5月1日)の試合では、地元でオークランド・アスレチックス相手に7回2/3を3安打、2四球、9奪三振、1失点で無傷の5連勝を飾った。

カイケル投手


4月は5試合すべてで7回以上、自責点2以下のハイ・クオリティスタート。防御率も1.21、WHIP0.81の活躍。おそらくリーグの月間MVP は間違いないだろう。

29歳のカイケルは、15年に2位のデービッド・プライスに40ポイント以上の差をつけてア・リーグのサイ・ヤング賞投手に選出された。

33試合・ア・リーグ最多の232.0イニング投げ、リーグトップタイの2完封勝利を含む20勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。WHIP1.02もリーグトップであり、ほか216奪三振はリーグ5位だった。チームの10年ぶりのポストシーズン進出をけん引した。

16年は26試合で、防御率4.55、9勝12敗と振るわなかったが、今季は15年のベストシーズンを思わせる快投が続けている。

13年のスプリングトレーニングで、ツーシームを習得したとされており、今季もゴロとフライアウトの比率が2.41という典型的なグラウンドボール・ピッチャーだ。

このタイプは、シンカーのように速く沈む球種で芯を外す投球スタイルの投手が多いが、カイケルは、ツーシーム主体にカッターやチェンジアップ、スライダー、カーブといった多彩な変化球で的を絞らせないタイプだ。

肩に不安を抱えているという記事を読んだことがあるが、ヘルシーなら15年同様、20勝近い勝ち星で不安視された先発ローテの核として活躍するだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/02 Tue. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド