メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

New Posts

   

0623

アストロズが最速で50勝到達 青木宣親も3安打猛打賞  



アストロズは、アスレチックス戦4連勝のスイープで50勝24敗とし、球団創設以来、最速の74試合で50勝に到達した。

アストロズは敵地でアスレチックスと対戦。1回にベルトランの犠牲フライになどで2点を先制。2回には若手のマリスニク外野手の10号3ラン、ゴンザレス2塁手の3ランが飛び出して計8点を奪うビッグイニングを演出。

終盤にブルペン陣が捕まって12対9と追い上げられたが、両リーグ最速の50勝目を挙げた。勝率.676もトップ、2位との差も12ゲームでトップを独走している。

2011年から13年の3年間、泥沼の3年連続100敗したチームは、若手のスプリンガー外野手(11年ドラフト1巡)、コレア遊撃手(12年ドラフト全体1位)らが順調に成長。

そこにアルトゥーベ二塁手、元ヤクルトのグリエル一塁手などが加わってチームのコアを形成。さらに、今季補強したマッキャン捕手、レディック外野手、青木宣親外野手、指名打者のベルトラン選手などベテランが加わってバランスのとれた編成になった。

なお、アストロズは初回に1番スプリンガー外野手が左手に死球を受けて交代するアクシデントがあったが、検査の結果、大事に至らなかったことが判明した。




青木は9番レフトで先発出場。2回の第1打席でライト線を破る今季7本目の二塁打をマーク。3回の第2打席ではセンター前へきれいに抜けていく安打を放ち、13日以来、今季10回目のマルチ安打。

5回の第3打席でもレフト線を破る二塁打を打ち、11日以来、今季3回目となる1試合3安打の猛打賞だった。

青木はこれで、打率.277、出塁率.320、OPS.668。青木のメジャー通算.351という出塁率に早く近づけたいところ。というのもアストロズは他チームならレギュラークラスの外野手が青木も含めて5人いて、青木にとっては熾烈なレギュラー争いが続いているからだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/06/23 Fri. 16:02 [edit]

CM: --
TB: --
   

0622

Rソックスの新人A.ベニンテンディ、記念の100安打目は454フィートの特大弾  




2017年のMLB前半戦は、本塁打王争いで1位と2位の新人、東海岸のヤンキースから右の大砲アーロン・ジャッジ(24本)、西海岸ではドジャースの若き左の4番打者コディ・ベリンジャー(22本)という新人スラッガーを紹介することが多い。

しかし、この選手も忘れてはいけないだろう。レッドソックスのアンドリュー・ベニンテンディ外野手だ。

ベニンテンディ


来月7月6日に23歳になるベニンテンディは、現地21日のロイヤルズ戦でセンターに454フィート(約138メートル)の特大弾を放った。

試合は、レッドソックスのブルペン陣がロイヤルズ打線に捕まって4対6で敗れたが、彼のメジャーキャリア100本目のヒットは、自身最長の今季10号ホームランになった。

27度の放物線を描いてカウフマン・スタジアム名物のセンター右中段の滝に飛び込んだアーチは、パワーではジャッジやベリンジャーに劣ると思われていた彼のサプライズな一撃だった。

なお、メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、この454フィート弾はチームの主砲ハンリー・ラミレスが放った469フィートに次ぐ今季チーム2番目の特大弾らしい。



さらに、このホームランはホームランが出にくいと言われているカウフマン・スタジアムでは、スタットキャストで計測が始まって以降、4番目の飛距離になるということだ。

2017年開幕前にMLB.comが発表したプロスペクトランキングでは1位だったベニテンディ。

昨年はシーズン後半の34試合に出場し、打率.295、2本塁打、14打点、OPS0.835。インディアンスとのプレイオフ(ALDS)では、球団史上最年少でのプレイオフでのホームランを記録している。

今季は、打率.274、出塁率.340、OPS.777、10本塁打、40打点と期待通りの活躍。普通の年なら新人王の当確ラインだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/22 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0621

ルーキー弾炸裂!A.ジャッジ24号、C.ベリンジャー22号本塁打  




メジャーリーグは現地20日、7月11日にマイアミで行われるオールスターゲームのファン投票、ア・リーグ第4回中間結果を発表し、ヤンキースで新人王の資格を持つ外野手のアーロン・ジャッジが263万1284票で最多得票をキープしている。

そのジャッジだが、エンゼルス戦の5回に先発右腕パーカー・ブリッジウェルから今季24号となるソロ本塁打を放っている。

ジャッジは本塁打争いでMLBトップ。打率.333(AL2位)、出塁率.443(AL1位)、長打率.704(AL1位)、OPS1.147(AL1位)、打点54(AL2位)。

試合はヤンキースが敗れ7連敗。先月21日から守ってきた首位を明け渡し、ロイヤルズに勝ったレッドソックスが今季初めて単独首位に立った。

一方、ドジャースのルーキーで21歳の若き4番打者コディ・ベリンジャーもメッツ戦の1回に相手の先発ロバート・グセルマンから22号2ランをマークしている。

先日も紹介したが、ベリンジャーは20号到達最速記録を達成。ジャッジより44打席も少ない52試合でMLB全体2位の22本塁打のハイペースだ。


ベリンジャー


規定打席には達していないため単純比較はできないが打率.270、出塁率.342、長打率.668、OPS1.011、打点49は、打率を除くほとんどのスタッツでベスト10以内に入っている。

2017年のMLB前半戦は、東海岸のヤンキースから右の大砲アーロン・ジャッジ、西海岸ではドジャースの若き左の4番打者コディ・ベリンジャーという新人スラッガーが登場したシーズンになった。


ブログランキング・にほんブログ村へ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/21 Wed. 18:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

0620

ドジャースの新人ベリンジャーが20号到達最速記録を塗り替える20号、21号本塁打記録  



ドジャースの新人コディ・ベリンジャー一塁手が、本拠地でのメッツ戦で2本の本塁打を記録。51試合での20号到達は、昨年ヤンキースのゲイリー・サンチェス捕手が記録した53試合を塗り替える最速記録となった。

21歳のベリンジャーは1回にメッツの先発ザック・ウィーラーから右中間に20号3ラン。続く2回にもセンターに21号ソロを叩き込んだ。スタットキャストの計測では20号は414フィート(約126メートル)、21号は410フィート(約125メートル)だった。



この日は、この2本を含む3安打の猛打賞。これで打率.271、打点47打点とし、ナ・リーグ新人王にまた近づいた。

ベリンジャーは、4月25日(日本時間26日)に傘下3Aオクラホマシティ・ドジャースから昇格。ベースボール・アメリカでMLB全体7位、MLB.comのプロスペクトランキングで10位に評価されていたルーキーだ。


ベリンジャー


試合は、ドジャース先発のクレイトン・カーショーがキャリアワーストの1試合4本の本塁打を被弾。7回途中6失点と乱調。

両チームで8本の本塁打が乱れ飛ぶ乱打戦の末、10対6でドジャースが勝利した。ドジャースは4連勝で、貯金を今季最多の19に伸ばした。

2017年のMLB前半戦は、東海岸のヤンキースから右の大砲アーロン・ジャッジ、西海岸ではドジャースの若き左の4番打者コディ・ベリンジャーという新人のスラッガーが登場した年になった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/20 Tue. 15:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0620

前田健太好投もドジャース指揮官「今後の起用方法は検討中」  



ドジャースの前田健太が18日にスポット先発し、シンシナティでのレッズ戦で5回78球を投げ、3安打1失点、5三振、1四球、1死球で、5勝目(3敗)を挙げた。試合は8対7だった。

ロングリリーフに配置転換された前田。ドジャースが過密日程のため、1試合の限定で6月4日以来の先発のマウンドに立った。

この試合の前田は、「うまく試合に入れた。状態も良くて、打者を攻めていくことができた」と言うとおり、序盤を完璧に抑え、5回までデッドボールによる押し出しの1失点に抑えた。

ロバーツ監督は「今日のケンタはこれまで話してきた通りにストライクゾーンを攻めていて、アグレッシブだった」と称賛。

前田は4日を最後に先発ローテーションから外れ、ブルペンのロングリリーバーに配置転換された。9日の前回登板では2人目で救援し4回1失点の好投でプロ初セーブを挙げた。そして、この日のスポット先発での好投。

しかし、78球での降板。相手打線が3巡目を迎える状況で早めの継投策に出た裏には、取り戻せていない信頼がある。

前田健太

そんな中で、右肩の不調で故障者リスト(DL)に入っていたスチュワートがこの日復帰し、ロバーツ監督は前田と役割が重なるロングリリーフで使う方針を示した。

前田は、2試合連続で好投したにもかかわらず、指揮官は、今後の前田の起用法には明言を避けたという。

ドジャースの先発陣は、MLB30球団中、防御率で2位と好調。そういったことも前田の先発復帰が決まらない要因だ。同地区ではロッキーズ、ダイヤモンドバックスと熾烈な首位争いを繰り広げ、この数年には無かった状況が続いている。

ロッキーズ、ダイヤモンドバックスとも右の強打者が多いだけに前田の存在は必要になってくると思うが、第6の先発という位置づけになるのか、ロングリリーフになるのかは微妙な状況。マイナー降格の可能性も依然としてある。


【先発ローテーション】
クレイトン・カーショー(左)
ブランドン・マッカーシー(右)
リッチ・ヒル(左)
アレックス・ウッド(左)
柳賢振(左)
前田健太(右)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/20 Tue. 09:06 [edit]

CM: --
TB: --
   

0619

劇的!ロッキーズのN.アレナドが逆転サヨナラ3ランを含むサイクル安打  



今季開幕から好調のロッキーズが現地18日、、同地区ライバルのジャイアンツ相手に7対5で逆転サヨナラ勝ちして首位をキープしている。

この試合でロッキーズの主砲ノーラン・アレナド三塁手が、劇的なサヨナラホームランによるキャリア初のサイクルヒットを達成した。

アレナドは1点を追う9回裏1死一、三塁のチャンスで回ってきた第5打席で、ジャイアンツの守護神マーク・メランソン投手からレフトオーバーの劇的な逆転サヨナラ3ランを放った。



ロッキーズでのサイクルヒット達成は、2014年のマイケル・カダイアー以来。サヨナラホームランでのサイクルヒット達成は、2010年に同僚のカルロス・ゴンザレス外野手が記録して以来で、メジャー史上31人目の快挙となった。

マイルハイの高地にあるためボールが9%も良く飛ぶと言われているクアーズフィールドでは17回目のサイクルヒットらしい。

アレナド


劇的15号3ランのアレナドは、これで打率.299、出塁率.352、OPS .925、55打点。「正直に言って、外野へ飛ばすことだけをねらっていた。あそこは自分のエゴを通す場面じゃない。僕たちは試合に勝たねばならないんだ」とコメントしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/19 Mon. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0619

ヤンキース6連敗でAL東は最下位まで5.5ゲーム差の混戦  




ヤンキースが敵地でアスレチックスに敗れて6連敗。これで、2位のレッドソックスとは1ゲーム差、地区最下位のブルージェイズまで5.5ゲーム差になってアメリカンリーグ(AL)東部地区は混戦模様になって来た。

前の試合でエース田中将大が、3被弾5失点で7敗目を喫し5連敗だったヤンキースだが、この日は、2回にマット・ホリデーの14号ソロで先制。

3回にもアーロン・ジャッジのタイムリーで2対0とリードしたが、若手の先発ルイス・セッサが4回にクリス・デービスに18号2ランを献上するなど4点を奪われて逆転を許し、アスレチックスの継投策に5回以降打線が沈黙。結局、MLB30球団中3位のチーム打率、1位の得点数、OPS、本塁打数をマークしている強力打線が、散発6安打に抑えられて6連敗になった。

先週は同地区対決のレッドソックスに2勝1敗、オリオールズに3連戦3連勝して6連勝した後に西海岸に遠征。エンゼルスに1勝2敗と負け越して、アスレチックスには4連戦4連敗して最悪のウェストコースト・シリーズになってしまった。


ヤンキース ロゴ


先発左腕C.Cサバシアがハムストリングスの故障で10日間DLに入り。昨年9月にも試したチャド・グリーン、ルイス・セッサを先発ローテに編入しているが、結果が出ていない状況だ。

田中、セッサ、ピネダ、モンゴメリー、セベリーノの5人のローテーションに、チャド・グリーンを加えたローテだが、もう1枚、ポストシーズンをにらんでインパクトのある夏のトレードに打って出る可能性が出てきた。

ブルペン陣はMLB防御率で4位、奪三振3位、被打率1位と各スタッツで高水準をキープしている。クローザーのチャップマンもこの日から復帰。

チャップマン、ベタンセス、クリッパードの勝利の方程式があるだけに先発陣の奮起、とくに夏場に強い田中将大の復活に期待がかかる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/19 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0618

MLB2017 夏のトレード期限前の注目投手たちPART2  




10月のポストシーズンに進出する可能性のあるチームにとって夏のトレードによる補強は重要だが、夏のトレード期限前の動きは、6月中旬のMLBドラフトが終了した後の7月上旬頃から動き出し、本格的にはオールスターブレイク以降、期限直前の1週間が非常に活発になる。今夏、注目の先発投手たちをピックアップしていきたい。

CoPQlWJUMAAOP73.jpg

①ハイメ・ガルシア(ブレーブス)
チームは地区4位と低迷しているが、エースのフリオ・テヘランの調子が上がらず、ベテランのバートロ・コロンもDL。再建期のチームにとって昨年オフにカージナルスからトレードで獲得した30歳の左腕ガルシアを手放すことは考えにくい。

ゴロを打たせて取るピッチングスタイルがポストシーズンで通用するのかという懸念はある。ただ、最近の5試合36回1/3で防御率1.49、奪三振28と好調。

②ホセ・キンタナ(ホワイトソックス)
シーズン前には多数の球団がアプローチをかけていた。防御率5.07と低迷しているが、28歳と若く、2020年までの格安の長期契約が残っているため、ホワイトソックスはディスカウントには応じない。

14試合の先発でQSは7試合、徐々に調子を上げてきている。ただ、与四球率と被本塁打率はキャリアワーストのペース。

③ゲリット・コール(パイレーツ)
ここ最近5試合では4試合で打ち崩され、防御率4.54と悪く、83回1/3にも関わらず被本塁打15はすでにキャリアワースト。現状ではトレード市場で価値が下がっていて、年俸も375万ドルと安く、パイレーツが手放す可能性は低い。見返りが期待できないからだ。


昨日に続いて低迷するチームの主力投手をピックアップしたが、先発投手の去就以外にもインパクトのあるトレードがあるのかどうか、注目していく時期に入って来た。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/18 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0617

MLB2017 夏のトレード期限前の注目投手たちPART1  




MLBドラフトが終了し、夏のトレード期限前の動きは7月上旬に始まり、本格的にはオールスターブレイク以降、そして期限直前の1週間が非常に活発になるという例年のパターンだが、注目の先発投手たちをピックアップしていきたい。

①ソニー・グレイ(アスレチックス)

5月1日にDLから復帰した後は徐々に調子を上げている。奪三振率はキャリアハイのペースで、ここ6試合の先発で5試合がクオリティ・スタート。

27歳で年俸も357万5000ドルと安く、2019年までコントロールできるのは魅力もだが、10月にヘルシーな状態でいるかは疑問。昨年も8月に右前腕部の負傷により離脱している。

②ジェイソン・バルガス(ロイヤルズ)

34歳のバルガスはシーズン終了後にFAとなり、トレード期限前の獲得で負担する年俸は300万ドル程度とリーズナブル。現在の防御率2.10からは落ちていくと予想され、トミー・ジョン手術後の初めてのフルシーズンということが懸念材料。

③ジャイアンツのジョニー・クエト、ジェフ・サマージャ

今季終了後に35歳までの4年8400万ドルの契約を放棄してFAを選択するかどうかオプションがあるジョニー・クエト。防御率4.57で低迷。トレード期限前に獲得するチームはこのようなリスクがある投手にプロスペクトを放出したくはない。

それに比べ3年5400万ドルの契約が残り、直近9試合で防御率3.08、K/BBが100/12のジェフ・サマージャの方がジャイアンツが手にできる見返りが大きいだろう。ただ、21球団へのトレード拒否権を有している。

④ジャスティン・バーランダー(タイガーズ)

奪三振は魅力だが、防御率は4.68で、与四球率(9イニングあたりの与四球数)はキャリアワーストのペース。

高額の年俸2800万ドルの契約が2019年まで残っているのがネックで、タイガースが大部分を負担すればトレードが成立する事も考えられるが、現時点ではワイルドカードへの望みもあり可能性は低い。


これまで噂のあった先発投手は、調子が上がらず、多くのプロスペクトを差し出してまで欲しくなるような投手は、少ないというのが今夏の現状。

先発投手に関しては大型トレードはないかもしれないが、まだまだこれからなので、注目していきたい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/06/17 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0616

イチロー、インターリーグの通算安打365でジータ―抜いて歴代トップ  




マーリンズのイチローは現地14日のアスレティックス戦で内野安打を打ちインターリーグ(交流戦)の通算安打で元ヤンキースのデレック・ジーターを抜いて単独1位になった。

イチロー

3点リードの5回に代打で出場したイチロー。当り損ないだったが、打球が投捕間に転がり内野安打。5試合連続安打で交流戦での安打は通算365本となって、互いに尊敬していたデレック・ジーターを抜き歴代1位となった。




ジーターの前にヤンキースの主将を務めコーチとして指導経験もあるマッティングリー監督は「2人には明らかな共通点がある。まず確実に将来、野球殿堂入りすること。そしてより多くの試合に出てたくさんヒットを打っていること。つまり、それだけいい状態を保ち続けているということ。まさに驚きだね」と敬意を込めて話した。

① イチロー 365
② ジーター 364 ※引退
③ ベルトレ 337
④ A-ROD 325 ※引退
⑤ ベルトラン 303


イチローは実感が湧かないということで「それをずっと追いかけてきたわけではない。3000本安打なんかとは全然違う。こういうものは後から振り返るもの」とさっぱりした顔だった。

インターリーグは、ストライキによるファン離れを防ごうと1997年に導入された。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/16 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド