メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

New Posts

   

0920

フィリーズのブルペンが今季最高ポイントで「最優秀ブルペン」  

 


スタントンの55号やジャッジの44号、ベリンジャーの38号など、何かとホームラン記録の話題がニュースのヘッドラインに取り上げられるので、ここはチームを支えるわき役たちにスポットをあてたMLB.JPが紹介している「最優秀ブルペン」を紹介したい。

MLB公式サイトでは今季から週ごとに独自の計算方法で「週間最優秀ブルペン」を選出している。第24週の最優秀ブルペンにはフィリーズが選出された。フィリーズは初受賞。

ポイントの算定方法には様々な意見があると思われるが、この期間にフィリーズは4勝2敗と勝ち越し、ブルペンは防御率1.26という安定したパフォーマンスだった。

しかも、下のMLB.JP公式サイトで紹介している一覧を見れば、フィーリーズのブルペンは135ポイントで今季最高ポイントになる。

今季途中からジーンマー・ゴメスに代わってクローザーを務めるヘクター・ネリスは22セーブ。ルイス・ガルシアは60試合で防御率2.47。5年目で成長した一人だ。




60勝91敗で地区最下位のフィリーズ。チームは再建期だが、シーズン前にMLB全体のプロスペクトランキングでトップ100に入ってい先発右腕アーロン・ノラも今季12勝10敗、防御率3.56と成長。来季に向けて明るい材料だろう。


【各週の最優秀ブルペン】
第1週 ロッキーズ(98ポイント)
第2週 レッズ(119.5ポイント)
第3週 アストロズ①(132.5ポイント)
第4週 エンゼルス①(100.5ポイント)
第5週 インディアンス①(125ポイント)
第6週 エンゼルス②(80.5ポイント)
第7週 アストロズ②(106ポイント)
第8週 ドジャース①(126ポイント)
第9週 マーリンズ(124.5ポイント)
第10週 マリナーズ(87ポイント)
第11週 レッドソックス(106.5ポイント)
第12週 ドジャース②(120.5ポイント)
第13週 ジャイアンツ(116ポイント)
第14週 ブリュワーズ(101.5ポイント)
第15週 オールスター週のため発表なし
第16週 ヤンキース①(112ポイント)
第17週 カブス(118.5ポイント)
第18週 ヤンキース②(99ポイント)
第19週 ツインズ(114ポイント)
第20週 ナショナルズ(91ポイント)
第21週 ドジャース③(132ポイント)
第22週 エンゼルス③(109.5ポイント)
第23週 インディアンス②(116.5ポイント)
第24週 フィリーズ(135ポイント)


【計算方法】
  • 1アウト=+1.5ポイント
  • 1奪三振=+1.5ポイント
  • 1セーブ=+5ポイント
  • 1被安打=-2ポイント
  • 1自責点=-4ポイント
  • 1非自責点=-2ポイント
  • 1与四球=-1ポイント
  • 1セーブ失敗=-5ポイント




◇記事引用
http://www.mlb.jp/category/news/#8482


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/20 Wed. 12:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0919

ドジャース前田健太はプレイオフでベンチ入りできるのか!?  




最悪だった11連敗の後、4連勝を含む2カード連続の勝ち越しで勢いが戻ってきたドジャース。日本時間18日の時点で優勝マジックも4に減らしたが、気になるのは前田健太のポストシーズンでのロースターだ。

前田はベンチ入りできるのか?

8月24日の記事でも紹介したが→リッチ・ヒル好投も劇的幕切れ!これで前田健太のPOベンチ入りは微妙な立場に

短期決戦のプレイオフでは過去にもレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一がメンバーから外された。


ドジャース


短期決戦での先発は5回戦制のディビジョン(地区)シリーズで3枚。チャンピオンシップ(リーグ優勝決定戦)やワールドシリーズは7回戦制になるので4枚。

絶対的エースの左腕カーショーが1番手を務め、次は右腕ダルビッシュ有。3枚目は、後半戦絶好調のリッチ・ヒル。

ヒルは、8月23日(日本時間24日)のゲームでは、10回に力尽きたが、9回までノーヒット・ノーランの快投を演じた。

本来なら、26歳の若手左腕アレックス・ウッド(15勝3敗、防御率2.69)の方がリッチ・ヒル(10勝8敗、防御率3.60)よりもスタッツで上回るが、ウッドはあの11連敗中に4失点と5失点の登板が続き、首脳陣の信頼を落とした。

もっと酷いのは前田健太だ。今季12勝6敗、防御率4.21と普通のチームなら悪くはない。ただ、8月31日(同9月1日)の先発では3回7失点。前回は3時間以上待たされて可哀想だったが3回を4失点(自責点2)で早々とマウンドを降りた。

直近の先発5試合は1試合ごとに良い日と悪い日が続き、これでは短期決戦に使いにくい。現時点では5番手か6番手の評価だ。

ただ、強みはある。今季の前田は6月にブルペンに回された。6月9日(同10日)のレッズ戦ではリリーフで4回を1失点。6月23日(同24日)のロッキーズ戦は1回を無失点に抑えた。

その時の経験を首脳陣は覚えているはずで、ロングリリーバーとしてのベンチ入りは十分期待できそうだ。カーショー、ダルビッシュ、ヒルに続く4番手争いで、前田健太、柳賢振、ウッドの3投手のうち、ウッドと前田を残して先発が不調だった場合に早めに前田やウッドを起用することも可能になる。

という事で3プラス前田、ウッド。もしくはFOXスポーツ記者ケン・ローゼンタールが書いていたように柳を4番手にして、前田とウッドをロングリリーバーとして使う案が現実味を帯びてきた。


★ドジャース、プレイオフ先発陣予想
1.カーショー
2.ダルビッシュ
3.ヒル
4.ウッド→ロングリリーフまたは先発4番手
5.前田→ロングリリーフ
6.柳→前田、ウッドがリリーフで先発4なんての可能性もある



前田の次の登板は21日(同22日)のフィリーズ戦が予定されているが、4回でも5回でも無失点に抑えポストシーズンに向けてアピールしたいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/09/19 Tue. 11:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0918

清原ジュニアにダルビッシュ有が温かいエール!  



巨人ジュニアチームに選出された“清原ジュニア”にメジャーリーガー、ダルビッシュ有がSNSでメッセージを送っている。

毎年12月下旬に開催されるNPB12球団ジュニアトーナメントで、今年の巨人ジュニアチームの最終メンバーに、元巨人軍の4番打者・清原和博さんの次男・清原勝児君(小学6年)が内定したという。

NPBとプロ野球12球団が主催するジュニアトーナメントは、各球団が小学5、6年生を対象に実施する選考会を経て、チームを結成するというイベント。

巨人は7月31日にジャイアンツ球場で約90人が参加して1次セレクションを実施。2次、3次を経て、16人のメンバーに絞り込み、その最終16人に清原勝児君が選ばれた。

デイリースポーツによれば父譲りの強打が評価されたようだと伝えている。

その事を知ったダルビッシュが自身のTwitterで、その事を紹介しながら「2年前の冬にこの子にバッティングピッチャーをしました。その時に『俺の球打てるか?』と聞いたら『打てる』と笑いもせずに言いました。 対戦する約束もしました。あと最低6年は頑張らないとなぁ。」と、清原ジュニアとの交流を紹介している。



2014年9月に両親が離婚し、現在は母の亜希さんと暮らす勝児君への祝福と応援のメッセージ。ダルビッシュが海の向こうから温かいエールを送っている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/18 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0918

「ヒューストン・ストロング」アストロズがAL編入後、初の地区制覇  




ヒューストン・アストロズが、ナショナルリーグ時代の2001年以来となる地区優勝を果たした。アメリカンリーグ西部地区に編入後は地区初制覇になる。

地区首位を独走していたアストロズ。ポストシーズン用に獲得した先発右腕ジャスティン・バーランダー投手がこの日も快投。7回を3安打、1四球、10奪三振、1失点とゲームを支配する内容でシアトル・マリナーズを7対1で下した。

アストロズ


2011年から13年の3年間、泥沼の3年連続100敗したチームは、若手のスプリンガー外野手(11年ドラフト1巡)、コレア遊撃手(12年ドラフト全体1位)らが順調に成長。今季はブレグマン三塁手もレギュラーに定着。そこにアルトゥーベ二塁手、元ヤクルトのグリエル一塁手、などが加わってチームのコアを形成。

さらに、今季補強したマッキャン捕手、レディック外野手、指名打者のベルトラン選手などベテランが加わってバランスのとれた編成になった。

8月以降にもポストシーズンへの「最後のピース」として今日先発した剛腕バーランダーを獲得。やや弱かった先発陣を補強した。

今後は、ホームフィールドアドバンテージを得ることができる勝率1位でのポストシーズン進出が目標となる。

米南部テキサス州に8月25日、大型ハリケーン「ハービー」が上陸、ヒューストンにも甚大な被害を及ぼした。

メジャーリーグ機構(MLB)は現地8月28日、この事を受け29日から予定されていたヒューストン・アストロズ対テキサス・レンジャーズの3連戦の開催地変更を発表した。

アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで開かれる予定だった同シリーズは、フロリダ州にあるタンパベイ・レイズの本拠地トロピカーナ・フィールドで行われた。

ボストンマラソンの悲惨なテロ事件以後、「BOSTON STRONG」を合言葉にレッドソックスはワールドシリーズを制覇してボストン市民を勇気づけた。アストロズも「HOUSTON STORONG」を合言葉に快進撃をするかも知れない。傷ついたヒューストン市民のために・・・



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/18 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0917

インディアンスがAL中部地区 2年連続9回目の地区制覇  

 

ア・リーグ(AL)中部地区で優勝マジックを2としていたクリーブランド・インディアンスが16日、ロイヤルズに8対4で勝ち、2位のツインズが敗れたため、2年連続の地区優勝を決めた。

92勝57敗。勝率では、あの歴史的22連勝で西部地区のアストロズを抜いて現時点では第1シードをキープしている。



AL中部地区と言えば機動力野球で魅了したロイヤルズが14年、15年と制覇し、ワールドシリーズ制覇まで駆け上がった。そのチームを抑えて16年に地区を制したインディアンスもリーグを制覇してワールドシリーズで、あと1勝まで迫った。

今季もサイ・ヤング賞候補のコーリー・クルーバー(16勝4敗、防御率2.44)を軸にMLB4位の先発陣を形成。アンドリュー・ミラー(49試合、防御率1.62)、守護神コディ・アレン(27セーブ、防御率2.52)を擁するリリーフ陣もMLBトップのスタッツでディフェンスは強い。

オフェンスはリーグ4位の134を記録した盗塁数こそ81と減ったが、エドウィン・エンカーナシオン(34本塁打、90打点)やジェイ・ブルース(34本塁打、94打点)らを補強し、長打力がアップ。

23歳のフランシスコ・リンドーア、25歳のホセ・ラミレスら、チームのコーナーストーンとも言うべき若手も成長している。

それに加えチームカラーであるフランコーナ監督のスモールベースボールが浸透し、繋ぐ野球は健在。勝つ味を知ったチームがどこまでいくのか楽しみだ。


《チームデータ》

★1901年創設

★在籍した日本人選手
多田野数人(2004〜2005年)
小林雅英(2008〜2009年)
大家友和(2009年)
福留孝介(2011年)
村田透(2015〜2016年)

★ワールドシリーズ優勝(2回)
1920 1948

★リーグ優勝 (6回)
1920 1948 1954 1995 1997 2016

★地区優勝 (9回)
1995 1996 1997 1998 1999 2001 2007 2016 2017

★ワイルドカード (1回)
2013



個人的には弱小球団のイメージしかなかったインディアンスだが2013年、、指揮官にテリー・フランコーナ氏を迎え、ワイルドカードで2007年以来となるプレイオフ進出を果たした。

2016年には9年ぶりとなる地区制覇を成し遂げると、1997年以来のワールドシリーズでは3勝1敗と王手をかけながら、カブスに無念の3連敗を喫した。今季は1948年以来のワールドシリーズ制覇が目標になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/17 Sun. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0917

大谷翔平、渡米決断!? メジャー16球団のスカウトも熱視線  




23歳の若武者が渡米を決断した。日本ハムの大谷翔平投手が今オフにポスティングシステムを利用してメジャーリーグに挑戦する意思を固めたという報道が出た。


大谷翔平


大谷は12日、本拠地での楽天戦で5回2/3を1安打、無失点、4奪三振、3四球で今季初勝利を挙げた。

今季はキャンプイン直前に右足首痛。楽しみにしていたWBCでの雄姿は見られなかった。開幕直後にも左太腿裏を肉離れし、長期離脱したことを考えると本来の調子ではないが、来日した16球団のスカウトには、どう映ったのか、気になるところだ。




大谷の8月31日の前回登板ではヤンキースのキャッシュマンGMらが来日して直接視察した。

ヤンキースが17年オフに使える補強資金は3500万ドルから4000万ドル程度になる見込みだが、ニューヨークの地元メディア「NJ Advance Media」の記者ランディ・ミラーは、すでにヤンキースの17年‐18年オフの補強リスト11名を予想して、その中には大谷翔平の名前もある。

MLBと選手会の新労使協定によりアメリカ国外の選手との契約に関する制限の適用年齢が、23歳未満から25歳未満に引き上げられた。

そのため大谷翔平の獲得に動くチームは、現行制度では日本ハムにポスティング譲渡金として上限2000万ドル(約22億円)を支払わなければならない。

しかし、MLBでは昨年12月に海外フリーエージェントに関する総契約金を規定し、適用年齢を23歳未満から25歳未満に引き上げた。この変更で23歳の大谷に関しては契約金や年俸など込みで年500万ドル(約5億5000万円)程度の金額負担に抑えられた。

球団によって1年間に使える上限が規定された複雑な制度だが、要するに高騰する海外FAを抑えようとする仕組みで、資金のない球団にとっては朗報かも知れない。

これなら予算に制限のあるスモールマーケットの球団にも獲得のチャンスがある。大谷のメジャー移籍が実現すれば5年目オフでの移籍となり、これはポスティングシステム導入後最速となる。

大谷のメジャー移籍に関しては、昨年12月に球団から今オフ以降の移籍を容認され、時期については一任されていた。



◇記事参考
スポーツニッポン
Randy Miller | NJ Advance Media for NJ.com


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/09/17 Sun. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0916

喧嘩、両成敗?「サイン情報伝達違反」でレッドソックスとヤンキースに罰金  



メジャーリーグ機構(MLB)は15日、8月のヤンキースとの試合中に腕時計型端末「アップルウォッチ」を使用し、捕手のサインを盗んでいた疑惑で調査していたレッドソックスに対し、罰金の処分を科したと発表した。

これは、レッドソックスのスタッフがキャッチャーのサインを分析した内容をベンチのトレーナーの腕時計型の情報端末に送って選手に伝えていたと対戦したヤンキースからの申し立てを受けて大リーグ機構が調査を進めていたもの。

MLBは、電子機器を使って選手に伝える規則違反があったと認定し、サイン盗み自体ではなく、電子機器を使ったことが違反にあたとしている。今後は同様の違反が発覚した場合、より重い処分を科すとしている。

一方、MLBは、申し立てを行ったヤンキースもテレビ局の映像を使ってサイン盗みを行っていたとするレッドソックス側の主張は、十分な証拠がないとして退けたが、ヤンキースもベンチ内の電話を使った規則違反があったとして、レッドソックスより少額の罰金を科すことを決めた。

いずれのケースも罰金の額は公表されていない。MLBは、この罰金を米フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」災害支援のための寄付にする。


◇記事引用
http://www1.nhk.or.jp/sports2/result/result_mlb.html


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/16 Sat. 13:01 [edit]

CM: --
TB: --
   

0916

岩隈久志、復帰の見込みは薄くフリーエージェント確実、日本球界復帰も視野!?  




先発ローテの軸であるフェリックス・ヘルナンデスとジェームズ・パクストンが復帰したシアトル・マリナーズ。しかし、あの男の姿はない。

5月3日を最後にメジャーのマウンドから遠ざかっている岩隈久志だ。今季は6試合に登板して0勝2敗、防御率4.35。5月7日から故障者リストに入った。

その右腕が、日本時間10日に本拠地セーフコフィールドでシュミレイティッドゲームを行い、2イニング、30球を投げたという。

シアトルの地元紙『ニュース・トリビューン』電子版によれば岩隈は「日々改善されていると感じています。毎日この感覚をモチベーションにして、毎日努力しています」と、逆境に負けない彼らしいポジティブなコメントだった。

しかし、後日、球団公式サイトは「100パーセント無理だとは言わないが、復帰する可能性は非常に低い」とサーバイス監督のコメントを報じた。今季は、これで終了という宣言かも知れない。


岩隈久志


レギュラーシーズンは20試合を切った。時間がない。岩隈の来季はどうなるのか?

来季の岩隈久志の契約は一定の条件を満たした場合に1000万ドル(約11億円)で自動更新されるべスティングオプション。しかし、条件を満たさなかった場合は、マリナーズ側にも選択権があるオプションになっている。

べスティングオプションが有効になるには2017年に162イニングを投げるか、2016年と2017年の合計で324イニングを投げることが必要。昨シーズンは199イニングを投げていたため、125イニングで有効になるはずだった。

岩隈の実績をもってすれば約20試合ほど先発すれば、楽々とクリアできるオプションだったが、残念なことに今季は31イニングしか投げていない。

マリナーズが来年4月には37歳となる岩隈久志に1000万ドル(約11億円)を支払うことは考えにくい。既にやり手のディポトGMは来季も契約がある先発投手マイク・リークを獲得している。

このままいけば球団オプションを破棄して、フリーエージェント(FA)となる可能性が強く、31イニングしか投げていない37歳の右腕に40人枠を開けて迎えてくれる球団があるのか、考えにくい。

FAになれば、買い手が付くかどうか。なかなか契約がまとまらず、ストーブリーグの最終盤(1月後半)にマイナー契約で、スプリングトレーニングに参加。といったベテラン選手が多い。メジャーの厳しい現実だ。そのまま引退の可能性もある。

メジャー6年で150試合に登板、そのうち先発が136試合。69勝39敗2セーブ。防御率3.42、WHIP1.143。714奪三振。FIP3.86も悪くない。

2013年にはMLBオールスターにも選出。この年は「サイ・ヤング賞」投票でも3位だった。2015年8月12日にはオリオールズ戦でノーヒット・ノーランを達成している。

岩隈久志


日本球界への復帰も考えられる。近鉄時代には、何度も息子と大阪ドームや藤井寺で岩隈を見た。2004年には開幕12連勝を飾った。楽天時代には08年に21勝を挙げた。そして、シアトル・マリナーズ。

ずっと弱い球団を支えてきた岩隈。そんな懸命な姿が好きだった。日米通算170勝。あと30勝で200勝。とにかくどこでもいい岩隈の勇姿をもう一度見たい。「冬は必ず春となる」。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/16 Sat. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0915

田中将大、メジャー51勝目は節目の日米通算150勝 ジャッジも祝砲の2打席連続アーチ  



田中将大が節目となる日米通算150勝目を飾った。

日本時間15日、本拠地でのオリオールズ戦に先発した田中は、7回を102球(74ストライク)8安打、8奪三振、2四球の2失点。今季9回目のハイクオリティースタートで日米通算150勝目という自身のマイルストーンに到達した。


田中将大


試合は3回にジャッジが42号3ランで追加点を挙げると、6回にもジャッジが2打席連続となる43号3ラン。さらにはサンチェスが31号ソロ。この球場らしい両軍合わせて7本の本塁打、26安打が飛び交う乱打戦になったが、13対5でヤンキースが制した。




せっかくの田中の好投に水を差すようだが、6回1死からオリオールズの新人マンシーニに、真ん中高めの89.1マイルのカットボールを右翼2階席まで運ばれる24号ソロを許したのは余計だった。

というのも田中将大は28試合の登板で32本の本塁打を献上。これはMLBで5位タイのワースト記録。

ヒッターズパークが多いア・リーグ東部地区という事を差し引いてもチームメイトのセベリーノが被本塁打19本(28試合)、サバシア18本(24試合)と比べても突出して多い。

過去4年間でも奪三振率(K/9)を除いて防御率、WHIP、被本塁打、被打率など、ほとんどのスタッツがキャリアワーストになっているのが気になるところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/15 Fri. 12:45 [edit]

CM: --
TB: --
   

0915

ダルビッシュ7回零封、ベリンジャー37号場外スプラッシュヒット!  



ポストシーズンでの活躍が期待されるドジャースのダルビッシュ有が、同地区ライバルのジャイアンツ戦に先発。初めてAT&Tパークでのマウンドになった。

ドジャース


1回裏、先頭のハンター・ペンスにヒットを許した嫌な展開になったが、1死から3番ディナード・スパンのピッチャーゴロを上手くさばき飛び出した2塁ランナーを挟み込み2死、その間に二塁を狙ったバッターランナーのスパンも二塁で刺す変則的なダブルプレイで、結果的には3人でこの回をしのぎ切った。

その後は、2回裏二死から7回裏に先頭のパーカーにヒットを許すまで、打者13人をパーフェクトに抑えた。いつもの赤茶のダルビッシュ・モデルのグローブから黒のグローブに変えたこの日のダルビッシュは、どことなく精悍な感じがした。




ダルビッシュは試合後のインタビューで「いいあたりが正面ついたり、相手の走塁ミスもあったりしましたから、結果は良いですけど、(投球内容は)そこまでではなかったです」と答えたように、ラッキーな面や味方の好守備で助けられたシーンもあった。

87球(ストライク59)の球種を比較するとフォーシームが43%、カットボール35%、スライダー17%、ツーシーム3%、カーブ2%という内訳だった。

ドジャース移籍後3勝目。今季通算9勝目(12敗)、防御率4.08、WHIP1.20。奪三振は193で2013年の277には及ばないが、2012年のデビューの年にマークした221に近い数字までは稼げそうだ。

打線は1回にコディ・ベリンジャーのタイムリー三塁打などで先制。ベリンジャーは5回にもライトへ第37号場外ホームラン。これが海(入り江)に飛び込む“スプラッシュヒット”になり、4対1でドジャースが連勝した。

カーショー、ダルビッシュで連勝したドジャースは優勝マジックを7に減らした。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/15 Fri. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド