メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

New Posts

   

0816

パクストン離脱のマリナーズがブラジル人右腕チアゴ・ビエイラをコールアップ  




7月に球団新記録の月間6勝を挙げた左腕ジェームス・パクストンが故障者リスト入りしたマリナーズ。今季は、ヘルナンデス、岩隈ら先発陣の相次ぐ故障に泣かされたシーズンだったが、ブラジル・サンパウロ出身の24歳右腕チアゴ・ビエイラをコールアップした。

今夏のマイナー・オールスター「フューチャーズゲーム」の世界選抜にも選出された逸材で、14日(日本時間15日)のオリオールズ戦の9回に3番手としてメジャー初登板を果たし、1回を無失点に抑えた。



MLB公式サイトによると最速102マイル、一部メディアの報道では最速104マイルを計測したという。

同サイトの報告では、マイナー通算与四球率4.62という制球難は大きな課題だが、先発からリリーバーに転向してから安定し、今後出場機会が増えるものと思われる。

マリナーズでは、昨年デビューして、現在クローザーとして活躍中のエドウィン・ディアスの前を投げるセットアッパーとして期待されている。マリナーズは、60勝61敗でワイルドカード圏内まで1.5ゲーム差の位置につけている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/16 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0816

マーリンズの主砲ジャンカルロ・スタントンが6試合連続の44号本塁打  



この夏のトレードも噂されたマーリンズの主砲が本塁打を量産している。

マーリンズのジャンカルロ・スタントンは現地15日、ジャイアンツ戦で、6試合連続本塁打を記録。両リーグ最多の44号本塁打。

大リーグ評論家の福島良一さんによると最近35試合で23本塁打となり、1998年サミー・ソーサの35戦25本、2001年バリー・ボンズの35戦24本に次ぐハイペースということだ。



スタントンは3回1死無走者でジャイアンツのエース、マディソン・バムガーナーのカットボールを捉え、左中間にソロ本塁打を叩き込んだ。

これでロッキーズのアレナドが2015年9月に記録して以来の6試合連続本塁打、メジャー記録は8試合連続本塁打


MLB での連続試合ホームラン記録は、
  • デイル・ロング ( パイレーツ : 1956年 )
  • ドン・マッティングリー ( ヤンキース : 1987年 )
  • ケン・グリフィーJr. ( マリナーズ : 1993年 )

ちなみに日本記録は
  • 王 貞治 ( 読売ジャイアンツ : 1972年 )
  • ランディ・バース ( 阪神タイガース : 1986年 )



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/08/16 Wed. 13:15 [edit]

CM: --
TB: --
   

0815

甲子園で準優勝した台湾高校の感動実話「KANO1931海の向こうの甲子園」  


 



台湾日本の歴史に光を当てた作品  


1931年、甲子園に出場した
台湾高校野球部感動の実話、


「KANO 1931海の向こうの甲子園」

a47beeaf.jpg



民族の壁を越えて
ひとつになったチーム。
ひたむきな姿と爽やかな
プレーに
日本中が感動した実話!!



「嘉義農林」(かぎのうりん)の野球部は、日本人と漢族の台湾人、それに高雄の先住民という3つの民族の混成チーム。

民族の違う選手たちが一丸となって勝利を目指しました。



日本ハムファイターズの陽岱鋼の活躍などもあり台湾の野球ブームはヒートアップしています。そんなルーツになったのが、この
嘉義農林高校野球部の甲子園での活躍ではないでしょうか

かぎのうりん=KANO 
そんな実話が映画化されました。

台湾と日本の歴史に光を当てた作品です。


魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督
がプロデューサーを務め、彼の日台三部作のトリを飾る作品として台湾で大好評だった映画が「KANO 1931海の向こうの甲子園」の邦題で、2015年1月24日から日本公開されました。


この作品は、2014年3月7日から開催された
第9回「大阪アジアン映画祭」のオープニング作品でした。



映画の舞台は1920年代、台湾が日本政府に統治されていた時代に遡ります。この時代、日本の一部だった台湾の高校には全国中等学校優勝野球大会(のちの全国高校野球選手権)、いわゆる「甲子園」への出場資格があり、球児たちは台湾の地から夢の舞台を目指していました。

しかし、実態はどの高校もレギュラーのほとんどを日本人が占め、常勝チームとして甲子園に行くのは、いつも日本人のみで構成された「台北商業高校」だったのです。

ところが1931年、台湾予選大会に劇的な出来事が起きました。日本人と本土の台湾人、原住民による混合チーム「嘉義農林高校」の野球部が甲子園出場を決め、全国大会でなんと決勝戦にまで勝ち進んだのです! 

この奇跡の背景には、近藤兵太郎という日本人監督の存在がありました。その一球たりとも諦めないプレイスタイルは観衆の心をつかみ、日本中の注目を集めました。それぞれの民族の壁を乗り越えて涙と友情で団結したチームは奇跡を起こします。

「KANO」とは、嘉義農林の略称「嘉農」を日本語読みした当時の呼び名。映画はタイトルどおり、近藤兵太郎を中心にしたチームの成長と、栄光の軌跡を描きます。

参考:TAIPEI NAVI 台湾観光旅行ガイド 台北ナビより


台湾では今年2月に公開。興行収入は60日間で3億台湾ドル(10億円)を超える大ヒットを記録。5月までロングランされ一度は劇場公開を終えましたが、9月からアンコール公開されました。


そして日本でも凱旋上演!!
2015年1月24日~ 
全国ロードショーされました。


日本の俳優陣は、
監督の
近藤兵太郎役に


近藤の妻を演じるのは、
こちらも実力派の
坂井真

そして
嘉義農林野球部が活躍した同じ時代、
台南にダムを作り英雄となった
八田與一技師役には
たかお

大沢は、映画「藁の楯」撮影のため台湾に滞在した際、台湾をすっかり気に入り、また
八田技師に強い興味を持ったそうで、今回のキャスティングはなんと大沢側から制作サイドに連絡して志願したという。



もう一人の日本人キャストは、ロンドンを拠点に活躍するベテラン俳優・伊川東吾
馬志翔監督自らが彼の演技にほれ込んでオファーし、近藤の恩師を演じることになった。

さらに、試合シーンの実況を、文化放送ライオンズナイターでおなじみの斉藤一美アナウンサーが担当しているなど、野球ファンにとっても見どころ満載の映画といえそうですね。野球ボール

鬼のようなスパルタ指導の一方で、
当時は暗黙の格差があった日本人と台湾人に分け隔てなく接したという近藤兵太郎。深みのある野球人を、役者デビュー30周年の永瀬が演じました。




映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』
オフィシャルサイトhttp://kano1931.com/




にほんブログ村 野球ブログへ





関連記事

Posted on 2017/08/15 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0815

ジャンカルロ・スタントンが5試合連続ホームラン、球団新記録の43号  



マーリンズのジャンカルロ・スタントンが本拠地でのジャイアンツ戦で5試合連続ホームランを叩き込んだ。

スタントンは1回、ジャイアンツ先発のタイ・ブラックの2-0からの3球目を叩いて先制の今季43号2ランをマーク。43本は1996年のゲイリー・シェフィールドを抜いてマーリンズの球団新記録。

DHOgMsZV0AEqMZ_ (2)


週間MVPにも選ばれたスタントンは、最近11試合で10本、34試合で22本という量産体制に入った。今季115試合で43本というのは年間60本ペースらしい。

スタントンは先日250号も達成、これが251本目、ホームでは102本目になった。



スタントンは調子に波があり、このまま打ち続けるとは思えないが、2013年のクリス・デービス(オリオールズ)以来の50本到達は間違いなさそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/15 Tue. 13:27 [edit]

CM: --
TB: --
   

0815

レッドソックス、新人R.デバース、A.ベニテンディが躍動してライバル対決制す  



レッドソックスの新人コンビが大活躍している。

レッドソックスの20歳のラファエル・デバース三塁手は、1点ビハインドの9回にヤンキースのクローザー、チャップマンの166キロを左中間に叩き込む同点打。

延長の10回には3番に入ったアンドリュー・ベニンテンディ外野手が、ケインリー投手から勝ち越しのタイムリーを放った。



試合は、3対2でレッドソックスが延長戦を制し首位攻防戦を2勝1敗で乗り切った。これで5.5ゲーム差。直接対決は、あと7試合残っている。

ベニンテンディは昨年後半にも出場して今季注目の選手だが、20歳のデバースは、現地7月25日のマリナーズ戦に9番サードでメジャーデビュー。ドミニカ共和国出身で2013年に150万ドルで契約した右投左打の三塁手。

各サイトのプロスペクト・ランキングでは2015年から今季までMLB全体100位以内に入り、特に今季はBAで18位、BPで13位、MLB.comで17位と高い評価を受けている。特長はパワーに優れ、広角に打てる技術があるということだ。

レッドソックスの三塁手はここ数年の補強ポイント。今季はサンドバルが不良債権化して途中解雇。ほかに、デブン・マレーロ、ブロック・ホルト、リン・ズーウェイらを起用したが、このポジションでMLBでも最低レベルの打率.226(27位)、OPS.595(30位)だった。

そのためホワイトソックスのトッド・フレイジャーやマーリンズのマーティン・プラドら複数の名前が補強候補として挙がっていた。

しかし、デバースの活躍でデイライトが見えてきた。

デバースに同点弾を献上したチャップマンは、今季初の被本塁打。74試合ぶりの被本塁打だったらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/15 Tue. 10:13 [edit]

CM: --
TB: --
   

0814

【DL情報】ブライス・ハーパーが左ひざの負傷でDL入り  




ナショナルズの若き主砲ブライス・ハーパーが10日間の故障者リスト(DL)に入った。

ハーパーは、前日のジャイアンツ戦の初回に一塁ベースを踏んだ際に左足を滑らせて転倒した。その際に左ひざを負傷した模様で、診断の結果、左ひざの骨挫傷と診断され、ひざのACLへの損傷はなかったという報道だ。



今季のハーパーは打率.326、29本塁打、87打点と好調で昨年の不振からバウンスバック。チーム打率でMLB2位、OPS2位、得点2位、本塁打数4位のナッツ打線をけん引してきた。

マイク・リゾGMは「今季中の復帰を楽観視している」とコメントしている。主砲の離脱は大きな戦力ダウンだが、地区首位を独走中だけに余裕のコメントかもしれない。

ナッツは、センターのマイケル・テイラー外野手が10日間DLから復帰したばかりで、ハーパーの抜けた外野のポジションには、ブライアン・グッドウィン外野手や23歳のプロスペクト、アンドリュー・スティーブンソン外野手が起用されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/14 Mon. 13:41 [edit]

CM: --
TB: --
   

0814

【MLB移籍情報】8月末の期限までに移籍が噂されている選手達  




メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンへの出場が可能になる。

8月2日には、タイガースの剛腕ジャスティン・バーランダーがウェーバーにかけられた。47時間が過ぎてもクレーム(獲得申し込み)する球団が現れないまま、ウェーバーの期間を経過したため、デトロイト・タイガースはトレード期限前と同様に全球団にトレードすることが可能となった。

ただ、2019年までの6500万ドル超の大型契約と全球団へのトレード拒否権がバーランダーにはあるため、本人が同意しなければトレードは成立しない。

MLB公式サイトのジョン・モロシ氏のレポートでは、アストロズが、8月に入ってからデトロイト・タイガースとジャスティン・バーランダーが絡むトレードについて接触しているという。

バーランダー


アストロズは、7月末のトレード期限前に大きな補強はしなかった。フランシスコ・リリアーノ(RP)を獲得して青木宣親などをリリースしたトレードだけだった。

ダラス・カイケルとコリン・マクヒューの2人が復帰した先発ローテは、ブラッド・ピーコック、チャーリー・モートン、マイク・ファイヤーズの5名が揃いレギュラーシーズンは乗り切れる。

だから、よほどのことがない限りこの移籍は考えられないが、10月の短期決戦で強力な3枚を揃えるという意味では、昨年のサイヤング賞投手獲得は大きなインパクトがある。

先発投手では、他にマルコ・エストラーダ(ブルージェイズ)、アービン・サンタナ(ツインズ)、ジェフ・サマージャ(ジャイアンツ)などの名前が挙がっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2017/08/14 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

【MLB移籍情報】ブルワーズがメッツからN.ウォーカー二塁手獲得  




ミルウォーキー・ブルワーズがニューヨーク・メッツからニール・ウォーカー二塁手を獲得した。メッツからは、25歳のマイナー選手が交換要員としてトレード移籍する。

今オフにFAになるウォーカーは、今季500万ドルの年俸が残っているが、メッツがどの程度負担するかどうかは不明。



ウォーカーは、前半戦にハムストリングの負傷で6週間離脱。そのため7月末のトレードデッドラインで彼のトレードは成立しなかった。一部、ヤンキースが獲得するのではという情報もあったが、ヘルシーでないという理由から交渉は合意にいたらなかった。

2009年、ピッツバーク・パイレーツでデビューしたウォーカーは、当時、正二塁手だった岩村明憲に代わってレギュラーを獲得。以後、二塁を中心に三塁、一塁と外野も守れるユーティリティ選手として活躍している。

その後、2015年オフにトレードでメッツに移籍。メジャー通算9年間で打率.272、出塁率.339、OPS.775、126本塁打、509打点、29盗塁。スイッチヒッターで右打席の方が成績が良い。

昨年、腰の手術を受けているが、オフにはメッツから1720万ドルのクオリファイング・オファーを提示され、受諾した。

ブルワーズはどこでも守れてポストシーズンの経験もあるベテラン選手をロースターに追加した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/13 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

カブス上原に続きヤンキース田中将大も故障者リスト入り  




カブスの上原浩治に続いてヤンキースの田中将大が現地12日、「肩の炎症」で10日間の故障者リスト(DL)入りした。

田中は、過去に右肘じん帯部分断裂で長期離脱(14年7月~)。翌15年の4月にも右前腕部の張りと右手首の腱炎のため、DLに入った経験がある。

16年はフル稼働し、31試合に投げて199回2/3で防御率3.07で最後までタイトル争いに加わった。今季は、開幕戦からここまで23試合に登板、8勝10敗、防御率4.92だった。



メディアの報道では、今回のDL入りについて「痛みはない。肩の炎症があって、腕は全体が疲れを感じて張りがある。ベストな状態でマウンドに上がるのはきついんじゃないかなと思った」と語ったという。

ヤンキースはア・リーグ東部地区で首位レッドソックスと3.5ゲーム差の2位。ワイルドカードでは圏内にいる。

それだけに田中やサバシアといったフロントスターターの離脱は痛いところだが、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前にグレイ、ガルシアの先発2投手を補強している。

そのため、セベリーノ、モンゴメリーと続いて現地14日(月曜日)の先発が空白。その後はグレイ、ガルシアの先発ローテーションになるものと思われる。

5人目は、昨年9月に故障するまで先発が多かったチャド・グリーン(今季リリーフで26試合、先発1試合)あたりが先発要員になることが予想される。 

他には、4試合に先発のルイス・セッサ(0勝3敗、防御率6.23)あたりが候補だが、場合によっては12日のレッドソックス戦で3番手として登板したブライアン・ミッチェル(15試合に登板、先発は1試合)の可能性もある。

なお、田中のDL入りに伴って3Aから右腕ジオバニー・ガレゴスが再度コールアップされ12日のレッドソックス戦で2番手として登板している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/13 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0812

マイアミ・マーリンズはデレク・ジーターのグループが買収 新しいオーナーに!?  



イチローと田澤純一が所属するマイアミ・マーリンズの球団売却について、7月に経済紙「フォーブス」が、これまでとは違う売却先を報道した。しかし、その後、新たな展開があったようだ。

売却先は、地元紙「マイアミ・ヘラルド」によるとデレック・ジーター氏をはじめとする投資家グループで、合意額は12億ドル(約1兆3,000億円)になるという。

7月にNBCスポーツが伝えたところによれば新オーナーは、地元フロリダ州の実業家で、キューバ系米国人のホルヘ・マス氏で金額も11億7,000万ドルになるという事だったが、それからするとジータ―氏が盛り返して買収を決めたとになる。



マイアミ・マーリンズの売却経緯については、次から次へと名前があがる買い手グループが話題性のある人物だったこともあり、今年2月ごろから米メディアでも大きく取り上げられた。

その中で、元大統領を父と兄にもつジェブ・ブッシュ氏と元ヤンキースのデレク・ジーター氏らのグループ、共和党の元大統領候補が父のタグ・ロムニー氏のグループ、この2つのグループが買収候補として有力で、4月後半頃には、ジータ―氏のグループが優位に立っているとの報道が流れた。

しかし、5月末にブッシュ氏が撤退。これにより、ジーター氏は球団買収に必要な資金が足りず、元NBAプレイヤーのマイケル・ジョーダン氏らとタッグを組んで交渉にあたっているとの情報もあった。

今回の報道では、ジーター氏のグループにマイケル・ジョーダン氏が加わり16人でグループを形成。すでにマーリンズからMLBに対し、売却合意の報告がなされているという。



球団の運営執行部は、デビッド・サムソン球団社長、野球運営部門の最高責任者マイケル・ヒル氏は残留する方向という情報もあるが、正式認可はオーナー会議を経て10月上旬になる見込み。

なお、現オーナーのローリア氏は2002年にマーリンズを1億5,800万ドル(約180億円)で買収している。

過去には過度なファイアーセールでオールスターの誘致にも失敗したマーリンズ。選手の補強に資金を投入せず、市民からの評判の悪い現オーナーだが、元メジャーリーガーのジータ―氏が経営に加われば、ファンのマーリンズへの好感度は上がるかもしれない。


記事参考
http://www.miamiherald.com/sports/mlb/miami-marlins/article166853582.html
http://mlb.nbcsports.com/2017/07/10/report-jeffrey-loria-to-sell-marlins-to-jorge-mas-for-1-17-billion/

フォーブス誌のマイアミ・マーリンズ売却報道
マーリンズの売却問題は“口約束”の段階、市民は大歓迎!?
マイアミ・マーリンズ、地元フロリダ州のキューバ系米国人経営者に売却か!?


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/12 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド